ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

たんぽぽ

綿毛

タンポポ
  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.5 東京都日野市

「たんぽぽ」の名前の由来は、たねの綿毛が丸く集まっている(写真)の姿が、綿を丸めて布などで包んだ「たんぽ」に似ていることから、「たんぽ穂」となり「たんぽぽ」になったとされる。

この姿を見ると、ついつい写真を撮りたくなる・・・(汗)。


ダンデライオン

蒲公英
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2015.03  浅川河川敷(東京都日野市)
 
普通のたんぽぽなんですけど、ダンデライオンと呼ぶと、あの人の歌声が聞こえてきます(笑)。
 

京王百草園 すみれの花

前回と同じ京王百草園の梅まつり最終日(3月17日)の様子。
今回は梅以外の春の花たち。

梅の花を見上げながら園内を歩いたあと、視線を足元に移すとスミレの花がたくさん咲いていた。
京王百草園201303-13
スミレは花の形が大工道具の墨入れに似ていることから、すみいれ→すみれになったそうだ。
京王百草園201303-2
学生時代にビル(新宿NSビル)建築のアルバイトをした時に墨入れを使ったことがあるが、まっすぐな線をきれいに引くには経験が必要。でも引けるようになると気持ちいい。最近、墨入れを見るのはござれ市ぐらいかな。
京王百草園201303-1
すみれというと、タチツボスミレしか知らないけど、いろいろな品種があるようだ。

こちらも春の花、たんぽぽ、キク科。
京王百草園201303-3

カタクリの花もほんの少しだけ咲き始めていた。
京王百草園201303-9
咲いているカタクリはちょっと遠かった。今頃はもっとたくさん咲いているだろう。

これは何度か紹介した寒咲きアヤメ。まだたくさん咲いている。
京王百草園201303-12
5月頃に咲くアヤメと違って、花より葉の背が高いから花が見え辛いのが困りもの(笑)。

ハクモクレン、モクレン科。ハクモクレンはコブシと似ていていつも迷う・・・
京王百草園201303-4
きれいな青空に白い花が映える。まるで洗濯洗剤のコマーシャルのようだ(笑)
京王百草園201303-8
ボケ(木瓜)、バラ科。緑の葉に赤い花、天気がいいと色が映える。
京王百草園201303-6

サンシュユ(春黄金花)、ミズキ科。紅白の梅が咲く中で黄色が目立つ。
京王百草園201303-7

キブシ、キブシ科。ブドウの房のように咲く花。
京王百草園201303-10

茅葺屋根に枝垂れ梅。春の花が咲く園内だけど、こういう場所がなぜか落ち着く。
京王百草園201303-5
これからミツバツツジやシャクナゲなどツツジ科の花がきれいに咲く時期になる。
でも梅まつりが終わると普段の静かな京王百草園に戻る。のんびりできるチャンス

(撮影 2013年3月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動尊 桜以外も春いっぱい

高幡不動尊春201004-6
先週末くもり空できれいな桜はあまり撮れなかったけど、境内は他にも春の花が一杯だった

紅白でお目出たい感じのボケ。やっぱり名前が可哀想・・・
高幡不動尊春201004-5

にほんたんぽぽ。こうやって名札を立ててくれているとわかりやすい
高幡不動尊春201004-1
たんぽぽは漢字で書くと「蒲公英」、英語名は「ダンデライオン」。この名前を聞くと頭の中にユーミンの歌声が流れる人が多いかも

白いたんぽぽ、しろばなたんぽぽも咲いていた
高幡不動尊春201004-2
白いたんぽぽはあまり見かけないのでアップで
高幡不動尊春201004-3

こんな花も高幡不動尊春201004-4
しらゆきけし?これってシュウメイ菊に似ているよね。でもシュウメイ菊が咲くのは秋だから、やっぱり違うんだろうね。

いままで見たことがほとんどなかった八重咲のスイセン。お不動さんのトイレの前で咲いていた
高幡不動尊春201004-9
八重咲きのスイセンもなかなかいいね

一瞬晴れた時にソメイヨシノも
高幡不動尊春201004-7

境内を高い所から見るといい感じに桜が咲いている様子がわかる高幡不動尊春201004-8

今回の締めは土方さん
高幡不動尊春201004-10
さすがの新撰組鬼の副長も、桜に囲まれてちょっと口元がゆるんでいるかな

(撮影 2010年4月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.78)矢車草って矢車菊だったんだ・・・

矢車草-3
昔からヤグルマソウ(矢車草)と呼んでいたこの花、これは別名で本名はヤグルマギク(矢車菊)といってきく科の花。今さらだけど知らなかった

しかもヤグルマソウにはこれを本名とする、ゆきのした科のまったく別の花がちゃんとあるなんて・・・
ゆきのした科のヤグルマソウはこちら

このことを知ったのは、いつもきれいな花の写真がアップされているpopoさんのブログ(小さな幸せ見ーつけた)です、ありがとうございます。

気を取り直して・・・
ヤグルマギクには紫、赤紫、白などがあるけど、やっぱりこの青色が好きかな
矢車草-1
このヤグルマギクはヨーロッパ原産でドイツの国花(national flower)にもなっている
ところで日本の国花ってなんだっけ?今さらだけど、念のため調べて見るとの2つが選ばれているようだ。うん、確かにそうだろう
今日、改めて調べてみてもし日本の国花がひまわりだった、なんていうことだったら、今頃私は日本人の国民性と国花のミスマッチに悩んで、このブログなんて書いていられなかったかも・・・
もちろんひまわりなんていうことはなくだったけどね

ついでにいろいろな国の国花を調べて見ると、お隣の韓国がむくげ(木槿)、、中国がぼたん(牡丹)、日本と同じように国花が2つあるフランスは前回ご紹介したアイリス(ジャーマンアイリス)ユリ。ざっとみているとやはりバラを国花にしている国が多いようだ

また前述のひまわりはロシアの国花になっているようだ。うん?そうなんだ・・・ソフィア・ローレン主演の映画「ひまわり」は思い浮かぶけど


閑話休題
これはヤグルマギクの白い花、あと赤紫があれば、一通りの色がそろったんだけど、散歩道のこの場所にはこの3色だけだった、う〜ん、ちょっと残念
矢車草-2

これはヤグルマギクの進化形 そんなわけなくて、見たまんまタンポポ。ヤグルマギクの近くて輝いていた
たんぽぽ

そして唐突に現われたこの花、ヤグルマギクにもヤグルマソウにも全然関係ないけど、すごくきれいに咲いていた。でもずっと名前がわからずでアップできなかった・・・相変わらずです
私は誰でしょう
この写真は4月中旬の頃。花はすでに枯れて、いまはなにやらサヤエンドウのような実がなっている。マメ科の植物かな?
これはマメ科のエニシダだそうです。
aioままさん、しまさん、マッチャさん情報ありがとうございました
(2009/06/07追記)

なんだか週末のたびに天気が悪いので、気分晴らしに4月中〜下旬頃の晴天時の写真を集めてみた

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.63)近所の野草がいろいろ咲き始めた

以前春の七草の「なずな」のバックダンサーとして登場したオオイヌノフグリ、今回はてんとう虫の脇役でもてんとう虫もお尻だけしか写ってない
散歩写真0902-4散歩写真0902-8
こんなかわいい花がなぜ、オオイヌノフグリなんていう名前になっているんだ
調べてみると、実はこの花ではなく、イヌノフグリという花の実が雄犬の陰嚢に似ているとても小さな花があるらしい
そしてオオイヌノフグリはこのイヌノフグリの花に似た、それよりも大きな花ということでオオイヌノフグリという名前になったそうだなんだいそれ・・・だったらフグリは濡れ衣じゃないか

そして葉牡丹、だんだん真ん中が盛り上がってきた
散歩写真0902-1散歩写真0902-7
キャベツだったのが白菜になってきた感じ

たんぽぽの花も見かけるようになってきた
散歩写真0902-8L
横に流れる田んぼの用水路の水がきれいに輝いている

このきれいな紫色の花はムスカリ。もっとたくさん咲いている場所だったらすごくきれいだろうね
散歩写真0902-3散歩写真0902-8
そしてユキヤナギも少しずつ咲き始めたユキヤナギの小さな白い花が集まって白い枝のように伸びて咲く姿はかなりお気に入り

ところで、この小さな黄色い花は誰でしょう、わかりません。ご存じの方、教えてください
散歩写真0902-7L

misaさんのブログに「催花雨(さいかう)」の話が紹介されていた。この時期(2月下旬から3月初旬頃?)の雨は、植物の成長や花の開花を促すための大切な雨でもあるそうだ


天気が悪い、散歩ができないと人間の都合だけで嘆いてばかりではダメだね

3/11追記
この花はキンセンカ、「冬知らず」というなんだかいい別名を持つキク科の植物。カレンデュラという名前で品種改良された苗が出回っているそうで、いろいろな花の色や大きさがあるようです。
misaさん、Yumiさん、ありがとうございます!


すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ




ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ