ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ウラシマソウ

京王百草園 春の百草園まつり

ゴールデンウィーク前半の京王百草園。こちらの春の花がたくさん咲いていた。

入り口近くてアヤメが出迎えてくれる。
京王百草園201804
アヤメは日本庭園に似合うかも。
京王百草園201804

こちらは同じアヤメ科のイチハツ(一初)。アヤメ科の中で一番早く咲くことからついた名前だそうだ。
京王百草園201804
イチハツの特徴は、花びらのところが白いトサカのようなもじゃもじゃした感じになっていること。
京王百草園201804
イチハツはそれほど珍しい花ではないと思うが、私の散歩エリアでは京王百草園以外では見かけない。

これはキショウブ(黄菖蒲)、アヤメ科。湿地以外でも良く育つため拡大の懸念があるらしい。
京王百草園201804

オオベニウツギ(大紅空木)、スイカズラ科又はタニウツギ科。
京王百草園201804
この時期◯◯ウツギという花がいろいろ咲くけどみんな似ていて見分けがつかない。
京王百草園201804

先日のウラシマソウ(浦島草)。陽射しが強くなってきたので、釣りをしながら自分で日傘をさしている、粋だね。
京王百草園201804
回りに落ちているのは梅。この時期の京王百草園はあちらこちらで梅の実が落ちている。

オダマキ(苧環)、キンポウゲ科。変わった形の花だ。
京王百草園201804

コデマリ(小手毬)、バラ科。
京王百草園201804
アジサイに似たオオデマリ(大手毬)はスイカズラ科だけど、このコデマリはバラ科。
京王百草園201804

ゴールデンウィークの京王百草園は藤棚が楽しみなんだけど、今年はすでに見頃が終わってしまっていた。
京王百草園201804

この日はボタン(牡丹)も終わっていて、シャクヤク(芍薬)、ボタン科が咲いていた。ボタンが終わってから続けてすぐ咲くのがシャクヤクの花。
京王百草園201804
ゴールデンウィーク前半でボタンが終わってしまうのはちょっと早い気がする。今年は春の花がすべて早め。この傾向はいつまで続くのだろうか。
京王百草園201804
女性の美しさを表現する「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉があるが、ボタンとシャクヤクの違いが良くわからない。
京王百草園201804
昭和記念公園のボタンの記事でも書いたけど、ボタンは樹木、シャクヤクが草。それって見た目にどうちがうの?という感じだけど、どうやら、冬の越し方、葉っぱ、花の散り方、つぼみの形が違うそうだ。
京王百草園201804
このかわいいまん丸のつぼみはシャクヤクで、ボタンのつぼみは先が少し尖っているらしい。

そしていつものように見晴らし台までのぼってみると、この時期にしては珍しくわりときれいに富士山が見えた。
京王百草園201804
この時期に富士山が見えるとなんだか得した気分(笑)。

(撮影 2018年4月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 黄色いカタクリと春の花

恒例の梅まつりが終わって、訪れる人が少なくなっている京王百草園。

ミツバツツジ、ツツジ科など春の花がたくさん咲いている。
京王百草園201804
ミツバツツジは上写真のように枝先に3枚の葉を出すことが名前の由来。

リキュウバイ(利久梅)、バラ科。明治末期に日本に入ってきたようで、茶人の千利休とは関係ないそうだ。
京王百草園201804

ハナズオウ(花蘇芳)、マメ科。
京王百草園201804
ハナズオウの白花。白花はあまり見かけない。
京王百草園201804

ウンナンオウバイ(雲南黄梅)、モクセイ科。庭木でよく見かける。
京王百草園201804

ヤマブキソウ(山吹草)、ケシ科。ヤマブキ色でよく知られるヤマブキ(山吹)、バラ科に似ていることからついた名前。
京王百草園201804

ムスカリ、ユリ科。
京王百草園201804
このムスカリはちょっと紫色が薄い感じがするが、ムスカリにも何品種かあるようで、それぞれ色が若干違う。

ムラサキゴケ、ゴマノハグサ科。小さい花なのでよく見ないとわからないが、田んぼのあぜ道あたりではよく見かける花。
京王百草園201804
ムラサキゴケの白花、サキゴケ。
京王百草園201804

ウラシマソウ(浦島草)、サトイモ科。浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てた名前。確かにそんな感じに見える。
京王百草園201804
たくさん釣っている!京王百草園201804

黄色いカタクリ、キバナカタクリ、ユリ科。北米原産で西洋カタクリ、エリスロニュームとも呼ばれる。
京王百草園201804
普通のカタクリより少し遅めに咲くが、今年少し早く咲いたようで、この日はもう見頃は過ぎていた。
京王百草園201804
花はカタクリと同じだけど、葉が少し違う感じがする。
京王百草園201804

これから5月にかけての京王百草園は藤棚やボタン、シャクヤクがきれいになる時期。
特に藤棚の具合が一番気になる。

(撮影 2018年4月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 黄色いカタクリ

梅が終わった後、4月中旬の京王百草園の様子。

 京王百草園201504-1

この時期に一番目を引くのはミツバツツジ。
京王百草園201504-2
その割には撮った写真が少ない・・・

ツツジ・サツキはまだこれからかな。
京王百草園201504-4

リキュウバイ(利休梅)、バラ科。あまり梅の花っぽくないけど。
京王百草園201504-6
利休の名前は茶室に飾ったことが多いこと、利休が亡くなった時期に咲くことなどが由来らしい。

イカリソウ、メギ科。
京王百草園201504-9
形が船のイカリの似ていることからついた名前。

色々な色があるそうだが、これもイカリソウ?
京王百草園201504-7
 
これもイカリソウ?レンゲショウマっぽいけど。レンゲショウマが咲くのはもう少し先だから違いかな。
京王百草園201504-8
 
この日一番見たかったのがこの黄色いカタクリ。
京王百草園201504-10
キバナカタクリ(黄花片栗)、ユリ科。 
この日は風が強くて近づいて撮って写真はブレて全滅・・・
京王百草園201504-12
薄紫色のカタクリよりも、少し華やかな感じ。

ウラシマソウ(浦島草)、サトイモ科。
京王百草園201504-5
細長く伸びた部分を浦島太郎の釣り糸に見立てた名前。
 
ムサシアブミ、サトイモ科。上のウラシマソウと似ている。
京王百草園201504-11
武蔵の国で作られた鐙の形に似ているからついた名前だそうだ。 

よくアジサイと間違えるけど、アジサイよりも早く咲くオオデマリ、スイカズラ科。
京王百草園201504-3
 アジサイはアジサイ科又はユキノシタ科。

これからフジがきれいに咲く季節になるが、残念ながら、この日はまだ藤棚のフジは咲いていなかった。

(撮影 2015年4月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 春の百草園まつり

4月26日から5月6日まで京王百草園は春の百草園まつりが開催されている。

春はいつ来るんだ?なんて言っているうちに若葉の緑がすごくきれいに見える季節になった。
京王百草園201404-1

この時期らしく園内のいろいろなところでツツジがきれいに咲いている。
京王百草園201404-2
金閣寺垣と呼ばれる垣根。
京王百草園201404-10
垣根にも種類があって、建仁寺垣、光悦寺垣、竜安寺垣銀閣寺垣などたくさんあるそうだ。

ツツジの前に咲く牡丹。
京王百草園201404-3
 大輪の牡丹はすごく豪華なイメージ。
京王百草園201404-11
 
地味な春の花もたくさん咲いているのが百草園のいいところ。
例えば、このウラシマソウ、サトイモ科。
京王百草園201404-4
 花から伸びる細長いひょろひょろっとしたモノを浦島太郎の釣り糸に
見立てた名前


こちらはムサシアブミ、サトイモ科。
京王百草園201404-8
馬具の鐙(あぶみ)、それも武蔵の国で作られた鐙のタイプに似ているからついた名前。細かいね(汗)
 
チゴユリ(稚児百合)、ユリ科。地味だからか、初めて見るような気がする。
京王百草園201404-9チゴユリ
たくさん咲いている様子が「稚児行列」に似ていることからついた名前。

エビネ(海老根)、ラン科。
京王百草園201404-14
花の形が海老の尻尾に似ているからかと思ったら全然違う。茎とそこからはえる根の様子から・・・
そんなの見えないよ(汗)

ツリガネスイセン(釣鐘水仙)、ユリ科。この時期いろいろなところで見かける。
京王百草園201404-13
これも見た目。葉が水仙、花が釣鐘に似ているからついた名前。

ヤマブキソウ(山吹草)、ケシ科。この花に似たやまぶき色したヤマブキ(山吹)はバラ科。
京王百草園201404-7
この花はそのヤマブキの花に似ているからついた名前だそうだ。

ノダナガフジ(野田長藤)、マメ科。こちらは盆栽のもの。
京王百草園201404-5
 こちらは藤棚のノダナガフジ。こちらはもう少しかな。
京王百草園201404-6
上写真は4月26日の様子。 京王百草園のホームページによると藤棚のノダナガフジも今はきれいに咲いているそうだ。

イチハツ(一初)、アヤメ科。
京王百草園201404-12
アヤメ科の仲間で一番早く咲くからついた名前だそうだ。竹垣とよく似合う和の感じがする花だね。

 (撮影 2014年4月26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

京王百草園 カタクリとイカリソウ

4月半ばの京王百草園、この日はツツジやシャクナゲが見頃だった。

晴天の時に訪れると、入り口受付付近からきれいなツツジが出迎えてくれる。
京王百草園201304-13

新緑に赤い花がよく映えてこの時期らしい光景をつくる。
京王百草園201304-3

シャクナゲ、同じツツジ科だけあって1つ1つの花はそっくりなんだけど、咲き方がちょっと違う。
京王百草園201304-11

京王百草園にはウラシマソウ、サトイモ科のような地味な花(?)も咲いている。
京王百草園201304-1
細長いひょろっと伸びたモノを浦島太郎の釣り糸に見立てた名前。

このウラシマソウによく似ているのはムサシアブミ、同じくサトイモ科。
京王百草園201304-10
馬具のアブミに似ているからついた名前。アブミの中でも武蔵の国でつくられたアブミによく似ていたんだそうだ。なかなか細かい観察(笑)。

シジミバナ、バラ科。初めて見る、とても小さな花。
京王百草園201304-2
八重咲きというか、ギューッと密集した花。花をしじみの中身に見立てたらしい。

イカリソウ(錨草)、メギ科。
京王百草園201304-5
花びらが船の錨の形をしているからついた名前。この形の錨は大きな船の船首から降ろす錨ではなく、手漕ぎボートや小さな釣り船で使うようなタイプの錨だね。
京王百草園201304-4
なんだかレンゲショウマにも似ている。

なんだか変わった花、エビネ、ラン科。やっぱりラン科だ。
京王百草園201304-7
この花の形がエビの尻尾かと思ったら、茎と根の様子らしい・・・

カタクリ、ユリ科。京王百草園のカタクリは見晴らし台のそばでたくさん見ることができるが、この日はその場所のカタクリはすでに花が終わったあと。
京王百草園201304-12
このカタクリは入り口の受付裏で見つけた。

この日、見晴らし台そばで咲いていたのは黄色いカタクリ。キバナカタクリ、ユリ科。
京王百草園201304-8
北米大陸では自生しているそうだが、日本には園芸用として入って来たらしい。そのためか、セイヨウカタクリとも呼ばれる。
京王百草園201304-9
色が黄色でもカタクリは可憐だね。

決して広くはない京王百草園、それでもいろいろな花が楽しめる。

(撮影 2013年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 色とりどり

百草園201104-9
この前の週末、晴れた日曜日に散歩で京王百草園に行ってきた。

ミツバツツジは見頃を終えて、いまはいろいろな色のツツジが咲いている。
百草園201104-4
真っ白なツツジ。

ツツジといえばこの色、一番よく見る色じゃないかな。
百草園201104-12

シャクナゲ(石楠花)、これもツツジ科。花を見ればわかるよね。
百草園201104-8


黄色いカタクリ。セイヨウカタクリとかキバナカタクリなどとも呼ばれる。
百草園201104-7
ツツジ科ではなく、ユリ科。

これはウラシマソウ(浦島草)、サトイモ科。
百草園201104-3
上の写真では少し切れてしまっているが、花びらのようなものの先が細長く糸のように伸びている。これが浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立ててついた名前なんだそうだ。
百草園201104-2
しかし、変わった形の花だ・・・

これはマルバアオダモ、モクセイ科。
百草園201104-1
材質が堅く粘りがあるアオダモは野球のバットなどの材料になるらしい。でも国産は減っているんだろうね。

これはハナズオウ(花蘇芳)、マメ科。
百草園201104-10
ピンク色の花は比較的よく見かけるけど、ここはすぐ隣に白い花のハナズオウもあった。
百草園201104-11
スオウはインド・マレー原産の染料となる植物。この赤い色をスオウ色といい、ハナズオウは花の色がこのスオウ色に似ていることからついた名前。では、白いハナズオウの立場は

ちょっと花が乱れているけど、ボタン(牡丹)、ボタン科。
百草園201104-13
百花の王、花中の王などと言われるだけあって見事な花なんだけど、この日はあまりいい感じに撮れなかった、ちょっと残念。

これはリキュウバイ、バラ科。中国揚子江原産なのに利休梅と書くのは茶花として利用されることにちなむ名前だそうだ。利久梅と紹介されている場合もある。
百草園201104-6

梅も桜も一段落した京王百草園、緑深い心字池。
百草園201104-5
ちょっと奥行き深く撮ってみた

派手さはなく、それほど広くないけど京王百草園は静かでいいところ。でも駐車場はないので、京王線百草園から散策ついでに歩きましょう、途中に急坂があるけどね

(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園の花たち

散歩写真(vol.132)この時期の百草園のメインはこのミツバツツジをはじめとするツツジ科の花なんだけど
百草園20100418-14
他にもいろいろな花を見ることができる

これは利休梅(リキュウバイ)。梅だからバラ科だね。
百草園20100418-8
でも見た感じあまりウメって感じがしない。

別名がバイカシモツケ、マルバヤナギザクラ、ウメザキウツギ、ウツギモドキなどたくさんあるけど、どの名前を見てもやっぱり梅って感じがしない名前だね
百草園20100418-7
利休という名前はこの花が茶会の席に飾る花(茶花)として利用されることからだそうだが、「千利休」の時代からあったわけではなく、中国が原産地で日本には明治時代に入ってきた花なんだそうだ

昨年に引き続き、今年も黄色いカタクリ、ユリ科のセイヨウカタクリ。
百草園20100418-9
なんかこうやって見るとユリの花って感じがする

普通のカタクリと同じように花がうつむき加減なので撮るのが大変
百草園20100418-10

これはケシ科のヤマブキソウ(山吹草)。ヤマブキ(山吹)に似ているけど、ヤマブキの花びらは5枚、こちらは4枚。さらにヤマブキはバラ科。百草園20100418-17

ここまではすごく典型的な花らしい花だったけど、これも花・・・ムサシアブミ(武蔵鐙)、サトイモ科。
百草園20100418-11
これが花?草みたい。なんか「い〜だ!」って言っている口元のようだ

百草園20100418-18
名前の通り、武蔵の国で作られる馬具の鐙に似た形なんだそうだけど、全然わからない

そしてこれもまた本当に花なんだろうか?と思うような形の花。ウラシマソウ(浦島草)、これもサトイモ科。
百草園20100418-5
花の先から延びるヒョロヒョロとした細長いのが、浦島太郎の釣り糸のように見えることが名前の由来なんだそうだ
釣り人の代表は浦島太郎だったのか・・・

前からみると、食虫植物のウツボカズラの日本版って感じもするね
百草園20100418-4
しかし、どうしてこういう形の花になったのかなぁ
ちょっと大袈裟だけど生物の多様性を感じた散歩になった

(撮影 2010年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち