ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

クロッカス

雌しべ

クロッカス
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 昭和記念公園

クロッカスの雌しべ。花びらに影ができていました。


春のビタミンカラー

クロッカス
   D7200 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.2 昭和記念公園
 
年明けのロウバイに始まって福寿草やラッパ水仙など、春に向けて黄色やオレンジ色の花がたくさん咲きます。

その中でも最も鮮やかな色なのがこのクロッカス。

昭和記念公園で、やっとこの花が咲く時期になりました。もう春ですね


昭和記念公園(2014年3月) クロッカス

前回に続いて3月の昭和記念公園の様子。

まずは、この日の目的でもあった、こどもの森で咲いているクロッカス。
昭和記念公園201403-1
春の日差しをいっぱいに浴びて咲いている。
昭和記念公園201403-14
黄色や明るい紫の花が多く白いクロッカスは少なめ。
昭和記念公園201403-2
同じ黄色の花、ラッパスイセンも一緒に咲いている。
昭和記念公園201403-13
少し離れた所から見てもこの辺りはパッと明るく見える。

これはチューリップ。
昭和記念公園201403-11
ホームページでは原種系チューリップと紹介されていた。
昭和記念公園201403-12
小さな青色はオオイヌノフグリ。こここどもの森は春の花が勢ぞろいしている。

この花は何だろう?
昭和記念公園201403-10
ブルーがすごくきれいなので思わず撮ったが名前がわからない(汗)

ホームページでこもれびの丘で、カタクリ、ユリ科が咲いたとあったので行ってみた。
昭和記念公園201403-7
カタクリはまさに春の妖精。春の早い時期に花をさかせ周りが緑に埋まる時期には姿を消してしまう。
昭和記念公園201403-6
スプリング・エフェメラルと呼ばれ、春の早い時期に花をさかせ周りが緑に埋まる時期には姿を消してしまう。

アズマイチゲ、キンポウゲ科。この花もカタクリと同じスプリング・エフェメラル。
昭和記念公園201403-8
昭和記念公園は、こうやって名前の表示板を設置してくれているのがうれしい。

オキナグサ、キンポウゲ科。まだ完全に開花していない感じ。
昭和記念公園201403-9
アズマイチゲ、福寿草、節分草など早春はキンポウゲ科の花が目立つ気がする。

道端に咲いていたスミレ。春だね。
昭和記念公園201403-5
ちょっとアップで。
昭和記念公園201403-17

みんなの原っぱ東花畑は、すぐそばにソメイヨシノがある。(これは3月23日の様子)
昭和記念公園201403-4
菜の花は少し咲き始めていたが、ソメイヨシノはまだ開花前。

ここからは残堀川沿い。(以下は3月23日の様子)
昭和記念公園201403-15
この日ソメイヨシノにはまだ早かったが寒緋桜は見頃。

すぐそばの修善寺寒桜も見頃になっていた。
昭和記念公園201403-16
河津桜にはメジロ。春のお決まりの取り合わせ。
昭和記念公園201403-3

お彼岸の3連休からまだ1週間しか経っていないが、季節が急に動き出した感じ。 

3月26日(水)に昭和記念公園のソメイヨシノの基準木が開花したそうだ。
この週末は天気が今一つになってしまったが、ソメイヨシノはまだ少し早め。来週末の天気に期待したい。

 昭和記念公園(Vol.108)
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

かおるちゃんが好きな花

クロッカス
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.3  昭和記念公園

クロッカス = かおるちゃん  + 遅くなった +  ごめん   は古いので、そろそろ忘れましょう(笑い)

 忘れてください!

 

昭和記念公園(2014年3月) 梅「月影」

3月の昭和記念公園。立川口につながるこの場所はまだ冬色。
昭和記念公園201403-1

それでもさすがに3月半ば、梅園の梅が見頃になっていた。昭和記念公園201403-4
白梅、紅梅、そして黄色はサンシュ、ミズキ科。
梅園といいながらも、別名春黄金花と呼ばれるサンシュが結構人気。
昭和記念公園201403-3
梅園に黄色の梅が咲いている感じ。
昭和記念公園201403-14
青空を背景にした姿が似合う花だね。
昭和記念公園201403-2

昭和記念公園の梅園でも「思いのまま」が咲いている。
昭和記念公園201403-5

離れたところから見ると、少し青白く見えるこの梅は月影と呼ばれる品種。
昭和記念公園201403-6
白梅だけど花が薄緑色に見える。
昭和記念公園201403-7
それはガクが緑色だから。そして蕾も緑白色(笑)。
昭和記念公園201403-8

梅園を離れてクロッカスが咲いているこどもの森に向かう途中。クリスマスローズ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201403-15
この花も薄緑色・・・
昭和記念公園201403-9
クリスマスローズには、こういう深いワインレッド色もある。こちらの色の方がいいな(笑)。

オオバナキバナセツブンソウ(大花黄花節分草)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201403-10
節分草より一回り以上大きくて、節分草というより福寿草に近い感じだよね。
まあみんなキンポウゲ科(笑)

ミシュチェンコアナ、ユリ科。名札があったから名前がわかったが初めて聞く名前。
昭和記念公園201403-12
薄青色の線が入った後姿がなかなかいい。
昭和記念公園201403-13
でも、この花によく似た花は他にたくさんありそう(汗)

ミニアイリス、アヤメ科。名前の通り、かなり小さめのアヤメ。
昭和記念公園201403-11
そういえばクロッカスもアヤメ科。
昭和記念公園201403-16
春のアヤメ科そろい踏み。

昭和記念公園(Vol.107)
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  


春の日差しを浴びて

クロッカス
      K-5IIs with TAMRON AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 2014.3  昭和記念公園

クロッカスの花言葉は「青春の喜び」。

ここは、まさにそんな光景でした。


補色の関係

クロッカス
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.3  東京都日野市

春を告げるクロッカス。

この色のクロッカスは黄色いシベが目立ちます(笑)


クロッカス

クロッカス
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR   2014.3  東京都日野市 

先日、昭和記念公園でたった1輪しか見つけることができなかったクロッカス。

近所の散歩道でたくさん咲き始めていました。


昭和記念公園(2014年2月)梅園

2月の昭和記念公園、2週連続の大雪で少し足踏み状態だった梅園の梅もかなり咲き始めていた。

梅園に近づくと花の香りがする。
 昭和記念公園201402-8

青空にきれいに咲くミチシルベ(道知辺)。
昭和記念公園201402-3

オオサカズキ(大盃)。
昭和記念公園201402-4

ヤエノバイ(八重野梅 )
昭和記念公園201402-6

藤牡丹枝垂(フジボタンシダレ)。
昭和記念公園201402-7
枝垂れ梅をもっと枝垂れ梅っぽく上手く撮りたいなぁ・・・

シナマンサク(支那満作)、名前の通り中国原産で花が咲くときにまだ枯れ葉が残っていることが多い。
昭和記念公園201402-5
 
サンシュ、ミズキ科。まだこれから。
昭和記念公園201402-2
春黄金花という別名通り、この花が咲くとあたりがパッと明るくなる。 

 梅園そばのフクジュソウ(福寿草)。雪に埋もれていたんだろうね。
昭和記念公園201402-9
前回来た時よりも茎と葉が伸びている。

クリスマスローズ、キンポウゲ科が咲き始めた。
昭和記念公園201402-10
咲き始めたいきなり雪がかぶって驚いただろうね。
昭和記念公園201402-11
相変わらずうつむき加減の花が多くて撮りずらい(涙)

これからきれいに咲くクロッカス。ホームページで咲き始めたとあったので行ってみたが、見つけることができたのがこの1輪だけ、残念。
昭和記念公園201402-13

立川口のカナール、雪の残り方がすごくはっきりしていた。
昭和記念公園201402-1
右は日がよく当たり、左はあまり日が当たらないのか?

2週続いた大雪のうち、2回目の雪は水分を含んですごく重かったんだろうか、昭和記念公園を歩いていると、このように枝が折れている光景を何度も見かけた。
昭和記念公園201402-12

昭和記念公園201402-14
1週間経過したこの日もまだみんなの原っぱにはくるぶし以上の雪が残っていて歩くのが大変(汗)

多摩都市モノレール立川北駅から昭和記念公園に向かう途中から見た4月にオープンするIKEA立川。
昭和記念公園201402-15
IKEAは国内7店目、都内初となるそうだ。都内と言っても都心からかなり離れているけど(笑)
スウェーデン生まれのIKEAは同国国旗の配色と同じ黄と青のロゴマーク。この配色はやはりスウェーデンのカーキャリアメーカーTHULE(スーリー)と同じ。
私の車にもベースキャリアが取り付けてあるが、最近活躍する機会がなく、単なる空気抵抗となっている・・・


昭和記念公園(Vol.106)
(撮影 2014年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

 

昭和記念公園(2013年3月)梅園とクロッカス

3月上旬の昭和記念公園。この時期は梅園が華やか。
昭和記念公園201303-1
紅白の梅がきれいに咲いている。
真ん中の黄色いのはシナマンサク。
昭和記念公園201303-2

こちらの黄色はサンシュユ、ミズキ科。
昭和記念公園201303-4
春黄金花とも呼ばれるサンシュユの花はよく見ると小さな花が集まっている。
昭和記念公園201303-15

クリスマスローズも見頃になっていた。
昭和記念公園201303-5
こちらは紫色で八重の花びら。
昭和記念公園201303-6
クリスマスローズって女性にすごく人気がある花。葉も含めて全体的に優しい感じがするからかな?

初春の地面を飾るクロッカス。
昭和記念公園201303-8
黄色い花だと目立たないが紫色の花はシベのオレンジが目立つ。
昭和記念公園201303-11
白い花はサフランっぽい。クロッカスもサフランも同じアヤメ科で、クロッカスは「花サフラン」、サフランは「秋咲きクロッカス」とも呼ばれている。
昭和記念公園201303-7
この写真のクロッカスはこどもの森、風車ゲートあたり。
昭和記念公園201303-12

ヨウズイセン。ここの立て札には地中海原産のスイセンをこういう呼び方をすると書いてあった。
昭和記念公園201303-10
立て札にはラッパ型やカップ型のヨウズイセンがあると書かれていたが、ラッパスイセンという呼び名の方が馴染みがある。
昭和記念公園201303-16
下写真はきれいに見えるがよく見ると後ろ姿(笑)。
昭和記念公園201303-9

こちらはヨウズイセンより早く咲いている日本水仙。
昭和記念公園201303-13
日本水仙という名前がついているが、原産地はやはり地中海沿岸で平安末期頃に中国から渡来したそうだ。
昭和記念公園201303-14
これは八重咲き?、同じ日本水仙でもちょっとイメージが違う。

昭和記念公園のホームページによるとこの週末は梅園は終わって、桜の園が5分咲きだそうだ。
すごい人だろうね・・・

昭和記念公園(Vol.81)
(撮影 2013年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩道の様子(2月)

2月の散歩道の様子。やっと散歩道で花が咲き始めた。

晴天に白梅。白梅はまだ冬の間に早い春を告げるように咲き始める梅。
2月の散歩道201302-10

紅梅に似合う背景は冬の真っ青な晴天より、少し春霞がかかった青空。
2月の散歩道201302-2

梅にスズメ。定番の組み合わせではないけど、スズメは用心深くて近寄って撮ることがなかなかできないので、撮れたことがちょっとうれしかった。
2月の散歩道201302-8

オオイヌノフグリ、オオバコ科。春になると原っぱにたくさん咲く普通の花。
2月の散歩道201302-1
普通の花だけに、この花を見つけると余計に春を感じる。

ホトケノザ、シソ科。春の七草のホトケノザとは別な植物。
2月の散歩道201302-11

ぺんぺん草、アブラナ科、別名ナズナ、逆か・・・。こちらは春の七草。
2月の散歩道201302-4
実が三味線のバチの形に似るからついた名前だそうだけど、三味線に似ているのではなく、バチに似ているのに、ぺんぺんなんだ(笑)

タネツケソウ(タネツケバナ)、アブラナ科。上のぺんぺん草によく似ている。
2月の散歩道201302-3
途中で切れているように見える小枝が特徴。もうちょっとわかりやすい写真を撮らないと(汗)

クロッカス、これもまだ寒い頃に春を告げる花。でもアヤメ科なんだそうだ。
2月の散歩道201302-9
秋に咲く同じアヤメ科のサフランとすごくよく似ていて、クロッカスを別名花サフランと呼び、サフランを別名秋咲きクロッカスと呼ぶそうだ。

ジャノメエリカ、ツツジ科。
2月の散歩道201302-12
ピンクに黒の色あいがエリカ様のイメージであることが名前の由来。ではない(笑)

浅川にかかる万願寺歩道橋、通称ふれあい橋。散歩道の中で一番景色がいい場所。
2月の散歩道201302-5
左側の山々は神奈川県の丹沢から大山あたり、しっかり雪がついている。
2月の散歩道201302-6
新聞の記事(朝日新聞2月24日)によると公害対策により大気がきれいになったことと乾燥化の影響で東京都内から富士山が見える日がこの50年間で5倍に増えたそうだ。
最近は乾燥化しているのか・・・  東京砂漠 by 内山田洋とクールファイブ なんてね(笑)。

(撮影 2013年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年3月)やっと春が来た

昭和記念公園201203-13
昭和記念公園のクロッカス。こういう光景を見ることができるようになると春を感じる。

クロッカスはイメージがちょっと違うがアヤメ科。昭和記念公園201203-12
ちょっと長めのオレンジ色のシベが特徴。
昭和記念公園201203-14
花サフランとも呼ばれるようにサフランの花に似ている。サフランが咲くのは秋だから間違えずに済む。
昭和記念公園201203-10
クロッカスらしい紫色にオレンジ色の取り合わせ。
昭和記念公園201203-15

そばに咲いていた赤い花。クロッカスにはいろいろな色があるそうだが、これはクロッカスではないようだ。
昭和記念公園201203-11

遅れていた梅もやっと見頃。昭和記念公園にも梅園と呼ばれる場所がある。昭和記念公園の広さからするとちょっと狭いけどね。
昭和記念公園201203-8
すっきりきれいな大輪の白梅、八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園201203-6
かわいい桃色の道知辺(みちしるべ)、ちょっといい感じの名前。由来はなんだろう・・・
昭和記念公園201203-3
百草園でも見た大盃。百草園の大盃よりも木がかなり大きかった。
昭和記念公園201203-5
紅梅は青空が背景だとより一層きれいに見える。

梅園に黄色い梅?いえいえこれはサンシュ。
昭和記念公園201203-7
春黄金花と呼ばれるサンシュは、こんな小さな花がたくさん集まって咲いている。
昭和記念公園201203-2
高幡不動尊にもサンシュがあるけど、日野市の指定文化財(天然記念物)に指定されているぐらいの大きな木なので、ここまで花に近寄って見ることができない。

マンサク科のシナマンサク。マンサクと同じような花を咲かせるが枯れた葉がついたままなのが特徴。
昭和記念公園201203-4
この時期まで枯れた葉がついているってちょっと変わっている。

春の日射しを一杯に受けようと大きく開いている福寿草。
昭和記念公園201203-9
再びクロッカスの登場。
昭和記念公園201203-1
福寿草は日本風の姿だけど、クロッカスってちょっと西洋風かも。
実際、原産地は福寿草が日本、中国、朝鮮半島あたりの東アジア、クロッカスが地中海沿岸なんだそうだ。

前回訪れたのが2月最初だったので、ちょっと間が開いてしまったが、ちょうど春が来た時期だったのでちょうどよかったかな

 昭和記念公園(Vol.52)
(撮影 2012年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年3月)元気が出るオレンジ色のクロッカス

昭和記念公園201103-3
3月最初の週末、この時期の昭和記念公園の楽しみはこのクロッカス。
昭和記念公園201103-1
元気の出るオレンジ色
昭和記念公園201103-2

少し濃い紫色のクロッカスも咲いている。
昭和記念公園201103-13
内側には白い線
昭和記念公園201103-10
上品な紫色、いい色だなぁ
昭和記念公園201103-11
紫色のクロッカスはオレンジのシベがきれい。
昭和記念公園201103-12
クロッカスはアヤメ科なんだそうだ。

日本水仙に代わって、いまはたくさんのラッパスイセンが咲いている。
昭和記念公園201103-7
アップで。この花びらがラッパ状に突き出ているのが名前の由来だそうだ
昭和記念公園201103-6
たまには後姿を
昭和記念公園201103-8
ラッパスイセンはヒガンバナ科。

クリスマスローズ、今回は明るい紫色。
昭和記念公園201103-5
いつもうつむき加減なんだけど、ちょっと上を向いてくれた。
昭和記念公園201103-4
クリスマスローズはキンポウゲ科。

3月11日に発生した東日本大震災。被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。
昭和記念公園201103-14
私も都心に勤務しているため、一晩会社に泊まることになりましたが、幸いにも家や家族は問題がなく普段通りに過ごしています。
被災地の方々が一刻も早く安全で安心して暮らせる生活に戻れることを願います。

昭和記念公園(Vol.28)
(撮影 2011年3月6日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(Vol.8)芝桜も満開

昭和記念公園の続き、チューリップ以外にもたくさんの花を見ることができた
昭和記念公園201004
チューリップと一緒に植えられていた八重咲きのヒヤシンスクロッカス、ホリーホックという品種らしい。すごく赤い

チューリップのアレンジに植えられていたのは青いムスカリだったけど、白いムスカリも咲いていた
昭和記念公園201004
なんだか青いムスカリを脱色した感じもするけど

これは初めて見た気がする、フリチラリア。ユリ科で黄色や白色などいろいろな色の花があるらしい。
昭和記念公園201004
和名がヨウラクユリ(瓔珞百合)。釣り鐘のような花の形をしているけど、瓔珞とは仏具の装飾という意味があるそうだ

そして今回のメインはこの芝桜。この時期の直射日光は夏に近い強さがあるので、日があたるとこの場所全体が輝いて見える
昭和記念公園201004
秩父の羊山公園や栃木の市貝など一面に広がる芝桜に比べると面積は非常に小さく、学校の花壇をいくつか並べた広さの芝桜だけど、こうやって部分的に撮るときれいに見えるのが写真のいいところ

昨年のゴールデンウィークに行った本栖湖そばの富士芝桜の写真はこちら

もう少しアップで一部分を撮るとちょっと遠近感もあって面白い。
昭和記念公園201004

さらに1つ1つの花が見えるぐらにアップで
昭和記念公園201004
この芝桜の花は、もちろんバラ科のサクラの仲間ではなく、ハナシノブカ科で別名がハナツメクサ。どちらかというとツツジの仲間(ツツジ目)なんだそうだ。

この色合いが今回私のお気に入り
昭和記念公園201004

芝桜の遠いお仲間でもあり、この時期定番のつつじもきれいに咲いていた。
昭和記念公園201004

昭和記念公園201004

お花畑には菜の花がまだこんなにたくさんきれいに咲いている、長く楽しめる花だね。
昭和記念公園201004
このバックの緑はサクラで、サクラが満開の頃はピンクと黄色のツートンカラーですごくきれいに見える場所
やっぱり、菜の花が一番落ち着くような気がする

時節柄コメントへのお礼とみなさんのブログにお邪魔するのが少し遅くなります

(撮影 2010年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(Vol.3)クロッカスとハクモクレン

昭和記念公園20100314-2
2月に続いて今年2度目の昭和記念公園。前回黄色いクロッカスが咲いていた場所とは全然違う所で見つけた、真っ白な花と紫に白い筋が入った花のクロッカス

ここは花壇や柵で囲まれた場所ではなく、普通の歩ける場所なので、気がつかずに花を踏んづけてしまうような場所。春の人気者オオイヌノフグリとクロッカスが並んで咲いている
昭和記念公園20100314-3

黄色のクロッカスではそれほど目立たなかった黄色いメシベがよく目立つ
昭和記念公園20100314-4
こうやって間近かで見ると、かわいいクロッカスのイメージよりも、ちょっと派手な熱帯植物っぽい感じにも
クロッカスはアヤメ科で原産地は地中海沿岸から西南アジア。高温多湿は苦手らしいので熱帯植物ではないんだけどね

これは白い筋がない淡い紫色の花。逆光で撮ると天気がいいので輝いて見える
昭和記念公園20100314-8

ちょっとローアングルで
昭和記念公園20100314-7
地面に半分寝転んで撮ったら、数日前の雨でまだ地面が湿っていたらしく、肘や膝が少し湿ってしまった

すぐそばにはモクレン科のハクモクレン(白木蓮)。花芽が割れてもうすぐ咲きそう
昭和記念公園20100314-1

見上げるとほとんどが花芽の状態でまだあまり咲いていない。それよりも上空の飛行機雲の方が気になる
昭和記念公園20100314-5

飛行機にピントをあわせると、思ったよりもきれいに飛行機が写った。尾翼から2本の飛行機雲ができている様子まで見ることができる。(写真はクリックすると大きくなります
昭和記念公園20100314-6
今回の写真はすべてK−7に100mmのマクロレンズ(D FA マクロ 100mm F2.8 WR)をつけて撮ったもの

この100mmの単焦点望遠マクロレンズ(35mm換算で約150mm)はすごく使い勝手がよかった
花に近寄るとき、少し離れた花を撮るとき、普通の景色を撮るときなど、私が撮る写真のすべての場面で使えるレンズだということがわかった

(撮影 2010年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ