ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

アナベル

昭和記念公園 あじさいロード

この時期は高幡不動尊でも京王百草園でもあじさい。
当然、昭和記念公園でもあじさい。

昭和記念公園のあじさいロード。
昭和記念公園201706

下の写真は主にマップのエリア1のあじさい。
昭和記念公園201706
昭和記念公園は白いあじさいのアナベルが多い気がする。
昭和記念公園201706
この場所は特に手入れされることなく、このままの状態で秋を迎えてドライフラワー
だらけになる。
昭和記念公園201401
2014年1月に撮ったのが上の写真。これだけドライフラワーがあると、ちょっと
微妙かも(汗)

花木園の菖蒲田の回りで咲いているあじさい。
昭和記念公園201706
濃い青色のあじさいに山あじさい紅の紅色がアクセント。
昭和記念公園201706

昭和記念公園201706
そして、菖蒲田の横でアナベルロードのようになっているところもある。
昭和記念公園201706

昭和記念公園201706
昭和記念公園もどちらかというと青色系のあじさいが多いので、赤色系の
あじさいを見ると思わず撮ってしまう。
昭和記念公園201706

これは墨田のはなび。
昭和記念公園201706
花火が打ち上げられているように・・・見えるかな?
昭和記念公園201706

額あじさい、レモンウェーブ。初めて見た。
昭和記念公園201706
普通の額あじさいなのに、どこがレモンウェーブなのかというと、葉が黄色の
斑入りだから。その黄色もレモン色って感じの鮮やかさ。
昭和記念公園201706
すべての葉がレモン色の斑入りというわけではないのが面白い。

昭和記念公園(Vol.215)
(撮影 2017年6月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      



今週の高幡不動尊(06/17)  額あじさい

梅雨に入ってからそれほど雨が降っていない東京多摩地区。
この週末も土曜日は、とてもいい天気になった。

高幡不動尊の境内。お参りのため不動堂にあがる階段に列ができている。
高幡不動尊201706
あじさいまつりが始まって以来、今日が一番の人出かもしれない。

アナベル、もう真っ白。
高幡不動尊201706
こちらはピンク色のアナベル、ピンクアナベル。
高幡不動尊201706
ハート型のあじさい探しが一部で流行っているらしいけど、これはちょっと
ハートには見えないか残念・・・

これはウズアジサイと呼ばれる、装飾花の花びらが内側に丸まっている変わったあじさい。
高幡不動尊201706
高幡不動尊でもこのあじさいはそれほど多くはない。

西洋あじさいと額あじさいが咲く四季の道。額あじさいが見頃になっている。
高幡不動尊201706
あじさいの花に見えるには萼(がく)と言われる装飾花。だから額あじさいと
呼ぶのかと思ったら字が違う。
高幡不動尊201706
額あじさいの額は額縁の額。回りを囲む装飾花を額縁に見立てた名前なんだそうだ。
真ん中にある本物の花(両性花)も咲き始めている。
高幡不動尊201706

この日はほんとうに人が多かった。と言っても鎌倉などとはレベルが違うけど(笑)
高幡不動尊201706

見上げるぐらい背が高い額あじさい。本当は青空が似合う花ではないんだけど・・・
高幡不動尊201706

四季の道入り口付近の定点観測。西洋あじさいももうほとんど見頃だ。
高幡不動尊201706

五重塔とあじさい。珍しく赤色系。
高幡不動尊201706

こちらは山あじさい紅。もうかなり赤色が濃くなってきている。
高幡不動尊201706
手前のピンク色のあじさいは益城花八重という品種。
高幡不動尊201706
スッキリとした八重咲きがきれいなあじさい。
高幡不動尊201706

大師堂の手水舎近くで夏ツバキ、ツバキ科。別名、沙羅(しゃら)の木が咲いていた。
高幡不動尊201706
沙羅の木は、お釈迦さまが亡くなった時にそばで咲いていたという沙羅双樹(さらそうじゅ)と
間違えられて呼ばれるようになったそうだ。
沙羅双樹は熱帯樹なので日本ではあまり育たず、その代わりこの夏ツバキがお寺に
良く植えられている。

今週の高幡不動Vol.448
(撮影 2017年6月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(06/10)  山あじさいが見頃

梅雨入りして初めての週末。土・日曜日ともいい天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊のあじさいまつりの様子。
高幡不動尊201706
雨が似合うはずのあじさいだけど、陽射しを浴びる姿もなかなかいい。

大日堂前の墨田の花火もだいぶ咲き始めた。
高幡不動尊201706
花火を打ち上げたように広がる八重の花。人気があるあじさい。
高幡不動尊201706

六地蔵さん前の山あじさいも見頃になった。
高幡不動尊201706
白いあじさいアナベル。先週よりもずっと白くなった。
高幡不動尊201706
山あじさい九重紫紅。山あじさいはもう見頃になっている。
高幡不動尊201706

大師堂前でもきれいにあじさいが咲いている。
高幡不動尊201706
高幡不動尊にはお稲荷さんあってその赤い鳥居を背景にして青いあじさいが似合う。
高幡不動尊201706
濃紺色の山あじさい。
高幡不動尊201706

四季の道の西洋あじさいも徐々に咲き始めている。
高幡不動尊201706
五重塔を背景に。
高幡不動尊201706
だんだんと訪れる人が多くなってきている。
高幡不動尊201706
上写真の右手前の奥で咲いているのが下の赤色というかえんじ色の西洋あじさい。
高幡不動尊201706
高幡不動尊は青色系の西洋あじさいが多いで赤色系の西洋あじさいは珍しい。

西洋あじさいがいち早く咲く弁天池周辺。
高幡不動尊201706
暑くなってきたので噴水の姿が心地良い。
高幡不動尊201706
スカシユリも咲いていた。
高幡不動尊201706
毎年ここでスカシユリが咲くんだけど、だんだんと花数が少なくなってきている
ようでちょっと残念。

今週の高幡不動Vol.447
(撮影 2017年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(06/03) あじさいまつり始まる

梅雨入り目前の週末。土曜日も日曜日も爽やかな晴れとなった東京多摩地区。
平均的な関東の梅雨入りは6月8日頃なので、次の週末はひょっとすると
梅雨入りしているかもしれない。

高幡不動尊では6月1日(木)から第34回あじさいまつりが始まっている。
高幡不動尊201706
あじさいまつりの時期には必ず不動堂前に出る露店。今年も定位置に。

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)。写真にはきちんと写っていないけど、
葉の形がかしわに似ているから。
高幡不動尊201706
この「かしわ」は当然だけど鶏肉ではなくて、ブナ科の木のかしわ。
どうも「かしわ」と聞くと鶏肉を思い浮かべてしまう・・・(汗)

大日堂前の山あじさい武蔵野。爽やかな水色。
高幡不動尊201706

六地蔵さん前の山あじさい。
高幡不動尊201706

六地蔵さんの横から鐘楼を抜けて、山あじさいがたくさん咲く山の中に入る。
高幡不動尊201706
山の中の道沿いに自生の山あじさいがたくさん咲いている。

好きな山あじさい美方八重。
高幡不動尊201706
すこし尖った八重咲きの装飾花に陽射しが当たっている様子を撮るのが好き。

高幡不動尊201706
上が山あじさい虹、下が山あじさい大虹。虹と大虹の違いもわからないけど、
なぜ虹なんだろう。これから色が変わっていくのだろうか。
高幡不動尊201706

山あじさい剣の舞。勇ましい名前のあじさい。
高幡不動尊201706

山内のお地蔵さん(弘法大師さま)の回りのあじさいもかなり咲いている。
高幡不動尊201706

山あじさいにまじって、白いあじさいのアナベルが咲いてる。
高幡不動尊201706
最初は白っぽい緑色だけど、だんだん輝くような白色になる。もう少しだ。
下は赤色のアナベル。ピンクアナベルというそうだけど、初めて見た。
高幡不動尊201706

背の高い西洋あじさいと額あじさいが壁を作っている四季の道。
高幡不動尊201706
西洋あじさいが少し咲き始めている。
高幡不動尊201706
背が高く上向きに撮るので木漏れ日が玉ボケになって面白い感じに撮れた。
高幡不動尊201706
西洋あじさいは少し咲き始めているけど、額あじさいの方がまだまだな感じ。

毎年あじさいまつりの時に撮っている四季の道入り口付近。
高幡不動尊201706
高幡不動尊のあじさいまつりは7月7日まで。
山あじさいはもう見頃になっているけど、西洋あじさいと額あじさいは
まだこれらかの状態。

今週の高幡不動Vol.446
(撮影 2017年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 あじさい

この時期は昭和記念公園もやはりあじさい。
昭和記念公園はあじさいロードとして整備されている。

あじさいを鑑賞しながらサイクリング。 よそ見をしてはいけないか(笑)
昭和記念公園201606-2
昭和記念公園はあじさいの珠切りをしないので、この場所のアナベルはドライフラワーになる。
昭和記念公園201606-1
このあたりはアナベル率が高い。
昭和記念公園201606-3
これはうずあじさいかな。

昭和記念公園のあじさいにも名札が出ているので名前がわかる。
昭和記念公園201606-4
これは額あじさいナイチンゲール。なぜナイチンゲールなのか名前の由来はわからない・・・

昭和記念公園201606-6
額あじさいロートシュバンツ。これは高幡不動尊では見かけないあじさい。

昭和記念公園201606-5
額あじさい恋路ヶ浜。なかなかシャレた名前だ。

昭和記念公園201606-7
額あじさい斑入り。葉が斑入りってことかな。上の恋路ヶ浜と似ているけど・・・

昭和記念公園201606-9
山あじさい紅。これは高幡不動尊でもよく見かける人気のあじさい。

菖蒲田の回りも、あじさいがたくさん咲く場所。
昭和記念公園201606-8
奥の方に白い花が咲いている場所が見えるが、ここもアナベルがたくさん咲いている場所。
昭和記念公園201606-10
菖蒲田の花菖蒲はほとんど終わっている。その中でも元気な花菖蒲を。
昭和記念公園201606-12
花菖蒲からあじさいと季節の花がどんどん変わっていく。

昭和記念公園201606-11
昭和記念公園は山あじさいが少なくて額あじさいと西洋あじさいがメイン。

この黄色い花は金糸梅、オトギリソウ科。
昭和記念公園201606-13
あじさい以外にも夏の花の咲いていたので、それはまた別記事で。
 
 昭和記念公園(Vol.170)
(撮影 2016年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動尊(06/11)  あじさいまつり(2)

高幡不動尊のあじさいまつりが始まって2回目の週末。梅雨入りしたにも関わらず
またいい天気になった。
高幡不動尊201606-1
週末がいい天気なのはすごくうれしいんだけど。水不足になるのは困る。

大日堂前の墨田の花火。
高幡不動尊201606-15
墨田の花火のすぐ横の額あじさい。両方とも見頃。
高幡不動尊201606-2
 墨田の花火は装飾花だけでなく、中央部分の本物の花も咲き始めている。
高幡不動尊201606-3

 山あじさいが自生する山の中。この日は大勢の人が訪れていた。
高幡不動尊201606-4
例年雨で足元がぬかるむんだけど、今年は雨が少ないから歩きやすい。

比較的遅咲きのアナベルがもう咲いている。ほんと今年のあじさいは早いね。 
高幡不動尊201606-6
アナベルの花、陽が当たる反対側の様子。
高幡不動尊201606-5
陽射しが透き通る感じは真っ白なアナベルだからこその姿。
 
額あじさいと西洋あじさいがきれいな四季の道入口付近。
高幡不動尊201606-7
手前の人が写真を撮っているのはこの色の西洋あじさい。
高幡不動尊201606-8
このあたりで赤紫色なのはこのあじさいだけ。それが珍しくて多くの人が写真を撮る。

炎天下の額あじさいが暑そう。雨がすくなくて元気がない。
高幡不動尊201606-9
 
五重塔の山寄のあじさいもきれいに咲いている。
高幡不動尊201606-11
上写真の方から五重塔の方向を見た感じ。
高幡不動尊201606-10
もうちょっとあじさいに囲まれた五重塔が撮れるかと思ったんだけど・・・(汗)

赤色の山あじさいと青色の山あじさい。先週より赤色が濃くなった。
高幡不動尊201606-12

弁天池の西洋あじさいがきれいに咲いている。花の水色と噴水が涼しげ。
高幡不動尊201606-13

冬の名物、玉こんにゃくの露店。さすがに湯気が出てない。高幡不動尊201606-14
この時期の売り上げはどうなんだろうね。暑い日に熱々の玉こんにゃく・・・

高幡不動尊の第33回あじさいまつりは6月1日(水)から7月7日(木)まで。
山あじさいに続いて、額あじさいや西洋あじさいも見頃になっているけど、
雨が少なくて元気がないから、一雨降ってからの方がいいかもしれない。

今週の高幡不動Vol.401
(撮影 2016年6月11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


昭和記念公園(2014年7月)ユリの花

7月最初の週末の昭和記念公園。

イチョウの木を見るとすでに銀杏が準備中。
昭和記念公園201407-1
 
昭和記念公園のあじさいは比較的アナベルが多い。
昭和記念公園201407-2
ここはこのままあじさいがドライフラワーになるところ。

西洋あじさい、手前のあじさい。 
 昭和記念公園201407-9
中央部のあじさい。
昭和記念公園201407-10
遠くのあじさい。
昭和記念公園201407-11


 合歓の木(ネムノキ)、マメ科。
昭和記念公園201407-12
1つ1つの花を見るのもいいけど、いっぱい咲いている姿もいいかな。
昭和記念公園201407-13
 
ここからは夏のユリ。まずはコオニユリ。
昭和記念公園201407-19
花を見る限りオニユリとの違いはわからないけど、葉の付け根に黒い珠芽(ムカゴ)がコオニユリにはない。

ヤブカンゾウ、ユリ園ではなく、野原やあぜ道に自然に咲くユリ。でも存在感がある。
昭和記念公園201407-20

ユリではないけどユリ科のアガパンサス。別名、紫君子蘭(ムラサキクンシラン)、アフリカンリリー。
昭和記念公園201407-5
いつみてもこの涼しげな色がいい。

昭和記念公園のユリはさざなみ広場西側がメイン。オリエンタル系のユリが勢ぞろい。
昭和記念公園201407-14

 オリエンタルリリー ニンフ。

 昭和記念公園201407-18
オリエンタルリリー シルクロード。

昭和記念公園201407-16
オリエンタルリリー コンカドール。

昭和記念公園201407-15
オリエンタルリリー アスカ。八重咲きのユリ。
昭和記念公園201407-17

この日は、お目当てのカサブランカはまだ咲いておらず、しかもヤマユリも見損なった・・・(涙)
 
昭和記念公園(Vol.115)
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
  

今週の高幡不動(7/6)今年最後のあじさい

あじさいまつり最後の週末、7月6日の高幡不動尊の様子。

日曜日のお昼頃は比較的いい天気になった。
高幡不動201407-4

アガパンサス、ユリ科。この花が咲くともう夏だね。
高幡不動201407-3
夏の花は夏に負けない鮮やかな色か逆に涼しいイメージの色が多い。
高幡不動201407-2
アガパンサスはまさに涼しい色。

こちらも夏の花、ニッコウキスゲ、もちろんユリ科。
高幡不動201407-7
ここは茶室に入る場所で、残念なことにあじさいまつりが終わると立ち入り禁止になってしまう。

あじさいに囲まれる弘法大師像。
高幡不動201407-5

大師堂に向かう階段。ここも絵になる場所。
高幡不動201407-6
昔は大師堂が古くて雰囲気があったんだけどね。
以下は2009年6月に撮った写真。
 高幡不動201407-15
小さくてわからないかな・・・(汗)

 墨田の花火。
高幡不動201407-8
このあじさいは割と遅咲きなので、いまが中心にある花の最盛期かも。

白いあじさい、アナベル。
高幡不動201407-9
このあじさいも比較的遅咲きなので、いまが見頃。 

山あじさい紅、もうとことん終わり・・・
高幡不動201407-13

普通のあじさいも(笑)
高幡不動201407-14

逆さあじさい。
高幡不動201407-12
思ったほどではなかった・・・(汗)

四季の道入口付近。あじさいはまだ見頃をキープしているけど、訪れる人のピークは終わりかな。
高幡不動201407-10
奥の方もまだ咲いていますよ!
高幡不動201407-11

この日の翌日は七夕。門前にも七夕飾りが。
高幡不動201407-1
 

来年、またきれいな花を見るためのあじさいの毬切り作業は7月17日。
この週末は散歩できないので、これが高幡不動尊でみる最後のあじさいになりそう。


今週の高幡不動Vol.321
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 
 

今週の高幡不動(6/22)雨上がりのあじさい

6月22日(日)は天気予報では、朝と夕方が雨、昼頃は一旦雨があがるということだったが、
雨があがり始めたのが午後14時すぎ。

高幡不動201406-2
濡れた境内、不動堂前にはまだ傘をさした人がいる。
 
雨上がりのアジサイを撮るにはいいタイミングだった。
高幡不動201406-4
日差しが当たると白く輝くアナベルも今日は雨に濡れた状態。
高幡不動201406-9
 見頃となった西洋アジサイもしっかり濡れている。
高幡不動201406-5
これでは単に濡れたアジサイを撮っているだけの状態、芸がない(涙)。

こういう時は垂れた水滴も狙ってみたくなるのが常(笑)。
高幡不動201406-3
ちょっと日差しが出てくれば、水滴が輝いてきれいなんだけど、そううまくは晴れてくれない。
高幡不動201406-15
しかも、なかなかピントが合わないんだよね。ぎゅい〜ぃん、ぎゅい〜ぃんとレンズの動く音がむなしく響く。

気分を変えて、高幡不動尊らしくお地蔵さんとアジサイ。
高幡不動201406-7
お地蔵さんの回りには西洋アジサイが多いので、いまがちょうど撮り時。
高幡不動201406-8
どういう風に撮るのがいいのか、ちょっと悩む。
高幡不動201406-6

お地蔵さんばかりでも芸がないので、下は大師堂とアジサイ。
高幡不動201406-1
 そして(遠い)五重塔とアジサイ。
高幡不動201406-13
晴れているときよりはマシだけどそれでも明るさが違っていてちょっと難しい。
高幡不動201406-14
少しパターンを変えて アジサイも裏からにしてみるとか(笑)。
 
朝からずっと雨だったからか、四季の道はそれほど人が多くなかったような気がする。
高幡不動201406-12
 だんだん写真が雨上がりと関係なくなってきた・・・(笑)

 この日(22日)の朝、TBSの情報番組「サンデーモーニング」で高幡不動尊のアジサイが紹介された。
高幡不動201406-11
これは番組で紹介されたアジサイの1つ「金平糖」。
高幡不動201406-10
なかなかいい感じで前から写真は撮っていたんだけど名前がわからなかった。
名前を教えてくれたこの番組に「喝!」ではなく「アッパレ!」をあげたい(笑)。

いつも散歩の途中で1人で歩きまわる高幡不動尊を、この日は散歩というよりは、
写真を撮るという目的で歩いた。しかも2人で。
気ままに1人でまわっている高幡不動尊を他の人と写真を撮りながら回るのは
初めてだったけど、普段のように歩きまわって撮ることができた。

それもこれも、私が社会人になったころから知っている方だったからでしょう。
お付き合いいただき本当にありがとうございました。次は昭和記念公園で!

回ってみてわかったことだけど高幡不動尊ならば、ガイドができるかもしれません。
かなり自分勝手なガイドですけどね(笑)

今週の高幡不動Vol.320
(撮影 2014年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

紫陽花デート

アナベル
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.6  昭和記念公園

真っ白なアナベルが咲く小径を歩く2人。
いいねぇ〜(笑)
 


昭和記念公園(2013年6月)アナベルとハスの花

6月最後の週末に昭和記念公園を散歩した。そろそろハスの花が咲く頃。

水鳥の池そばのアジサイロードを歩いてみる。
昭和記念公園201306-1
ここは、たまたまアジサイが少ないところ。でもなんかいい雰囲気だった。

まずは花菖蒲が咲いていた花木園菖蒲田。
昭和記念公園201306-2
アジサイがきれいに咲いているけど、花菖蒲は完全に終わっている。

次はその隣のハス。まだ蕾、ちょっと早かった・・・
昭和記念公園201306-3
 この日はハスにたくさんトンボがとまっていた。上がシオカラトンボ(オス)、下がシオカラトンボ(メス)、別名ムギワラトンボかな。
昭和記念公園201306-4
これはあまり見たことがないチョウトンボの仲間かな?
昭和記念公園201306-5

ラベンダーにもトンボ。
昭和記念公園201306-8
 そしてハチ、マルハナバチだろうか。この日の昭和記念公園はなんだか昆虫ランドだ。
昭和記念公園201306-9
このラベンダーはスーパーセビリアンブッルーという品種だそうだ。
 
この日はアナベルが見頃となりすごくきれいだった。
昭和記念公園201306-11
まさに、アナベルロード。
昭和記念公園201306-10
アナベルは梅雨空より夏の晴れの日が似合う。

ギボウシ(擬宝珠)、ユリ科。
昭和記念公園201306-6
この花のつぼみが橋の欄干などにある擬宝珠ににているからついた名前。
(下写真)これが擬宝珠。似ているかな・・・
昭和記念公園201306-14

姫檜扇水仙(ひめひおうぎずいせん)、アヤメ科。モントブレチアとかクロコスミアとも呼ばれている。
昭和記念公園201306-12
鮮やかな赤色がちゃんと撮れなかった(汗)

キバナノコギリソウ、キク科。
昭和記念公園201306-13
新しく買ったウォーキングシューズをならすために、6月は3回も昭和記念公園に来た。ここに来ると、いつの間にか1万5千〜2万歩歩けるから足慣らしにも最高の場所。

昭和記念公園(Vol.90)
(撮影 2013年6月29日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動(06/23)あじさいまつり 西洋アジサイが見頃

あじさいまつり開催中の高幡不動尊。いままさに西洋アジサイが見頃。

予報ではにわか雨が降るなどと言われた週末だったが、結構いい天気だった。
高幡不動201306-1

大日堂前の山門に通じる階段横。いい天気でしょ(笑)
高幡不動201306-2

ちょっと後ろから、失礼。
高幡不動201306-3

真っ白のアナベルが日射しに輝いている。
高幡不動201306-4
残念ながら山内の可憐な山アジサイは見頃を過ぎたものが多い。

この日も四季の道はかなりの人。
高幡不動201306-14
入り口の紅色のアジサイはこの日も人気者。
高幡不動201306-6
今まさに見頃でしょう。
高幡不動201306-7
五重塔とアジサイを背景に記念写真を撮っている人多し。
高幡不動201306-15
曇っているとアジサイが暗く、晴れていると五重塔が明るいので案外撮り辛い場所(汗)。
高幡不動201306-17
四季の道の奥の方もきれいに咲いている。
高幡不動201306-16
このあたりはきれいな青系のアジサイが多い。

五重塔すぐ横の様子。ここは以前よりアジサイが減ったように思う。
高幡不動201306-8
水面に映るアジサイの姿。トライしたけど思ったほどではなかった(汗)
高幡不動201306-9
上の場所から右側の方がすごくきれい(下写真)。
高幡不動201306-10
壁のように咲いているアジサイの奥にアジサイ見物の人が見える。
高幡不動201306-11

入り口では山梨直送のももを売っていた。もう夏だね。
高幡不動201306-13
ももは桃太郎が有名な岡山県が収穫量一番かと思ったらそうではない。平成23年度のデータでは山梨県が収穫量全国1位。

しかし、今年の梅雨は雨が少ない。このままで夏の水は大丈夫なんだろうか・・・

今週の高幡不動Vol.271
(撮影 2013年6月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2013年6月)時計草

昭和記念公園の花木園菖蒲田に前回訪れたのは6月最初の週末。この時はまだ少し早かった。

今回は6/15(土)に訪れた時の花菖蒲の様子。
昭和記念公園201306-4
前回よりはたくさん咲いているものの、終わってしまった花がかなりある・・・
昭和記念公園201306-5
枯れた花があまり気にならない場所もあるんだけど、いい時期を逃した感が強い、残念。

気を取り直して、もう1ヶ所花菖蒲を見ることができる日本庭園に向かう。う〜ん、ここもいまひとつだった。
昭和記念公園201306-10

その代わりというわけではないが、アジサイが見頃になっている(笑)。
昭和記念公園201306-11

花木園菖蒲田すぐ横の白いアジサイ、アナベルもかなり白くなってきた。
昭和記念公園201306-6
残念ながらこの日は曇で白く輝く姿は撮ることができない。

この時期お馴染みのトケイソウ(時計草)、トケイソウ科。
昭和記念公園201306-9
この日は違う品種のトケイソウも咲いていた。
昭和記念公園201306-7
このトケイソウの蕾はこんな感じ。この蕾からあの花が咲くのはちょっと不思議。
昭和記念公園201306-8
トケイソウは栽培品種も多く500種とも言われている。
英名はpassion flower(パッションフラワー)。このpassionは「情熱」ではなく「受難」で、「キリストの受難の花」という意味。十字架にはりつけられたキリストをイメージしたものなんだそうだ。そう見るか・・・

ふれあい広場に飾られた1000本のかざぐるま。
昭和記念公園201306-3
これだけ見ると意味がわからないけど、梅雨時なので雨でも楽しめるイベントが開催されていて、この企画もその1つかな。
昭和記念公園201306-2
企画とは6月15日から7月7日まで開催されている「幸せの青い花をさがしに」というもの。
青いアジサイを見ながら花木園ロードとふれあい広場ロードの2つのアジサイロードを散策するのはいいかもしれない。

立川口カナール横のイチョウ並木にはもう銀杏がなっていた。
昭和記念公園201306-1
この銀杏はこの状態でこれから真夏の炎天下を過ごし、台風の風雨にも耐え、あたりがひんやり涼しくなってから落ちてくる。その道程はながい(笑)

昭和記念公園(Vol.89)
(撮影 2013年6月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2013年6月)花菖蒲咲き始め

6月最初の週末の昭和記念公園の様子。
梅雨時の昭和記念公園の楽しみはアジサイ(紫陽花)とハナショウブ(花菖蒲)。

この日の花木園菖蒲田はやっと咲き始めたばかりの状態。今頃はもっとたくさん咲いていると思う。
昭和記念公園201306-1
ハナショウブ、アヤメ科は、菖蒲に似た葉を持ち美しい花を咲かせることからついた名前。

ここのハナショウブにはちゃんと名前の書いた看板がある。これは「五湖の遊び」
昭和記念公園201306-5
近づいてよく見ても名前の由来はわからない(笑)
昭和記念公園201306-4五胡の遊
花の中央の黄色い筋がハナショウブを見分けるポイント。

どちらかというと、この日は花木園菖蒲田すぐ横のスイレンの方が見頃。
ちょっと遠景で見ると、これはスイレンなのハスなの?と思う。でもハスはもっと茎が長くて花が水面より高いところで咲く、花びらもちょっと違う。実は熱帯のスイレンは茎が長くて水面より高いところ咲くらしいけど(汗)。
昭和記念公園201306-2
スイレンを漢字で書くと睡蓮。決して水蓮ではない。ハス(蓮)に似ていて、明るくなると開き、暗くなると閉じることからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201306-3
スイレンという名前は園芸種の名前で一般的にはスイレン属の総称。日本で自生するのはヒツジグサ(未草)の1種類のみで、あとは野生種を交配して品種改良されたものなんだそうだ。

アジサイもまだこれからだった。花木園菖蒲田横の大きなアナベルはまだ薄緑色。
昭和記念公園201306-6
このアナベルが真っ白になって真夏の太陽に輝く日にまたここを訪れたい。

昭和記念公園のハナショウブは日本庭園にもあるが、まだこれからのお楽しみ状態だった。
昭和記念公園201306-8
ここは水面に映ったハナショウブの姿がきれいなところでもある。下は昨年撮った写真。
昭和記念公園201306-12
チャンスがあればまた今年も狙いたい。

これは人気の花、タイサンボク、モクレン科。
昭和記念公園201306-7
高いところに咲く大きな花。

園内のいろいろなところでスカシユリがたくさん咲き始めていた。
昭和記念公園201306-9
いろいろな色があって梅雨時に元気がもらえる花。
昭和記念公園201306-11
白い花を見るとカサブランカやヤマユリが咲くのを期待してしまうが、これらオリエンタル・ハイブリッドと呼ばれる品種はまだこれから。
昭和記念公園201306-10
我が家の玄関先に昨年神代植物公園で買ったカサブランカを植えた。
モグラが出没した時は、球根を食べられてしまったのではないかと心配したが、春先に芽が出て順調に育っている。きれいな花を咲かせてくれる日が楽しみ。
昭和記念公園のカサブランカとどちらが先に咲くかな。

昭和記念公園(Vol.88)
(撮影 2013年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年7月)ラベンダー

真夏日の昭和記念公園。
昨年は節電のために止まっていたカナールの噴水が、今年はいつもの夏とかわらない涼しげな空間を作っている。ムチャクチャ暑いけど平和な風景だ。
昭和記念公園201207-2
7月14日からレインボープールがオープンしている。昭和記念公園といえばコスモスや菜の花畑よりもレインボープールを思い浮かべる人の方が多いだろう。
でも、この立川口のイチョウ並木からこの暑い中を1400mも歩いてプールに行くにはかなりの根性が必要。
昭和記念公園201207-1
暑いから歩いている人も少ない。

この時期のハーブ園はいろいろな花が咲いている。これはオイランソウ(花魁草)、ハナシノブ科。
昭和記念公園201207-3
花の香りが花魁の白い粉(おしろい)の香りに似ているからついた名前だそうだ。でも写真を撮っていて香りがしていた記憶がない。

アキレア、キク科。セイヨウノコギリソウともいうそうだ。
昭和記念公園201207-4

レモンタイム、シソ科。名前のような爽やかな香り。
昭和記念公園201207-5
ペニーロイヤルミント、シソ科。こちらも名前のようにミントの香り。
昭和記念公園201207-6
よく見るとレモンタイムと花の形が似ている、まあシソ科ってことかな。
昭和記念公園201207-7

ラベンダー、シソ科。あ〜これはまさにラベンダーだという香り。頭のなかは芳香剤のパッケージが浮かぶ
昭和記念公園201207-10
シソ科のオンパレード、よく見るとやはり花が似ているかも。
昭和記念公園201207-11
北海道のように一面に広がるラベンダー畑・・・というわけにはいかない。
昭和記念公園201207-12
たくさんのラベンダーを見ると北海道に行きたい!って思う。

ハーブ園周辺で咲いている白いあじさい、アナベル。
昭和記念公園201207-9
アナベルは咲き始めは薄いグリーンで、開花がすすむにつれて真っ白になる。上の写真がまさにその様子をとらえている。
昭和記念公園201207-8
あじさいは梅雨時の雨模様が似合うけど、このアナベルだけは真夏の陽当たりが似合う気がする。

真夏日の昭和記念公園は散歩には向かない。
気候がいいときはずっと散歩していたい快適な場所だけど、暑いとこの広さが試練になる。
「ハーブ園」の次はヤマユリが咲いている「こもれびの丘」を目指す。ここは立川口から最も遠い場所で、なんだか訓練している気分で歩く

昭和記念公園(Vol.63)
(撮影 2012年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ