ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

サザンカ

今週の高幡不動尊(10/28)  菊まつり始まる

このところ週末になると雨雨雨というか台風台風と続いたため、高幡不動尊への散歩は10月7日以来になってしまった。
高幡不動尊201710

10月28日(土)は高幡不動尊菊まつりが始まる日。それなのに天気予報では昼前には雨になるということで普段より少し早めに散歩に出た。
高幡不動尊201710
七五三祈願御修行も始まっている。毎週末の天気が悪くて今年の七五三のお参りは大変だ。

不動堂前にも菊が飾られている。
高幡不動尊201710
菊まつりがはじまっているのに人が少ないのは天気のせいだろう。この時はまだ雨が降っていないが、このあと雨が降り始める。

毎年ここに飾られる千輪作り。1本の苗からこれだけの花を咲かせるのは信じられないぐらいすごい。
高幡不動尊201710
菊の開花はまだこれから。

宝輪閣前に飾られた菊飾り。手前が有名なネズミのキャラクター、真ん中に三重塔、一番奥にカメの飾りがあった。
高幡不動尊201710
ここの菊もまだこれからの状態。高幡不動尊の菊まつりに飾られている菊は菊まつり開催期間半ばの11月5日すぎに見頃になる感じ。

高幡不動尊201710
佃煮の露店が出ているが、この日は28日なので月に1度の縁日、お不動さんの日。でも今日は人も露天も少ない。

菊まつりで一番目立つこんもりと盛り上がった大菊(厚盛)が飾られているところ。
高幡不動尊201710

こちらは管物という花びらが筒状になった菊が飾られているところ。筒の太さによって太管、間管、細管などに分類される。
高幡不動尊201710
まだこれからという感じなので、それぞれの菊の紹介はまた今度。

高幡不動尊201710
大菊はまだこれからの飾りが多いが、小さい小菊はきれいに咲いているものが多い。
高幡不動尊201710


菊まつり以外の境内の秋の風景。まずはサザンカ(山茶花)、ツバキ科。
高幡不動尊201710
そして大師堂回りの紅葉。まだ早いけどちょっとずつ色づいてきている。
高幡不動尊201710
五重塔横の色づき。まだまだこれからだけど秋の風景にはなってきている。
高幡不動尊201710
このあと雨が降ってきて散歩は終了。そして午後からは台風の影響で大雨。またか・・・という感じ。

高幡不動尊の第47回菊まつりは10月28日(土)から11月17日(金)まで開催。
飾られている菊の見頃は例年11月5日ぐらいからになる。

今週の高幡不動Vol.464
(撮影 2017年10月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(10/07)  吉祥草が咲いていた

前日からの本降りの雨が土曜日の朝にやんで、そのあとは秋らしい爽やかな晴天になった東京多摩地区の3連休。

高幡不動尊境内のコムラサキ(小紫)がすごくいい色になってきていた。私にとってこれが秋の色かも。
高幡不動尊201710

不動堂の前に菊まつり準備のための枠組みが作らている。
高幡不動尊201710
ここには毎年背の高い大菊が飾られる場所。
高幡不動尊201710

六地蔵さんの前で何か小さいモノが動いているので良く見てみるとカニだった。サワガニ?
高幡不動尊201710
逃げた方向の水の中にも別のカニがいた。この場所はいつもきれいな水が流れいるから何匹か住んでいるのかもしれない。
高幡不動尊201710
何を食べているんだろう・・・

これはキチジョウソウ(吉祥草)、ユリ科又はキジカクシ科。毎年この時期にこの場所で咲く。
高幡不動尊201710
この花が咲くと、その家に吉事があると言われるおめでたい花。我が家にも欲しい(笑)
高幡不動尊201710
この時期に咲く、ツルボ(蔓穂)やヤブラン(藪蘭)に少し似ている。
高幡不動尊201710
そもそも背が低く日陰で少し湿り気のあるところでよく咲くので写真が撮りづらい。でも縁起のいい花なので毎年探して撮っている。

弁天池の秋明菊がたくさん咲いて見頃になってきた。菊まつりが始まる前のこの時期を華やかにしてくれる花。
高幡不動尊201710

大師堂前のサザンカ(山茶花)、ツバキ科。高幡不動尊の境内や山の中にはサザンカがたくさんあるが、毎年このサザンカが一番早く咲く。
高幡不動尊201710
サザンカってすごく花期が長く10月から翌年の2月ぐらいまで楽しめる。特にこの時期は花が少ない時期なので写真を撮るときには助かる花だ。

菊まつりが始まるまでは地味な週末が続く高幡不動尊でした。

今週の高幡不動Vol.463
(撮影 2017年10月07日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 冬景色(2017年1月)

2017年1月、昭和記念公園の真冬の景色。

立川口前、芝生もイチョウ並木も冬枯れ色。
昭和記念公園201701
カナールも冬枯れ色。
昭和記念公園201701
写真左側から強い風が吹いて噴水の水が押されている。
昭和記念公園201701
 ちょっとだけ虹、寒い冬だとなんだかうれしい。

冬景色の中にも春の気配。ハクモクレン(白木蓮)の花芽。
昭和記念公園201701

みんなの原っぱに人がほとんどいない。寒いからねぇ・・・。
昭和記念公園201701
雲がなければ左奥の方に小さく富士山が見えるはずなんだけど。

この時期一番元気な花、サザンカ(山茶花)、ツバキ科。
昭和記念公園201701

春に向けて養生中の花の丘。
昭和記念公園201701
2016年5月はシャーレポピーだったけど、今年はなんだろう。

ここは原っぱ東花畑。やはり春に向けて養生中。
昭和記念公園201701
原っぱ東花畑の春は毎年菜の花なので、今年も菜の花だろうね。

ここは原っぱ西花畑。
昭和記念公園201701
ここは2016年4月はアイスランドポピーだった。

あけぼの口から近い、花みどり文化センターの上から見た富士山。ちょっと雲が邪魔。
昭和記念公園201701
冬至の頃にはダイヤモンド冨士を見ることができる場所。

冬枯れ色の景色が広がる昭和記念公園では、梅だけだなく、スノードロップや
クリスマスローズ、スイセンなどが咲き始めている。その姿はまた別記事で。

昭和記念公園(Vol.195)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(10/22) 菊まつり直前

いまひとつはっきりとしない天気の週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊できれいに咲いていたサザンカ(山茶花)、ツバキ科。
高幡不動尊201610
こちらは別のサザンカ。
高幡不動尊201610
サザンカもいろいろと品種があるんだろうね。

高幡不動尊の境内は菊まつりの準備が着々と進んでいて、あとは主役の菊が
運び込まれるのを待つばかりとなっている。
高幡不動尊201610
次の週末(というよりもこの記事をアップした翌日)は菊まつりが始まっているからね。
高幡不動尊201610

境内には七五三参りの人も。菊まつりが始まると人が多くなるから今のうち。
高幡不動尊201610
この日の午前中はいい天気だったんだけど、午後は急に曇ってきてしまった。

少しずつ紅葉も始まっている。
高幡不動尊201610
いい感じにちょっと色が良くなくて残念。
高幡不動尊201610

ヤブミョウガ、ツユクサ科の実。
高幡不動尊201610

秋明菊、真っ盛り。菊まつりまでがんばって弁天池を飾ってくれた。
高幡不動尊201610

弁天池横のホトトギス(タイワンホトトギス)、ユリ科。
高幡不動尊201610
このホトトギスは下写真のように昨年までは大きな株だったのに剪定されてしまった。
高幡不動尊201610
10月28日から第46回高幡不動尊 菊まつりが始まる、11月17日まで。
次の週末はいい天気になるといいな。

今週の高幡不動Vol.417
(撮影 2016年10月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動(12/7)去りゆく紅葉とお地蔵さん

また周回遅れの記事で申し訳ないですが、12月最初の週末の高幡不動尊。

12月初めにして空気と青空はもう真冬と同じ境内。
高幡不動201412-1
秋の諸々の行事が終わって人出も落ち着き、ようやく普段の高幡不動尊に戻った。
 
今回は境内側から山を越えた反対側、方角としては多摩動物公園方向に行ってみた。
高幡不動201412-2
境内側は山の影になってしまうが、こちら側は冬の日差しが入って明るくて
気持ちの良い散策路になっている。

高幡不動201412-3
部分的だけど、まだ色付いた木々が残っている。

高幡不動201412-4
この先には知る人ぞ知る高幡不動尊の富士山のビューポイント。しかしこの日は
雲に隠れて見えなかった。だから富士山の写真はありません(汗)。

明るい山の反対側から山の影になる境内側に戻ってきた。
紅葉も末期で葉の色がかなり変色してしまった木がある。
高幡不動201412-5
日陰でデジカメのカラーバランスがおかしくなったように感じるが、実際もこんな感じ。

高幡不動201412-6
ここまで、去りゆく今シーズンの紅葉とお地蔵さんの写真でした(笑)

下写真の場所は初夏には背の高い西洋アジサイや額アジサイが壁のように咲く四季の道。
高幡不動201412-7
下の方に枯れて見えるのがそのアジサイ。アジサイと紅葉はさすがに両立しないよね。

四季の道入口には大きなサザンカの木がある。ちなみに前の記事とは違う場所。
高幡不動201412-8
背景に五重塔を入れて上手くこの場所のサザンカを撮りたいとトライしているんだけど、
明るさの差が大きくてなかなか思ったように撮れない(汗)。

上の山茶花のそばで咲いていたピンク色で八重咲きのモノ。
高幡不動201412-9
ピンク色で八重咲きの花はすごく綺麗なので、もうちょっと近寄りたかったけど遠かった・・・

あまり目立たないけど交通安全祈願殿の後ろ側の崖に小さな滝がある。
高幡不動201412-10
毎年、崖の上から伸びてきているこのモミジを撮っている。でもこの色を見ると
今年はちょっとタイミングを外してしまった感じ。

駐車場横で見つけたヒイラギモチ、モチノギ科。
高幡不動201412-11
お不動さんには似合わないけど、まさにクリスマス飾りだね。

季節が駆け足で過ぎて行く時期、山に登っても、もうここの写真のような色づいた葉は
ほとんど落葉してしまって見ることができない。

今週の高幡不動Vol.339
(撮影 2014年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

山茶花

山茶花
  K-5IIs with DA ☆50-135mm F2.8 ED SDM 2014.12 高幡不動尊
 
花が少なくなる時期。これからしばらく高幡不動尊の境内は山茶花の天下になります。

このブログの記事も少なくなります・・・(大汗)



今週の高幡不動(11/08)菊まつりの様子

この週末は生憎のぐずつき模様となった東京多摩地区。

土曜日の午前中はまだ雨は降らなかったもののどんより曇り空。
 高幡不動201411-1
それでも、今まさに七五三参りの最盛期。
高幡不動201411-10
境内のあちらこちらで記念撮影。
千歳飴がちゃんと3本入り、5本入り、7本入りで売られている。
高幡不動201411-11

菊の品評会があったようだ。
高幡不動201411-2
上は内閣総理大臣賞。下は日野市長賞。
高幡不動201411-3
 小平市長賞、日野市長賞、昭島市長賞の間に農林水産大臣賞。
高幡不動201411-4
 菊をどのように見て評価するのか知りたいけれど、各賞の序列も気になる。下世話だけどね(笑)
御紋章菊とも言われる一文字菊。
高幡不動201411-9
 背丈を低く育てるだるま作りなので、普段なかなか上から見ることができない一文字菊をこうして上から見ることが出来る。

そろそろ紅葉の季節。
高幡不動201411-6
高幡不動尊山内のお地蔵さんの回りの木々が色づきはじめている。

高幡不動201411-5
大師堂前のカエデが赤くなってきた。
高幡不動201411-8
こうやって撮るともう紅葉真っ盛りの光景(笑)。

そして山茶花(サザンカ)、ツバキ科。
高幡不動201411-7
これから花が少なくなる季節に一人頑張るのがこの山茶花。 よろしくね。

 今週の高幡不動Vol.336
(撮影 2014年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動(10/19)ござれ市

忙しくてアップするのが遅くなり1週間前の高幡不動尊の様子。
2週続いた台風接近の緊張感、この週末はやっとその緊張感から解放された。

すっきとした秋晴れの高幡不動尊境内。
高幡不動201410-7
菊まつりの準備完了といったところ。

高幡不動201410-6
毎月第三日曜日に開催される「ござれ市」。七五三参りも始まっている。

高幡不動201410-8
 いつもの露天のテントが見られない・・・

それもそのはず、菊まつりに準備された場所で開店中。
高幡不動201410-15
後ろに菊まつり用の看板もある状態。
高幡不動201410-10
 この場所は藍色の生地がマッチしている。
高幡不動201410-12
 
散策にはちょうどいい気候で訪れる人もかなり多い。
高幡不動201410-13

吉祥草、先週よりもしっかり咲いている。
高幡不動201410-4
 
サザンカ(山茶花、)ツバキ科。もうこの花が咲く時期なんだね。
高幡不動201410-3
 
こらはカキツバタ(杜若)、アヤメ科。5月から7月ぐらいに咲く花なんだけど・・・
高幡不動201410-5
 
切株に苔が生えている。ここに紅葉したカエデの葉があれば絵になるのにね(笑)。
高幡不動201410-1
 上の切株があるあたりはたくさんのカエデがある場所だけど、まだ紅葉には早い。
高幡不動201410-14

六地蔵さんの後ろに、こんな感じに日がさして来るということは、太陽が低くなってきた証拠。
高幡不動201410-2
 
ススキは秋らしい風景をつくってくれる。
高幡不動201410-11
最後の写真が先週とすごく似ているけど、日差しがちょっと違っていてススキが輝いている。
こういう風景、この時期らしくて大好き(汗) 

 今週の高幡不動Vol.333
(撮影 2014年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動(1/26)梅はまだまだ

この週末は土曜日が暖かで、翌日曜日は一転真冬の寒さになった東京多摩地区。

28日の初不動・だるま市を前にした高幡不動尊の境内は人が多い。
高幡不動201401-1
 真冬の空らしくない感じ。
高幡不動201401-2
 
高幡不動201401-3
奥殿横にはマンリョウとセンリョウが並んでいる、おめでたい。
高幡不動201401-4
 
 大日堂大玄関そばのドウダンツツジにはカマキリの卵。
高幡不動201401-5
葉が落ちてしまって丸見えになっている。鳥に突っつかれたりしないのかな?

この時期は花が少ない。ツバキ科の花を除けば・・・
高幡不動201401-8
がんばって咲いているのに除いてはいけないね・・・(汗)

京王百草園でも昭和記念公園でも梅の開花が伝えられるが、ここ高幡不動尊の梅はまだ夢の中。
高幡不動201401-6
上、大日堂前の枝垂れ梅。下、五重塔前の梅「思いのまま」。
高幡不動201401-9
両方ともまだ蕾は固そう。
高幡不動201401-7
例年、一番最初に咲く奥殿横、弘法大師像前の紅梅は少し蕾がゆるんできている。
 
場所が変わってこれは多摩都市モノレールの高幡不動駅の改札内コンコース。
高幡不動201401-10
多摩モノレール沿線の都立砂川高等学校の生徒が作成した巨大モザイクアート。これはなかなか見事。
高幡不動201401-12
写真部の生徒が夏休み中に撮影した写真約2000枚で構成されている。
高幡不動201401-11
 アップにすると写真1枚1枚の色あいを見ながら並べていることがわかる。すごいな。

今週の高幡不動Vol.301
(撮影 2014年1月26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(12/07)山茶花

とうとう12月に入った高幡不動尊。
菊まつり、万燈会、紅葉まつりと秋の恒例行事が終わって不動堂前ももとの静けさに戻った。
高幡不動尊201312-2
次の週末には年末年始向けの準備が始まっているので、素っぴん(?)の不動堂が見れるのは年内はこれが最後かも。

高幡不動尊201312-1
仁王門の掲示は七五三参りから元旦の大護摩御修行に変わった。

いま高幡不動尊の山の中は落ち葉が一杯。
高幡不動尊201312-10
しっとりした紅葉の道。
高幡不動尊201312-9
結構、いろいろな色が散りばめられている。

晩秋の低い日射しが長い影を作る。逆光に弱いレンズだといろいろ辛い(笑)。
高幡不動尊201312-6

これからしばらくは山茶花の天国。
高幡不動尊201312-7
山内八十八ヶ所巡りのお地蔵さんのまわりでたくさん咲いている。
高幡不動尊201312-13
山茶花っていろいろな種類があるよね。
高幡不動尊201312-8
実は山茶花ではなく椿だったりして。見分け方がよくわかっていないので、木の下を見て花びらが落ちているか花ごと落ちているかで見分けている(汗)
高幡不動尊201312-11
キラキラしていい感じだと思って撮ったが、キラキラが多すぎてちょっとうるさい(笑)

高い木の枝にひっかかっている赤いモノはひょっとしてお地蔵さんの頭巾?
高幡不動尊201312-5
カラスの悪戯かな。

お正月飾りにもよく使われるマンリョウ(万両)、ヤブコウジ科。
高幡不動尊201312-4
同じようにこの時期に赤い実をつけるセンリョウ(千両)、ヒャクリョウ(百両)、ジュウリョウ(十両)がある。
センリョウ(千両)だけはセンリョウ科で他と種類が違っていて、見た目にも赤い実を葉の上につけるので簡単に見分けがつく。

奥殿横のミツマタ、ジンチョウゲ科。
高幡不動尊201312-3
蕾のようなものがたくさん見えたので思わず撮ったけど、この花が咲く頃はもう春。まだまだ先だ・・・

ドウダンツツジだろうか?ヒカゲツツジのようにも見えるけど、花が咲いている時に確認しないとわからないなぁ(汗)。
高幡不動尊201312-12
この紅葉、日影でひっそり色付いていて自らがうっすら発光しているように見えた。
もう高幡不動尊の秋も終わりだね。

今週の高幡不動Vol.293
(撮影 2013年12月07日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   


今週の高幡不動(10/06)キンモクセイの香り

10月最初の週末、天気はいまひとつの東京多摩地区。
この時期の週末に雨が降ると運動会の日程調整が大変。曇りはいいけど雨だけはやめてほしい。
高幡不動201310-1
この日は予想よりも境内に人が少なかった、雨がパラつく可能性もあったしね。

少し前から山の中のところどころで見かけるきのこが気になっていた。
高幡不動201310-3

こういう派手な色のきのこは毒きのこっぽい。全然知らないので写真を撮るだけ。
高幡不動201310-4
今回は名前も調べないでおく。実は手抜き(笑)。
これも、ちょっと妖しい色。
高幡不動201310-6

この白いきのこは離れたところから見るとゴルフボールが落ちているのかと思った。
高幡不動201310-2
木の幹にもたくさん。これなんか美味しかったりして。こういう素人判断が危ない(汗)。
高幡不動201310-8

境内ではそれほどでもなかったが、この日は山の中に入るとあちらこちらでキンモクセイの香りがした。
高幡不動201310-5
キンモクセイってある時その香りを感じると、一気にあちらこちらで香りを感じるようになる。そういう気がするのは私だけ?(笑)
高幡不動201310-7
よく見るとこんな小さい花がたくさん集まっている。

山に入る前、境内ではまだそれほど香りがしなかったのは、いつもキンモクセイの香りを感じる奥殿そばのこのキンモクセイがまだしっかり咲いていないためか?
高幡不動201310-9
香りが季節を感じさせてくれる花、春は沈丁花、秋は金木犀。

これはサザンカかな?
高幡不動201310-11

弁天池回りのホトトギスは咲く1歩手前。
高幡不動201310-12
だからこの日はまだシュウメイギクが主役。
高幡不動201310-13
晴れて日差しが当たるとこの白が輝くんだけどね。残念。

高幡不動201310-10
 あんなに暑かった夏がもう遠い記憶・・・かと思ったら、それは朝晩だけ。
昼間は結構蒸し暑かったりするね(汗)

 今週の高幡不動Vol.285
(撮影 2013年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

今週の高幡不動(12/24)クリスマス・イブの境内

寒い。クリスマスの頃ってこんなに寒かったっけ?と思ってしまうぐらい寒い。
天気予報によると、平年よりかなり気温が低めで、東京では1年で一番寒い大寒の頃(1月20日頃)よりさらに寒い状況が続いているとのこと(涙氷)。

冬型になると、東京はカラカラの晴天が続くはずだけど、また土曜日に雨。
高幡不動201212-1
クリスマス・イブの高幡不動尊の境内。赤い物が目立つが、それは普段からあるもの。さすがにお不動さんにクリスマスは関係ない(笑)

山内八十八ヶ所巡りにはサンタクロースの格好をしたお地蔵さんがいるかな?と思ったけど、そんな罰当たりなことをする人は当然ここにはいない。
高幡不動201212-7
(上)山茶花はいま盛んに咲いているが、ツバキはまだつぼみ(下)。
高幡不動201212-6

奥殿横のミツマタ。ここは陽当たりも良くて早めの春に咲くが、さすがにまだまだ。
高幡不動201212-5

マンリョウ(万両)、ヤブコウジ科。お正月の縁起物に使われる。
高幡不動201212-3

こちらがセンリョウ(千両)、センリョウ科。こちらも正月の縁起物として使われるが、実が葉の上にあることもあって、クリスマス飾りのヒイラギにもちょっと似ている。
高幡不動201212-4

注連飾り、まだ準備中。
高幡不動201212-9
こちらはすでに売り物になっている。
高幡不動201212-10

露店が境内のあちらこちらに出て、大晦日の夜から正月三が日はたくさんの人で賑わうが、ちょっと早目に開店準備。
高幡不動201212-2

境内にはライトバンや軽トラなどが入って正月の準備をしていたが、まだ見た感じは普段とそれほど変わらない。空は青いが、地味でちょっと寒そうな光景。
高幡不動201212-8
たまには土方さんもサンタクロース姿に・・・そんなのも今だに見たことがない

お不動さんは何も変わらないけど街はクリスマス・イブ。
高幡不動201212-11
我が家のクリスマスはいつもサーティーワンのアイスクリームケーキを食べる

今週の高幡不動Vol.246
(撮影 2012年12月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(12/8)晩秋から初冬へ

いよいよ冬の晴天になったかというような晴れているがとても寒い週末。

紅葉も終わって落ち葉もだんだんと片付けられてきた高幡不動尊の境内。
高幡不動201212-9
晴天で風が強いのはまさに冬型。
高幡不動201212-1
七五三のかわいい着物姿がいなくなりちょっと地味な境内。

最後まで頑張っているモミジもだんだんと地味な色に。
高幡不動201212-7
落ち葉も色あせて来た。
高幡不動201212-2


高幡不動201212-4
お地蔵さんの回りの紅葉も落ち着いてきた。
高幡不動201212-5

ヤツデ、ウコギ科はこれが実かと思ったらこれから花が咲く。
高幡不動201212-10

枯れた色が多くなってきて、ピラカンサ、バラ科の赤い実が目立つ。
高幡不動201212-8
弁天池では枯れ葉に囲まれてシュウメイギクがまだがんばっている。
高幡不動201212-11

紅葉を背景にこれからは山茶花が一番元気に咲く季節。
高幡不動201212-3
晩秋から初冬へ向かう高幡不動尊でした

今週の高幡不動Vol.244
(撮影 2012年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年11月)日本庭園の紅葉

昭和記念公園の中にある日本庭園。紅葉が見頃をむかえていた。
昭和記念公園紅葉201211-8
このモミジはすごく真っ赤だ。
昭和記念公園紅葉201211-7
瓦屋根と紅葉。
昭和記念公園紅葉201211-3
テレビコマーシャルの影響だろうか、こういう光景を見ると京都に行きたくなる(笑)
昭和記念公園紅葉201211-1

水面があるとさらに日本庭園らしくなる。
昭和記念公園紅葉201211-5
遠くの橋を眺める。もう少し天気が良ければもっといい眺めになっただろうに・・・
昭和記念公園紅葉201211-6
水面に映った紅葉。ちょっと風があって鏡のようにはならなかった。
昭和記念公園紅葉201211-2

モミジの木は色づいた葉だけじゃなく、この幹にも風情を感じる。
昭和記念公園紅葉201211-4

以前から咲いていたキキョウ。葉が黄色く色づきながらもまだ咲いていた。
昭和記念公園紅葉201211-9

これはみんなの原っぱそばのサザンカ。奥の黄色はイチョウの紅葉。
昭和記念公園紅葉201211-11
白いサザンカはすぐに花びらの一部が茶色くなる。いい状態で見ることができた。
昭和記念公園紅葉201211-10
この日は晴れベースだったけど、夕方は曇が広がってしまう時間帯があった。たまたま日本庭園あたりを撮った時がその曇りに当たってしまってちょっと残念。

昭和記念公園のホームページを見ると、11月18日時点で日本庭園にあるモミジの紅葉は見頃過ぎになってきているようだ。

昭和記念公園(Vol.74)
(撮影 2012年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(10/27)菊まつりがはじまった

高幡不動尊の秋の恒例行事、2012年第42回菊まつりが10月27日(土)からはじまった。
高幡不動尊201210-4
毎年のことだけど菊まつりの最初の頃は、まだ咲きかけの花がたくさんある。
「内閣総理大臣賞」や「東京都知事賞」などが贈られる競技出品花の審査は11月に入ってから(今年は5日と13日)行なわれる。
高幡不動尊201210-9
ここは多摩地域の菊愛好会の出品コーナー。
毎年飾られるこの鳥(?)もまだこれから羽の部分の菊が咲いていく。
高幡不動尊201210-3
毎年変わり種が飾られるけど、今年はこれかな?しかしこれは何だろう?
高幡不動尊201210-10
今年は不動堂屋根の修復工事の足場があるため、例年と飾られている場所や内容がちょっと違う。
その工事の足場も先週から今週にかけてかなり撤去されてすっきりした。
高幡不動尊201210-2
土曜日は仕事の後で訪れたので、いつもの場所からの写真の明るさが違う。

久しぶりに不動堂の姿を見た、ちょっと印象が変わったような気がする。
高幡不動尊201210-11
いつもは午前中だけど、この日は午後なので不動堂の反対側に日があたる。銅の鍋を思い出す輝き
高幡不動尊201210-6

境内ではもうサザンカ(山茶花)、ツバキ科が咲き始めた。
高幡不動尊201210-8
山茶花を見ると秋も終わりが近づいて来たような気がしてしまう。

クサギ(臭木)の実。葉が臭いことからついた名前だそうだ。そんなに臭いのか?
高幡不動尊201210-1くさぎ

境内のカエデも少し色づきはじめた。手前が大師堂、奥が鐘楼。
高幡不動尊201210-7
翌日曜日は28日、月に1度の市が立つ通称お不動さんの日。28日が週末になるのは3ヶ月に1回程度。しかも菊まつり開催中だったので、散歩で訪れるのを楽しみにしていたが朝から無情の冷たい雨・・・

土曜日が仕事で、その翌日の日曜日が1日中雨だと、週末の散歩もできず、写真も撮れずで、健康にもブログにも良くない

今週の高幡不動Vol.238
(撮影 2012年10月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ