ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

お気に入り写真

土筆の林

土筆
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 東京都日野市
土筆
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 東京都日野市
土筆
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 東京都日野市
土筆
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 東京都日野市

ツクシ(土筆)、トクサ科。正しくはスギナ(杉菜)の胞子茎。

一緒に生えている緑色の細い草みたいなのがスギナで、ツクシとスギナは地下でつながっている。

散歩していて、道端に3,4本のツクシを見かけると、春だなぁ〜と思う。

でも、これだけたくさんのツクシの姿を見ると、なんだかね・・・(笑)

 

原種系チューリップ

原種系チューリップ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 昭和記念公園

原種系チューリップとは、名前の通り野生種に近いチューリップのこと。

わざわざ原種系ということは、それだけチューリップは品種改良がすすんで園芸品種が多いということかな。

これだけアップで撮ると同じ時期に咲くクロッカスと違いがわからない。オシベが違うんだけどね(笑)
 
 

乙女椿

乙女椿
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.03 昭和記念公園
乙女椿
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  昭和記念公園
乙女椿
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.03 昭和記念公園

オトメツバキ(乙女椿)、ツバキ科。学名はCamellia japonica f. otome。

千重咲きで丸い花の姿が乙女を連想させることからついた名前。

特に珍しいわけではなくツバキの園芸品種の中で最も普及している品種だそうです。


河津桜にメジロ

河津桜にメジロ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊
河津桜にメジロ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊
河津桜にメジロ
  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊

高幡不動尊の河津桜に蜜を吸いに来たメジロ。春になると必ず撮りたい光景が今年も撮れた。

下の1枚はしっかりと正面を見たメジロの証明写真のようだね。
  
河津桜にメジロ
  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊

ハイポーズ!


雌しべ

クロッカス
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 昭和記念公園

クロッカスの雌しべ。花びらに影ができていました。


椿落つ

落椿
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.03 東京都日野市

春が近づくにつれ、見かけることが多くなる光景。「落椿」は春の季語。

梅が咲いた、桜が咲いたというニュースが聞かれる時期だけど、ちょっと寂しい感じ。


大犬の陰嚢

オオイヌノフグリ
  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.02 東京都日野市

オオイヌノフグリ、ゴマノハグサ科又はオオバコ科。タイトルをあえて漢字にしてみたけれど結構ひどい名前。

オオイヌノフグリはイヌフグリという花を大きくしたような花だったため付けられた名前。
イヌフグリは実の形が犬のフグリに似ているから付けられた名前だそうだが、オオイヌノフグリの実は全然形が違うらしい。
なんだかそれって濡れ衣のような・・・(笑)

道端や空き地などに咲いていて、小さいけれどそれなりに存在感がある花。
毎年、この花の写真を撮っていると、春が来たんだなぁと感じて幸せな気分になる。


紅白梅

2017_0218_121124_edited-1
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.02  高幡不動尊

紅白の花が並んで咲いているのは高幡不動尊の梅「思いのまま」。

おめでたくもあり、春らしくもあり。

(撮影 2017年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

高幡不動尊 白梅に鳥

高幡不動尊201702
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.02  高幡不動尊

高幡不動尊五重塔前で咲く白梅の蜜を吸いに来たメジロ。
河津桜が咲くとそちらの行ってしまうが、まだ河津桜は1分咲き程度。

高幡不動尊201702
  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.02  高幡不動尊

カメラ目線?

高幡不動尊201702

 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.02  高幡不動尊

メジロだけでなく、いろいろな野鳥を見ることができた。
この鳥はなんだろう?モズ?

高幡不動尊201702
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.02  高幡不動尊
 
これはヒヨドリかな?ちょっと細目のような気もするけど。

(撮影 2017年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 福寿草

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

福寿草(フクジュソウ)、キンポウゲ科。春を告げる花の代表的存在。
幸「福」と長「寿」の草というおめでたい名前の花だけど、茎と根に毒がある毒草なので注意が必要。

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

福寿草は最初は茎が伸びず短い茎に花が咲き、次第に茎が伸びていく。
花が咲いたあとに葉が出て来てくるがそれも夏までで、それ以後は枯れてしまい、次の春まで地下で過ごすスプリング・エフェメラルである。

福寿草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

花びらを広げて太陽の光を花の中心に集めて、その熱で虫を集めているらしく、日が陰ると温度を下げないために、すぐに花びらを閉じてしまう。

(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 紅梅にメジロ

紅梅にメジロ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.01  昭和記念公園
紅梅にメジロ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.01  昭和記念公園
紅梅にメジロ
  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.01  昭和記念公園
 
昭和記念公園の梅園でメジロが紅梅(大盃)の蜜を吸っていました。

今年最初のメジロ撮りです。

(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


昭和記念公園 ロウバイ

ロウバイ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園
ロウバイ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

ロウバイ(蝋梅)、ロウバイ科。お正月前後から咲き始め、甘い独特な香りがする。

名前に梅の文字があるがバラ科のウメではなく、花びらが蝋細工のような梅に似た花というのが名前の由来。

写真は花びらの内側まで黄色いソシンロウバイと呼ばれる品種で、冬の青空に黄色い花が良く映える。

ロウバイ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

昭和記念公園では、主に日本庭園東側、こもれびの里、こもれびの池、BBQガーデン南側で咲いている。
 
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

昭和記念公園 節分草

節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園
節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園
節分草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.01 昭和記念公園

節分草、キンポウゲ科。一番上の写真のマツボックリの大きさと比べるとわかるが、花の大きさは2cmほど。

節分の頃から咲き始めることからついた名前だけれども、昭和記念公園ではだいたい今頃から咲き始める。









 

八重寒梅

八重寒梅2016年
 D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.01  昭和記念公園

昨年1月11日(成人の日)に昭和記念公園で撮った早咲きの梅、八重寒梅。

今年ももう咲いているはずだけど、まだ昭和記念公園に行けていない・・・

この週末は晴天になるといいんだけど。



ネタ切れなので昨年の写真(汗)

 

撮りたくなる秋の光景

昭和記念公園201611
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園
高幡不動尊201612
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.12 高幡不動尊
高幡不動尊201612
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.12 高幡不動尊

見かけると思わず立ち止まって写真を撮ってしまう秋の光景(笑)。

もう秋ではないけど・・・
 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ