前回と同じ京王百草園の梅まつり最終日(3月17日)の様子。
今回は梅以外の春の花たち。

梅の花を見上げながら園内を歩いたあと、視線を足元に移すとスミレの花がたくさん咲いていた。
京王百草園201303-13
スミレは花の形が大工道具の墨入れに似ていることから、すみいれ→すみれになったそうだ。
京王百草園201303-2
学生時代にビル(新宿NSビル)建築のアルバイトをした時に墨入れを使ったことがあるが、まっすぐな線をきれいに引くには経験が必要。でも引けるようになると気持ちいい。最近、墨入れを見るのはござれ市ぐらいかな。
京王百草園201303-1
すみれというと、タチツボスミレしか知らないけど、いろいろな品種があるようだ。

こちらも春の花、たんぽぽ、キク科。
京王百草園201303-3

カタクリの花もほんの少しだけ咲き始めていた。
京王百草園201303-9
咲いているカタクリはちょっと遠かった。今頃はもっとたくさん咲いているだろう。

これは何度か紹介した寒咲きアヤメ。まだたくさん咲いている。
京王百草園201303-12
5月頃に咲くアヤメと違って、花より葉の背が高いから花が見え辛いのが困りもの(笑)。

ハクモクレン、モクレン科。ハクモクレンはコブシと似ていていつも迷う・・・
京王百草園201303-4
きれいな青空に白い花が映える。まるで洗濯洗剤のコマーシャルのようだ(笑)
京王百草園201303-8
ボケ(木瓜)、バラ科。緑の葉に赤い花、天気がいいと色が映える。
京王百草園201303-6

サンシュユ(春黄金花)、ミズキ科。紅白の梅が咲く中で黄色が目立つ。
京王百草園201303-7

キブシ、キブシ科。ブドウの房のように咲く花。
京王百草園201303-10

茅葺屋根に枝垂れ梅。春の花が咲く園内だけど、こういう場所がなぜか落ち着く。
京王百草園201303-5
これからミツバツツジやシャクナゲなどツツジ科の花がきれいに咲く時期になる。
でも梅まつりが終わると普段の静かな京王百草園に戻る。のんびりできるチャンス

(撮影 2013年3月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ