ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

イチハツ

京王百草園 春の百草園まつり

ゴールデンウィーク前半の京王百草園。こちらの春の花がたくさん咲いていた。

入り口近くてアヤメが出迎えてくれる。
京王百草園201804
アヤメは日本庭園に似合うかも。
京王百草園201804

こちらは同じアヤメ科のイチハツ(一初)。アヤメ科の中で一番早く咲くことからついた名前だそうだ。
京王百草園201804
イチハツの特徴は、花びらのところが白いトサカのようなもじゃもじゃした感じになっていること。
京王百草園201804
イチハツはそれほど珍しい花ではないと思うが、私の散歩エリアでは京王百草園以外では見かけない。

これはキショウブ(黄菖蒲)、アヤメ科。湿地以外でも良く育つため拡大の懸念があるらしい。
京王百草園201804

オオベニウツギ(大紅空木)、スイカズラ科又はタニウツギ科。
京王百草園201804
この時期◯◯ウツギという花がいろいろ咲くけどみんな似ていて見分けがつかない。
京王百草園201804

先日のウラシマソウ(浦島草)。陽射しが強くなってきたので、釣りをしながら自分で日傘をさしている、粋だね。
京王百草園201804
回りに落ちているのは梅。この時期の京王百草園はあちらこちらで梅の実が落ちている。

オダマキ(苧環)、キンポウゲ科。変わった形の花だ。
京王百草園201804

コデマリ(小手毬)、バラ科。
京王百草園201804
アジサイに似たオオデマリ(大手毬)はスイカズラ科だけど、このコデマリはバラ科。
京王百草園201804

ゴールデンウィークの京王百草園は藤棚が楽しみなんだけど、今年はすでに見頃が終わってしまっていた。
京王百草園201804

この日はボタン(牡丹)も終わっていて、シャクヤク(芍薬)、ボタン科が咲いていた。ボタンが終わってから続けてすぐ咲くのがシャクヤクの花。
京王百草園201804
ゴールデンウィーク前半でボタンが終わってしまうのはちょっと早い気がする。今年は春の花がすべて早め。この傾向はいつまで続くのだろうか。
京王百草園201804
女性の美しさを表現する「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉があるが、ボタンとシャクヤクの違いが良くわからない。
京王百草園201804
昭和記念公園のボタンの記事でも書いたけど、ボタンは樹木、シャクヤクが草。それって見た目にどうちがうの?という感じだけど、どうやら、冬の越し方、葉っぱ、花の散り方、つぼみの形が違うそうだ。
京王百草園201804
このかわいいまん丸のつぼみはシャクヤクで、ボタンのつぼみは先が少し尖っているらしい。

そしていつものように見晴らし台までのぼってみると、この時期にしては珍しくわりときれいに富士山が見えた。
京王百草園201804
この時期に富士山が見えるとなんだか得した気分(笑)。

(撮影 2018年4月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 アヤメの仲間

京王百草園の藤棚以外の花々。

心字池のそばで咲くアヤメ、アヤメ科。
京王百草園201705
アヤメは葉が細いことと花びらの元の部分に網目の模様があるのが特徴。
京王百草園201705
ここは弁天池のそばだけどアヤメは乾いた土に生える。
ブログを始めた頃はアヤメとカキツバタ、ハナショウブの見分けが全然つかなかったけど、
だんだんとわかるようになってきた(笑)。

こちらはイチハツ(一初)、アヤメ科。アヤメ科の中でいち早く咲くからついた名前と言われる。
京王百草園201705
特徴は、花びらにあるトサカ状の白いヒラヒラ。ハナムグリが蜜を吸っていた。
京王百草園201705
イチハツも乾いた土に生える。

こちらはジャーマンアイリス、アヤメ科。別名ドイツアヤメ、そのまんまの別名。
京王百草園201705
花の上の方が大きくひらひらになっているが特徴でなんとなく洋風に見える。
この日はカキツバタが咲いていなかったけど、カキツバタはもう少し後
から湿地に咲く。百草園では心字池回りに咲く。

こちらはオダマキ(苧環)、キンポゲ科。
京王百草園201705
下も同じくオダマキ。ちょっと色が薄い。
京王百草園201705

新緑の中の赤い色はカエデの花。
京王百草園201705
カエデの花は羽根のような形をしていて、秋に実がなり木から落ちる時に風に飛ばされて
遠くに運ばれるようになっているそうだ。
京王百草園201705

これはボタン(牡丹)、ボタン科。花はシャクヤク(芍薬)に似ているが葉が違う。
京王百草園201705
シャクヤクはもう少し後から咲く。

これは、タツナミソウ(立浪草)、シソ科。
京王百草園201705
花が波立つような形をしているからついた名前だそうだ。もう少しアップで撮って
おけばよかったかな(汗)

京王百草園201705
上はコデマリ、バラ科。下はオオデマリ、スイカズラ科。
名前は手毬の小と大の違いだけど、花はだいぶ違う・・・。
京王百草園201705
オオデマリは白いアジサイに似ているけど、咲く時期がかなり早い。

(撮影 2017年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 春の百草園まつり

4月26日から5月6日まで京王百草園は春の百草園まつりが開催されている。

春はいつ来るんだ?なんて言っているうちに若葉の緑がすごくきれいに見える季節になった。
京王百草園201404-1

この時期らしく園内のいろいろなところでツツジがきれいに咲いている。
京王百草園201404-2
金閣寺垣と呼ばれる垣根。
京王百草園201404-10
垣根にも種類があって、建仁寺垣、光悦寺垣、竜安寺垣銀閣寺垣などたくさんあるそうだ。

ツツジの前に咲く牡丹。
京王百草園201404-3
 大輪の牡丹はすごく豪華なイメージ。
京王百草園201404-11
 
地味な春の花もたくさん咲いているのが百草園のいいところ。
例えば、このウラシマソウ、サトイモ科。
京王百草園201404-4
 花から伸びる細長いひょろひょろっとしたモノを浦島太郎の釣り糸に
見立てた名前


こちらはムサシアブミ、サトイモ科。
京王百草園201404-8
馬具の鐙(あぶみ)、それも武蔵の国で作られた鐙のタイプに似ているからついた名前。細かいね(汗)
 
チゴユリ(稚児百合)、ユリ科。地味だからか、初めて見るような気がする。
京王百草園201404-9チゴユリ
たくさん咲いている様子が「稚児行列」に似ていることからついた名前。

エビネ(海老根)、ラン科。
京王百草園201404-14
花の形が海老の尻尾に似ているからかと思ったら全然違う。茎とそこからはえる根の様子から・・・
そんなの見えないよ(汗)

ツリガネスイセン(釣鐘水仙)、ユリ科。この時期いろいろなところで見かける。
京王百草園201404-13
これも見た目。葉が水仙、花が釣鐘に似ているからついた名前。

ヤマブキソウ(山吹草)、ケシ科。この花に似たやまぶき色したヤマブキ(山吹)はバラ科。
京王百草園201404-7
この花はそのヤマブキの花に似ているからついた名前だそうだ。

ノダナガフジ(野田長藤)、マメ科。こちらは盆栽のもの。
京王百草園201404-5
 こちらは藤棚のノダナガフジ。こちらはもう少しかな。
京王百草園201404-6
上写真は4月26日の様子。 京王百草園のホームページによると藤棚のノダナガフジも今はきれいに咲いているそうだ。

イチハツ(一初)、アヤメ科。
京王百草園201404-12
アヤメ科の仲間で一番早く咲くからついた名前だそうだ。竹垣とよく似合う和の感じがする花だね。

 (撮影 2014年4月26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

京王百草園 藤棚

ゴールデンウィークの京王百草園の様子。入り口ではツツジが出迎えてくれる。
京王百草園201305-1

5月の京王百草園で一番の見所は茶室前の藤棚。
京王百草園201305-7
ノダナガフジ(野田長藤)という藤棚に使われる品種だそうだ。
京王百草園201305-9
近くて見るとマメ科らしい花。
京王百草園201305-11
昨年はまったく開花せず残念なゴールデンウィークだったけど、今年はそのうっぷんを晴らすように見事に咲いた。
京王百草園201305-8
晴天にも恵まれて最高の眺め。
京王百草園201305-10
決して大きな藤棚ではないが、回りが緑に囲まれているのがこの京王百草園のいいところ。
京王百草園201305-13
水面に映る藤棚の姿も見ることができる。
京王百草園201305-12

アヤメ(菖蒲、文目)、アヤメ科。竹の生け垣がマッチする。
京王百草園201305-2
イチハツ(一初)、アヤメ科。
京王百草園201305-3

ジャーマンアイリス、アヤメ科。その名の通り、ドイツアヤメと言われる。
京王百草園201305-5
ドイツのアヤメだから「和」の景色にはちょっと似合わないかな(汗)。
京王百草園201305-4

オダマキ、キンポウゲ科。
京王百草園201305-6
漢字で書くと小田真希(誰?)ではなく苧環。
 
この時期の京王百草園は静かでのんびりできます

(撮影 2013年5月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち