ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ひまわり

大暑

向日葵

今日は二十四節気の12番目「大暑」。1年で最も暑くなる時期。

酷暑の中で散歩していると、ひまわりがこんな感じに見えることが・・・ちょっと危ない状態(笑)

二十四節気では「大暑」の次は「立秋」で今年は8月7日。二十四節気の中で一番違和感を感じる。


昭和記念公園 ひまわり

昭和記念公園のひまわり畑。やっぱりひまわりは夏の花。

昭和記念公園201608-1
真夏の青空が似合うけど、暑いよ(汗)。

ここ、もみじ橋近くの丘には120cmぐらいの高さになるひまわりが1万本植えられている。
昭和記念公園201608-2
各地の有名なひまわり畑は10万本とか100万本とかになるので、1万本は
それほどすごい本数ではないとはいうものの、それなりに見応えがあり。
昭和記念公園201608-8
わずか1ヶ月前はこんな感じだったので、ひまわりっって育つ速度がかなり早いね。
昭和記念公園201608-12

昭和記念公園のホームページによると、ここにはオレンジ、レモン、フレッシュオレンジの
3色のひまわりが植えられているそうだ。
昭和記念公園201608-4
だとすると、このひまわりは間違いなくレモン色の品種。
昭和記念公園201608-9
でもオレンジとフレッシュオレンジの差がわからない。
上のほうのオレンジとは若干違う品種だと思うけど。
昭和記念公園201608-5
レモン色よりもオレンジ色の方がひまわりらしいかな。
昭和記念公園201608-7
ひまわりは大きな1つの花に見えるが、実際は頭状花序と呼ばれ、多数の花が
集まって1つの花の形を形成しているそうだ。そうには見えないけど・・・

昭和記念公園201608-11
ひまわりはキク科。別名がたくさんあって、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、
ヒグルマソウ(日車草)、ヒマワリソウ(日回り草)など、太陽の方を向くという
名前が多い。

だから後ろから撮ってみると。
昭和記念公園201608-6
ひまわりは、みんな同じ方向を向いているからこそこの様子になる(笑)。
昭和記念公園201608-3
ひまわりの視線の先には秋には主役になる、ススキ(パンパスグラス)が。

1本だけちょっと背が高いひまわり。「オ〜イ!みんな聞いてくれ!」って感じ?
昭和記念公園201608-10
真夏になって昭和記念公園の記事が多くなっているけど、この時期、高幡不動尊や
京王百草園はなかなか記事にできるようなネタが少ない。
有料とはいえ、こうしていろいろなネタ(花)を提供してくれる昭和記念公園は
かなり頑張っている。

昭和記念公園(Vol.178)
(撮影 2016年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

台風一過?

向日葵
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.8 昭和記念公園

台風一過ではないけど思わぬ晴れ空。でも明日からまた台風・・・

 

昭和記念公園(2015年8月)ひまわり

夏の昭和記念公園のひまわり畑は2か所。花の丘の砂川口側ともみじ橋近くの丘。

今回はもみじ橋近くの丘にあるひまわり畑の様子。
ひまわり

 D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.08 昭和記念公園

残念なことに、ここのひまわりはほとんどおわってしまっていて、マティスとモネという品種がなんとか見頃の状態。

これがマティスという品種。アンリ・マティスが描いたひまわりってことかな。
ひまわり
 D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.08 昭和記念公園
ひまわり
 D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.08 昭和記念公園

このレモンイエローっぽい色の品種がモネ。クロード・モネが描いたひまわりってことかな。
ひまわり
 D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.08 昭和記念公園
ひまわり
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2015.08 昭和記念公園

ひまわりを描く画家って多いんだね。新宿(損保ジャパン日本興亜美術館)でゴッホのひまわりは見たことがあるけど、モネやマティスの絵は見たことがない。

ひまわり畑を見ると、悲しい感じのソフィア・ローレンを思い出す。ちょっと古いね(汗)

昭和記念公園(Vol.137)
(撮影 2015年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 
 

梅雨明け

向日葵
   D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 2015.07 東京都日野市

昨日(7月19日)、平年より2日、昨年より同じく2日早く関東甲信地方の梅雨が明けました。

昔は、梅雨が明けるとなんだかワクワクしたんですが、いまは・・・(笑)

この暑さの中で、太陽の方を向くひまわりは偉いなぁ。

 

昭和記念公園(2014年8月)夏の実り

8月の昭和記念公園の続き。この第4弾が最後で今回は真夏の昭和記念公園で見つけた夏の実り(?)

この小さなサッカーボールはヤマボウシ、ミズキ科の実。
昭和記念公園201408-3
さらに熟すとボツボツ部分が盛り上がってきて怪獣の卵(←見たことはないけど)のようになる。

この実はカシワ、ブナ科。よく絵に描かれる典型的などんぐりの形。
昭和記念公園201408-4
 葉がまさに柏餅の葉。柏餅は欲しいけど葉だけではねぇ(笑)

なんだかイチジクのようにも見えるこれはトチノキ、トチノキ科の実。
 昭和記念公園201408-7
トチノキという名前はたくさん実がなるという意味なんだそうだ。

この赤いドリアンみたいなのはホオノキ、モクレン科の実。葉は朴葉焼きに使われる。
昭和記念公園201408-9
この実が更に熟すと開いて中から種が出てくる。そのときの見た目がちょっと気持ち悪い(汗)

ヒマラヤスギ、マツ科の実。
昭和記念公園201408-2
名前はスギだけどマツ科で、この実も更に熟すと茶色の大きなマツボックリになる。

ヒョウタン、ウリ科。かわいい形をしている。
昭和記念公園201408-5
こもれびの里で育てられているもの。

ネムノキ、マメ科の花。
昭和記念公園201408-1
花はマメ科らしい形をしていないが、実はまさにマメ科、サヤエンドウにそっくり。
昭和記念公園201408-8
 
 終わりかけのヒマワリ畑。こういう光景を見ると夏の終わりを感じる・・・
昭和記念公園201408-6
この写真を撮った日はまだ暑かったけど、多摩地区はここ数日秋を感じる涼しい日が続いている。

そろそろ8月最後の週末というのに、昭和記念公園のレインボープールは「プールの水温と気温の合計が48℃未満」という条件があるため、29日(金)は終日営業休止になっているようだ。
ちなみにレインボープールは9月7日(日)まで営業。

次は秋の実りだね。
 
 昭和記念公園(Vol.120)
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

ちょっと早過ぎ・・・

ひまわり
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.6  東京都日野市

夏休みにはまだちょっと早過ぎる(笑)


 

昭和記念公園(2012年8月)ひまわりの丘

昭和記念公園201208-6
8月最初の週末の昭和記念公園の様子。先日のサギソウに続いて第2弾のひまわり。

この日、渓流広場南の丘(ハーブの丘)がひまわりの丘になっていた。
昭和記念公園201208-9
ひまわりは皆同じ方向を向くので写真が撮りやすい。一番バラバラなのは秋のコスモス。
昭和記念公園201208-10
でも変な場所から撮ると当然すべてが後ろ向きに・・・
昭和記念公園201208-7
ここのひまわりはもともと緑肥として育てられたので8月16日に土壌にすき込まれてしまうようだ。
昭和記念公園201208-11
従って、いま昭和記念公園に行っても、この光景は見ることができない。

ホオノキ(朴の木)の実。熟すともっと赤くなっていく。
昭和記念公園201208-8

このアナベルは中途半端な咲く具合だけど、このままドライフラワーになってしまうのだろうか。
昭和記念公園201208-1

マリーゴールド、キク科とアンゲロニア、ゴマノハグサ科。公園の花壇って感じ。 
昭和記念公園201208-4

これはカレープラント、キク科。名前の通りカレーの香りがする植物。
昭和記念公園201208-2
ここでカレーでも煮込んでいるのではないかと思うぐらい、かなり強いカレーの香りがする。
昭和記念公園201208-3
苦味が強くて食用には適さず香り付けに使われるぐらいなんだそうだ。でも香りは本格的なカレーの香り。

先日、じゃがいもがゴロゴロしたカレーを作ろうとして、溶けづらいメイクイーンを大量に買ってきた。でも結局は煮込みすぎてすべて溶けてしまいポテトサラダのようなカレーに・・・食べるが辛かった

昭和記念公園(Vol.67)
(撮影 2012年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年11月)イチョウ並木の紅葉など

昭和記念公園201111-11

11月の昭和記念公園にひまわりが咲いていた。背景はこの時期はたくさんの人が訪れるイチョウ並木。
 昭和記念公園201111-12
人がたくさんでなかなか写真が撮れない
横から撮ってみるとこんな感じ。
昭和記念公園201111-13
緑色の方が多かった10日ほど前はまだ人が少なくて撮りやすかった。
昭和記念公園201111-1
きれいなんだけど、今年はいまひとつ。台風の影響なのか色づく前に葉がかなり落ちてしまった感じ。

 続きを読む

散歩道の花(8月)

8月の散歩道の花。
思ったよりも少なかったので昭和記念公園や沖縄で撮ったものも一緒に。
201108の花-02
8月はやはり夏の花、日輪草とも呼ばれるひまわり(向日葵)、キク科。

夏の散歩道のあちらこちらで見かけるハイビスカスにも負けない南国ムードの花、ムクゲ(木槿)、アオイ科。
201108の花-12
ムクゲはハイビスカスと同じアオイ科フヨウ属。
201108の花-11
ハイビスカス、真っ赤ではないこの色も好きな色。
201108の花-14
これが本家アオイ科フヨウ属のフヨウ(芙蓉)
201108の花-15
そして同じくアオイ科なのが、このオクラ。属は違ってトトロアオイ属。
201108の花-13
ちょっと撮った角度が良くないけど、南国ムード(?)の野菜。

このケイトウ(鶏頭)、ヒユ科。しかしこの姿、真夏に暑くないのか・・・
201108の花-04

同じヒユ科のセンニチコウ(千日紅)、サルスベリ(百日紅)の百日よりも10倍も長い。あれ?3年近く咲くの?
201108の花-09
これはキバナセンニチコウ。
201108の花-10
センニチコウより鮮やか、小さい黄色いのが本当の花。

河原などで見かけるつる性のこの花はセンニンソウ(仙人草)、キンポウゲ科。上の千日紅は別名センニチソウ(千日草)、この花はセンニンソウ、見た目は全然違うけど、名前はちょっとややこしい。
201108の花-08
木が茂っていたりする場所に咲いている雑草なんだけど、ちょっといい香りがする。
201108の花-07センニンソウ

すっきりとした白い花、タマスダレ、ヒガンバナ科。夏から秋にかけてはなんだかヒガンバナ科の花が多いなぁ。
201108の花-05タマスダレ

とっても可憐なニラ(韮)の花、ユリ科。タマスダレの花をすごく小さくした感じ。
201108の花-06
花はこんなに可憐なんだけど、葉っぱはしっかりニラの匂いがする

コスモスにも似ていて、夏よりちょっと秋っぽいルドベキア・タカオ、キク科。
201108の花-03ルドベキア・タカオ
別名は三葉大反魂草(みつばおおはんごんそう)、ちょっとすごい名前。

201108の花-01
最後に気になる花。なんだろう
沖縄ではなく、散歩道で撮ったものだけど、ひょっとしてこれはバナナの花?

(撮影 2011年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

酷暑だったけどちょっと懐かしい夏の日差し

今年の夏は記録的猛暑。気象庁は9月、この夏は30年に1度の「異常気象」と認めたそうだ。あんなに暑くて勘弁し欲しいって思った夏の日差しも、今となってはちょっと懐かしい

暑くて強い日差しを木々が遮ってくれてちょっとうれしい瞬間(高尾山にて)という写真
夏の日差し201008
特に高尾山らしい部分は何もみられないんだけど・・・

さすがにいまはもう見ることができなくなった夏の空
夏の日差し201007-9
この写真を撮った時は暑くてたまらなかったんだろうけど、寒いよりはいいかなぁなんて、いま冷静に考えたりもする。

そして夏はやっぱりこの花。たぶん自分ではひまわりの絵なんて描いたことがないのに夏休みの絵日記を思い浮かべる。
夏の日差し201007-10
種類が違うこのひまわりは、「夏休み」というより「サマーバケーション」のイメージ。地中海風に読んでね。
夏の日差し201007-6

昭和記念公園で撮ったカサブランカ。この眩しい白さが夏の日差しを連想させる。
夏の日差し201007-3

こちらはオニユリ。同じユリでもちょっとイメージが違う。でも夏だ。
夏の日差し201007-1

ホオノキの実、夏の果実なの?まあいいか。夏の昭和記念公園で見かけたので夏の風景ってことで。
夏の日差し201007-4

真夏の昭和記念公園のみんなの広場。炎天下を避けて遠くの大きな木の木陰にたくさん人がいる。
夏の日差し201007-5
手前の日よけ用の簡易テントも夏らしさを演出してくれているかも。

もちろん高幡不動尊でも夏空はたくさん撮った夏の日差し201007-8

サススベリ(百日紅)、真夏の暑い時からついこの間まで花を咲かせていた偉い花。
夏の日差し201007-2

弁天池のカメ。カメは日向ぼっこが大好きだけど、あまりに暑いと日陰に隠れる。ちょっと軟弱かも
夏の日差し201007-11

アナベル。真夏の白いアジサイって爽やかだなぁ。実は汗だくになって撮ったんだけど。
夏の日差し201007

やぱり夏は海きれいな海と空、さすが沖縄。ここで石垣島の写真を出すのは反則だったかな
2010年の夏
しかし「この夏は暑かったね」これどっかで聞いたセリフ。
「稲村ジェーン」かなと思っただけで、頭の中にはサザンの曲が流れる
でも調べたら、映画のセリフは「暑かったけど、短かかったよね、夏」だった。
惜しい・・・全然違うか。「暑かった」は当たっていたけど、「長かったんだよね」、今年の夏は

珍しく動画を貼り付けようと探したんだけど、あまりいい動画が見つからず、上の台詞まで50秒、「稲村ジェーン」の曲が流れるまで3分弱かかる

1990年公開の映画、清水美砂がすごく若々しい

どうでもいいけど、この映画の伝説のビックウェーブ(ジェーン)は20年に1度の台風で起きる波。今年の夏は30年に1度の異常気象だから、さらにすごいっていうわけだ

(撮影 2010年夏)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(Vol.15)サギソウ

お盆休みの昭和記念公園は案外すいていた、ここに来る人は皆この暑さでレインボープールに行ってしまったのかも
今回猛暑の中、昭和記念公園に行ったのはこのサギソウを見るため
昭和記念公園20100814-7
見てもわかるように、シラサギが羽根を広げたように見えることからついた名前。昭和記念公園ではサギソウまつり2010が開催されている。
昭和記念公園20100814-11
たくさんのシラサギが飛んでいる
昭和記念公園20100814-6
サギソウ(鷺草)はラン科。こうしてアップで見ると変わった形をしているけど、ラン科と聞いて少し納得。
あんまりアップで見ない方がいいかな
昭和記念公園20100814-1
サギソウは世田谷区の花、姫路市の花に選定されている。姫路市は姫路城が別名白鷺城と呼ばれているので、なんか理由があるんだろうなって気がするけど、なぜ世田谷区なのか?それは世田谷に館(城)を構えていた吉良頼康氏にまつわるお話

吉良頼康公の側室「常盤姫(ときわひめ)」が悪い噂話のために追放され、身重で逃亡し、自害して身の潔白を証明しようとした。その際、飼っていた白鷺の足に遺書をくくり付け飛ばしたのだが、白鷺は途中で力尽きて死んでしまう。死因は飛び続け力尽きたとも、鷹狩の鷹や弓矢に落とされたともいわれている。その白鷺が多摩川のほとりでサギソウになったという御伽噺(おとぎばなし)である。(Wikipediaより引用)

ちなみに姫路城の別名白鷺城は、ずっと前から「しらさぎじょう」と読むんだと思っていたが、音読みで「はくろじょう」と読むそうだ。これは日本の城郭の異称は音読みするのが普通とされているからなんだそうだが、本当?そんなの全然知らなかった

7月に行った時はまだ咲き始めだったひまわりの丘。今度はほとんど終わりかけ、タイミングが悪い
昭和記念公園20100814-3
それでもヒマワリってわりと同じ方向を見てくれるから、これくらい咲いているだけでも写真には撮りやすいのでありがたい。例えばコスモスの花なんかは、みんな全然バラバラの方を向くので写真が撮りづらい

サルスベリは長くきれいに咲くね、さすが百日紅。
昭和記念公園20100814-9
3色の花が同じ所に咲いていたので、撮ってみたけど、なんだかまとまりのない写真に・・・
昭和記念公園20100814-10

これは、キク科のエキナセア、別名ムラサキバレンギク(紫馬簾菊)。
昭和記念公園20100814-8
エキナセアはハーブの一種で、風邪やインフルエンザなど、ウイルスや細菌に対する体の免疫力を高める効果があり医学界から注目されているそうだ。そういえばこれはハーブ園に咲いていた。
昭和記念公園20100814-5

がまの穂にシオカラトンボ。もうちょっとアップで撮りたかった
昭和記念公園20100814-4

ムクゲやフヨウもたくさん咲いていた。
昭和記念公園20100814-2
ハイビスカスも同じアオイ科。そもそもハイビスカスはアオイ科フヨウ属の総称として使われている。
こういう花を見ると石垣島を思い出す・・・

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.67)スイセン、水仙、すいません!


ヒガンバナ科のスイセンは、花の少ない1月ぐらいから咲き始めて、桜の咲くこの時期でもまだ元気に咲いている
散歩道スイセン200903-6S散歩道スイセン200903-6S

学名Narcissusがギリシャ神話の美少年ナルキッソスに由来するため、ナルシストの花なんて言われることもあるが、確かにスイセンは水辺で自分の姿を覗き込む様に咲くことが多い
散歩道スイセン200903-5S散歩道スイセン200903-2S
上の写真の場所は、これから5月にかけてはアヤメ・カキツバタが咲き(下写真左)、9月の下旬にはヒガンバナが咲く(下写真左)場所
5月のカキツバタかカキツバタ9月の彼岸花
1粒で2度美味しい、どころではなく1ヶ所で3度楽しめる

漢字の「水仙」は、中国の古典にある「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」から由来するもので、水辺で咲く姿と芳香を仙人にたとえたもので、やはりその咲いている姿にちなんだ名前になっている

天仙地仙があるのに海仙山仙はないのかなぁって思ったら、これは「海千山千」だった
ちなみにこちらの語源は「海に千年、山に千年住んだ蛇は竜になる」という言い伝えからで、あまり褒める時には使わない言葉なので注意少なくとも水仙には関係ない
散歩道スイセン200903-1
(上写真)これから下は散歩の途中の別の場所。すっきり晴れた日で気持ちがいいのかな、このスイセンはあまり下を向いていない

(下写真左)青空を背景に花全体が白いスイセン。こうやって写真を並べて見ると、ちょっと歩くだけでいろいろな種類のスイセンを見ることができる
散歩道スイセン200903-7S散歩道スイセン200903-3S
(上写真右)この日の散歩道には、一番良く見る色と姿のスイセン(日本水仙)がなかったので、1月の百草園で撮ったのを1枚追加

これもまたちょっと変わった形のスイセン、キクラミネウス水仙かな。スイセンって調べると同じような花でも、いろいろな呼び方があって、いまひとつよくわからない
散歩道スイセン200903-4S散歩道スイセン200903-7S
(上写真右)左下の人工芝がちょっと興醒めだったので、同じ花を正面から覗き込むように撮ったら、今度は夏のヒマワリのような姿になった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.37)きれいな青空

この週末は久しぶりに天気がよかった。日曜日の夕方は、またまたすごい雷雨になってしまったけど・・・

久しぶりにデジカメを持って散歩に出たら、この夏になかなか撮れなかったような青空が撮れた。空は青空でも映っているものがやっぱり秋の気配
散歩写真-3散歩写真-14
(上写真左)昨日も高幡不動で撮った百日紅(サルスベリ)、いまちょうどいろいろな所で咲いている(上写真右)柿の木、でもまだ青い

(下写真左)夏に撮れなかった青空をバックにしたひまわり、でもちょっと終わりかけ
散歩写真-15散歩写真-16
(上写真右)すごく立派なススキ、このススキはこれからも、ちょくちょく写真を撮りたい

(下写真左)田んぼも鳥よけのネットを張っている
(下写真右)いまうちの近所の稲はこんな感じ
散歩写真-18散歩写真-1

新しいデジカメがどんな感じに撮れるのか早く知りたくて、いろいろな物を何枚も撮ったけど、全般としてメリハリのある、ちょっと色合いが濃い目に撮れるカメラみたいしかし日中はかなり暑かった・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

散歩写真(vol.33)近所のひまわり その後

先日の記事、散歩写真(vol.29)近所のひまわり ちょっと残念の、その後の報告

さすが夏の花、ひまわりは力強かった
折れてもめげずに、たくさんの花を咲かせていた

下が2週間ほど前の写真、いくつか花は咲いているが、雷雨と突風で何本も茎が折れてしまっていた
ひまわり-5ひまわり-6

そして下がこの週末の写真、折れてしまっている茎も、めげずにいくつも花を咲かせている
ひまわりその後-1ひまわりその後-4
折れてしまった茎は復活しないけど、でもしっかり花を咲かせる
自然の力強さ
我々も少し見習わなければならない
ひまわりその後-2ひまわりその後-3
元気ですよって言っている姿
どうせならば青空をバックに撮ってあげたかったね

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ