ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

コデマリ

京王百草園 アヤメの仲間

京王百草園の藤棚以外の花々。

心字池のそばで咲くアヤメ、アヤメ科。
京王百草園201705
アヤメは葉が細いことと花びらの元の部分に網目の模様があるのが特徴。
京王百草園201705
ここは弁天池のそばだけどアヤメは乾いた土に生える。
ブログを始めた頃はアヤメとカキツバタ、ハナショウブの見分けが全然つかなかったけど、
だんだんとわかるようになってきた(笑)。

こちらはイチハツ(一初)、アヤメ科。アヤメ科の中でいち早く咲くからついた名前と言われる。
京王百草園201705
特徴は、花びらにあるトサカ状の白いヒラヒラ。ハナムグリが蜜を吸っていた。
京王百草園201705
イチハツも乾いた土に生える。

こちらはジャーマンアイリス、アヤメ科。別名ドイツアヤメ、そのまんまの別名。
京王百草園201705
花の上の方が大きくひらひらになっているが特徴でなんとなく洋風に見える。
この日はカキツバタが咲いていなかったけど、カキツバタはもう少し後
から湿地に咲く。百草園では心字池回りに咲く。

こちらはオダマキ(苧環)、キンポゲ科。
京王百草園201705
下も同じくオダマキ。ちょっと色が薄い。
京王百草園201705

新緑の中の赤い色はカエデの花。
京王百草園201705
カエデの花は羽根のような形をしていて、秋に実がなり木から落ちる時に風に飛ばされて
遠くに運ばれるようになっているそうだ。
京王百草園201705

これはボタン(牡丹)、ボタン科。花はシャクヤク(芍薬)に似ているが葉が違う。
京王百草園201705
シャクヤクはもう少し後から咲く。

これは、タツナミソウ(立浪草)、シソ科。
京王百草園201705
花が波立つような形をしているからついた名前だそうだ。もう少しアップで撮って
おけばよかったかな(汗)

京王百草園201705
上はコデマリ、バラ科。下はオオデマリ、スイカズラ科。
名前は手毬の小と大の違いだけど、花はだいぶ違う・・・。
京王百草園201705
オオデマリは白いアジサイに似ているけど、咲く時期がかなり早い。

(撮影 2017年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動(05/06)ゴールンウェーク後半の様子

ゴールデンウィーク後半の高幡不動尊の様子。

この写真は5月4日の様子。ゴールデンウィーク後半は3日から6日までずっと天気が良く、毎日ほとんど変わらない様子だった。
高幡不動201305-10

コデマリ(小手毬)、バラ科。小さな手毬のような花を咲かせることが名前の由来。
高幡不動201305-8
では、こちらは大きな手毬なのか(笑)、オオデマリ(大手毬)、スイカズラ科。
高幡不動201305-15
大きな手毬というより、白いアジサイ(=アナベル)のソックリさん。

ちょっと調べて見ると、アジサイとそっくりのオオデマリはマツムシソウ目スイカズラ科。それほどアジサイとは似ていないコデマリはバラ目バラ科。
そして張本人のアジサイはバラ目アジサイ科。これって他人のそら似か(笑)


五重塔回りのツツジがあまり咲いていない。もっとたくさん咲くはずなんだけど。
高幡不動201305-7

弁天池のボタン(牡丹)、ボタン科。
高幡不動201305-6
正面から見た方が花はきれいなんだけど、五重塔が入らないからこちらから(汗)

こちらは上の牡丹の側、おみくじの間からチューリップが1輪。
高幡不動201305-5
なぜここでチューリップが咲いているんだろう・・・

アメリカロウバイ、ロウバイ科。別名クロバナロウバイ。
高幡不動201305-9
名前の通り、北アメリカ原産。そしてロウバイの名前の通り香りもいい。

高幡不動尊山内でこの時期によく見かける白い花はミズキ(水木)、ミズキ科。
高幡不動201305-11
ミズキと言えば、ハナミズキやトサミズキ、ヒュウガミズキなど春の咲く花が多く高幡不動尊でも見ることができる。ただしトサミズキ(土佐水木)とヒュウガミズキ(日向水木)はマンサク科で名前は似ているが花は似ていない。

ここから下はちょっと地味な春の花。
名前がわからずいろいろ調べたんだけど間違えていたらご指摘ください(汗)。
高幡不動201305-4
キランソウ、シソ科。小さからなかなか気が付かないがよく見るとかなりたくさん咲いている。

これは、昭和記念公園でもみたような気がする、ミツバツチグリ、バラ科。
高幡不動201305-1
シダからちょこっと顔を出している咲いているこの花はヤブタビラコ、キク科。
高幡不動201305-3
これは、オニタビラコ、キク科。上も下も花が小さくて写真が撮りづらい。
高幡不動201305-2

ほとんどどこにも行かないゴールデンウィークで時間があったので、初めてソラ(空之介)を散歩で高幡不動尊に連れて行った。
高幡不動201305-14
六地蔵さんの前。六地蔵さんにはまったく興味なし(笑)
高幡不動201305-12
五重塔横、なんだか遠いところを見ている。
高幡不動201305-13
涼しい目をして遠くを見つめながら、何を考えているのだろうか。

ソラも来月で1歳半。人間では20歳ぐらいになるので、そろそろいろいろと考え始めたかな(笑)

今週の高幡不動Vol.264
(撮影 2013年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 藤棚が見頃

百草園201105-9
今日は5月4日、ゴールデンウィークも後半。朝からいい天気で、多摩動物公園の駐車場渋滞がそのまま高幡不動駅そばの交差点を越えてさらに国道20号バイパスまでずーっと延びるこの時期恒例の様子。
多摩動物公園は無料公開日になっているらしいけど、車で行くのはやめた方がいい。朝10時前でこの渋滞だから、いつ駐車場に到着するのかわからないよなぁ、なんてほとんど流れない渋滞を横目に見ながら散歩。

京王百草園の藤棚(ノダナガフジ)が見頃になったようなので散歩の途中で寄ってみた
百草園201105-1
入り口から園内を見るともう新緑が一杯。ツツジもきれいに咲いている。

入り口受付の裏側でひっそりと咲いているオオデマリ、スイカヅラ科。花も葉っぱアジサイによく似ているのに、アジサイはユキノシタ科(又はアジサイ科)と科も違う。
百草園201105-2
こちらは心字池で咲いているコデマリ、バラ科。
百草園201105-6
コデマリというのはオオデマリの小型版を連想させる名前だけど、花も葉っぱもずいぶん違う。

これはムサシアブミ(武蔵鐙)。前回、ウラシマソウを撮ったけどとてもよく似ている。ウラシマソウの釣り竿に見える部分をなくしただけという感じ。
百草園201105-11
ムサシアブミはウラシマソウと同じサトイモ科テンナンショウ属。

今回のお目当てはこの藤棚
百草園201105-4
藤棚の背が低く、人が触れて花が落ちないように、花が見頃の時期は藤棚下は通れないようになっている。
百草園201105-5
それほど大きな藤棚ではないけど、いまちょうど見頃できれい。
この藤棚の藤はノダナガフジ(野田長藤)という日本原産の野田藤の園芸品種。名前の通り花房が長いことが特徴でこのような棚仕立てにして育てるのだそうだ
百草園201105-3
藤棚はその全体を見て、あぁすごくきれいだなぁって思う。しっかり花を見ても1輪1輪がなかなかきれいな藤色、花の形はマメ科って感じだね。
百草園201105-8
すぐ横に茶室があるところが、京王百草園のいいところ。
百草園201105-10
新緑の中の藤棚、赤い絨毯と傘もよく映える。

京王百草園は、ぼたんの花も見頃になっている。
百草園201105-13
ぼたんの写真も一杯あるのでまた別の記事に

京王百草園は駐車場がないので、京王線百草園駅から徒歩となる。タクシーの利用は聖蹟桜ヶ丘駅か高幡不動駅からになるが、京王百草園に行くために通る川崎街道が多摩動物公園渋滞の影響で渋滞することもあるので、この時期はちょっと注意が必要かも

(撮影 2011年5月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ