ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

アガパンサス

今週の高幡不動尊(08/26) 夏の終わり

8月最後の週末、猛暑になった土曜日と秋の気配を感じた日曜日になった東京多摩地区。

キツネノカミソリ、ヒガンバナ科は花と花が終わった後の実が共存している。
高幡不動尊201708
ヒガンバナ科のキツネノカミソリの次の花は、本家の彼岸花。
高幡不動尊201708
お彼岸はまだ1ヶ月近く先だけど、高幡不動尊の山の中ではヒガンバナがもう結構咲いている。

夏の間、長く花を咲かせていたヒオウギ(檜扇)、アヤメ科もキツネノカミソリと同じで花と実が共存。
高幡不動尊201708

初夏に咲いていたアガパンサス、ユリ科は花が終わって実をつけている。
高幡不動尊201708
7月に咲いていた時のアガパンサスの様子。
高幡不動尊201707

アガパンサスの足元ではコムラサキ、クマツヅラ科が実をつけている。
高幡不動尊201708
コムラサキの場合は花はあまり目立たずに終わってしまうが、これから実がきれいになる。
高幡不動尊201610
これは10月頃のコムラサキ。この明るい紫色の実がコムラサキの魅力。

秋が名前に付く花、シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。少し前から咲いているけど(笑)
高幡不動尊201708
真ん中の黄色がおしべ、変わった形だ。
高幡不動尊201708

高幡不動尊の駐車場で開催される納涼盆踊りは27日、28日。
高幡不動尊201708
盆踊りが終わると、高幡不動尊の夏も終わる。
高幡不動尊201708
五重塔横のモミジ。ほんの少しだけ色づき始めたかな。

今週の高幡不動Vol.458
(撮影 2017年8月26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(07/09)  あさじいまつりが終わって

この週末はいい天気で猛暑となった東京多摩地区。

高幡不動尊の境内ではアガパンサス、ユリ科が涼し気な水色の花を咲かせている。
高幡不動尊201707
色は涼し気だけど、やっぱり暑い。
高幡不動尊201707

あじさいまつりは7日(金)で終わったが、まだあちらこちらできれいに咲いている
あじさいを見ることができる。
高幡不動尊201707
このウズアジサイ(渦紫陽花)は花びらが丸まっているからなかなか枯れないのか?

お地蔵さん(ではなく弘法大師像)の回りでもまだきれいに咲いているあじさいがある。
高幡不動尊201707

四季の道の西洋あじさいもきれいに咲いている。
高幡不動尊201707
でも、人がぐっと少なくなった。
高幡不動尊201707
あじさいまつりが終わったというのもあるが、猛暑だからかもしれない。
高幡不動尊201707
赤色系のあじさいもこんな色になっている。
山あじさい紅はなんとか花びらの形を保っているけど色がすごく濃くなった。
高幡不動尊201707

あじさいまつりが終わる頃には、やまゆり(山百合)が咲き始める。
高幡不動尊201707
この時期だけ見ることができる、あじさいとやまゆりのコラボ。
高幡不動尊201707
やまゆりは自立できないぐらい茎が延びるので支えが作られている。
高幡不動尊201707
やまゆりが咲いていると少し離れたところからでもいい香りがする。

我が家で咲いたイエローカサブランカ。すごくいい香りがする。
イエローカサブランカ
こちらはピンクカサブランカ。イエローほど色がついていない。
ピンクカサブランカ
この2つはカサブランカという名前はついているが正確にはカサブランカではなく、
売りやすいから付けられた名前なんだそうだ。
オリエンタルハイブリッド系のユリなので花の形はカサブランカそのものだけど。
我が家の本物のカサブランカはまだ蕾。

今週の高幡不動Vol.451
(撮影 2017年7月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(07/01)  あさじいまつり最後の週末

梅雨に入っても週末土曜日は天気が良い日が続いたが、この週末の土曜日は
ちょっと天気が悪くなってしまった東京多摩地区。

朝まで雨が降っていたからか、人が少ない高幡不動尊の境内。
高幡不動尊201707
枝垂れ桜の下のアガパンサスもしっかり咲いた。
高幡不動尊201707

水滴のついたいい感じのあじさいが撮れることを期待したけど・・・
高幡不動尊201707
残念ながら、もうかなり蒸発してしまっていた。
高幡不動尊201707
いままでちょっと干からび気味の姿が多かったけど、
高幡不動尊201707
梅雨時らしく、みずみずしい姿に撮れたかな。
高幡不動尊201707

まともな雫はこの1枚だけ(汗)
高幡不動尊201707

高幡不動尊のあじさいまつりは7月7日(金曜日)までなので、この日は最後の週末。
高幡不動尊201707
まだここの西洋あじさいはきれいに咲いているけど、朝方の雨で人出が鈍ったかな。
高幡不動尊201707
赤色系のあじさいは、さらに色が濃くなっていた。
高幡不動尊201707

山あじさい紅は他の山あじさいに比べて、長くがんばっているけど、さすがにもう終わりかな。
高幡不動尊201707

よーく見ると小さな花びらが散っていた。
高幡不動尊201707

高幡不動尊の参道では高幡参道七夕まつりが開催されていた。
高幡不動尊201707
よさこい踊りや着物クイーンの打ち水イベントが行われるようだった。

今週の高幡不動Vol.450
(撮影 2017年7月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(06/24)  西洋あじさい

梅雨空が続いてもありがたいことに土曜日は晴れてくれる東京多摩地区。
この週末の土曜日の高幡不動尊も天気に恵まれた。

高幡不動尊の参道と仁王門前には早くも七夕飾りが飾られていた。
高幡不動尊201706

仁王門から境内に入って右側、枝垂れ桜の足元で夏の花、アガパンサス、ユリ科が咲き始めた。
高幡不動尊201706
別名ムラサキクンシラン(紫君子蘭)と呼ばれるが、白花もある。
高幡不動尊201706
まだ咲き始めだね。

高幡不動尊あじさいまつりも終盤となり、西洋あじさいがきれいに咲いている。
高幡不動尊201706
淡いパステルカラーだったり、濃い水色だったり。
高幡不動尊201706

高幡不動尊201706
やはり西洋あじさいが咲くと華やか感じになる。
高幡不動尊201706
あじさいは日本原産でヨーロッパで品種改良されたものが西洋あじさいと呼ばれている。

定点観測している四季の道入口付近。
高幡不動尊201706
この写真の中央から少し右側に凹んだようになっている部分があってここに
下写真のような赤色系のあじさいが咲いている。
高幡不動尊201706
回りはすべて青色なのに、このあじさいだけ赤色なのが面白い。
高幡不動尊201706

あじさいが咲いている近くにある小さな池。
高幡不動尊201706
おたまじゃくしがたくさん泳いでいた、これからカエルになるんだろう。
我が家のまわりの田んぼでは、すでに毎晩カエルの大合唱が聞こえるので、
ここのおたまじゃくしは、ちょっと成長が遅めかな。

今週の高幡不動Vol.449
(撮影 2017年6月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(06/25) あじさいが咲く散策路

この週末(土曜日)は梅雨時期らしい空模様。本降りだった雨が朝にはやんで、昼には薄日が差す天気。
高幡不動尊201606-14
あじさいまつり期間中ということでたこ焼きや焼きそばなどの露店も出ている。 

山あじさいが終わってきて、主役は西洋あじさいと額あじさいになってきた。
高幡不動尊201606-8
山内のお地蔵さんの回りもあじさいで埋まっている。
高幡不動尊201606-4
あじさいが咲く散策路を登って山の反対側に行ってみる。
高幡不動尊201606-3
回りの緑が深まっていい感じの散策路になっている。
高幡不動尊201606-7
道の両側にあじさいがはみ出てきて狭くなっている場所もある。
高幡不動尊201606-6
すれ違うとき、あじさいの手前に止まってゆずりあうのが、この時期らしい光景。

山の反対側の広場に到着。昔、ここが高幡城だった頃の馬場跡らしい。
高幡不動尊201606-5
いまは彼岸花がたくさん植えられている場所。回りであじさいが咲いている。
ここが赤い彼岸花で埋まるであと3ヶ月。

中央部分の本物の花も満開。
高幡不動尊201606-2
中央部分にも咲いた花と蕾があるのがわかる。
高幡不動尊201606-12
 
弁天池のスカシユリ。以前よりスカシユリが少なくなってしまったのがちょっと残念。
高幡不動尊201606-13
 
境内のいろいろなところでアガパンサス、ユリ科が咲いている。
高幡不動尊201606-9
小さな古いお地蔵さんがあじさいとアガパンサスに囲まれている。
高幡不動尊201606-10
テレビでは多摩のあじさい寺のように紹介され、あじさいがたくさん咲いている
様子が取り上げられたりしているが、こういうのが本来の高幡不動尊らしい風景。 

今週の高幡不動Vol.403
(撮影 2016年6月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動尊(06/19)  あじさいまつり期間中のござれ市

この週末は、土曜日が30℃を超える真夏日となったが、日曜日は雲が多く風も涼しい日となった。

境内に入ってすぐ右側の枝垂れ桜の下でアガパンサス、ユリ科が咲いていた。
高幡不動尊201606-2
別名、紫君子蘭(むらさきくんしらん)。南アフリカ原産の花だけあって夏の花。
高幡不動尊201606-1
よく見ると蕾が多い、もうちょっとだね。

高幡不動尊201606-3
今日は第3日曜日。月に1度のござれ市の日だけあって、境内のお参りの人が多い。

高幡不動尊201606-4
あじさいが咲く境内で露店が出ている。この時期らしい風景。
高幡不動尊201606-5
あじさいまつり期間中のござれ市だから、人出が多いかと思ったがそれほどでもなかった。
高幡不動尊201606-12

背の高い西洋あじさいと額あじさいが壁のように咲く四季の道。
高幡不動尊201606-10
ここもすでに見頃になっているが、上写真の中心部分に赤い花が咲いているのがわかるだろうか?
下写真はもう少し近寄って撮ったもの。
 高幡不動尊201606-11
以前から写真をアップしていた、このあたりで唯一赤紫のあじさいが顔を出していた。
高幡不動尊201606-7
紅一点ならぬ紅三点(笑)

ござれ市に人が来ているわりには、ここは人が少なくて写真が撮りやすかった。
高幡不動尊201606-13
先日まとまった雨が降り、今日もそれほど暑くないから、しおれた感じはなかった。
高幡不動尊201606-8
西洋あじさいもきれいに咲いている。いまが一番いい時なんじゃないかな。
高幡不動尊201606-9
昭和記念公園の花木園展示棟で瀬戸豊彦写真展「昭和記念公園と東京のアジサイ名所案内」が
開催されていたが、ここで高幡不動尊も紹介されていて、青色系のあじさいが多いと書かれていた。 
確かに高幡不動尊は青色系が多いと思う。

高幡不動尊の第33回あじさいまつりは6月1日(水)から7月7日(木)まで。

今週の高幡不動Vol.402
(撮影 2016年6月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園(2014年7月)ユリの花

7月最初の週末の昭和記念公園。

イチョウの木を見るとすでに銀杏が準備中。
昭和記念公園201407-1
 
昭和記念公園のあじさいは比較的アナベルが多い。
昭和記念公園201407-2
ここはこのままあじさいがドライフラワーになるところ。

西洋あじさい、手前のあじさい。 
 昭和記念公園201407-9
中央部のあじさい。
昭和記念公園201407-10
遠くのあじさい。
昭和記念公園201407-11


 合歓の木(ネムノキ)、マメ科。
昭和記念公園201407-12
1つ1つの花を見るのもいいけど、いっぱい咲いている姿もいいかな。
昭和記念公園201407-13
 
ここからは夏のユリ。まずはコオニユリ。
昭和記念公園201407-19
花を見る限りオニユリとの違いはわからないけど、葉の付け根に黒い珠芽(ムカゴ)がコオニユリにはない。

ヤブカンゾウ、ユリ園ではなく、野原やあぜ道に自然に咲くユリ。でも存在感がある。
昭和記念公園201407-20

ユリではないけどユリ科のアガパンサス。別名、紫君子蘭(ムラサキクンシラン)、アフリカンリリー。
昭和記念公園201407-5
いつみてもこの涼しげな色がいい。

昭和記念公園のユリはさざなみ広場西側がメイン。オリエンタル系のユリが勢ぞろい。
昭和記念公園201407-14

 オリエンタルリリー ニンフ。

 昭和記念公園201407-18
オリエンタルリリー シルクロード。

昭和記念公園201407-16
オリエンタルリリー コンカドール。

昭和記念公園201407-15
オリエンタルリリー アスカ。八重咲きのユリ。
昭和記念公園201407-17

この日は、お目当てのカサブランカはまだ咲いておらず、しかもヤマユリも見損なった・・・(涙)
 
昭和記念公園(Vol.115)
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
  

今週の高幡不動(7/6)今年最後のあじさい

あじさいまつり最後の週末、7月6日の高幡不動尊の様子。

日曜日のお昼頃は比較的いい天気になった。
高幡不動201407-4

アガパンサス、ユリ科。この花が咲くともう夏だね。
高幡不動201407-3
夏の花は夏に負けない鮮やかな色か逆に涼しいイメージの色が多い。
高幡不動201407-2
アガパンサスはまさに涼しい色。

こちらも夏の花、ニッコウキスゲ、もちろんユリ科。
高幡不動201407-7
ここは茶室に入る場所で、残念なことにあじさいまつりが終わると立ち入り禁止になってしまう。

あじさいに囲まれる弘法大師像。
高幡不動201407-5

大師堂に向かう階段。ここも絵になる場所。
高幡不動201407-6
昔は大師堂が古くて雰囲気があったんだけどね。
以下は2009年6月に撮った写真。
 高幡不動201407-15
小さくてわからないかな・・・(汗)

 墨田の花火。
高幡不動201407-8
このあじさいは割と遅咲きなので、いまが中心にある花の最盛期かも。

白いあじさい、アナベル。
高幡不動201407-9
このあじさいも比較的遅咲きなので、いまが見頃。 

山あじさい紅、もうとことん終わり・・・
高幡不動201407-13

普通のあじさいも(笑)
高幡不動201407-14

逆さあじさい。
高幡不動201407-12
思ったほどではなかった・・・(汗)

四季の道入口付近。あじさいはまだ見頃をキープしているけど、訪れる人のピークは終わりかな。
高幡不動201407-10
奥の方もまだ咲いていますよ!
高幡不動201407-11

この日の翌日は七夕。門前にも七夕飾りが。
高幡不動201407-1
 

来年、またきれいな花を見るためのあじさいの毬切り作業は7月17日。
この週末は散歩できないので、これが高幡不動尊でみる最後のあじさいになりそう。


今週の高幡不動Vol.321
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 
 

今週の高幡不動(06/30)あじさいまつりもあと1週間

6月最後の週末、30日(土)はたまに雲の間から太陽が顔を出す天気。それほど暑くなく、ジメジメした感じもあまりせず梅雨の時期にしては快適な日。

このところあじさいの写真ばかりだったので、意識して違う写真をアップすることに。
高幡不動201206-1
まずは、ホタルブクロ、キキョウ科。ヤマホタルブクロとは萼の部分で見分けがつくそうだが、よくわからなかった。

そしてアガパンサス、ユリ科。上のホタルブクロもそうだが、夏の訪れを感じる花。
高幡不動201206-5
まだ蕾が多いからもう少しきれいに咲くかな。仁王門脇の枝垂れ桜の足もとで咲いている。

このアガパンサスが毎日見ている不動堂の姿。
高幡不動201206-6
春先からずっと工事中。この姿はさすがにちょっと飽きてきた・・・

弁天池回りで見つけた花、両方とも2週間ぐらい前に見つけたんだけど、ずっと名前がわからずだった。
高幡不動201206-2
上が、矢車菊にも似ているが瑠璃菊(ストケシア)、キク科。
下がアルストロメリア、ユリ科。園芸品種でユリスイセン(百合水仙)、ユメユリソウ(夢百合草)などと呼ばれるらしいが、微妙に違うようだ。
高幡不動201206-3
やっと名前がわかったけど、この日はもう下の花は枯れていた。

先週も見かけたスカシユリはまだ元気に咲いている。
高幡不動201206-13

高幡不動尊境内の西洋あじさいと額あじさいは、どこも見頃。いままで撮っていないような場所で撮ってみた。
高幡不動201206-12
上が五重塔脇。下が大日堂につながる階段と山門。
高幡不動201206-8
奥殿前から新しくなった大師堂への階段付近。
高幡不動201206-7
いつの間にかまたあじさいの写真ばかりになってきた

四季の散歩みち。この時は人が少なくてじっくり写真が撮れた。
高幡不動201206-10
額あじさいを良く見てみると、もう中心部の本当の花もしっかり咲いている。
高幡不動201206-11

山内の山あじさいはもう終わりかけ。でもここの白いあじさい(アナベル)は毎年少し遅めに見頃になるため、いまちょうど見頃だと思う。
高幡不動201206-9

境内はあじさいが見頃だが、参道はもう七夕飾り。
高幡不動201206-4
七夕の日は特に高幡不動尊の行事はないが、高幡不動尊参道で毎年「参道七夕まつり」が開催される。
今年もよさこい踊りや七夕かざりの短冊に願い事を書いた近くの保育園園児のちびっこ踊り、歴装隊パレード・パフォーマンスなどがあるそうだ。

2012年の高幡不動尊のあじさいまつりは7月7日(土)まで。

今週の高幡不動Vol.221
(撮影 2012年6月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(07/10)梅雨が明けていきなり猛暑

梅雨があけた最初の週末となったが、いきなりの猛暑。

午前中からカンカン照りの境内は人影もまばら
高幡不動尊201107-3
修復作業がはじまった五重塔はこの1週間で全面に足場が組まれた。

高幡不動尊201107-8
ここのアガパンサスは背景に五重塔が見える場所、でも今年は背景が足場。

高幡不動尊201107-7
白いアジサイ、アナベルは強い日差しを浴びても元気だ。もう少し白くなるかな。

高幡不動尊201107-4
この日はこのキキョウの色がお地蔵さんに
高幡不動尊201107-5
今日の六地蔵さんは、ちょっとおしゃれ
高幡不動尊201107-6
こんな姿、はじめて見るような気がする。
高幡不動尊201107-11
弁天池そばのお地蔵さん。こちらはボンボリ付き。

毎月第二日曜日はフリーマーケットの日。
高幡不動尊201107-10少ない日陰をもとめて出店。残念ながら人は少ない。

高幡不動尊201107-9
あじさい祭が終わってここも人影が少なくなった。というか普段の状況に戻った。

七夕飾りはこんな晴天の日が似合うね。
高幡不動尊201107-2
でも、もう七夕は終わりなんだよね。この飾りはいつまでなんだろうか?
高幡不動尊201107-1
6月はほとんど毎週どんより曇り空の高幡不動尊ばかりをアップしてきたけど、梅雨が明けたらいきなり快晴の光景。今年の梅雨明け宣言はタイミングがばっちりだったね

今週の高幡不動Vol.175
(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動Vol.126(07/10)梅雨の晴れ間

この週末、土曜日(7/10)は思わぬ梅雨の晴れ間が広がった
せっかくの晴れ間だけど、あじさいまつりが終わって、今日の境内は静けさが広がっている。
高幡不動尊20100710-2
上の写真の不動堂屋根左上に黒い影のような物が写っているが、これはレンズ交換した時にCMOSセンサーに付いてしまったゴミ

撮っている時このゴミには全然気がつかなかったが、何枚かの写真に写っていただけで、その後のいつのまにか写らなくなっていたので、カメラの電源ON時に自動的に行われる超音波振動によるゴミ除去機能で取れたようだ

高幡不動尊20100710-3
日向は真夏の炎天下の雰囲気。この緑は萩で秋にはきれいな花を咲かせてくれるところ。

先週オミナエシが咲いていた横には、ニッコウキスゲが咲き始めた。
高幡不動尊20100710-4
この豊泉寮の庭はあじさいまつりが終わって一般公開も終了したので、入って近寄ることができない。毎年このニッコウキスゲのそばで写真を撮っていたと思うので、今年は少し開花が遅めなんだね

まだきれいに咲いている西洋アジサイを良く見たら、中央部分の花が咲いていた
高幡不動尊20100710-9

この前は東京サマーランドのアナベルの雪山でお腹いっぱい見たアナベル。高幡不動尊では7月の最初はこんな感じだったけど
高幡不動尊20100710-10
この日はもう終わりかけの状態になっていた。
高幡不動尊20100710-7
咲き始めが薄緑で、開花が進むにつれて真っ白くなるアナベルも、最後はまた薄緑に戻る。

すみだの花火を見に行ったら、シオカラトンボのカップルがお取り込み中だった
高幡不動尊20100710-5

水色のシオカラトンボはオスでメスは色が違っていて、黄色に黒い斑点が付きムギワラトンボと呼ばれることを昨年知ったが、こうやって見ると確かにオスとメスで色が違う
高幡不動尊20100710-6
オスとメスで色が違うってことがわかりやすい証拠写真だね

五重塔近くに咲いているアガパンサス。
高幡不動尊20100710-8
いまいろいろなところでアガパンサスが咲いているが、やはり晴れの日に似合う花。でも梅雨の晴れ間はこの土曜日1日だけ
高幡不動尊20100710-11

翌日(日曜日)はまたはっきりしない梅雨空、パラパラ降っては止んでしまう天気、夕方には本降りになった高幡不動尊20100710-12
息子(中1)のピアノ発表会があった市民会館近くで何か撮れるかなと思ったけど、雨の中で撮れたのはこのかわいいピンク色をしたバラだけだった

(撮影 2010年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.124(06/27)梅雨時らしい週末

曇り空だと思ったら薄日が差したり、また急に雨が降ったりと梅雨らしい天気の週末
高幡不動尊201006-4
高幡不動尊のあじさいまつりもいよいよ後半に突入ということで、不安定な天気の中でも見物客も多かった。

いつも定位置として写真を撮る仁王門横の枝垂れ桜の足元にアガパンサスが咲いていた
高幡不動尊201006-5
夏らしい花なので日の当たった場所で明るく撮りたかったけど、ここは枝垂れ桜の木の影でちょっと暗いのが残念。境内の別なところでもそのうちアガパンサスが咲くので、またその時に撮ることに

これは朝方に降った雨のあと。雨の季節だけどなかなか「雨の写真」が撮れない
高幡不動尊201006-6
雨が降っているときには散歩に出ないのがその理由なんだけど

弘法大師さんもあじさいに囲まれて梅雨を満喫(?)していることでしょう
高幡不動尊201006-10

このところ、どうしてもアジサイの写真が多くなるので、今回はできるだけアジサイ以外の花ということで、まずはユキノシタ科のユキノシタ。
高幡不動尊201006-12
小さくてかわいい花なんだけど、下の方に咲いていてなかなかうまく写真が撮れなかった

これはキンポゲ科のクレマチス。花びらが6枚のものが「鉄線」、8枚のものが「風車」というそうだが、これは6枚だから「鉄線」。名前の通り細いけれども針金のように丈夫なツルだった。
高幡不動尊201006-3
クレマチスっていろいろ種類があるんだね。

大日如来像が安置されている大日堂横の「すみだの花火」の上にナツツバキ(夏椿)が咲いていた。
高幡不動尊201006-8
ちょっとアップで見ると、葉っぱが冬から春にかけて咲く椿とは違って薄い感じ。
高幡不動尊201006-9
ナツツバキは別名シャラノキとも言われる。
これはお釈迦様が修行した沙羅双樹に由来するが、沙羅双樹は寒さに弱いため、日本では沙羅双樹をイメージしてナツツバキが仏教寺院で植えられることが多いからだそうだ

いつも何か花が咲いている弁天池回りで咲いていたスカシユリ。
高幡不動尊201006-13

これはデージーの仲間?よく見かける花のようで名前がわからない。調べてみてもディモルフォセカなのか、それともオステオスペルマムなのか?
高幡不動尊201006-14

そしてこの矢車菊にも似た白い花も・・・看板がないと全然わからない
高幡不動尊201006-15

早くも七夕の準備がされていた
高幡不動尊201006-11
毎年のことながら新暦で行う七夕は梅雨真っ盛りの時期。七夕は旧暦の方が絶対にいいと思うけど・・・
七夕に降る雨は織姫と彦星が流す涙と伝えられ「催涙雨(さいるいう)」と言われるそうだ
さて今年の七夕は星空が見えるかな

高幡不動尊のあじさいまつりは七夕の7月7日まで

(撮影 2010年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.83)近所の用水路にて

近所の用水路200906-7
薄い紫色がとてもきれいなアガパンサス、調べてみるとユリ科だったりヒガンバナ科だったりネギ科だったりするが分類体系により異なるらしい
和名はムラサキクンシラン(紫君子蘭)、こちらはなんだか納得する名前

ここはたびたび写真を撮ってご紹介している近所の用水路。結構狭い空間なのに、いつもなんだか違った花が咲いている、ちょっと不思議な場所
近所の用水路200906-9近所の用水路200906-8
(上写真)いまの時期はスカシユリと上のアガパンサスが咲いている
その隣のオレンジ色はユリ科のノカンゾウ(野萱草)かもしれません、実はちょっと気になっていました。
マッチャさん情報ありがとうございました

(下写真)少し前、ちょうど田んぼの花菖蒲がきれいだった頃はここでも花菖蒲が咲いていた。
近所の用水路200906-5近所の用水路200906-6

(下写真)そして、もう少し前、5月の最初の頃はアヤメ・カキツバタとシランが咲いていた。
近所の用水路200906-4近所の用水路200906-3

今年の3月にはスイセンを、昨年の10月には彼岸花をそれぞれここでもご紹介したそう言えば白い彼岸花を初めてみたのはこの場所だった
近所の用水路200906-1近所の用水路200906-2
スイセン、彼岸花、アヤメ・カキツバタ、スカシユリ、これらはすべてユリ目の花、確かにここに咲く花はちょっと似た傾向があるようだ

真夏に突然ひまわりが咲いたり、秋にコスモスが咲いたりしたらビックリだけど、さすがにそれはないだろう。ちなみにひまわりもコスモスもキク目の植物だからね

先日、ここを通ったとき、初めて手入れしている人をみかけた。やっぱりちゃんと手入れしているから、これだけきれいな花が咲くんだね、いつも楽しませていただいています

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ