ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

イカリソウ

京王百草園 ミツバツツジが咲いていた

忙しくて梅まつりの時期には1度しか訪れることができなかった京王百草園。

ミツバツツジが咲いたというので行ってみた。
京王百草園201603-1
梅まつりが終わって静けさが戻ってきた。

まずはこの時期らしく桜の花。
京王百草園201603-3
これは早くから咲く桜、啓翁桜(ケイオウザクラ)。

梅でもなければ桜でもない感じの花、なんだろう?と思ったらスモモ、バラ科だった。
京王百草園201603-12
夏、冷蔵庫で冷やしたスモモを食べると、ちょっと酸っぱいけど美味しいよね。

ボケ、バラ科の花。
京王百草園201603-8
こうやって撮るとちょっとツバキの花に似ている。

アセビ(馬酔木)、ツツジ科。
京王百草園201603-2

ハナニラ、ユリ科。この時期、いろいろなところで群生して咲いている。
京王百草園201603-4
葉っぱをちぎるとニラの香りがすること、葉がニラに似た美しい花などが名前の由来だそうだ。 

ウンナンオウバイ(雲南黄梅)、モクセイ科。
京王百草園201603-5
オウバイモドキとも言われるように、黄色い梅に似た花。

ムスカリ、ユリ科。
京王百草園201603-9

イカリソウ(碇草)、メギ科。見た通り船のイカリに似ている花。
京王百草園201603-7
ピンク色や黄色の花もあるそうだ。

ミツバツツジ、ツツジ科。葉が3枚ずつ出てくることからついた名前。
京王百草園201603-11
鮮やかなピンク色の花で京王百草園のツツジの仲間では一番先に咲く花。
京王百草園201603-6
ここだけ明るくなったように見える。

スミレ、スミレ科。ミツバツツジのような派手さがなく花が小さいので目立たないが、
園内のいたるところで咲いている春を代表する花。
京王百草園201603-10
花の形が大工道具の墨入れに似ていることから、スミイレがスミレになったそうだ。

梅は終わってしまったけど、春の花が一杯だった。

(撮影 2016年3月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 黄色いカタクリ

梅が終わった後、4月中旬の京王百草園の様子。

 京王百草園201504-1

この時期に一番目を引くのはミツバツツジ。
京王百草園201504-2
その割には撮った写真が少ない・・・

ツツジ・サツキはまだこれからかな。
京王百草園201504-4

リキュウバイ(利休梅)、バラ科。あまり梅の花っぽくないけど。
京王百草園201504-6
利休の名前は茶室に飾ったことが多いこと、利休が亡くなった時期に咲くことなどが由来らしい。

イカリソウ、メギ科。
京王百草園201504-9
形が船のイカリの似ていることからついた名前。

色々な色があるそうだが、これもイカリソウ?
京王百草園201504-7
 
これもイカリソウ?レンゲショウマっぽいけど。レンゲショウマが咲くのはもう少し先だから違いかな。
京王百草園201504-8
 
この日一番見たかったのがこの黄色いカタクリ。
京王百草園201504-10
キバナカタクリ(黄花片栗)、ユリ科。 
この日は風が強くて近づいて撮って写真はブレて全滅・・・
京王百草園201504-12
薄紫色のカタクリよりも、少し華やかな感じ。

ウラシマソウ(浦島草)、サトイモ科。
京王百草園201504-5
細長く伸びた部分を浦島太郎の釣り糸に見立てた名前。
 
ムサシアブミ、サトイモ科。上のウラシマソウと似ている。
京王百草園201504-11
武蔵の国で作られた鐙の形に似ているからついた名前だそうだ。 

よくアジサイと間違えるけど、アジサイよりも早く咲くオオデマリ、スイカズラ科。
京王百草園201504-3
 アジサイはアジサイ科又はユキノシタ科。

これからフジがきれいに咲く季節になるが、残念ながら、この日はまだ藤棚のフジは咲いていなかった。

(撮影 2015年4月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 スミレとカタクリ

3月最後の土曜日は春らしい暖かな1日となった。

梅まつりが終わった京王百草園は訪れる人が少なくなった。
京王百草園201403-1

でも園内はいろいろな春の花が咲き始めて 、これからが春の本番。
京王百草園201403-4
春の花と言えばいろいろあるけど、道端でひっそりと咲いているスミレ(菫)は外せない。
京王百草園201403-5
 スミレと言ってもたくさんの品種があるんだと思うけど、よくわからないのでスミレ(汗)
京王百草園201403-9
 オオイヌノフグリと一緒に。
京王百草園201403-14
 
 同じような色あい、でも花の大きさはかなり大きな寒咲きアヤメ。
京王百草園201403-12

梅の名所、京王百草園には桜も桃もちゃんと咲いている。 
京王百草園201403-3
まず桜。この日、ケイオウザクラ(啓翁桜)が見頃になっていた。
そして桃はこれスモモ。この木の実としてプラム、ソルダムはよく食べるがこんな純白の花なんだね。
京王百草園201403-13
「李下に冠を正さず」の「李」はこのスモモのこと。
桜も桃もちょっと変わり種なところが梅の名所らしい(笑)

 この少し変わった形の花はイカリソウ、メギ科。
京王百草園201403-7
船のイカリ(碇・錨)の形からついた名前だけど、インベーダーゲームのキャラクタを彷彿させる姿。
もっとこの花の命名時期が遅かったら、インベーダーソウになっていたかもしれない(笑)
 京王百草園201403-8

この時期に京王百草園に足を運ぶ目的の1つがこのカタクリ、ユリ科。
京王百草園201403-2
見晴らし台の裏側でたくさん咲いているけど、受付のすぐ裏で咲いているのを見つけた。
京王百草園201403-10
白鳥の姿にも似ている。
京王百草園201403-11
 カタクリはスプリング・エフェメラルと言われ、他の花に先駆けて花を咲かせ、
まわりに草花が茂る頃、地上から姿を消しってしまう。

京王百草園201403-6
大きなハクモクレンの木。周りが明るくなるぐらい真っ白な花がたくさん咲いている。

京王百草園はこれからミツバツツジがきれいになる時期。

 (撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

京王百草園 カタクリとイカリソウ

4月半ばの京王百草園、この日はツツジやシャクナゲが見頃だった。

晴天の時に訪れると、入り口受付付近からきれいなツツジが出迎えてくれる。
京王百草園201304-13

新緑に赤い花がよく映えてこの時期らしい光景をつくる。
京王百草園201304-3

シャクナゲ、同じツツジ科だけあって1つ1つの花はそっくりなんだけど、咲き方がちょっと違う。
京王百草園201304-11

京王百草園にはウラシマソウ、サトイモ科のような地味な花(?)も咲いている。
京王百草園201304-1
細長いひょろっと伸びたモノを浦島太郎の釣り糸に見立てた名前。

このウラシマソウによく似ているのはムサシアブミ、同じくサトイモ科。
京王百草園201304-10
馬具のアブミに似ているからついた名前。アブミの中でも武蔵の国でつくられたアブミによく似ていたんだそうだ。なかなか細かい観察(笑)。

シジミバナ、バラ科。初めて見る、とても小さな花。
京王百草園201304-2
八重咲きというか、ギューッと密集した花。花をしじみの中身に見立てたらしい。

イカリソウ(錨草)、メギ科。
京王百草園201304-5
花びらが船の錨の形をしているからついた名前。この形の錨は大きな船の船首から降ろす錨ではなく、手漕ぎボートや小さな釣り船で使うようなタイプの錨だね。
京王百草園201304-4
なんだかレンゲショウマにも似ている。

なんだか変わった花、エビネ、ラン科。やっぱりラン科だ。
京王百草園201304-7
この花の形がエビの尻尾かと思ったら、茎と根の様子らしい・・・

カタクリ、ユリ科。京王百草園のカタクリは見晴らし台のそばでたくさん見ることができるが、この日はその場所のカタクリはすでに花が終わったあと。
京王百草園201304-12
このカタクリは入り口の受付裏で見つけた。

この日、見晴らし台そばで咲いていたのは黄色いカタクリ。キバナカタクリ、ユリ科。
京王百草園201304-8
北米大陸では自生しているそうだが、日本には園芸用として入って来たらしい。そのためか、セイヨウカタクリとも呼ばれる。
京王百草園201304-9
色が黄色でもカタクリは可憐だね。

決して広くはない京王百草園、それでもいろいろな花が楽しめる。

(撮影 2013年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 カタクリ

京王百草園は梅まつりが終わって、訪れる人がすくなくなったけど、春に向かって咲いている花の数はどんどん増えている。
京王百草園201104-9
百草園のボケ(木瓜)の花は鮮やかな赤い花が多い。

レンギョウとユキヤナギ、春の生け垣を飾るの名コンビ
京王百草園201104-10

ケイオウザクラ。京王百草園だから京王桜かと思ったが、啓翁桜だった
京王百草園201104-1
志那実桜(シナミザクラ)と彼岸桜(ヒガンサクラ)の自然交雑種なんだそうだ。ちなみに啓翁桜の由来は人名。
京王百草園201104-2
サクラらしいきれいな花の形。なんだか大阪万博のシンボルマークを思い出す

ちょっと変わった形の花、イカリソウ、メギ科。
京王百草園201104-3
船の碇(いかり)に花の形が似ていることから付いた名前。パソコンのかな漢字変換では「怒りそう」って出て、ちょっと笑える
京王百草園201104-4
黄色やピンク、紫色の花があり薬草なんだそうだ。

今回のお目当てはこのカタクリ、ユリ科。
京王百草園201104-5
以前、ブログに写真をアップしたセツブンソウフクジュソウショウジョウバカマなどと同じ「スプリング・エフェメラル」と呼ばれる動植物。
京王百草園201104-7
「スプリング・エフェメラル」は春先に花を咲かせたあとすぐに葉のみとなり、夏にはその葉も枯れ、その後は地中の球根や地下茎などで冬を越す。早春の短い期間だけ可憐な花をさかせ、すぐに消えてしまうことから春の妖精などとも呼ばれている。
京王百草園201104-6
セイヨウカタクリとかキバナカタクリと呼ばれる黄色いカタクリもこの京王百草園で見ることができるが、咲く時期がもう少し遅い。

このブドウみたいなのは高幡不動尊でも見たキブシ(木五倍子)、キブシ科。
京王百草園201104-8
キブシを木五倍子と書くのは、キブシが黒色染料の五倍子(ぶし)の代用になることから命名されたそうだ。

少しずつだけど緑色が増えたような気がする
京王百草園201104-11
京王百草園は紅葉まつりや梅まつりの時期と違っていまは訪れる人が少ない。春の花が増えてきて、ミツバツツジも見頃になるこれからが訪れるにはいい時期かもしれない。

アクセスは京王線百草園駅から徒歩10分、ただし途中に急坂があり結構きつい。駐車場はないので、あまり歩きたくない人は高幡不動か聖蹟桜ヶ丘からタクシーがおすすめ
川崎街道沿いにコインパーキングがあるので、そこを利用する手もあるが、この場合は当然だけど急坂は歩いて登ることになる

(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ