ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

みんなの原っぱ

昭和記念公園 梅雨明け翌日の夏空

6月29日に関東甲信地方が梅雨明けした。
平年(7月21日ごろ)より22日、昨年(7月6日ごろ)より7日早い。いままで最も早かったのが2001年7月1日で6月の梅雨明けは統計開始以来、初めてだそうだ。

梅雨明け翌日(6月30日)の昭和記念公園の夏空の様子。
昭和記念公園201806
ふれあい橋から眺めのテラスの方向を見るとその先に水鳥の池が見える。この時期のここからの眺めはなかなかいい。

眺めのテラスから見た水鳥の池。空には夏らしい雲。左端に見えているのがボート乗り場。
昭和記念公園201806
下写真はそのボート乗り場から眺めのテラス方向見えたところ。もう完全に夏空。1週間前の梅雨空がウソのようだ。
昭和記念公園201806
このコントラストの強さは真夏だね。

水鳥の池そばで咲いていた、野萱草(ノカンゾウ)、ユリ科。藪萱草(ヤブカンゾウ)の一重咲き版。
昭和記念公園201806

先週まで花菖蒲が咲いてた花木園菖蒲田。花菖蒲は終わってしまったけど、雨が似合うはずのアジサイが元気に咲いていた。
昭和記念公園201806

ハーブ園で咲いていたベルガモット、シソ科。別名タイマツバナ(松明花)が青空に白い炎をあげているようだ(笑)
昭和記念公園201806

ネムノキ、マメ科。先週は梅雨空だったので、空を入れた写真がなかったけど、ピンク色の花が青空の下で映えていた。
昭和記念公園201806

みんなの原っぱのシンボルツリー、20m以上の高さがある大ケヤキ。
昭和記念公園201806
あまりにも暑いのでみんなこの大ケヤキが作る木陰に避難している。
先週は梅雨空の小雨模様で人が少なく、今週はいい天気なんだけど逆に暑すぎて人が少ない・・・
昭和記念公園201806
暦はまだ6月だけど、梅雨が明けただけあってもう真夏と同じ。スポーツドリンク2本を飲みながらこもれびの丘で咲いているヤマユリを目指した。

昭和記念公園(Vol.275)
(撮影 2018年6月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 みんなの原っぱ西花畑のブーケガーデン

5月晴れの昭和記念公園の続き。

ふれあい橋から、水鳥の池が目の前に広がる眺めのテラスの方向を見たところ。
昭和記念公園201805
青空と新緑がすごくきれい。

この日のみんなの原っぱ西花畑の様子。
昭和記念公園201805
青色に浮かぶ白い雲が20年前の日テレのバラエティー番組「進め!電波少年」のオープニングのようだ。

11品種の草花をミックスしたブーケガーデンになっている。
昭和記念公園201805
白色、青色、紫色がヤグルマギク、赤色はシャーレーポピー。

それぞれの花をきれいに並べたのではなく、グラデーションをかけて種がまかれているので場所によって見え方が変わる。
昭和記念公園201805
白色で背が低いのがジャーマンカモミール、水色がネモフィラ、オレンジ色はカリフォルニアポピー。
昭和記念公園201805
ここはオレンジ色のカリフォルニアポピーが目立つ場所。
昭和記念公園201805
この日は天気がいいので空をいれるときれいな絵のような風景になる。
昭和記念公園201805

ジャーマンカモミールとネモフィラ。
昭和記念公園201805
ブーケガーデンは5月27日(日曜日)にヤグルマギク摘み取り体験が実施され、その後は次の花畑の準備のために刈り取り作業に入るそうだ。次は秋のコスモスかな。

昭和記念公園(Vol.269)
(撮影 2018年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 アイスチューリップ

3月最後の日曜日(3/25)、昭和記念公園にも本格的に春がやってきた。

キラキラと春の陽射しに輝く渓流広場の池。手前はいち早く咲き始めたチューリップ。
昭和記念公園201803
ここ渓流広場のチューリップガーデンのチューリップが本格的に咲くのはもう少し先。

みんなの原っぱも人がたくさん、今年1番の人出だったと思う。
昭和記念公園201803
私は年間パスポートを持っているので待ち時間なしだったけど、入園券売り場に行列が出来て購入するのに15分近くかかっていた。

みんなの原っぱ東花畑では菜の花が咲き始めている。奥の桜の園ではソメイヨシノが3分咲き。
昭和記念公園201803
来週には菜の花と桜のコラボが楽しめるかな。

ふれあい広場では球根を冷温処理し、疑似的に冬を経験させることで早く開花する様に調整したアイスチューリップが咲いていた。
昭和記念公園201803
上はアニースキルダー、下はイエローフライトという品種
昭和記念公園201803
小学校の頃に育てた黄色いチューリップとは花びらがちょっと違う。

明るい紫色のパープルフラッグという品種。
昭和記念公園201803

明るい色合いがきれいなファーストクラスという品種。
昭和記念公園201803

昭和記念公園201803
花びらがチューリップらしくない品種の上がオレンジプリンセス、下がレッドプリンセス。
昭和記念公園201803


場所がこどもの森に移って、ここで咲いているのは原種系チューリップと呼ばれるチューリップ。
昭和記念公園201803
普段見るチューリップは品種改良された園芸品種で、この原種系チューリップは自然の中で咲いていたそのままのチューリップで少し小柄で素朴な感じがする。
昭和記念公園201803

昭和記念公園201803
これも原種系チューリップ。なんだかチューリップらしくないチューリップだね。
昭和記念公園201803
ラッパスイセンと一緒に撮ってみると、なんだか引き立て役になってしまう(汗)
昭和記念公園201803

この日はこもれびの丘で春の山野草も見ることができたけど、それはまた別記事で。

昭和記念公園(Vol.256)
(撮影 2018年3月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 冬景色(2017年1月)

2017年1月、昭和記念公園の真冬の景色。

立川口前、芝生もイチョウ並木も冬枯れ色。
昭和記念公園201701
カナールも冬枯れ色。
昭和記念公園201701
写真左側から強い風が吹いて噴水の水が押されている。
昭和記念公園201701
 ちょっとだけ虹、寒い冬だとなんだかうれしい。

冬景色の中にも春の気配。ハクモクレン(白木蓮)の花芽。
昭和記念公園201701

みんなの原っぱに人がほとんどいない。寒いからねぇ・・・。
昭和記念公園201701
雲がなければ左奥の方に小さく富士山が見えるはずなんだけど。

この時期一番元気な花、サザンカ(山茶花)、ツバキ科。
昭和記念公園201701

春に向けて養生中の花の丘。
昭和記念公園201701
2016年5月はシャーレポピーだったけど、今年はなんだろう。

ここは原っぱ東花畑。やはり春に向けて養生中。
昭和記念公園201701
原っぱ東花畑の春は毎年菜の花なので、今年も菜の花だろうね。

ここは原っぱ西花畑。
昭和記念公園201701
ここは2016年4月はアイスランドポピーだった。

あけぼの口から近い、花みどり文化センターの上から見た富士山。ちょっと雲が邪魔。
昭和記念公園201701
冬至の頃にはダイヤモンド冨士を見ることができる場所。

冬枯れ色の景色が広がる昭和記念公園では、梅だけだなく、スノードロップや
クリスマスローズ、スイセンなどが咲き始めている。その姿はまた別記事で。

昭和記念公園(Vol.195)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち