ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ふれあい橋

今週の高幡不動(1/11)初詣の人出も一段落

3連休の初日1月11日(土)の高幡不動尊の様子。

東京の冬らしい乾燥した晴天。乾燥は写真ではわからないか・・・(汗)
高幡不動201401-3
初詣の人出が一段落した境内。それでも普段よりは人が多い。
高幡不動201401-4
境内はまだお正月飾りのままだけど、露店の数は随分減っている。
高幡不動201401-10
人出も減ってお参りもしやすくなった。
高幡不動201401-11
それでも御利益は同じだよね(笑)

以前も紹介した大日堂大玄関前の佛足石。仏様の足跡にたまった水が凍っている。
高幡不動201401-5
きれいに硬貨が並べられている。
高幡不動201401-7
一円玉と五円玉が置かれたあと水が凍ったのかな。
高幡不動201401-6
 
ジャガバターの露店、寒い日はこういう湯気を見ているだけでもなんとなく暖かくなる。
高幡不動201401-12
また露店の配置がいろいろ変わっている。
高幡不動201401-8
玉こんにゃく屋さんは定位置に戻った。
高幡不動201401-9
 
高幡不動尊までの散歩道の様子も一緒に。
浅川の河川敷から見たふれあい橋(万願寺歩道橋)。ここはいつもブログにアップしている富士山を撮っている場所。
高幡不動201401-2
冬だからといっていつも富士山が見えるわけではない。手前の丹沢大室山はちゃんと見えているから、富士山までの距離は見た目以上に遠いんだろう。
高幡不動201401-1
浅川と小川が合流するところに小魚を狙ったサギがたくさん。ここを泳ぐ魚は生きた心地がしないね。

今週の高幡不動Vol.299
(撮影 2014年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

浅川河川敷からまっすぐ富士山を眺める

散歩道にしている浅川(多摩川支流)の河川敷の様子。今回の写真は2011年12月、晩秋から初冬の頃。
浅川河川敷201112-2
河川敷のジョギングは富士山を目標に走ることができる。私はここを歩いて高幡不動尊に向かう。

望遠レンズ特有の、手前の物と奥の遠くの物の距離が縮まって見える効果(望遠レンズの圧縮効果)でマンションのすぐ裏に山があってその先はすぐ富士山のように見える。
浅川河川敷201112-1
でも、ここから富士山までは100Km近くあるはず。
気になったのでちょっと便利帳(地図上で2点間の直線距離を測る)というサイトで調べてみたのが以下。
浅川河川敷201112-14
ベースがGoogleマップなので、撮影場所をかなり正確に指定できる。むしろ広い富士山頂はどこを指定するか迷うぐらい。結果は以下のように70.5Km。思っていたよりも少し近い。
浅川河川敷201112-13
いままで富士山の手前に見えているのがどこの山なのかよくわからなかったけど、この地図によると丹沢の大室山(1,588m)あたりであることがわかった。

浅川河川敷201112-3
これは昼間の河川敷。
これが夕陽の時間になるとまずススキが輝き始める
浅川河川敷201112-8
さらに陽が沈んでくると河川敷全体がきれいに輝くようになる。
浅川河川敷201112-6
沈む夕陽の中のシルエットの富士山。
浅川河川敷201112-4
続きを読む

今週の高幡不動(12/4)紅葉は見頃、でも葉っぱが

この週末の高幡不動尊周辺は土曜日が荒れ模様。午後に強い雨がやんだら、その後は強い風が吹いて、せっかく見頃をむかえていた木々の葉も一気に吹き飛ばされてしまった感じがする。

翌日曜日は朝から快晴、まさに冬の青空。
高幡不動201112-3
高幡不動尊奥殿の両側には2種類の紅葉。左側にメタセコイヤ、右奥がイチョウ。両方とも色づきはいいんだけど、葉っぱがかなり落ちてしまってる。

五重塔の回りも色づきがいい時期なのに、こちらのイチョウの木も先端はもう葉っぱがなくなって・・・
高幡不動201112-10

この日は1日中快晴。夕方にこのようなきれいなシルエットの富士山が見えるようになると冬の到来を感じる。
高幡不動201112-12
浅川河川敷から、ふれあい橋(万願寺歩道橋)と富士山。
続きを読む

散歩写真(vol.119)1月の散歩道で見つけたもの

今日は朝から小雪がちらついていて散歩にも出られないので、1月の散歩道で撮った写真の中でブログにアップしそこねた残り物を失礼します・・・

この1月は毎週末が好天に恵まれて、富士山がきれいに見えた
多摩川の支流、浅川の河川敷からみた万願寺歩道橋(通称 ふれあい橋)と富士山。この付近はドラマのロケにも使われていて、一番にぎやかだったのが、キムタクが主演していたフジテレビ月9の「エンジン」
散歩道201001-18
いつも富士山は望遠で撮っているので大きく写真に撮っているが、散歩しているときに見える富士山はだいたいこれくらいの大きさ

これはツツジ科のアセビ(馬酔木)かな。でもアセビって1月からこんなに咲いているのかな?
散歩道201001-2

これはミカン科のナツミカン(という看板があったと思う・・・)。ナツダイダイともいうらしいが、こんな真冬に実がなるのになぜ「夏」?って思う。
散歩道201001-9
この前、ヒヨドリが食べていた木だけど、この時期はまだ酸っぱいらしい

このスイセンはラッパスイセンかと思って撮ったけど、よく見ると内側の花びらがあんまりラッパって感じがしない。ひょっとしたら黄色のニホンスイセンかも。散歩道201001-8
京王百草園では白いニホンスイセンをたくさん撮ったけど、これは散歩道で見つけたもの。

いきなり電車
これは京王線。ミシュランガイドで3つ星の観光施設に選ばれた高尾山に登る時に乗る「高尾山口」行き。これは各停だけど、新宿から乗る時は特急や準特急に乗ってね、各停だとすごーく時間がかかるから
散歩道201001-15
阪急に「西宮北口(にしのみやきたぐち)」ってあるので、関西の人はこの「高尾山口(たかおさんぐち)」を「たかお・やまぐち」と読んでしまわないかなぁなんて思ったりしたけど、そんなことはないか

これは何だろう?ちょっと気になって撮って見たものの、名前はわからない。
これはくちなしの実だそうです。マッチャさんいつもありがとうございます
散歩道201001-12

ちょっと秋っぽい感じ?
散歩道201001-14
これも先の方から色が変わってきている葉
散歩道201001-17
どちらも1月に撮ったもの

これは高幡不動尊の山(高幡城址)から見た景色。高い建物がないのでなかなかいい眺め
散歩道201001-16
多摩都市モノレールと奥は多摩川河川敷そばの浄水場上に作られた多目的運動場(?)で子ども達がサッカーをやっている様子。
休日はよくここで試合があるんだけど、冬は吹きさらしで寒く、夏は陽射しを遮るものが無くて暑い過酷な場所

脈略のない内容だけど、たまにこうやって残り物写真をアップしておかないと

(2010年1月撮影 PENTAX K-7)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

散歩写真(vol.110)散歩道の初富士

三が日2010-6
散歩道の浅川河川敷から見たふれいあい橋と富士山。東京多摩地区のお正月三が日は穏やかな天気できれいに富士山を見ることができた

この写真の対象は電線なのか富士山なのか三が日2010-1
こういう撮り方をするとすごく富士山が近いように見えるけど・・・
実際にここから肉眼で見た富士山は下写真の感じ。お正月なのでちょうど凧揚げをしていた
三が日2010-2
今時の凧はみんなこんな感じだね。細く切った新聞紙をヤマト糊でつなげて長くして、足としてつけた凧を見ることがほとんどないのが少し寂しい
三が日2010-3
きれいな青空に白い橋がよく似合う、これで雲が入道雲だったら夏の景色だ

ふれあい橋を渡ってさらに河川敷を歩いていたら少し離れた場所の紅梅の木にたくさん花が咲いているのが見えた。急いで近寄ってみたら、5分咲きどころかもう見頃っていう咲き具合だった
三が日2010-7
年末の百草園では、わずかに咲いている紅梅をなんとか見つけて撮ったが、今回は撮りやすい場所に咲いている花を選び放題
三が日2010-8
年が明けたので、青空に紅梅という早春のイメージもピッタリ

紅梅だけでなく、白梅を咲いているのも見つけた
三が日2010-10
紅白揃って咲いていてくれるといいんだけど、そういう光景は梅の名所の百草園で見ることにしよう

高幡不動尊に参拝する人を撮るために普段はあまり通らないところを歩いたらアロエお花を見つけることができた。たぶんこれはキダチアロエなんだろうね。ヨーグルトに入っている肉厚の葉っぱ「アロエ・ベラ」という別の種類だそうだ
三が日2010-4
キダチアロエはユリ科(またはアロエ科、ツルボラン科)でアフリカ原産。アフリカ原産の花は夏向きというわけではないが冬に花が咲くというのがいまひとつピンと来ない・・・

この正月三が日の散歩は運動量は少し物足りなかったけど、写真的には収穫の多い散歩になった

(2010年1月撮影 PENTAX K-7)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.101 )浅川河川敷の夕景

天気の良い秋の日に、背の高い木(プラタナスかな?)を下から見上げたところ。紅葉ときれいな青空が一緒に楽しめる
河川敷の秋の夕景-1
これは10月末にキヤノンのキスデジ(EOS Kiss X3)をレンタルした時に撮った秋の夕方の景色。

こういう日の夕方は河川敷の景色がきれいに見えるだろうなあと思って、せっかくキスデジを借りたので夕陽を撮りに出かけてみた
河川敷の秋の夕景-2
秋の夕陽を浴びてススキがきれに輝いている

これもススキだけど、上のとは明らかに違う。一口にススキって呼ぶけど、よく見て見るといろいろな種類がありそうだね
河川敷の秋の夕景-3
だんだん風が強い季節にもなってくるけど、この時は寒い風ではなかった、それもそのはず、西日を背中にして右からの風は南風

この場所でススキが夕陽に光る姿を見るには少し見る方向が違った
河川敷の秋の夕景-4
今はもうこの写真を撮ってから1ヶ月近くが経過し、こんなフサフサしたいい感じのススキを見るとこができないけど、ギリギリ季節外れになる前にアップできたかな

この橋は私の散歩写真でたまに登場する日野ふれあい橋。まだ少し太陽が高いかな・・・
河川敷の秋の夕景-5
このちょっとまだ明るい夕陽が画面いっぱいに広がるシーンをテレビでよく見たような記憶がある。昔の日曜ロードショーのオープニングだっけなぁ

この場所はちょうど日が沈んでいく方向になるので水面がキラキラ光ってきれい
河川敷の秋の夕景-6
この橋の下は川の流れを眺めながら話をしているカップル人をよく見かけるが、この2人組はギターを弾いているようだった、最近ちょっと珍しいかも

いよいよ夕陽が沈む時が近づいてきたけど、水平線近くには雲があってその中に太陽が隠れてしまった。この写真がこの日一番低い位置まで沈んだ太陽
河川敷の秋の夕景-7
沈みゆく太陽の姿が少しだけ水面に映っているけど少し色が違う。水面に映った景色の方がきれいだったりするけど、なんか不思議だ

このキヤノンのキスデジ(EOS Kiss X3)はそれほど苦労することなく、とてもいい写真が撮れた。私と相性がいいるのかもしれない
そんなことを言っておきながら、結局初めてのデジタル一眼はPENTAXのK-7に決めた
ライブビューで撮るならばオリンパスE-620が良かったんだけど、気がつくといつのまにか、ほとんどの写真をファインダをのぞいて撮っていた
それにコンデジより重い一眼レフはファインダーで撮る構え方が安定するしね

今日はいい天気だったのでK-7を持って散歩に出て高幡不動尊の紅葉を撮ってきた

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.93)浅川潤徳 水辺の楽校

9月5日(土)いつもの散歩道である、多摩川支流の浅川土手を歩いていると、日野ふれあい橋の下で大勢の人が水遊びをしていた
水辺の楽校200909-1
秋の気配はするものの、まだ日差しが強いこの時期は水辺でバーベキューなどをする人が多い場所なんだけど、それにしてもちょっと人が多い気が感じがした

近づいてみると「浅川潤徳 水辺の楽校」という横断幕やのぼりがあった。水辺の楽校ってなんだろう?
水辺の楽校200909-3水辺の楽校200909-2
天気がいいから、たまたま大勢が同じところで水遊びをしているだけではなさそうだね

(下写真左)おや!魚でも見つけたのかな、すごく楽しそうだ
水辺の楽校200909-6水辺の楽校200909-4
(上写真右)ズボンどころか全身濡れている子どもや、泳いでいる子どももいるぞ、いいなぁ

みんなバラバラで遊んでいるように見えるけど、子ども達はみんな同じようなライフジャケットを着用している
水辺の楽校200909-7水辺の楽校200909-5
もともと水深も深くなく、流れも穏やかな場所で、きちんと親たちが一緒にいるから、思う存分あそべるよね、楽しいだろうなぁ

こんなイベントがあるって事前に知っていたら、私もちびたを連れて遊びに来たのになぁ潤徳はお隣の小学校だから、ちびたの小学校までは情報が伝わってこなかったのかな・・・

帰宅してすぐにインターネットで調べてみた
水辺の楽校(がっこう)とは、子どもたちの水辺での遊びや、自然体験を豊かにしてもらうことを目的として、国土交通省が推進しているプロジェクトで、河川管理者や市区町村が、その地域のボランティアなどと一体となって、子ども達と水辺の関係を考え、地域の特色を生かした取り組みを行っているそうだ

この日の浅川はなかなかきれいな水だった上の方に何本か見える細長い黒い影は鯉だと思う。
水辺の楽校200909-8
学生時代は水質調査なんかもやっていたので、透明な水を見ても、ついついDO(溶存酸素量)やBOD(生物化学的酸素要求量)はどれくらいなんだろうなんて思ってしまうけど、そんなことは考えない方がいいね

このふれあい橋のすぐ上流に多摩川水系浅川の高幡橋観測所がある。
水辺の楽校200909-9
水位を観測する目盛りの部分がなんだかカラフルだなぁって思いながら散歩を続けた

水辺の楽校は全国的なプロジェクトらしいけど、こういう活動ってワクワクしてすごくいいなぁ

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示される場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


散歩写真(vol.56)近所の冬景色いろいろ

これは先週末(1/10)に散歩したときの写真

(下写真左)青空の中を走るモノレールを撮ったら、手前の木にタコが絡まっているのに気がついた
散歩写真0901-2散歩写真0901-1
(上写真右)よく見るとなんだか色々とりどりの洒落たタコだった
ここは河川敷で電線もなく、タコ揚げには最適なんだけど、思わぬ落とし穴だったね、ちょっと残念

(下写真左)いつも渡る浅川のふれあい橋。なにかの準備をする人達
散歩写真0901-5散歩写真0901-4
(上写真右)これはどんど焼きの準備みたいだ、ホームページで検索すると11日(日)10:00から実施のようだ

(下写真左)この時期は富士山がよく見える、いつかもっとアップで、雲のないきれいな富士山をここから撮ってみたい
でもここで三脚を立ててカメラを構えて待つことはなさそう、散歩の途中にハイポーズって感じで撮りたい
散歩写真0901-3散歩写真0901-6
(上写真右)川の浅いところで待ち構えている鳥たち、サギと川鵜かな
こんなところ絶対に泳いで通過したくないよ〜ぉ Byおさかな君

(下写真左)なんだかすご〜く守っている様子絶対に鳥にはつつかせないぞ〜って感じ
散歩写真0901-7散歩写真0901-8
(上写真右)ちょっと小高い丘からうちの近所の方向を見たところ
自然がたくさんありますねって言っていただけてうれしいのですが、それなりにちゃんとした住宅地。一応ここも東京都内です

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません


散歩写真(vol.53)冬眠中の向島用水親水路

この時期の散歩道はあまり撮る物がない・・・

(下写真左)特にめずらしい光景ではないけど、散歩道の浅川土手から見た、ふれあい橋と青空。東京は年末年始からずっと好天が続いている
冬の向島用水路-1冬の向島用水路-2
ふれあい橋のたもとで浅川の土手から離れて、向島用水親水路を歩いてみた。親水路の雑木林(向島緑地)の木々も冬の装い(上写真右)
落ち葉がたくさんで火気厳禁って感じ

(下写真)子ども達が水に親しんで遊べるようになっている場所も、いまは鴨たちの遊び場。このときも鴨は水浴びしていた、水は冷たくないんだ
冬の向島用水路-3冬の向島用水路-4
冬の向島用水路-5冬の向島用水路-7
(上写真)新緑の頃は木々が輝いて見えるんだけど、いまは冬眠中
これでもまだ午後14時ぐらい、もう日が暮れそうな感じ

新緑が輝く夏の向島用水親水路の様子こちら

(下写真)水車小屋の回りの様子、とても静か
冬の向島用水路-6冬の向島用水路-10
冬の向島用水路-9冬の向島用水路-8
(上写真)水車小屋のベンチ。普段はだいたいここに誰かが座っているので前を通過するだけのことが多いけど、今日は誰もいなかった

小屋の中を除いてみたら、ちゃんと脱穀やそば粉の製粉などができる仕組みになっていた
ここでそば粉を製粉して、そば打ちの実演してくれないかな

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません


今週の高幡不動Vol.53(12/28)納めの不動尊

期間限定の派手なデザインときれいなイルミネーションの写真からデザインも冬用となり、近所の写真ばかりの内容にがらっと変わりましたが、これが本来のこのブログの姿です

朝から快晴、空気は冷たいけど、風がないので、散歩を始めるとすぐに体が暖かくなった

12月28日は今年最後のお不動さんの日、さぞかし人が多いだろうと思ったら、思ったほどではなかった
高幡不動081228-5高幡不動081228-9
(上写真左)賽銭箱周囲が白い板で囲まれ、階段横に「昇り口」と方向矢印の表示が出て不動堂もお正月準備完了

(下写真左)もうすぐお正月、年末らしい露店も出ている
高幡不動081228-8高幡不動081228-6
(上写真右)きれいな紅葉を楽しませてくれた大師堂。今日はお参りの人が列をつくっていた

(下写真左)大師堂の横から五重塔、こちらも正月の準備完了
高幡不動081228-7高幡不動081228-10
(上写真右)お不動さん前の交差点、ここは大晦日の夜からすごい人の列が交差点まではみ出して道路は大渋滞になるでも今日はそんなのまだまだ関係ないって感じで、そらが青くてとってもきれい

(下写真左)浅川の河原にたくさんの鳥、サギの仲間かな?
高幡不動081228-1高幡不動081228-2
(上写真右)ここは、あまり魚がいるとは思えない場所なんだけど、みんな水面を探っている。自分の縄張り範囲を持っているらしく、縄張り争いのようなことがちょくちょく起きている

(下写真)浅川にかかるふれあい橋の花壇は葉ボタンになっていた
高幡不動081228-3高幡不動081228-4
葉ボタンの別名は花キャベツ、学名にも古いラテン語でキャベツを意味する言葉が入っているらしい

葉ボタンを見るといつも鍋料理が食べたくなる、そうキャベツではなく白菜を連想しているから結局いつも食べ物が頭から離れないんだよね

皆様、今年はいろいろありがとうございました
来年もよろしくお願いします。良いお年をお迎えください

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません

今週の高幡不動Vol.37(08/30)空はぐずつき模様

先週は雨で散歩できず、2週間あいただけだけど、途中に沖縄に行ったりもしたので、久しぶりにホームグランドに帰って来た気分

今日の高幡不動尊はいまにも雨が降りそうな空模様。暑さが一段落したためか、真夏より人がいるような気がする

デジカメが2台ども壊れてしまったので久ぶりの携帯写真。
いまさらだけど、この携帯のカメラ機能はかなりいまいち、特にこんな曇天の時は全然だめ、何枚かピンボケもあった
高幡不動080830-4高幡不動080830-5

(下写真左)駐車場にやぐらが組んであった
確か8月のお不動さんの日(8月28日)が夏祭り(盆踊り)だったと思うけど、このところ毎日雷雨なので開催できたのかな?
高幡不動080830-6高幡不動080830-3
(上写真右)散歩の途中の浅川。夜中に大雨が降った時は、どこまで水面が上がったんだろうっていうぐらいに草が絡みついている

8/29の真夜中は、あまりに雷の音がうるさくて眠れないぐらいの雷雨だった、地響きして家が何度も揺れたぐらい

(下写真左)普段は水遊びできる、ふれあい橋下もこんな感じ
高幡不動080830-2高幡不動080830-1
(上写真右)これは7月下旬頃に撮った写真。砂利の堤防を作るために、またパワーシャベルの登場

しかし、これ何度作ってもきりがないんじゃないかなぁ・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

今週の高幡不動Vol.36(08/16)今日は青空

暦の上ではもう秋なんだけど、相変わらずそんな気配はまったくない青空が広がっている

今日の高幡不動尊は、お盆休みもあってすこし人出があるかな?と思ったけど、普段とほとんど変わらない静けさだった
高幡不動0816-3高幡不動0816-6
あまりの暑さにいつもの定点撮影を忘れてしまった
そのかわりに門前の高幡まんじゅう本店。ふかしたてのおまんじゅうが美味しい、でも寒いときの方が賑わっている

暑い時は水辺、今日の弁天池には蓮の花が咲いていた(下写真左)
高幡不動0816-5高幡不動0816-4
(上写真右)先日も写真を撮ったピラミッドアジサイ、この暑いときに、まだまだ元気だった

散歩の途中の浅川にかかるふれあい橋では、バーベキューや水遊びする人たちがいたけど、あまりの暑さに、橋の下の日影で遊んでいた人が多かった
高幡不動0816-1高幡不動0816-2
今日はなんだか空が青いお盆で都心から人や車がいなくなって空気がきれいになったのか?さすがにそんなことはないか

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

散歩写真(vol.24)え!そんな所で何してんの?

川沿いのいつもの散歩道を歩いていると、遠くでなんだか工事の音が
する、近くに行くと、川でショベルカーが水浴びしているのが見えた
いや間違えた作業をしているのが見えた

この日は暑くていい天気だったので、水遊びに来た人たちも、
興味深げに見ている
浅川2
水辺で遊ぶ子供、日向ぼっこしながらくつろぐ人、
そして川にはショベルカーなんとも不思議な光景だ

こういう作業って滅多に見れないので、しばし見入ってしまった
浅川1浅川3

浅川4浅川5
手慣れたもの、自分の手のような見事なショベルさばき
さすがプロだよなぁって妙に感心した

作業終了(1週間後の写真)
浅川6
この砂の堤防は橋の下に広がる水辺に近い場所に、直接川の流れが
こないような役目をしているのか・・・でも、大雨が降って水位が
上がるたびに、この砂の防波堤は流されてなくなるんだろうから、
そのたびに毎回この作業をやっているのか・・・ちょっと謎

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログ ランキングです

散歩写真(vol.12)浅川ふれあい橋はもう夏!

5/9の記事「ゴールデンウィークの一コマ 」にも書いた、浅川に架かっているふれあい橋のたもとにまた人が集まっているので、散歩経路から外れて河原に降りてみた

水際にいると、とても気持がいい。もう夏って感じだね
ふれあい橋1ふれあい橋2

小さなイベントをやっているようだった
ふれあい橋3ふれあい橋4

ふれあい橋は通称で、正式には万願寺歩道橋といい、多摩川の支流浅川に架かっている。場所はここ(地図)

ふれあい橋6ふれあい橋5
ここは結構ドラマのロケに使われていて、最近で一番近所の話題になっていたドラマロケはキムタクの月9「エンジン」かな。
この時は大勢の見物者で周辺道路に渋滞が起きていたらしい

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログへのリンクです
にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです

ゴールデンウィークの一コマ

ゴールデンウィーク後半はずっと天気がいま一つだった
それでも道は大渋滞
2008ゴールデンウィーク1
この道は多摩動物公園に続く道。ここがこんなに渋滞するのはゴールデンウィークぐらい

多摩動物公園は5/4と5/5は入園料が無料になるが、もともと小学生以下は無料なのでこれが大混雑の理由ではないだろう

山あり谷ありで疲れるが園内が広いでの、お弁当でも広げてのんびりするには最高であることには違いない

特にこの時期に好天だとカラッとして気持ちいい
ちなみに多摩動物公園は今年開園50周年になる

いつもの散歩道途中にあるふれあい橋でバーベキューする人達
2008ゴールデンウィーク2
このあたりは天気がいいと、バーベキューや水遊びなどの人がたくさん集まる場所

水際でのバーベキューは特に楽しい、しかも橋の下が適当な日陰になるから人気があるのだろう
駅から10分ほどの場所だけど、ここは近くにトイレと水道がない

ふれあい橋近くで見つけたベニシジミ、最近ちょっと珍しい
べにしじみ1べにしじみ2
彼(彼女?)には、ゴールデンウィークも渋滞も関係ない

私はおうちの縁側でお気楽バーベキュー
食材は散歩の帰りにスーパーで適当に見つくろって買ってくる
2008ゴールデンウィーク3
渋滞知らずでリーズナブル、トレイも水道もすぐ近く
雨が降ってもすぐ家の中

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログへのリンクです
にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ