ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

クロッカス

昭和記念公園(Vol.8)芝桜も満開

昭和記念公園の続き、チューリップ以外にもたくさんの花を見ることができた
昭和記念公園201004
チューリップと一緒に植えられていた八重咲きのヒヤシンスクロッカス、ホリーホックという品種らしい。すごく赤い

チューリップのアレンジに植えられていたのは青いムスカリだったけど、白いムスカリも咲いていた
昭和記念公園201004
なんだか青いムスカリを脱色した感じもするけど

これは初めて見た気がする、フリチラリア。ユリ科で黄色や白色などいろいろな色の花があるらしい。
昭和記念公園201004
和名がヨウラクユリ(瓔珞百合)。釣り鐘のような花の形をしているけど、瓔珞とは仏具の装飾という意味があるそうだ

そして今回のメインはこの芝桜。この時期の直射日光は夏に近い強さがあるので、日があたるとこの場所全体が輝いて見える
昭和記念公園201004
秩父の羊山公園や栃木の市貝など一面に広がる芝桜に比べると面積は非常に小さく、学校の花壇をいくつか並べた広さの芝桜だけど、こうやって部分的に撮るときれいに見えるのが写真のいいところ

昨年のゴールデンウィークに行った本栖湖そばの富士芝桜の写真はこちら

もう少しアップで一部分を撮るとちょっと遠近感もあって面白い。
昭和記念公園201004

さらに1つ1つの花が見えるぐらにアップで
昭和記念公園201004
この芝桜の花は、もちろんバラ科のサクラの仲間ではなく、ハナシノブカ科で別名がハナツメクサ。どちらかというとツツジの仲間(ツツジ目)なんだそうだ。

この色合いが今回私のお気に入り
昭和記念公園201004

芝桜の遠いお仲間でもあり、この時期定番のつつじもきれいに咲いていた。
昭和記念公園201004

昭和記念公園201004

お花畑には菜の花がまだこんなにたくさんきれいに咲いている、長く楽しめる花だね。
昭和記念公園201004
このバックの緑はサクラで、サクラが満開の頃はピンクと黄色のツートンカラーですごくきれいに見える場所
やっぱり、菜の花が一番落ち着くような気がする

時節柄コメントへのお礼とみなさんのブログにお邪魔するのが少し遅くなります

(撮影 2010年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(Vol.3)クロッカスとハクモクレン

昭和記念公園20100314-2
2月に続いて今年2度目の昭和記念公園。前回黄色いクロッカスが咲いていた場所とは全然違う所で見つけた、真っ白な花と紫に白い筋が入った花のクロッカス

ここは花壇や柵で囲まれた場所ではなく、普通の歩ける場所なので、気がつかずに花を踏んづけてしまうような場所。春の人気者オオイヌノフグリとクロッカスが並んで咲いている
昭和記念公園20100314-3

黄色のクロッカスではそれほど目立たなかった黄色いメシベがよく目立つ
昭和記念公園20100314-4
こうやって間近かで見ると、かわいいクロッカスのイメージよりも、ちょっと派手な熱帯植物っぽい感じにも
クロッカスはアヤメ科で原産地は地中海沿岸から西南アジア。高温多湿は苦手らしいので熱帯植物ではないんだけどね

これは白い筋がない淡い紫色の花。逆光で撮ると天気がいいので輝いて見える
昭和記念公園20100314-8

ちょっとローアングルで
昭和記念公園20100314-7
地面に半分寝転んで撮ったら、数日前の雨でまだ地面が湿っていたらしく、肘や膝が少し湿ってしまった

すぐそばにはモクレン科のハクモクレン(白木蓮)。花芽が割れてもうすぐ咲きそう
昭和記念公園20100314-1

見上げるとほとんどが花芽の状態でまだあまり咲いていない。それよりも上空の飛行機雲の方が気になる
昭和記念公園20100314-5

飛行機にピントをあわせると、思ったよりもきれいに飛行機が写った。尾翼から2本の飛行機雲ができている様子まで見ることができる。(写真はクリックすると大きくなります
昭和記念公園20100314-6
今回の写真はすべてK−7に100mmのマクロレンズ(D FA マクロ 100mm F2.8 WR)をつけて撮ったもの

この100mmの単焦点望遠マクロレンズ(35mm換算で約150mm)はすごく使い勝手がよかった
花に近寄るとき、少し離れた花を撮るとき、普通の景色を撮るときなど、私が撮る写真のすべての場面で使えるレンズだということがわかった

(撮影 2010年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(Vol.2)シクラメンとクロッカス

先日の昭和記念公園の続きでまた別の草花、季節が大きく変わらないうちにアップしないとね

クリスマスローズが咲いている場所の近くで見つけたシクラメン。シクラメンってサクラソウ科なんだね。ちょっと見た感じがカタクリにも似ていた
昭和記念公園201002-10
観賞用として鉢植えされているシクラメンは良くみるけど、こうして地面に咲いているシクラメンの姿はあまり見たことがなかった。
布施明や小椋佳はきっとこういう姿を見たことがあるんだろうね

クロッカス。散歩道で見つけたクロッカスよりしっかりとした感じでたくさん咲いていた。
昭和記念公園201002-12
ここには三脚にセットしたカメラで写真を撮っている人がたくさんいた

高幡不動尊や百草園でも見つけた福寿草。ちょっと雲が出てきてしまったので、花の開きも色あいも悪い。。。残念
昭和記念公園201002-14

上の花が咲いている花木園の横には水鳥の池があってボート遊びができるようになっている
昭和記念公園201002-11
池の周りで見つけたアジサイのドライフラワー。この水鳥池の周りにはこのようなアジサイのドライフラワーがたくさんあったので、梅雨時期にはアジサイがきれいに咲くのだろう、ちょっと楽しみ

ちなみに高幡不動尊では、アジサイの花の見頃が終わった時期にアジサイの珠切りをするため、こんなしっかりとしたアジサイのドライフラワーを見ることはあまりない

水鳥の池まわりには野鳥がたくさん見られるとのことだが、この日はジョウビタキを見ることができた。でもこれ以上は近寄らしてもらえない・・・
昭和記念公園201002-13
昭和記念公園のホームページを見ると、この水鳥の池は多摩丘陵の礫層の上に防水シートを張り雨水をためた人工の池で、水生植物が繁茂するように、しかるべき所にはシートの上にコンクリートを敷き、その上に土を盛って植栽池を設けてあるとのこと
入園料が高いのも、こういう整備にいろいろお金がかかっているからだろうか

ミズキ科のサンシュ。春に葉が出る前に小さな黄色の花をたくさん咲かせる木。高幡不動尊の五重塔回りにもあってなかなかきれいな光景になる
昭和記念公園201002-15
まだちょっと先だね・・・

紅梅。当然だけど梅もたくさん咲いている。でも梅は京王百草園の方が密度が濃くて見応えがある
昭和記念公園201002-16

帰りにもう一度入り口付近。並木で真ん中で分断されたような景色
昭和記念公園201002-17
これは何の並木だろう

再び噴水。花木園や水鳥の池だけでなく、こういう施設が整備されているのが国営って感じかな

昭和記念公園201002-18


こういう景色がうまく撮れるようになりたい

(撮影 2010年2月)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

散歩写真(vol.122)散歩道にもしっかりと春の兆し

散歩道でも、あちらこちらで春の花が見れるようになったきた
クロッカス201002-2
これはクロッカスかな。クロッカスってアヤメ科なんだ・・・
ここは花壇ではないのでまばらに咲いている。クロッカスは寒さにも強く丈夫な花らしいので誰かがいらなくなった球根を植えたのかな。
クロッカス201002-1
葉っぱよりも花が先に大きくなって頭でっかちな感じだけど、なかなかかわいい花だ。
しかもオレンジ色が春の雰囲気本当はほかの色のクロッカスもみたいんだけどね

これは春の七草の1つアブラナ科のナズナ。花の下についている実の形が三味線のバチによく似ていることからぺんぺん草やシャミセングサと呼ばれる。
ナズナ201002
白くて小さい花なので、次はもう少しアップで撮りたいね

次にシソ科のホトケノザ(仏の座)。葉っぱがちょっとシソって感じがする。
ホトケノザ201002
ホトケノザの後ろにナズナとオオイヌノフグリが写っているけど、ホトケノザの花をもうちょっとしっかり撮ればよかった

そして春の花の中ではかなり人気があるオオイヌノフグリ、ゴマノハグサ科。この小さなコバルトブルーの花が早春の田んぼや畑にびっしりと群れをなして咲いている光景はなかなかのもの
オオイヌノフグリ201002
そのうち実も写真も撮ってみたい

下ばかり見ていると首が疲れるので上も見上げてみる。ミモザアカシアの明るい黄色い花がもう少しで咲き始めそう
ミモザアカシア201002-2
ミモザアカシア(銀葉アカシア)はマメ科、かなり大きな木になるそうだ。マメ科は小さいと勝手に決めつけてはいけないようだ

青空に黄緑色の若葉と黄色の花が輝いて見える
ミモザアカシア201002-1
ミモザと聞くと「ミモザサラダ」が目に浮かぶ人が多いかも。まさにタマゴの黄身を細かくふりかけたような姿

イタリアでは3月8日の国際婦人デー(イタリアではミモザの日とも言うらしい)に、このミモザの花を女性に贈るそうだ、さすがイタリア人はおしゃれだなぁ

今日2月25日は関東地方と中国四国地方、九州北部で春一番が吹いたという発表が気象庁からあった。関東地方では昨年より12日遅いそうだ
私は「春一番」と聞くとアントニオ猪木の物まねをする芸人を思い出す。彼は病気でICUに入院していたがアントニオ猪木本人からの見舞いで奇跡的に回復し退院したという話を聞いた。最近お笑い番組では見かけないけど、どうしているんだろうか・・・

(撮影 2010年2月)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ