ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

空之介

今週の高幡不動(01/04)初詣

お正月は特に外出する予定がなかったのに、なんとなく寒い外には出たくなく
家でゴロゴロしていたので、今年の高幡不動尊への初詣は4日となった。

初詣の時期は人が多く、毎年参道から並ぶことになる。行列を覚悟して行ったが
今年は思ったよりも人が少なくて信号約3回分。
高幡不動201501-1
 参道は中央が高幡不動尊に向かう人、三角コーンで区切られた両サイドが
お参りが終わって帰る人というように、流れがきっちりわけられていている。
高幡不動201501-2
 昨年から我が家の次男坊、空之介と一緒の初詣(笑)
高幡不動201501-3
なんだかここは人が多いなぁ・・・と思っているんだろう。

初詣の人が多い時は、この定位置からの撮影を断念する年もあるが、今年は楽勝。
高幡不動201501-4
 手前に人がいるので、ちょっと上向き加減(汗)。

人が少なめとはいえ、さすがに賽銭箱前はなかなか前に進めない。
高幡不動201501-5
不動堂の上まで上がる列は写真の右側。矢印の看板があるように不動堂の右側階段を登る。

高幡不動201501-6
人が多いから僕は不動堂の上には行かないんだよ。

たこ焼き。食べました。
高幡不動201501-8
この凍ったタコの塊がだんだん小さくなっていく。
高幡不動201501-7

広島風お好み焼き。もちろん食べました。
 高幡不動201501-9
その隣にダート・ゲームの露天。
高幡不動201501-10
毎年だいたい露天の場所が決まっているが、この場所にゲームの露天って
ちょっと珍しい気がする。だってこの場所は混雑すると店の前が人の列で
埋まってゲームどころではなくなるから(笑)

高幡不動201501-11
五重塔回りは人が少なくて、買ったモノをこのあたりで座って食べる。
高幡不動201501-13
空之介を抱っこした時の、この手がカワイイんです(親バカ)。

この風景も毎年の定位置。
高幡不動201501-12
正面右の甘酒、正面のやきそば、その横のたこ焼き、左側の黄色いシートの屋根の
じゃがバターは毎年同じだと思う。下の写真は2014年1月4日の撮影。
高幡不動201501-15


高幡不動201501-14
毎年、玉を持った干支の人形を売っている露天。
高幡不動201501-16
上は昨年の写真、干支は馬。密かに十二支を集めている人がいるんだろうね(笑)。

 今週の高幡不動Vol.343
(撮影 2015年1月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(8/31)8月最後の週末

8月最後の週末も涼しい週末となった東京多摩地区。

高幡不動201408-1
雲が多い時間帯はあったが雨が降るようなことはなかった。

涼しいので、日曜日は空之助を連れて散歩。
高幡不動201408-9
仁王門から境内に入って不動堂にお参りをしたあと、奥殿の横を通って奥の方に向かい六地蔵さんにお参り。
高幡不動201408-10
いつもの散策ルート。そしていつものようにカメラの方を向かない空之助・・・
高幡不動201408-11
五重塔の前。やっぱり知らん顔(汗)。

8月最後の週は夏の終わりを感じるような涼しい日が多くなってきた。
高幡不動201408-2
 セミの鳴き声を聞くのもあとどれくらいだろうか。
高幡不動201408-3
高幡不動尊ではミンミンゼミやツクツクボウシの鳴く声は聞こえるんだけど、姿を見るのは圧倒的にアブラゼミが多い。

ヤブミョウガ、ツユクサ科。
 高幡不動201408-4
ヤブミョウガってツユクサ科なんだね。
本家のツユクサと比べると少し花のシベが似ているかな?
高幡不動201408-14

ヤマホトトギス、ユリ科。
高幡不動201408-5ヤマホトトギス
花弁が反り返っていることと、花のつき方の違いなどでヤマジノホトトギスと見分ける。
たぶん、これはヤマホトトギス。
 
ヌスビトハギ(盗人萩)、マメ科。
高幡不動201408-6
実の形が盗人の足跡の形に似ているからついた名前だけど、ちょっと写りが悪いのでまた再挑戦(汗)

ヒオウギの蜜を吸うアゲハチョウ。
高幡不動201408-8
このチョウはまだハネがきれい。時々ハネがボロボロのチョウもいるからね。
高幡不動201408-7

一息ついて水を飲んだ後の空之介。
高幡不動201408-12
しつこく名前を読んでカメラを近づけたら、なんだよ〜ぉぉって感じで寄ってきた。
高幡不動201408-13
空之助と散歩すると楽しいんだけど、しっかり写真が撮れない(汗)。

この記事で空之助が入っていない写真は、全部土曜日にいつものように1人で散歩した時に撮ったもの。

今週の高幡不動Vol.328
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 
 

今週の高幡不動(8/9)台風接近でちょっと涼しい境内

台風が四国沖に接近している土曜日の高幡不動尊。

2週続けて猛暑だった週末が 台風のおかげ(?)で18日間続いた真夏日(30℃)越えも一段落、
最高気温が28℃(八王子)の週末になった。
 
高幡不動201408-1
猛暑から解放されて少し涼しさも感じる境内には参拝者が復活。

この日は猛暑が続いて散歩に連れて行くことができなかった空之介を連れてきた。
高幡不動201408-10
空之介と散歩するときは、両手がふさがる一眼レフカメラだと写真が録り辛いので、
今日は片手で簡単に撮ることができるコンパクトデジカメ(LX3)を持って散歩。

六地蔵さんにもご挨拶。お久しぶりです。
高幡不動201408-2
最近の空之介はカメラを向けるとなかなかこちらを向かない・・・(汗)

Facebookでは寝顔を中心に登場していた空之介だけど、ブログではお正月のスキー以来の登場かな。
高幡不動201408-6
2011年12月14日生まれなので、いま2歳半ちょっと。
この半年ですっかり大人の犬になってしまった。横顔を見ると特に感じる。
高幡不動201408-8
我が家としては小さなティーカップ・プードルが希望だったんだけど、獣医さんによるとトイ・プードルとしては
標準的か若干大きめとのこと(笑)
まあ、元気に育ってくれているんだからいいんだけどね。

先週は咲いていなかったキツネノカミソリ(狐の剃刀)、ヒガンバナ科が咲き始めた。
高幡不動201408-3
この花は晩夏のイメージ。高幡不動尊でこの花を見ると少しだけ季節が秋に向かい始めたような気がする。
でもまた暑い日が来るんだろうけど。

フユサンゴ(冬珊瑚)、ナス科。これから冬にかけて、いろいろ色の実をたくさんつける。
その実をサンゴに見立てた名前。
高幡不動201408-5
すでに緑、黄、橙の実をつけているが、実は緑→黄→橙の順で色が変わる。
高幡不動201408-4
花はナス科らしい花だ。

台風の影響で朝はかなり強い雨が降った。
高幡不動201408-7
酷暑が続いていた中、久しぶりのお湿りに木々が少し元気付いたかも(笑)

土方さんともご対面したからそろそろ帰ろうか。
高幡不動201408-9
以前は自分の行きたい方向にリードを引っ張って歩いていたけど、大人になったためか、
ちゃんと並行して歩いてくれるようになってきた。
途中の公園で水飲み休憩。そんなに水は飲まず、だいたい一口か二口だけ。
高幡不動201408-11
トイプードルは毛が抜けないこともあって、空之介とは毎晩、親子(犬)で川の字になって寝ている。

夏は暑いからか、丸まらずに腹を出して横たわる感じで寝るんだけど、生意気にも枕に頭をのせて寝る。
たまに夜中に枕が狭いなぁと感じて目を覚ますと、空之介が枕を占領していたりするところがまたカワイイ(笑)

 
今週の高幡不動Vol.325
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

ペットOKのペンションに泊まって白樺湖正月スキー 

毎年正月はどこかにスキーに行く我が家。
2014年の正月は家族に1匹(空之介)が加わったため、ペットOKのペンションを探した。ペット連れはもちろんのこと、家族でペンションに泊まるのも初めての我が家。

泊まったのは白樺湖から車で(雪道で)10分ほどのところにある、ペンション、ラ・フォンテーヌ・アルジャンテ。
白樺湖201401-2
小さい(全9室)けどオシャレな外観。道路から見えるのですごくわかりやすい。
ペンションらしい玄関。
白樺湖201401-1
夏はテラスでのんびりできるのだろうが、真冬は雪と寒さでそれどころではないね。
白樺湖201401-3
煙突が見えるがダイニングに暖炉がある。

犬連れでの泊り旅は11月以来。でも11月は本栖湖キャンプ場だったので、ちゃんとした宿泊施設は初めて。初めての場所で空之介はどうするんだろうかとちょっと心配した。
白樺湖201401-15
でも、空之介は平気、すぐに慣れてソファーでくつろぐ。心配することはなかったね・・・
部屋のドアの前を誰かが歩くとウナったり吠えたりはしたけどね

1月2日はエコーバレーでスキー。
白樺湖201401-6
頂上付近は風が強くて地吹雪状態(?)、行きたくない・・・
白樺湖201401-4
リフトの山頂降り場。寒そう、このままリフトで下りたい気分だけど、そんなことしたら下りにすれ違う人に顔をミられて恥ずかしいから絶対やらない(笑)
白樺湖201401-5
寒かったけど、雪質はすごく良かった。

エコーバレーのゲレンデは下の初心者中心のゲレンデと上の中級者中心のゲレンデに分かれているので、それを行き来するための林間コース。
白樺湖201401-7
蓼科山に夕陽があたってきれいに見えた。 

この日エコーバレーを選んだのは娘がこの雪マジ19が全日使えるゲレンデだったから。
白樺湖201401-13
この雪マジ19は19歳だけを対象に全国170ヶ所以上のゲレンデでリフト代が無料になる企画。スキー・スノーボード人口を増やすため観光庁後援で2011年から実施されている。
1家4人分のリフト代ってバカにならない金額になるから、1人でも無料になるのはすごく助かる。

でも、翌日1月3日は車中のゲージに空之介を置いてスキーをするため、毎年行っていて駐車場などの勝手(日当たり)がわかっている白樺2in1スキー場を選択。
白樺湖201401-16
ゲレンデにも近くて日当たりもいい駐車場。実際、この日は暖かく車の中の空之介はのんびり寝ていた。
 
白樺湖201401-12
行き慣れたゲレンデは落ち着く。コースはすぐ飽きるけど、ここも雪質が良くて気持ち良く滑ることができた。
白樺湖201401-8
 山頂からの景色。上は八ヶ岳方面、下は南アルプス方面。
白樺湖201401-10
昨日に続いて、この日も天気は良くて北アルプスまできれいに見えた。
白樺湖201401-9
エコーバレーより蓼科山が近くに見える。
白樺湖201401-11

いろいろペンションを探したが、最近のペンションってツインかトリプルの部屋がメインで4人家族にはちょっと不便。このペンションでも3ベットルームなのでソファーをエクストラベットにしたためちょっと狭め。
白樺湖201401-17
移動用のゲージをテーブルにして飲んでいると、「おいおいボクのお家に何すんだよ!」って感じで抗議する空之介(笑)。
 白樺湖201401-14
オーナー夫婦は明るくて犬好き、当たり前か(笑)
宿泊者がすべて犬連れの日は廊下やラウンジに犬を出してもOKで、ラウンジではセルフでいつでもコーヒーや紅茶が飲めるのがよかったかな。でも飼い主(私)が犬連れに慣れていないためあまり部屋の外で遊ばなかったけどね(笑)

犬連れ旅行の経験値を1ポイント追加

(撮影 2014年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(1/4)初詣

あけましておめでとうございます。というのもちょっと・・・すでに1月も9日が経過しているけど高幡不動尊への初詣の様子。

毎年我が家の初詣は2日か3日。でも今年は正月三が日にスキーに出かけたため4日になった。
高幡不動201401-1
 さすがにもうこの参道に列ができることはないようだ。
高幡不動201401-2
この「謹賀新年」はすでに大晦日から飾られていて写真を撮った。それが元旦の記事(笑)
高幡不動201401-3
境内はまだ人が多いね。
高幡不動201401-4
普段は不動堂の階段をあがってお参りするけど、そこはまだ行列ができているので上がらずに白い賽銭箱前でお参り。
高幡不動201401-12
厄除けのほのほうちわに書かれている今後の行事予定、1月28日が初不動、2月3日は節分会。

毎年ここは人が多くて歩きづらいんだけど、これぐらいならば歩きやすい。
高幡不動201401-5

 今年は初めて空之介と一緒に初詣。
高幡不動201401-6
たぶんこれから毎年初詣には一緒に行くことになるだろうね。

露店の配置が同じで毎年ほとんど変わらない眺め。でも人が少なめ、やっぱり4日だ。
高幡不動201401-7
ここの露店も変わらない、配置も同じで光景だ(笑) 
高幡不動201401-10
 
今年の新作の絵馬。
高幡不動201401-9
今年は甲午(きのえうま)。60ある干支の組み合わせの31番目で前回は1954年。まだ生まれていない(汗)。
高幡不動201401-8
今年はどんな年になるんでしょうか。
高幡不動201401-11
年末から調子が悪かったハードディスクが正月早々だめになり写真の整理ができない状況に
バックアップはとっていたので失った写真はないものの、写真を管理しているPhotoshopElementsを元通りに使えるようにするのがすごく時間がかかって・・・
たくさん写真が登録されていても、それほど昔の写真を探したりしないのでいままでの管理の方法を変えてみる1年にしたいと思います。これが今年の抱負かな(笑)

 今週の高幡不動Vol.297
(撮影 2014年1月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動(12/28)終い不動

今年最後の週末、冬らしい乾燥した青空が広がった高幡不動尊。
高幡不動201312-1

不動堂はすっかりお正月仕様になっている。
高幡不動201312-2
不動堂は準備完了のようだが、境内のあちらこちらでまだお正月の準備をする様子が・・・
高幡不動201312-4
お参りの人の間で脚立をたてて作業中。
高幡不動201312-13

あちらこちらでペンキの匂い。
高幡不動201312-11
弁天橋もお色直し。
高幡不動201312-14

この冬一番の冷え込みとなり、お線香を焚く香炉でついつい暖をとってしまう。
高幡不動201312-3
大日堂前にある御佛足石にたまった水が完全に凍っている。
高幡不動201312-9
写真ではわかり辛いけど、1円玉は氷の中。
高幡不動201312-10
昔、夏になると駅のコンコースに指輪や花などいろいろなモノが入った氷柱が置かれていたのを思い出した。
子どもの頃は指でこすって溶かしたよね。
高幡不動201312-17
凍った水たまりに逆さ五重塔(笑)

毎月28日はお不動さんの日で市が立つ。12月28日は1年最後のお不動さんの日、終い不動。
 高幡不動201312-5
この市の特徴は年齢層が高いこと(汗)
高幡不動201312-15
だから売っているモノも漬け物、干物、野菜類が多い。
高幡不動201312-8
この干し柿は美味しそうだった。
高幡不動201312-7
この銀杏は高幡不動尊のイチョウから落ちたものなんだね。
高幡不動201312-6
 
 この時期は花が少ない。
高幡不動201312-12
山茶花、椿の独壇場(笑)
 
高幡不動201312-16
年が明けて最初のお不動さんの日(1月28日)は初不動でだるま市となる。

今年1年もお忙しい中、つたないブログを見ていただいてありがとうございました。
また来年もこんな感じでやっていきますので、よろしくお願いします。 
空之介
皆様、よいお年をお迎えください。

 今週の高幡不動Vol.296
(撮影 2013年12月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

富士五湖の紅葉 2013年11月

来週の水曜日はもう新年という年も押し迫ってきたこの時期、いまさら感満載の紅葉写真。
11月に行った本栖湖キャンプの時に撮った紅葉の写真をずっと出しそびれていた・・・

そんなとき、いつもブログでお世話になっているbabathegiantさんが開催してくれた、つながり企画「2013年、後出し写真」。この企画のシバリは「今年撮って出しそびれた写真で書いた記事」のみ、ということで、この企画に参加して出しそびれた紅葉の写真をアップ。

まずは朝霧高原から道の駅「なるさわ」に向かうために通った県道71号富士宮鳴沢線の紅葉。
富士五湖の紅葉2013-5
11月初旬でまだ少し早いかと思っていたら、もうしっかり紅葉していた。
富士五湖の紅葉2013-6
真っ赤なモミジが並んでいる紅葉もいいけど、ここのように種種雑多な木々が色付いている紅葉もまたいい。

この道の途中には本栖湖を眺めることができる見晴らし台がある。
富士五湖の紅葉2013-4
天気がいまひとつで本栖湖が霞んでしまっているのが少し残念。
 
道の駅「なるさわ」そばの鳴沢村村民スポーツ広場から見た富士山。
富士五湖の紅葉2013-7
富岳風穴あたりの青木ヶ原樹海の紅葉。
富士五湖の紅葉2013-16

これは河口湖畔から見た富士山。
富士五湖の紅葉2013-8
河口湖畔を走ればどこかで富士山が撮れるだろうと思っていたら、結構いいポイントが見つかった。

この日は2013富士河口湖紅葉まつりの開催2日目、かなりの人出だった。
富士五湖の紅葉2013-11

河口湖大橋を渡らず湖畔の道路を富士吉田に向かう途中。渋滞の中で撮った写真。
富士五湖の紅葉2013-10
遠くに少し見えるのが河口湖大橋。 
渋滞の中ですごくきれいに色付いたモミジを見つけた。
富士五湖の紅葉2013-9
手前のさびたコンテナがすごく残念。 
 
富士五湖の紅葉2013-12
本栖湖駐車場周辺の木々の色付き。
富士五湖の紅葉2013-13
白樺の紅葉かと思ったら幹にからみついたツタだった。
富士五湖の紅葉2013-14

本栖湖キャンプは空之介にとって初めての遠出。
富士五湖の紅葉2013-3
空之介と走る。
富士五湖の紅葉2013-1
ふかふかの落ち葉の上で走るのは気持ちいいのかな。
富士五湖の紅葉2013-2
 駐車場からみた富士山。天気が今ひとつだね・・・
富士五湖の紅葉2013-15
つながり企画「2013年、後出し写真」のおかげで、紅葉の写真を年内にアップすることができてよかった、ありがとうございます

 (撮影 2013年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

晩秋の本栖湖キャンプ場(2013年11月)

11月最初の週末に久しぶりの本栖湖キャンプ場。
本栖湖キャンプ場201311-13
前回の本栖湖キャンプはいつだったのか、まったく覚えていないぐらい前。調べて見たら前回は2010年5月、3年半ぶり。

今回は初めてのワンワンキャンプ。空之介が一緒。
本栖湖キャンプ場201311-3
「そら、ハウス!」というと、普段ゲージの中にあるこの茶色のハウスの中に自分で入る。放っておくとまた出てくるけどね(笑)
そらハウス
夜はリードを外してテントの中で自由にさせたら、夜中に突然、顔をペロペロ
舐めてきたり、シュラフの横にゴソゴソ寄り添ってきたり、なかなか楽しかった。
そらテント

上は管理棟、ここで受付。4人家族が1泊してわずか3500円。
本栖湖キャンプ場201311-11
下が売店、アイスクリーム、お菓子、調味料のほかに炊事用の細めの薪と焚き火用の太めの薪なんかも売っている。
本栖湖キャンプ場201311-12
営業期間は4月1日から11月30日。売店の奥に有料温水シャワーなどがあるみたいだけど、我が家は1度も使ったことがない。

松林が広がるテントサイトは区画なしの自由サイト。真ん中の奥に見えるのがトイレ。このトイレは設備は少し古い(もちろん水洗)けど、いつもきれいに清掃されているのがありがたい。
本栖湖キャンプ場201311-8
3年半ぶりに訪れたがまったく変わらない。特に何もないサイトなので変わりようがないのかも(笑)。
変わったといえば、本栖湖キャンプ場にちゃんとしたホームページが出来たことかな。

区画なしのフリーサイトとはいうものの、自然のままだけあって傾斜はあるし木の根や石もあってテントが張れる場所、車が入れる場所は限られる。
そんな中でここはシーズン中はいつも誰かが張っていてなかなかとれない、トイレと洗い場の間にあるベストなポジション。 
本栖湖キャンプ場201311-1
 久しぶりにテントとタープの連結。連結部分は緩いけど、タープの中で鍋をしていると暑いぐらいになるし、朝もテントの前にタープがあるから、そこでコンロでお湯でも沸かせばすぐに暖かくなる。
本栖湖キャンプ場201311-2
写真を見ればわかるが11月ともなるとガラガラ。金曜日の夜中に到着した時は、この広い松林に我が家だけ。
夜
一番上写真のキャンプ場の看板のあたりには大きな鹿が2頭座っていたり、遠くて何かの遠吠えが聞こえたりでちょっと不気味だった。

本栖湖キャンプ場201311-9
これ全部我が家のモノ。テントやシュラフを干す場所も回りにまったく遠慮することなく使い放題!
パノラマ
上はiPhoneで撮ったキャンプサイト周辺のパノラマ写真。

朝の冷え込みはそれなりに寒かったが、我が家の装備でもまだまだ大丈夫な感じ。
新登場のカセットコンロをつかったストーブ。あまり使う必要がなかった。
カセットコンロ
空之介が地面を走り回って足の裏が汚れるのを避けるため、今回初めてタープの中にシートやマットをひいて靴を脱いであがるようにしたが、なかなかいい感じだった。

鍋
寒いキャンプ場の夜は鍋がメイン。そして翌朝はそれをおじやにして食べる。

これは猛烈に嫌がる空之介についた、くっつき虫(たぶんセンダングサの種)を2人で押えながら取っているところ。決してイジメではない(笑)
そら
トリミングに出すタイミングがなく、毛むくじゃらだったので、たくさんくっつき虫がついた。もう草なんて枯れてほとんどないんだけど、種を運んでもらうための仕組みはしっかり生きている。
飼ってよくわかったが、トイプードルは毛がほとんど抜けないかわりに、どんどん伸びて毛むくじゃらになる。夏に何度か私がバリカンで刈ったが見事にトラ刈りの空之助になった。やはりトリミングが必須。

キャンプ場を出て本栖湖湖畔に入るところにある大きな無料駐車場へ。これは11月2日(土)昼頃の様子。
本栖湖キャンプ場201311-4
天気が良ければ正面に富士山が写るはずなのに・・・

同じ位置から反対側、下部温泉に向かうトンネルの方向。時々薄日が差すのに、富士山の前の雲はとれない。
本栖湖キャンプ場201311-7
落ち葉のジュウタンが広がる場所、なぜかこの時期にアジサイが。
本栖湖キャンプ場201311-6
駐車場にある有料公衆トイレの屋根、年季が入ってきている。
本栖湖キャンプ場201311-5
この日はこのあと、道の駅「朝霧高原」とあさぎりフードパークでお昼を食べたあと、日帰り温泉「富士眺望の湯ゆらり」に行ったが、それはまた別に。

そして下は翌日3日(日)の昼頃。この日は曇り空ながら富士山の姿が見えた。
本栖湖キャンプ場201311-14
 この山頂の笠雲は、河口湖で富士山を撮った時に留まったまま・・・
本栖湖キャンプ場201311-15
いつもここで写真を撮ると思うのが、電柱・電線が邪魔。でもちゃんと富士山を見ることができてよかった。

久しぶりの本栖湖キャンプ場の記事でちょっと長くなってしまった(汗)

(撮影 2013年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

 

昭和記念公園(2013年10月)イエロー系コスモス

10月の昭和記念公園のメインはコスモス。
コスモスは花の丘、みんなの原っぱ東花畑、みんなの原っぱ西花畑の3ヶ所で育てられてるが、その3ヶ所が同時に見頃を向かえている。

晴天となった3連休中日、立川口の入口に行列が出来ていた。
昭和記念公園201310-1
年間パスポートで昭和記念公園に来るようになって2年目になるが、ここで行列に並ぶのは記憶がない。
できるだけ人が多くない日を選んで訪れているからかもしれないけど(笑)

昭和記念公園201310-2
今回はイエロー系のサンセットイエローとイエローキャンパスが育てられている原っぱ東花畑の様子。
  昭和記念公園201310-4
まだ少し気温は高いが風は爽やか。
昭和記念公園201310-11

昭和記念公園201310-9
爽やかな風は悪くないが、花の写真を撮るときは止んでほしい。

これがサンセットイエロー。気温が低くなると黄色が濃くなるそうだ。
昭和記念公園201310-5

これがイエローキャンパス。淡い黄色が酸っぱい感じ(笑)。
昭和記念公園201310-7

眩しいぐらい天気が良い。
昭和記念公園201310-10

アオスジアゲハ、久しぶりに見た。
昭和記念公園201310-3
このみんなの原っぱ東花畑のイエロー系コスモスは約40万本なんだそうだ。
昭和記念公園201310-6
 さきに咲き始めていた花の丘や西花畑のコスモスは9月の台風の風で倒されたが、この東花畑はまだ未開花だったので倒されることはなかった。
昭和記念公園201310-8
いま強い台風(26号)が近づいているけど、大丈夫だろうか・・・

この日の夜、家の玄関前で久しぶりにバーベキュー。後ろでイスに座っているのは空之介。
岩塩
今回も岩塩プレートを使った。この岩塩プレートには牛タンが良くあう。うっすら塩味がつくのであとはレモン汁をたらすだけでOK。
カルビの場合は網焼きと違って脂が落ちない分だけ少し脂っぽくなる。
 油揚げ
今回はじめて油揚げを焼いてしょう油で食べたがあっさりしてなかなか良かった。

 昭和記念公園(Vol.97)
(撮影 2013年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

玄関先でバーベキュー 岩塩プレートを使う

スーパーで、皮とヒゲがついたままのトウモロコシがどっさり売られているのを見かけるようになると夏のバーベキューシーズン到来。その姿を見ると無性にバーベキューがやりたくなり、週末の昼に玄関先でバーベキュー。
バーベキュー201306-6
もちろんトウモロコシだけっていうわけにはいかないよね。

今年は我が家の愛犬「空之介(通称はソラ)」も参加。
バーベキュー201306-3
アウトドアチェアーを1つ専有。当然このままじっとしているわけはなく、ウロウロするので、食材や熱い網などの置く場所に気をつかう。
バーベキュー201306-4

まずは焼きトウモロコシで腹を落ち着かせる。
バーベキュー201306-7
大きめの手羽元はなかなか焼けない。下手すると中が生で回りだけ焦げる(汗)

今回の目玉はこの岩塩プレートを使うこと。黄緑色のモノは保管用ケース。
バーベキュー201306-2
LOGOSのホームページにはヒマラヤ産の天然岩塩と書いてあった。

焼き方は至ってシンプル。網の上に置いて食材をのせるだけ。まあこれしかないよね(笑)
バーベキュー201306-8
大きさは5インチスマホより少し大きい程度。一度にたくさんの肉は焼けない。

網で直に焼くよりは少し時間がかかるが、なかなかいい感じで焼けた。
バーベキュー201306-9
岩塩から天然のミネラルが溶け出し、お肉の余分な脂を岩塩が吸収すると書いてあったように食べてみると、かなりしっかりと塩味がついている。
今回はカルビを焼いたけど、これは牛タン(当然、タン塩になる)が最適かも。

LOGOS岩塩プレート
LOGOSのサイトから>

バーベキュー201306-10
〆は毎度のことだけど焼きおにぎり。おにぎりをこの岩塩プレートの上で焼いたらどうなるのかやってみたい。

バーベキュー201306-5
自分の食べるモノがないのでバーベキューコンロには興味なしか・・・

この岩塩プレートの後始末は簡単で、冷えるのを待って水洗いすれば元通りになる。
サイズがちょっと小さいので、もう1枚あったほうがいいかも(笑)

(撮影 2013年6月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(05/06)ゴールンウェーク後半の様子

ゴールデンウィーク後半の高幡不動尊の様子。

この写真は5月4日の様子。ゴールデンウィーク後半は3日から6日までずっと天気が良く、毎日ほとんど変わらない様子だった。
高幡不動201305-10

コデマリ(小手毬)、バラ科。小さな手毬のような花を咲かせることが名前の由来。
高幡不動201305-8
では、こちらは大きな手毬なのか(笑)、オオデマリ(大手毬)、スイカズラ科。
高幡不動201305-15
大きな手毬というより、白いアジサイ(=アナベル)のソックリさん。

ちょっと調べて見ると、アジサイとそっくりのオオデマリはマツムシソウ目スイカズラ科。それほどアジサイとは似ていないコデマリはバラ目バラ科。
そして張本人のアジサイはバラ目アジサイ科。これって他人のそら似か(笑)


五重塔回りのツツジがあまり咲いていない。もっとたくさん咲くはずなんだけど。
高幡不動201305-7

弁天池のボタン(牡丹)、ボタン科。
高幡不動201305-6
正面から見た方が花はきれいなんだけど、五重塔が入らないからこちらから(汗)

こちらは上の牡丹の側、おみくじの間からチューリップが1輪。
高幡不動201305-5
なぜここでチューリップが咲いているんだろう・・・

アメリカロウバイ、ロウバイ科。別名クロバナロウバイ。
高幡不動201305-9
名前の通り、北アメリカ原産。そしてロウバイの名前の通り香りもいい。

高幡不動尊山内でこの時期によく見かける白い花はミズキ(水木)、ミズキ科。
高幡不動201305-11
ミズキと言えば、ハナミズキやトサミズキ、ヒュウガミズキなど春の咲く花が多く高幡不動尊でも見ることができる。ただしトサミズキ(土佐水木)とヒュウガミズキ(日向水木)はマンサク科で名前は似ているが花は似ていない。

ここから下はちょっと地味な春の花。
名前がわからずいろいろ調べたんだけど間違えていたらご指摘ください(汗)。
高幡不動201305-4
キランソウ、シソ科。小さからなかなか気が付かないがよく見るとかなりたくさん咲いている。

これは、昭和記念公園でもみたような気がする、ミツバツチグリ、バラ科。
高幡不動201305-1
シダからちょこっと顔を出している咲いているこの花はヤブタビラコ、キク科。
高幡不動201305-3
これは、オニタビラコ、キク科。上も下も花が小さくて写真が撮りづらい。
高幡不動201305-2

ほとんどどこにも行かないゴールデンウィークで時間があったので、初めてソラ(空之介)を散歩で高幡不動尊に連れて行った。
高幡不動201305-14
六地蔵さんの前。六地蔵さんにはまったく興味なし(笑)
高幡不動201305-12
五重塔横、なんだか遠いところを見ている。
高幡不動201305-13
涼しい目をして遠くを見つめながら、何を考えているのだろうか。

ソラも来月で1歳半。人間では20歳ぐらいになるので、そろそろいろいろと考え始めたかな(笑)

今週の高幡不動Vol.264
(撮影 2013年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

空之介 1歳の誕生日

12月14日は我が家のそら(本名:空之介)の誕生日。申し訳ないですが今回は親バカ全開の記事です。

ボクは1歳になりました、普段とちがってちょっと緊張した顔。そんなわけないか
空之介1歳20121214-12
一度買ってみようと思っていたワンちゃん用ケーキ。ちょっと舐めたら思ったより甘みがあって美味しかった。
空之介1歳20121214-13
そらにはちょっと量が多いので、写真を撮ったあと1/3にカット。

こんな美味しいおやつを食べると、普段のご飯(エサ)を食べなくなるのでは?という心配は無用。普段からそらはご飯をあまり食べない

朝と夕方の2回。ご飯の時間になると、ソワソワしはじめて、リビングをうろうろ。そのタイミングで「ご飯?」と言うと、それはもう大騒ぎ。ワンワン吠えて走り回る。

そうか、そんなにお腹がすいたのかと思って、ご飯をあげると、匂いをかいで2,3口食べると終了
あとは、あの手この手で食べるように仕向けて、やっと食べる。それでも残すことも多い。指定された量をあげているんだけどね。

お腹がすいたら食べるだろうと、ゲージに朝のご飯を入れたまま外出しても、だいたいはそのまま残してある。そらは1日1食でいいタイプなのかなぁ・・・。

この白い人形が最近のそらのお気に入り。でも、そのうち噛んでだめにしてしまうんだよね。
空之介1歳20121214-9
気に行ったものはすぐに咥えて持って行く。ハガキだと端を噛んで食べてしまうので早く取りあげないと。
空之介1歳20121214-8
我が家のかわいいヤンチャ坊主。ヤンチャ坊主だけど、強い口調で怒ると「あ、ヤバイ」という顔をして、しっぽを丸めてこそこそと逃げていく。
空之介1歳20121214-7
この姿、人間が被せることもあるけど、勝手にフードをかぶってしまうことが多い。自分でかぶったくせに回りがよく見えなくなって、困っている姿がまたかわいい。

この服を着せたのは、トリミングから帰ってきた姿(下写真)があまりの寒そうだったので。
空之介1歳20121214-16
毛がふさふさしているとわからないけど、かなり痩せて見える。体重はいま4Kg弱かな。
特に手足が長く予防接種をお願いしているお医者さんがトイプードルとは言えない大きさ(背丈)になりつつあるとのこと。

ということで、服を着せちゃいました。暖かいかな?
空之介1歳20121214-17
正直な話、以前はワンちゃんに服を着せて散歩しているのを見ると、イヌに服を着せるのか?って半分笑っていた。もうこのかわいい姿を見たら、やっぱり服は必要だよねっていうことに。親バカです

夜遅くになると眠たくなって、こういう格好させるとそのままウトウト寝てしまう。
空之介1歳20121214-18
寝始めに手足をピクピクさせるところまで赤ちゃんのよう。こういう姿を見て、いまだに毎日、「かわいい、かわいい」と言っている。

ソファーに寝転がっていると、たまにそらがお腹の上に乗って来て寝始める。その姿がかわいくて動けない・・・とか言う親バカ一家。とにかく何をしてもかわいい。

ちょっと大きいかなぁと思ったゲージもちょうどいいぐらい。ここまで大きくなりました。
空之介1歳20121214-10
小さめのトイプードルが飼いたかったんだけど、大きめのトイプードルに育った。まあ元気に育ってくれるのが一番だからいいんだけど。

これが我が家にそらが来た日、2012年2月24日の姿。
空之介1歳20121214-1
まだすご〜く小さかった。「お父さん気をつけて座らないと、そらがつぶされる」なんて言っていた。ちなみに今は上に座ろうとしても、機敏に逃げていく。
空之介1歳20121214-2
ブリーダーさんのところから連れてきた最初の頃は、兄弟から離れたさみしさで夜になると泣くことが多いと聞いていたが・・・
空之介1歳20121214-3
そらは最初の夜から腹出してコロっと寝ていた。そのまま朝までぐっすり、夜に泣くことはその後もまったくなかった。なんていうヤツだ

これはトイレ練習中の様子。なんだか懐かしい。
空之介1歳20121214-4
最初はいろいろなところでやらかしていたけど最近はほぼ大丈夫。
散歩に連れて行かなくても、トレイはすべてここでOK。違うところにやらかすのは月に2,3回かな(笑)

初めての外出は4月のお花見だった。
空之介1歳20121214-5
すごい毛むくじゃらだったなぁ。この姿ならば暖かそうなので服を着せる考えは浮かばないよね。

トイプードルはこれだけ毛むくじゃらなのに、毛が落ちることがないのがすごいところ。そらの抜け毛は見たことがない。 
ネコなんかに触るとすぐに鼻がグシュグシュする息子も全然平気。

ただ、毛が抜けないがゆえに定期的にトリミングが必要になる。ちゃんと手入れしないと毛玉だらけになってしまう。実はこれが結構大変(汗)。

そらの小さいころからのクセは「そら」と呼ぶと首をかしげること。
空之介1歳20121214-15
いまでもまったく同じ。呼ぶと首をかしげる。
その仕草がかわいくて、いまでも名前を呼びまくるが、人間のように「いいかげんシツコイ」といって怒らないのがかわいいところ。

あまりのむさ苦しさにトリミングに出したら別人(別犬)になって帰って来た。
空之介1歳20121214-6
これは「誰?誰?誰?」
初めてのトリミングでショップから出て来たこの姿はすごく衝撃的。ヤンチャ坊主が、いきなりどこかのお坊ちゃまになった感じ。

下はまだブリーダーさんのところにいた時のそら。たぶん生後1ヶ月ぐらい。
空之介1歳20121214-14
それが1年でこんなに大きくなった。顔もかわいい。これからもよろしくワン
空之介1歳20121214-11
高校受験と大学受験のダブルで受験生がいる我が家にとって、今年そらが家族になった効果はものすごく大きい。受験間近だというのに昨年の今頃よりも家の中の雰囲気がとても良い
それはたぶんそらがいてくれるお陰。ちょこまかと家族の間を走り回って空気を和ませてくれている。何か嫌なことがあっても、そらと遊んでいるとすべて忘れさせてくれる感じ。


このブログは2007年12月5日から始めたので、いつの間にか6年目に突入していました。
我が家の「そら」同様、これからもよろしくお願いします。

(撮影 2012年1〜12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(07/29)暑い週末

1週間前は涼しくて過しやすかったが、この週末は高幡不動尊に酷暑が戻ってきた。ということで安易なタイトル、暑い週末(汗)
高幡不動201207-1
暑くて参拝の人も少なめかな。
高幡不動201207-8
前日(28日)は仕事で来ることができなかったが、毎月市が立つお不動さんの日だったので、きっとここには露店が何軒か並んでいたと思うが、この日はまったく並んでいない。普段ならば2,3軒は残っているんだけど。
高幡不動201207-3
日中はあまりに暑すぎる。散歩も夕方の方がいい。

大日堂の前でひっそりと咲く、オニユリ(鬼百合)。花の形や色が赤鬼を連想させるからついた名前。
高幡不動201207-2
茎に珠芽(むかご)と呼ばれる黒い養分をためるかたまりがないと鬼百合ではなくて小鬼百合。

弁天池ではハスが見頃になってきている。
高幡不動201207-5
ハスの花には仏様のイメージがあるので背景の朱塗りの橋が似合う。
高幡不動201207-6
これくらいの頃の方が花びらが重なっていて色が濃く見える。
高幡不動201207-7
これがハスの実。蓮(ハス)は蜂巣(ハチス)の略だといわれるが、このハスの実が蜂の巣に似ているから。
触ってみると蜂の巣とは違って表面はしっかりした固い感じ。でも中はパサパサしたスポンジ状のようだ。

この日は夕方に涼しい風が吹いてきたので駐車場でちょこっとバーベキュー。
20120729-1
「そら」がうれしそうな顔をしてイスに座ってるけど、彼の食べるものはない。
なすを焼いて焦げた皮を剥いて(中身を)しょう油につけて食べる。この時期はなすが美味しいが、すごく地味な写真。
20120729-2
焼きおにぎり。今回はちびたが手伝ってくれた。
20120729-3
肉は食べるのが忙しくて撮り忘れた

今週の高幡不動Vol.225
(撮影 2012年7月29日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(07/22)涼しい週末

真夏日、猛暑日のあと、急に涼しくなった週末。でも天気がいまいち・・・

高幡不動尊弁天池のハスが咲いた。
高幡不動尊20120722-10
仏像の台座がハスをかたどっていたり、ハスは仏様と縁が深くいろいろなところで見かけるが、よく見ると大師堂にもハスの花が。
高幡不動尊20120722-7

同じく弁天池で咲いているヒオウギスイセン(檜扇水仙)、アヤメ科。
高幡不動尊20120722-9
モントブレチアやクロコスミアなどとも呼ばれ、この時期は水に近いところを中心に色々な所でこの鮮やかなオレンジ色の花を見かける。

鐘楼近くで咲いていたヤマユリ。背景の鐘楼が木々であまり見えず絵にならないのがちょっとさみしい。
高幡不動尊20120722-2
このヤマユリは山を上る道に大きくはみ出て咲いている。
高幡不動尊20120722-3
誰も邪魔にしたりしないのが高幡不動尊の山内らしい。

たくさんのヤブミョウガ、ツユクサ科。夏の地味な花。
高幡不動尊20120722-4

ヒヨドリバナ、キク科。秋の七草のフジバカマに似ている。
高幡不動尊20120722-5

ヤマホトトギス、ユリ科。弁天池まわりで初秋の頃に咲くタイワンホトトギスより地味。
高幡不動尊20120722-6
同じユリ科のヤマユリを背景にしたヤマホトトギスって珍しいかも。
高幡不動尊20120722-8

特に行事がない週末だったけど、涼しくて参拝しやすい週末になった。
高幡不動尊20120722-1

<閑話休題>
今年初めて(?)アウトドアブログらしい内容。

突然ブログをやめてFaceBookに移行した某方にいただいたトウモロコシ。週末に炭火で焼くために3本だけ冷蔵庫に入れて保存しておいた。
以前ブログで教えてもらったように、最初は皮付きで焼く。
高幡不動尊20120722-11
私もこの週末は仕事だったりして家族と予定がまったく合わず、結局他の家族が全員お出かけの時にやることになった。いままでは一人でこういうことをやるのはなんだかさみしくて嫌だったけど、今はそらがいる
皮が焼け焦げてきたら皮を剝く。軍手をしていてもかなり熱い。
高幡不動尊20120722-12
そらは単に回りをウロウロしているだけだけど、それでも一人じゃない感がする。
名前を呼ぶとこうしてちゃんと振り向くしね
高幡不動尊20120722-13
ハケでしょう油を塗ってこんがり焼けたトウモロコシには冷たいビールが一番。ありがとうございました、とっても美味しかったです。
高幡不動尊20120722-14
最後はなんだかビールの宣伝みたいになった(汗)

今週の高幡不動Vol.224
(撮影 2012年7月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

我が家の「そら」と多摩川河川敷で花見

我が家のそら201204-1
我が家の「そら」、本名は空之介(ソラノスケ)、昨年の12月14日生まれで生後4ヶ月になるトイ・プードルの男の子、すごいやんちゃ坊主。ブログできちんと紹介するのは初めてかも。

いままで予防接種以外では、ほとんど家から出したことがなく、初めての外出として多摩川河川敷の花見に連れて行くことにした。

外に出しても急な回りの変化にキョロキョロするだけで自分から動くことはせず。抱っこして行くにはちょっと距離があるため、ソフトキャリーに入れて自転車で連れて行くことにした。
我が家のそら201204-4
窮屈でかわいそうだったので、前足を出して乗せたら、走っている途中でいきなりカゴから飛び出した。危ないだろ・・・

我が家のそら201204-3
多摩川河川敷に長く続く桜並木。この場所の説明は2010年4月のブログ記事で。
我が家のそら201204-9
多摩川と浅川の合流地点に近い方は車道もなくなってゆっくりできる。
我が家のそら201204-6
今年はここで花見。でも、メインはそらの初外出。
我が家のそら201204-11
隣でお花見していた人がかわいいって言ってくれる。赤ちゃんとご対面。
我が家のそら201204-7

そらは花見よりも回り見。
我が家のそら201204-8
このあと、はじめて親兄弟以外の犬とのご対面もあった。相手も小型犬だったこともあってか、恐がる様子もなくフレンドリーに尻尾を振ってクンクン匂いをかぎあっていた。
いまはまだ首輪にハーネスが大きくて目立つ、体の大きさが大人になったら胸当て式のハーネスを買う予定。
我が家のそら201204-12
すぐにこんな感じで足にまとわりついてくる。家の中でこうやってくると転びそうになったり、「そら」の足を踏んでしまいそうになる。
実際、踏んでしまうこともあり、その時は「キャンキャン」泣きながらも、めげずにまとわりついてくる。
我が家のそら201204-5
こうやってみるとまだ子犬だね。

我が家のそら201204-10
そらと遊んでいると時間がすぐに経ってしまって夕方近くなってしまった。

ブリーダーFlowerAngelさんのところで初めて「そら」を見た時の写真。
我が家のそら201204-13
これがちょうど生後1ヶ月の頃。この3ヶ月で随分大きくなった。小さめのトイ・プードルを探していたんだけど、「そら」は元気に成長、大きくなっている
我が家のそら201204-2
まだブリーダーさんのところに居る頃もやっていたそうだが、いまでも「そら」って呼ぶとこうやって首をかしげることがある。

花や風景とは全然って、犬の写真を撮るのは大変
なかなかブログで紹介できないのも、ちゃんと写真が撮れなかったから。そのうち散歩に連れて出た時の写真も撮りたいなぁ。

(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ