ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

シオカラトンボ

今週の高幡不動尊(07/08)ヤマユリが咲いた

七夕の週末は雨は降らなかったけど、どんより曇り空となり織姫と彦星が会えなかった東京多摩地区。

昭和記念公園でも咲いていたヤマユリ。高幡不動尊でもきれいに咲いていた。
高幡不動尊201807
心なしか昭和記念公園のヤマユリよりも香りが強いような気がした。

高幡不動尊201807
ヤマユリはたくさん花を咲かせると花の重みで倒れてしまう。
高幡不動尊201807
上の写真はちょっとわかりづらいけど、左下から茎が伸び、花の重みで横倒しになっている状態。

高幡不動尊201807

これも横倒しになって咲いているヤマユリ。これが自然のままなんだろうけど大丈夫なのか?

まだアジサイが咲いているところもあるので、ヤマユリとアジサイが同時に見ることができる。
高幡不動尊201807

あじさいまつりが前日7日(土)に終わって、人が少なくなってしまった四季の道の西洋アジサイ。
高幡不動尊201807
だいぶ花びらの色があせてしまっている。
高幡不動尊201807
高幡不動尊では、アジサイが来年もきれいに咲くように、アジサイの毬切り(花の剪定)を行う。
今年は9日(月)に行うそうなので、この日が咲いているアジサイを見ることができる最後の日となった。

弁天池のハス。順調に咲き始めている。
高幡不動尊201807
そして、弁天池の周りで毎年飛び回っているシオカラトンボが今年も飛び始めた。
高幡不動尊201807
大きくトリミングしてみた。
高幡不動尊201807
すごい顔をしている。顔のほとんどが眼・・・

今週の高幡不動Vol.491
(撮影 2018年7月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     





今週の高幡不動尊(07/23)  シオカラトンボ

この週末は土曜日は30℃を超える真夏日となったが、大暑の日曜日は朝から
小雨模様で蒸し暑いながらも、久しぶりに30℃に届かない日(東京都心)となった。

お参りの人も少なく静かな高幡不動尊の境内。
高幡不動尊201707

弁天池そばで咲くピンク色のネコジャラシのような花はカライトソウ(唐糸草)、バラ科。
高幡不動尊201707
花が外国(唐)から来たきれいな糸のように美しいことからついた名前だそうだ。

弁天池の蓮の葉にとまったシオカラトンボ。
高幡不動尊201707
このあたりを縄張りにしているのか、飛んでもまたすぐに近くに戻ってくる。
高幡不動尊201707
いつも思うけど、シオカラトンボって格好良い。
高幡不動尊201707
甲冑姿の戦士だ。

暑いから、葉の影に避難している蓮の花。
高幡不動尊201707

まだこの1輪だけだけど、秋の七草の1つハギ(萩)、マメ科の花が咲き始めた。
高幡不動尊201707
シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。ベゴニアに似ているけど、
ベゴニアもシュウカイドウ科。こちらが元祖(笑)。
高幡不動尊201707
名前に「秋」の字が入っているように、晩夏から秋にかけて咲く花。
秋の七草の萩や秋海棠が咲き始めるなんて、毎日猛暑が続いているけど、
季節はほんの少しずつ秋に近づいているんだろか。立秋は8月7日。

今週の高幡不動Vol.453
(撮影 2017年7月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動(08/08)盛夏の光景

暑さと体調不良であまり長く散歩に出ることができなかった先週末。

薄曇りになったおかげでも、少し涼しく感じる。
高幡不動尊201508-2
連日、最高気温が35℃を超える猛暑日が続くから、最高気温が32℃と聞いただけで、
今日は少し涼しく感じるね。なんていう会話に・・・
32℃のどこが涼しいんだ?と思うけど確かに涼しく感じるところがおそろしい(笑)
 
 高幡不動尊201508-3
いつもブログの最初の写真に小さく登場する高幡不動尊の香炉。
高幡不動尊201508-4
子供たちと一緒に来たときは、このお線香の煙を頭にかけて、賢くなりますように
なんてよくやるよね。

涼しい光景がないものか・・・
高幡不動尊201508-6
この趣ある屋根は、大師堂前の手水場の屋根。

今年最初のキツネノカミソリ(狐の剃刀)、ヒガンバナ科。お盆過ぎからたくさん咲き始める。
高幡不動尊201508-5
六地蔵さんの横から山に登っていくところで咲いていた。ここは境内で一番先に
キツネノカミソリが咲く場所。

シオカラトンボもだんだん増えてきた。
高幡不動尊201508-7
この場所が気に入っているのか、かなり近寄っても逃げなかった。

高幡不動尊201508-8
セミの抜け殻もたくさんみかける。盛夏だね。

高幡不動尊に向かう途中で咲いていたノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。
高幡不動尊201508-1
夏らしい派手なオレンジ色の花。夏の青空をバックに撮りたくなる花だ。

 今週の高幡不動Vol.361
(撮影 2015年8月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(07/25)夏の花

猛暑の週末。こんな日は健康のための散歩が健康を害する散歩になりかねない(汗)。

高幡不動尊201507-1
薄曇りなので見た目はそれほど暑そうに見えないけど、この日の最高気温は34度。
これだけ暑いと外出する気がなくなるよね・・・
 
山内では、真夏の夏の花が咲き始めている。
高幡不動尊201507-2
ヤマホトトギス、ユリ科、ホトトギス属。よく似たヤマジノホトトギスという花もある。
高幡不動尊201507-3
名前の由来は、花の斑点が野鳥のホトトギスの胸の斑点に似ているから。
この由来は下写真のタイワンホトトギスも同じ。こちらの方が色がはっきりしている。
ホトトギス
秋に咲くこのタイワンホトトギスもユリ科ホトトギス属。花の形も同じだね。

こちらは、シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。
高4幡不動尊201507-4
 なんだか秋に咲く花のような名前だけど、夏から秋にかけて長く咲く花。
ベゴニアに似ているけど、ベゴニアがシュウカイドウ科だから、こちらが本家かな?
高幡不動尊201507-9
 
これはヤブラン(藪蘭)、ユリ科。
高幡不動尊201507-5
 葉が斑入りのものもあって、そちらは日本庭園でも良く植えられている。

ヒオウギ(檜扇)、アヤメ科。
高幡不動尊201507-7
 夏らしいちょっとトロピカルな色あいの花。
高幡不動尊201507-6
 名前の由来は葉ならびが扇子に似ているからなので、この写真ではわからない(汗)。

高幡不動尊201507-8
 夏になるとこのブログに良く登場する、シオカラトンボ。いま散歩で使っているカメラは
望遠レンズがないから、この夏はどこまで近寄って撮れるだろうか。

 今週の高幡不動Vol.360
(撮影 2015年7月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

 

秋のトンボ

ムギワラトンボ
   K-5IIs with DA ☆50-135mm F2.8 ED SDM 2014.9 東京都日野市
ムギワラトンボはシオカラトンボの成熟したメスです。

シオカラトンボ
   K-5IIs with DA ☆50-135mm F2.8 ED SDM 2014.9 昭和記念公園
シオカラトンボのオスはこの時期でもシオカラトンボのまま。

アカトンボ
  K-5IIs with DA ☆50-135mm F2.8 ED SDM 2014.9 昭和記念公園
アカトンボっていろいろな種があってよくわかりません(汗)

このレンズは解像度が良くててうれしい


今週の高幡不動(8/3)2週続けて猛暑の境内

先週に引き続き、晴天で猛暑の週末となった東京多摩地区。

暑すぎて散歩もままならず(泣)
高幡不動201408-1
参拝者のいない境内、先週と同じ写真をアップしてしまったのではないかと思うぐらい同じ。
 
盛夏のこの時期は花も少なくて先週と同じ構成(汗)。
弁天池のハス。
 高幡不動201408-2
葉に隠れているつもりが日除けになってない。
高幡不動201408-3

そしてヒオウギ、アヤメ科。
高幡不動201408-8
名前を感じで書くと檜扇。この扇のような葉が名前の由来になっている。
高幡不動201408-7
昨年まで弁天池の回りで咲いていたんだけど、今年は見かけない。
その変わり昨年まで何もなかったこの場所で咲いている。ひょっとして植え替えた?

そして夏の定番シオカラトンボ。
高幡不動201408-10
梅雨の時期よりも少し塩気が増えてきたかな。

これは高幡不動尊に向かう途中で見つけたコムラサキ(小紫)、クマツヅラ科の花。
高幡不動201408-5
花は目立たないけど、秋になると明るい紫色のきれいな実が目立つ。
高幡不動201408-6
いまはまだ緑色、しばらくお待ちください状態。あと1か月もすると下のように色づく。
高幡不動201408-11
上は昨年9月に撮ったもの。

夕立が来るのかな?と思ったら、土曜日・日曜日とも安定した天気が続いた。
高幡不動201408-9
この日はこれから昭和記念公園に向かう。用心して歩かないと本当に熱中症で倒れそう(汗)

今週の高幡不動Vol.324
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(7/19)ヤマユリの季節

7月の3連休初日の高幡不動尊のようす。どんより曇っていていまひとつはっきりしない天気。
でも、天気予報では雨だったので、散歩できただけでも良しとするかな。

あじさいまつりが終わって境内の参拝者もぐっと少なくなった。
高幡不動201407-1
でも、これが普段の高幡不動尊(笑)
高幡不動201407-2

17日(木曜日)にあじさいの毬切があって、四季の道のあじさいも緑一色の役満(汗)
高幡不動201407-9
来年またきれいな花を咲かせるためだとはいえ、まだきれいな花を切ってしまうのは
ちょっとさみしい感じもする。
高幡不動201407-6

あじさいの代わりというわけではないが、 7月の中旬を過ぎると高幡不動尊では
いろいろなところでヤマユリが咲き始める。
高幡不動201407-3
ヤマユリは夏の山の花。
高幡不動201407-4
いい香りがして、しかも見映えも最高。
高幡不動201407-5

 こちらは同じユリ科でも小さくて地味なヤマホトトギス。
高幡不動201407-7
ヤマホトトギスとヤマジノホトトギスはこの部分が見分けるポイントかな?
高幡不動201407-8
この花はうす暗い所に咲いているから写りがいまひとつ・・・

弁天池まわりではカサブランカが咲いていた。
高幡不動201407-10
これは植えられたんだろうね。

蓮とシオカラトンボ。
高幡不動201407-11
それぞれをアップで。
高幡不動201407-13
この時期のシオカラトンボは塩気がまだ足らない。
高幡不動201407-12
 
今週の高幡不動Vol.322
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

塩辛蜻蛉

シオカラトンボ
  K-5IIs with TAMRON AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 2014.6  高幡不動尊

 アジサイの花を背景に、今年最初のシオカラトンボ。
 
 

今週の高幡不動(07/21)真夏のござれ市

一時期の酷暑が一段落して普通の夏になったこの週末。
 最高気温が30度って聞くと、今日は比較的過ごしやすいなんて思ってしまうことが恐ろしい・・・
高幡不動201307-1

7月21日は第三日曜日。真夏のござれ市の様子。
高幡不動201307-2
このテントにあるように、雨天決行で早朝より日没までござれ市はやっているようだ。

かわいいぬいぐるみ。なんか呼ばれたような気がした(笑)
高幡不動201307-3

このカエルを玄関先に置いて、だんだん苔むしていく姿を楽しみたいけど、これを持ってカエル気力はない。
高幡不動201307-4
一抱えの大きさの御影石の塊だからね、かなり重いよ・・・

ここは昭和のコーナーかな。
高幡不動201307-5
 
 いつも楽しみにしているお店。今回もいい感じのコーヒーカップが出店されていた。
高幡不動201307-9
京都の禅寺の縁側で庭園を見ながら、龍のカップでコーヒーを飲んでみたい。かなり難しい望みかな。
高幡不動201307-10

メダカを売っていた。こういうのは初めてみる。入れ物がゴミ箱だし・・・(笑)
高幡不動201307-8
メダカって高いって聞いていたけど、確かに高いね。

 こっそり日陰を楽しむハス。ハスだって暑いよ(汗)
高幡不動201307-11
これから弁天池回りはシオカラトンボの季節。
高幡不動201307-13
この日はちょっと距離があったけど、今年も甲殻機動戦士のようなシオカラトンボをアップで撮ることになるだろう。

ミソハギ、ミソハギ科。お盆の時に仏前にお供えする花としてよく用いられることから盆花とも呼ばれるそうだ。
高幡不動201307-12

先週訪れた時にわからなかった宿題、アジサイの石化を観察してきた。
BlogPaint
ネットで調べると「石化」は「帯化」とも言われ、植物の茎かリボン状に平坦になることだそうだ。
確かに上写真の花がついているムラサキ色になった部分(音符マーク)の茎は緑色の茎(ハートマーク)に比べて平坦になっている。
高幡不動201307-6
平坦な部分をアップ。平坦というか丸いストローをつぶした感じ。植物で起こる奇形の中でもっとも普通なものの1つなんだそうだ。
園芸植物にとってこの石化は、商品価値を下げることにつながるため、原因や対策が研究されているとのこと。

来週末、市が立つお不動さんの日(毎月28日)と週末が重なる。年に数回しかないチャンスだけど、アジサイも終わった暑いこの時期だから、あまり人は多くないかな(汗)。
 
 今週の高幡不動Vol.275
(撮影 2013年7月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

 

今週の高幡不動(07/15)真夏日のござれ市

連休中日の高幡不動尊は30℃を越える真夏日。暑くて参拝の人もちょっと少なめか・・・
高幡不動尊201207-4
第3日曜日恒例のござれ市。でもちょっと出店が少ない。
高幡不動尊201207-12
いつもお洒落できれいな食器類を置いているお気に入りのお店。
高幡不動尊201207-7
黒地に絵柄が渋い茶器。
高幡不動尊201207-8
こんなところに日光江戸村の「ニャンまげくん」。
高幡不動尊201207-6

あじさいの珠切りが終わっていた。毎年もう少し後だったような気がしたんだけど・・・
高幡不動尊201207-2
境内から山の中まできれいに花が切り落とされている。たまに残っている花もあるけどね
切られた花はこうやって集められて焼かれてしまうようだ。
高幡不動尊201207-13
毎年ここを見てなんという姿・・・と思うけど、きれいなことの陰には大変な労力と見たくない光景もある。

夏はヤマユリ。というか高幡不動尊の山でヤマユリが咲くと夏。
高幡不動尊201207-9
毎年同じ場所で咲く。昭和記念公園では盗採を監視しているようだけど、お不動さんの山の中だけあって誰も採ったりしないよね。
「此処の大明王はその所居なし ただ衆生の心想の中に住し給う」というから監視する必要もない。
高幡不動尊201207-10
ユリにはいろいろな種類があるけど、ユリの王様と言われるだけあってヤマユリが一番堂々とした美しさ。

弁天池まわりではミソハギ、ミソハギ科が咲き始めた。
高幡不動尊201207-3

シオカラトンボ。
高幡不動尊201207-11
気に行った場所があるらしく、そこにとまるとかなり近寄っても平気。

だんだん真夏らしい光景になってきた

今週の高幡不動Vol.223
(撮影 2012年7月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年5月)ねぎ坊主

昭和記念公園201205-8
5月晴れの昭和記念公園、初夏の気温で水際が心地よい。
昭和記念公園201205-13
今年初のシオカラトンボ。

サルビア・シュネーフューゲル、シソ科。夏らしい輝き、梅雨入り前の心地よいひととき。
昭和記念公園201205-5

日本庭園のハナショウブはまだ咲きはじめだった。きっといまごろはたくさんの品種が咲きそろって見頃になっているはず。
昭和記念公園201205-11

きれいなカエデの若葉。赤いプロペラみたいなのはカエデの実。
昭和記念公園201205-9
この時期から実がなるんだね。
昭和記念公園201205-10
この白い花はガマズミ、スイカズラ科。
昭和記念公園201205-12
この白い花の後、秋に成る実は熟すと鮮やかな赤になる。

ハーブ園のチャイブ、ユリ科(分類体系によってはネギ科)。ちょっとアザミに似ている。
昭和記念公園201205-2
別名がセイヨウアサツキやエゾネギ。たくさんハチが飛んでいた。
昭和記念公園201205-1
同じユリ科(分類体系によってはネギ科)のアリウム・ギガンチウム。小さな花が密集して丸くなっていて、まさにムラサキ色の葱坊主。
昭和記念公園201205-6
ちなみにこれが(本物の?)葱坊主。昭和記念公園ではなく近所の畑にて。
昭和記念公園201205-15

ニゲラ、キンポウゲ科。同じキンポウゲ科の節分草に少し似ている気がする。
昭和記念公園201205-4

みんなの原っぱ東花畑の菜の花。この赤い花はポピー。みんなの原っぱの反対側(西花畑)でたくさん咲いているポピーの種が飛んできたのかも。
昭和記念公園201205-7
5月下旬に菜の花がこれだけ咲いているのは、春先の霜で1度枯れてしまったので、再度菜の花を植えたためなんだそうだ。

かなり黒っぽい濃紺の花。
昭和記念公園201205-3
こんな柄の花も。
昭和記念公園201205-14
アサガオみたいな形だけど名前がわからない。

昭和記念公園(Vol.60)
(撮影 2012年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(07/18)夏はヤマユリ

夏の三連休最終日の海の日。海とは無縁な高幡不動尊の境内はこの日も静か。
高幡不動尊201107-1
足場もしっかり組まれて、いよいよ五重塔の工事も本格化。
高幡不動尊201107-2
あの高いところに一度登って写真を撮ってみたい
高幡不動尊201107-11
五重塔の手前には2つの看板。左側は以前からあった工事のお知らせ。
高幡不動尊201107-3
そして右側の看板には「あじさいの まり切りは 七月二十日(水)に行います」とある。高幡不動尊のあじさいは季節が終わると花を切って来年に備える

高幡不動尊201107-5
これは、まだきれいに咲いているヤエカシワバアジサイ(八重柏葉紫陽花)。たぶんカシワバアジサイは切られなかったと思う。

藤棚そばの紫陽花の小径にある小さな水路。ここは毎年シオカラトンボの写真を撮っている場所。今年もしっかり撮れた。
高幡不動尊201107-9
アップで狙っているとフっと、どこかに飛んで行って。すぐにその行方を追ってみるとすぐそばをヒラヒラと飛んでいた小さな蛾を捕まえた。
高幡不動尊201107-10
枝に止まって食べている。ムシャムシャと音が聞こえてきそうな光景、昆虫の世界も弱肉強食だ

高幡不動尊の山に咲くこのヤマユリを見るために暑い中、山をのぼる。
高幡不動尊201107-6
この場所は毎年きれいにヤマユリが咲く。緑の中の白いユリの花、少し離れているが風に流されてユリの香りも漂ってくる。

この場所に来てヤマユリを見ると夏だなぁって思う
春はあけぼの、夏はヤマユリ、秋は夕暮れ、冬はつとめて。と清少納言も言っている(嘘、夏は夜)
そういえば冬の「つとめて」っていうのが「朝早い頃」っていうはテストに出たね。
高幡不動尊201107-8
真っ白なカサブランカもきれいだけど、やはり自然の中でみるヤマユリはユリの女王だと思う。ちなみにヤマユリはお隣、神奈川県の県の花。高幡不動尊201107-7
ヤマユリって花が大きくて重いから、最初はしっかり立っているけど、そのうち倒れてきてしまう。公園などでは支柱を立てて支えたりするけど、ここは自然のままなので、そのうち倒れてしまうだろう。

女性の美しさを形容する「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」 という言葉があるので、倒れないでしっかりと立っていてほしい。

紫の頭巾の上に赤い頭巾をかぶっているお地蔵さん発見、これはさすがに暑いかも。
高幡不動尊201107-4
なんだかどこかの画伯に似ているような・・・

今週の高幡不動Vol.176

(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動Vol.130(08/07)セミの声

8月最初の週末、空が青くてとてもいい天気
高幡不動尊20100807-8
先週見たレンゲショウマの花がどうなっているか楽しみだったが、この日は花が全部落ちて、いくつかの蕾だけになっていた
この時期、特に見るモノがなくいつものようにブラブラと六地蔵さんの方へ
高幡不動尊20100807-6
この夏は猛暑なので六地蔵さんは木陰の場所でよかった
高幡不動尊20100807-7
大日堂と六地蔵さんの間の木陰は、たまに風も通って今日はなかなか涼しい。

ただセミの声が聞こえるだけだけど、これはデジタル一眼(K-7)で撮った動画。このカメラで動画を撮ることがほとんどないのでブログにアップするのは初めてかも。

鳴き声はするけど、ここではセミの姿はなかなか見えず、別の場所で見つけたアブラゼミ。
高幡不動尊20100807-5

弁天池のハスもあまりの日差しの強さに自分の葉の日陰に隠れていた
高幡不動尊20100807-2
このハスはなんだか丸っこいような
高幡不動尊20100807-3

たくさん飛んでいるシオカラトンボ。自分の場所が決まっているみたいで、なかなか逃げないし、逃げてもすぐにまた同じ場所に戻ってくる。
高幡不動尊20100807-9
近くでこうやってみると、装甲で身を固めた戦士って感じ。これが人間と同じぐらいの大きさだったらかなり恐いだろうね

これは境内の隅っこにあるスイカズラ科のサンゴジュ(珊瑚樹)の実。
高幡不動尊20100807-1
多くの丸い赤い実が密生した様子を珊瑚に見立てて名付けられたそうだが、石垣島で見た珊瑚とは全然違う。きっと宝石として使われる深い海に生息する赤珊瑚に見立てたのかな。

しかし東京は暑い。石垣島よりも暑いような気がする
高幡不動尊20100807-10
暑い日はやっぱり水だね

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.126(07/10)梅雨の晴れ間

この週末、土曜日(7/10)は思わぬ梅雨の晴れ間が広がった
せっかくの晴れ間だけど、あじさいまつりが終わって、今日の境内は静けさが広がっている。
高幡不動尊20100710-2
上の写真の不動堂屋根左上に黒い影のような物が写っているが、これはレンズ交換した時にCMOSセンサーに付いてしまったゴミ

撮っている時このゴミには全然気がつかなかったが、何枚かの写真に写っていただけで、その後のいつのまにか写らなくなっていたので、カメラの電源ON時に自動的に行われる超音波振動によるゴミ除去機能で取れたようだ

高幡不動尊20100710-3
日向は真夏の炎天下の雰囲気。この緑は萩で秋にはきれいな花を咲かせてくれるところ。

先週オミナエシが咲いていた横には、ニッコウキスゲが咲き始めた。
高幡不動尊20100710-4
この豊泉寮の庭はあじさいまつりが終わって一般公開も終了したので、入って近寄ることができない。毎年このニッコウキスゲのそばで写真を撮っていたと思うので、今年は少し開花が遅めなんだね

まだきれいに咲いている西洋アジサイを良く見たら、中央部分の花が咲いていた
高幡不動尊20100710-9

この前は東京サマーランドのアナベルの雪山でお腹いっぱい見たアナベル。高幡不動尊では7月の最初はこんな感じだったけど
高幡不動尊20100710-10
この日はもう終わりかけの状態になっていた。
高幡不動尊20100710-7
咲き始めが薄緑で、開花が進むにつれて真っ白くなるアナベルも、最後はまた薄緑に戻る。

すみだの花火を見に行ったら、シオカラトンボのカップルがお取り込み中だった
高幡不動尊20100710-5

水色のシオカラトンボはオスでメスは色が違っていて、黄色に黒い斑点が付きムギワラトンボと呼ばれることを昨年知ったが、こうやって見ると確かにオスとメスで色が違う
高幡不動尊20100710-6
オスとメスで色が違うってことがわかりやすい証拠写真だね

五重塔近くに咲いているアガパンサス。
高幡不動尊20100710-8
いまいろいろなところでアガパンサスが咲いているが、やはり晴れの日に似合う花。でも梅雨の晴れ間はこの土曜日1日だけ
高幡不動尊20100710-11

翌日(日曜日)はまたはっきりしない梅雨空、パラパラ降っては止んでしまう天気、夕方には本降りになった高幡不動尊20100710-12
息子(中1)のピアノ発表会があった市民会館近くで何か撮れるかなと思ったけど、雨の中で撮れたのはこのかわいいピンク色をしたバラだけだった

(撮影 2010年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.86)散歩で見つけた虫たち

散歩の途中でよく虫を見つける。でもトンボやチョウはなかなかとまってくれないので、写真が撮れることはあまり多くない。もちろんその場でじっと待てば撮れるかもしれないが、あくまで健康のための散歩が目的
そんな少ない虫たちの写真の中で、できるだけ最近のものを集めてみた

まずはベニシジミ(紅小灰蝶)。ベニシジミは河川敷でよく見かける、でもなかなか撮れない。小さいのでぐっと近づいて撮ろうとするけど、散歩の途中だとついついバタバタと近寄ってしまって逃げてしまうから
散歩で見つけた昆虫-1
ちょっと羽の後ろが傷ついている・・・

こうやってみるとなかなかきれいなチョウだよね。この個体は上のよりさらに羽が傷ついている
散歩で見つけた昆虫-2

これはジャコウアゲハ(麝香鳳蝶)かな。クロアゲハ、オナガアゲハなど良く似たアゲハチョウを見かける。
散歩で見つけた昆虫-3
当然だけど、ベニシジミに比べるとかなり大きい

これはスジグロシロチョウ(筋黒白蝶)かな。最初はモンシロチョウだと思って撮ったんだけど、なんだか違う感じがして調べてみただけなので、本当の名前はよくわからない
散歩で見つけた昆虫-6

普通に良くみかけるモンシロチョウを撮りたかったんだけど、なぜかなかなかとまってくれず、やっと撮れた1枚
散歩で見つけた昆虫-7
でも、きれいな花(キク科のマリーゴールド)と一緒でいい感じに撮れた

これはアガパンサスにとまったシオカラトンボ。シオカラトンボは高幡不動尊の弁天池回りで良くみかける。
散歩で見つけた昆虫-5
今回シオカラトンボを調べてみると、シオカラトンボは成熟して水色になったオスのトンボのことで、メスは成熟すると茶色になりムギワラトンボとも呼ばれるとあった

え〜ムギワラトンボってシオカラトンボのメスだったんだ・・・知らなかった。
てっきりムギワラトンボっていうトンボが別にいるのかと思っていた

これはメーターボックスの上のトンボ、どうせなら、もっといいところにとまって欲しかったんだけど、これがムギワラトンボかな?メスの複眼の色は緑でオスが青だということだけど、この写真ではちょっとわからない
散歩で見つけた昆虫-8
トンボも奥が深いなぁ・・・というか私が知らなさすぎなのかな
知ってました?ムギワラトンボはシオカラトンボのメスだってことを

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち