ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

そばの花畑

昭和記念公園 コスモスの様子ほか

きれいに晴れた10月9日体育の日の昭和記念公園。

立川口カナール両側のイチョウ並木はまだ色づかず緑色。
昭和記念公園201710
でも銀杏が落ちはじめていて、拾っている人もいた。
昭和記念公園201710
アスファルトが黄色になっているところは銀杏が落ちて潰れたところ。独特の匂いが漂う(汗)

これはホトトギス、ユリ科。
昭和記念公園201710
近くで見るとちょっと変わった形の花。
昭和記念公園201710
ホトトギスにはいろいろな品種があるようだが、この白花の品種はなかなかきれいだ。
昭和記念公園201710

そばの花畑はまだ見頃で青空の下できれいに見ることができた。
昭和記念公園201710
でも、春の花の準備のために刈り取られるようだ。来春は菜の花畑になるのだろうか。
昭和記念公園201710
そばは繁殖力が強いんだね。

コスモスのメイン会場とも言える、花の丘のドワーフセンセーションも見頃になっている。
昭和記念公園201710
やはり青空の下で見るときれいだね。
昭和記念公園201710

こちらはこれから見頃になるみんなの原っぱ西花畑のコスモス紹介看板。
昭和記念公園201710
昭和記念公園のコスモスまつりの開花リレーは、第一弾が原っぱ東花畑の黄花コスモス(レモンブライト)、第二弾がいま見頃の花の丘のドワーフセンセーション、そしてここ原っぱ西花畑のコスモス4品種が第三弾となる。

オレンジキャンパスはもう見頃に近いぐらい咲いていた。
昭和記念公園201710
なんか普通のピンク色のコスモスっぽい感じに見えるけど、下写真のような花がオレンジキャンパスだと思われる。
昭和記念公園201710

クリムゾンキャンバスもかなり咲いている。
昭和記念公園201710
クリムゾンキャンパスの普通の赤紫色のコスモスのように見えるけど、クリムゾン色のコスモスなんだそうだ。
Wikipediaによるとクリムゾン又はクリムソン色とは「濃く明るい赤色で、若干青みを含んで紫がかる。彩度が高く、色相環上ではマゼンタと赤の中間に位置する」、16進表記は#DC143Cだそうだ。
昭和記念公園201710
う〜ん、この色か・・・?

これはイエローキャンパス。まだちょっとこれからという感じ。
昭和記念公園201710

こちらのイエローガーデンはだいぶ咲いているけどあと少しで、見頃という感じ。
昭和記念公園201710
このイエロー系の2品種は毎年ここで見ることができるコスモスで、なかなかいい色のコスモス。

昭和記念公園のホームページによると、この日(10/9)のあと、いい天気が続いて一気に開花が進み、原っぱ西花畑のオレンジキャンパス、クリムゾンキャンパス、イエローキャンパス、イエローガーデンはすべて見頃になったそうだ。

14,15日の週末は両方とも雨模様、次の週末21,22日も予報では天気が悪く、その後もし台風なんかが接近してきたら、見頃を見る前に終わってしまいそう。

昭和記念公園のコスモスまつりは10月29日まで、そのあと11月5日にはコスモスは摘み取り体験で摘み取られてしまう。

昭和記念公園(Vol.238)
(撮影 2017年10月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 そばの花畑

9月最後の土曜日(9/30)の昭和記念公園。

そばの花が見頃になっているということで、コスモス(ドワーフセンセーション)が咲く花の丘からさらに少し奥(砂川口方向)に行ってみた。
昭和記念公園201709
確かここは真夏にひまわり畑だったところ。いまは白色と赤色のそばの花が絨毯のように咲いている。
昭和記念公園201709

昭和記念公園201709
下の掲示板にあるように、そば(蕎麦)はタデ科で白い花が食用にする信州大そば、赤い花が修景用の高嶺ルビーNeoという品種。PhotoSpotまで書いてくれている。
昭和記念公園201709
修景(シュウケイ)って?字からなんとなく意味がわかるようなわからないようなコトバ。ネットで調べると「自然の美しさを損なわないように風景を整備すること」だそうだ。
確かに緑の山々に囲まれたところに、この赤いそばの花が一面に広がる風景はきれいだろう。この高嶺ルビーという品種はヒマラヤの高地で咲くそばを持ち帰り信州大とタカノ株式会社が共同で品種改良した品種だそうだ。
昭和記念公園201709
白い花と赤い花の境目あたり。混沌としている(笑)。

そばは好きでよく食べるけど、なかなか花を身近で見ることはない。
昭和記念公園201709
花の大きさは1cm未満、とにかく小さな花。赤い花だと分かり辛いけど、雄シベの先が赤くてかわいい。花びらに見えるのは花びらではなくガク(萼)なんだそうだ、違いがよくわからないけど。
昭和記念公園201709
穀物と言われる米や麦、トウモロコシはイネ科だけど、そばはタデ科。田んぼのあぜ道なんかでよくみかけるタデ(イヌタデ)と同じ仲間なのに、実から蕎麦ができるのは面白い。
白い花の信州大そばは、その名前の通り信州大学農学部の氏原氏が改良した大粒で多収穫の品種だそうだ。
昭和記念公園201709
アオスジアゲハが飛んでいた。あまり虫は飛んでいなかったけど、花の蜜が出るのだろうか。
昭和記念公園201709
この光景からあの蕎麦をイメージすることはどうしてもできない(笑)。
昭和記念公園201709
どのように撮ったらいいものか迷うけど、赤色と白色の境界あたりを入れた方が絵になる感じ。
昭和記念公園201709

背景がさみしい時の強い味方パークトレイン・・・というわけではないけど。
昭和記念公園201709
この日は絶好のお出かけ日和だったので、久しぶりに人が多い昭和記念公園だった。

昭和記念公園(Vol.236)
(撮影 2017年9月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ