ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

アリウム・ギガンチウム

昭和記念公園 日本庭園の様子

5月晴れの昭和記念公園日本庭園の様子

東京の平年の梅雨入りは6月5日だそうだ。梅雨になるとこんな青空はしばらく見ることができなくなるだろう。
昭和記念公園201805
この池も清掃のために水を抜いてしまうそうだ。6月4日(月)から水抜き作業が始まるそうだが、これから雨の季節だから、大雨が降って水が溜まってしまったりして・・・(汗)

昭和記念公園201805
池に突き出して建てられている清池軒。

日本庭園でも花菖蒲が咲いている場所がある。
昭和記念公園201805
鑑賞しやすいように木道が作られている。

昭和記念公園201805
もう今頃は見頃になっていると思うけど、この日の花菖蒲はまだ見頃前の状態。
昭和記念公園201805
ここでは花菖蒲とスイレンが一緒に鑑賞できる。
昭和記念公園201805

これはハーブ園で咲いているニゲラ、キンポウゲ科。ニゲラはラテン語のNiger(黒い)が語源で、香辛料にもなる黒い種がなるので別名が黒種草。
昭和記念公園201805
なんだか変わった形の花だけど、青色の花はヤグルマギクに似ているように見える。
昭和記念公園201805

アリウム・ギガンチウム、ユリ科。ネギに似た花なので別名ハナネギ(花葱)。
昭和記念公園201805
小さな花の集合体で大きさはソフトボールぐらいある。
昭和記念公園201805
紫色の巨大ネギ坊主ってことだね。

昭和記念公園(Vol.270)
(撮影 2018年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


昭和記念公園(2013年5月)5月の花たち

5月の昭和記念公園。花の丘以外の光景。

巨大フードフェスまんぱく。昭和記念公園みどりの文化ゾーンで6月3日(月)まで開催。
昭和記念公園201305-1
ロッキング・オンって聞いたことがあったので調べてみたらやはり渋谷陽一氏が社長。私が学生時代は音楽関係の出版とかコンサートの興行がメインだったと思う。
渋谷陽一氏もロックを中心にかける番組をやっていたり、レコードのライナーノーツを書いたりしていて、大貫憲章氏、伊藤政則氏と並んで当時は人気のロック評論家だった。
まあ渋谷陽一氏の話しは別にとして、下はこのイベントのかわいいキャラクタ。
昭和記念公園201305-11
でも自分は食べてこんな感じにはなりたくないなぁ・・・(汗)
昭和記念公園201305-16

サクランボがなっている桜の木があった。これは食用ではないサクランボだね。
昭和記念公園201305-2
ヒマラヤスギ、スギの名前がついているがマツ科。このでかい松ぼっくりを見れば納得かも。
昭和記念公園201305-3
松ぼっくりらしくないって?まだこの時期は小さく白っぽい。そのうち茶色く開いて松ぼっくりらしくなる。

カラタネオガタマ(唐種小賀玉)、モクレン科。香りがよくて熟したバナナに似た香りがするのでバナナツリーと呼ばれる。
昭和記念公園201305-4

ここからはハーブ園。チャイブ、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201305-5
セイヨウアサツキなどとも呼ばれ、ラッキョウに似た地下茎を持つそうだ。

この時期のハーブ園で一番のお気に入りはこのポリジ、ムラサキ科。
昭和記念公園201305-6
ルリシザとも呼ばれる、青い星形のきれいな花。

ニゲラ、キンポウゲ科。キンポウゲ科らしい独特な花。
昭和記念公園201305-7
白い花もある。
昭和記念公園201305-14
ちょっとトケイソウ(時計草)にも似ている。

アリウム・ギガンチウム、ユリ科又はネギ科。
昭和記念公園201305-8
1本だけだと大きな紫色のねぎ坊主って感じだけど、複数あるとちょっと不思議な惑星の世界にも見える。
昭和記念公園201305-15

ニワゼキショウ(庭石菖)、アヤメ科。よく見ると中心部が黄色、その回りが赤紫というきれいな色あい。
昭和記念公園201305-13
アヤメ科なので菖という字が入っている。

アグロステンマ、ナデシコ科。麦撫子という呼び方の方がイメージにあう。
昭和記念公園201305-9
こちらが普通のナデシコ。
昭和記念公園201305-12
縁が細かく切れ込んでいる花びらがいいね。

ハニーサックル、スイカズラ科。
昭和記念公園201305-10
花びらが、大きく口をあけたくちびるに似ているので合唱しているようだ。
この唇のイメージからローリング・ストーンズ・フラワーと命名したい(笑)

昭和記念公園(Vol.87)
(撮影 2013年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年5月)ねぎ坊主

昭和記念公園201205-8
5月晴れの昭和記念公園、初夏の気温で水際が心地よい。
昭和記念公園201205-13
今年初のシオカラトンボ。

サルビア・シュネーフューゲル、シソ科。夏らしい輝き、梅雨入り前の心地よいひととき。
昭和記念公園201205-5

日本庭園のハナショウブはまだ咲きはじめだった。きっといまごろはたくさんの品種が咲きそろって見頃になっているはず。
昭和記念公園201205-11

きれいなカエデの若葉。赤いプロペラみたいなのはカエデの実。
昭和記念公園201205-9
この時期から実がなるんだね。
昭和記念公園201205-10
この白い花はガマズミ、スイカズラ科。
昭和記念公園201205-12
この白い花の後、秋に成る実は熟すと鮮やかな赤になる。

ハーブ園のチャイブ、ユリ科(分類体系によってはネギ科)。ちょっとアザミに似ている。
昭和記念公園201205-2
別名がセイヨウアサツキやエゾネギ。たくさんハチが飛んでいた。
昭和記念公園201205-1
同じユリ科(分類体系によってはネギ科)のアリウム・ギガンチウム。小さな花が密集して丸くなっていて、まさにムラサキ色の葱坊主。
昭和記念公園201205-6
ちなみにこれが(本物の?)葱坊主。昭和記念公園ではなく近所の畑にて。
昭和記念公園201205-15

ニゲラ、キンポウゲ科。同じキンポウゲ科の節分草に少し似ている気がする。
昭和記念公園201205-4

みんなの原っぱ東花畑の菜の花。この赤い花はポピー。みんなの原っぱの反対側(西花畑)でたくさん咲いているポピーの種が飛んできたのかも。
昭和記念公園201205-7
5月下旬に菜の花がこれだけ咲いているのは、春先の霜で1度枯れてしまったので、再度菜の花を植えたためなんだそうだ。

かなり黒っぽい濃紺の花。
昭和記念公園201205-3
こんな柄の花も。
昭和記念公園201205-14
アサガオみたいな形だけど名前がわからない。

昭和記念公園(Vol.60)
(撮影 2012年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(Vol.10)紫のねぎ坊主

梅雨入り前の週末にきれいな晴天。こんな日は大切につかわないとね
昭和記念公園201006-1
いい天気の日はやっぱり昭和記念公園を散策
月に1度行くつもりだったけど、5月は行けなかったので、ちょっと久しぶり。

みんなの原っぱという広い広場の西のお花畑に、なんだいこれは?っていうお花畑が広がっていた
昭和記念公園201006-4

コスモス?そんなわけがないまだ時期が早すぎる。それに結構背が高い花。
昭和記念公園201006-5

この花、ナデジコ科のアグロステンマ、別名 麦撫子(むぎなでしこ)。
昭和記念公園201006-6

花の迷路のようだけど、実はもう見頃は過ぎて終わりかけ
昭和記念公園201006-2
上の写真にも赤い花が写っている。
落とし種なのかわざとなのか、赤いヒナゲシの花がポツポツと咲いている
昭和記念公園201006-3

また少し歩いているとバーベキューガーデンの横に変わった風景
昭和記念公園201006-8
紫色のねぎ坊主が並んでいるみたいだ

この花はアリウム・ギガンチウム。別名花ネギ、ユリ科でネギ属らしい
昭和記念公園201006-9
マリモがフワフワ浮いているのを水中で見ている感じにも見える。
なんかかわいいよね
昭和記念公園201006-10
小さい花がボール状に集まってソフトボールぐらいの大きさに育った感じ。
しかし頭でっかちで折れないのか心配にもなる。

上写真の背景の黄色は、カリフォルニアポピー。ケシ科でハナビシソウともいうそうだ。
昭和記念公園201006-11
黄色やオレンジ色だけでなく白やピンク色もあるそうだ。さすが明るい晴天のカリフォルニアが原産

今回見た花は、初めて見るだけでなく、名前がカタカナで馴染みのないものばかりだったなぁ

いつもは1人の昭和記念公園散策だけど、今回は家族で来たのでお昼を食べる
昭和記念公園201006-13
ちょっとオシャレな感じのレイクサイドレストランで水辺をみながら・・・美味しいイタリアンでも

と思ったけど、「ざるそば」と「ざるうどん」。思いっきり日本の夏
昭和記念公園201006-12
涼しい風が吹いて気持ちの良いテラスだったよ

(撮影 2010年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち