ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

サンシュ

昭和記念公園(Vol.4)木に咲く花たち

今回は昭和記念公園を散策しながら見つけた木に咲く花たち

これはミズキ科のサンシュ。高幡不動尊でも今きれいに咲いている。春黄金花とも言われ葉が出る前に黄色い小さな花をたくさんつける木。
昭和記念公園20100314-11

ここでは花の近くまで寄れる場所があったのでサンシュの花のアップが撮れたた
昭和記念公園20100314-10
確かに小さな黄色い花が集まって咲いているね。

このマンサクには葉が付いている?普段見返るマンサクとは違うなぁと思ったらこれは同じマンサク科のシナマンサク(支那満作)だそうだ。ちゃんと名前が書いた札がついているのがありがたい
昭和記念公園20100314-12
シナマンサクは花が咲く時期にも枯れた葉が残っていることが多いんだそうだ
これが普通のマンサク。この写真だけ高幡不動尊大日堂横にて撮影
昭和記念公園20100314-9
マンサクって派手さがなく質素で見ていて気持ちが安らぐ感じがする。子どもの頃に遊んだ田舎を思い出すような感じかな

これはモクレン科のコブシ。ハクモクレンより花が少し小さくて全開する感じで咲くけど、なかなか見分けが付かない
昭和記念公園20100314-13

コブシも前回のハクモクレンと同様、ちょうど咲き始めたところという感じかな。
昭和記念公園20100314-18
遠目に見るとハクモクレンなのかコブシなのかわからない・・・

これはカンヒザクラ(寒緋桜)。濃いピンク色が目立つ桜だね
昭和記念公園20100314-14
このカンヒザクラ(寒緋桜)は、ヒカンサクラ(緋寒桜)と呼ばれていたらしいが、同じような名前のヒガンザクラ(彼岸桜)と間違いやすいのでカンヒザクラ(寒緋桜)と呼ぶようになったとか

花をアップで撮ってみると花びらの開き方がせまくて釣り鐘のような花。
昭和記念公園20100314-16

これはいま高幡不動尊などでも満開になっているカワヅザクラ(河津桜)
昭和記念公園20100314-17
河津桜は上のカンヒサクラ(寒緋桜)とオオシマサクラ(大島桜)の自然交配種らしい。だったら一緒にオオシマザクラも撮りたかったなぁ

河津桜のアップ。花の形は大島桜からで、色は真っ白な大島桜と濃いピンクの寒緋桜を足して2で割った感じかも・・・なんて勝手なこと書いている
昭和記念公園20100314-15
きれいな青空にピンクの花は春の定番カラー。しかしかわいい花だね

この3連休は忙しくて散歩ができそうもないので、天気のいい時に撮ったこの日の昭和記念公園の写真をまたアップすることになりそう

(撮影 2010年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.112(03/13)河津桜が満開

多摩地区としては2週間ぶりに天気がいい週末となった

特に催し物がない土曜日の高幡不動尊境内は、人も少なくてのんびりとした感じ。
高幡不動尊20100313-1

梅もそろそろ終わりの時期。雨や風が強い日もあったので、いつも楽しみにしている梅「思いのまま」がどうなっているかを確認
高幡不動尊20100313-8
よかった、まだしっかりと花が咲いている。梅は花期が長くていいね。

1本の枝から紅梅と白梅が咲いている様子もしっかりと撮ることができた
高幡不動尊20100313-9
ソメイヨシノを始めいろいろな花が咲き始めるので、「思いのまま」の写真をブログにアップするのはこの1枚が今年最後になるかもしれない

五重塔そばのミズキ科のサンシュもきれいに咲いている。このサンシュの木はかなり大きな木
高幡不動尊20100313-3
春黄金花(はるこがねばな)と呼ばれているだけあって青空に輝く感じ
高幡不動尊20100313-2
青空だと写真がきれいに撮れてうれしい

先日咲き始めた河津桜はもう満開やっと青空の下で写真を撮ることができた。
高幡不動尊20100313-4
河津桜はソメイヨシノよりも早咲で桃色が濃い。河津桜は大島桜と寒緋桜が自然交配したものとされ、その原木は静岡県の河津町にあって、樹齢約50年、樹高約10m、幹周約115cmなんだそうだ

ちなみに河津町観光協会のページをみると、3月10日現在もうこの原木は葉桜になっているようだ
河津桜と命名されたのは昭和49年(1974年)、思ったよりも最近なんだね

まさに春爛漫の華やかさ、桜はやっぱりきれいだね
高幡不動尊20100313-5
ここにメジロでも写っていてほしいけど、この時は全然鳥がいなかった

天気がいいとこういう逆光の写真も撮れる
高幡不動尊20100313-6

黄色いサンシュと淡紅色の河津桜のそろい踏み
高幡不動尊20100313-7
久しぶりに散歩していて気持ちがいい週末だった

(撮影 2010年3月13日)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

散歩写真(vol.125)曇天の高幡不動尊

東京多摩地区はこのところ続けて週末の天気が悪い・・・

この2日間はいい天気なんだけど、肝心なのは週末の天気。昔からよく言われる「春に3日の晴れ間なし」という言葉がちょっと気になる。春は天気が安定せず晴れた日が続かないということだと思うが、木・金曜日と晴れて土・日曜日がまた曇り空なんてやめてね

雨だと散歩に出ないので写真も撮れず、だんだん写真がなくなってきたので、以下は先月(2月)の曇りの日に撮った高幡不動尊の写真
曇りの高幡不動尊2010-7
せっかくの梅「思いのまま」も曇天だといまひとつ冴えない
曇りの高幡不動尊2010-6
今度の週末まできれいな状態を保ってくれるかな。先日の雪と風で散っていなければいんだけど。

これは大日堂前の枝垂れ梅。この場所は、天気が良くても日陰になってしまうので、なかなかうまく写真が撮れない梅
曇りの高幡不動尊2010-4

枝垂れ梅全体をうまく撮れないので、背景に大日堂を入れて花をアップで撮ってみる
曇りの高幡不動尊2010-3

でも、これだと枝垂れ梅らしくないから、少し離れてみると、今度は枝垂れ梅って感じはするけど、花がいまひとつ。なかなかうまく撮れない
曇りの高幡不動尊2010-1

五重塔そばの、春黄金花(はるこがねはな)と呼ばれるミズキ科のサンシュも。曇天だと輝きがいまひとつ
曇りの高幡不動尊2010-8
春の花も晴天を待っています

お地蔵さんは曇天の方がしっとりとした雰囲気がでるかもね
曇りの高幡不動尊2010-2
第五番徳島県板野郡無尽山地蔵寺 五百羅漢で有名なんだそうだ

山内四国八十八カ所巡りができるお地蔵さんの中でも、こうやって五重塔をしっかり背景に入れて撮れるお地蔵さんは案外少ない
このお地蔵さんの赤いよだれかけには般若心経の「速成就佛身=速やかに佛身を成就することを得しめん」と書かれていた。

曇った時の写真ばかりだと少し寂しいので、最後に晴れたときのお地蔵さん。
曇りの高幡不動尊2010-9
なんか春の陽射しを浴びてお昼寝しているような穏やかな姿。お地蔵さんもやっぱり晴れた日の方がいいね

上記の写真は1月・2月に撮ったものなので、現在の高幡不動尊の様子ではありません

ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

昭和記念公園(Vol.2)シクラメンとクロッカス

先日の昭和記念公園の続きでまた別の草花、季節が大きく変わらないうちにアップしないとね

クリスマスローズが咲いている場所の近くで見つけたシクラメン。シクラメンってサクラソウ科なんだね。ちょっと見た感じがカタクリにも似ていた
昭和記念公園201002-10
観賞用として鉢植えされているシクラメンは良くみるけど、こうして地面に咲いているシクラメンの姿はあまり見たことがなかった。
布施明や小椋佳はきっとこういう姿を見たことがあるんだろうね

クロッカス。散歩道で見つけたクロッカスよりしっかりとした感じでたくさん咲いていた。
昭和記念公園201002-12
ここには三脚にセットしたカメラで写真を撮っている人がたくさんいた

高幡不動尊や百草園でも見つけた福寿草。ちょっと雲が出てきてしまったので、花の開きも色あいも悪い。。。残念
昭和記念公園201002-14

上の花が咲いている花木園の横には水鳥の池があってボート遊びができるようになっている
昭和記念公園201002-11
池の周りで見つけたアジサイのドライフラワー。この水鳥池の周りにはこのようなアジサイのドライフラワーがたくさんあったので、梅雨時期にはアジサイがきれいに咲くのだろう、ちょっと楽しみ

ちなみに高幡不動尊では、アジサイの花の見頃が終わった時期にアジサイの珠切りをするため、こんなしっかりとしたアジサイのドライフラワーを見ることはあまりない

水鳥の池まわりには野鳥がたくさん見られるとのことだが、この日はジョウビタキを見ることができた。でもこれ以上は近寄らしてもらえない・・・
昭和記念公園201002-13
昭和記念公園のホームページを見ると、この水鳥の池は多摩丘陵の礫層の上に防水シートを張り雨水をためた人工の池で、水生植物が繁茂するように、しかるべき所にはシートの上にコンクリートを敷き、その上に土を盛って植栽池を設けてあるとのこと
入園料が高いのも、こういう整備にいろいろお金がかかっているからだろうか

ミズキ科のサンシュ。春に葉が出る前に小さな黄色の花をたくさん咲かせる木。高幡不動尊の五重塔回りにもあってなかなかきれいな光景になる
昭和記念公園201002-15
まだちょっと先だね・・・

紅梅。当然だけど梅もたくさん咲いている。でも梅は京王百草園の方が密度が濃くて見応えがある
昭和記念公園201002-16

帰りにもう一度入り口付近。並木で真ん中で分断されたような景色
昭和記念公園201002-17
これは何の並木だろう

再び噴水。花木園や水鳥の池だけでなく、こういう施設が整備されているのが国営って感じかな

昭和記念公園201002-18


こういう景色がうまく撮れるようになりたい

(撮影 2010年2月)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ