ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

エゴノキ

昭和記念公園 ヤマボウシ

ゴールデンウィーク翌週の昭和記念公園。花の丘以外の様子。

立川口のカナールと噴水、小さいけど。両側のイチョウ並木はもうきれいな新緑。
昭和記念公園201805

この時期きれいにさいているのはヤマボウシ(山法師)、ミズキ科。
昭和記念公園201805
花の中央の花穂を坊主頭に4枚の花びらを白い頭巾に見立てて、比叡山延暦寺の山法師になぞられた名前なんだそうだ。想像力豊か(笑)。
昭和記念公園201805
同じミズキ科のハナミズキ(花水木)に似ているが半月ぐらいあとから咲く。夏には怪獣の卵みたいな実がなる。

ハニーサックル、スイカズラ科。単にスイカズラ(吸葛)とも呼ばれる。
昭和記念公園201805
なんだかスイカズラって白い花っていうイメージがあるんだけど。

カルミア、ツツジ科。北アメリカ原産でアメリカシャクナゲ(石楠花)とも呼ばれる。
昭和記念公園201805
蕾がコンペイトウ(金平糖)みたいでかわいい。金平糖でカルミアとくるとカルミンが食べたくなる。でもカルミンは2015年3月末で生産を終了しているんだよね・・・残念。
昭和記念公園201805
こうやって見ると確かにシャクナゲ(石楠花)にも似ているかな。

マルバセージ、シソ科。花はセージと見分けがつかないから、葉が丸いセージかな。
昭和記念公園201805

チャイブ、ユリ科。別名セイヨウアサツキ(西洋浅葱)。
昭和記念公園201805
花がチャイブに似ている、アカツメクサ(赤詰草)、マメ科。でもチャイブはハーブとして使われるけど、このアカツメクサは牧草かな(笑)。
昭和記念公園201805

エゴノキ、エゴノキ科。庭木としても見かける。
昭和記念公園201805
実の皮が有毒で口に含むとエグイ味がするからついた名前だそうだ。

花木園菖蒲田のスイレン、スイレン科、奥の緑はハナショウブ。
昭和記念公園201805
この日はまだハナショウブは咲いていなかったけど、ホームページによるとそろそろ咲き始めたようだ。

昭和記念公園(Vol.267)
(撮影 2018年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ポリジ

昭和記念公園の花の丘以外の花。

まずはたくさんの白い花が下向きに咲いているエゴノキ、エゴノキ科。
昭和記念公園201705
花が散ると木の下が真っ白になる。それで近所にこの木がわりとたくさん庭木として
植えられていることに気がついた。
昭和記念公園201705

花木園の菖蒲田。ここは花菖蒲がきれいに咲くんだけど、木道が新しくなってから、
肝心の花菖蒲がいまひとつのような気がする。
昭和記念公園201705
ここで花菖蒲がきれいに咲くのはあと1ヶ月ぐらい先かな。
昭和記念公園201705
菖蒲田の横で咲くスイレン、スイレン科。
昭和記念公園201705
この葉の上にはカエルがいてほしい。

菖蒲田そばのハーブ園で咲くチャイブ、ユリ科。
昭和記念公園201705

そしてこの時期にハーブ園に来るお目当はこの花。ポリジ、ムラサキ科。
昭和記念公園201705
別名スターフラワーと言われるように、きれいな星型の花。
昭和記念公園201705
色も爽やかな青色。もっと近くに寄って花を下から撮りたいんだけど・・・
昭和記念公園201705
今年は花の近くに寄って撮れない場所に植えられていてちょっと残念。

カルミア、ツツジ科。別名アメリカシャクナゲ。
昭和記念公園201705
蕾がチョコレートのお菓子アポロに似ている。

ここはトンボの湿地。人口の湿地にトンボの幼虫(ヤゴ)が生息している。
昭和記念公園201705
なんという名前がわからないけど、早くもトンボがたくさん飛んでいた。
昭和記念公園201705

これはシオカラトンボかな?
昭和記念公園201705

もうアカトンボが飛んで秋の雰囲気だ(笑)
昭和記念公園201705
このあと、原っぱ西のカリフォルニアポピー、リナリア、ヤグルマギク、
カスミソウがミックスされたミックスフラワーの花畑を見に行った。

昭和記念公園(Vol.211)
(撮影 2017年5月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園(2014年5月)花の丘

花の丘のシャーレーポピーが見頃になったというので昭和記念公園に行ってみた。

まずは、少し前から見頃になっていたみんなの原っぱ西花畑のアイスランドポピーの様子。 
昭和記念公園201405-4
この白い花はジャーマンカモミール、キク科。よく知られているハーブ。
昭和記念公園201405-3
アイスランドポピーだけではなくジャーマンカモミールも咲いて、より自然なお花畑感が出ている。
場所によってはジャーマンカモミールの方がメインになっている(笑)
昭和記念公園201405-2
 ジャーマンカモミールがたくさん咲いているこのあたりは甘い香辛料のようななんとも言えない香りが漂う。

そして最近見頃になった花の丘。
昭和記念公園201405-6
前回来た時はパラパラと赤い花が咲いていただけだったが、今回は赤いじゅうたんのような状態。 
昭和記念公園201405-8
まさに花の丘。
昭和記念公園201405-7
この赤い花はシャーレーポピー、ケシ科。別名虞美人草。
昭和記念公園201405-10
真っ赤な花だけでなくこんな色の花や真っ白な花も咲いている。
昭和記念公園201405-9
 
 昭和記念公園は他にもいろいろな花が咲いている(その一部を)。
昭和記念公園201405-5
ヤマボウシ、ミズキ科。このあと成る実はサッカーボールのような面白い形。

昭和記念公園201405-12
エゴノキ、エゴノキ科。
昭和記念公園201405-11
ピンク色の花もあるそうだ。

この花はシラン、ラン科。知らんではなく紫蘭。
昭和記念公園201405-13
紫色の蘭からついた名前なのに白い花の紫蘭があるのはなぜ?って聞くと知らんという答えが(笑)
昭和記念公園201405-1

ゆめひろばで開催中の「まんパク2014」。まんパクは昭和記念公園の入園料とは別に入場料が必要。
昭和記念公園201405-14
5/17(土)〜6/2(月)まで開催中。
昭和記念公園201405-16
美味しいものを食べるのは楽しくていいんだけど、このイメージ(体型)の家族にはなりたくないなぁ(汗)
すでに手遅れだという声も・・・

  昭和記念公園(Vol.113)
(撮影 2014年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

昭和記念公園(2013年8月)サギソウまつり

暑い8月に昭和記念公園に行ってサギソウを見る。

普段はモノレール立川北駅から歩く。でもこの日はあまりの猛暑で歩く気力がなく、立川からJR青梅線に乗り換えて1駅、西立川まで電車に乗った。

西立川口そば、さざなみ広場では、ボランティアの方が育てたサギソウが展示されている。
昭和記念公園201308-6
ここはマクロレンズでしっかり撮るシチュエーション。でも、今回はレンタルしたEOS KissX7iに高倍率ズームのセットしか持ってきていない(汗)。
 昭和記念公園201308-7

この週末にこのKissX7iをレンタルして確かめたかったのはバリアブル液晶+ライブビュー撮影の使い勝手。
下から覗き込むようにして、液晶でサギソウを確認しながらライブビュー撮影すれば、サギソウが飛んでいるような写真が撮れるのではないかと狙ってみたが下の写真が一番まともに撮れた写真・・・
昭和記念公園201308-5
背景が空などで明るく、その手前の白い小さな花にピントあわせる厳しい状況ではあったが、花までの距離を変えたりズーミングしたり、設定面ではコンティニュアスAFをON/OFFしたり「ライブ1点AF」や「クイックAF」にしたり、いろいろやってみたがなかなかピントがあわない(涙)。

液晶表示では合焦したことに(緑の枠になる)なっているんだけど、結局ちゃんとあってない。
レンタルしたばかりなので操作が不慣れだったこともあるのだろうけど、合焦までの速度も決して早くはなく、やっぱり私は使わないかなぁという感じ。

選択したレンズがこの状況に合わなかったかもしれないけど、ファインダーをのぞいて撮れば最初の2枚のようには撮れるレンズとの組み合わせなはず。
もちろんこの2枚のような状況ではライブビューでも問題なく撮れたが、その状況では普通にファインダーをのぞいて撮ればいいわけだしね(笑)

結局、以前使っていたコンパクトデジカメ(LUMIX DMC-LX3)で撮ったのが下の写真。
昭和記念公園201308-4
 LX3を逆さまにして勘で何枚も撮りまくった方が歩留まりがいい(笑)。
昭和記念公園201308-3
写真を撮っているという感覚とはちょっと違うのがちょっと残念だけどね(汗)

バリアブル液晶のコンパクトデジカメかミラーレス一眼がほしい。
普段使っているカメラが入院しているだけに無性にほしくなる。
RX100M2、NEX-5、GX7、X-M1、E-PL6・・・ポケットに入るのはRX100M2ぐらいかな、LX-7の後継機種が1インチセンサーでバリアブル液晶仕様にならないかなぁ?

これは花壇ではなく、花木園菖蒲田でミソハギの間を飛ぶサギソウ。
昭和記念公園201308-9
ちょっと自然の姿かな?

このレンゲショウマ、キンポウゲ科は花木園展示棟前に飾られていたもの。
昭和記念公園201308-2
これもLX3を逆さまにして勘で撮った写真。
昭和記念公園201308-1
まだ早かったのか、それとも鉢植えだったためか、花の色具合が少し良くない気がした。
 
ホオノキ、モクレン科の実。
昭和記念公園201308-10
エゴノキ、エゴノキ科の実。
昭和記念公園201308-8
ヤブミョウガの花と実。ヤブミョウガってツユクサ科なんだ・・・
昭和記念公園201308-11
秋ではないけど、少しずつ実を見るとが多くなってきたかもしれない。
でもまだ暑い・・・

  昭和記念公園(Vol.93)
(撮影 2013年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

昭和記念公園(2011年5月) 5月の花

5月の昭和記念公園。いままでアップしてきた花の丘、ハーブ園以外の花。
昭和記念公園201105-1
くりの花、とにかく香りがすごい。一瞬風に乗ってこの香りがする分には新緑の時期を感じさせてくれるが、5秒以上継続すると辛い

これはエゴノキ、エゴノキ科。果実を口に入れるとえぐい(えごい)刺激があることに由来するそうだ。
昭和記念公園201105-2
この時期、街路樹や庭木などところどころで木の下にこの白い花がたくさん落ちている姿を見かける。

ルピナス、マメ科。別名でノボリフジ(昇藤)と呼ばれるようにフジに似た花が下から咲き上がる。
昭和記念公園201105-7
いろいろな色があり、大きくなるのですごく派手やかな感じがする。
昭和記念公園201105-10
もう少し後の方が見頃になったかな。

これもまたネギ坊主に似たアリウム、見た目の通りネギ科。
昭和記念公園201105-8
以前、昭和記念公園の別の場所でこのアリウムを二回りぐらい大きくした、アリウム・ギガンチウムを見たことを思い出した。
昭和記念公園201105-9
前回ハーブ園そばで見たチャイブにも似ている。

日本庭園で見事に咲いてたシャクヤク(芍薬)、ボタン科。
昭和記念公園201105-13

暑くなると水回りが恋しい季節、きれいに咲いていたスイレン(睡蓮)、スイレン科。
昭和記念公園201105-3
上が淡いピンク色、下は少し赤っぽいピンク色。
昭和記念公園201105-5
高幡不動尊や京王百草園ではあまり見かけない白いスイレン。
昭和記念公園201105-6

これは白いカキツバタ?
昭和記念公園201105-4
アヤメ科の花で白色はあまり見たことがないけど、これから色が付くのだろうか。

アヤメにバッタがいた。
昭和記念公園201105-12

こちらはアカトンボ。
昭和記念公園201105-11
「赤とんぼ」って体の赤いトンボの総称で狭義では秋に見かけるアキアカネを指すそうだが、さすがにまだ秋ではないよね

草かげに咲いていた百合の花。
昭和記念公園201105-14
バッタにトンボに百合の花、もう夏だなぁなんて思うけど。関東地方を含めこれから本格的な梅雨の時期
早々に梅雨明けした沖縄がうらやましい

昭和記念公園(Vol.35)
(撮影 2011年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち