ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

カキツバタ

今週の高幡不動尊(10/9) 菊祭りの準備開始

運動会シーズンなのにほとんど晴れ間がなかった秋の3連休。
土曜・日曜の2日間は午前中が雨だったから運動会も中止になってしまっただろうね。
しかし今年の秋は雨が多い・・・

七五三祈願が始まった。少し早いなと思ったけど、11月15日まではあと1ヶ月ちょっと。
高幡不動尊201610
 
早くも着物を着た小さな女の子がお参りの来ている。いまならご祈祷もすいている。
高幡不動尊201610
この日も午前中は雨が降ったので、境内もまだ濡れた場所がある。
慣れない草履で滑らないようにね。
高幡不動尊201610
境内では、菊まつりの準備が始まっている。
高幡不動尊201610
第46回になる高幡不動尊の菊まつりは10月28日から11月17日まで。

境内に入ってすぐ右側のコムラサキ(小紫)の実がきれいな明るい紫色になっていた。
高幡不動尊201610
この小紫は紫式部より実が小さいけど、密集して成るので見映えが良い。 
高幡不動尊201610

キバナアキギリ(黄花秋桐)、シソ科。
高幡不動尊201610
同じ花の形で青い色のアキギリがあるが、黄色いアキギリなのでキバナアキギリ。
高幡不動尊201610
サルビアの花にも似ている。

弁天池の秋明菊。結構咲いているんだけど、ちょっとバラバラでまとまり感がない。
高幡不動尊201610

またもや、カキツバタが咲いてる。なんだろうねこの花は・・・(笑)。
高幡不動尊201610

菊まつりまでまだ半月ある。ちょっとネタ切れ気味の高幡不動尊でした(汗)。

今週の高幡不動Vol.415
(撮影 2016年10月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(09/17) 萩の花

三連休の東京多摩地区は沖縄付近でウロウロしている台風16号に刺激された
秋雨前線のおかげで天気が今ひとつ。

散歩ができたのは初日の土曜日だけ。
高幡不動尊201609
でもちょっと薄日が差したので、弁天池では、こんな秋らしい光景を見ることができた。

秋の花と言えば、草かんむりに秋でハギ(萩)、マメ科。
高幡不動尊201609
高幡不動尊では奥殿横で紅萩と白萩が咲いている。
高幡不動尊201609
秋の七草の1つにもなっていて、お彼岸にお供えする「おはぎ」はまさに「御萩」と書く、
高幡不動尊201609

毎年、紅白の彼岸花が並んで咲く大日堂前のこの場所は、今年は咲かないのだろうか・・・
高幡不動尊201609
大日堂前の違う場所で紅白に咲く彼岸花。
高幡不動尊201609
もうちょっと近くで並んでほしいところだけどね。
高幡不動尊201609
彼岸花は曼珠沙華とも言うが、白い彼岸花は白花曼珠沙華と言うそうだ。

こちらは髪飾りのように咲く彼岸花。
高幡不動尊201609
毎年ちゃんとお彼岸の時期に咲く彼岸花。

また弁天池のカキツバタ、アヤメ科が咲いている。
高幡不動尊201609
もう9月も後半、さすがに咲くには遅すぎるよね。

そしてこの花はサザンカ(山茶花)、ツバキ科。
高幡不動尊201609
まだ9月後半、こちらはちょっと咲くのが早過ぎる(笑)。

今週の高幡不動Vol.413
(撮影 2016年9月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(08/14) 高砂百合

お盆休みの週末も暑い日になった東京多摩地区。

見頃だったキツネノカミソリはもう終わりつつある。
高幡不動尊201608-2
キツネノカミソリは花が枯れるとすぐに実がなり、この緑色の実はそのうち真っ黒になる。

山を越えて彼岸花がたくさん植えられている場所に行ってみたら、なんだかたくさん咲いている。
高幡不動尊201608-1
彼岸花が咲く時期にはかなり早いけど、なんだろう・・・
高幡不動尊201608-7
植えられているはずの本数からするとかなり少ないから、気が早いのが咲いただけかな(笑)

こちらは弁天池で咲いているカキツバタ、アヤメ科。
高幡不動尊201608-3
早咲きの彼岸花と逆で、こちらはかなり遅咲き。でも涼し気な色でいいかも。

大日堂前で咲いているタカサゴユリ(高砂百合)、ユリ科。タカサゴユリは
別名細葉鉄砲百合と言われるように、花は鉄砲百合に似ているけど葉が細い。
高幡不動尊201608-8
下は弁天池で咲いているタカサゴユリ。ユリの花では割と遅く咲く品種。
鉄砲百合はもっと早く6月ぐらいに咲く。
高幡不動尊201608-4
タカサゴユリは種が風で飛ばされて広まるそうで、地面に落ちた種は、翌年は
芽を出すが花は咲かせず球根を太らせ、球根が十分太ってから花を咲かせるらしい。高幡不動尊201608-5
我が家の玄関先でも植えた覚えがないタカサゴユリが数年前から咲いているが、
少しずつ増えて来ている。生命力が強いユリだ。

ヒヨドリバナ、キク科。ヒヨドリが鳴く頃に咲く花が名前の由来。
高幡不動尊ではまだヒヨドリは鳴いていないけどね。
高幡不動尊201608-6
秋の七草の1つフジバカマ(藤袴)の仲間でフジバカマを白くした感じ。

高幡不動尊201608-9
お盆なのでお墓参りの人がたまに訪れているようだけど、人が少ない高幡不動尊。

今週の高幡不動Vol.409
(撮影 2016年8月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

京王百草園 あじさい

久しぶりの京王百草園。この時期はここでもやはりあじさい(笑)

京王百草園201606-1
 百草園らしく東屋とあじさい。
京王百草園201606-2

京王百草園201606-4
京王百草園は高幡不動尊と違って西洋あじさいと額あじさいがメイン。
京王百草園201606-6
背景に竹林があるのも百草園らしいかも。
京王百草園201606-7
日本庭園らしく竹垣とのコラボ。これは竜安寺垣と呼ばれる垣根かな。
京王百草園201606-8
高幡不動尊と違って人が少ないのでゆっくりあじさいを鑑賞できる。

真夏の花というイメジーがある、ノカンゾウ、ユリ科が咲いていた。
京王百草園201606-3

秋にはきれいな紅葉を見せてくれるモミジの実。
京王百草園201606-5

見上げると梅の実がなっていた。まさに梅雨の時期だ。なかなか雨が降らないけど・・・
京王百草園201606-10
受付にも梅の実が置いてある。
京王百草園201606-9
百草園で採れた梅を売り出さないかなあ。

ゴールデンウイークにも京王百草園に来たけど、その時はブログの記事にしなかった。
京王百草園201606-12
いつもこの藤棚のそばに赤い番傘や赤い布がかけられた縁台が置かれていて
雰囲気がいいんだけど、この日は風が非常に強かったので置かれていなかったのが残念。
京王百草園201606-11
何年か前に藤の花が咲かない年があった。それ以来だろうか、残念なことに
いまひとつ藤の花に迫力がなくなったように思う。
そんなこともあって記事にしなかったのかな・・・

心字池の水辺に咲くカキツバタの花。
京王百草園201606-13
花菖蒲などアヤメ科の花はいまでも咲いている。
京王百草園201606-14
緑が深まってきた心字池。

(撮影 2016年6月18日ほか)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(09/05)薄黄木犀

なんだか毎日天気が悪くて梅雨時のような東京多摩地区。

この週末は土曜日の午前中にちょっとだけ青空が見えた。
高幡不動尊201508-1
不動堂にお参りの列ができている・・・境内では滅多見ることができない光景。 

 なんだか人が多いなぁっと思ったら「TOKYOウォーク2015」という企画のコースに入ったようだ。
高幡不動尊201508-4
 
トイレに行ったらキンモクセイのいい香りが漂っていた。キンモクセイにしては少し早い。
高幡不動尊201508-5
この花の色はキンモクセイではなくギンモクセイ(銀木犀)、モクセイ科かな。 
ネットで調べると葉にギザギザがないから、ウスギモクセイ(薄黄木犀)かもしれない。
高幡不動尊201508-6
香りはキンモクセイと同じ。比べたわけではないけど(笑)
しかし、咲いているのがトイレのそばというのはベストポジションか?

これはクサギ(臭木)、クマツヅラ科の実。高幡不動尊201508-2
木や葉が薬品臭するので臭そうな名前がついているけど、花は甘いいい香りがする。

いままでアブラゼミしかみかけなかったが、この日はミンミンゼミがいた。
高幡不動尊201508-3
でも、もうセミの季節は終わり。そして、もうすぐお彼岸、彼岸花が咲く季節。
高幡不動尊201508-7
 
そんな時期に弁天池のカキツバタがまた咲き始めた・・・なんなんだ?
高幡不動尊201508-8
 
高幡不動尊201508-9
だんだんと秋っぽい光景になってきた。今年はもうすごい猛暑がぶり返すことはなさそうだね。 
 
 
今週の高幡不動Vol.368
(撮影 2015年9月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       

今週の高幡不動(05/10)ひの新選組まつりの境内

毎年5月に開催されるひの新選組まつり。今年は5月9日(土)と10日(日)に開催された。
 
高幡不動尊参道では新選組パレードが行われる。
高幡不動尊201505-4
前日、母の七回忌法要で三重県まで車で行ったため、朝寝坊して散歩がお昼すぎに
なってしまった。そのため私が参道を歩いた時はパレードが終わってしまった後だった。
一昨年(2013年)昨年(2014年)の新選組まつりとパレードの様子。 

この日は境内の至るところに人がいる感じだったけれども、不動堂の前は思ったよりも人が少ない。
高幡不動尊201505-5
 
土方歳三像と「誠」の旗。土方さんも懐かしく見ているのだろうか。
高幡不動尊201505-6
 
午前中のパレードを終えたあとで境内のいろいろな所に隊士が休憩している。
高幡不動尊201505-10

「沖田総司」と「近藤勇」ののぼり旗。
高幡不動尊201505-8

シャクヤク、ボタン科の花がきれいに咲いていた。
高幡不動尊201505-7
 
六地蔵さん前の木陰で休憩。
高幡不動尊201505-9
 
弁天池前のボタンの花。シャクヤクが咲きはじめるとボタンは終わりの時期となる。
高幡不動尊201505-3
 
弁天池のカキツバタ、アヤメ科。
高幡不動尊201505-2
 
こちらはアヤメ、アヤメ科。
高幡不動尊201505-1
この時期は日差しがすごく強い。

この日も空之介を連れての散歩だったが、アスファルトからの照り返しもあって
そろそろ空之介には暑すぎて昼間の散歩はできなくなってしまうかもしれない。

今週の高幡不動Vol.353
(撮影 2015年5月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(04/26)空之介と一緒に

土曜日は昼前から一気に雲が出てきてい、雨が降り始めた。

このあと雨が降るとは思えない青空。
高幡不動尊201504-4
でも天気予報は午後の天気の急変をしっかりと告げていた。 

アメリカロウバイ、ロウバイ科。
高幡不動尊201504-6
 別名は見たままのクロバナロウバイ。でもロウバイに似ているかな?
ロウバイ(昭和記念公園)
上は1月に昭和記念公園で撮ったロウバイ。花の形は似ているかな。
高幡不動尊201504-5
 
高幡不動尊でもツツジがきれいに咲き始めた。
高幡不動尊201504-7
 
弁天池で咲くアヤメ。
高幡不動尊201504-10
勝手な感想だけど、春の花はピンク色がお似合いで、青色の花は初夏のイメージ。
高幡不動尊201504-9
こちらはカキツバタ、アヤメ科。
高幡不動尊201504-2
花びらの付け根に白い部分があるのが特徴。葉の幅も広い。この白い部分が黄色いのがハナショウブ。

5月9日・10日は恒例の「ひの新撰組まつり」。
高幡不動尊201504-3
高幡不動尊の参道でも新撰組パレードが開催される。

高幡不動尊201504-11
高幡不動尊前の川崎街道はハナミズキがきれいに咲いている。背景は新撰組副長土方歳三。

気候が良くなってきたので、空之介と一緒に散歩。
 高幡不動尊201504-1
でも、相変わらず写真を撮らしてくれないので、この日の散歩で撮ったのはこれ1枚(汗)。

1枚だけだと寂しいので、下は最近、昭和記念公園のドックランデビューをした時の空之介。
 昭和記念公園ドックランにて
ドックランでは他の犬のところにはあまり近寄らず、人間にばかり近寄っていた。
4月の空之介
カワイイでしょ。親ばかです・・・

今週の高幡不動Vol.352
(撮影 2015年4月26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(12/14)落ち葉

12月第2週目の週末。静かな高幡不動尊の様子。

冬晴れの境内。真冬の光景。 
高幡不動201412-2
 入口の仁王門付近の段差をなくすカバーが設置された。
高幡不動201412-11
これは年末年始に大勢の人が来て段差でつまずかないようにするために毎年設置される。
高幡不動201412-1
これが境内側。混雑すると足元なんか見えないからこのカバーはすごく大切。


五重塔の回りのモミジの様子。
高幡不動201412-9
秋の名残を少し残しつつも冬に向っていることがよくわかる光景。
高幡不動201412-6
境内や山の中の至るところに色づいた葉がたくさん落ちている。
 高幡不動201412-4
落ち葉の季節だね。
高幡不動201412-5
でもこの落ち葉の掃除は大変。
高幡不動201412-8
ニコニコ地蔵さんも我々が見ていない時に掃除を手伝ってくれているんだろう。

高幡不動201412-3
太陽の南中高度が最も低くなる冬至(12月22日)が近づき木々の影が長い。

初冬の花、山茶花。
高幡不動201412-7

そしてこちらは弁天池で咲いていたカキツバタ。
高幡不動201412-10
9月、10月に咲いているのを見かけることはあるが、もう12月、狂い咲きにも程があるよね(笑)。


今週の高幡不動Vol.340
(撮影 2014年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


今週の高幡不動(10/19)ござれ市

忙しくてアップするのが遅くなり1週間前の高幡不動尊の様子。
2週続いた台風接近の緊張感、この週末はやっとその緊張感から解放された。

すっきとした秋晴れの高幡不動尊境内。
高幡不動201410-7
菊まつりの準備完了といったところ。

高幡不動201410-6
毎月第三日曜日に開催される「ござれ市」。七五三参りも始まっている。

高幡不動201410-8
 いつもの露天のテントが見られない・・・

それもそのはず、菊まつりに準備された場所で開店中。
高幡不動201410-15
後ろに菊まつり用の看板もある状態。
高幡不動201410-10
 この場所は藍色の生地がマッチしている。
高幡不動201410-12
 
散策にはちょうどいい気候で訪れる人もかなり多い。
高幡不動201410-13

吉祥草、先週よりもしっかり咲いている。
高幡不動201410-4
 
サザンカ(山茶花、)ツバキ科。もうこの花が咲く時期なんだね。
高幡不動201410-3
 
こらはカキツバタ(杜若)、アヤメ科。5月から7月ぐらいに咲く花なんだけど・・・
高幡不動201410-5
 
切株に苔が生えている。ここに紅葉したカエデの葉があれば絵になるのにね(笑)。
高幡不動201410-1
 上の切株があるあたりはたくさんのカエデがある場所だけど、まだ紅葉には早い。
高幡不動201410-14

六地蔵さんの後ろに、こんな感じに日がさして来るということは、太陽が低くなってきた証拠。
高幡不動201410-2
 
ススキは秋らしい風景をつくってくれる。
高幡不動201410-11
最後の写真が先週とすごく似ているけど、日差しがちょっと違っていてススキが輝いている。
こういう風景、この時期らしくて大好き(汗) 

 今週の高幡不動Vol.333
(撮影 2014年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動(5/6)いずれ菖蒲か杜若

ゴールデンウイーク最終日の東京多摩地区は冷たい風が吹いてはっきりしない天気。

春季大祭国宝まつりが終わったあとなのでちょっと静かな境内。
高幡不動201405-7

山内はだんだんと緑が濃くなってきている。
高幡不動201405-9
大観音像のまわりにツツジがきれいに咲いていた。
高幡不動201405-8

弁天池で毎年咲くボタン。
高幡不動201405-14
大輪の堂々とした花なので1輪でもしっかり絵になる。
高幡不動201405-6

同じ弁天池で咲いているアヤメ科の花。この花がアヤメ(菖蒲)なのかカキツバタ(杜若)なのか
はっきりさせたくて、事前にインターネットで見分けるポイントを調べて行った。
高幡不動201405-5
わかりやすいポイントは花びらの付け根と葉の幅。
葉の幅が細目で、花びらの付け根に網目の模様。これはアヤメかな。
 高幡不動201405-11
アヤメは濃い青色の花が多く、カキツバタよりも早めに咲くというのもピッタリあっている。

高幡不動201405-13
こちらは上のアヤメよりも葉の幅が広くて、花びらの付け根に白い斑紋、これはカキツバタだろう。
高幡不動201405-12
カキツバタはアヤメよりも少し遅く咲く。この花もまだこれから咲いていく感じだった。 

同じアヤメ科でも全然ややこしくないのが、このシャガ。派手な模様。
高幡不動201405-10
山アジサイがたくさん咲く場所にある句碑「木に石に佛心棲めり紫陽花寺」の前もいまはシャガ。
高幡不動201405-4

 高幡不動尊に行くまでの散歩道、日野向島用水親水路の水車小屋。
高幡不動201405-2
こちらはキショウブ(黄菖蒲)。
高幡不動201405-1
 とても目立つ黄色、この花は間違えることがなさそうだね(笑)。

今週の高幡不動Vol.314
(撮影 2014年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動(08/04)夏から秋にかけての花が

8月最初の週末。このところ東京都内では土曜日の夕方に雷雨がやってきて、各地の花火大会が中止になったりしていたが、この週末の土曜日は雷雨にはならなかった。

日曜日は曇りがちで日差しがない分だけ過しやすく感じた。それでも参拝者は少ない。真夏だし特に行事もないから仕方ない。
高幡不動201308-1
 
いつものように六地蔵さんの横から鐘楼の方に登って行くと、キツネノカミソリが咲き始めていた。
高幡不動201308-2
この花を見ると暑さが峠を越える頃の実感が湧く。
この日咲いていたのは、この1株だけ。次の週末にはもっとたくさん咲いているだろう。

さらに山に入って行くと、頭の上の方からいい香りがしてきた。上を見ると花が咲いている。
高幡不動201308-3
後で調べてみると、これはクサギ(臭木)クマツヅラ科。
こんないい香りなのでに臭い木?名前を調べていて?マークが並ぶ。葉や幹に独特の臭みがあるからついた名前だそうだが、こんないい香りの花が咲くのにちょっとどうなの?という名前。

高幡不動201308-4
いくつかの階段を登って一段落する場所にあるこのモミジが、緑の中でアクセントになっていていい感じ。
 
気がつくとセミの声がスゴイ、夏だよね。
高幡不動201308-5
 セミの声のスゴイところは(というか、人間の耳か)、うるさく鳴いているのにそれほど気にならないこと。下手すると何も聞こえていない状態にも思える。

ツユクサ、ツユクサ科。
高幡不動201308-7
名前がツユなので梅雨の頃の花かと思ってしまうが、花期のメインはこれから秋にかけて。梅雨の頃にも咲いているけど、漢字で書くと露草で、露を帯びた草で朝露を受けて咲き始め午後にしぼむ。朝露は秋の季語。

ヤブラン(薮蘭)、ユリ科。この花も秋にかけての花。
高幡不動201308-6
ツルボと間違えやすいんだけど、やっと最近見分けがつくようになってきた(笑)

弁天池をハスの葉が覆っている。そろそろ弁天池のハスも最盛期かな。
高幡不動201308-10

そんな弁天池の端っこで季節外れのカキツバタ、アヤメ科が咲いている。
高幡不動201308-8
「いずれがあやめかきつばた」と言われて区別がつき辛いが、花と葉っぱから見てたぶんこれはカキツバタ。

これはヒオウギ(檜扇)、アヤメ科。京都の祇園祭には欠かせない花とされている。
高幡不動201308-9
まだ咲き始めで、これからしばらく花が楽しめる。色合いも派手で夏らしい花なので、撮るもの少ないこの時期にはとてもありがたい花。

 今週の高幡不動Vol.277
(撮影 2013年8月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動(11/05)菊まつりの様子

この週末も天気がいまひとつ。さらに祝日(11月3日)も雨が降りそうな曇天で、ストレスが溜まる今日この頃。
高幡不動201111-12
高幡不動尊の菊まつりでオレンジ色のポンポン菊を見てちょっと和む。
高幡不動201111-2
これはハートの形にしたのかな。
高幡不動201111-1
高幡不動尊の境内はいま菊まつりと七五三参りの人でかなり混雑。

続きを読む

京王百草園 牡丹や菖蒲

ゴールデンウィーク中の5月4日に撮った藤棚の続き。
京王百草園201105-11
まずはいろいろなボタン(牡丹)、ボタン科。
京王百草園201105-10
この花はかわいいピンク色の花。
京王百草園201105-9
この赤色はなんかいい色だ。
牡丹は中国では「花の王」として愛好されていて中国の国花だといわれているが、明確に定めていないという説もある。もちろん中国原産で奈良時代に日本に渡来してきた、弘法大師が持ち帰ったという説もあるそうだ
京王百草園201105-3
これは蕾が開き始め、淡いピンク色でなんかバラの花の咲き始めにも似ている。
京王百草園201105-12
これはちょっと小さめの花。
京王百草園201105-1
あんこ入りのおだんごには「ぼたもち」と「おはぎ」があるがどちらも同じもので、呼び名が違うだけ。
春のお彼岸にお供えするのは、春を代表する花の牡丹にちなんで「ぼたんもち」から「ぼたもち」。同じく秋は秋を代表する萩の花にちなんで「おはぎ」と呼ばれるようになったという説をよく聞くよね

次はこの時期らしいアヤメ科の花。これはカキツバタか?竹の垣根とマッチして和の雰囲気。
京王百草園201105-2
これはアヤメか?濃い青がすごくいい。後ろはサツキがきれいに咲いている。
京王百草園201105-6

これはわかりやすいジャーマンアイリス、同じくアヤメ科。
京王百草園201105-5
ジャーマンアイリスはドイツアヤメともいうのに、フランスの国花の1つなんだそうだ、なんか面白い。ちなみにもう1つのフランスの国花はユリ。

日本の国花って?桜か菊だろうなぁと思って調べると、法的に定められたものではないが、国民に広く親しまれている桜と皇室の紋章となっている菊の両方が事実上の国花になっているようだ

牡丹とカキツバタが一緒に咲いている。
京王百草園201105-7
アヤメ科の花は湿地に咲く花だと思っていたが、ここは普通の場所。特に湿地にしか咲かないわけではないようだ。

これはシャクナゲ(石楠花)、ツツジ科。
京王百草園201105-4

この黄色い花はウンナンオウバイ(雲南黄梅)、モクセイ科。
京王百草園201105-8
ウンナンオウバイはつる性の植物で垣根なんかでよく見かける。この時期は黄色い花がたくさん咲いてきれいだね。

オダマキ、キンポゲ科。漢字では小田真紀ではなく苧環と書く。
京王百草園201105-13
ちょっと終わりかけかな、いい形をした花がなかった。

クリスマスローズ、これもキンポゲ科。5月に咲いているのにクリスマスローズ
京王百草園201105-14
この薄い緑色は若葉の時期らしくてなかなかいい。と思うのは私だけか

(撮影 2011年5月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

アヤメ科アヤメ属の花たち

5月の散歩中にいろいろな場所で見つけたアヤメ科アヤメ属の写真

アヤメ科アヤメ属って大雑把ないい方しているけど、実はアヤメかカキツバタかハナショウブなのか相変わらずよくわかっていないから

でもこの時期には欠かすことの出来ない花たちだよね。
アヤメカキツバタ2010-1
上の花と下の花が違うことぐらいは見ればわかる。上はハナショウブで下がカキツバタだろうか・・・
アヤメカキツバタ2010-4

これも上のとは違う花のように見えるなぁ・・・
アヤメカキツバタ2010-10
インターネットで調べると、簡易的な見分け方として、花びらのつけ根の部分が黄色だとハナショウブ、白いとカキツバタ、網目状になっているとアヤメなんだそうだが、う〜んなんだか微妙だなぁ

写真を撮る時にしっかりとこのことがわかっていれば、もっと近づいて花びらの付け根もしっかりと撮ってくるんだけど、昨年悩んだことをもう今年は忘れているからちゃんと撮っていない

これは花全体の色が違うからわかりやすい、キショウブだ
アヤメカキツバタ2010-9
以上が日本代表、ここから欧米代表のジャーマンアイリス。
日本名がドイツアヤメってことはドイツ原産かと思ったら地中海原産のアヤメが自然交雑したものを元に品種改良した園芸種なんだそうだ
アヤメカキツバタ2010-2
この色の花が一番代表的な色かな。
アヤメカキツバタ2010-7
でもジャーマンアイリスは非常にたくさんの色がある。
アヤメカキツバタ2010-3
ハナショウブやカキツバタは湿原に咲く花、アヤメは特に水には関係ない場所に咲き、このジャーマンアイリスはどちらかというと乾燥した土地を好むそうだ。同じような花を咲かせるけど土の好みは違うってことだね

ジャーマンアイリスの中で私のお気に入りはこの色。桃の缶詰を思い出す色。また食べ物につながってしまった
アヤメカキツバタ2010-6

日本代表のハナショウブも園芸品種がとても多い。江戸系肥後系伊勢系などにわかれるそうだが、これってまさに菊の花と同じ

園芸品種が多くなると色や形がさまざまになるから、さらに見分けがつかなくなってくる。例えば下の写真なんかどっちだ?って思ってしまう。
アヤメカキツバタ2010-8
左の少し紫色の縁取りが濃い花はハナショウブっぽい感じだけど、真ん中の花を見るとやっぱりこれらはジャーマンアイリスかな。

最後は再び(たぶん)ハナショウブ、よくみると趣がある。古くから日本人に愛されてきただけある花だね。
アヤメカキツバタ2010-11
ちゃんと見分けるためには花だけでなく、茎や葉っぱなども観察しないとだめなんだろうね。毎年同じようにわからずじまいで全然進歩がない私だ

散歩写真(vol.138)
(撮影 2010年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.77)アヤメ科の花たち

アヤメ科-3
たまに散歩で歩く向島用水親水路の黄菖蒲(キショウブ)

この向島用水親水路は何度かブログでご紹介したが、用水路沿いに作られた数百mの遊歩道で、途中に水車やあずまやがある。
向島という名前がついているが、東京都墨田区の向島ではなく、私の住む東京都日野市にある散歩道
アヤメ科-2アヤメ科-5
上の写真でわかるようにアヤメやカキツバタの名所というわけではないので、黄菖蒲もそれほどたくさん咲いているわけではない

この用水路にもコイがたくさん泳いでいる。アップでコイも一緒に撮ってみた
アヤメ科-4
水は比較的透明なので、きれいそうに見えるが、やはり野山の中の水流とは違って、人が多く住む中の流れ。実際はそれなりの水質でも、夏に子ども達がジャバジャバと水遊びするぐらいならば十分な感じ

カキツバタも少し咲いているが、狭い用水路でうまく写真が撮れなかったので、この写真は同じ時期に高幡不動尊弁天池そばで撮ったもの。なんとも言えず、見ていて落ち着く感じのブルー系
アヤメ科-1
「いずれがアヤメかカキツバタ」というけど、これは本当にカキツバタ?花弁の弁元の模様や色で区別できるらしい。この花の弁元の模様は白いけど網目っぽいから、もしかしてアヤメかな?う〜む・・・

それに比べてこのジャーマンアイリスはアヤメやカキツバタと間違えることはない
アヤメ科-6

園芸種だけあって、色もとっても豊富、下写真左は京王百草園、右は近所の遊歩道で見つけたもの
アヤメ科-8アヤメ科-9
さすが外国産の花って感じの大きさと色あいでなんだかとっても豪華に見える
湿原や水分の多い草原に生えるカキツバタやアヤメなんかと違って、乾燥した土を好むらしいけど、それでも同じアヤメ科なんだよね人生いろいろ、アヤメ科もいろいろ

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ