ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

サルスベリ

今週の高幡不動Vol.133(08/28)お不動さんの日

毎月28日は高幡不動尊のご縁日、通称お不動さんの日
高幡不動尊20100828-10
さすがにお不動さんの日だけあって、境内にはお参りの人がたくさん。たくさんと言っても普段の週末に比べてっていうぐらいだけど

やっぱり暑い日にはこういう露店に視線が・・・
高幡不動尊20100828-9
しかも、ここは境内の一番いいポジション

目だけ涼しくなったけど、やっぱり暑くて水の涼を求めてついつい弁天池に
高幡不動尊20100828-8

弁天池の横にある交通安全祈願殿で車のお祓いをするお坊さん。暑くないのかな。
高幡不動尊20100828-4

葉っぱの上に虫でもいるのか?と思ったら・・・
高幡不動尊20100828-6
すぐ上のサルスベリの木から落ちたのだろう。
高幡不動尊20100828-5
先週見たキツネノカミソリはもうほとんど枯れてしまっていたが、サルスベリは7月からずっと元気に咲き続けている、すごいなさすが百日紅だ

お不動さんの駐車場では盆踊りの準備が終わっていた。この週末は夕方から盆踊り大会だ
高幡不動尊20100828-7
でもいまはまだ日差しが強くて暑い。踊っている姿が想像できない

境内の露店ではこんな感じでジャコや川えびを売っていた。
高幡不動尊20100828-2
こんなやりとりができるのも露店のよさかも
高幡不動尊20100828-1

もうすぐ9月、でもまだ残暑が厳しいね
高幡不動尊20100828-3

帰り道の田んぼでは稲穂が少し頭を垂れはじめていた。
高幡不動尊20100828-11
草木は着実に秋の準備をはじめている。来週は9月だもんね

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.132(08/21)キツネノカミソリ

お盆を過ぎてもまったく涼しくならず、ますます猛暑な東京多摩地区

この暑さでお参りの人もほんとうに少ない・・・
高幡不動尊20100821-10

それでも草花はしっかり季節を覚えていて、キツネノカミソリが見頃になっている
高幡不動尊20100821-9
横向きというかちょっと上向きに咲くのが特徴の1つ。
高幡不動尊20100821-7
高幡不動尊鐘楼周辺の何カ所かに群生していていまちょうどきれいに咲いている
高幡不動尊20100821-6
キツネノカミソリ(狐の剃刀)はヒガンバナ科。葉の形がカミソリに似ているらしいが、花が咲く頃にはすでに葉は枯れてしまっていて見ることができない

良く見るとシンプルな構造の花だね。
高幡不動尊20100821-8

キツネノカミソリのシンプルさに対して複雑に見える花と言えば、この時期きれいに咲いているサルスベリ、どこまでが1つの花なんだかよくわからない
高幡不動尊20100821-4

こうしてしっかり咲いている花もあれば、今年はちょっと残念な花もある。奥殿横のレンゲショウマはどうもいまひとつ(この写真の写りも今ひとつ)
高幡不動尊20100821-1
下の写真は昨年の同じ頃の写真。本当はこんな感じで咲くんだけどね。
高幡不動尊20100821-2
キンポウゲ科のレンゲショウマは花びらの先の薄紫色がちょっとおしゃれなアクセント。

高幡不動尊20100821-3
暑いけど、黄色い花を見て元気を出そう

弁天池のハスの花はまだまだ元気。ちょうど日射しが当たって、ハスの花が光っているように見えた
高幡不動尊20100821-5
昨年亡くなった母はとても暑がりで、夏は良く首にタオルを巻いて暑〜ぃ暑〜ぃと言っていた。もし生きていたらこの夏の猛暑は大変だったろう、いい時に旅立ったかもしれないね、なんてハスの花を見ながら思った

今日(8/23)は二十四節気の1つ処暑。暑さも峠を越える頃のはずなんだけど、まだすら峠が見えない

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(Vol.15)サギソウ

お盆休みの昭和記念公園は案外すいていた、ここに来る人は皆この暑さでレインボープールに行ってしまったのかも
今回猛暑の中、昭和記念公園に行ったのはこのサギソウを見るため
昭和記念公園20100814-7
見てもわかるように、シラサギが羽根を広げたように見えることからついた名前。昭和記念公園ではサギソウまつり2010が開催されている。
昭和記念公園20100814-11
たくさんのシラサギが飛んでいる
昭和記念公園20100814-6
サギソウ(鷺草)はラン科。こうしてアップで見ると変わった形をしているけど、ラン科と聞いて少し納得。
あんまりアップで見ない方がいいかな
昭和記念公園20100814-1
サギソウは世田谷区の花、姫路市の花に選定されている。姫路市は姫路城が別名白鷺城と呼ばれているので、なんか理由があるんだろうなって気がするけど、なぜ世田谷区なのか?それは世田谷に館(城)を構えていた吉良頼康氏にまつわるお話

吉良頼康公の側室「常盤姫(ときわひめ)」が悪い噂話のために追放され、身重で逃亡し、自害して身の潔白を証明しようとした。その際、飼っていた白鷺の足に遺書をくくり付け飛ばしたのだが、白鷺は途中で力尽きて死んでしまう。死因は飛び続け力尽きたとも、鷹狩の鷹や弓矢に落とされたともいわれている。その白鷺が多摩川のほとりでサギソウになったという御伽噺(おとぎばなし)である。(Wikipediaより引用)

ちなみに姫路城の別名白鷺城は、ずっと前から「しらさぎじょう」と読むんだと思っていたが、音読みで「はくろじょう」と読むそうだ。これは日本の城郭の異称は音読みするのが普通とされているからなんだそうだが、本当?そんなの全然知らなかった

7月に行った時はまだ咲き始めだったひまわりの丘。今度はほとんど終わりかけ、タイミングが悪い
昭和記念公園20100814-3
それでもヒマワリってわりと同じ方向を見てくれるから、これくらい咲いているだけでも写真には撮りやすいのでありがたい。例えばコスモスの花なんかは、みんな全然バラバラの方を向くので写真が撮りづらい

サルスベリは長くきれいに咲くね、さすが百日紅。
昭和記念公園20100814-9
3色の花が同じ所に咲いていたので、撮ってみたけど、なんだかまとまりのない写真に・・・
昭和記念公園20100814-10

これは、キク科のエキナセア、別名ムラサキバレンギク(紫馬簾菊)。
昭和記念公園20100814-8
エキナセアはハーブの一種で、風邪やインフルエンザなど、ウイルスや細菌に対する体の免疫力を高める効果があり医学界から注目されているそうだ。そういえばこれはハーブ園に咲いていた。
昭和記念公園20100814-5

がまの穂にシオカラトンボ。もうちょっとアップで撮りたかった
昭和記念公園20100814-4

ムクゲやフヨウもたくさん咲いていた。
昭和記念公園20100814-2
ハイビスカスも同じアオイ科。そもそもハイビスカスはアオイ科フヨウ属の総称として使われている。
こういう花を見ると石垣島を思い出す・・・

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.131(08/14)お盆

お盆休みの高幡不動尊、お彼岸とは違ってお墓参りの人はそれほど多くない。
高幡不動尊20100814-9
天気予報では、この日は1日くもり空。日差しがないこともあって、暑さが一段落したかと思ったけど気温は30℃以上。酷暑のせいで体が35℃の世界になれてしまったのか

いま、あちらこちらでサルスベリ(百日紅)がきれいに咲いている。
高幡不動尊のサルスベリは土方さんから見えない位置。鬼の副長土方歳三も、誰もいないときにこっそり振り返って見ているかな
高幡不動尊20100814-8
遠近感のためか、なんだか土方歳三像が模型っぽく写っている

今日のメインは弁天池回り。お盆と言えば仏さま、仏さまと言えばハスの花
高幡不動尊20100814-6
先週、葉の陰に隠れていたつぼみが咲いていた。
高幡不動尊20100814-10
昔はこういう雫の水も大切な飲み水になったんだろうね。どんだけ昔の話だ・・・
高幡不動尊20100814-2

弁天池回りのヒオウギ(檜扇)もかなり咲き始めた。
高幡不動尊20100814-5
ヒオウギはアヤメ科。名前の由来は葉の並びが「檜扇」という扇子みたいだからだそうだ。
葉を写した写真がない
高幡不動尊20100814-4
しかし派手な花だよね。
これはテッポウユリかな。まだこれから
高幡不動尊20100814-3

この日は近所の散歩を早めに切り上げて昭和記念公園に向かった
目的は、この小さなシラサギが飛ぶ姿(サギソウ)を見るため
高幡不動尊20100814-1
昭和記念公園には真夏にもかかわらず、たくさん花が撮れたので、サギソウの写真を含めてまた別に

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.128(07/25)あじさい終了

梅雨があけた先週の連休からこの週末まで、夜中にちょっと雷雨があたりしたもののずっと晴天続き
予想最高気温が35度を超える日は天気予報のマークの赤が濃くなっていることに最近気がついた。
高幡不動尊20100725-9
みなさん、あまりの暑さに屋根や木陰に避難して誰もいません・・・なんてことはないですけど

木陰を求めてくぐった藤棚。5月の頃はきれいな花を咲かせていたが、もうしっかりとした実がなっていた。
高幡不動尊20100725-7
さすがマメ科らしい。ソラマメがぶら下がっているような実だね。

連休明け7月20日にあじさいの花はすべて切り落とされてしまった
高幡不動尊20100725-8
山の中のお地蔵さんのまわりもすっきりこの通り
7月最初の週末はこんな感じだったんだけどね。
高幡不動尊20100725-10

花がない時は弁天池回りに行ってみると、何かが見つかる
この日はアヤメ科のヒオウギ(檜扇)が1輪だけ咲いていた。ここのヒオウギもまだこれからだ。
高幡不動尊20100725-6
ヒオウギのアヤメのような葉っぱにうまくぶら下がったセミの抜け殻。
高幡不動尊20100725-5
こんなペラペラした感じの葉っぱにうまくよじ登ったよね

高幡不動尊の境内にもサルスベリ(百日紅)がある。
高幡不動尊20100725-4
ここのサルスベリは花をアップに撮ることはできないぐらい背が高い。
高幡不動尊20100725-3

手水舎の前でハトがお立ち台に
高幡不動尊20100725-2
近寄っても全然気にする様子もなく、じっとしている。
なるほど、土方さんとご対面していたわけね。この時期はお参りの人も少ないし、ゆっくりご対面していてくださいな。
高幡不動尊20100725-1
これから真夏にかけて、話題がなくなる高幡不動尊。ちょっとした出来事を大げさに伝えながらつないでいきます

(撮影 2010年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩道のアジサイ

いままで高幡不動尊のアジサイばかりをアップしてきたけれども、散歩道でもきれいに咲いたアジサイを見ることができた。そろそろ梅雨明けの話も聞えてきているので、早めにまとめてアップすることに
散歩道のあじさい2010-2
なんだか色とりどりだけど、同じように咲いているのに、色違いの花が咲くところがアジサイらしい
散歩道のあじさい2010-4
梅雨時の花で雨の日が似合うと言われるけれども、こうして日差しを浴びて光っているアジサイの姿もなかなかきれい
散歩道のあじさい2010-3
この中ではこの青色の花が一番のお気に入り

上の2枚目、3枚目は単焦点マクロレンズ(D FA MACRO 100mm F2.8 WR )を使っているが、そのおかげなのかとってもシャープに撮れた。ちなみに1枚目とこのすぐ下の4枚目以外はすべて同じこの100mmマクロレンズを使って撮った

これはまた別なアジサイ。ピンク色系のアジサイだけど、ここの花はちょっと色が濃い、しかもみんな同じ色。
散歩道のあじさい2010-1

ここはバラとアジサイという、ちょっと変わった組み合わせ
散歩道のあじさい2010-5
「薔薇と紫陽花」って漢字で書いた方が写真のタイトルっぽいかな

真っ赤なバラをメインに。
散歩道のあじさい2010-6
こちらはアジサイをメインに。アジサイの形が今ひとつなのがちょっと残念
散歩道のあじさい2010-7
アジサイ(紫陽花)の学名は「ハイドランジア(Hydrangea)」で水の容器という意味。分類は分類体系によりアジサイ科とするものとユキノシタ科とするものがある

今回散歩道のアジサイとして写真を撮ったのは最も一般的に見かける、花が球状のセイヨウアジサイ(西洋アジサイ)で、日本原産のガクアジサイを改良した品種だそうだ。

ながらく散歩道を楽しませてくれたアジサイに代わって、夏の間ずっと楽しませてくれるのはこのサルスベリ(百日紅)かもしれない
散歩道2010
ミソハギ科のサルスベリは百日紅と書くだけあって100日の間(秋まで)花を楽しませてくれるそうだ。色もこのピンクだけでなく赤や白もある、秋までよろしくね

散歩写真(vol.142)
(撮影 2010年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.86(09/05)好天のなかで秋の気配を感じる

9月に入って最初の週末、東京多摩地区は好天に恵まれた
まだまだ日差しが強いものの、先週とは違ってカラッとした空気が清々しいのが秋を感じさせてくれる

絶好の行楽日和だけど、高幡不動尊の境内は思ったよりも参拝客は少なかった。ETC1000円乗り放題を活用して、みんなどこかに遊びに行ったのかな?
高幡不動尊090906-2高幡不動尊090906-1
(上写真右)青空の下、寺社の赤が緑の中で映える。こんないい感じの場所なのに、今日も人が少ない

(下写真)先日も撮った、土方歳三像そばのサルスベリ(百日紅)がまだ咲いている
高幡不動尊090906-8

(下写真)暑さが一段落して、気持ち良く散歩ができるようになったので、今回は少し重いけど望遠が効くコンデジを持って出たので、ちょっとアップで撮ってみた
高幡不動尊090906-6

いつも新しい花を咲かせてくれる弁天池回りでは、ススキの穂が顔をのぞかせはじめていて、ここでも夏が終わって秋が近づいていることを感じさせてくれる
高幡不動尊090906-5高幡不動尊090906-7
ススキの穂がなかなかいい感じに撮れない・・・

(下写真)五重塔のそばでは気の早いもみじが、フライング気味に色を変えていた
高幡不動尊090906-3
目立ちたがりなのか、KYなのか、植物の世界にもいろいろなタイプがいるんだね

(下写真)こうやってアップで撮ると、そろそろ高幡不動尊では紅葉が始まりましたなんていう写真になってしまうけど、おいおいそれはちょっと早いでしょう
高幡不動尊090906-4
良く見れば秋の本格的な紅葉の時期よりも日差しが少し強くて、やっぱりまだ夏の後ろ姿が見え隠れする雰囲気の写真になっているかな

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示される場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.42(10/04)秋明菊

今日はさわやかな秋の晴天
散歩するとちょっと暑いけど、立ち止まると、からっとした爽やかな空気に汗もすぐに消えてしまう。快適という言葉が本当にあう

お不動さんには、七五三お参りの人がちらほら、そろそろそんな時期だね。着物を着たかわいい女の子が写真を撮っていた
高幡不動081004-1高幡不動081004-6

五重塔をバックにサルスベリ(百日紅)。たぶん1つ1つの花はもう終わりかけなんだろうけど、こうやって見る分にはまだまだ大丈夫
高幡不動081004-7高幡不動081004-8
調子が悪くて修理に出していたデジカメがやっと戻ってきて、久しぶりにこういう写真が撮れてちょっとうれしいこの前の写真はここ

弁天池周辺にはまたまた新しい花が咲いていた
高幡不動081004-2高幡不動081004-3
こ秋明菊というらしい、ちゃんと看板があって名前が書いてあった調べてみると菊という名前がついているけど、菊の仲間ではなくキンポウゲやアネモネの仲間らしい

そばにはこんな派手な色合いの花も咲いていた
高幡不動081004-4高幡不動081004-5
なんていう花だろう・・・
この花はアヤメ科のヒオウギ「檜扇」ではないかと教えていただきました。凪々さんありがとうございます

土方歳三像後ろのみぞそばは、先週とはあまり変わらず、まだまだつぼみが多かった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

今週の高幡不動Vol.38(09/06)

久しぶりに朝からいい天気の週末、ブログのデザインを一足早く秋にしたものの、日中散歩するのはまだまだ暑い

今日はいつものように参拝の人は少なかったけど、境内や山内でスケッチしている人がたくさんいた
高幡不動080906-3高幡不動080906-6

(下写真)五重塔と土方歳三像の間にあるサルスベリ(百日紅)がきれいに咲いていた
高幡不動080906-4高幡不動080906-5
(上写真右)せっかくいい感じで撮ったのに、土方さんが恥ずかしがって木の葉に隠れてしまった

(下写真左)今日はたくさんのつゆくさを、散歩途中の浅川の土手で見た。いままで全然見なかったのに集団で咲いていた
高幡不動080906-1高幡不動080906-2
(上写真右)いつも橋の姿ばかり撮っている浅川のふれあい橋(万願寺歩道橋)の渡る部分。このように花壇があってきれいな花(サルビア)が咲いていたこの橋は良くドラマに出てくる

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ