ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

イチョウ並木

昭和記念公園 晩秋のイチョウ並木

昭和記念公園のイチョウ並木もそろそろ終わり。
日が沈む30分ぐらい前の立川口カナールのイチョウ並木の様子。
昭和記念公園201711
噴水の左側のイチョウはかなり葉が落ちてしまっている。

噴水の右側のイチョウはまだ葉が比較的残っている。
昭和記念公園201711
同じ側のイチョウも噴水の方から見るとさらに葉が残っているように見えるのが面白い。たぶんこれは陽が射しているので、葉が落ちた枝があっても、その奥の葉が見えるので残っているように見えるのだろう。
昭和記念公園201711
水面に映ったイチョウ。水面に落ち葉が浮いてしまっているのがちょっと残念かな(笑)
昭和記念公園201711

秋の最後を飾るように傾いた陽射しに輝くイチョウ。
昭和記念公園201711

昭和記念公園201711

再び反対側のイチョウ並木。
昭和記念公園201711
イチョウ並木の手前右側に赤く色づいたカエデが見えている。
昭和記念公園201711
カエデはイチョウよりも色づきが遅いためか、まだ緑色が残っている。
昭和記念公園201711
イチョウ並木の黄葉もいいけど、やっぱりカエデの紅葉もいいなぁ(笑)

昭和記念公園(Vol.243)
(撮影 2017年11月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 立川口カナールイチョウ並木の黄葉

今年最後の3連休最終日の昭和記念公園の様子。この3連休は概ねいい天気だったが、この最終日が一番いい天気になったようだ。

立川駅に一番近いあけぼの口から入って、立川口を見下ろす位置からの風景も秋らしい色合いになってきた。
昭和記念公園201711

立川口カナール両側のイチョウ並木。ここは200m106本のイチョウが並ぶが、いい感じに黄葉している。
昭和記念公園201711
水面に落ち葉が浮いてしまっているため、イチョウ並木の映り込みはいまひとつ・・・

これは噴水に向かって左側のイチョウ並木。立川口から入るとだいたいの人はこちら側を歩いて園内に向かう。
昭和記念公園201711
ここのイチョウ並木はそれほど大きなイチョウの木ではないので、場所によっては少し空間があいたように見える。

昭和記念公園201711
黄色い絨毯が出来上がりつつある。
昭和記念公園201711

途中から反対側のイチョウ並木を振り返る。
昭和記念公園201711
同じイチョウ並木を噴水の後ろから眺めたところ。
昭和記念公園201711

この噴水の横の方に赤く色づくモミジの木がある。
昭和記念公園201711
このモミジがもう少し色づいてくれると、イチョウの黄色とモミジの赤色のコラボレーションが楽しめる。

昭和記念公園(Vol.240)
(撮影 2017年11月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 紅葉と黄葉の様子

昭和記念公園のモミジの紅葉とイチョウ並木の黄葉の様子。

2週連続して週末にやってきた台風21号と台風22号の間の束の間の晴れ間。
昭和記念公園201710
立川口カナール両側の100m✕2に106本からなるカナールイチョウ並木。
昭和記念公園201710
これは立川口から見て噴水の左側のイチョウ並木の様子。
昭和記念公園201710
10月は雨続きで、陽射しが当たっているだけできれいに感じる。
昭和記念公園201710
こちらは反対側のイチョウ並木の様子。
昭和記念公園201710
ホームページによると、ここの黄葉の見頃は11月上旬から。
昭和記念公園201710
あの匂いの元もしっかり落ちている(笑)

これは、300m98本からなるうんどう広場横のかたらいのイチョウ並木、
昭和記念公園201710
ここは長さもありイチョウの木も大きくて雰囲気のあるイチョウ並木になっている。でも色づきはまだこれからという状況。ここの黄葉もホームページによると見頃は11月上旬から。

日本庭園のモミジの紅葉の様子。ここのモミジは約300本あるそうだ。
昭和記念公園201710
池に突き出して建てられた清池軒とその回りのモミジの紅葉がかなり色づいている。
昭和記念公園201710
下は清池軒の反対側に建てられている、四阿(あずまや)「昌陽」からの眺め。ここからは額縁の絵を見るような紅葉の様子を見ることができる。
昭和記念公園201710

みんなの原っぱ西花畑のイエロー系のコスモスは台風の影響で倒されてしまっていた。
昭和記念公園201710
時期的にもそろそろ花期の終わりとなり、今年はきれいな様子を見ることができなかった。
昭和記念公園201710
これはイエローガーデン。同じ黄色のコスモスでも黄花コスモスとは明らかに違う淡い黄色。玉川大学農学部の育種学研究室が30年以上の歳月をかけて世界で初めて開発したもので1987年(昭和62年)に品種登録されたもの。

花木園展示棟前で咲いている秋咲きの原種系シクラメン、サクラソウ科。
昭和記念公園201710
原種系とは品種改良されていない野生種ということ。
昭和記念公園201710
葉がほとんどなく花だけのシクラメンってなんだか不思議な感じ。

昭和記念公園(Vol.239)
(撮影 2017年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 コスモスの様子ほか

きれいに晴れた10月9日体育の日の昭和記念公園。

立川口カナール両側のイチョウ並木はまだ色づかず緑色。
昭和記念公園201710
でも銀杏が落ちはじめていて、拾っている人もいた。
昭和記念公園201710
アスファルトが黄色になっているところは銀杏が落ちて潰れたところ。独特の匂いが漂う(汗)

これはホトトギス、ユリ科。
昭和記念公園201710
近くで見るとちょっと変わった形の花。
昭和記念公園201710
ホトトギスにはいろいろな品種があるようだが、この白花の品種はなかなかきれいだ。
昭和記念公園201710

そばの花畑はまだ見頃で青空の下できれいに見ることができた。
昭和記念公園201710
でも、春の花の準備のために刈り取られるようだ。来春は菜の花畑になるのだろうか。
昭和記念公園201710
そばは繁殖力が強いんだね。

コスモスのメイン会場とも言える、花の丘のドワーフセンセーションも見頃になっている。
昭和記念公園201710
やはり青空の下で見るときれいだね。
昭和記念公園201710

こちらはこれから見頃になるみんなの原っぱ西花畑のコスモス紹介看板。
昭和記念公園201710
昭和記念公園のコスモスまつりの開花リレーは、第一弾が原っぱ東花畑の黄花コスモス(レモンブライト)、第二弾がいま見頃の花の丘のドワーフセンセーション、そしてここ原っぱ西花畑のコスモス4品種が第三弾となる。

オレンジキャンパスはもう見頃に近いぐらい咲いていた。
昭和記念公園201710
なんか普通のピンク色のコスモスっぽい感じに見えるけど、下写真のような花がオレンジキャンパスだと思われる。
昭和記念公園201710

クリムゾンキャンバスもかなり咲いている。
昭和記念公園201710
クリムゾンキャンパスの普通の赤紫色のコスモスのように見えるけど、クリムゾン色のコスモスなんだそうだ。
Wikipediaによるとクリムゾン又はクリムソン色とは「濃く明るい赤色で、若干青みを含んで紫がかる。彩度が高く、色相環上ではマゼンタと赤の中間に位置する」、16進表記は#DC143Cだそうだ。
昭和記念公園201710
う〜ん、この色か・・・?

これはイエローキャンパス。まだちょっとこれからという感じ。
昭和記念公園201710

こちらのイエローガーデンはだいぶ咲いているけどあと少しで、見頃という感じ。
昭和記念公園201710
このイエロー系の2品種は毎年ここで見ることができるコスモスで、なかなかいい色のコスモス。

昭和記念公園のホームページによると、この日(10/9)のあと、いい天気が続いて一気に開花が進み、原っぱ西花畑のオレンジキャンパス、クリムゾンキャンパス、イエローキャンパス、イエローガーデンはすべて見頃になったそうだ。

14,15日の週末は両方とも雨模様、次の週末21,22日も予報では天気が悪く、その後もし台風なんかが接近してきたら、見頃を見る前に終わってしまいそう。

昭和記念公園のコスモスまつりは10月29日まで、そのあと11月5日にはコスモスは摘み取り体験で摘み取られてしまう。

昭和記念公園(Vol.238)
(撮影 2017年10月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 日本庭園で秋の予感

8月最後の週末の昭和記念公園。この日は秋を思わせる雰囲気の中で快適な散歩ができた。

立川口そばのカナール両側のイチョウ並木。ちょっと色が変わっている葉。
昭和記念公園201708
まだ熟していない色のギンナンがたくさん成っている。たくさん落ちてきそうだ。
昭和記念公園201708
国営公園なので植物や岩石などを持ち出してはいけないんだけど、ギンナンは拾っている人がいる。

久しぶりに日本庭園に行ってみる。まだ紅葉しているわけがないと思ったけど・・・
昭和記念公園201708
モミジってちょこちょこ、こういう色付く枝があったりするよね。

こちらは枝ごと色づくのではなく、葉ごとに色付いている。
昭和記念公園201708
この日は湿度が低くカラッとしていたこともあったけど、こういう様子を見ているだけで気分が爽やかになる。

昭和記念公園201708
そらに浮かぶ雲も今日は見ていて気持ちが良い。風もなくて鏡のような水面に映る姿もいい感じ。
昭和記念公園201708
池の水面をキャンバスに空と雲の絵を書いたようだ。
昭和記念公園201708

これはシロシキブ(白式部)、クマツヅラ科の実。ちょっと実の付き方が少ない。
昭和記念公園201708
別名、白実の小紫というように、未熟成なのではなく実はずっと白色。

赤紫色のシュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201708
高幡不動尊では白い花ばかりなので、赤紫色の花を撮りたかったんだけど、残念なことにまだこれから・・・

暑い真夏の昭和記念公園を爽やかにしてくれたサギソウまつりも次の週末で終わってしまう。
昭和記念公園201708

こちらは鉢植えではなく菖蒲田そばで自然に咲いているサギソウ。紫色の花はミソハギ。
昭和記念公園201708
まばらだけど普通はこういう感じに咲くんだろうか。
昭和記念公園201708
やっぱり鉢植えの方が見映えがする(笑)
昭和記念公園201708

運動広場そばのイチョウ並木。ここは夏でも雰囲気があるなぁ。
昭和記念公園201708
ここが色づくのはまだまだ先。がんばって11月中旬まで待つと下のようになる。
昭和記念公園201611
これは昨年11月中旬の様子。もう涼しいを通り越して寒い時期だね(笑)

昭和記念公園(Vol.229)
(撮影 2017年8月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ウインターイルミネーション2016

12月の昭和記念公園はこれ「Winter Vista Illumination 2016」
立川口カナールとその奥のふれあい広場がイルミネーションで飾られている。
昭和記念公園イルミネーション2016

今回は立川口カナールのイルミネーションの様子。
昭和記念公園イルミネーション2016
イチョウ並木がライトアップされて、昼間とはまったく違った光景になっている。

昭和記念公園イルミネーション2016
ここは、「シャンパングラスツリーがきらめき、木と水が輝くロマンチックなビスタエリア」
とされているので、いたるところにグラスが置かれている(笑)
昭和記念公園イルミネーション2016
近くで見るグラスもなかなかいいなぁなんて思いながら写真を撮っていると、
このグラスはすごくきれいだけど、定期的に洗っているのか?なんて余計な
ことを考えてしまう。
昭和記念公園イルミネーション2016
さらに、この中身は普通の水なのか?とかも考えてしまったりして・・・。

昭和記念公園イルミネーション2016
高く積まれたシャンパングラスと木々、噴水がロマンチックな空間を作り出している。
昭和記念公園イルミネーション2016
イチョウ並木のイルミネーションは控えめで、ライトアップがメイン。
昭和記念公園イルミネーション2016
でも、こういうシブい感じもいいよね。
昭和記念公園イルミネーション2016
きれいなお月さんもイルミネーションの仲間入り。
昭和記念公園イルミネーション2016
この日一番きれいだと思ったのは、ライトアップされたイチョウ並木が水面に
映ったこの光景。

昭和記念公園のウインター・ビスタ・イルミネーション 2016は12月25日(日)まで。
23、24、25日の3連休は冬の花火が打ち上げられる。

ふれあい広場のイルミネーションは別記事で。

昭和記念公園(Vol.192)
(撮影 2016年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 晩秋の風景(2016年11月)

2016年11月、昭和記念公園の晩秋の風景

たまに雲の切れ目から薄日が差すこともあるけど、どんよりとしたくもり空。
昭和記念公園201611
水鳥の池周辺の紅葉が晩秋を感じさせてくれる。

たぶんこれを撮ったのは15時ぐらいだと思うけど、この時期はもう夕方の雰囲気。
昭和記念公園201611
このあたりはケヤキの木が多い。

 大きくて雰囲気のあるスズカケノキ。プラタナスとも呼ばれる。
昭和記念公園201611

水鳥の池のケヤキ。
昭和記念公園201611
 
イチョウ並木が黄葉しているカナールの噴水回り。
昭和記念公園201611
 噴水の奥でひときわ目立つ赤く色づいたモミジが下の写真。
昭和記念公園201611
このモミジはカナールのイチョウ並木のすぐ横。
昭和記念公園201611
モミジ越しのイチョウ並木。
昭和記念公園201611
イチョウ並木を撮った日のしっとりとした晩秋の風景でした。

昭和記念公園(Vol.191)
(撮影 2016年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

イチョウ並木 黄色い絨毯

11月中旬の昭和記念公園、イチョウ並木の黄色い絨毯。
今年はイチョウの色づき具合、落葉、天気、休日、それぞれのタイミングが合わず今ひとつ・・・
昭和記念公園201611
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園
昭和記念公園201611
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園

上2枚は運動広場そばの「かたらいのイチョウ並木」(2列、98本、300m)。
落ち葉がたくさんで絨毯になってはいるけど、天気が悪くて黄金に輝いていない・・・だから黄色い絨毯(笑)。

昭和記念公園201611
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園
昭和記念公園201611
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園

上の2枚は立川口そばのカナールイチョウ並木(4列、106本、200m)
こちらは天気が悪いだけでなく、落葉もいま一歩だった。

イチョウ並木の黄金の絨毯はタイミング勝負。来年に期待しよう。

昭和記念公園 イチョウ並みの黄葉

11月最初の週末、土曜日(5日)の昭和記念公園イチョウ並みの様子。

立川口入り口前のイチョウ並木。
昭和記念公園201611
昭和記念公園のイチョウで一番色づきが進んでいるのはここのイチョウかもしれない。 

カネールのイチョウ並木(106本、4列、200m)。
昭和記念公園201611
ここは高さ制限(7m)があるらしく、きれいに形が整えられている。

このはまだ緑色がベース。
昭和記念公園201611
噴水側から見たろところ。青空に直線を描いたような風景。
昭和記念公園201611
しっかり銀杏がなっている。一部はもう落ちているので、あの匂いも・・・(汗)。
昭和記念公園201611

こちらはうんどう広場横のかたらいのイチョウ並木(98本、2列、300m)。
昭和記念公園201611
いつから「かたらいのイチョウ並木」と呼ばれるようになったのかな?

こちらのイチョウ並木は自然のイチョウ並木。
昭和記念公園201611
ちょっと黄色になっているかな。
昭和記念公園201611
横から見たところ。もう少しだね。
昭和記念公園201611
ホームページによるとイチョウ並木の紅葉は20日頃が見頃ではないかとのこと。

このイチョウ並木の横はバーベキュー場。
昭和記念公園201611
写真を撮っていると肉を焼くいい香りが漂ってくるのが困ったところ。

次の週末(11月19・20日)が見頃になりそうだけど、天気はどうかな?

昭和記念公園(Vol.190)
(撮影 2016年11月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 日本庭園 紅葉の様子

昭和記念公園の日本庭園。ここは昭和記念公園の紅葉ポイントの1つ。

池に張り出した清池軒からの眺め。
昭和記念公園201610
所々色づいた木々があるものの、紅葉はまだ始まったばかりという感じ。
下がその清池軒。
昭和記念公園201610
清池軒の周りも紅葉ポイントになっているが、下のように一部が色づいている状態。
昭和記念公園201610
 

昭和記念公園201610
所々で色づいている木を意識的に入れて撮ってみると、それなりに紅葉が
進んでいるように見える。
昭和記念公園201610

この日、日本庭園で一番色づいていたモミジの木。
昭和記念公園201610
午前中は青空が出ていたこの日。写真を撮るにはいい感じだった。
この木の回りは写真を撮る人がたくさん、みんなここに集まっている感じ。だから
全体の写真はなし(笑)。
昭和記念公園201610
木全体ではなく、葉を1つ1つ見るとまだ緑色の葉もたくさん残っている。

いま日本庭園できれいに咲いているのは、タイワンホトトギスとこのツワブキ、キク科。
昭和記念公園201610
葉がフキに似ていて、つやがあることから、つやぶきが変化してつわぶきになったとか。
昭和記念公園201610
この花を見るとどうしても妻夫木聡を思い出す。この花の写真をアップする
ときにはいつも書いているけどね・・・(汗)

昭和記念公園201610
昭和記念公園の紅葉スポットの1つ立川口カナールのイチョウ並木。
昭和記念公園201610
少し色が変わってきてはいるけど、もう少し先(11月上旬頃)のようだね。

この日は午後になって急速に雲が広がり夜は雨が降った。

昭和記念公園(Vol.186)
(撮影 2016年10月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

黄色い絨毯

昭和記念公園201511
    D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.11 昭和記念公園
昭和記念公園201511
   D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.11 昭和記念公園
昭和記念公園201511
   D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.11 昭和記念公園

きれいな黄色い絨毯が完成していました。

でも、肝心のイチョウ並木はかなり終わっていました。


 

昭和記念公園(2015年11月7日)イチョウ並木の黄葉

前回の記事は昭和記念公園の日本庭園の紅葉だったが、今回は同じ11月7日の
イチョウ並木の黄葉。

昭和記念公園にはイチョウ並木が2つある。
まずは立川口のカナール両側のイチョウ並木、両側で約200m、106本。
昭和記念公園201511-2

割と黄葉が進んで黄色くなっているように見える。
昭和記念公園201511-4
イチョウ並木の中を歩くとこんな感じ。
昭和記念公園201511-7
上の写真を撮った時は晴れていたけど、この写真を撮った時はかなり曇ってしまった。


もう1つは昭島口に近い「うんどう広場」のそばにあるイチョウ並木。
昭和記念公園201511-5
 立川口カナールのイチョウ並木より長く約300m、98本。雰囲気はこちらの方が好き。
昭和記念公園201511-6
曇ってしまって、色がわかりづらいけど、もう少しって感じ。見頃は11月中旬頃かな。

朝は晴れ間が見えたんだけど、昼頃からどんどん曇ってしまった。
この週末は天気が良くないらしい、次はもう少し天気がいい日に訪れて輝くイチョウ並木を撮りたいね。

昭和記念公園(Vol.145)
(撮影 2015年11月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
  

昭和記念公園 イチョウ並木の黄葉

昭和記念公園201411-2
  K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.11 昭和記念公園
昭和記念公園201411-4
  K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.11 昭和記念公園
昭和記念公園201411-3
 K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.11 昭和記念公園

昭和記念公園運動広場横のかたらいのイチョウ並木の黄葉。

ふかふかの黄色い絨毯は11月末頃まで楽しめるそうです。


昭和記念公園(2014年11月)イチョウ並木の様子

昭和記念公園の11月の見所、前回は日本庭園の紅葉だったが、今回はイチョウ並木の様子。
写真はすべて11月3日。

ついうっかりモノレールを一駅乗り過ごしてしまって高松駅から歩いたため、
IKEAのオープンと同じ時期に新しくできた高松口から昭和記念公園に入ってみた。
昭和記念公園201411-1
 確かに出来立てで新しい感じ。

高松口から入ったすぐのところにある、ゆめひろばでは肉フェスをやっていた。
昭和記念公園201411-2
肉が焼けるいい匂いが漂う。でもすごい人。
 昭和記念公園201411-3

立川口までのアプローチがすっかり秋色に変わっている。
昭和記念公園201411-4

カナールと噴水。秋の青空が気持ち良い。
昭和記念公園201411-5
 そしてその横のイチョウ並木。
 昭和記念公園201411-6
かなり黄葉している。ちなみにこれは11月3日の様子。
昭和記念公園201411-7
先月よりも銀杏のあの香りが少し落ち着いた感じがするけど、まだ落ちずに残っている銀杏もある。
昭和記念公園201411-8
黄色のじゅうたんもできつつある。


こちらは昭島口に近い運動広場西にあるかたらいのイチョウ並木。
昭和記念公園201411-9
まだ緑色が多いように見えるが、横から見るとかなり黄葉している。
昭和記念公園201411-11
こちらも黄色いじゅうたんができつつある。
昭和記念公園201411-10
このイチョウ並木は立川口カナール横よりも長くて雰囲気がある。
昭和記念公園201411-12
写真はすべて11月3日のもの。
今頃はこの写真よりもずっと黄葉が進んでいることだろう。

昭和記念公園(Vol.126)
(撮影 2014年11月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

雰囲気のある300m

イチョウ並木
    K-5IIs with DA ☆50-135mm F2.8 ED SDM 2014.9 昭和記念公園

昭和記念公園うんどう広場のイチョウ並木は、ここが開園する前から存在している古いイチョウ並木なんだそうです。

黄葉の見頃は例年11月中頃ですが、普段でも雰囲気のあるイチョウ並木。

昨年の黄葉の様子はこちら


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ