ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

カナール

昭和記念公園 晩秋のイチョウ並木

昭和記念公園のイチョウ並木もそろそろ終わり。
日が沈む30分ぐらい前の立川口カナールのイチョウ並木の様子。
昭和記念公園201711
噴水の左側のイチョウはかなり葉が落ちてしまっている。

噴水の右側のイチョウはまだ葉が比較的残っている。
昭和記念公園201711
同じ側のイチョウも噴水の方から見るとさらに葉が残っているように見えるのが面白い。たぶんこれは陽が射しているので、葉が落ちた枝があっても、その奥の葉が見えるので残っているように見えるのだろう。
昭和記念公園201711
水面に映ったイチョウ。水面に落ち葉が浮いてしまっているのがちょっと残念かな(笑)
昭和記念公園201711

秋の最後を飾るように傾いた陽射しに輝くイチョウ。
昭和記念公園201711

昭和記念公園201711

再び反対側のイチョウ並木。
昭和記念公園201711
イチョウ並木の手前右側に赤く色づいたカエデが見えている。
昭和記念公園201711
カエデはイチョウよりも色づきが遅いためか、まだ緑色が残っている。
昭和記念公園201711
イチョウ並木の黄葉もいいけど、やっぱりカエデの紅葉もいいなぁ(笑)

昭和記念公園(Vol.243)
(撮影 2017年11月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 立川口カナールイチョウ並木の黄葉

今年最後の3連休最終日の昭和記念公園の様子。この3連休は概ねいい天気だったが、この最終日が一番いい天気になったようだ。

立川駅に一番近いあけぼの口から入って、立川口を見下ろす位置からの風景も秋らしい色合いになってきた。
昭和記念公園201711

立川口カナール両側のイチョウ並木。ここは200m106本のイチョウが並ぶが、いい感じに黄葉している。
昭和記念公園201711
水面に落ち葉が浮いてしまっているため、イチョウ並木の映り込みはいまひとつ・・・

これは噴水に向かって左側のイチョウ並木。立川口から入るとだいたいの人はこちら側を歩いて園内に向かう。
昭和記念公園201711
ここのイチョウ並木はそれほど大きなイチョウの木ではないので、場所によっては少し空間があいたように見える。

昭和記念公園201711
黄色い絨毯が出来上がりつつある。
昭和記念公園201711

途中から反対側のイチョウ並木を振り返る。
昭和記念公園201711
同じイチョウ並木を噴水の後ろから眺めたところ。
昭和記念公園201711

この噴水の横の方に赤く色づくモミジの木がある。
昭和記念公園201711
このモミジがもう少し色づいてくれると、イチョウの黄色とモミジの赤色のコラボレーションが楽しめる。

昭和記念公園(Vol.240)
(撮影 2017年11月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ハーブ園の花々

夏の終わりが近づき昭和記念公園も秋に向けて花が増えてきた。

立川口すぐそばのカナールと大噴水。手前の花壇はいつもきれいに手入れされている。
昭和記念公園201709
両側のイチョウ並木はまだ緑色。

大噴水の回りで咲いていたヤブラン(藪欄)、キジカクシ科又はユリ科。
昭和記念公園201709
このヤブランのように葉が斑入りの方がいい感じにに見える。
昭和記念公園201709
コムラサキ(小紫)の実の色と同じ明るいムラサキ色。

以前にも写真をアップしたセンニチコウ(千日紅)、ヒユ科。夏から秋まで長く咲くからまた登場。
昭和記念公園201709
よく近づいて見ると小さく花が咲いている。千日紅のこの色がついた花に見える部分は苞(ほう)または苞葉(ほうは)と呼ばれる、つぼみをつつんでいた葉なんだそうだ。
昭和記念公園201709

サルビア・グアラニチカ、シソ科。別名メドーセージ。
昭和記念公園201709
何かが叫んでいるような姿に見える。ガォォォォ〜!
昭和記念公園201709

こちらはブルーサルビア、シソ科。
昭和記念公園201709
赤いサルビアのブルー版というより、ラベンダーに似ている気がする。
昭和記念公園201709
お食事中のセセリチョウ。白紋が目立たないからイチモンジセセリではなくチャバネセセリだろうか。

この花はアゲラタム、キク科だろうか。
昭和記念公園201709
この花でもセセリチョウがお食事中。こちら白紋がはっきり見えるし一直線に並んでいるからイチモンジセセリかな。
昭和記念公園201709

アゲハチョウがいたので写真を撮ったけど、この花はなんだろう・・・?
昭和記念公園201709
ちょっと遠いけどこれはクロアゲハかな?
この花はジンジャー、ショウガ科ではないかと教えていただきました。junさんありがとうございます。

これはカレープラント、キク科。
昭和記念公園201709
初夏に咲く花は終わってしまっているけど、名前の通り近寄るだけでカレーの匂いがすごい。
しかも結構辛口のカレー(笑)

昭和記念公園(Vol.232)
(撮影 2017年9月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 イチョウ並みの黄葉

11月最初の週末、土曜日(5日)の昭和記念公園イチョウ並みの様子。

立川口入り口前のイチョウ並木。
昭和記念公園201611
昭和記念公園のイチョウで一番色づきが進んでいるのはここのイチョウかもしれない。 

カネールのイチョウ並木(106本、4列、200m)。
昭和記念公園201611
ここは高さ制限(7m)があるらしく、きれいに形が整えられている。

このはまだ緑色がベース。
昭和記念公園201611
噴水側から見たろところ。青空に直線を描いたような風景。
昭和記念公園201611
しっかり銀杏がなっている。一部はもう落ちているので、あの匂いも・・・(汗)。
昭和記念公園201611

こちらはうんどう広場横のかたらいのイチョウ並木(98本、2列、300m)。
昭和記念公園201611
いつから「かたらいのイチョウ並木」と呼ばれるようになったのかな?

こちらのイチョウ並木は自然のイチョウ並木。
昭和記念公園201611
ちょっと黄色になっているかな。
昭和記念公園201611
横から見たところ。もう少しだね。
昭和記念公園201611
ホームページによるとイチョウ並木の紅葉は20日頃が見頃ではないかとのこと。

このイチョウ並木の横はバーベキュー場。
昭和記念公園201611
写真を撮っていると肉を焼くいい香りが漂ってくるのが困ったところ。

次の週末(11月19・20日)が見頃になりそうだけど、天気はどうかな?

昭和記念公園(Vol.190)
(撮影 2016年11月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 コスモスの様子

10月16日(日曜日)の昭和記念公園は久しぶりに人がすごく多かった。

立川口そばのカナールのイチョウはまだ少しだけ色が変わった程度。
昭和記念公園のイチョウ並木の黄葉は11月半ば頃。
昭和記念公園201610
手前のきれいな花はケイトウ、ヒユ科かな。

この日訪れた多くの人のお目当てはやはりコスモス。
以前から見頃になっている、みんなの原っぱ東花畑のキバナコスモス。
昭和記念公園201610
2週間前に訪れた時よりもずっと花の密度が高くなったように思う。
昭和記念公園201610
そしてキバナコスモスが人の背丈に近いぐらいにまで成長している。

東花畑のキバナコスモスの次は、この花の丘のドワーフセンセーション。
昭和記念公園201610
昭和記念公園のホームページでは花の丘のドワーフセンセーションは1分咲き。
昭和記念公園201610
昨日(15日)はきれいな晴天だったんだけど、この日(16日)午後は曇り空でちょっと残念。
昭和記念公園201610
ドワーフセンセーションは赤色、白色、ピンク色などの花が咲く。
昭和記念公園201610
名前にあまり馴染みがないけど、見た感じは良く見るコスモスの花(笑)。
昭和記念公園201610
1分咲きよりももう少したくさん咲いているに見える場所もある。
昭和記念公園201610
ここのコスモスの見頃は10月下旬ぐらいだろうか。

花の丘のドワーフセンセーションの次は、ここみんなの原っぱ西花畑のイエローキャンパス。
昭和記念公園201610
まだ咲き始め程度。遠くのオレンジ色のラインは東花畑のキバナコスモス。
昭和記念公園201610
部分的にはかなり咲いている場所もあるけどね。
昭和記念公園201610
ここで咲くのは同じ黄色のコスモスと言ってもキバナコスモスとは全然違う品種の
イエローキャンパス。見頃になるのは11月に入ってからだろう。
イチョウの黄葉と時期が重なるかもしれない。

昭和記念公園(Vol.184)
(撮影 2016年10月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 斜面の明暗

昭和記念公園20160113
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.1 昭和記念公園

昭和記念公園、立川口近くのカナール。10日以上前に降った雪がまだ左側だけに残っていました。

写真の左側が南で、左側の斜面は少し北向きに、右側の斜面は少し南向きに傾いています。

わずかな差のようですが、雪の残り方を見ると、この差は大きいんですね。

 昭和記念公園(Vol.150)
(撮影 2016年1月31日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

昭和記念公園(2014年11月)イチョウ並木の様子

昭和記念公園の11月の見所、前回は日本庭園の紅葉だったが、今回はイチョウ並木の様子。
写真はすべて11月3日。

ついうっかりモノレールを一駅乗り過ごしてしまって高松駅から歩いたため、
IKEAのオープンと同じ時期に新しくできた高松口から昭和記念公園に入ってみた。
昭和記念公園201411-1
 確かに出来立てで新しい感じ。

高松口から入ったすぐのところにある、ゆめひろばでは肉フェスをやっていた。
昭和記念公園201411-2
肉が焼けるいい匂いが漂う。でもすごい人。
 昭和記念公園201411-3

立川口までのアプローチがすっかり秋色に変わっている。
昭和記念公園201411-4

カナールと噴水。秋の青空が気持ち良い。
昭和記念公園201411-5
 そしてその横のイチョウ並木。
 昭和記念公園201411-6
かなり黄葉している。ちなみにこれは11月3日の様子。
昭和記念公園201411-7
先月よりも銀杏のあの香りが少し落ち着いた感じがするけど、まだ落ちずに残っている銀杏もある。
昭和記念公園201411-8
黄色のじゅうたんもできつつある。


こちらは昭島口に近い運動広場西にあるかたらいのイチョウ並木。
昭和記念公園201411-9
まだ緑色が多いように見えるが、横から見るとかなり黄葉している。
昭和記念公園201411-11
こちらも黄色いじゅうたんができつつある。
昭和記念公園201411-10
このイチョウ並木は立川口カナール横よりも長くて雰囲気がある。
昭和記念公園201411-12
写真はすべて11月3日のもの。
今頃はこの写真よりもずっと黄葉が進んでいることだろう。

昭和記念公園(Vol.126)
(撮影 2014年11月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園(2011年12月)昼のイルミネーション

イルミネーションを見るモチベーションって12月に入って盛り上がりはじめ、クリスマスあたりがピークで、年が明けると一気に落ちると思いません?

まだ気持ちが盛り上がっている12月の昭和記念公園でイルミネーションを昼間に見た。
昭和記念公園イルミネーション-6
この飾りは、(上)夜じゃなくてもきれいに見えるが、やっぱり(下)夜の方がきれいかな。
昭和記念公園イルミネーション-1
この夜の写真は2010年12月撮影。

入り口のメインイルミネーションの昼の姿。
昭和記念公園イルミネーション-7
夜はこんな感じ。やっぱり夜がいい。
昭和記念公園イルミネーション-2
近寄って見たところ。シャンパングラスがきれいに輝く。
昭和記念公園イルミネーション-3
でも昼にみると、う〜ん・・・まあこんな感じか。
昭和記念公園イルミネーション-16

カナールの噴水の回りにもワイングラスが設置。昼間だとワイングラスを並べている意味がよくわからない。
昭和記念公園イルミネーション-15
でも夜になるとこの通り、素晴らしい。
昭和記念公園イルミネーション-5

すっかり葉が落ちて角刈りにされてしまったイチョウ並木。
昭和記念公園イルミネーション-14
夜はここは道玄坂かと思うぐらい(大げさ)に一変する。
昭和記念公園イルミネーション-4
続きを読む

昭和記念公園イルミネーション2010 カナール編

昭和記念公園のクリスマスイルミネーション「Winter Vista Illumination」
開催期間は2010年12月4日から26日まで、もう終わっている
昭和記念公園イルミネーション201012-7
今回は立川口のカナール周辺のイルミネーションを
昭和記念公園イルミネーション201012-1
毎年恒例のイルミネーションは今年で12回目、毎年20万人が訪れるという。

カナール付近のイルミネーションを飾るのはたくさんのシャンパングラスツリー。
昭和記念公園イルミネーション201012-3
シャンパングラスが3段に重ねられた「ミニシャンパングラスツリー」(だいたい高さ30cmぐらい)が100m以上に渡って並べられている
昭和記念公園イルミネーション201012-14
すごくきれいなんだけど、大雨が降ったら、これらの飾り付けはどうするのだろうと、余計な心配をしてしまった・・・

この2つのシャンパンツリーは「ツインシャンパンツリー」というそうだ。
昭和記念公園イルミネーション201012-6
レッド・グリーン・ブルーと小刻みに色が変わる
昭和記念公園イルミネーション201012-9
いろいろ撮ったつもりだけど赤が2つ・・・

アップでみると確かにシャンパングラスが積み重ねられている
昭和記念公園イルミネーション201012-15
積み上げたシャンパングラスは21段で高さ2.8mほどあるそうだ。強い風が吹いたらどうするんだろうと、また余計な心配をしてしまった・・・

水面に反射した姿も楽しめる。
昭和記念公園イルミネーション201012-2
上写真の黄色い方のツリー左に人が写っているので、だいたいの大きさがわかると思う。

秋は見事な紅葉を楽しませてくれたイチョウの木も、イルミネーションに飾られている。こちらも水面の反射がとてもきれい
昭和記念公園イルミネーション201012-16

カナール奥にある噴水側から入り口側を見たところ。遠くの方までイルミネーションが並んでいる。
昭和記念公園イルミネーション201012-13
シャンパンツリーが宙に浮いたように見えて面白い。
昭和記念公園イルミネーション201012-12
噴水もきれいにライトアップされていて、金糸が流れているようだ
昭和記念公園イルミネーション201012-11
噴水越しに遠くを見たところ
昭和記念公園イルミネーション201012-10
この噴水の奥にあるふれあい広場には、このカナールとはまた全然違ったイルミネーションが広がっていた。その様子は「ふれあい広場編」で

昭和記念公園(Vol.23)
(撮影 2010年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(Vol.5)菜の花畑

昭和記念公園20100314-20
昭和記念公園、みんなの原っぱにある原っぱ東花畑の菜の花

立春の頃にも近所の菜の花をアップしたけど、この時咲いていた菜の花は数本だけだったけど、ここはすごくたくさん。見ていて気持ちがいい
昭和記念公園20100314-22
晴天の中でミツバチも大忙しの感じで飛び回っていた

昭和記念公園20100314-23
このミツバチの足には何かがたくさんついている。花粉なのかな?

ミツバチがたくさん飛んでいたのだから、この菜の花のアップの写真こそしっかりとミツバチが写っていて欲しかったよね
昭和記念公園20100314-21
ここの菜の花は24万株あり3月下旬から4月中旬が見頃なんだそうだ

原っぱ東花畑は名前の通りみんなの広場の東側の端っこにある。だから少し逆光気味に写っている
昭和記念公園20100314-24
みんなの広場は大規模な災害時の一時避難場所としての機能を持ち、芝生の部分だけで東京ドーム2個分あるそうだ

とにかく広いっていうのは見てわかるけど、実際に歩き回ったことはまだない

昭和記念公園入り口の噴水付近。災害時の避難行動がスムーズに行えることを考えて、通路の幅が広く設計されているそうだ。
昭和記念公園20100314-25
このような静水をたたえて水路に整形された庭園を造園の用語でカナールというそうだ

私は草花や空など自然のモノを写真に撮ることが多いが、以前からこういう人が造ったモノの美しさをうまく写真に撮りたいと思っているので、この場所はこれからも撮っていきたいと思う

入り口の花壇。遠くに小さい上の噴水が見える
昭和記念公園20100314-26
この花壇の葉牡丹は中央部が盛り上がってその先端に花が咲くまでずっとここにこうして植えられているのだろうか・・・もしそうだったら花が咲く頃はかなりすごい光景になりそう

ここ昭和記念公園では3月27日から5月30日まで「フラワーフェスティバル2010」が開催される。期間中、園内では色鮮やかな春の花が次々とリレーしながら咲き誇るそうだ

(撮影 2010年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ