ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

お地蔵さん

今週の高幡不動(12/7)去りゆく紅葉とお地蔵さん

また周回遅れの記事で申し訳ないですが、12月最初の週末の高幡不動尊。

12月初めにして空気と青空はもう真冬と同じ境内。
高幡不動201412-1
秋の諸々の行事が終わって人出も落ち着き、ようやく普段の高幡不動尊に戻った。
 
今回は境内側から山を越えた反対側、方角としては多摩動物公園方向に行ってみた。
高幡不動201412-2
境内側は山の影になってしまうが、こちら側は冬の日差しが入って明るくて
気持ちの良い散策路になっている。

高幡不動201412-3
部分的だけど、まだ色付いた木々が残っている。

高幡不動201412-4
この先には知る人ぞ知る高幡不動尊の富士山のビューポイント。しかしこの日は
雲に隠れて見えなかった。だから富士山の写真はありません(汗)。

明るい山の反対側から山の影になる境内側に戻ってきた。
紅葉も末期で葉の色がかなり変色してしまった木がある。
高幡不動201412-5
日陰でデジカメのカラーバランスがおかしくなったように感じるが、実際もこんな感じ。

高幡不動201412-6
ここまで、去りゆく今シーズンの紅葉とお地蔵さんの写真でした(笑)

下写真の場所は初夏には背の高い西洋アジサイや額アジサイが壁のように咲く四季の道。
高幡不動201412-7
下の方に枯れて見えるのがそのアジサイ。アジサイと紅葉はさすがに両立しないよね。

四季の道入口には大きなサザンカの木がある。ちなみに前の記事とは違う場所。
高幡不動201412-8
背景に五重塔を入れて上手くこの場所のサザンカを撮りたいとトライしているんだけど、
明るさの差が大きくてなかなか思ったように撮れない(汗)。

上の山茶花のそばで咲いていたピンク色で八重咲きのモノ。
高幡不動201412-9
ピンク色で八重咲きの花はすごく綺麗なので、もうちょっと近寄りたかったけど遠かった・・・

あまり目立たないけど交通安全祈願殿の後ろ側の崖に小さな滝がある。
高幡不動201412-10
毎年、崖の上から伸びてきているこのモミジを撮っている。でもこの色を見ると
今年はちょっとタイミングを外してしまった感じ。

駐車場横で見つけたヒイラギモチ、モチノギ科。
高幡不動201412-11
お不動さんには似合わないけど、まさにクリスマス飾りだね。

季節が駆け足で過ぎて行く時期、山に登っても、もうここの写真のような色づいた葉は
ほとんど落葉してしまって見ることができない。

今週の高幡不動Vol.339
(撮影 2014年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

お地蔵さんが見る紅葉

高幡不動尊
  K-5IIs with DA ☆50-135mm F2.8 ED SDM 2014.11 高幡不動尊
 
 お地蔵さん目線で撮ってみました(笑)。

 

散歩写真(vol.125)曇天の高幡不動尊

東京多摩地区はこのところ続けて週末の天気が悪い・・・

この2日間はいい天気なんだけど、肝心なのは週末の天気。昔からよく言われる「春に3日の晴れ間なし」という言葉がちょっと気になる。春は天気が安定せず晴れた日が続かないということだと思うが、木・金曜日と晴れて土・日曜日がまた曇り空なんてやめてね

雨だと散歩に出ないので写真も撮れず、だんだん写真がなくなってきたので、以下は先月(2月)の曇りの日に撮った高幡不動尊の写真
曇りの高幡不動尊2010-7
せっかくの梅「思いのまま」も曇天だといまひとつ冴えない
曇りの高幡不動尊2010-6
今度の週末まできれいな状態を保ってくれるかな。先日の雪と風で散っていなければいんだけど。

これは大日堂前の枝垂れ梅。この場所は、天気が良くても日陰になってしまうので、なかなかうまく写真が撮れない梅
曇りの高幡不動尊2010-4

枝垂れ梅全体をうまく撮れないので、背景に大日堂を入れて花をアップで撮ってみる
曇りの高幡不動尊2010-3

でも、これだと枝垂れ梅らしくないから、少し離れてみると、今度は枝垂れ梅って感じはするけど、花がいまひとつ。なかなかうまく撮れない
曇りの高幡不動尊2010-1

五重塔そばの、春黄金花(はるこがねはな)と呼ばれるミズキ科のサンシュも。曇天だと輝きがいまひとつ
曇りの高幡不動尊2010-8
春の花も晴天を待っています

お地蔵さんは曇天の方がしっとりとした雰囲気がでるかもね
曇りの高幡不動尊2010-2
第五番徳島県板野郡無尽山地蔵寺 五百羅漢で有名なんだそうだ

山内四国八十八カ所巡りができるお地蔵さんの中でも、こうやって五重塔をしっかり背景に入れて撮れるお地蔵さんは案外少ない
このお地蔵さんの赤いよだれかけには般若心経の「速成就佛身=速やかに佛身を成就することを得しめん」と書かれていた。

曇った時の写真ばかりだと少し寂しいので、最後に晴れたときのお地蔵さん。
曇りの高幡不動尊2010-9
なんか春の陽射しを浴びてお昼寝しているような穏やかな姿。お地蔵さんもやっぱり晴れた日の方がいいね

上記の写真は1月・2月に撮ったものなので、現在の高幡不動尊の様子ではありません

ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

今週の高幡不動Vol.108(02/06)立春過ぎて冬の風景

立春の週に雪が降った東京多摩地区。
その後、天気はいいが冷蔵庫の中にいるような寒い日が続いている。

またこの週末もいい天気。白い雲があるとさらに青空が引き立つね
高幡不動尊20100206-2
初不動大祭(1/28)と節分(2/3)が終わって、しばらくは静かな日が続く

晴れても気温が上がらないので、高幡不動尊の山内は日陰にまだ月曜日に降った雪が少し残っている
高幡不動尊20100206-3

お地蔵さんの横にも雪が、ちょっと寒そうだね
高幡不動尊20100206-4
最近新しく掛けられたお地蔵さんの前掛けには般若心経が書いてある。このお地蔵さんには「無智亦無得(むちやくむとく)」。直訳(?)すると「智もなくまた得ることもない」で、教えや道理は本質を理解しないと得るものはないという意味かな

ここは五重塔。氷が張っている
高幡不動尊20100206-5

さすがに陽の当たる場所は溶けていて、太陽がキラキラ今日は風が強い・・・
高幡不動尊20100206-6

日射しは少しずつしっかりとしてきているんだけどね高幡不動尊20100206-8
この白梅の蕾はもうすぐだよね
高幡不動尊20100206-7
同じ木の枝なんだけど、この蕾は紅色っぽい。
実はこの梅の木は、1本の木から白梅と紅梅の両方が咲く、思いのまま。昨年は2月17日にこの梅の写真をアップしているから、もうそろそろ咲くんだね

風が強いこんないい天気の日は、富士山がきれいに見えるかと思ったんだけど、残念ながら雲が多かった
高幡不動尊20100206-1
手前の丹沢山系の山々にも雪が見える、まさに冬の風景

ドラえもん〜 ドラえもん〜
高幡不動尊20100206-11
ドラえもん映画公開30周年を記念して、期間限定で無料配布されている「ドラえもんアプリ」を、16個全部ダウンロードして並べるとこうなる

いいよね、この遊び心こういう企画がApple製品にすごく似合うのは気のせいだけではないと思う
あんまりMacのことはわかってないんだけどね(^^;)

(2010年2月撮影 PENTAX K-7) にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.107(01/31)もうすぐ立春

この週末(1/30・31)も東京多摩地区はいい天気、もう何週間か週末に晴れる日が続いている
高幡不動尊20100131-4
初不動大祭があった週末だからだろうか、少し人が多い気がした。

「立春大吉」。立春の早朝、禅寺では門前に「立春大吉」と張り出す習慣があるそうで厄除けのおまじないにもなるそうだ
高幡不動尊20100131-1
ちなみに立春は2月4日(木)、あくまでも予測日だそうで4日であることが多いが3日だったり5日だったりする年もあるらしい。

境内では福豆が売られていた、1袋300円也
高幡不動尊20100131-5

ジンチョウゲ(沈丁花)の蕾
高幡不動尊20100131-2
この花の香りがあたりに漂いはじめるともう春って感じがするよね

高幡不動尊20100131-3
天気がいいので大日堂にも陽射しが明るく差している手前の緑の葉はなんだったっけ・・・

大日堂前にある枝垂れ梅は相変わらずずっと日陰・・・枝垂れ梅は花が咲くのが少し遅いのかな
高幡不動尊20100131-6

先週、富士山が見える場所として紹介した八十二番のお地蔵さん
高幡不動尊20100131-7
今日もすごくいい天気だけど富士山は見えない

椿が一緒に撮れるお地蔵さんってなかなかないんだけど、三十二番(高知県南国市十市町 八葉山禅師峰寺)のお地蔵さんのすぐそばに椿が咲いていた
高幡不動尊20100131-8
そういえば、今週すべてのお地蔵さんの赤い前掛けが新しくなっていたようだ

バラ科のユキヤナギ(雪柳)に少し花が咲いていた。ここは春になると五重塔を背景にきれいなユキヤナギの写真が撮れる場所。まだちょっと早いよね
高幡不動尊20100131-9

五重塔前の梅は紅梅よりも白梅から先に咲き始めていた。奥は不動堂の屋根。
高幡不動尊20100131-10
今年の2月3日の高幡不動尊 節分豆まきの主なメンバーは、日野市観光協会のホームページによると、田丸麻紀、つのだ☆ひろ、ハローキティ、ぴーの、ミス日本グランプリ、藤原 浩、真矢翔多、イータ、有森也実、飯沼誠司が予定されているそうだ。話題の朝青龍は最初から予定に入っていない、残念

豆まきの時に高幡不動尊に行きたいけど今年は平日。次に2月3日が週末になるのは2013年。ちょっと先の話だけどこの年は2月3日が日曜日

昨晩(2/1)は雨が雪に変わって、朝起きると久しぶりに一面の銀世界になっていた
雪の中の白梅や頭に雪が積もった六地蔵さんなんていう光景を写真にしたいけど、平日の朝から撮って回るほどの余裕はなかった

(2010年1月撮影 PENTAX K-7)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.106(01/24)富士山が見える場所

またまたいい天気の境内。この日は風が少し冷たかったけど、比較的暖かだった。
高幡不動尊20100124-1
このところ週末はずっといい天気が続いてるような気がする

高幡不動尊の境内では一般者が立ち入りできない豊泉寮前の庭で白梅と紅梅が咲いているのが遠目にちょっと見える。入って写真撮りたいなぁ・・・
普通に行ける場所では、この弘法大師像前の紅梅が一番早く咲きそう
高幡不動尊20100124-4
弘法大師像が背景になる枝はまだあまり咲いていないけど、同じ木でも日があたる枝は咲きはじめている。
高幡不動尊20100124-3
梅の花は桜ほど密集して咲かないので、もうちょっと近寄って撮りたい気分

これは五重塔前の梅。こちらもだいぶ蕾がふくらんできている、もうすぐ咲くのかな
高幡不動尊20100124-8

空気が澄んだ冬のこの時期は多摩地区からも富士山がよく見える
日野市の浅川河川敷からの見えるこの富士山とふれあい橋はよくアップするけど、高幡不動尊からの富士山はアップしたことがない
高幡不動尊20100124-11
高幡不動尊の山は木が生い茂っていて富士山が良く見える場所があまりないのが理由。さらおにお地蔵さんの背景に富士山が見える場所はかなり限られる

花の印がある場所に小さく富士山が見えている、枝がかなり邪魔で見えてもせいぜいこれぐらい。枝に葉があると隠れてしまってまったく見えない
高幡不動尊20100124-5
写真ではお地蔵さんが少し暗くなってしまうけど、これは八十二番(香川県高松市 青峰山 根香寺)のお地蔵さん。山内八十八ヶ所巡拝(四国八十八ヶ所霊場のうつし)の八十番前後のお地蔵さんあたりで背景に富士山を見ることができる

もう1カ所、富士山がよく見える場所がこの五十三番(愛媛県松山市 須賀山 円明寺)のお地蔵さん。お地蔵さんがこちらを向いていないのと、柵が邪魔で富士山がよく見えないのがいまひとつ・・・
BlogPaint
「たき火禁止」の看板もちょっと・・・大切なことなんだけどね

柵の上からアップで撮るとこんなにきれいに見えるんだけど、ちょっと残念
高幡不動尊20100124-6
地図で調べて見ると手前の山は丹沢山系のようだ
この富士山を撮ったのは2010年1月24日11時半頃。この日は雲もなくすごくきれいに見えた

境内に戻って不動堂の前。大きなほのほうちわに高幡不動尊の行事がかかれている
高幡不動尊20100124-2
高幡不動尊は毎月28日がお不動さんの日として出店が並ぶが、今週の木曜日(1月28日)は初不動大祭。お稚児さん行列などがあって、正月の三が日並みの人出がある。
今年は初不動も節分も平日なのでお参りできないのが少し残念・・・

高幡不動尊20100124-10
初不動から節分の頃まではだるま市も開催されるので、この出店はそれまでずっと出ているのかな

(2010年1月撮影 PENTAX K-7)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.57(2/7)梅がちらほら

朝からとても良い天気、気温はまだまだ低いけど、風がなく日差しもあって思った以上に暖かく感じる日

天気も良く境内は思ったよりも参拝の人がいた数日前には恒例の節分豆まきがあったようだけど、その名残はまったくなかった
高幡不動尊090207-1高幡不動尊090207-10
今年は名取裕子さん、渡辺裕之さんと定番メンバーのつのだ☆ひろさん、キティちゃんが豆をまいたそうだ、さすがに平日だと見に行くのは難しい

五重塔回りはちらほらと梅が咲き始めていた、高幡不動尊の梅はちょっと遅めかな
高幡不動尊090207-2高幡不動尊090207-9
梅は桜(ソメイヨシノ)と違って一斉に咲かずに、種類や木によって咲くタイミングが少しずつ違うみたいだ

(下写真)弘法大師像の前にあるこの紅梅は、とってもよく目立つ
高幡不動尊090207-4高幡不動尊090207-5
(上写真右)同じ梅を弘法大師像の視線と同じ感じで撮った、背景は奥殿

(下写真左)先月18日のござれ市の時には蕾だった梅はちらほら咲き始めていた
高幡不動尊090207-3高幡不動尊090207-6
(上写真右)山内を登った高幡城跡付近、さすがに誰もいない。静かな緑の中を日差しを感じて散歩できた

(下写真)山を下る道、ここらへんはまだまだ冬枯れって感じ
山内にはあちらこちらに山内四国八十八ヶ所巡りのお地蔵さんがいる
高幡不動尊090207-7高幡不動尊090207-8
(上写真右)木が枯れたこの時期だから回りが良く見える。自然がたくさんあるように見えるけど、やっぱりここは東京都内。すぐそばにビルやマンションが並んでいる

今日は散歩日和だった久しぶりの散歩が楽しくて3時間近く出歩いていたら、さすがにちょっと疲れてしまったあほかいな・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません


今週の高幡不動Vol.50(12/06)冬もみじ

今日は朝からいい天気。昨日までの暖かな空気が夜の北風で吹き飛ばされて、ひんやりとした空気に入れ替わった

紅葉まつりが終わった高幡不動尊の境内は、参拝の人も少なくひっそりと静かで、不動堂での御護摩修行の声が、普段より大きく聞こえた気がした
高幡不動尊冬紅葉-1高幡不動尊冬紅葉-9
境内の紅葉はもう終わってしまい、落葉している木が多いので山内に入ってみた

(下写真左)お気に入りの六地蔵さん、きょうは後ろから失礼します
高幡不動尊冬紅葉-2高幡不動尊冬紅葉-4
(上写真右)山内ではこの1本のもみじだけが紅色の色合いを保って一際目立っていた

1本1本の木の葉を見ると、色あせて紅葉の終わりを感じさせるが、1歩ひいて視線を広くしてあたりを見渡すと、晩秋らしい味わいある色合いの紅葉が楽しめる

(下写真)この路は梅雨の頃には山あじさいが多く咲いて、たくさんの人が訪れる場所
高幡不動尊冬紅葉-3高幡不動尊冬紅葉-8
いまは訪れる人も少ないけど、うっすらとひかれた落ち葉のじゅうたんと、この晩秋の紅葉は山あじさいに負けないぐらいの美しさを楽しむことができる

少し登ってみると、朝の太陽が斜めにあたり、「お〜っ」と思わず口のしてしまうぐらいに、木々が輝いていた
高幡不動尊冬紅葉-6高幡不動尊冬紅葉-7
私の写真では、この晩秋の木々の輝きをうまく伝えることができず、とっても残念

この場所は、鳥たちの声も清々しかったのでビデオを撮ってみた(少し音量は大きめにしてください)

このビデオで少しでも晩秋の紅葉が輝く様子が伝わるとうれしい

昨年12月5日にブログをはじめて1年になりました。こうしてブログを続けてこられたのは、みなさんのご訪問とあたたかいコメントのおかげです。ありがとうございました。

ブログをはじめた頃(その記事はここの一番下から)に比べるといろいろ変わってきていることも多いですが、ずっと続けているこの「今週の高幡不動」というタイトルは、今回でVol.50となりました。
1年が約52週だとすると、ほとんど毎週お不動さんにお参りしていたことになり、自分でも少し驚いています。「週刊高幡不動尊通信」というブログではないんですけどね・・・

これからも気まぐれに更新する写真日記を続けたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

散歩写真(vol.34)高幡不動のセミの声

自宅付近は田んぼが多く、セミが鳴くような木があまりないため、この夏はまだセミの鳴き声をほとんど聞いていなかった

あじさい祭りも終わったので、のんびりと人のいない高幡不動の山内を散歩していたら、セミが鳴いていたセミしぐれという程ではない
高幡不動のセミの声1高幡不動のセミの声2
ここは山あじさいがたくさん見られる山内の小道を境内の奥の方に進んだところ、下の方には境内の一番奥の方にある大日堂(上写真左)が見え、坂道と階段を降りるとお地蔵さんがあった(上写真右)

山内から大日堂を見ながら聞くセミの声
それほどすごいセミの声ではないので音量は大きめで


坂を降りてお地蔵さんを見ながら聞くセミの声

この6体のお地蔵さんには、それぞれ地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天が刻まれていた。これらは仏教の六道なので、たぶんこのお地蔵さんは日本各地で見られる六地蔵だと思われる

お地蔵さんにお参りしたあと、木々が生い茂って薄暗く涼を感じる大日堂横(下写真左)を通って大日堂の正面(下写真右)に回ったところ
高幡不動のセミの声3高幡不動のセミの声4
この大日堂には大日如来像が安置され鳴り龍天井がある

静寂の中、セミの声だけが聞こえる夏の高幡不動尊でした

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ