ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

カエデ

京王百草園 アヤメの仲間

京王百草園の藤棚以外の花々。

心字池のそばで咲くアヤメ、アヤメ科。
京王百草園201705
アヤメは葉が細いことと花びらの元の部分に網目の模様があるのが特徴。
京王百草園201705
ここは弁天池のそばだけどアヤメは乾いた土に生える。
ブログを始めた頃はアヤメとカキツバタ、ハナショウブの見分けが全然つかなかったけど、
だんだんとわかるようになってきた(笑)。

こちらはイチハツ(一初)、アヤメ科。アヤメ科の中でいち早く咲くからついた名前と言われる。
京王百草園201705
特徴は、花びらにあるトサカ状の白いヒラヒラ。ハナムグリが蜜を吸っていた。
京王百草園201705
イチハツも乾いた土に生える。

こちらはジャーマンアイリス、アヤメ科。別名ドイツアヤメ、そのまんまの別名。
京王百草園201705
花の上の方が大きくひらひらになっているが特徴でなんとなく洋風に見える。
この日はカキツバタが咲いていなかったけど、カキツバタはもう少し後
から湿地に咲く。百草園では心字池回りに咲く。

こちらはオダマキ(苧環)、キンポゲ科。
京王百草園201705
下も同じくオダマキ。ちょっと色が薄い。
京王百草園201705

新緑の中の赤い色はカエデの花。
京王百草園201705
カエデの花は羽根のような形をしていて、秋に実がなり木から落ちる時に風に飛ばされて
遠くに運ばれるようになっているそうだ。
京王百草園201705

これはボタン(牡丹)、ボタン科。花はシャクヤク(芍薬)に似ているが葉が違う。
京王百草園201705
シャクヤクはもう少し後から咲く。

これは、タツナミソウ(立浪草)、シソ科。
京王百草園201705
花が波立つような形をしているからついた名前だそうだ。もう少しアップで撮って
おけばよかったかな(汗)

京王百草園201705
上はコデマリ、バラ科。下はオオデマリ、スイカズラ科。
名前は手毬の小と大の違いだけど、花はだいぶ違う・・・。
京王百草園201705
オオデマリは白いアジサイに似ているけど、咲く時期がかなり早い。

(撮影 2017年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動(11/15) 七五三の日の紅葉の様子

前回の続き、七五三の日(11月15日)の境内周辺の紅葉の様子。

大師堂と聖天堂前のカエデ。
高幡不動尊201511-2
ここのカエデがしっかり色づくと五重塔を背景にした紅葉の光景を見ることができる。
高幡不動尊201511-7
 
かなり色づいてきているんだけど、まだ完全に緑のカエデもある。
高幡不動尊201511-1
このカエデ、あと1,2週間で色が変わるんだろうか?

山アジサイが咲く山内はまだほとんど色づいていない感じ。
高幡不動尊201511-4
ここのカエデがきれいに色づくと山が赤く染まったようになる。
高幡不動尊201511-1
ちなみに上写真は昨年11月下旬頃の様子。

この赤い実はイイギリ(飯桐)の実。ナンテンギリ(南天桐)とも呼ばれる。
高幡不動尊201511-3
冬になって葉っぱが落ちても、この赤い実が残るのが特徴。

高幡不動尊201511-5
冬に向けて花が少ない境内はサザンカの天下。
高幡不動尊201511-6
この色の花はいいなぁ。

五重塔前のイチョウ。
高幡不動尊201511-8
反対側(駐車場)から見るとこんな感じ。秋のお不動さんに来たっていう気持ちになる風景。
高幡不動尊201511-10

弁天池そばで咲いていた皇帝ダリア、キク科。
高幡不動尊201511-9
五重塔を背景に撮ったんだけど、ちょっと花がしおれた感じに見えるのが残念。
皇帝ダリアは背がすごく高いから、なかなかいい感じに撮れないんだよね・・・(汗)

高幡不動尊で一番好きな紅葉の景色はここ。六地蔵さんの回りの紅葉。
高幡不動尊201511-12
上の写真は昨年11月下旬頃の様子。今年の紅葉の色づきはどんな感じになるでしょうね。

高幡不動尊の「もみじまつり」は11月18日から11月30日まで。
たぶん、この週末から紅葉の見頃になりそう。

今週の高幡不動Vol.375
(撮影 2015年11月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       
 

昭和記念公園 木々の色づき

昭和記念公園201011-12
11/6土曜日はすごくいい天気で散歩日和だった
昭和記念公園ではもう「紅葉まつり」をやっているらしい。まだちょっと早いのではないかなぁと思いつつ行って見たら、もうしっかりと紅葉が始まっていた

立川口のイチョウ並木もこんな感じで色づきはじめている。
昭和記念公園201011-11
日が当たったイチョウの葉がとてもきれい
昭和記念公園201011-1

昭和記念公園でいま一番紅葉がきれいなのは日本庭園
昭和記念公園201011-8
場所としてはたいして離れていないのに高幡不動尊のモミジの色づき具合とは随分違うなぁ・・・
昭和記念公園201011-7
日本庭園の中でも特に清池軒という休憩所の回りが見頃になっている
昭和記念公園201011-5
池に突き出して建てられている清池軒の中から見た景色がこんな感じ。
昭和記念公園201011-6
なんだかパノラマ写真か額縁の絵を見ているような感じ

ボートに乗ることができる水鳥の池の周りもきれいな秋の風景になりつつある。
昭和記念公園201011-10
小春日和の今日はボートも気持ちいいだろうなぁ
昭和記念公園201011-9
背景に大きなトンボ、じゃなくてヘリコプター
昭和記念公園201011-3
この木の回りの風景は夏は涼しげだったけど、秋もすごくいい感じ。
昭和記念公園201011-2

バーベキューガーデン横のイチョウ並木も色づきはじめた
昭和記念公園201011-4
園内のいろいろなところで木々が色づいているので、天気がいい日に行くとすごく気持ちよく秋らしい散策ができる

昭和記念公園の「紅葉まつり」は11月5日から23日まで開催

昭和記念公園(Vol.21)
(撮影 2010年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.95)秋の空と日差し

秋の空と光-1L
青空を背景に、河原にたくさん咲いているこの黄色い花はキクイモ(菊芋)。キク科ヒマワリ属だけあってすごく背が高い別名はアメリカいも、ぶたいも(これまたなんという名前だ・・・)

遠くから見ると黄色いコスモスがたくさん咲いているように見えたけど、近寄ってみると花は別としてコスモスとはかなり違う葉や茎をしていた

キクイモは戦時中に加工用や食用として栽培されたものが野生化したものもあるそうで、主成分は食物繊維と難消化性の多糖類イヌリン。このイヌリンは血糖値を上げないなどいくつかの特徴を持つため、健康食品として顆粒やお茶として加工され市販されているそうだ

この日の空には季節の引き継ぎをしているかのように、夏の雲と秋の雲が同居していた
秋の空と光-7L

これは河原の土手に咲いていたツルボ(蔓穂)、秋の日差しが斜めから差し込んできれいに光っている
秋の空と光-4
こんな感じの花なんだけどユリ科なんだね。ツルボとヤブランの見分けが私には鬼門

高幡不動尊の山内八十八ヶ所巡礼のお地蔵さん。木漏れ日がカエデの葉にスポットライト当てていた。
秋の空と光-5L
まだまだいまは緑色だけど、秋が深まる頃、色づいた姿が楽しみだ

まだ暑いお不動さんの山内を汗をふきふき歩いていると、光ったシダの葉が茂みの中で手を挙げていた
秋の空と光-6L
秋の日差しは真夏の上から押さえつけるような力強い日差しとはちょっと違って、素材を際だたせる優しさがある日差しだね

これは百草園の丘の上から撮ったカエデ、少し赤く見えるのは実かな。この風景ももう少したって紅葉してくるときっときれいだろうね
秋の空と光-8L
でもこれはいったいカエデそれともモミジ私のパソコンのカナ漢字変換ではカエデと変換され、モミジ紅葉と変換される。でも紅葉ってこうようとも読むよね・・・

インターネットで調べたところでは、植物分類上はカエデ科カエデ属のなかに「イロハモミジ」とか「トウカエデ」の種があり、モミジ科とかモミジ属はないようだ
秋の空と光-9
また語源はカエデ(楓)が「(蛙)かえるで」から転じて、水かきのように切れ込みの浅い葉をもつものをいい、モミジ(紅葉)は、秋に赤や黄に変わる様子を「もみづ」といったことにもとづくそうだ。なので葉の切れ込みの浅いものをカエデ、深いものをモミジという区別もありそうだし、カエデの中で色づくものをモミジと呼ぶという区別もありそう

ちなみに盆栽関係のカエデモミジの区別は、「イロハモミジ」のように葉の切れ込みが5つ以上のカエデ属だけをモミジと呼び、その他(例えば「トウカエデ」は切れ込みが3つ)のカエデ属をカエデと呼んでいるそうだ

なんだかややこしいけど、秋に色が赤や黄色になるカエデをモミジと呼ぶというのが私の感覚には近い気がするきれいに紅葉(こうよう)してくれれば、名前はどっちでもいいんだけどね

すべての写真はクリックすると拡大表示されます
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ