ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

コブシ

昭和記念公園 サルスベリ

7月最後の週末の昭和記念公園。毎年恒例の花火大会が開催される日。

まだ午前中なので、いろいろな準備が始まったところ。
昭和記念公園201707

すでに場所取りが始まっていて、ブルーシートが敷いてあるだけでなく、座っている人もいる。
昭和記念公園201707
しかし、この空模様。大丈夫か・・・

昭和記念公園201707
立川口にも大きな看板。私が2015年に花火の写真を撮ったのはこの写真を撮っている
あたり。奥まで入ると帰りが大変なので(笑)。

昭和記念公園201707
カナールの噴水のそばで咲いているサルスベリ(百日紅)、ミソハギ科。
昭和記念公園201707
この場所のサルスベリは白い花ともっと赤い花が咲くがこの日はまだ咲いていなかった。
昭和記念公園201707
小さな花が集まって咲いているが、100日間咲くのは、小さい花が次々と
咲くからのようだ。
昭和記念公園201707
この場所のサルスベリは白い花ともっと赤い花が咲くがこの日はまだ咲いていなかった。

サルスベリは感じで百日紅と書くが、読んだそのまま猿滑とも書く。
昭和記念公園201707
それは猿も滑って登れないこのすべすべの幹が由来。
昭和記念公園201707
確かにすべすべなんだけど、なんか変わった幹だね。

まだ真夏なのに、この木にはなんか実がなっている。これはコブシ、モクレン科。
昭和記念公園201707
春先に咲く白い花から想像ができない形と色の実だ。
昭和記念公園201707
この実は秋なるともっと膨らんできて、最後は中から赤い種が出てくる。

この怪しい雲行きは、ザッーとひと雨きそうな感じ。
昭和記念公園201707
でも夕方まで雨が降らず、なんとか頑張ったが、17時過ぎからポツポツと
降り始めて、花火大会が始まる19時ぐらいは本降りの雨。

でも、ザーザー降りの雨の中で花火大会は開催された。ちょっとびっくりだけど、
しっかり準備して人も集まってしまってからの中止はないんだろうと勝手な解釈(笑)

昭和記念公園(Vol.222)
(撮影 2017年7月29日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園(2012年4月) 盆栽園とチューリップ

これは4月初旬の昭和記念公園の様子。
コブシ、モクレン科。大きさが少し小さいぐらいしか、ハクモクレンと区別がいまひとつわからない。
昭和記念公園201204-2
これがハクモクレン、モクレン科。こうやって並べるとなんとなく花びらの幅や付き方が違う気もするけど・・・
昭和記念公園201204-3
これはモクレン、モクレン科。もう少し開くと色が濃くなる。
昭和記念公園201204-1

今回は昭和記念公園の日本庭園の中にある盆栽苑に行ってみた。
この盆栽苑は日本初の公営盆栽展示施設なんだそうだ。どれくらい古いんだろう?と思ったらオープンは平成16年。案外最近
昭和記念公園201204-10
タンチョウソウ(丹頂草)、ユキノシタ科。小さい花が密集して咲いている。
昭和記念公園201204-11
ヒナソウ、アカネ科。この花も小さい。
昭和記念公園201204-12
薄青と黄色の色あいが良く、花の形がしっかりしているのが気入って思わず撮った。

これは寒グミ、グミ科。推定樹齢80年と書いてあった。私より年上
昭和記念公園201204-6
寒グミって秋に花が咲いて、春の実が熟すそうだ。なんかズレてない?
昭和記念公園201204-7

モミジ、せいげん(清玄)。こちらは推定樹齢100年、すごい。
昭和記念公園201204-4
紅葉しているのではなく、新芽がこういう赤色なんだそうだ。
昭和記念公園201204-5
赤い新芽なんて珍しいなぁと思ったけど、バラなんかも赤い。わりとたくさんあるそうだ。

ヤマモミジ、推定樹齢70年。みんな年上だなぁ。
昭和記念公園201204-8
こちらも赤い新芽。なぜ赤いかというと、生まれたての細胞をこの時期の強い紫外線から守るためなんだそうだ。
ヤマモミジの足もと。味わいがあるというか、なんだか鳥の足のようでもある。
昭和記念公園201204-9

4月後半の昭和記念公園はチューリップがメイン。
昭和記念公園201204-14
ムスカリとチューリップってすごく相性がいい。
昭和記念公園201204-15
チューリップがメインでムスカリがアクセントって感じに植えられているけど、ムスカリもメインになりたいよね。
昭和記念公園201204-13
昭和記念公園の渓流広場はチューリップの本場オランダのキューケンホフ公園のチューリップにまけないぐらい見事な光景が広がっている。

チューリップの見頃は例年4月後半。オランダには行ったことがないので私は比較ができないが、間違いなく行って損はない

2012年4月28日追記
本日の様子では渓流広場のチューリップはもう見頃過ぎになっていました。

昭和記念公園(Vol.55)
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動から百草園経由で調布まで歩いてみた

3月の3連休の中日、この日は高幡不動尊にお参りしたあと京王百草園にやってきた。
百草園201103-1
梅まつりは終わっているが、梅の花は急には散らない、まだまだきれいに咲いている梅もある

春の小さな野草、スミレとオオイヌノフグリ。
百草園201103-2

ボケもきれいに咲き始めた。
百草園201103-3

カタクリ。この日はまだ2輪だけだったけど、4月に入った現在ではたくさん咲いている。
百草園201103-5
京王百草園を出て、まずは府中(東京)競馬場ぐらいまで歩いてみようかと、聖蹟桜ヶ丘に向かって歩きはじめる。この時、昼の12時少し前

百草園のすぐ近くのモグサファーム。川崎街道沿いのジェラード店はここの直営。
百草園201103-8
百草ファームの方に聞いたら、震災の日はここもかなり揺れたけど、牛たちはそれほど騒ぐこともなかったそうだ。
今年1月に生まれた子牛、かわいいね
百草園201103-7
関東大震災の時は、この裏の山沿いに地割れが出来たけど、ここはその時も比較的無事だったとのこと。すごくお元気そうだったけどお幾つなんだろうか

ひたすら歩き続けていると、いつのまにか分倍河原駅前に到着。ロータリにある「新田義貞公之像」。
分倍河原201103
これは新田義貞と北条泰家の軍勢が鎌倉幕府の興亡をかけて火花を散らした分倍河原合戦を題材に武士の情熱と夢をモチーフとして制作されたもの。

ここまで百草園から1時間弱。まだまだ歩けそうなので府中競馬場ではなく京王線府中駅を目指して歩きはじめたら、10分ほどでついてしまった。

駅前で昼でも食べてから電車で帰ろうと思ったら、昼ご飯を食べたら疲れが回復。iPhoneで調べると調布駅まで約6Km1時間20分の表示。6Kmならばがんばれば1時間ほどで歩けるはずなので調布駅まで歩くことにした。

疲れも出てきたので歩きに専念していたつもりだけど、途中できれいな花を見つけて何枚か写真を撮った。この細い花びらがたくさん垂れ下がったコブシはシデコブシ(四手辛夷)かな。
調布201103-1

これは薄紫色なのでベニコブシ(紅辛夷)か?
調布201103-4

ハクモクレンがきれいに咲いていた、ここは調布市内に入ったころだったかな。
調布201103-3

あれ?こんなところに近藤さん。こんなところでゆっくり座っている場合じゃないですよ調布201103-2
新撰組局長 近藤勇は天保5年(1834年)武蔵国多摩郡上石原村(現調布市野水1−6)宮川久次郎の三男として生まれ、幼名勝五郎。天然理心流近藤周助に入門、その後、近藤家の養子となる。

慶応3年、甲陽鎮撫隊を編成し、甲州街道を甲府に向けて出陣した際に途中、この故郷上石原の西光寺境内で休息し多くの村人に見送られたそうだ。でもその後の展開は悲しいのでやめておく
調布201103
ここ調布市「近藤勇と新撰組の会」は没後百三十年を記念し、近藤勇座像建立委員会を設け、この甲陽鎮撫隊所縁の地西光寺に座像を建立することとなり、それがこれだった。

こんなところで近藤さんを見るとは思わなかったけど、調布市は近藤さんの生まれ故郷なんだね。だんだん新撰組大好きのにぽぽさんのブログっぽくなってきたので、これ以上の探訪はやめて最後のひと踏ん張り、15時少し前に京王線調布駅到着
調布駅
いつの間にか調布駅の改札が高架になっている、知らなかった

帰宅後、距離を測って見ると京王百草園から調布まで約15Km、昼食の時間も入れて3時間ちょっとで歩けた。実はこの日は震災の日に帰宅できなかった経験から都心から歩いて帰宅することを想定して、まずは歩けるところまで行ってみようと思って歩いた

高幡不動尊では副長の土方さんがお待ちですよ、近藤局長。
高幡不動尊201003
土方歳三像、こうして改めて見てみるとかなり格好いい

いつも散歩で履き慣れているウォーキングシューズだったので最後まで割と軽やかに歩けたし、翌日以後にひどい筋肉痛になることもなかった。
この距離ではまだ職場のある五反田から自宅までの半分ほどだけど、到底無理だと思っていた徒歩での帰宅ができるかもしれないと思えてきた。いつか一度トライしてみよう

(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

本栖湖からの富士山


本栖湖からの富士山-5
ゴールデンウィークにキャンプで行った本栖湖からの富士山
本栖湖のお隣の精進湖からの富士山はアップしたけど、本栖湖からの富士山もアップしないとね

標高900m、水深121.6m。日本の湖の水深ランキング9位。年に何度か行っているつもりだったけど、この表示を見たのは初めてだったりして
本栖湖からの富士山-8

湖畔はサクラが見頃だった。ゴールデンウィークに見頃なんてちょうどいいタイミング
本栖湖からの富士山-1

ここは千円札・旧五千円札にある富士山が見られる場所として、写真を撮る人がいつもたくさん
本栖湖からの富士山-2
下の湖畔は本栖湖浩庵キャンプ場

この浩庵キャンプ場は湖畔まで車で入ってテントが張れる。もちろん富士山の眺めは最高
朝早くでかけなくてもテントから朝モヤの富士山を見ることができる本栖湖からの富士山-6
テントの目の前で水遊びができるので、小さな子供を安心して遊ばせることができるのが良いところ。我が家も子ども達が小さい頃はこのキャンプ場をよく利用していた

昔の写真を探したら2002年8月、この浩庵キャンプ場に行った時に撮った朝の富士山の写真があった。
ちょっと霞んでいるけど朝の感じがする
本栖湖浩庵キャンプ場からの富士山
なかなかいいキャンプサイトだよね 風が強いのがタマにキズなんだけどね

きれいに富士山が見えたのアップで
本栖湖からの富士山-4
上が西側半分、下が東側半分の富士山
本栖湖からの富士山-3
雪があると山肌がダイナミックに見える気がする。

本栖湖からの富士山-7
コブシの花と富士山、雪国の春 ちょっと違うかな・・・

(撮影 2010年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.129)散歩道の花たち(3月その2)

散歩道の春201003-13
青空を背景にコブシの花がきれいに咲いている。今回はまた3月の散歩道の様子

ちょっとだらーんとし始めている花が多かったけど、まともそうな花をアップにしてみるとこんな感じ。
散歩道の春201003-11

違う場所で見つけたちょっと種類が違うコブシ。シデコブシ(四手辛夷)というそうだ
散歩道の春201003-12四手辛夷(しでこぶし)
シデコブシは別名がヒメコブシともいいピンク色を帯びることもあるそうだ。確かにこの写真でも花の中央部分は少しピンク色だね

向島用水親水路(日野市)。こうやって水車小屋と一緒に撮ると、故郷の春って感じが・・・でもここは東京都
散歩道の春201003-15

こちらはモクレン(木蓮)
散歩道の春201003-18
白いハクモクレン(白木蓮)と区別するために別名シモクレン(紫木蓮)と呼ばれることもあるそうだ。

しかしとっても優雅な花だよねぇ。なぜがビーナスを連想してしまった
散歩道の春201003-19

これはもう花が終わりかけのミモザアカシア
散歩道の春201003-22
3月最初の頃は元気をくれましたね

そしてヒガンバナ科のスノーフレーク。別名スズランスイセン(鈴蘭水仙)
散歩道の春201003-24
白い花の先端の緑色の斑点がこの花のチャーミングポイント

かわいい花たちが春を楽しんでいる様子
散歩道の春201003-9
みんなうつむき加減の花たちだけど、1人だけこちらを向いてくれる花がいた

最後にモクセイ科のレンギョウ。
散歩道の春201003-21
レンギョウは川沿いの遊歩道に垣根としてたくさん植えられている。

詩人で彫刻家でもある高村光太郎はこのレンギョウが好きで、彼の命日(4月2日)は連翹忌というそうだ。これは彼の告別式で棺の上にレンギョウが一枝置かれていたことに由来するらしい
散歩道の春201003-17
この写真は青空に鮮やかな黄色が目を引くが、高村光太郎といえば「智恵子抄」。日本文学(国語の授業)は得意ではないけど、「智恵子は東京に空がないという」の一節は強く印象に残っている。

福島県出身の智恵子は、どうしても東京になじめなくて、こんな訴えを光太郎にしたんだろうけど、もし私がそこに居合わせたのならば、上の写真と共に1枚目の青空とコブシの写真を見せてあげたい

このところの暖かかったり寒かったり、雨が降ったり止んだりの不安定な天気と違って、3月半ば頃は本当にいい青空が見れたんだなぁと思ってしまう。
「4月の東京には青空がない」。ちびたのささやかな訴えでした

(撮影 2010年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


昭和記念公園(Vol.4)木に咲く花たち

今回は昭和記念公園を散策しながら見つけた木に咲く花たち

これはミズキ科のサンシュ。高幡不動尊でも今きれいに咲いている。春黄金花とも言われ葉が出る前に黄色い小さな花をたくさんつける木。
昭和記念公園20100314-11

ここでは花の近くまで寄れる場所があったのでサンシュの花のアップが撮れたた
昭和記念公園20100314-10
確かに小さな黄色い花が集まって咲いているね。

このマンサクには葉が付いている?普段見返るマンサクとは違うなぁと思ったらこれは同じマンサク科のシナマンサク(支那満作)だそうだ。ちゃんと名前が書いた札がついているのがありがたい
昭和記念公園20100314-12
シナマンサクは花が咲く時期にも枯れた葉が残っていることが多いんだそうだ
これが普通のマンサク。この写真だけ高幡不動尊大日堂横にて撮影
昭和記念公園20100314-9
マンサクって派手さがなく質素で見ていて気持ちが安らぐ感じがする。子どもの頃に遊んだ田舎を思い出すような感じかな

これはモクレン科のコブシ。ハクモクレンより花が少し小さくて全開する感じで咲くけど、なかなか見分けが付かない
昭和記念公園20100314-13

コブシも前回のハクモクレンと同様、ちょうど咲き始めたところという感じかな。
昭和記念公園20100314-18
遠目に見るとハクモクレンなのかコブシなのかわからない・・・

これはカンヒザクラ(寒緋桜)。濃いピンク色が目立つ桜だね
昭和記念公園20100314-14
このカンヒザクラ(寒緋桜)は、ヒカンサクラ(緋寒桜)と呼ばれていたらしいが、同じような名前のヒガンザクラ(彼岸桜)と間違いやすいのでカンヒザクラ(寒緋桜)と呼ぶようになったとか

花をアップで撮ってみると花びらの開き方がせまくて釣り鐘のような花。
昭和記念公園20100314-16

これはいま高幡不動尊などでも満開になっているカワヅザクラ(河津桜)
昭和記念公園20100314-17
河津桜は上のカンヒサクラ(寒緋桜)とオオシマサクラ(大島桜)の自然交配種らしい。だったら一緒にオオシマザクラも撮りたかったなぁ

河津桜のアップ。花の形は大島桜からで、色は真っ白な大島桜と濃いピンクの寒緋桜を足して2で割った感じかも・・・なんて勝手なこと書いている
昭和記念公園20100314-15
きれいな青空にピンクの花は春の定番カラー。しかしかわいい花だね

この3連休は忙しくて散歩ができそうもないので、天気のいい時に撮ったこの日の昭和記念公園の写真をまたアップすることになりそう

(撮影 2010年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.64(3/28)桜が咲き始めた

今日は朝から曇天、たまに日が差すこともあるが、風もあって冬に逆戻り

人が少ないだろうと思ったら、結構多い、今日は28日お不動さんの日だった
お不動さんの日は参拝者の平均年齢がグッと上がるように思う
高幡不動尊090328-2高幡不動尊090328-7
しかし、どんよりと曇っておおよそ春とはほど遠いイメージ

せっかく東京も桜の開花宣言があったが、それ以後ずっと冬に戻ったような天気が続いている
こんな天気だと、高幡不動尊の桜もまだまだかと思ったら、ソメイヨシノだと思われる境内の桜がちらほらと咲き始めている

五重塔回りのソメイヨシノは2〜3分咲きって感じかな、でも枝垂れ桜はまだまだ蕾だった
高幡不動尊090328-1

これは境内奥の大日堂に行く途中の山門あたり、この桜はかなり咲いている方だ
高幡不動尊090328-4
墓地も好評なのかな、高幡不動尊金剛寺の檀家になる必要があるそうだ

大日堂前の桜も咲き始めているが、よく見るとまだ蕾がかなり多い感じ
高幡不動尊090328-3
たまに薄日が差す時を狙って撮っているけど、やはりどんよりとしていて、桜の花びらの色があまり映えない

五重塔そばにあるユキヤナギを撮ったら、まだまばらな桜が入って五重塔に雪がちらついているような写真になった
高幡不動尊090328-5
境内の桜は次の週末が見頃だろうか青空が恋しい・・・

この写真は駐車場にある交通安全祈願殿とその奥の山内、白いのはかなり大きなコブシ、左側にピンク色の桜、右側に若緑の柳
高幡不動尊090328-6
山桜も蕾が少しふくらんで、薄いピンク色になるつつあるのがわかる。ここの桜は境内のソメイヨシノより少し咲くのが遅いが、開花すると山全体がとってもきれいになる、楽しみだ

すべての写真はクリックすると拡大表示されます
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

コメントへのお返事とブログ訪問が遅れています、申し訳ありません・・・

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ