ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ケイトウ

昭和記念公園 ケイトウの花畑

昭和記念公園のケイトウの花畑。

夏にひまわり畑だった、もみじ橋近くの丘がケイトウの花畑になっていた。
昭和記念公園201710

ケイトウ(鶏頭)、ヒユ科は夏から秋にかけて、ニワトリの鶏冠の形に似た花(花穂)を咲かせることからついた名前。子どもの頃、花が毛糸のようだからついた名前だと思っていた(笑)
昭和記念公園201710
花穂(カスイ)は稲のような形で咲く花のことで、ススキ、エノコログサ(猫じゃらし)、ケイトウなどが該当する。パンパスグラスとケイトウが咲いているこの場所はまさに花穂の花畑(笑)

昭和記念公園201710
ケイトウは赤色がメインだけれども、黄色、オレンジ色、ピンク色、赤紫色など色彩が豊富。
昭和記念公園201710
このピンク色の花はよく見ると単色ではなくオレンジ色が混じった色をしている。
昭和記念公園201710

ここは毎年この時期になるとパンパスグラス、イネ科が花(花穂)を咲かせる場所でもある。
昭和記念公園201710
パンパは南米・アルゼンチンに広がる草原地帯。パンパに生えている芝(グラス)が名前の由来。
シロガネヨシ(銀葦)という名前もあるが、パンパスグラスと呼ばれることの方が多い気がする。
昭和記念公園201710
お月見のイメージとして満月とススキが並んだ絵や写真を良く見るが、最近はススキではなくこのパンパスグラスが並ぶ場合もある。見た目が派手で絵になるパンパスグラスか、静かに月を楽しむ控えめなススキがいいか、好みが別れるところ。
昭和記念公園201710
パンパスグラスの上には秋の空が広がっていた。
散歩にはちょうど良い季節になった。

昭和記念公園(Vol.237)
(撮影 2017年10月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

燃える紅葉?

昭和記念公園201611
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園

イチョウ並みの色づきはまだこれから。

この日燃えていたのは紅葉ではなく、手前の花壇のケイトウでした(笑)。


散歩道の花(2010年8月)

8月は暑くてあまり花を撮らなかったなぁと思ったら、やっぱり結構撮っていた
散歩道の虫たち201008-19
これはケイトウ(鶏頭)、ヒユ科。先日のセンニチコウ(千日紅)と同じヒユ科。
散歩道の虫たち201008-20
名前の通り、鶏の鶏冠(トサカ)に形が似ているからついた名前なんだそうだが、そうでもない形の花もある。

こちらはハゲイトウ(葉鶏頭)、同じくヒユ科。変なところで区切って読まないように・・・
散歩道の虫たち201008-18
なかなかきれいな葉だよね。花は葉の付け根に目立たない感じで咲くそうだ
散歩道の虫たち201008-21
葉の色が赤いケイトウに似ているからハゲイトウという名前がついたそうだけど、ケイトウってちょっと派手すぎて恐い感じがするので、こちらの方が好きかも

なんだか色合いが秋っぽい花、麦わら菊(ヘリクリサム)の仲間かな。
散歩道の虫たち201008-17
花がカサカサ状で乾燥した麦わらみたいなのが名前の由来らしいが、帝王貝細工(テイオウカイザイク)という別名もあるそうだ。散歩道の虫たち201008-16
キク科らしい形の花を見ていると、10月の高幡不動尊の菊まつりが楽しみになる

ここまではオレンジ系の花が多かったけど、ここからは紫系の花が続く。
まずはダリア、和名がテンジクボタン(天竺牡丹)なんだけどボタン科ではなく、この花もキク科。
散歩道の虫たち201008-15
ダリアはメキシコ原産で、メキシコの国花になっているそうだ。

これも小さいけど赤紫のきれいな花、散歩道でよく見かける。
散歩道の虫たち201008-10
散歩道をすごく明るくしてくれる花だ。

これはなんという花かな?
7月の散歩道201007-3
ネットで調べるとベルガモット(モナルダ)に似ているようだけど。

これは一瞬シャクヤクかな?って思ったけど違うみたい、八重咲きのムクゲだね。ムクゲは大韓民国の国花。
7月の散歩道201007-23
ムクゲは最近よくこのブログで話題にしているアオイ科の花。八重咲きもあるんだね。
散歩道の虫たち201008-22
石垣島で撮った八重咲きのハイビスカス、アオイ科。ハイビスカスの八重咲きってこの時に初めてみたような気がする、なかなかきれいだ

散歩写真(vol.147)
(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

7月の散歩道にて + 花火

8月もあと1週間、急いでアップする7月の散歩道の様子
7月の散歩道201007-20
これはキイチゴ(木苺)かな。バラ科キイチゴ属ということはイチゴってバラ科なんだね。ラズベリーも同じキイチゴ属で、キイチゴによく似ているのでヨーロッパ木苺なんていう別名もあるそうだ

これはブルーベリー。花をみればわかるけどブルーベリーはツツジ科、イチゴとは違う。そりゃあそうだよね、食いしん坊には見分けがつかないのか
7月の散歩道201007-11

これは前にもアップしたユリ科のヤブカンゾウ。見た通り八重の花。
7月の散歩道201007-21
そしてヤブカンゾウの一重版の花とも言えるノカンゾウ。私としては八重のヤブカンゾウの方が好きかな
7月の散歩道201007-13
ちょっと見た感じはこの前にアップしたキツネノカミソリにも似ているような・・・

なんども写真をアップしているサルスベリ(百日紅)。散歩道で一番よく見かけるピンク色。
7月の散歩道201007-19
次に多いのがこの赤い花。
7月の散歩道201007-18
そして一番少ない白い花。
7月の散歩道201007-15
アップで見るとなんだか白い花は違う花にも見えたりして
7月の散歩道201007-14
青空にきれいに咲いていいなぁなんて思うけど、酷暑の中の撮影

これはヒユ科のセンニチコウ(千日紅)、シジミと比べてもわかるけど小さな花。
7月の散歩道201007-16
ヒユ科ってあまり聞かないけど、ケイトウ(鶏頭)が同じヒユ科らしい。ということで、同じく散歩道で見つけたケイトウ。
7月の散歩道201007-24
これと同じ仲間なのか、なんだか全然ちがうように思うけど

夏の間、長く咲いて楽しめるサルスベリが百日紅、ということは千日紅は何日間ぐらい咲くんだろう・・・千日ということは1年中か
7月の散歩道201007-17
天気が良すぎて、ちょっと紫色が飛んでしまっているね
ここまでは7月の散歩で撮った写真

ここからは、先週末(8/21)に実家のベランダから撮った花火の様子。
方角からすると「世田谷区たまがわ花火大会」の様子。実は同じ日の同じ多摩川の少し下流で川崎市の多摩川花火大会が開催されていているので、場所によっては両方を見ることができる
花火20100821-3
下のほうのリボンみたいなのがなかなかかわいい花火。
これは色は単純だけど、明るさと音が賑やかな花火。
花火20100821-1
撮っていて手前の鉄塔が邪魔だなって思ったけど、こうしてみるとアクセントになっていいかもしれない
花火20100821-2
今回初めてデジタル一眼カメラで花火を撮った。カメラを三脚にセットして携帯電話の赤外線を使ってシャッターを押した。あらかじめリモコンを買わなければいけないので商品をネットで検索していたらドコモ携帯でデジタルカメラのリモコン操作ができるPENTAX用リモコンアプリが見つかった。ダメもとでダウンロードして使ってみたら、まったく問題なく使えて快適だった

200枚以上撮って、まともに写っていたのは10枚ほどだった。でも原因がシャッター速度が遅すぎたことだとわかったので、またチャンスがあったらもう少しまともに撮れるかも

散歩写真(vol.145)
(撮影 花は2010年7月、花火は2010年8月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.92)散歩道の花も夏から秋に

散歩道200909-11
マメ科のハギ(萩)、桔梗や撫子などと共に秋の七草のひとつ。
この写真はちょっとピンボケなのが逆に幸いしてソフトトーンな雰囲気に撮れた、偶然なんだけど

秋のお彼岸に供える「おはぎ」は、秋を代表する花の「萩」にちなんで「萩餅」から「御萩餅」で「御萩」と呼ばれるようになったそうだ
ちなみに春のお彼岸に供える「ぼたもち」は「牡丹」にちなんで同様に「牡丹餅」から呼ばれるようになったそうだ。萩は秋の七草のひとつだけど牡丹は春の七草ではないけどね
散歩道200909-9散歩道200909-10

クマツヅラ科のコムラサキ(別名コシキブ)。実が紫色で美しいので観賞用として庭木で栽培される。同じ仲間によく似たムラサキシキブというのがあるが、庭木は多く密集して実がつくため見映えがするこのコムラサキがであることも多いそうだ
見分け方としてはコムラサキは葉の先端半分にだけ鋸歯があるが、ムラサキシキブは葉全体に鋸歯があることらしいが、変種や園芸品種も多く明確な判断は難しいとのこと
散歩道200909-8散歩道200909-12
秋にきれいな紫の実をつけるから風流なイメージで「紫式部」というような名前をつけたのかな?同じ仲間で白い実をつけるシロシキブというのもあるようだが、そうなると紫式部から少し離れてしまうなぁ

ヒユ科のケイトウ(鶏頭)。見ての通りその形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることからこの名に。花の色は赤、黄、ピンクなど、形も丸くなるもの槍のようにとがるものなど、いろいろな形がある
散歩道200909-1散歩道200909-3
散歩道200909-7散歩道200909-6
下の写真の花は見た目が鶏冠というより脳みそって感じ。サンゴにも脳に似ていることから名前がついたキクメイシ科ノウサンゴ属というのがあるけど、そちらに似ている

(下写真)アップで撮ってみたらベルベットのような雰囲気。なんだかすごく柔らかで暖かそうに見える花だが実は寒さには弱いらしい。見た目と強さは関係ないのか・・・
散歩道200909-5
なんだか久しぶりに散歩道の花の写真をアップしたような気がする

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ