ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

アイスランドポピー

昭和記念公園(2015年5月)アイスランドポピー

少し前になってしまうが、ゴールデンウィーク中の昭和記念公園の続き。

緑と水辺の風景が気持ちのよい晴天の日本庭園。
昭和記念公園201505-7

シャクナゲ、ツツジ科。
昭和記念公園201505-6
緑の中で赤色が映える。

日本庭園らしい雰囲気が出るボタン。
昭和記念公園201505-5
ちょうど見頃だった。
昭和記念公園201505-4

みんなの原っぱ東花畑ではまだ菜の花を見ることができた。
昭和記念公園201505-1
奥のソメイヨシノはもう完全に新緑。
昭和記念公園201505-2
今頃はもうこの菜の花も終わってしまっているのだろう・・・ 

 この日はみんなの原っぱ西花畑ではアイスランドポピーが見頃。
昭和記念公園201505-8
 アイスランドポピー、ケシ科は別名シベリアヒナゲシ。

昭和記念公園201505-9
野生種の花は白色と黄色だけで、園芸種として品種改良されて、ピンク、オレンジ、クリームなど
多種の色が創出されたそうだ。
昭和記念公園201505-10

こちらは花の丘。アイスランドポピーに変わって5月中旬からは、この花の丘の
シャーレーポピー、ケシ科が主役になる。
昭和記念公園201505-3
この日は上写真のように、まだまばらな咲き具合だったが、昭和記念公園のホームページでは
もうとっくに見頃になっている。

昭和記念公園(Vol.134)
(撮影 2015年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
  

昭和記念公園(2014年5月)花の丘

花の丘のシャーレーポピーが見頃になったというので昭和記念公園に行ってみた。

まずは、少し前から見頃になっていたみんなの原っぱ西花畑のアイスランドポピーの様子。 
昭和記念公園201405-4
この白い花はジャーマンカモミール、キク科。よく知られているハーブ。
昭和記念公園201405-3
アイスランドポピーだけではなくジャーマンカモミールも咲いて、より自然なお花畑感が出ている。
場所によってはジャーマンカモミールの方がメインになっている(笑)
昭和記念公園201405-2
 ジャーマンカモミールがたくさん咲いているこのあたりは甘い香辛料のようななんとも言えない香りが漂う。

そして最近見頃になった花の丘。
昭和記念公園201405-6
前回来た時はパラパラと赤い花が咲いていただけだったが、今回は赤いじゅうたんのような状態。 
昭和記念公園201405-8
まさに花の丘。
昭和記念公園201405-7
この赤い花はシャーレーポピー、ケシ科。別名虞美人草。
昭和記念公園201405-10
真っ赤な花だけでなくこんな色の花や真っ白な花も咲いている。
昭和記念公園201405-9
 
 昭和記念公園は他にもいろいろな花が咲いている(その一部を)。
昭和記念公園201405-5
ヤマボウシ、ミズキ科。このあと成る実はサッカーボールのような面白い形。

昭和記念公園201405-12
エゴノキ、エゴノキ科。
昭和記念公園201405-11
ピンク色の花もあるそうだ。

この花はシラン、ラン科。知らんではなく紫蘭。
昭和記念公園201405-13
紫色の蘭からついた名前なのに白い花の紫蘭があるのはなぜ?って聞くと知らんという答えが(笑)
昭和記念公園201405-1

ゆめひろばで開催中の「まんパク2014」。まんパクは昭和記念公園の入園料とは別に入場料が必要。
昭和記念公園201405-14
5/17(土)〜6/2(月)まで開催中。
昭和記念公園201405-16
美味しいものを食べるのは楽しくていいんだけど、このイメージ(体型)の家族にはなりたくないなぁ(汗)
すでに手遅れだという声も・・・

  昭和記念公園(Vol.113)
(撮影 2014年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

昭和記念公園(2014年5月)ポピーの様子

5月の昭和記念公園の見どころは2つのポピー(アイスランドポピーとシャーレーポピー)。
今回は1週間ほど前になってしまうがゴールデンウイーク明けの様子。

まずはみんなの広場、西花畑のアイスランドポピー、ケシ科。
昭和記念公園201405-9
赤、白、黄色のアイスランドポピーが見頃になっていた。
昭和記念公園201405-10
とても風が強い日で撮り辛い・・・
昭和記念公園201405-11

 こちらは花の丘のシャーレーポピー、ケシ科。
昭和記念公園201405-5
 西花畑のアイスランドポピーと違って、こちらはまだこれからでこの日は3分咲きという感じ。
昭和記念公園201405-6
シャーレーポピーはヒナゲシ、虞美人草という名前の方が馴染みがある。
昭和記念公園201407
 下を向いている蕾がだんだん上を向きそして花が咲く。ちょっと変わった動き。

下の写真のように4月は菜の花とソメイヨシノがきれいに競演していたみんなの原っぱ東花畑。
昭和記念公園201405-1
 この日は、菜の花の上に背の高いカラシナ(セイヨウカラシナ)が咲いて菜の花畑が続いていた。
昭和記念公園201405-2
 菜の花は春に咲くアブラナ科の黄色い花の総称として使われることが多く、
普通に畑で栽培されている菜の花は日本在来種のアブラナではなく明治時代初期に
導入されたセイヨウアブラナが多いそうだ。
昭和記念公園201405-4
 畑ではなく、河川敷や空き地で見かけるのはこのカラシナ(セイヨウカラシナ)が多いそうだ。
昭和記念公園201405-3

同じく4月後半に下写真のようにたくさんのチューリップが咲いていた渓流広場。
昭和記念公園201405-13
この日、ほとんどのチューリップが終わる中、ちょっとだけ咲き残っていたチューリップ。
昭和記念公園201405-8
日差しが強くて水がある場所はもう初夏の雰囲気。
昭和記念公園201405-12
 
ホームページによるとこの週末、花の丘のシャーレーポピーが見頃になってきたようだ。

 昭和記念公園(Vol.112)
(撮影 2014年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

昭和記念公園(2013年4月)アイスランドポピー

前回に引き続き、4月初旬の昭和記念公園の様子。

みんなの原っぱ西花畑では、アイスランドポピー、ケシ科が見頃になっていた。
昭和記念公園201304-6
色とりどりで、ゼリービーンズをばらまいたような光景。ゼリービーンズって歯にくっつくのがいまいちだよね。
昭和記念公園201304-7
花の大きさの割りには茎が細いから、ちょっとした風にもすごく揺られてなんだか撮りづらい。
昭和記念公園201304-8
アイスランドポピーの別名はヒナゲシ。どちらかというとヒナゲシの方が馴染みがあるような気がするけど。

ヒナゲシの隣、渓流広場ではチューリップがスタンバイ。
昭和記念公園201304-5
地面に絵を書いたほうな光景がすごくきれい。
昭和記念公園201304-4
この日はまだ少しだけ早かったが、たぶん、今頃見頃になっているだろう。

昭和記念公園はきれいな花々だけでなく、地味な花もたくさん咲いている。

そろそろ花期が終わる、カタクリ、ユリ科。でもまだ結構たくさん咲いていた。
昭和記念公園201304-13

イカリソウ、メギ科。とりあえず船のいかりの形をしているから、イカリソウだろうが、イカリソウにはいろいろな品種があるようだ。
昭和記念公園201304-11イカリソウ

シュンラン、ラン科。ランとはいえ、すごく地味なランだね(汗)
昭和記念公園201304-12シュンラン

ハナニラ、ユリ科。この花はこの時期いろいろなところでよく見かける。
昭和記念公園201304-9
やったことないけど葉をちぎるとニラのようなにおいがするそうだ。

この花はキンポウゲかと思ったら、花が2まわりぐらい小さかった。調べてみたらミツバツチグリ(三葉土栗)、バラ科だろうか。もはやキンポゲ科でもない(笑)
昭和記念公園201304-10ミツバツチグリ(三葉土栗)
「土栗」は名前のように地下茎が栗のように丸く食べられる種類の草があるそうだが、このミツバツチグリは食べられない。

これも小さい花、最初は忘れな草かと思ったけど、キュウリグサ、ムラサキ科かな?
昭和記念公園201304-14キュウリグサ
これもやったことないけど、葉をもむとキュウリのにおいがするそうだ。

ウンナンオウバイ、モクセイ科。つる性植物で、この時期は家の柵などできれいに柵。なんてね(笑)
昭和記念公園201304-1

ネモフィラ、ハゼリソウ科。瑠璃唐草とか小紋唐草などとも呼ばれるそうだ。
昭和記念公園201304-2
とてもいい感じのブルー空間を作っている。
昭和記念公園201304-3
こうやって花をアップでみると、オオイヌノフグリにも似ているけど、大きさは一回り大きい。

昭和記念公園は5月26日からフラワーカーニバル開催中だそうで、これからも菜の花やシバサクラなどいろいろな花を楽しむことができる。

昭和記念公園(Vol.83)
(撮影 2013年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2013年4月)見頃過ぎの桜とコラボ

4月初旬の昭和記念公園。

カンヒサクラ(寒緋桜)、ソメイヨシノなどに比べると早く咲くので、もうほとんど終わり。
昭和記念公園201304-1
1月下旬ごろの沖縄で花見だ!っていうとこの桜。ヒカンサクラ(緋寒桜)っていうのも聞いたことがあるけど、同じ桜なんだそうだ。

昭和記念公園201304-2
サクラと水仙のコラボだ。と、喜んだけどサクラがちょっとくたびれた感じ。
昭和記念公園201304-3
見頃が過ぎてしかも葉が出てきているからかな。やはり見映えではソメイヨシノかな。

ソメイヨシノはこんな感じ。
昭和記念公園201304-7
この日はまだなんとか見頃。その後の嵐で・・・
昭和記念公園201304-6
のんびりと春とサクラを楽しんで人たちの姿がいい。

こちらはみんなの広場西花畑のアイスランドポピー(ひなげし)とコラボ。
昭和記念公園201304-5
カラフルなアイスランドポピーは、また別記事で(笑)

みんなの広場東お花畑の菜の花はこれから、
昭和記念公園201304-9
タイミングがいい年は、菜の花とサクラのコラボがきれいにな見られるんだけど。
昭和記念公園201304-10
サクラは終わりかけ、菜の花はまだこれから。ドラマのようなすれ違いシーン(汗)

サクラが終わると次のメインはここのチューリップかな。
昭和記念公園201304-4
渓流広場のチューリップがもうかなり咲いていた。木々の間を流れる水面には大量のサクラの花びら。
昭和記念公園201304-13
水面を漂うサクラの花びらを眺める水仙。
昭和記念公園201304-8

園内を横切る一級河川残堀川の回りは、いろいろなサクラが順番に咲く場所。黄色いのはレンギョウ。
昭和記念公園201304-11
上写真の遠くに見えている、ふれあい橋の上から撮ったのが下写真。
昭和記念公園201304-12
こちらからの方がよく紹介される場面。ちょっと遅かったかな(汗)

サクラ以外にもいろいろな花が咲いていたので、また別記事で。

この記事はbabathegiantさんのつながり企画「2013年、桜写真」に参加しています。

昭和記念公園(Vol.82)
(撮影 2013年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年4月)チューリップとアイスランドポピー

ゴールデンウィーク初日、4月28日の昭和記念公園の様子。
昭和記念公園20120428-7

渓流広場のチューリップ。渓流にチューリップとムスカリで絵を描いたような風景。
昭和記念公園20120428-12
こうして少し離れて景色として見るとすごくきれいだけど、残念なことに多くのチューリップは見頃は過ぎていた。

まだ見頃だったチューリップだけをいくつかアップで撮ってみた。濃い紫色が特徴的なブラックヒーロー。
昭和記念公園20120428-9
こちらは洗剤のコマーシャルに使えそうなぐらい真っ白で輝いて見えるマウリーン。
昭和記念公園20120428-14
バラかカーネーションのようにも見えるフィノラ。昭和記念公園20120428-15
白と紫のまざり具合がいい感じのシャーリー。
昭和記念公園20120428-8

みんなの原っぱ東花畑ではアブラナ科のストックが咲いている。ストックという花を初めて知ったが、なんだかヒヤシンスみたいな花だ。
昭和記念公園20120428-4
紫色、白色、ピンク色のストックがたくさん咲いている様子はこんな感じ。
昭和記念公園20120428-3
ストックの遠方に見える黄色い絨毯は菜の花。
昭和記念公園20120428-5
菜の花の奥の緑はサクラなので、いい時期に来るとバックがピンク色

紫色の菜の花(と、勝手に私が思っている)、ムラサキハナナも見頃。
昭和記念公園20120428-6
うっそうと茂っていて「ムラサキハナナの森へようこそ」って感じ。

みんなの原っぱのシンボルツリーの大きなケヤキ。日射しが強い時期は大きな木陰に人が集まる。
昭和記念公園20120428-1
遠くに見えるのははらっぱ西花畑のアイスランドポピー。
望遠でアップで撮ってみるとこんな感じ。みんな楽しそう
昭和記念公園20120428-2
アイスランドポピーも見頃になってきた。
昭和記念公園20120428-10
アイスランドポピーの和名はシベリアヒナゲシでケシ科。
昭和記念公園20120428-11

規模は小さいけど昭和記念公園にも芝桜があって見頃になっている。
昭和記念公園20120428-13
連休初日は気温はちょっと暑いけど風が涼しい散歩日和。久しぶりに1日2万歩、10Km以上歩くことができた。

ウコンやギョイコウなどのサクラやムサシアブミ、レンゲ、オオデマリなんかも咲いていたが、それらの写真はまたの機会に

昭和記念公園(Vol.56)
(撮影 2012年4月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年12月)昼のイルミネーション

イルミネーションを見るモチベーションって12月に入って盛り上がりはじめ、クリスマスあたりがピークで、年が明けると一気に落ちると思いません?

まだ気持ちが盛り上がっている12月の昭和記念公園でイルミネーションを昼間に見た。
昭和記念公園イルミネーション-6
この飾りは、(上)夜じゃなくてもきれいに見えるが、やっぱり(下)夜の方がきれいかな。
昭和記念公園イルミネーション-1
この夜の写真は2010年12月撮影。

入り口のメインイルミネーションの昼の姿。
昭和記念公園イルミネーション-7
夜はこんな感じ。やっぱり夜がいい。
昭和記念公園イルミネーション-2
近寄って見たところ。シャンパングラスがきれいに輝く。
昭和記念公園イルミネーション-3
でも昼にみると、う〜ん・・・まあこんな感じか。
昭和記念公園イルミネーション-16

カナールの噴水の回りにもワイングラスが設置。昼間だとワイングラスを並べている意味がよくわからない。
昭和記念公園イルミネーション-15
でも夜になるとこの通り、素晴らしい。
昭和記念公園イルミネーション-5

すっかり葉が落ちて角刈りにされてしまったイチョウ並木。
昭和記念公園イルミネーション-14
夜はここは道玄坂かと思うぐらい(大げさ)に一変する。
昭和記念公園イルミネーション-4
続きを読む

昭和記念公園(2011年5月)花の丘

5月というのに真夏のような暑さの昭和記念公園。
みんなの原っぱでは、みんな中央の大ケヤキの木陰に集まっている。
昭和記念公園201105-15
この原っぱ西花畑には約5,800平方メートルに30万本のアイスランドポピーが植えられている。
昭和記念公園201105-12
アイスランドポピーはケシ科でシベリアヒナゲシとも呼ばれ、涼しい気候のところに自生しているので暑さに弱い植物。
昭和記念公園201105-13
花色はこのあとに紹介する花の丘で咲いているシャーレーポピーよりも鮮やかで、赤色、桃色、黄色、橙色、白色がある。
昭和記念公園201105-14
でも、もう終わりかけ、ちょっと時期が遅かったね

今回のメイン、花の丘に向かうとこんな感じ・・・ではなくこれは今年1月の準備をしている時の様子。
昭和記念公園201105-2
これがいまは、こんなきれいな花の丘になっている
昭和記念公園201105-3
丘一面のシャーレーポピー。約11,000平方メートルに180万本栽培されているそうだ。
昭和記念公園201105-10
シャーレーポピーはケシ科でヒナゲシやグビジンソウ(虞美人草)と呼ばれるそうだ。
あ、そうなんだ、最初の方のアイスランドポピーがヒナゲシかと思っていた。
ほかにはフランスではコクリコ、スペインではアマポーラなどと呼ばれる
昭和記念公園201105-11

一面に咲いているのも見事だけど一つ一つの花もしっかりきれい。
昭和記念公園201105-5
八重があったり一重だったり。花の色は桃色、赤色、白色が多い。
昭和記念公園201105-8
表面に毛が生えているつぼみは最初は下向きだが咲くときは上を向く。
昭和記念公園201105-6
この花のやさしい色がよかった。

昭和記念公園では、この「花の丘」で年に2回、春に真っ赤なポピー、秋にはカラフルなコスモスを咲かせるように整備しているそうだ。
昭和記念公園201105-4
昭和記念公園の秋のコスモスは以前からすごく有名。知名度の違いなのかコスモスの時よりも人出は少ないような気がする。
昭和記念公園201105-1
上は昨年秋のコスモスの時の写真。どうでもいいけどなんか青っぽい写真になっている
昭和記念公園201105-7
ちなみにこれら園芸用のケシからは「アヘン」はとれない。

この日は2万歩ほど歩いた
来月の人間ドックに向けていい運動になったんだけど、あまりに暑かったのでカレーが食べたくなった。
昭和記念公園201105-16
誘惑に負けて昼に近所のカレー屋でカレーと生ビールを飲んでしまった
あまりストイックになってもいけないしね。いつストイックになっているんだ?という声もあるけどさ


昭和記念公園(Vol.33)
(撮影 2011年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ