ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

どんど焼き

どんど焼き 2017年

2017年1月9日に開催されたどんど焼きの様子。
地元の自治会が開催するこのどんど焼きは2010年から復活して、今回で8回目となる。

どんど焼きは、地方によって左義長などとも呼ばれ、小正月(1月15日)に日本全国で
行われるお正月の行事。
焼いている火にあたると長生きするとか、焼いた団子食べると病気をしないなどと言われる。

前日までの組み上げられたヤグラに正月飾りや書き初めなどを巻きつける。
どんど焼き2017

ヤグラの準備は11月下旬から材料となるカヤや竹を浅川の河川敷や地元の
山から集めてくることから始まっている。 約2ヶ月間、かなりの労力が費される。

どんど焼きが復活した2010年から3年間ほど私もお手伝いしたけど、寒い時期に
本当に大変な準備が必要。

ヤグラを焼いたあとの火で焼くための団子も準備されている。
どんど焼き2017
これは当日の朝から団子1500個、竹1本に3個ついているので500本が用意された。

着火は11:00。3箇所から着火。もう1箇所は裏側で見えないけど・・・
どんど焼き2017

着火するとすぐにヤグラが煙につつまれる。
どんど焼き2017

万が一の事態に備えて、地元の消防団がすぐに放水できるように待機。
どんど焼き2017
これくら離れていても、結構な熱を感じる。

上写真は着火して左上から順に1分、2分、3分、5分。
どんど焼き2017
長い期間準備して組んだやぐらもわずか5分で焼き崩れてしまう。火は本当に怖い。

どんど焼き2017
5分ほどでヤグラは崩れてしまい、後は消防団員が危なくないぐらいになるまでに火を整える。

どんど焼き2017
焼き崩れてから火を整えている時間がかなり長く、その間に竹に刺さった団子が配られる。
どんど焼き2017

じっと子どもたちが待つ中で、団子を焼いてOKの合図が出たは11:50頃。
どんど焼き2017
子どもたちが一斉に団子焼き始める。私も息子が小さい頃は一緒に団子を
焼いたことがあったけど、油断すると地面についてしまう。
どんど焼き2017
なんだか釣り堀みたいだ(笑)
どんど焼き2017
この日は、前日からの雨が朝方にやんだものの、着火前の10時ぐらいから再び
小雨が降ったりやんだりするコンディションだったけど、無事に開催されてよかった。

(撮影 2017年1月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

浅川河川敷の冬景色

散歩道の浅川(多摩川水系)河川敷は、渇水期となる冬になると護岸工事が始まる。
浅川河川敷201301-4
毎年場所を変えて少しずつ整備しているが、今年整備しているここはネザサ(根笹)の群落があった場所。
浅川河川敷201301-5
この看板には、ここの竹木(ネザサ)、土砂、石などを取ってはいけないと書いてある。さらに、ここは伝統的な河川工法(蛇かご)によって築かれ、そこに繁茂するネザサが洪水の水あたりをやわらげ護岸を保護するとも書いてある。
浅川河川敷201301-6
蛇かごというのは、鉄線などでつくったカゴに砕石をつめたものだそうだ。
ここの護岸工事はコンクリートむき出しのままにはせず、上から土をかけて草を植えて見た感じは以前と変わらないように戻すが、ここの蛇かごとネザサも元に戻すのだろうか?
浅川河川敷201301-2
重機を使って刈り取っている。人間が刈っていたら大変な広さだ。
浅川河川敷201301-1
クレーン車のこのオレンジ色の機械でバリバリと草刈りをしている。

同じ浅川の河川敷ではこの日(1月19日)どんど焼きの準備をやっていた。
浅川河川敷201301-7
翌1月20日が本番、人がたくさん集まっている。餅を焼くための火が整うのを待っているところかな。
浅川河川敷201301-8
ここは、ふれあい橋(万願寺歩道橋)のすぐ横。
浅川河川敷201301-9
いい天気で白い橋が青空に映える。

今年も自分の自治会のどんど焼き準備のお手伝い(1月13日)。
浅川河川敷201301-12
ここは小学校の校庭。竹で骨組みをつくって回りをカヤ(萱)で囲み、わら縄で固定する。縄は秋祭りの時に町内の道路に張ったしめ縄を保存しておいたものの再利用。燃やすのですべて自然素材。
浅川河川敷201301-13
はぼ完成したところ。緑色なのは飾り終わった松飾りを回りに指したため。
浅川河川敷201301-15
残念なことにどんど焼き本番の日(1月14日)は東京に大雪が降った。
浅川河川敷201301-14
まるで雪国のどんど焼き風景のようだった。

浅川を渡る、多摩都市モノレール。雪が積もった山は雲取山などの奥多摩あたり。
浅川河川敷201301-3
小さく写っているのは横田基地から飛び立った軍用機だろうか。

今年最初の菜の花の写真。河川敷そばの畑で見つけた。
浅川河川敷201301-11
菜の花の後ろの白い建物はクリーンセンター(ごみ焼却施設)。このクリーンセンターの後ろには多摩川が流れていて、その土手は春にはきれいな桜並木になるところ。

(撮影 2013年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(01/15)今年最初のござれ市

1月15日は小正月。いまだに1月15日は成人の日で祝日という感覚が残っているが、かつては小正月に元服の義が行われていた。
高幡不動201201-4
高幡不動尊も普段と同じぐらいの人出になってる。
高幡不動201201-5
今年初めて、不動堂の階段を上がってお参りした。

この日は1月の第3日曜日になるため、恒例のござれ市が開催されていた。初詣から出ている露店とござれ市が一緒になっているため、ちょっとお得かも。
高幡不動201201-16
つい先日、今年最後のござれ市という記事を書いたばかりのような気もするけど

ビリケンさんと招き猫。正月らしく福を呼ぶフォーメーション。ちなみにこの招き猫は左前脚を挙げているので、客(人)を招くとされるタイプ。
高幡不動201201-6
反対側の右前脚だとお金(金運)。両方を挙げている招き猫もあるそうだが、それってなんだかお手上げっぽいよね。
こちらも正月らしいく着物姿のペコちゃん、なかなかかわいい
高幡不動201201-13
これはのらくろ。古いキャラクタだけど、これはあまり古いモノにはみえなかった。
高幡不動201201-14
ちょっと前の主役たち。主役の年には正月の露店で売られていたんだろうね。
高幡不動201201-8
続きを読む

2011年 どんど焼

昨年から復活した近所のどんど焼き。今年も自治会の回覧板でお手伝いの募集があったので1日だけですがお手伝いに参加

どんど焼2011-14


どんど焼きのヤグラを組むところ。昨年は久しぶりの復活ということで、経験者が少なく、この段階でかなり苦労したが今年はその経験が生かされてスムーズに立ち上がった。
どんど焼2011-13
下から横方向に竹を回して、それを足場にして上の方を組んでいく。もちろん私は登っていない
骨組みができたらこんな感じでカヤをつけていく。なんだか原始人の住居のようだ。
どんど焼2011-12
どんど焼の準備はこのヤグラを組む前に河川敷からカヤを刈って運んだり、竹を用意して小枝をとったりという前作業がかなりある。しかも河川敷のカヤは勝手に刈ったりできないらしく、事前に届け出たりする必要があるそうだ。
ヤグラの中の様子。この中で火を焚けばかなり暖かいだろうね
どんど焼2011-11
この日は風もなく穏やかな日で作業をしていると汗が出るぐらい、しかし本番の明日は寒くなって風も強く吹くそうだ。火を扱うので寒さよりも風の方が心配

ヤグラに中にたくさんのカヤや松飾り、枝などを入れる。昨年は中に入れる量が少なくて、燃え方が今ひとつだったので、今年は大量に入れる。
どんど焼2011-10
そんなに入るのか?って思ったけど、全部入った。かなりの収納力だ

今年は昨年よりもかなり早く作業が終わった。私も昨年は何をどう手伝ってよいのかよくわからず単に写真を撮っているだけの状態だったが、今年は次に何をやるのかが少しだけわかったので、作業の役に立てたかな。

ヤグラを組んだ翌日(=どんど焼当日)に撮った完成形

どんど焼2011-7


どんど焼きはお正月に門松や注連飾りによって出迎えた神様を炎と共に見送る意味があり、左義長、どんと焼き、どんどさん、賽の神(道祖神のこと)など、地方によりいろいろな呼び方があるそうだ

火の粉が燃え広がらないように消防団がヤグラの回りに水をまく。今日は心配していた通り風が強い・・・
どんど焼2011-8
手前に見えるのが、皆さんお楽しみの笹に刺したお団子。
子供会の代表(?)が長い竹ほうきみたいなタイマツで着火。
どんど焼2011-14
昨年いただいたコメントでは、早朝のまだ薄暗い時間に火をつけるところもあるそうだが、この日の点火は午前11時
どんど焼2011-9
しかし着火して3分もたたないうちに崩れる。しかし本当に怖いぐらいに良く燃える。
どんど焼2011-6
昨年は中に入れた焼き物が少なかったので、ここでバラバラと崩れてしまったが、今年は昨年よりも形を保っている。

昨日同様、天気はすごくいいが風も強い。青空に煙のコントラストがきれいだど、あまり煙が広がるのはご近所さんに申し訳ないね
どんど焼2011-5
だんだんと、たき火ぐらいになってきた。ここまで着火してから30分ほど。
どんど焼2011-4
この段階でもまだ竹の弾ける音がしていた。ヤグラの中に入れる竹はあらかじめ金槌で叩いて割って入れたので、ヤグラ本体の竹だろうね。しかし竹の弾ける音ってすごい音だ

「そろそろお団子を焼く準備」のアナウンスで火の回りに人が集まる
どんど焼2011-2
ちょっと面白い光景。お団子を刺した笹を手に人々が勝ち鬨の声をあげているようだ。
どんど焼2011-3
みんなでお団子を焼く。人がたくさんいるけど、お団子が焦げないよう神経をつかっているからか、会話が少なくて思いのほか静か
どんど焼2011-1
見ているだけでも煙が目にしみる光景

準備などの日程の都合だろうか、昨年も今年も3連休に行われたが、もともとは小正月(1月14日から15日)に開催される行事なんだそうだ。
2年目のどんど焼きも無事に終了。でもお片付けは手伝っていなんだけどね

(撮影 PENTAX OptioW60+K-7 2011年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

散歩写真(vol.56)近所の冬景色いろいろ

これは先週末(1/10)に散歩したときの写真

(下写真左)青空の中を走るモノレールを撮ったら、手前の木にタコが絡まっているのに気がついた
散歩写真0901-2散歩写真0901-1
(上写真右)よく見るとなんだか色々とりどりの洒落たタコだった
ここは河川敷で電線もなく、タコ揚げには最適なんだけど、思わぬ落とし穴だったね、ちょっと残念

(下写真左)いつも渡る浅川のふれあい橋。なにかの準備をする人達
散歩写真0901-5散歩写真0901-4
(上写真右)これはどんど焼きの準備みたいだ、ホームページで検索すると11日(日)10:00から実施のようだ

(下写真左)この時期は富士山がよく見える、いつかもっとアップで、雲のないきれいな富士山をここから撮ってみたい
でもここで三脚を立ててカメラを構えて待つことはなさそう、散歩の途中にハイポーズって感じで撮りたい
散歩写真0901-3散歩写真0901-6
(上写真右)川の浅いところで待ち構えている鳥たち、サギと川鵜かな
こんなところ絶対に泳いで通過したくないよ〜ぉ Byおさかな君

(下写真左)なんだかすご〜く守っている様子絶対に鳥にはつつかせないぞ〜って感じ
散歩写真0901-7散歩写真0901-8
(上写真右)ちょっと小高い丘からうちの近所の方向を見たところ
自然がたくさんありますねって言っていただけてうれしいのですが、それなりにちゃんとした住宅地。一応ここも東京都内です

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ