ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

クロコスミア

昭和記念公園 スカシユリ

昭和記念公園で咲き始めた夏の花。

まずはノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。つる性の植物。
昭和記念公園201706
ノウゼンカズラは漢字で凌霄花と書く。つるが木にまとわり付いて天空(霄)を
しのぐ(凌)ほど高く登ることからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201706
なんとなく南国ムードを感じる花。

花木園の菖蒲田となりでたくさん咲いているスイレン、スイレン科。
昭和記念公園201706
回りで咲いている花菖蒲は見頃を過ぎた状態。でも遠目で見る分にはまだきれい。
昭和記念公園201706

クロコスミア、アヤメ科。別名モントブレチア、ヒメヒオウギスイセン。
昭和記念公園201706
南アメリカ原産。鮮やかなオレンジ色が目立つ花。
昭和記念公園201706
花が咲く前の蕾が並んだ姿も面白い。

そしてこのさざなみ広場南西花壇周辺は、これから真夏にかけて次々とユリが
咲き始めるエリア。
昭和記念公園201706
まずはスカシユリ(透百合)、ユリ科。
昭和記念公園201706
スカシユリは花びらが重ならず隙間があることからついた名前。
昭和記念公園201706
黄色だけでなくオレンジ色のスカシユリも咲いている。
昭和記念公園201706
最初に黄色が咲いて、次にオレンジ色が咲き始めるのは高幡不動尊弁天池周辺と
順番が同じだ。
昭和記念公園201706
ユリがたくさん咲いている様子は涼やかな夏の高原のイメージ。
次はカサブランカなどオリエンタルハブリッド系のユリが咲き始める。

昭和記念公園(Vol.216)
(撮影 2017年6月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 夏の花々が咲き始めた

6月の昭和記念公園、あじさい以外に夏の花が咲き始めていた。

キキョウ。キキョウ科。秋の七草なんだけど、初夏の頃から咲き始める花。
昭和記念公園201606-1
明るい紫以外に白い花も咲いていた。

ノウゼンカズラ(凌霄花)、ノウゼンカズラ科。木にまとわりついて天高く登ることからついた名前。
昭和記念公園201606-2
この写真では、そんな名前の由来を全然実感できない・・・(笑)

クロコスミア、アヤメ科。ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)やモントブレチアとも呼ばれる。
昭和記念公園201606-3
緑の葉に鮮やかなオレンジ色が目立つ、この時期はよく見かける花。

ダイヤーズカモミール、キク科。
昭和記念公園201606-4

ネムノキ(合歓の木)、マメ科。
昭和記念公園201606-5
葉が夜になると閉じる。それがまるで眠るようなので「眠りの木」が「ねむの木」になったそうだ。
昭和記念公園201606-12
花はマメ科っぽくないが、実がサヤエンドウに似ていてマメ科であることがわかる。

ナツツバキ(夏椿)、ツバキ科。
昭和記念公園201606-6
沙羅の木とも呼ばれる。花の形が椿に似ていて夏に咲くから夏椿。
昭和記念公園201606-7
お寺によく植えられ、高幡不動尊でも大日堂の横に植わっている。

ユリがたくさん植えらているところ。
昭和記念公園201606-8
この日はまだこれからだったけど、いまではもうかなり咲いていることだろう。
昭和記念公園201606-9
夏はユリの季節でもあるから、次にここを訪れるのが楽しみ。

毎年恒例の100株、100品種のハス鉢展示。
ちゃんと品種名が書かれているが皆すごく難しい名前。
昭和記念公園201606-10
玄武湖紅蓮 (げんぶここうれん)
昭和記念公園201606-11
紅舞妃蓮 (こうまいひれん)
昭和記念公園201606-13
小寿星(しょうじゅせい)

ハスの花って癒されるいい色していると思う。

 昭和記念公園(Vol.171)
(撮影 2016年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園(2014年7月)ハスの花

7月最初の週末の昭和記念公園。前回はユリだったが今回はハスの花。

 まずは花木園菖蒲田の蓮。
 昭和記念公園201407-21

すぐそばにはミソハギ、ミソハギ科が咲いているが毎年の光景。
昭和記念公園201407-29

ハーブ園のフロックス、ハナシノブ科。
昭和記念公園201407-4
花の香りが花魁の白い粉の香りに似ていることから、別名花魁草(おいらんそう)とも呼ばれる。
匂いを嗅いでこなかった(汗)

クロコスミア又はモントブレチア、アヤメ科。別名「姫檜扇水仙」(ひめひおうぎずいせん)。
昭和記念公園201407-3
きれいな花だけど、繁殖力が旺盛すぎて条例により栽培や持ち込みが禁止されている県があるそうだ。

カライトソウ(唐糸草)、バラ科。これがバラ科・・・
昭和記念公園201407-6
外国(唐)からきた糸のように美しいことからついた名前だそうだが、日本特産(笑)


ハンゲショウ(半夏生・半化粧)、ドクダミ科。
昭和記念公園201407-8
初めてこの花を見たときは、誰かが草にペンキをこぼしたのかと思った。

ソバナ、キキョウ科。とモンシロチョウ。
昭和記念公園201407-7
姫沙参 (ひめしゃじん)や釣鐘人参(つりがねにんじん)、岩沙参 (いわしゃじん)など、
こういう紫色で釣鐘型の花はいくつかあるが、みんなキキョウ科。

さざなみ広場でハスの展示がされていた。東京大学より提供された由緒ある園芸品種100種類。
昭和記念公園201407-23
碧血丹心(へきけつたんしん)、割とオーソドックスなハス。

ここからは、ちょっと変わった品種を。
昭和記念公園201407-24
素白蓮(そはくれん)。
 
 昭和記念公園201407-22
天嬌(てんきょう)、こんな八重咲きのハスがあるんだね。

昭和記念公園201407-26
重台蓮(ちょうたいれん)、ハスというよりダリアの花にも見える。

昭和記念公園201407-25
秋水長天(しゅうすいちょうてん)、これも独特なハスだね。

昭和記念公園201407-27
鉢植えなので、目一杯近寄って撮ることができるのが楽しい。

昭和記念公園201407-28
夏の水辺。ハスの花の背景にボートが見える風景って珍らしいかも(笑)

 昭和記念公園(Vol.116)
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ