ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

アジサイ

紅葉に紫陽花

紅葉にアジサイ
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.12  高幡不動尊

紅葉最盛期にアジサイが一輪。狂い咲き?


本栖湖キャンプ場

富士五湖の1つ、本栖湖の湖畔にある本栖湖キャンプ場。
我が家でキャンプに行くと言えばほぼこのキャンプ場。
本栖湖キャンプ場201508-9

キャンプサイトはどこにテントを張っても自由なフリーサイト。直火もOKでとにかく
自由度が高い。

さらに、出入り口に柵などもなく、いつでもキャンプ場に入ることが可能なのが
一番のお気に入り。夜中に到着してもいいので、夜に自宅を出発すれば中央高速の
渋滞を回避できる。
本栖湖キャンプ場201508-1
前回のキャンプは2013年11月だったので、約2年ぶり。キャンプ場が全然
変っていなかったのが少しうれしい。

テントやタープの張り方をなんとかギリギリ覚えている感じなので、最低2年に1度は
キャンプをしないとセッティングを忘れてしまうかも(笑)

一応、テントとタープを連結したんだけど、このセットでは最近のゲリラ豪雨に
耐えられるようなしっかりとした連結にはならない。

前回のキャンプは、この空之介の初キャンプだったので、空之介にとって2回目のキャンプ。
本栖湖キャンプ場201508-3
今回は空之介のお守り役の娘が来なかったので、どうなることかと少し心配したが、
どこかに逃げていくようなことはなく、タープやテントの中や回りをウロウロと歩き回っていた。
本栖湖201508-12
あれ?どこに行った?と思って探すとこんな感じ。
本栖湖201508-11

そばに近づく男性がいるとちょっと警戒して唸ることもあるが、近づくのが女性の
場合は、うれしそうに自分から近寄って行く。
 本栖湖キャンプ場201508-2
ドッグランに行ってもそうなんだけど、犬よりも女の人が大好きな空之介

この日はどこかの犬愛好家の集団がイベントをやっていたようで、それを目当てに
した、臨時の露店がいくつか出ていた。
本栖湖キャンプ場201508-7
キャンプ場でトリミングサロンなんてすごいなぁ。
本栖湖キャンプ場201508-8
この露店も、イベントが終わるといつの間にか居なくなっていた。

管理棟前ではヤマユリがきれいに咲いていた。
本栖湖キャンプ場201508-4
奥に見えるのは売店、板氷やアイスクリーム・酒類・パン・お菓子、薪などを売っている。
最近は直火がダメなキャンプ場もあるので、ここで薪を買って、焚き火をすることを楽しみに
このキャンプ場に来る人も多いだろうね。

これだけたくさん咲いているとすごくいい香りがあたりに漂う。
本栖湖キャンプ場201508-6
アジサイがちょうど見頃の感じだった。
本栖湖キャンプ場201508-5

湖畔で水遊びをして、道の駅あさぎり・あさぎりフードパークへ行ったあとは
特に何もすることがないので、夕方のまだ明るい時間から、のんびり炭火を
つけて炎を見て過ごす。
本栖湖キャンプ場201508-10
何もせずにこうしている時間がキャンプらしくていい。
本栖湖キャンプ場201508-11

少し遅いおやつとして、焼きトウモロコシ。そしてビール。
本栖湖キャンプ場201508-12
黒焦げになっているのはトウモロコシの皮。こうやって皮付きで焼いたほうが
蒸し焼きになって美味しく焼ける。

ボーっとしているうちにあたりが暗くなる。
本栖湖キャンプ場201508-13
ランタンの灯りがアウトドアらしくていいんだよね。

昔の本栖湖キャンプ場のホームページは1枚だけの質素なページだったが、
数年前にちゃんとしたホームページになったー>ここ
さらにFaceBookでも情報発信をしている。イマドキだね。

今度はいつこの本栖湖キャンプ場に来ることができるだろうか。
できれば来年の夏か秋には・・・
 

今週の高幡不動(07/19)ヤマユリ

3連休中日の日曜日。この日、気象庁が関東甲信地方の梅雨明け宣言があった。

梅雨が明けたのはうれしいけど、いきなり酷暑となった。
高幡不動尊201507-5
 毎月第3日曜日はござれ市が開催される日。
高幡6不動尊201507-6
この酷暑の中での露店はきつい。さすがにこの日は人出も少ない感じだった。

7月17日にアジサイの花を剪定する「毬切り」が行われたので、境内にアジサイの花はない。
高幡不動尊201507-9
上がこの日の四季の道の様子。
下が毬切前の様子。
高幡不動尊201507-4

来年またきれいな花を咲かせるためだとしても、ちょっとこの姿は見たくない感じ。。。
高幡8不動尊201507-8

 でも、こういう札がかけられたアジサイの花がちらほらと残っている。
高幡不動尊201507-7
特別な種類のアジサイが選ばれて残されているようだ。

アジサイまつりの終わりを待つかのように、咲き始めたヤマユリ。
高幡不動尊201507-3
 汗をかきながら暑いなか山を登る道にこうして咲いているヤマユリの姿を見るとホットする。
高幡不動尊201507-2
 昭和記念公園では、咲いたヤマユリを盗む人がいて、ボランティアの人が
見回りをしているそうだが、お不動さんのヤマユリを盗む人はいないようだ。
高幡不動尊201507-1
1つのヤマユリの球根から咲く花は、毎年すこしずつ増えていくそうだが、
このヤマユリは1つの球根から10輪以上咲いている。

境内から山を登り高幡城址になっている頂上部分を越えた側に彼岸花植栽予定地が作られている。
高幡不動尊201507-12
最終目標は10万本。高幡不動尊の新しい見所になるだろうね。 
高幡不動尊201507-11
 今は何本植えられているのかはわからないけど、秋が楽しみ。
高幡不動尊201507-10
 気の早い彼岸花がパラパラと咲いていた(笑)。
 
  今週の高幡不動Vol.359
(撮影 2015年7月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

雨の週末、水色の花

紫陽花
  D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2015.06 高幡不動尊

 まさに梅雨のイメージそのものの花。
 
高幡不動尊のあじさいまつりは7月7日まで


京王百草園 静かにアジサイ鑑賞

春は梅まつりで賑わった京王百草園でもこの時期らしくアジサイが咲いている。
京王百草園201506-1
たくさんのアジサイがずらっと並ぶような派手さはないけど、日本庭園に静かに咲くアジサイを
ゆっくり鑑賞することができる。
京王百草園201506-2
落ち着いた雰囲気のアジサイもいいよね。
京王百草園201506-9
京王百草園は山アジサイよりも西洋アジサイがメイン。 

ゴールデンウイークごろはきれいに花が咲いていた藤棚。
京王百草園201506-5
 
これはムラサキツユクサ(紫露草)、ツユクサ科。
京王百草園201506-6
ムラサキツユクサは鮮やかな青と黄色いシベのツユクサと違ってかなり背が高い。

初夏の花、ホタルブクロ、キキョウ科。
 京王百草園201506-8

こちらも夏を感じる花、アザミ、キク科。
京王百草園201506-10

心字池ではスイレン、スイレン科がきれいに咲いていた。
京王百草園201506-7
下は心字池の端の様子。池の中に森がある。
京王百草園201506-4
私のお気に入りの場所。

見上げると梅の木にはたくさんの実が成っている。
京王百草園201506-11
松連庵の前で梅が干してあった。
京王百草園201506-3
百草園の梅として売り出せばいいのにね(笑)

百草園入口前の看板。
京王百草園201506-12
ペットを連れての入園はお断りします。と書かれているので空之介と一緒に来ることができない・・・

(撮影 2015年6月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

大気が不安定な1日

ガクアジサイ
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.6  高幡不動尊


今日は早朝は雨、昼前後にちょっとだけ晴れて、夕方からは局地的な豪雨。

ちょっとだけ晴れた間に散歩。ラッキーなタイミングでした。


昭和記念公園(2014年6月)花菖蒲の様子

6月の昭和記念公園といえば、アジサイとハナショウブは外せない。

すっかり緑色になった昭和記念公園立川口周辺。
昭和記念公園201406-1
この週末は梅雨の中休みで太陽ギラギラ。
昭和記念公園201406-3
日差しが強くて暑いけど、湿度があまり高くないため、風吹くとすごく気持ち良い。

まずはメインの花木園菖蒲田の様子から。
昭和記念公園201406-8
ホームページにも書いたあったけど、今年は開花が少し遅れていて、しかも花の数が少ない。
昭和記念公園201406-5
咲いているハナショウブは見頃になってきているんだけど、数が少なくてちょっと淋しい・・・
昭和記念公園201406-4
やっぱり数が少なくてちょっと淋しい・・・。
ハナショウブらしく花弁の元に黄色い模様がある。
昭和記念公園201406-6
特に、これは変わっているなぁと思うような品種が見当たらなかったのが残念。
昭和記念公園201406-7
キリギリスかな?

この日は菖蒲田の回りのアジサイも徐々に見頃になりつつある感じだった。
昭和記念公園201406-9
アジサイなどの様子はまた別に(汗)。

日本庭園のハナショウブを見に行ってみると、
昭和記念公園201406-10
やはりこちらも例年よりも花の数が少ない感じ。いい天気なのに残念。
昭和記念公園201406-11

日本庭園のアジサイ。
昭和記念公園201406-12
背景の水辺が涼しげでいい。

このまま終わるのもちょっと淋しいので、別の場所のハナショウブ(笑)。
花菖蒲201406-3
ここは近所の田んぼの端っこで毎年たくさんのハナショウブが咲く場所。
花菖蒲201406-2
種類はそれほどないけど、今年もきれいに咲きそろっていた。
花菖蒲201406-1
ちなみに、ハナショウブ(花菖蒲)のことを単にショウブ(菖蒲)と呼ぶことがある。
でも、ショウブ(菖蒲)はハナショウブの葉とよく似たサトイモ科の別の植物で、
端午の節句に菖蒲湯に入れるのがこのショウブの葉や根で、ハナショウブの葉ではない。
ちょっとややこしい(汗)。

 昭和記念公園(Vol.114)
(撮影 2014年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

今週の高幡不動(5/24)八重空木とカルミア

この週末もいい天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊では先々週は新撰組パレード、先週はござれ市と行事が続いたが、この週末は特に何もなく参拝者は少な目。
高幡不動201405-1

いま境内奥殿横のヤエウツギ(八重空木)、ユキノシタ科がきれいに咲いている。
高幡不動201405-3
別名サラサウツギ(更紗空木)と呼ばれている。
高幡不動201405-4
蕾の時は少しピンク色で、花がひらいて時間がたつとピンク色は消えてしまうようだ。
高幡不動201405-2
ウツギはユキノシタ科だと思っていたらスイカズラ科に属するウツギもあるようだ。

先週アップで撮れなかったセンダンの花。
高幡不動201405-5
沖縄に自生するセンダンにインフルエンザウイルスを死滅させる効果が発見され、
センダンから抽出した成分で作られたDr.センダンというインフルエンザ対策スプレーを買ったことがある。
最近あまりこの製品の話題を聞かないが、その後どうなったんだろう・・・

カルミア、ツツジ科。
高幡不動201405-7
独特な形をした花、そしてコンペイトウのような蕾がかわいい。
高幡不動201405-9
これは花全体なのか、それとも花ビラなのか、花の落ち方もちょっと独特。
高幡不動201405-8

タツナミソウ(立浪草)、シソ科。
高幡不動201405-11
花が波が立つように見えるからついた名前。
もう少しまとまって咲いている写真じゃないと、波が立つ雰囲気がわからないね(汗)。
高幡不動201405-10

 第31回高幡不動尊あじさいまつりは6月1日(日)から7月7日(月)まで。
高幡不動201405-12

先週も写真をアップしたが山アジサイはすでに咲き始めている。
高幡不動201405-6
これはクロヒメアジサイ。花ビラのように見えるのは装飾花(ガク)。

これは弁天池回りで咲く祖谷の風車。
高幡不動201405-13
こちらは装飾花だけでなく、中央部分の花も咲いている。
 高幡不動201405-14
さて、今年のアジサイの咲具合はどうでしょう。

今週の高幡不動Vol.317
(撮影 2014年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(07/08)ヤマユリが咲いた

平年より15日も早く7月6日に梅雨があけて、その後は猛烈な暑さが続く東京多摩地区。
15日も早くても統計開始以来4番目の早さってことは、もっと早い梅雨明けの年が過去にあったんだね。
高幡不動201307-1
この暑さで境内は誰もいない・・・

日陰の多い山の中へ行くと、夏の花、ヤマユリが咲いていた。
高幡不動201307-2
ユリにはいろいろな品種があるけど、ヤマユリが一番きれいで格好いい。

まだアジサイも咲いているので、この時期だけの貴重なコラボレーション。
高幡不動201307-4

山内の山アジサイが咲いていたあたりは、もう完全に新緑の世界。
高幡不動201307-7

それでも日陰にある西洋アジサイはまだ比較的きれいに咲いている。
高幡不動201307-5
がんばって咲いているアジサイには青色が目立つような気がする。
高幡不動201307-9

これは割と有名なカシワバアジサイ。葉の形がカシワ(柏)に似ていることが名前の由来。柏餅をつつんでいるあの葉っぱだね、ちょっと似ているかな。
高幡不動201307-6
八重咲きと一重咲きがあるそうだが、高幡不動尊では八重咲きばかりが目立つ。

ハイエス スターバースト。八重咲きのアナベルと言われているだけあって、他のアジサイより少し遅めに見頃になっている。
高幡不動201307-3

四季の道の入り口付近。まだたくさん咲いているように見えるが見頃の峠は越している。
高幡不動201307-8

弁天池のハスはまだこんな感じ。
高幡不動201307-10
週末に行った京都では、嵯峨野の天龍寺、放生池にハスの花を撮りに行ったが、ここもまだ少し早かった。
京都の様子は近いうちに(^^;)

今週の高幡不動Vol.273
(撮影 2013年7月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

7月に入って、PENTAX K-5 と DA 18-270mm F3.5-6.3ED SDMの組み合わせで、撮っている最中にいきなり「MFモード」になってしまうトラブルに悩まされています。
近いうちに、修理窓口に持って行こうと思っていますが、フォーカスモードなど変更することなく、普通に撮っている最中にいきなりMFになるので、ちゃんと撮れたと思って後から確認したら、全部ピンぼけ写真だったということが多発してテンションダウン
 

新宿御苑 アジサイと南国の花たち

久しぶりに新宿御苑に行った。

私の散歩コースはいつもこの千駄ヶ谷門からスタート。
新宿御苑201306-1
新宿御苑の入園料は200円。私が散歩で訪れる、入園料が必要な場所では一番安い。

いつも高幡不動尊の山や、丘の上にある京王百草園を散歩しているためか、この高低差のある眺めが結構好きだったりする。
 新宿御苑201306-2
ここは江戸時代の高遠藩内藤家の下屋敷のあった敷地。東京都新宿区と渋谷区に跨がる場所にあるため、まわりは大都会。
新宿御苑201306-4
特徴のある都会的なNTTドコモ代々木ビル(ドコモタワー)と、緑深い庭園の対比が良くていつも何枚も撮ってしまう。
新宿御苑201306-16

いつここに植えられたのかはわからないが、こういう趣のある木が多い。
新宿御苑201306-5

大きな木々の間にアジサイが咲く姿が新宿御苑らしい。
新宿御苑201306-3

新宿御苑のバラ園、いまはまだ春バラの季節かな。
新宿御苑201306-7
これはダブルデライト。好きな色合いのバラで神代植物公園のバラ園でも撮った。
これはバレリーナ。バラというより、ハナミズキのように見えた。
新宿御苑201306-8
この時期らしくバラ園の回りでもアジサイが咲いている。
新宿御苑201306-10
バラ園の向こうに見えるマンションからの眺めは素晴らしいだろうなぁ。
新宿御苑201306-9
アジサイの名所のように、アジサイがずらっと並んでいる姿もいいけど、庭の所々で咲いているのもまたいい。
新宿御苑201306-15
青いアジサイは青空にも似合う。

フランス式整形庭園のプラタナス並木。
新宿御苑201306-6
秋には雰囲気のある風景を作ってくれるが、この時期は貴重な日陰を作ってくれる。
新宿御苑201306-14

ユリズイセン、アルストロメリアとも呼ばれるそうで、ヒガンバナ科と書いてあったり、ユリ科と書いてあったり、はたまたユリズイセン科やアルストロメリア科とあったり、よくわからない・・・
新宿御苑201306-11

ちょっと沖縄っぽく、アメリカデイゴ、マメ科。別名が海紅豆(かいこうず)。海外から来た赤い豆という意味で、鹿児島県の県の木にもなっている。
新宿御苑201306-13
アルゼンチンとウルグアイの国花でもある。

こちらも南国風、サンゴシトウ(珊瑚刺桐)、こちらもマメ科。
新宿御苑201306-12
このサンゴシトウとアメリカデイゴは比較的耐寒性があるので、都内でもこうして見ることができるそうだ。
新宿御苑201306-16
ありきたりの表現だけどここ新宿御苑はまさに「都会のオアシス」。
都心にこういう緑が残っているのは非常にありがたい。

(撮影 2013年6月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動尊あじさいまつり 山アジサイ紅など

第30回あじさいまつり開催中の高幡不動尊。
山アジサイ紅(くれない)やアジサイの開花状況など。

6月8日(土曜日)は夕方近くに高幡不動尊を訪れたので、額アジサイにあたっているのは夕陽というか西日。
高幡不動201306-3
昼間とちょっと色あいが違う。

大日堂へ通じる山門前の階段で咲いているアジサイ、西日に照らされている。
高幡不動201306-4

山アジサイの中で一番のお気に入りはこの美方八重。上品で美しい青色で八重の額がすごくいい感じ。
高幡不動201306-1

白いアジサイ、アナベルもかなり白くなってきている。
高幡不動201306-5

高幡不動尊のアジサイにはこのように名札があってすごく助かる。
高幡不動201306-6
この山アジサイ紅は咲き始めは淡いピンク色でだんだんとその色が濃くなっていく。

これが見頃はじめの頃の色。
高幡不動201306-7
かなり成熟(?)した頃。
高幡不動201306-8
上は大師堂横で咲いているもの。山アジサイ紅は弁天池の回りでもよく見かける(下の写真)。
高幡不動201306-10
紅色の濃さを見ると弁天池まわりの方が花の開花が早かったようだ。

1週間ほど前に見た時は、回りをドクダミに囲まれている山アジサイ紅があった。
高幡不動201306-2
やっと紅色が少しついただけなのに、回りを囲まれてこのままではまずいんじゃないかと思っていたら、この日はきれいに整備された。
高幡不動201306-9
よかった(^_^)
弁天池回りは額アジサイやスカシユリが咲いて賑やかになっている。
高幡不動201306-11
この週末は雨かな・・・
雨上がりに陽が当たると、すごくきれいなんだけど、なかなかいいタイミングにはならない。

(撮影 2013年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(05/19)5月のござれ市

週間予報では雨だった日曜日。ラッキなことに雨が降り始めたのは、ほとんど夜になってから。日中は薄日が差すぐらいの天気になった東京多摩地区。
高幡不動201305-1

4月に続いて5月のござれ市も雨の中の開催になりそうだったけど、こんな感じの天気中で開催された。
高幡不動201305-15
もうこの時期は日射しが当たると暑いので、日避けのパラソルなどを用意する露店が増えてきた。

懐かしいソノシート、1枚300円?ソノシートって朝日ソノラマの商標だったんだそうだ。このペラペラのレコードから出てくる音でも子どもの頃はすごくワクワクしたんだよね。
高幡不動201305-3
ソノシートは2005年(平成17年)に日本国内での生産が終わったらしいが、逆にこんな最近まで生産されていたことにちょっとビックリ。

マクドナルドのマグカップ。3000円、結構高い。これってレアものなの?
高幡不動201305-4

懐かしい湯たんぽ、昔よく使った。ストーブの上にで温めたりしていたのを思い出す。
高幡不動201305-5
熱くて重くて、これを布の袋に入れるのが大変だった。

最近注目しているオールドノリタケを扱っているお店。
高幡不動201305-9
とても落ち着くいい絵柄。こんな風景写真を撮ってみたい。
高幡不動201305-10
高いから飾って置くことになるんだろうけど、本当はちゃんと使いたいね。

なんだか愛嬌があるカエルたちで気になった。
高幡不動201305-16

ヤエウツギ、ユキノシタ科。ウツギの八重咲き版だけど、花びらがウツギよりずっと柔らかい感じがする。
高幡不動201305-8

これはハコネウツギ(箱根空木)。同じウツギでもこちらはスイカズラ科。
高幡不動201305-11
花の色が白から赤に変わっていく変わった花。

大日堂前ではアジサイが咲き始めていた。
高幡不動201305-12
いま咲いているように見えるのは装飾花で、(中心にある)本当の花はまだ蕾。

山アジサイ自生地で咲いていた舞妓アジサイ。
高幡不動201305-13
山アジサイは西洋アジサイよりも少し早めに咲くがそれでもまだまだこれから。
なんだかアジサイが咲いているのを見つけると、ついうれしくなってたくさん撮ってしまう(汗)

今週の高幡不動Vol.266
(撮影 2013年5月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(06/02) 今年もあじさいまつりが始まった

6月1日からはじまった高幡不動尊のあじさいまつりの様子。
高幡不動201206-13

山アジサイ「紅」、紅色がすごくかわいい。でもこの紅色はこれからもっと色が深くなる。まさにかわいい紅色から妖艶な紅色にかわっていく。

エゾアジサイ「青海(おおみ)」、エゾアジサイっていうのがあるんだね。
高幡不動201206-5
美方八重。八重のガクがきれい。
高幡不動201206-8

6月2日現在、山内の山アジサイが徐々に咲き始めている感じ。
高幡不動201206-7
お地蔵さんの回りのアジサイも少しずつ。
高幡不動201206-6
山アジサイは咲き始めているけど、西洋アジサイは一番良く咲いている花でもまだこんな感じ。
高幡不動201206-11

下写真の左上は五重塔横、右上はあじさいの小径。左下が四季の散歩みち入り口、右下が四季の散歩みちの奥。
高幡不動201206-10
上の写真でわかるように額アジサイと西洋アジサイはまだこれから。

ユキノシタ、ユキノシタ科。アジサイは分類体系によってアジサイ科だったりユキノシタ科だったりする。
高幡不動201206-9
ユキノシタの名前は、雪のような白い花の下の緑の葉を広げるからだそうだ。花がちょっと変わった形をしていてアップで撮ったので葉まで写ってない

これはノフジ(野藤)か?と思ったら違った。
高幡不動201206-4
これはセンダン(栴檀)、センダン科。
高幡不動201206-3
沖縄に自生するセンダンの抽出成分にインフルエンザウイルスを死滅させる効果があり、それを製品化したスプレーがある。我が家でも今年の冬このスプレー(Dr.センダンウイルスアタック)を使った。その効き目があったのかどうかわからないが、息子のインフルエンザが家族にうつらずに済んだ。

あじさいまつりが始まったけど、まだちょっと時期が早いため人出は少ない。
高幡不動201206-1
訪れた人があじさいを楽しめるように境内には鉢植えの山あじさいが並べられている。
高幡不動201206-12
その中で一際目をひいたのがこの「瀬戸の夕紅」というアジサイ。

6月2日の高幡不動尊あじさいまつりは、山内の山アジサイが咲き始めた状態。まだこれからだね。

今週の高幡不動Vol.217
(撮影 2012年6月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(05/20)爽やかな天気のござれ市

高幡不動201205-2
6月1日からあじさいまつりがはじまるが、上のようにまだあじさいは準備中。
高幡不動201205-3
例年だと山あじさいは5月末から6月初旬頃が見頃になり、西洋あじさいはその後から。
弁天池回りはいつも1歩早め。気の早いあじさいが少しだけ咲き始めていた。
高幡不動201205-12
これは祖谷の風車(いやのかざぐるま)。見頃の時期には深い青紫色になるきれいな山あじさい。

5月20日は毎月第3日曜日恒例のござれ市の日。5月の爽やかな天気の中で開催されていた。
高幡不動201205-13
まだかき氷屋に列ができるほどの陽気ではない。

このコーヒーミル、私が高校時代に買ったものとまったく同じ。サビ具合まで似ていて、思わず自分のモノかと思ってしまった。
高幡不動201205-5
昔はこれでガリガリとコーヒー豆を挽いて飲んでいた。いまは手元にないので、何度かの引っ越しの時に捨ててしまったんだろうか。何度も引っ越ししたのでどこでどうしたのかはっきり覚えていない
高幡不動201205-7
これは壁掛けタイプのコーヒーミルかな。ちょっとお洒落だ。でもそのうち面倒なので挽いた豆を買ってきてしまうんだよね。
高幡不動201205-6
この急須は顔がたくさん。なんだかずっと見られているようで落ち着かない。
高幡不動201205-9
きれいなツボ。その左側に見える急須とセットのティーカップ。きっと落ち着いた気分でティータイムが楽しめるだろうね。
高幡不動201205-8
このお店はいつもこういうきれいな陶磁器を並べているので毎回楽しみにしている。

ツツジと若葉に囲まれた大観音像。5月らしい光景。
高幡不動201205-1
大日堂近くにある花塚の前で咲く真っ白なシャクヤク。
高幡不動201205-10
花塚の前にある誓子句碑を覆うように咲いているカルミア、ツツジ科。
高幡不動201205-11

このところ、身の回りの出来事がいまひとつなので、2月の娘の厄除け以来、不動堂にあがって御護摩修行に参加。
高幡不動201205-4
気分一新、がんばって行こう。

今週の高幡不動Vol.215
(撮影 2012年5月20日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(01/22)じっと春を待つ

東京地方の乾燥注意報が35日連続で止まった。乾燥が続くと火災やインフルエンザの流行などの心配もあり、そういう時のお湿りはホッとできる。

でも、わざわざ週末に雨や雪っていうのは勘弁してほしい(涙)
22日の高幡不動尊境内。夜中まで強く降った雨は朝にはやんだが、まだ地面が濡れている。
高幡不動尊201201-2
次の土曜日が1月28日の初不動大祭・だるま市で、この日(22日)は特に行事などはないが、思ったより参拝者が多いのはやはり1月。

28日は仕事になってしまって、初不動には行けそうにない。残念だけどまた来年。まだ今年は1ヶ月も経っていないというのにもう来年に期待か
高幡不動尊201201-7
ちょっとブルーシートが目立つ。これは初不動に備えて店を撤去せずにいるからだろう。

山内を歩くと冬枯れで撮るモノが見つからない。これはまだ固いアジサイの芽、春はまだ遠い。
高幡不動尊201201-3
これはアセビ、ツツジ科。春に咲く花だけど、なぜかちょっとだけ咲いていた。
高幡不動尊201201-4
これはユキヤナギ、バラ科。これも春には小さな花が白い柳のようになる花。
高幡不動尊201201-5
これは梅。それも同じ枝に白やピンクの花を咲かせる品種「思いのまま」。でもまだ蕾は堅そう。
高幡不動尊201201-6
下は昨年2011年3月にこの梅「思いのまま」を撮った写真。
高幡不動尊201201-12
そして、この日は高幡不動尊からの帰りの散歩道でカワセミ君を撮ることができた。
続きを読む
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ