ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ギンナン

昭和記念公園(2015年8月)夏の花

お盆の週末の昭和記念公園の様子。

キキョウ(桔梗)、キキョウ科。秋の七草の1つだけど、咲くのは初夏から真夏。
昭和記念公園201508-1
 ここでは白いキキョウも咲いていたんだけど、すでに枯れかけてしまっていて写真はなし。

ランタナ、クマツヅラ科。花の色が微妙に変わることから七変化とも呼ばれる。
昭和記念公園201508-2
名前の通り、ランタナにはいろいろな色の花があるが、この色が一番落ち着いていて好きかな。

いま見頃のサルスベリ、ミソハギ科。百日紅と書くのは、百日間、紅色の花を咲かせることから。
昭和記念公園201508-4
確かにサルスベリの花期はかなり長く、百日はあながちウソではない。

この花は、千日紅、ヒユ科。百日のサルスベリに対応して、こちらは千日。
昭和記念公園201508-8
でも、千日って約3年だから、どれが昨年の花で、どれが今年の花なのか
わらかなくなるってことだよね。いくらなんで、そこまで花木は長くない(笑)

夏を代表する花、ユリ。その中でもかわいい感じなのが、このカノコユリ。
昭和記念公園201508-6
こちらは、高幡不動尊の弁天池でも咲いていた、タカサゴユリ。 
昭和記念公園201508-7
 
ヒマラヤスギ、マツ科の実。
昭和記念公園201508-5
ヒマラヤスギは名前にスギが付くけどマツ科なので、でかい松ぼっくりだね。

イチョウ並木を見上げてみると、ギンナンの準備中。
昭和記念公園201508-3
 
昭和記念公園201508-9
サギソウまつり。 
昭和記念公園201508-10
8月後半になって、気温が低い雨の日が続いたけど、サギソウの花は大丈夫なんだろうか。
今度の週末、晴れたら昭和記念公園に行って確認したいね。

 昭和記念公園(Vol.138)
(撮影 2015年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園(2013年10月)花の丘のコスモス

10月の3連休は昭和記念公園の3ヶ所のコスモス畑が同時に見頃になっていた。

前回はみんなの原っぱ東花畑のイエロー系コスモスは。今回は花の丘と西花畑の様子。
昭和記念公園201310-3
毎年この時期恒例の光景だけど、変わらず今年もすごい人。
昭和記念公園201310-8
  この3連休はいい天気だった。
昭和記念公園201310-7
一面のコスモス、まさに花の丘。
昭和記念公園201310-6
コスモスって何故か裏側から撮りたくなる(笑)。
昭和記念公園201310-5
ホームページを見ると10月24日現在で、この花の丘のコスモスは見頃のピークを越えたようだ。 

花の丘側のサクラが数輪咲いていた。
昭和記念公園201310-4
 狂い咲きなのか、それともこの時期に咲く10月桜(冬桜)なのか。でも、この時期に咲く桜ならばもっと咲くはずだよね。
 
こちらはみんなの原っぱ西花畑の様子。奥に見えるのは原っぱのシンボルけやき。
昭和記念公園201310-9
 ここのコスモスは全体として見頃を過ぎ、10月31日に刈り込みをするそうだ。

 みんなの原っぱの回りで秋に咲くシオン。
昭和記念公園201310-1
シオン(紫苑)、キク科。春に咲く春紫苑より背丈が大きく花も多い。
昭和記念公園201310-2

昭和記念公園の秋の見所はコスモスの次はイチョウ並木の黄葉。
これは立川口カナール横のイチョウ並木。
昭和記念公園201310-12
こちらは運動広場横のイチョウ並木。いい雰囲気になってきている。
昭和記念公園201310-11
黄葉はまだ先だけど、ギンナンが一杯(これは10月の3連休撮影)。
昭和記念公園201310-10
この時は拾っている人は誰もいなかった。拾い始めたらコンビニ袋ぐらはすぐに一杯になるだろうね。
昭和記念公園201310-13
この週末の台風27号の雨でもうギンナンは終わりだろう。
それほど風は強くなかったのでイチョウの葉は飛ばされてはいないだろうね。

 昭和記念公園(Vol.98)
(撮影 2013年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

昭和記念公園(2013年6月)時計草

昭和記念公園の花木園菖蒲田に前回訪れたのは6月最初の週末。この時はまだ少し早かった。

今回は6/15(土)に訪れた時の花菖蒲の様子。
昭和記念公園201306-4
前回よりはたくさん咲いているものの、終わってしまった花がかなりある・・・
昭和記念公園201306-5
枯れた花があまり気にならない場所もあるんだけど、いい時期を逃した感が強い、残念。

気を取り直して、もう1ヶ所花菖蒲を見ることができる日本庭園に向かう。う〜ん、ここもいまひとつだった。
昭和記念公園201306-10

その代わりというわけではないが、アジサイが見頃になっている(笑)。
昭和記念公園201306-11

花木園菖蒲田すぐ横の白いアジサイ、アナベルもかなり白くなってきた。
昭和記念公園201306-6
残念ながらこの日は曇で白く輝く姿は撮ることができない。

この時期お馴染みのトケイソウ(時計草)、トケイソウ科。
昭和記念公園201306-9
この日は違う品種のトケイソウも咲いていた。
昭和記念公園201306-7
このトケイソウの蕾はこんな感じ。この蕾からあの花が咲くのはちょっと不思議。
昭和記念公園201306-8
トケイソウは栽培品種も多く500種とも言われている。
英名はpassion flower(パッションフラワー)。このpassionは「情熱」ではなく「受難」で、「キリストの受難の花」という意味。十字架にはりつけられたキリストをイメージしたものなんだそうだ。そう見るか・・・

ふれあい広場に飾られた1000本のかざぐるま。
昭和記念公園201306-3
これだけ見ると意味がわからないけど、梅雨時なので雨でも楽しめるイベントが開催されていて、この企画もその1つかな。
昭和記念公園201306-2
企画とは6月15日から7月7日まで開催されている「幸せの青い花をさがしに」というもの。
青いアジサイを見ながら花木園ロードとふれあい広場ロードの2つのアジサイロードを散策するのはいいかもしれない。

立川口カナール横のイチョウ並木にはもう銀杏がなっていた。
昭和記念公園201306-1
この銀杏はこの状態でこれから真夏の炎天下を過ごし、台風の風雨にも耐え、あたりがひんやり涼しくなってから落ちてくる。その道程はながい(笑)

昭和記念公園(Vol.89)
(撮影 2013年6月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年11月)コスモスとイチョウ並木の様子

11月3日(文化の日)の昭和記念公園の様子。

イチョウ並木がきれいに輝く時期にはちょっと早いがとりあえず行ってみることにした。
昭和記念公園201211-1
あけぼの口から立川口につながるイチョウが思ったよりもきれいに色づいていて、ちょっと期待

立川口のイチョウ並木の色づきはこんな感じで、やっぱり少し早い。
昭和記念公園201211-2
立川口は2本のイチョウ並木が並んでいる。陽当たりが違うからだろうか反対側の色づきは下のようにまだほんの少し。
昭和記念公園201211-12
見上げるとギンナンがまだたくさん残っている。
昭和記念公園201211-3
だから下はギンナンが踏みつぶされて、アラアラの状態・・・・もちろんあの匂いも(汗)
昭和記念公園201211-13

みんなの原っぱはシートをひろげて座っている人がたくさん。もう日射しが強くないから夏と違って中央の大きなケヤキの日陰に人が集まることはない。
昭和記念公園201211-4

みんなの原っぱ東花畑のサンセットイエロー。酸っぱくなるような色が一面に広がっている。
昭和記念公園201211-5

花の丘のコスモスは前回来た時よりも全然きれいでピンク色がすごく濃い。
昭和記念公園201211-6
秋の青空との対比がすごくきれいだった。
昭和記念公園201211-7
特に設定は変えてないんだけど少しコントラストが強めだね。
前回も見頃だった。でもこの日はさらに見頃、いい時に来た。
昭和記念公園201211-8
明るめに撮るとちょっとだけメルヘンの世界。
昭和記念公園201211-9
見頃の割にはそれほど人が多くなかった。

昭島口近く、うんどう広場横のイチョウ並木は一番色づきが遅れていてまだこんな感じ。
昭和記念公園201211-10
ここは来週でもまだちょっと早いかな。色づきが少ないから、このイチョウ並木を歩く人がすごく少ない。
昭和記念公園201211-11
次はいつ行けるだろうか、イチョウ並木が輝く頃に行きたいね。

 昭和記念公園(Vol.73)
(撮影 2012年11月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年9月)彼岸花

9月最後の週末の昭和記念公園。
この日9月29日から10月28日まで全国都市緑化フェアTOKYOが開催されている。
昭和記念公園201209-1
地元立川市のアーティスト田中梅夫氏の廃材を利用した「ジャンクアート」。

立川口のイチョウ並木。色づくにはまだ早いが独特なあの匂いが・・・
昭和記念公園201209-2
もうギンナンが落ちはじめている。
昭和記念公園201209-3
上を見上げると、たくさん実っている。これからどんどん落ちてくるだろう。
昭和記念公園201209-4
イチョウ並木からちょっと先、ふれあいの橋たもとのイチョウの木の下はこんなに落ちている。
昭和記念公園201209-5
この時はギンナンを拾っている人は見かけなかった。

この日の昭和記念公園は彼岸花が見頃。
昭和記念公園201209-9
ここは初春は日本水仙、夏は夏水仙、そしてお彼岸のこの時期は彼岸花が咲く場所。全部ヒガンバナ科の花。
昭和記念公園201209-7
翌日は台風接近が予想されているので、この日が最後のチャンスかもしれない。
昭和記念公園201209-6
この場所を広く撮るのを忘れたので下の2枚はiPhoneのパノラマ写真。
昭和記念公園201209-8
画面に表示されるガイドに従って、ぐるっとスライドさせるだけでパノラマ写真が撮れる。
昭和記念公園201209-12
ちょっとわかりづらいけど、ここはそれほど広い場所ではない。

みんなの原っぱに向かう途中にはヤブランと一緒に咲いていた。
昭和記念公園201209-10
この時はちょっと雲ってしまったが、わりといい天気。
昭和記念公園201209-13
チューリップがきれいに咲く渓流広場でも彼岸花がひっそりと咲いている。
昭和記念公園201209-11
木陰に密集してたくさん咲いている彼岸花はちょっと不気味。でもこんな感じで咲いているのはお彼岸らしくていい。
昭和記念公園201209-14
秋の昭和記念公園と言えば、次はコスモス。
この日は原っぱ西花畑と東花畑が3〜5分咲き。花の丘はまだこれからという開花状況だった。
コスモスの様子はまた別記事で。

昭和記念公園(Vol.70)
(撮影 2012年9月29日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年9月)パンパスグラス

昭和記念公園201209-6
この黄色い小さな花の集まりは、秋の七草の1つオミナエシ(女郎花)、オミナエシ科。
昭和記念公園201209-5
「おみな」は「女」、「えし」は「へし(圧)」の意味で、美女を圧倒する美しさから付けられたそうだ。

ハーブ園ではちょっと小ぶりのヒマワリがまだきれいに咲いていた。
昭和記念公園201209-3
8月最初に行った時に咲いていたサギソウ(鷺草)もまだ飛んでいる。
昭和記念公園201209-4
なんだかここの花は8月がまだ続いてるかのような錯覚

今年は少し咲くのが遅れた、サルスベリ(百日紅)。
昭和記念公園201209-1
昭和記念公園にはサルスベリの大きな木が結構たくさんある。

秋といえば、ギンナン(銀杏)。まだ葉は緑色だけどしっかり成っている。
昭和記念公園201209-2

昭和記念公園には秋の見所がたくさんあるが、その1つがこのパンパスグラス、イネ科。
昭和記念公園201209-7
シロガネヨシという和名があるけど原産地は南米大陸の草原地帯(パンパ)。大型のススキで人と比べるとその背の高さがわかると思う。
昭和記念公園201209-9
シロガネヨシと言われるだけあって、穂が白銀に輝く。
昭和記念公園201209-8
この穂は秋が見頃だけど、これから長く楽しめる。
昭和記念公園201209-10

運動の秋になると、ここ昭和記念公園ではいろいろな大会が開かれる。昭和記念公園201209-11
この日開催されていたオールキッズトライアスロン大会。小学1年生から中学3年生までの大会。ホームページを見ると、競技距離は
 小学1〜3年生の部 スイム100m、バイク5km、ラン1km。
 小学4〜6年生の部 スイム150m、バイク10km、ラン2km。
 中学生の部      スイム200m、バイク15km、ラン3km。
中学校3年生男子のトップはこのレースを40分でゴールするそうだ。
レースを走っている姿がちょっとだけ見えたが、淡々と走る子ども達に対して怒号のような父兄の応援のかけ声がすごく対象的に感じた

昭和記念公園(Vol.69)
(撮影 2012年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(09/04)境内のサンゴ

気がつけば、もう9月。今年も残すところあと4ヶ月・・・いきなりちょっと嫌な書き始め(^^;)

特に行事がない週末、台風の影響でたまにパラパラと雨が降ることもあって境内の人は少なめ。
高幡不動201109-7
五重塔の防護用ネットが少し外されているのは台風の風を警戒してだろうか。

高幡不動201109-6
散歩道の浅川もこのところの雨で濁った水が少し多め。
雲が気になって、浅川にかかる万願寺歩道橋(通称 ふれあい橋)から空を見る。
高幡不動201109-5
この写真を撮った時、西日本を中心に記録的な豪雨と大きな被害をもたらしたノロノロ台風12号は山陰沖にあった

境内にある大きなイチョウの木の下にたくさんのギンナンが落ちていた。まだしっかり熟していないので、あの独特の匂いはない。
高幡不動201109-8
熟して落ちたのではなく、台風の風で落ちてしまったのだろう。こんなにたくさん落ちてしまって大丈夫だろうかと、上を見上げると、まだたくさんのギンナンがあって一安心。
高幡不動201109-11

このイチョウの木の根元にはフユサンゴ(冬珊瑚)がある。フユサンゴはナス科で、実の色がだんだん変わっていく。
高幡不動201109-9
同じくこの根元には誰かが置いたダルマ(達磨)さんが描かれた石が
高幡不動201109-10
そばで咲いているのはヤブラン(薮蘭)、ユリ科。
高幡不動201109-1
この時期は境内や山の中のいろいろなところで見かける花、日陰に咲いていることが多く、ちょっと撮りづらい。

以前も写真をアップしたサンゴジュ(珊瑚樹)、スイカズラ科の実。さらに赤さが増したようだ。
高幡不動201109-4

これはヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)、ヤマゴボウ科。
高幡不動201109-12
ブドウみたいな実も含めて全体が有毒らしい。ちなみに食用(山菜)のヤマゴボウはキク科で別種。

なんだか実りの秋近しという写真が続いたけど、ここでいきなりツユクサ(露草)、ツユクサ科。
高幡不動201109-2
ツユクサは漢字の通り、朝露のイメージからついた露であり、雨の時期の梅雨ではない。だから夏の終わりのこの時期でもいろいろなところでよく見かける。

弁天池のヒオウギ(檜扇)。リクエストいただいたので全体を撮ったところ。葉の並び方が宮中で用いられた木製の扇(ヒノキの薄い板をとじあわせた扇)の形に似ているからついた名前だそうだ
高幡不動201109-13
葉と花の間が微妙に離れていて、全体を撮ると間延びがしてしまい難しい

高幡不動201109-3
シュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科。まだ咲いているのは数少ないけど、この花が咲き始めると弁天池にも秋が来たなぁと感じる。

今週の高幡不動Vol.180
(撮影 2011年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(2011年8月)サギソウ

夏の昭和記念公園の主役はやはりひまわり。でもこの小さなサギソウも昭和記念公園の隠れた夏の主役。
昭和記念公園201108-11
8月の昭和記念公園ではサギソウボランティアの方が中心となった「サギソウまつり」が開催されていて、花壇の展示、サギソウ鉢の貸し出し、栽培方法の解説などがされている。

昭和記念公園201108-7
スイレンが咲いているこの水辺はトンボの湿地。ここではサギソウが自然に近い状態で咲いているのを見ることができる。なんていいながら、いい写真が撮れておらず、下の写真はまた別の場所。でもこんな感じ
昭和記念公園201108-10
こうやって撮ると小さなサギがたくさん飛んでいるようだ。
昭和記念公園201108-12
サギソウ(鷺草)はラン科。名前の通りサギが羽根を広げて飛んでいるような形の花。

小さくて真っ白な花はどうしても白が飛び気味に写るので、スポット測光にしてさらにアンダー気味に撮ってみたら、なんだかあばら骨が浮き出た変な感じになって失敗
昭和記念公園201108-1
これがサギソウの後ろ姿(?)。ちょっと面白い。
昭和記念公園201108-8
昭和記念公園らしく、こういう演出もされている。
昭和記念公園201108-9
でも園芸品種の花と違って、サギソウはできるだけ自然に近い姿がいい。

いつものようにハーブ園に行ってみるとトウガラシが赤くてすごく鮮やか。
昭和記念公園201108-2
まだ暑いときだけど、この鮮明な赤が逆に気持ちよい

オミナエシ(女郎花)、オミナエシ科。秋の七草の1つ。
昭和記念公園201108-5
そういえば、いま話題のナデシコも秋の七草。でも写真がない
昭和記念公園201108-4
シジミ蝶がいいアクセントになってくれた。小さくて黄色い花も写真が撮りづらい。

こちらはモンキチョウ。キバナコスモス、キク科にとまっている。
昭和記念公園201108-3
モンキチョウがとまってくれているおかげで、このキバナコスモスのオレンジ色加減がよくわかる。

みんなの原っぱ東側のコスモス畑はまだ準備中
昭和記念公園201108-6
そして立川口のイチョウ並木も同じようにまだ秋にむけての準備中。
昭和記念公園201108-13
なんだかこの状態のギンナンはホワホワと柔らかで美味しそうなお菓子に見えるなぁなんて思いながら写真を撮った。
朝から浅川河川敷・高幡不動を散歩してモノレールで昭和記念公園に来た。園内を小回りで1周して昼を過ぎた時間、ちょうどお腹が減ってきた頃だったからかな

昭和記念公園(Vol.40)
(撮影 2011年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

夏の実り

実りといえば、やはり実りの秋。でも夏から実っている花木は結構ある。地味な写真が多いけど、とりあえず夏の実り。

今年の話題の緑のカーテン、ゴーヤ
すみません。コメントでご指摘ありましたように、これはどうみてもゴーヤではないですね(^^;)
実りの夏201107ーゴーヤ
これは昭和記念公園の緑のカーテン。しっかりカーテンになっている。
実りの夏201107ーゴーヤ
でも、この規模を自宅でやったら手入れや後始末が大変だろうなぁ。

5月に花が咲き、早くも実をつけているフジ。
実りの夏201107ーふじ
高幡不動尊の藤棚にて。

初夏の果物の1つビワ、バラ科。
実りの夏201107ービワ
「桃栗3年柿8年枇杷(は早くて)13年」とか「枇杷は9年でなりかねる」という言葉があるそうだ

トチノキ科、トチノキの実。マロニエと呼ばれるのは近縁種のセイヨウトチノキ。これが熟すと割れて中から種子が出てくるそうだ。
実りの夏201107ートチノキ
トチノキは漢字で書くと栃の木。もちろん栃木県の県の木に指定されている。

スズカケノキ科のスズカケノキ(鈴掛の木)。名前だけ見るとスズカケという木があるような名前。実が鈴に似ていることからついた名前だそうだが、似ているかな。
実りの夏201107ースズカケノキ
プラタナスとも呼ばれる。モミジのような葉っぱが紅葉すると秋の風景になる

イイギリ科のイイギリ(飯桐)。このハート型した大きな葉っぱでおにぎりを包んだことから「飯」の名がついたそうだ。
実りの夏201107ーイイギリ
この実がナンテンに似るのでナンテンギリ(南天桐)とも呼ばれる。

バラ科のカリン。花もきれいなのでこのブログでも何度かアップした。
実りの夏201107ーカリン
カリン酒の原料となり、セキやタンなど喉の炎症に効くとされ、中央高速のサービスエリアなんかで冬に売っていたりする。

ニワウメ(庭梅)、これもバラ科。花は少し前にブログでアップした。
実りの夏201107ーニワウメ
花が梅に似ているからついた名前だそうだが、実はサクランボに似ているね

この実は椿の実?山茶花の実?
実りの夏201107ーつばき
椿油がとれるだけあって、実もつやつやしている

秋まで待とう栗の実。
実りの夏201107ーくり
でも、この緑のイガも触ると痛い

これも秋まで待とうギンナン。
実りの夏201107ーギンナン

昭和記念公園の立川口のイチョウ並木のそばにある銀杏茶屋。
実りの夏201107ー銀杏茶屋
ここで休憩してギンナン茶を飲んだ。でも特にギンナンという味はよくわからなかった・・・

これは何?
実りの夏201107ーなに?
だれかが大根をぶら下げているのかと思ったよ
(追記)これはウリ科のユウガオだそうです。apricotさんありがとうございます
丸ユウガオがカンピョウの材料になりますが、これは食用にする長ユウガオではないかと思います。

(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動Vol.139(10/16)ホトトギスが咲いた

穏やかで秋らしい晴れ間の週末。高幡不動尊の境内には、いつもより多くの参拝者の姿、そのためか香炉からの煙もたくさん
高幡不動尊20101016-10
不動堂の右手には菊祭りの準備。そして七五三参りの着物を着た子供の姿も

先週はほとんど落ちていなかったが、この日はたくさんのギンナンが落ちていた。もちろんその匂いもかなりのもの・・・
高幡不動尊20101016-9

こちらも菊祭りの準備が進んでいる。2010年も高幡不動尊の菊祭りは10月のお不動さんの日(10/28)からはじまる
高幡不動尊20101016-8

この背の高いイチョウの木は紅葉するときれいだけどギンナンはならないので雄株ってことかな。
高幡不動尊20101016-7

モミジの紅葉はまだまだ。でも撮り方によってはちょっと紅葉っぽい感じになる。
高幡不動尊20101016-6
五重塔の周辺もちょっと紅葉の時期らしく見えるよね
高幡不動尊20101016-5
でも、高幡不動尊の紅葉はまだ先。ちなみに毎年「菊まつり」の後、引き続いて「もみじまつり」が開催される。

七五三参りにハッカパイプかな、かわいいなぁ
高幡不動尊20101016-4
子供の頃、夜店でよく買ってもらった。美味しいからどんどん吸い込むとすぐに終わってしまって、あとはひたすらその余韻を楽しむ

先日蕾だったホトトギスが咲いた、でもまだ咲き始めかな。
高幡不動尊20101016-3
しかし変わった花だよね。毎年同じこと言っている
高幡不動尊20101016-2
ホトトギスはユリ科。花の斑点が、鳥のホトトギスの胸にある模様と似ているからつけられた名前だそうだ。ホトトギスと聞くとやっぱり鳥の方が先に頭に浮かぶよね。

ホトトギスより一ヶ月早く咲き始めていたシュウメイギク(秋明菊)はいま真っ盛り
高幡不動尊20101016-1
なんだかコスモス畑のような写真になった。でも大きな違いは、ほとんどの花が同じような方向を向いていること。だから撮りやすいし、まとまった感じの写真になる

(撮影 2010年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ