ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

シオン

仲良く並んで

紫苑
    K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2015.10  昭和記念公園

シオン(紫苑)、キク科。

この花は美味しい蜜が出るのでしょうか、蝶や蜂がたくさんいました。


昭和記念公園(2013年10月)花の丘のコスモス

10月の3連休は昭和記念公園の3ヶ所のコスモス畑が同時に見頃になっていた。

前回はみんなの原っぱ東花畑のイエロー系コスモスは。今回は花の丘と西花畑の様子。
昭和記念公園201310-3
毎年この時期恒例の光景だけど、変わらず今年もすごい人。
昭和記念公園201310-8
  この3連休はいい天気だった。
昭和記念公園201310-7
一面のコスモス、まさに花の丘。
昭和記念公園201310-6
コスモスって何故か裏側から撮りたくなる(笑)。
昭和記念公園201310-5
ホームページを見ると10月24日現在で、この花の丘のコスモスは見頃のピークを越えたようだ。 

花の丘側のサクラが数輪咲いていた。
昭和記念公園201310-4
 狂い咲きなのか、それともこの時期に咲く10月桜(冬桜)なのか。でも、この時期に咲く桜ならばもっと咲くはずだよね。
 
こちらはみんなの原っぱ西花畑の様子。奥に見えるのは原っぱのシンボルけやき。
昭和記念公園201310-9
 ここのコスモスは全体として見頃を過ぎ、10月31日に刈り込みをするそうだ。

 みんなの原っぱの回りで秋に咲くシオン。
昭和記念公園201310-1
シオン(紫苑)、キク科。春に咲く春紫苑より背丈が大きく花も多い。
昭和記念公園201310-2

昭和記念公園の秋の見所はコスモスの次はイチョウ並木の黄葉。
これは立川口カナール横のイチョウ並木。
昭和記念公園201310-12
こちらは運動広場横のイチョウ並木。いい雰囲気になってきている。
昭和記念公園201310-11
黄葉はまだ先だけど、ギンナンが一杯(これは10月の3連休撮影)。
昭和記念公園201310-10
この時は拾っている人は誰もいなかった。拾い始めたらコンビニ袋ぐらはすぐに一杯になるだろうね。
昭和記念公園201310-13
この週末の台風27号の雨でもうギンナンは終わりだろう。
それほど風は強くなかったのでイチョウの葉は飛ばされてはいないだろうね。

 昭和記念公園(Vol.98)
(撮影 2013年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

昭和記念公園(2013年09月)イチョウ並木など

9月最後の週末。昭和記念公園のイチョウ並木の下は銀杏がたくさん落ちていた。
これは立川口カナール横のイチョウ並木。
昭和記念公園201309-1
今回は熟して落ちた銀杏のためだろうか、台風の風で落ちた銀杏と違ってあの臭いが・・・
まだ最盛期ほどの強烈さはない。
昭和記念公園201309-2
見上げると、まだたくさんの銀杏。

こちらは、運動広場西側のイチョウ並木。
昭和記念公園201309-14
ほんの少し色が変わりはじめた程度。よく見ると銀杏がたくさんついている。
昭和記念公園201309-12
下にはたくさん銀杏が落ちていて、あの臭いがしているがまだそれほどでもなく、この日はお隣のバーベキュー場からのいい香りが勝っていた。

みんなの広場のそばではシオン(紫苑)、キク科が咲き始めていた。
昭和記念公園201309-4
この花は美味しい蜜がたくさんでるのだろうか、虫や蝶がたくさん。
昭和記念公園201309-3

秋らしい日射しで輝いてみえるのは力芝、イネ科。
昭和記念公園201309-9
引き抜くのが容易でなく大変な力が必要なのでついた名前だそうだが、見た目は大ねこじゃらし。
昭和記念公園201309-10

この日は快適な散歩日和だったので、近所ではあまり見かけない山野草を見ることができるこもれびの丘に足を伸ばす。
昭和記念公園201309-5
これはツリフネソウ(釣舟草)、ツリフネソウ科。
帆掛船を吊り下げた形に似ているからついた名前だそうだが、変わった花だ。
昭和記念公園201309-6

これも変わった形の花、カリガネソウ(雁金草)、クマツヅラ科。
昭和記念公園201309-8

これは赤紫色のゲンノショウコ(現の証拠)、フウロソウ科。
昭和記念公園201309-7
ゲンノショウコは白い花をたまに見かける。
これはシモバシラ(霜柱)、シソ科。
昭和記念公園201309-15
この花は冬に枯れた茎の根もとに雪の結晶ができることからついた名前。どちらかというと冬にその雪の結晶を見るために訪れる人の方が多いと思う。

秋らしい色をした赤とんぼ。
昭和記念公園201309-11
これからいろいろな秋が楽しめる昭和記念公園。心配なのは週末の天気だけ(汗)
 
 昭和記念公園(Vol.96)
(撮影 2013年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

昭和記念公園(2012年9月)コスモスの様子

前回に引き続き9月最後の週末の昭和記念公園の様子。

昭和記念公園のコスモスはみんなの原っぱ西花畑と東花畑、そして花の丘の3ヶ所で見ることができる。
まずは一番開花が進んでいるみんなの原っぱ西花畑。
昭和記念公園201209-13
これはベルサイユミックスという品種。

他には日の丸という品種。私が花に詳しいのではなく、こうやって名札を立ててくれているからわかる。
昭和記念公園201209-15
花を撮る時には必ず1枚、上のように花よりも名札にピントをあてた写真を撮っておく。

これはダブルクリックというちょっと珍しい八重咲きのコスモス。
昭和記念公園201209-10
白い花はまるで菊のようだ。
昭和記念公園201209-11
この西花畑はこの日で品種によって差があるものの、だいたい5分咲きなので、この週末あたりは見頃になっているのではないかな。

次に開花が進んでいたのはみんなの原っぱ東花畑。
昭和記念公園201209-5
こちらはサンセットイエローとイエローキャンパス。確か昨年は西花畑で咲いていた品種。
昭和記念公園201209-6
こんな感じで違う品種がちょっと迷い込んでいるのも楽しい。
昭和記念公園201209-7
花が咲けば蝶もたくさん集まってきている。
昭和記念公園201209-12
この日の東花畑はだいたい3分咲き。いまはもう5分咲き以上になっているだろう。

昭和記念公園のコスモスのメインはやはり花の丘。残念ながらこの日の花の丘はほんの少し咲き始めた程度。ここは10月中旬から下旬頃に見頃になる予定なんだそうだ。
昭和記念公園201209-14
手前で写真を撮っている人がいるあたりに少しだけ咲いている状態だったが、撮り方によっては、下のようなしっかり咲いているように見える写真になる。
昭和記念公園201209-8
これが写真の面白いというか恐いところ。たまに「現地に行ったけど、ブログの写真のようには見えなかった」というコメントをいただくが、まさにこんな写真なんだろうね

この日、昭和記念公園で彼岸花とコスモス以外で良く咲いていたのがこのシオン(紫苑)、キク科。
昭和記念公園201209-4
シオンには薄い紫色と白色の花がある。蝶がたくさん飛んでいた。

シモバシラ(霜柱)、シソ科。
昭和記念公園201209-1
シモバシラは、花だけでなく冬に枯れた茎の根元に氷柱(氷の結晶)ができることでも有名。
昨年の冬にシモバシラの氷柱を京王百草園で初めて見たけど、なんだか不思議な現象だった。

ハーブ園でみかけたジンジャー(生姜)、ショウガ科。
昭和記念公園201209-2
クチナシの花に似たいい香りがするそうだが、ちょっと遠くて匂いはわからなかった。

秋は花だけでなく実が成る収穫の時期。
昭和記念公園201209-3ウメモドキ
これはウメモドキ、モチノキ科。花は小さくてあまり目立たないが赤い実はとてもきれいで秋らしい。

そしてつやつやした明るい紫がとてもきれいなコムラサキ、クマツヅラ科の実。
昭和記念公園201209-9
このコムラサキも花は小さくてそれほど目立たないが、秋になると一躍表舞台に現れる。
同じような色の実を付けるムラサキシキブとは実の付き方が違っていて、ムラサキシキブはこれほど密集せず均等に実をつけるので、見映えはコムラサキの方が良い。

10月の昭和記念公園が楽しみだ。週末が天気になってくれれば気分も写真も最高なんだけど

 昭和記念公園(Vol.71)
(撮影 2012年9月29日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年10月)コスモスの丘

昭和記念公園201110-9
10月の昭和記念公園はコスモスの丘がメイン舞台
昭和記念公園201110-13
花の丘はまだ開花始めと書かれているけど、行ってみた
昭和記念公園201110-1
続きを読む

昭和記念公園 初秋の様子

昭和記念公園201010-6
青空に輝くススキも秋の風景。前回はコスモス一色の写真だったけど、今回はそれ以外の秋の様子

秋の昭和記念公園はシオン(紫苑)も見頃だった。
昭和記念公園201010-12
シオンはキク科。コスモスもキク科だから秋の日本はやっぱりキク科がメインかな

蝶がたくさん。コスモスの花にもいたツマグロヒョウモンかな?タテハチョウの仲間かもしれない。
昭和記念公園201010-10
これは何かな。蝶の種類はよくわからないなぁ
昭和記念公園201010-11
上の写真の蝶がヒメアカタテハで、下の写真の蝶はツマグロヒョウモンの♂だそうです。komoさんありがとうございました

これはシソ科のシモバシラ(霜柱)。冬になると枯れた茎の根元に「霜柱」のような氷の結晶ができることからこの名になったそうだ。一度見てみたいけど真冬の早朝だけ見られる現象なので・・・無理かな
昭和記念公園201010-8

別名ゆきよせそう(雪寄草)

逆光で輝いてみえるこの花はキンポウゲ科のイヌショウマ(犬升麻)。
昭和記念公園201010-9
薬用になるサラシナショウマに似ているけど、薬用にならないからつけられた名前だそうだ。こういう半分八つ当たりみたいなネーミングはやめようよ

キンモクセイのようないい香りがする白い花。これはあまり見たことがないギンモクセイ(銀木犀)かと思ったら、同じモクセイ科のヒイラギモクセイ(柊木犀)のようだ。
昭和記念公園201010-1
このヒイラギモクセイはギンモクセイとヒイラギの雑種とされ、公園や庭木としてよく栽培されているそうだ。確かに花の香りはギンモクセイ、ギザギザのある葉っぱはヒイラギだね

じっととまっていた赤とんぼ、これも秋らしい光景。
昭和記念公園201010-5
今年はまだあまり飛んでいないような・・・

この日、昭和記念公園では、何かのグループがいろいろなオブジェを造るイベントのようなものをやっていたようだ。イベントのことはよくわからないけど、ちょっと微笑ましいオブジェがたくさん
昭和記念公園201010-4
これは魚釣り。この大きさだと、このまま釣り上げると逆に魚に食べられそう

昭和記念公園201010-3
これはすごくいい感じのオブジェ、ハート

昭和記念公園201010-2
これは公園でサッカーをやっている集団かな
秋の公園はいろいろ楽しいものを見ることができるね
昭和記念公園201010-7
最後はまたまたきれいなススキ。でも実はこの上の写真も最初の写真もススキではなくパンパスグラス、和名はシロガネヨシ。ススキよりも花穂のボリュームがあって写真写りがいいのがありがたい。

昭和記念公園(Vol.20)
(撮影 2010年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ