ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ガクアジサイ

今週の高幡不動尊(06/09)ガクアジサイ 金平糖

2018年6月9日、高幡不動尊のあじさいまつりの様子。

高幡不動尊ではたくさんの種類のアジサイを見ることができるが、かわいいアジサイとしてオススメはこの八重咲きで白い縁取りが特徴の金平糖(コンペイトウ)というガクアジサイ。
高幡不動尊201806
なぜ金平糖という名前がついたのかはわからないが、インターネットで検索すると、静岡県にある加茂花菖蒲園で栽培されている、紫式部という品種と八重咲き品種とを交配・作出されたオリジナルのアジサイだそうだ。
高幡不動尊201806
咲いている場所は藤棚の横、山内経之供養塔の前。

6日に関東甲信地方が梅雨入りしたが、この日(9日)はいい天気になった。
高幡不動尊201806
しかも気温は東京で32℃となり、今年はじめての猛暑日となった。

高幡不動尊201806
夏の花、アガパンサス、ユリ科はまだ蕾。猛暑日になるのがちょっと早過ぎると困っているかもしれない。

西洋アジサイとガクアジサイが壁のように咲く四季の道入口。もう見頃になっている。
高幡不動尊201806
手前右側の人は奥の方で咲いている紅色の西洋アジサイ(下写真)の写真を撮っている。
高幡不動尊201806
高幡不動尊は青系のアジサイが圧倒的に多く、特に紅色の西洋アジサイは非常に少ない。

ブログにアップしているアジサイも青系が多い。
高幡不動尊201806
上写真の西洋アジサイも下写真のガクアジサイも見頃となっている。
高幡不動尊201806

ここは四季の道の奥の方。
高幡不動尊201806

弘法大師像前の西洋アジサイ。
高幡不動尊201806
弘法大師もゆっくりアジサイ鑑賞していることでしょう。

毎週撮っている大日堂前の墨田の花火(スミダノハナビ)。
高幡不動尊201806
中央部分の花も咲いている。
高幡不動尊201806

これも高幡不動尊では珍しい紅色のガクアジサイ。紅色の西洋アジサイよりは多いけどやはり少ない。
高幡不動尊201806

高幡不動尊にあじさいを見に来た人達。
高幡不動尊201806
ここから見た写真はいままで撮ってことがなかったかもしれない。ちょっと新鮮。

今週の高幡不動Vol.487
(撮影 2018年6月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(06/03)あじさいまつりが始まった

6月1日(金)から高幡不動尊のあじさいまつりが始まった。
すでにたくさんのあじさいが見頃になっている。

これは藤棚そばで咲いているガクアジサイ ダンスパーティー。
高幡不動尊201806
名前はわからないけど、これも同じ場所で咲いている、ガクアジサイ。
高幡不動尊201806

大日堂前のスミダノハナビ(墨田の花火)。
高幡不動尊201806
よく見ると少し剪定されたようで若干小さくなっている。

山アジサイ紅。先に咲いた左側の花はかなり紅色が濃くなっている。その次は右上、そして下の順で咲いたのだろう紅色の濃さが違う。
高幡不動尊201806

山内のお地蔵さん(弘法大師)の周りの西洋アジサイもかなり咲き始めた。
高幡不動尊201806

背の高い西洋アジサイとガクアジサイが壁にように咲く四季の道入口付近。毎年定点観測している場所。
高幡不動尊201806
だんだんと咲き始めているのがわかる。
下は四季の道の奥の方。このあたりはまだこれからかな。
高幡不動尊201806

四季の道で咲くガクアジサイ。装飾花(ガク)は咲いているけど、中央の本物の花はまだつぼみ。
高幡不動尊201806
四季の道の入口付近の西洋アジサイはかなり咲いて来ている。
高幡不動尊201806
四季の道の入口付近に咲いている高幡不動尊では珍しい紅色系の西洋アジサイ。
高幡不動尊201806

あじさいまつりが始まった最初の週末はいい天気に恵まれて、かなりたくさんの人が来ていた。
高幡不動尊201806
天気予報では週の半ばに雨が降り、そのタイミングで梅雨入りするのではないかとのこと。
雨が似合うアジサイだけど、写真はいい天気の日に撮りたいね。

今週の高幡不動Vol.485
(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

高幡不動尊のあじさい(2010年6月)

あじさい201006-7
スポットライトが当たったような、山アジサイ桃花。引き続き、高幡不動尊の第27回あじさいまつりの様子

藍色がひときわ美しい、山アジサイ藍姫。きっとこの色で付けられた名前だよね。
あじさい201006-1

何度か写真をアップしている紅色代表、山アジサイ紅。もう少したつと、さらに濃い紅色になるので、いいタイミングで写真が撮れればいいんだけど
あじさい201006-6

シチダンカ。江戸時代に装飾花(ガク)が八重になるものを「七段花」と呼んでいたそうだ。
あじさい201006-3
同じシチダンカでも少し色が違う。同じ花でも色が変わっていくそうだ。
あじさい201006-4
この花は江戸時代以後、実在が確認できなくなっていたので「幻のアジサイ」と呼ばれていたが、昭和になってから六甲山で見つかり、いまでは比較的ポピュラーになっているアジサイなんだそうだ

この山アジサイは装飾花(ガク)の中心も花が開いているように見える。中央部分のたくさんの小さな花はわかるけど、装飾花の中心の丸いのも花なのか?
あじさい201006-5
たくさんアジサイの写真を撮っているけど、このアジサイの花の植物学的なことはほとんど知らない。スミマセン・・・

アジサイが咲いている上の方を見上げると色づいているカエデ(野村楓?)が陽に当たってきれいに見えた
アジサイばかりで続いたのでちょっと目の箸休め
あじさい201006-2
今回の写真はすべて100mmの単焦点マクロレンズ(PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR)で撮っている。マクロレンズというと花をクローズアップするために使うレンズと思ってしまうけど、当然この上下の写真のように普通の望遠レンズとしても使える

まあ思った通りのものがしっかり撮れれば、別にどうでもいいことなんだけど、ズームレンズと違って自分が動かないといけないので、花のクローズアップ以外はちょっと大変

ガクアジサイ(額紫陽花)、この花はかなり背が高いところで咲いていた。
あじさい201006-8
これもガクアジサイ、色がかなり濃いね。
あじさい201006-9
勝手に山アジサイとかガクアジサイ(額アジサイ)とか書いているけど、実はガクアジサイと山アジサイの区別がわかっていない(だからここは聞かないで

最後に西洋アジサイ
あじさい201006-10
この時点で高幡不動尊の西洋アジサイは全体的にまだ少し早めって感じだけど、中には、しっかり色づいて見頃になっている花もある。

これはいち早く見頃になっているアジサイが多い弁天池まわりの西洋アジサイ。
あじさい201006-11
調べて見るとアジサイは半日陰を好み、午前中に日があたり、午後は日陰になる場所が最適とのことだが、まさに弁天池まわりはこの条件と一致する

今回は梅雨入り直前の週末の様子。その後、雨も降っているので、そろそろ他の西洋アジサイもこんな感じになるかな

高幡不動尊のあじさいまつりは7月7日まで。

(撮影 2010年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち