ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

キブシ

今週の高幡不動尊(04/10) 水芭蕉が咲いている

4月10日(日曜日)の高幡不動尊。春はたくさんの花が咲くので今回は同じ日の2回目。

高幡不動尊でも水芭蕉が咲く。
高幡不動尊201604-7
水芭蕉と言えば尾瀬。水のきれいな山の中で咲く花というイメージなので、
初めて高幡不動尊で咲いているのを見つけた時は驚いた。
高幡不動尊201604-6
しかも「夏の思い出」という歌で初夏の花のイメージがあったので、回りにまだ桜が
咲くこの時期に咲いていることも驚きだったが、実際は、春の高山植物なんだそうだ。

季節外れついでにこの光景。秋の紅葉の時期のようだ。
高幡不動尊201604-8
これは葉が新しく出た時から赤く色づいているノムラモミジだと思う。
ノムラモミジの葉は、夏にいったん緑色になり、秋になるとまた赤くなるという1粒で
2度おいしいモミジ。

山の方に入るとこの時期らしい花、スミレが一杯咲いている。
高幡不動尊201604-3
回りに桜の花びらが落ちているのがこの時期らしい。
高幡不動尊201604-4

これはシャガ、アヤメ科。ちょっと早めのような気がする。
高幡不動尊201604-5

これはベニバナトキワマンサク(紅花常磐万作)、マンサク科。
高幡不動尊201604-1
マンサクと言えば、もっと早い時期に咲く普通の(?)マンサクがある。
下の写真は3月に大日堂横で撮ったマンサク。
高幡不動尊201604-12
下の写真は3月の昭和記念公園で撮った色が茶色いマンサク。
高幡不動尊201604-11

このブドウのように咲いているのはキブシ、キブシ科。
高幡不動尊201604-2
ちょっと変わった感じのこの花が木にたくさんぶら下がっている姿はちょっと面白い。

少し前から咲いているシャクナゲ、ツツジ科。
高幡不動尊201604-9
五重塔をバックに。
高幡不動尊201604-10

 今週の高幡不動Vol.393
(撮影 2016年4月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動(03/27)サンシュと河津桜

3月最後の週末なのに天気はいいけど寒い・・・
高幡不動尊201103-11
高幡不動尊の境内は少し参拝の人は増えてきたようだけど、みんなまだ冬の服装。

大日堂前に向かう山門付近は、毎年ソメイヨシノがきれいに咲くが今年はまだこんな感じ
高幡不動尊201103-12
昨年の同じ日2010年3月27日の様子が下の写真、ずいぶん違う。
高幡不動尊201103-1
ソメイヨシノについては昨年に比べて1週間以上遅い気がする。もう忘れてしまっているが、昨年は平年よりも少し早かったんだろうね

昨年の同じ頃の写真を見ていて、咲くのが遅れているのはソメイヨシノだけではないことに気がついた。例えば大日堂前のボケはやっと花が少し咲き始めた状態。こちらもずいぶん違う。
高幡不動尊201103-8
下の写真は昨年の同じ頃の様子。
高幡不動尊201103-2
まあ遅れていると嘆いていても仕方ない。それでも春は確実に近づいているから桜(ソメイヨシノ)もボケもそのうち咲くだろう。

それよりも境内のいろいろなところで花が咲き始めたのでその様子を
高幡不動尊201103-13
これは大日堂前のヒュウガミズキ(日向水木)、マンサク科。

鐘楼下のキブシ(木五倍子)、キブシ科。上のヒュウガミズキも、このキブシも釣り鐘型の小さな花がたくさん連なって咲くタイプ。
高幡不動尊201103-9

奥殿横のミツマタのそばで咲いているスイセン、ヒガンバナ科。
高幡不動尊201103-14

これもミツマタの木のそばでひっそりと咲いているスミレ、スミレ科。
高幡不動尊201103-15
スミレはこうしてひっそりと咲く姿がなぜか似合う。

弁天池の周りで見つけたフキノトウ、キク科。
高幡不動尊201103-10

六地蔵さんそばのアセビ、ツツジ科。
高幡不動尊201103-4
ここのアセビは花びらの先がちょっと薄紫がかっているかわいい色。
高幡不動尊201103-3

五重塔まわりでは春黄金花とも呼ばれるサンシュがきれいに咲いている。
高幡不動尊201103-7
黄色のサンシュとピンク色の河津桜が並んでいてちょっと華やか。
高幡不動尊201103-5
青空とサンシュを背景にした河津桜。陽射しを浴びてちょっと眩しい光景だった
高幡不動尊201103-6
河津桜もだんだん見頃を過ぎてきた。春のバトンを引き継ぐはずのソメイヨシノの開花が待ち遠しい。

ちなみに3月28日(月)に気象庁が東京で桜(ソメイヨシノ)が咲いたという開花宣言があった。これは昨年より6日遅いが、平年並みとのこと。
日本気象協会では、東京の桜の満開予想を平年より2日遅い、4月7日(木)としている
ということは4月9,10日の週末が花曇りや花散らしの雨にならないことを祈らないと

今週の高幡不動Vol.162
(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動Vol.113(03/28)曇天のお不動さんの日

毎月28日は高幡不動尊のご縁日、地元では「お不動さんの日」と呼んでいる月に1度の特別な日

3月は28日が日曜日になったので、楽しみにして散歩の途中で寄ってみたけど、あいにくの曇天で真冬のような1日だった
高幡不動尊20100328-2

お不動さんの日は年末年始の市と店の内容がちょっと違っていて、こんなものを売っているお店もある
高幡不動尊20100328-10

せっかく晴天だったこの前の3連休は忙しくて散歩できなかったので、この週末は2週間ぶりの散策となった

モクセイ科のレンギョウ。
垣根なんかによく使われていたりするので、この時期は黄色の華やかな垣根になる
高幡不動尊20100328-5
さすがにお地蔵さんのそばでは、しっとりとおとなしめに咲いている。

このお地蔵さんの後ろには大きな椿の木がある。お地蔵さんの後ろに赤く見えるのは落ちた椿の花
高幡不動尊20100328-6

このブドウのように咲いているのはキブシ科のキブシ(木五倍子)。ここでも後ろに椿の赤い花が見られる。お不動さんの山内は椿がすごく多い
高幡不動尊20100328-8
キブシは日が差すと光り輝いて見えるので、またいい天気の時にでも
高幡不動尊よりも百草園の方が陽当たりの良い場所にあるんだけどね。

大日堂前のボケの花も見頃になっている
高幡不動尊20100328-4
ボケ(木瓜)は梅や桜と同じバラ科。天気がいいときれいに輝くんだけど、今日はしっとり大人しめに

弁天池の回りではシャクナゲが咲き始めていた。いまの時期はちょっと見ないあいだにどんどん様子が変わってくる
高幡不動尊20100328-9
シャクナゲ(石楠花)はツツジ科。石楠花は花だけを見るとツツジみたいだけど、花の咲き方(つき方)にちょっと特徴がある感じかな。

曇天にしては参道にたくさんの人がいる。やっぱり月に1度の縁日なんだね
高幡不動尊20100328-3
高幡不動尊の桜はこのところの寒さで開花が止まってしまっていたが、大日堂手前にある山門そばの桜の木だけ見頃な感じで咲いている

同じ桜を前の日(3/27)に撮ったのが下の写真
高幡不動尊20100328-1
天気がいいとこんなに違う。春先のこの時期は晴れた日と曇りの日でこんなに違うのかと思うぐらい景色が違う

3月27日お不動さん縁日の前日、土曜日はすごく晴れてきれいな春の日だった、その日の様子を次にご紹介する

(撮影 2010年3月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.74)つりがねの形をした花たち

今回は、以前から少し気になっていた釣り鐘の形をした花の写真
このところの初夏のような陽気のおかげで、4月に撮った写真であっても、なんだかもう季節外れになりそうな感じがする

(下写真左)まずはメギ科のヒイラギナンテン。ヒイラギのような葉をして、実がナンテンににているという、なんだかそのまんまっていう感じの名前常緑で落葉しないが冬には赤くなるとあったが、これは4月最初の頃の写真、すでに赤いんですけど・・・
ヒイラギナンテンアセビ
(上写真右)これは何度か写真をアップしたツツジ科のアセビ。もともとこの釣り鐘の形をした花に関心を持ったのも、この花をドウダンツツジかな?って間違えたのがはじまり

(下写真左)これがツツジ科のドウダンツツジ。花の形はアセビに似ているけど花の付き方がずいぶん違う
ドウダンツツジ-2どうだんつつじ-1
(上写真右)これは同じドウダンツツジを昨年11月頃に撮った写真。ドウダンツツジは春の花、秋の紅葉と1本で2度楽しめるグリコのような美味しい植物

(下写真左)これがツツジ科のブルーベリー。花の形がドウダンツツジよりも少し細長い感じかな、花の付き方がアセビに近い
ブルーベリー-2ブルーベリー-1
(上写真右)これも昨年秋に撮ったブルーベリーの写真。以前はブルーベリーがツツジ科であることを知らなかったが、この紅葉を見ると、なるほど同じ仲間なんだと納得する

(下写真左)これはキブシ科のキブシ(木五倍子)。4月の最初に高幡不動尊の鐘楼の下あたりで撮ったもので、赤い点はたぶん椿の花
きぶし-1きぶし-2
(上写真右)ずらっとたくさんの花が垂れ下がっているのも見応えがあるが、こちらは少しアップ、京王百草園の山の上あたりで撮ったもの。ぶどうのように花がぶら下がって咲いている感じでなかなか面白い

この木の果実を五倍子(ふし)の代わりに染料として利用したことからついた名前で、昔の既婚女性の御歯黒に使われたそうだ
高幡不動尊でこの木についた看板を見たときに「こぶし」だと思ったけど、よ〜くみたら「きぶし」だった。実はこんな名前の木があることをこの時初めて知った

最後が散歩道で見つけた木。赤い色がアクセントになっていて、可愛いような変わっているようなちょっと微妙な感じの花
君は誰?
実はこの木の名前がわからない・・・
この写真がなかなかアップできなかったのは、花の名前がずっとわからなかったからでも、季節外れになってしまうので、わからないままアップしてしまった

この木ですが、葉っぱの感じからツバキ科のヒサカキではないかと思われます(5/4追記)
しまさん、だんだんさん、misaさんから情報をいただきました、ありがとうございます


この週末はコメントへのお返事と皆さんのところに遊びに行くのが遅れます、スイマセン
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ