ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

サンシュ

昭和記念公園 梅園とさくら橋

3月の昭和記念公園。梅園はだんだんと梅以外の花が目立ってきた。

奥は紅梅、手前の黄色い花はシナマンサク、マンサク科。
昭和記念公園201703
 
こちらは奥が白梅で手前の黄色い花はサンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703

別名が春黄金花。春の日差しを浴びて木全体が黄金のように輝く花。
昭和記念公園201703
小さい花の集まり。葉が出る前に花が咲くからさらにきれいに見える。
昭和記念公園201703

かなり背が高くなってきた福寿草。
昭和記念公園201703

ラッパスイセンも咲いていた。ラッパスイセンもいろいろな品種があるね。
昭和記念公園201703

梅、思いのまま。やっときれいに撮れた。
昭和記念公園201703

でも梅園の横にあるさくら橋。名前からしてさくらに囲まれていそうな橋。
昭和記念公園201703

さくら橋のすぐ奥に見えるのがシュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)、バラ科。
昭和記念公園201703
寒緋桜と大島桜の交雑種ではないかとされている。
昭和記念公園201703
きれいなピンク色。

その奥で咲いているがカンヒザクラ(寒緋桜)、バラ科。
昭和記念公園201703
濃いピンク色。沖縄ではこの寒緋桜で花見をするそうだけど沖縄に似合う色の濃さ。
昭和記念公園201703
寒緋桜(カンヒザクラ)は別名緋寒桜(ヒカンザクラ)と呼ばれるけど、
1文字違いの彼岸桜(ヒガンザクラ)と間違いやすいので、寒緋桜にした
そうだ。

 昭和記念公園(Vol.201)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


今週の高幡不動尊(02/26)  河津桜が見頃

比較的穏やかな天気の週末になった東京多摩地区。
冬ほど寒くはないが、春というにはまだちょっと寒い感じの気温。

先週1〜2分咲きだった河津桜がもう見頃になっていた。早いね。
高幡不動尊201702
 
奥殿の横のミツマタ(三叉)、ジンチョウゲ科もだんだんと咲き始めた。
高幡不動尊201702

 このミツマタの向かい側で咲いているのが、弘法大師像前の紅梅。
高幡不動尊201702
咲き始めて見頃になるまでかなり時間がかかったけど、見頃の状態も
長く続いている。

サンシュ、ミズキ科もかなり咲いてきた。
高幡不動尊201702
ちなみにこのサンシュの木は、日野市の天然記念物に指定されている。

穏やかな天気だったためか、お参りの人が多い。
高幡不動尊201702

 さて河津桜。場所は駐車場から見ると交通安全祈願殿の奥になる場所。
高幡不動尊201702
ちょうど五重塔が背景になる場所。
高幡不動尊201702
メジロを待っていたんだけど、この日はヒヨドリだった。
高幡不動尊201702


高幡不動尊201702
一生懸命、桜の蜜を吸っている。
高幡不動尊201702
くちばしの咲きが花粉で黄色くなっている。

高幡不動尊201702
やっぱり桜の花はいいなぁ。

高幡不動尊201702
玉こんにゃくが定位置についた。まだそれほど気温は高くないので稼ぎ時だ。

今週の高幡不動Vol.431
(撮影 2017年2月25,26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


 

今週の高幡不動尊(02/19)  河津桜が咲いた

日曜日は風が強い晴れの日になった東京多摩地区。

きれいな青空は背景にピンクの河津桜がきれいに咲いている。
高幡不動尊201702
こうやって花をアップで撮ると、もう見頃になっている感じだけど・・・
高幡不動尊201702
咲いているところだけを撮っただけで、全体としてはまだ咲き始めの
1〜2分咲きという感じ。
高幡不動尊201702

青空に飛行機雲がいいアクセント。
高幡不動尊201702
この日は第三日曜日なのでござれ市が開催されているが、不動堂前には
それほどお参りの人がいない。
高幡不動尊201702
露店も出ていたりするんだけど、寒い時期だからか、ござれ市にしては
人が少ないかな。
高幡不動尊201702
3月のござれ市は3連休とも重なるのでもっと賑やかになるだろう。

昭和記念公園の梅園でも咲き始めたサンシュ、ミズキ科。
高幡不動尊201702
この花が咲くと、木全体が明るくなるんだけど、まだまだこれから。

大日堂前の枝垂れ梅は5分咲き。
高幡不動尊201702
枝垂れ梅の奥にお参りする人の姿。のどかな光景。

思いのままはもう満開に近い状態だけど、今年は桃色と白色の花びらが
混じった花がなかなか見つからない。
高幡不動尊201702

高幡不動尊201702
梅が見頃になり、そのあとに桜が咲き始めて、花が少ない時期に頑張った
この山茶花が主役の時期も終わりになってきた。

今週の高幡不動Vol.430
(撮影 2017年2月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(02/27) 思いのまま

いい天気になった週末。特に土曜日に快晴になるのは6週間ぶりだそうだ。

暖かで春を感じる日。境内の参拝者はあまり多くない。
高幡不動尊201602-1
翌日が28日、お不動さんの日なので、今日は人が少ないのかも。

今年は早めに咲き始めたものの、その後は足踏み状態だった、奥殿横のミツマタ。
高幡不動尊201602-2
少し開花が進んだようだ。これで例年通りかな。

大日堂前の枝垂れ梅も見頃になっている。
高幡不動尊201602-4
後ろから桜が追いかけてきているからね(笑)

大日堂横、六地蔵さんの後ろで、マンサクが咲き始めた。
高幡不動尊201602-5
花の先具合はまだこれからだね。
 
晩秋からずっと境内や山内を飾ってきた椿。
高幡不動尊201602-6
春が訪れてその役割も終わりに近づいている。

交通祈願殿後ろで咲いている河津桜。
高幡不動尊201602-8

全体で見るとまだこれくらい。見頃になるのはあと1週間ぐらいかな。
高幡不動尊201602-7
メジロが花の蜜を吸っていたのはこの桜。

これはサンシュユ(山茱萸)、ミズキ科。
高幡不動尊201602-9
別名、ハルコガネバナ(春黄金花)と呼ばれるように、花が咲き太陽の光が当たると黄金色に輝く。

五重塔前の思いのまま。満開を少し過ぎた感じ。
高幡不動尊201602-12

1つの花に白とピンクの花びらがある花を探してみるが・・・
高幡不動尊201602-10
上は、咲いている場所が遠く、角度も下向き。
下は、いい場所なんだけど、花びらのピンク色が少し薄い。
高幡不動尊201602-11
今年はあまりいい花が見つからなかった。残念。

今週の高幡不動Vol.387
(撮影 2016年2月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園(2015年10月12日)日本庭園のようす

10月12日の昭和記念公園日本庭園の様子。

これからの時期にこの日本庭園に期待するのは、やはり紅葉。
昭和記念公園201510-2
 少し色づいている木々もあるけど、まだ少し早い。
昭和記念公園201510-4
 
部分的に撮ると、ちょっといい感じに見えたりもするけど、まだ早いよね。
 昭和記念公園201510-8
昭和記念公園のモミジ類の紅葉は10月下旬から。

コムラサキの実。そろそろ終わり。
昭和記念公園201510-5

シュウメイギク、キンポウゲ科もそろそろ終わり。
昭和記念公園201510-7
いつも高幡不動尊で白い秋明菊ばかり見ているので、この赤紫色は新鮮に見えるけど、
もともとの秋明菊の色はこの赤紫色だったそうだ。

昭和記念公園201510-1
この時期一番良く咲いているのは、ホトトギス(タイワンホトトギス)、ホトトギス科。
昭和記念公園201510-6

ツワブキ、キク科。キャラブキはこのツワブキの葉っぱで作られているそうだ。
昭和記念公園201510-3
私には、その名前から妻夫木(聡)が連想される。

サンシュ、ミズキ科。この実は食べられるらしい。
昭和記念公園201510-9
春黄金花と呼ばれ、早春には黄色い花が咲き、木全体が輝いて見える木。 

立川口、カナールのイチョウ並木、少し色が変わったかな?という程度。
昭和記念公園201510-10
イチョウ並木の黄葉は11月中旬から。お楽しみはもう少し先です(笑)。

 昭和記念公園(Vol.143)
(撮影 2015年10月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動(03/14)いつの間にか春

あまりの忙しさに散歩もできず前回の1月25日から1ヶ月以上経過してしまった今週の高幡不動尊。
ブログを始めてから、これだけ散歩しなかったことはなかったかも(汗)


久しぶり訪れても変わらない風景にちょっと安心感。
高幡不動201503-1
 
いつの間にか境内は春に。
高幡不動201503-2
 奥殿横では毎年咲くここで咲く小さなラッパスイセン。
 
高幡不動201503-3
同じく奥殿横のミツマタ、ジンチョウゲ科も満開。

高幡不動201503-4
 ちょっと来ない間にフキノトウもこんなに育ってしまって、もう食べられないなぁ(笑)

 高幡不動201503-5
奥殿前の枝垂れ梅、もう見頃になっています。

高幡不動201503-7
六地蔵さんの後ろ側ではマンサク、マンサク科がきれいに咲いている。
高幡不動201503-6
 高幡不動尊でマンサクが咲いているのはここだけかなぁ。

六地蔵さんの横で咲いているアセビ、ツツジ科。
高幡不動201503-8
もう少しそばで咲いてくれていた方が写真が撮りやすいんだけどなぁ・・・

高幡不動201503-9
 天然記念物に指定されている、大きなサンシュ(春黄金花)、ミズキ科。

河津桜もすでに満開。今年はいろいろな花の咲き始めから途中経過を見ることなく一気に満開。
高幡不動201503-10
 もう少し天気が良ければきれいだったんだけど、この日がワンチャンスだったので仕方ない。
 
高幡不動201503-11
 五重塔の前の思いのまま。
もう満開でしっかり咲いているんだけど、なぜだか1輪の中で白とピンクの花が見つからない。
高幡不動201503-13
なんだか作り物のように見えるけど、このように同じ枝に白色と桃色が咲いているのが思いのままの姿。

高幡不動201503-12
 なんだか紅白饅頭みたいでおめでたい(笑)

相変わらず忙しい日々がこの先も続きそうだけど少なくとも1週間に1度ぐらいは更新していきたい。
という願望


 今週の高幡不動Vol.347
(撮影 2015年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(3/23)河津桜に鳥たちが

お彼岸の3連休の東京多摩地区。暑さ寒さも彼岸までと言われるように春らしい週末となった。
高幡不動201403-5
お彼岸でお墓参りに来る人が多く、お線香の香りが漂う。

奥殿前のミツマタ、ジンチョウゲ科が満開。
高幡不動201403-4
今年初めて蝶が撮れた。
高幡不動201403-1
菜の花の周りではモンシロチョウが良く飛んでいるが、動き回るのでなかなか撮れない(汗)。

ミツマタのすぐ下には、しろばなたんぽぽ。
高幡不動201403-2
 しろばなたんぽぽは日本在来種のたんぽぽ。
高幡不動201403-3

 山内のお地蔵さん越しに華やかな場所が見える。
高幡不動201403-6

交通安全祈願殿の後ろに小さな藤棚がある。そのそばで満開になっている河津桜とサンシュ。
高幡不動201403-10
河津桜とサンシュ、それぞれにピントをあわせてみる。
高幡不動201403-13
下の方がなんだか春らしくて好きかな。

このサンシュはかなり大きな木。
高幡不動201403-7
高幡不動尊にはこのサンシュよりもさらに大きな日野市の天然記念物に指定されているサンシュもある。
高幡不動201403-8
樹齢200年。江戸時代生まれか・・・

そしてこの河津桜にはいろいろな鳥が蜜を吸いに来ている。
高幡不動201403-9
これはヒヨドリ。

高幡不動201403-12
これはシジュウカラだろうか。

一番よく見かけるのはやはりメジロ。
 高幡不動201403-11

明るく春らしく撮れているけど、特に明るさを補正したわけではない。
高幡不動201403-8
K-7、K-5、K-5IIsと使い続けているが、たまにこのような露出オーバー気味に撮れることがある。
これはペンタックスのクセ?

これは1週間前の高幡不動尊の様子。最近週刊高幡不動通信が遅延している(汗)

 今週の高幡不動Vol.308
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

昭和記念公園(2014年1月)シモバシラと節分草

前回に続いて1月の昭和記念公園。

イルミネーション後片付けの様子を見たあと、昭和記念公園のホームページで数輪の梅が咲き始めたと書いてあってので、例年一番最初に梅が咲く花木園梅園に向かう。
しかし、この日(1月11日)は梅の花の咲いている姿を見ることができなかった。どうやら咲き始めたのは、ゆめ広場の梅だったようだ・・・

梅のかわりに花木園梅園で見ることができたのはこのサンシュ、ミズキ科の赤い実。
昭和記念公園201401-2
サンシュは別名春黄金花とも呼ばれ、2月後半ぐらいから黄色い花をつけるはずだけど、まだ実がなっている。かなりシワシワになっているけどね。
昭和記念公園201401-3
なんだか枝が光っているように見えるが、このサンシュは赤い実だけでなく枝からオレンジ色の樹液のようなものがたくさん出ていた。

次は節分草を見るために、こもれびの里休憩棟に向かう。その途中でロウバイ、ロウバイ科が咲いていた。
昭和記念公園201401-5
梅はダメでも蝋梅は見頃。
昭和記念公園201401-6
青空に映えるね。

梅に続く2番目の目的にしていた節分草、キンポウゲ科。咲いてはいたものの、この日はまだほんの数輪。
昭和記念公園201401-7
梅の花も見ることができなかったし、もう一度、昭和記念公園に来ることを決意(大げさか・・・)。

次は、この日3番目の目的、シモバシラ、シソ科を探しに、こもれびの丘北西の散策路に向かう。
昭和記念公園201401-9
大分溶けてしまったようだけど、なんとか、シモバシラを見ることができた。
このシモバシラは枯れた茎の根元にこのような氷の結晶ができることからついた名前。花が咲いている時ではなく枯れた冬の様子が名前の由来になっているのは面白い。
昭和記念公園201401-12
これが昨年9月に撮ったシモバシラの花。
昭和記念公園201401-8
枯れた茎に吸い上げられた水分が、茎の割れ目からしみ出て、それが外気に触れて「氷」になり、それが横方向に少しずつ広がってできるとされる。なかなか見ることができない、なんとも不思議な現象。

これはたぶんベニカナメモチ、バラ科。冬は緑色だった葉が春になると赤く紅葉するかわった奴。
昭和記念公園201401-10
下の方の葉が緑で先だけ赤いので遠くから見ると花が咲いているように見えた。花の少ない時期だから期待して近づいてきてしまった(汗)。

これは、ヒイラギモチ、モチノキ科。これはクリスマス飾り用だね。
昭和記念公園201401-4ひいらぎもち

花木園からふれあい広場の途中で見かけたちょっと異様な光景。
昭和記念公園201401-11
これはドライフラワー状態になったアジサイ。これだけの数がこの状態で残っているのはすごいかもしれない。

この木は確かイチョウのはずだけど、幹には葉っぱ、そしてどうみてもギンナンとは違う大きな実がぶら下がって、どこがイチョウなんだかわからない状態に(笑)
昭和記念公園201401-1キカラスウリ
葉っぱはツタ、実はキカラスウリ、ウリ科の実かな。

 昭和記念公園(Vol.104)
(撮影 2014年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

今週の高幡不動(03/10)河津桜が咲いた

春を通り越して初夏を感じるぐらい気温が上がった高幡不動尊の境内。天気がいいが、もうこの時期は冬のような澄んだ青い空ではない。
高幡不動201303-5
この日の午後はさらに空が白く霞んでしまった。黄砂の影響かと思ったら、強い風でほこりが巻き上げられて大気が霞む煙霧(えんむ)という現象なんだそうだ。

東京都心の最高気温は25.3度となり夏日となった。

この暖かさに背中を強く押されたのか、先週はまだ蕾が少しふくらんだ程度だった河津桜が咲いてた。しかもすでに5分咲きを越える咲き具合。
高幡不動201303-8

この河津桜は交通安全祈願殿の後ろ、五重塔に向かって左側にある。
高幡不動201303-9

花の蜜を吸いに来ていた鳥。ここにはよくメジロを見かけるが、これはヒヨドリかな。
高幡不動201303-4
メジロが撮りたかったなぁ(汗)

河津桜のそばに咲く黄色い花はサンシュユ、ミズキ科。高幡不動201303-10
サンシュユは葉をつける前にたくさんの小さな黄色い花を咲かせる。別名、春黄金花(はるこがねばな)とも呼ばれ、日射しを浴びると木全体が黄金色に輝いて見える。
高幡不動201303-11
桃色の河津桜と黄色のサンシュユが春の陽射しの中で共演している。私の写真の腕ではこの輝きの美しさを撮り切れないので、是非実際に行って見てほしい(笑)

毎月第2日曜日の境内ではフリーマーケットが開かれる。
高幡不動201303-6
色とりどりの草履。フリーマーケットはござれ市と違って手作りのモノが並べられていることが多い。
高幡不動201303-7
懐かしい昭和のムードミュージック。東京ナイトクラブはいまでもデュエットで歌われているのだろ。というか、この曲を1人で歌うのはかなり寂しい(涙)。

奥殿横のミツマタは満開状態。
高幡不動201303-13
ミツマタの根もとそばにはラッパスイセンが咲いている。
高幡不動201303-14
奥殿の向かい側、弘法大師像そばの紅梅。紅梅は春らしい風景をつくる。
高幡不動201303-1

大日堂前の大きな枝垂れ梅もやっと見頃になってきた。
高幡不動201303-3
大日堂大玄関前の枝垂れ梅は紅梅。こちらはまだ5分咲き程度かな。
高幡不動201303-2

毎週ずっと撮り続けている五重塔前の梅「思いのまま」も見頃になった。
高幡不動201303-12
白い花が大半を占めるが、写真の真ん中に花びらの色が桃色と白色が半分ずつの花が写っている。

この週末は一気にいろいろな花が咲いたので、この「思いのまま」など続きはまた別記事で。

今週の高幡不動Vol.257
(撮影 2013年3月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/03)弥生3月に

東京で春一番が吹いてすごく暖かな日があった週の週末。
高幡不動尊の境内でも春らしい姿を見ることができるのはないかと少し期待して訪れた。
高幡不動201303-1
週末はまた寒さが戻ってきたためだろうか、参拝者は少なめの境内。

先週・先々週は少しだけしか咲いていなかったミツマタ、ジンチョウゲ科がたくさん咲き始めた。
高幡不動201303-2

大日堂前の枝垂れ桜、やっと少し咲き始めた。
高幡不動201303-3

大日堂横のマンサクが一足先に見頃。
高幡不動201303-4

先週、蕾がふくらんで咲き始める寸前だった五重塔前の梅「思いのまま」。
高幡不動201303-5
全体的にはまだこんな感じで少しだけど咲き始めた。
高幡不動201303-6
同じ枝に白・紅・桃の花を咲かせる「思いのまま」らしく、白い花にほんの少しだけ桃色の花びらが交じっている。
高幡不動201303-7

弁天池の福寿草、背が伸びてきた。
高幡不動201303-11
反対側から見ると・・・
高幡不動201303-10
なんだかひょろっと茎が伸びている。

ふきのとう。早く食べないと花が咲いてしまうよ(笑)。
高幡不動201303-8

これはサンシュユ、ミズキ科。別名が春黄金花と呼ばれ、早春を代表する花木。
高幡不動201303-9
もっと花が咲いて、そこに日射しが当たると、木全体が黄金色に輝く。
3月に入ってやっと春らしくなってきた。

今週の高幡不動Vol.256
(撮影 2013年3月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年3月)やっと春が来た

昭和記念公園201203-13
昭和記念公園のクロッカス。こういう光景を見ることができるようになると春を感じる。

クロッカスはイメージがちょっと違うがアヤメ科。昭和記念公園201203-12
ちょっと長めのオレンジ色のシベが特徴。
昭和記念公園201203-14
花サフランとも呼ばれるようにサフランの花に似ている。サフランが咲くのは秋だから間違えずに済む。
昭和記念公園201203-10
クロッカスらしい紫色にオレンジ色の取り合わせ。
昭和記念公園201203-15

そばに咲いていた赤い花。クロッカスにはいろいろな色があるそうだが、これはクロッカスではないようだ。
昭和記念公園201203-11

遅れていた梅もやっと見頃。昭和記念公園にも梅園と呼ばれる場所がある。昭和記念公園の広さからするとちょっと狭いけどね。
昭和記念公園201203-8
すっきりきれいな大輪の白梅、八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園201203-6
かわいい桃色の道知辺(みちしるべ)、ちょっといい感じの名前。由来はなんだろう・・・
昭和記念公園201203-3
百草園でも見た大盃。百草園の大盃よりも木がかなり大きかった。
昭和記念公園201203-5
紅梅は青空が背景だとより一層きれいに見える。

梅園に黄色い梅?いえいえこれはサンシュ。
昭和記念公園201203-7
春黄金花と呼ばれるサンシュは、こんな小さな花がたくさん集まって咲いている。
昭和記念公園201203-2
高幡不動尊にもサンシュがあるけど、日野市の指定文化財(天然記念物)に指定されているぐらいの大きな木なので、ここまで花に近寄って見ることができない。

マンサク科のシナマンサク。マンサクと同じような花を咲かせるが枯れた葉がついたままなのが特徴。
昭和記念公園201203-4
この時期まで枯れた葉がついているってちょっと変わっている。

春の日射しを一杯に受けようと大きく開いている福寿草。
昭和記念公園201203-9
再びクロッカスの登場。
昭和記念公園201203-1
福寿草は日本風の姿だけど、クロッカスってちょっと西洋風かも。
実際、原産地は福寿草が日本、中国、朝鮮半島あたりの東アジア、クロッカスが地中海沿岸なんだそうだ。

前回訪れたのが2月最初だったので、ちょっと間が開いてしまったが、ちょうど春が来た時期だったのでちょうどよかったかな

 昭和記念公園(Vol.52)
(撮影 2012年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/11)ようやく春の足音が

せっかくの週末なのにまた雨模様かと思ったら、日曜日は少し晴れ間が見えた東京多摩地区。

毎週のようにチェックしていたジンチョウゲ科のミツマタがやっと咲き始めた。
 高幡不動201203-6
撮った角度がちょっとわかり辛いが、(名前の由来になっている)枝が三つに分岐している。

3月とは思えないような冷たい風が吹く日、高幡不動尊の境内も参拝者が少ない。
高幡不動201203-2
不動堂の横に足場が見える。屋根の補修工事が始まるのかな。
高幡不動201203-3
裏に回ってみると、かなり足場が組み上がっている。

毎月第2日曜日はフリーマーケット。翌週(第3日曜日)のござれ市はかなり賑やかに開催されるが、このフリーマーケットは地味。
高幡不動201203-1
この日気になったのはこのきれいな布草履たち。履くのがちょっともったいない。
高幡不動201203-4

弘法大師像前の紅梅、きれいに咲いている。
高幡不動201203-5
弘法大師さんも見頃の紅梅を楽しんでいることだろう。
高幡不動201203-7

ジンチョウゲ(沈丁花)の花もそろそろだ。ミツマタと同じジンチョウゲ科。
高幡不動201203-8
まだあのいい香りはしなかった(^^;)

大日堂前の枝垂れ梅もひらほらと咲き始め。やっとだ
高幡不動201203-9

六地蔵横のアセビ(馬酔木)は薄紅色でかわいい。
高幡不動201203-10

春黄金花とも言われる、ミズキ科のサンシュ。
高幡不動201203-11
この花がしっかり咲くと木全体が明るくなって春が来たって感じになる。あともう少しだ。

こちらも毎週チェックしている梅「思いのまま」。この蕾だけ咲きかけていた。
高幡不動201203-12
こちらも来週が楽しみ。

福寿草はもうずいぶん大きくなってきている。
高幡不動201203-13

弁天堂横のフキノトウ。
高幡不動201203-14
ここまで大きくなったらだめなのかな。

3/14で3ヶ月になる我が家の「そら」(空之介)もちょっと大きくなってきた。
空之介
遊んでいるとなかなか写真を撮る機会がない。トイレ練習中で見た感じがちょっときたないけど、まともに撮れた写真が少ないので失礼
空之介
やっと2回目の予防接種(6種混合ワクチン)を受けたので3週間後には外に出すことができる。

今週の高幡不動Vol.206
(撮影 2012年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/27)サンシュと河津桜

3月最後の週末なのに天気はいいけど寒い・・・
高幡不動尊201103-11
高幡不動尊の境内は少し参拝の人は増えてきたようだけど、みんなまだ冬の服装。

大日堂前に向かう山門付近は、毎年ソメイヨシノがきれいに咲くが今年はまだこんな感じ
高幡不動尊201103-12
昨年の同じ日2010年3月27日の様子が下の写真、ずいぶん違う。
高幡不動尊201103-1
ソメイヨシノについては昨年に比べて1週間以上遅い気がする。もう忘れてしまっているが、昨年は平年よりも少し早かったんだろうね

昨年の同じ頃の写真を見ていて、咲くのが遅れているのはソメイヨシノだけではないことに気がついた。例えば大日堂前のボケはやっと花が少し咲き始めた状態。こちらもずいぶん違う。
高幡不動尊201103-8
下の写真は昨年の同じ頃の様子。
高幡不動尊201103-2
まあ遅れていると嘆いていても仕方ない。それでも春は確実に近づいているから桜(ソメイヨシノ)もボケもそのうち咲くだろう。

それよりも境内のいろいろなところで花が咲き始めたのでその様子を
高幡不動尊201103-13
これは大日堂前のヒュウガミズキ(日向水木)、マンサク科。

鐘楼下のキブシ(木五倍子)、キブシ科。上のヒュウガミズキも、このキブシも釣り鐘型の小さな花がたくさん連なって咲くタイプ。
高幡不動尊201103-9

奥殿横のミツマタのそばで咲いているスイセン、ヒガンバナ科。
高幡不動尊201103-14

これもミツマタの木のそばでひっそりと咲いているスミレ、スミレ科。
高幡不動尊201103-15
スミレはこうしてひっそりと咲く姿がなぜか似合う。

弁天池の周りで見つけたフキノトウ、キク科。
高幡不動尊201103-10

六地蔵さんそばのアセビ、ツツジ科。
高幡不動尊201103-4
ここのアセビは花びらの先がちょっと薄紫がかっているかわいい色。
高幡不動尊201103-3

五重塔まわりでは春黄金花とも呼ばれるサンシュがきれいに咲いている。
高幡不動尊201103-7
黄色のサンシュとピンク色の河津桜が並んでいてちょっと華やか。
高幡不動尊201103-5
青空とサンシュを背景にした河津桜。陽射しを浴びてちょっと眩しい光景だった
高幡不動尊201103-6
河津桜もだんだん見頃を過ぎてきた。春のバトンを引き継ぐはずのソメイヨシノの開花が待ち遠しい。

ちなみに3月28日(月)に気象庁が東京で桜(ソメイヨシノ)が咲いたという開花宣言があった。これは昨年より6日遅いが、平年並みとのこと。
日本気象協会では、東京の桜の満開予想を平年より2日遅い、4月7日(木)としている
ということは4月9,10日の週末が花曇りや花散らしの雨にならないことを祈らないと

今週の高幡不動Vol.162
(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(03/13)冬来たりなば春遠からじ

3/13の高幡不動尊の様子、いつものように穏やかな境内。
高幡不動尊201103-3
第二日曜日はフリーマーケットの日。きれいな手作りの根付けが売られていた。
高幡不動尊201103-4
作り方なんかを話しながら売っている姿がフリーマーケットらしい。
高幡不動尊201103-5

境内のいろいろな場所で春の花が次々と咲き始めて見頃になってきている。
高幡不動尊201103-6
このところ毎週撮っているミツマタ。

大日堂玄関前の枝垂れ梅。
高幡不動尊201103-7

六地蔵さん後ろのマンサク。
高幡不動尊201103-9

そしてこれはハルコガネバナ(春黄金花)とも呼ばれるサンシュ、ミズキ科。
高幡不動尊201103-10
葉を出す前に鮮やかな黄色の小花を枝一面に咲かせるだけあって、回りが明るくなったように思える。
高幡不動尊201103-12
どんな花かというと、こんな小さな花が集まって咲いている。
高幡不動尊201103-1
高幡不動尊のサンシュは背が高くてここまで近寄って撮れない。この写真は昭和記念公園で撮ったもの。

大日堂前のボケ、この木が咲くとこのあたもパァッと明るくなる。
高幡不動尊201103-8
「冬来たりなば春遠からじ」、「止まない雨は無い」、もう少しの辛抱だ。

河津桜が満開。
高幡不動尊201103-11
陽射しに透けた花びらの姿がいい。
高幡不動尊201103-13

境内では東北関東大震災の義援金を募っていた(下写真の右隅のお坊さん)高幡不動尊201103-2
私も微力ながら協力させていただきました。

散歩道できれいに咲いていた菜の花。
菜の花201103-2
いろいろな困難がいま日本に押し寄せて来ていますが春はもうすぐそこ。
菜の花201103-1
明日は今日より素晴らしいことを信じて

今週の高幡不動Vol.160
(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(02/27)いろいろな花が咲き始めたよ

2月25日金曜日は気温が20℃にまでなって春一番が吹いた東京多摩地区。土曜日は一転して肌寒かったが、日曜日はまた気温がぐっとあがった
高幡不動201102-1
いい天気だけど、特に行事もなく静かな境内、これが本来の高幡不動尊って感じで私には心地良い

高幡不動尊にはそれほど本数はないんだけど梅が見頃になってきている。
高幡不動201102-2

ミツマタも先週よりもたくさん咲き始めた。
高幡不動201102-3

ジンチョウゲ(沈丁花)はまだ蕾。この花の香りが漂い始めると完全に春
高幡不動201102-4

毎週楽しみにしている梅「思いのまま」も、いまが見頃
高幡不動201102-9
白梅と紅梅が並んで咲いているのがこの梅の特徴。
高幡不動201102-8
白と紅の花びらが混ざっている花も見られるようになった
高幡不動201102-10
梅に鶯(ウグイス)ならぬ雀(スズメ)。梅雀っていう大物俳優というか歌舞伎役者がいたよね。気になってネットで調べたらあの「遠山の金さん」の中村梅之助(4代目)の息子だった。と、言っても私より年上だけど

ユキヤナギ(雪柳)も少し咲き始めた。
高幡不動201102-7
ここのユキヤナギがきれいに咲くときれいなので楽しみ。

春黄金花(はる・こがねばな)と呼ばれるサンシュ、みずき科。この木は背が高いので、花が咲くと五重塔を背景にいい風景が撮れる
高幡不動201102-6

たぶん高幡不動尊で一番早く咲く桜の木はこの河津桜の木
高幡不動201102-5
この暖かさに誘われたのかパラパラと咲き始めた。

土方歳三像後ろで弁天池の間にあるアセビ(馬酔木)。いつのまにかこんなに咲いている
高幡不動201102-11
いつも弁天池では福寿草ばかり気にしていたから気がつかなかった

この週末、どんどん花が咲き始めたと思ったら、月曜日から寒い雨・・・
春はそう簡単には訪れてくれないってことかな

今週の高幡不動Vol.158
(撮影 2011年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ