ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

京王百草園

京王百草園 アザミ

京王百草園の続き。前回はリンドウ(竜胆)だったが、今回はアザミ(薊)、キク科。
京王百草園201810
下写真のように真正面から撮ったら、上の写真とちょっとイメージが違う。
京王百草園201810
これはまだ完全に咲ききっていない花かな。
京王百草園201810
リンドウよりも明るいムラサキ色。花が終わるとタンポポの花のあとのような感じになる。
京王百草園201810
アザミは葉にトゲがあって触ると痛い。戦争のとき、この痛いトゲでスコットランドを守ったということでスコットランド地方の国(地方)花になっている。

これはツワブキ(石蕗)、キク科。アザミは夏から秋の花だけど、ツワブキはしっかり秋の花。
京王百草園201810
ツワブキの花を見ると俳優の妻夫木くんを思い出すけど、名前の由来は、ふきの葉に似ていて、ツヤがあるから「つやぶき」、それが「つわぶき」に変化したそうだ。
京王百草園201810
同じキク科でもアザミと違ってキクの花って感じがするね。

これは秋の七草の1つフジバカマ(藤袴)、キク科。秋はキク科が多い感じがする。
京王百草園201810
これはヒヨドリソウ、キク科。フジバカマに似ている花。ヒヨドリが里に降りてきて鳴く頃に咲く花。
京王百草園201810
フジバカマは名が知られて秋の七草になっているけど、良く似たヒヨドリソウは名があまり知られない花。

京王百草園201810
ガマズミ、スイカズラ科の実。花は真っ白だけど実は真っ赤。
京王百草園201810

ここ正月頃になるとここは日本水仙がきれいに咲く場所。いまは準備中。
京王百草園201810

京王百草園201810
なぜかアジサイが咲いていた・・・。

今度こそ、次にここに来るのは紅葉の頃。のはず・・・(笑)

(撮影 2018年10月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   


京王百草園 竜胆

次に京王百草園に来るのは紅葉の時期だと思っていたけど、この時期はリンドウ(竜胆)が咲くことを思い出して行ってみた。
京王百草園201810
リンドウ(竜胆)、リンドウ科。これは釣鐘状のきれいな青紫色の花だけど、白色やピンク色の花もあるそうだ。
京王百草園201810
いろいろな品種があるらしく、このリンドウの品種はわからない。
京王百草園201810
私の記憶では、もっと背が低くて横にたくさん広がって咲いていたような気がするけど、50cmほどのリンドウが1株だけだった。
京王百草園201810
根茎が竜胆という生薬になるそうだ。

これはシュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科。高幡不動尊で咲いている真っ白なシュウメイギクと違ってピンク色でしかも八重咲。
京王百草園201810
八重咲のシュウメイギクは一重咲よりも菊の花に似ている。
京王百草園201810

これも秋によく見かける花で高幡不動尊でも咲いていた、タイワンホトトギス、ユリ科。
京王百草園201810

これはコムラサキの実。だいぶ色あせてしまっている。鳥に食べられたのか実の数も減っている。
京王百草園201810

最後はキチジョウソウ(吉祥草)。高幡不動尊でも咲いていたが、最初にこの花を知ったのはこの京王百草園。高幡不動尊とは違ってちゃんと名札がついていたからこの花を知ることができた。
京王百草園201810
1日中ほとんど日が当たらない薄暗い斜面に咲いていて、初めてこの花を見つけた2010年に使っていたカメラだと撮るのが大変だったが、いまはカメラの性能が上がって撮りやすくなった。
京王百草園201810
1枚目のアップがISO8000で2枚目がISO10000。これだけ感度をあげたのに、思った以上にきれいに撮れていて自分でも驚く。ちなみに2010年に撮った写真を調べたらISO800だった。

(撮影 2018年10月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

京王百草園 実りの秋一歩手前か

実がなっているとついつい秋を期待してしまう9月の京王百草園。これはヤブツバキの実。
京王百草園201809
猛暑がちょっとおさまっただけで、いきなり秋になるはずはないんだけどね。

これはザクロ、ミソハギ科。実の奥の方のオレンジ色は花、実がなっているのにまだ花が咲いている。
京王百草園201809

これはコムラサキ、クマツヅラ科。よく似たムラサキシキブより背丈が小ぶりで実も小さいけど、密集しているので、見ばえがする。
京王百草園201809
ムラサキ色になっている実とまだ緑色の実が混在している状態。
京王百草園201809

これはヤブミョウガ、ツユクサ科の実。まだ白いけど、そのうち青から濃青色に熟していく。
京王百草園201809

これはヤブラン(薮蘭)、キジカクシ科。
京王百草園201809
ヤブランは草むらで生えているイメージがあるのに、これはヤブランが単体で生えていてちょっと珍しかった。
京王百草園201809
これはヤブランの花。ムラサキ色の蕾と花びら、そこに黄色いシベが良く目立つ。

京王百草園201809
これはツルボ(蔓簿)、ユリ科。

京王百草園201809
そして秋の味覚、キノコ。でもこれが何キノコで有毒なのか無毒なのか全然わからない(笑)

京王百草園201809
茶室の瓦屋根とモミジ。紅葉の時期にはいい撮影ポイントになる。下写真は2017年11月に撮ったもの。
京王百草園201711
次に京王百草園に来るのはこの紅葉の時期かな。


京王百草園 9月最初の週末の様子

京王百草園201809
猛暑が一息ついた9月最初の週末。久しぶりに京王百草園に行ってみた。前回はアジサイが咲く6月初旬だったので3ヶ月ぶりの訪問。

春は梅まつり、秋は紅葉まつりで賑わう百草園も真夏はひっそりとしている。
京王百草園201809
この時期は受付は無人になる。正門の先に見える看板には、入園料を受付前の箱に入れるように書いてある。

これは階段の上から正門を見下ろしたところ。
京王百草園201809
正門を抜けてこの階段をあがると、百草園のシンボル的存在の梅「寿昌梅」がある小さな広場がある。京王百草園201809
この時期は特に見るものがないためか、訪れる人が少ない。というかこの日は誰にも合わなかった。
梅まつりの頃はこんな感じに賑わう場所なんだけどね。下は同じ場所を2014年3月に撮った写真。
京王百草園201403

夏らしい花は一番上の写真のノウゼンカズラ(凌霄花)とこのサルスベリ(百日紅)、ミソハギ科かな。
京王百草園201809

京王百草園201809
緑に囲まれたこの心字池のそばで咲いていたのは、ギボウシ、ユリ科。
京王百草園201809

秋の七草だけど夏から咲いている、ハギ(萩)、マメ科。
京王百草園201809

これはヌスビトハギ(盗人萩)、マメ科。
京王百草園201809
実が盗人の足跡に似ていることからついた名前なので実がなってくれないとヌスビトハギらしく見えない(笑)

見晴らし台からの眺め。この時期は視界が良くないので遠くが霞んでしまっている。
京王百草園201809
下は紅葉の時期の同じ場所からの眺め。イチョウの木の色づきがすごく目立つ。2017年11月に撮ったた写真。
京王百草園201711
冬になるとスカイツリーや新宿の高層ビル群が見える。下は同じ場所から望遠で2015年12月に撮った写真。
京王百草園201512
こちらから、このように見えているということは、スカイツリーからも百草園が見えているということになるよね。

(撮影 2018年9月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

京王百草園 初夏の花々

梅雨入り間近の京王百草園の様子。初夏の花々が咲いていた。

ブラシノキ、フトモモ科。ビンを洗うブラシに似ていることでついた名前。
京王百草園201806
下は少し色が違う品種。こちらの写真の方がブラシらしい姿がわかる。
京王百草園201806

心字池ではスイレン、スイレン科が咲いている。
京王百草園201806
下はあまりみかけない黄色いスイレン。
京王百草園201806
春先はたくさんオタマジャクシが泳いでいたので、そのうちカエルが葉の上にいるところが撮れるかもしれない。

ホタルブクロ、キキョウ科。
京王百草園201806

これはキスゲ(黄菅)、ユリ科。ニッコウキスゲだろうか・・・?
京王百草園201806

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)、アカバナ科。夕方に花が咲くことからついた名前だけど、昼間に咲くこともあるそうだ。
京王百草園201806
この時期はわりとよく見かけるすごく小さな花。

もちろんアジサイも咲いている。
京王百草園201806
竜安寺垣だろうか、こういう竹垣越しのアジサイを見ると日本庭園らしさを感じる。
京王百草園201806

東屋とアジサイ。これも京王百草園らしい風景。
京王百草園201806
すでに西洋アジサイがかなり咲いている。
京王百草園201806
大勢の人がアジサイを見に訪れる高幡不動尊と違ってここは訪れる人がかなり少ない。
山アジサイも咲いている。中心部分の花もしっかり咲いている。
京王百草園201806
これは墨田の花火。
京王百草園201806

ここは梅の名所だけあって、見上げるとたくさん梅がなっている。
京王百草園201806

そして梅の天日干し。
京王百草園201806
売り出さないのかなぁ。

(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


京王百草園 春の百草園まつり

ゴールデンウィーク前半の京王百草園。こちらの春の花がたくさん咲いていた。

入り口近くてアヤメが出迎えてくれる。
京王百草園201804
アヤメは日本庭園に似合うかも。
京王百草園201804

こちらは同じアヤメ科のイチハツ(一初)。アヤメ科の中で一番早く咲くことからついた名前だそうだ。
京王百草園201804
イチハツの特徴は、花びらのところが白いトサカのようなもじゃもじゃした感じになっていること。
京王百草園201804
イチハツはそれほど珍しい花ではないと思うが、私の散歩エリアでは京王百草園以外では見かけない。

これはキショウブ(黄菖蒲)、アヤメ科。湿地以外でも良く育つため拡大の懸念があるらしい。
京王百草園201804

オオベニウツギ(大紅空木)、スイカズラ科又はタニウツギ科。
京王百草園201804
この時期◯◯ウツギという花がいろいろ咲くけどみんな似ていて見分けがつかない。
京王百草園201804

先日のウラシマソウ(浦島草)。陽射しが強くなってきたので、釣りをしながら自分で日傘をさしている、粋だね。
京王百草園201804
回りに落ちているのは梅。この時期の京王百草園はあちらこちらで梅の実が落ちている。

オダマキ(苧環)、キンポウゲ科。変わった形の花だ。
京王百草園201804

コデマリ(小手毬)、バラ科。
京王百草園201804
アジサイに似たオオデマリ(大手毬)はスイカズラ科だけど、このコデマリはバラ科。
京王百草園201804

ゴールデンウィークの京王百草園は藤棚が楽しみなんだけど、今年はすでに見頃が終わってしまっていた。
京王百草園201804

この日はボタン(牡丹)も終わっていて、シャクヤク(芍薬)、ボタン科が咲いていた。ボタンが終わってから続けてすぐ咲くのがシャクヤクの花。
京王百草園201804
ゴールデンウィーク前半でボタンが終わってしまうのはちょっと早い気がする。今年は春の花がすべて早め。この傾向はいつまで続くのだろうか。
京王百草園201804
女性の美しさを表現する「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉があるが、ボタンとシャクヤクの違いが良くわからない。
京王百草園201804
昭和記念公園のボタンの記事でも書いたけど、ボタンは樹木、シャクヤクが草。それって見た目にどうちがうの?という感じだけど、どうやら、冬の越し方、葉っぱ、花の散り方、つぼみの形が違うそうだ。
京王百草園201804
このかわいいまん丸のつぼみはシャクヤクで、ボタンのつぼみは先が少し尖っているらしい。

そしていつものように見晴らし台までのぼってみると、この時期にしては珍しくわりときれいに富士山が見えた。
京王百草園201804
この時期に富士山が見えるとなんだか得した気分(笑)。

(撮影 2018年4月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 黄色いカタクリと春の花

恒例の梅まつりが終わって、訪れる人が少なくなっている京王百草園。

ミツバツツジ、ツツジ科など春の花がたくさん咲いている。
京王百草園201804
ミツバツツジは上写真のように枝先に3枚の葉を出すことが名前の由来。

リキュウバイ(利久梅)、バラ科。明治末期に日本に入ってきたようで、茶人の千利休とは関係ないそうだ。
京王百草園201804

ハナズオウ(花蘇芳)、マメ科。
京王百草園201804
ハナズオウの白花。白花はあまり見かけない。
京王百草園201804

ウンナンオウバイ(雲南黄梅)、モクセイ科。庭木でよく見かける。
京王百草園201804

ヤマブキソウ(山吹草)、ケシ科。ヤマブキ色でよく知られるヤマブキ(山吹)、バラ科に似ていることからついた名前。
京王百草園201804

ムスカリ、ユリ科。
京王百草園201804
このムスカリはちょっと紫色が薄い感じがするが、ムスカリにも何品種かあるようで、それぞれ色が若干違う。

ムラサキゴケ、ゴマノハグサ科。小さい花なのでよく見ないとわからないが、田んぼのあぜ道あたりではよく見かける花。
京王百草園201804
ムラサキゴケの白花、サキゴケ。
京王百草園201804

ウラシマソウ(浦島草)、サトイモ科。浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てた名前。確かにそんな感じに見える。
京王百草園201804
たくさん釣っている!京王百草園201804

黄色いカタクリ、キバナカタクリ、ユリ科。北米原産で西洋カタクリ、エリスロニュームとも呼ばれる。
京王百草園201804
普通のカタクリより少し遅めに咲くが、今年少し早く咲いたようで、この日はもう見頃は過ぎていた。
京王百草園201804
花はカタクリと同じだけど、葉が少し違う感じがする。
京王百草園201804

これから5月にかけての京王百草園は藤棚やボタン、シャクヤクがきれいになる時期。
特に藤棚の具合が一番気になる。

(撮影 2018年4月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 梅まつりが終わって(3/17)

今年の京王百草園の梅まつりは先週末(3月11日)までで終了。

でも、遅咲きの梅を中心にまだ見頃の梅もたくさん残っているので、この日は天気が良いこともあって訪れる人が結構いた。
京王百草園201803
陽射しに輝く紅梅と白梅、下の黄色はロウバイとレンギョウ。

これからしばらくはこのレンギョウ、モクセイ科が公園や垣根などをきれいに飾る。
京王百草園201803

茅葺屋根の奥に見える梅はまさに梅らしい咲き方。枝に沿った咲き方は桜の咲き方とは違う。
京王百草園201803
近くで見ると散り始めた梅もこうして遠景で眺めるぶんにはまだまだきれい。
京王百草園201803
今年は梅まつり期間中は寒かったので、いまの方が過ごしやすいかもしれない。

茎がのびて葉がたくさん出てきた福寿草。
京王百草園201803
早春の咲き始めの頃とは随分姿が違う(笑)

京王百草園には河津桜や染井吉野などの桜の木は少ないが、数少ない桜がこのケイオウザクラ(啓翁桜)。
京王百草園201803
京王百草園だけにケイオウの桜?(笑)
京王百草園201803
早咲きだけどちゃんと桜らしい咲き方をする。

これは寒咲菖蒲(カンザキアヤメ)、アヤメ科。狂い咲きではなくこの時期に咲くアヤメの品種。
京王百草園201803
冬に温暖な地中海地域が原産。5月頃に見るアヤメ類と違って葉の高さより低い位置で花が咲く。

ウグイスカグラ、スイカヅラ科。ウグイスが鳴き始める頃に咲くことから付けられた名前。でもここらでウグイスが鳴くのはもう少し後。
京王百草園201803

ハナニラ(花韮)、ユリ科。葉をちぎるとニラの匂いがするらしい。
京王百草園201803
群生するとすごくきれいな花。

久しぶりの心字池。水面にたくさんの梅の花びらが落ちている。
京王百草園201803

ボケ、バラ科。梅や桜に比べてちょっと地味かな。
京王百草園201803

カタクリ、ユリ科が咲き始めた。
京王百草園201803
まだこれから咲くのか、陽があたっていないから閉じているだけなのかよくわからないけど、ちょっと残念。

(撮影 2018年3月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 梅まつりの様子(2月10日)

京王百草園恒例の梅まつりが2月3日(土)から始まった。

正月頃から咲き始めていた早咲きの梅、八重寒紅(ヤエカンコウ)が見頃になっている。
京王百草園201802
遠目に見ると見頃だと思ったが、近くで見てみるとまだ5分咲き程度。
京王百草園201802
この梅は花びらの開きが今ひとつはっきりしないので、遠目に見た方がきれいに見えるかもしれない。

茅葺屋根の松連庵そばのレンキュウ(連久)。こちらも早咲きの梅、いまはまだ3分咲き程度かな。
京王百草園201802

日中でも日が当たらない場所にはまだ先日の雪が残っている。
京王百草園201802
心字池も日陰になる部分が凍っていて、その上に雪が積もっている。
京王百草園201802

上の2種の紅梅だけでなく白梅も少しだけ咲いているが、まだ蕾の梅の方が多く園全体として1分咲き程度。
京王百草園201802

見晴らし台からの眺めはまだ圧倒的に冬の色。でも所々に春色が見えて少しだけ春が近づいて来る気配を感じる。
京王百草園201802

梅まつり期間中の週末は琴、三味線、和太鼓、尺八、マリンバの演奏会や演歌歌謡ショーが開催される。
京王百草園201802
まだ寒いので、訪れている人はまばら。奥に見える梅の木もまだ冬の色のまま。

本家の梅と違って蝋梅(ロウバイ)はまさに見頃、相変わらずいい香りを漂わせてくれている。
京王百草園201802
日本水仙はきれいに咲いているけど、たぶん雪が積もった影響でかなり倒れてしまっている。
京王百草園201802

これは満作、マンサク科。春になると他の花よりも早く「まず咲く」というのがなまったとか、花がたくさん咲くことから豊年満作が名前の由来になったとか諸説あるそうだ。
京王百草園201802
変わった形の花だけど、なんか茅葺屋根と似合う花だね。

そして早春の花、福寿草、キンポウゲ科。
京王百草園201802
福寿草は幸福の福と長寿の寿の草というおめでたい名前の花で、南天の実とセットでお正月の縁起物飾りに使われる。
京王百草園201802
花が咲いたあとに茎が伸びて葉が出てくる。根や茎には毒があるけど、まあこの花を食べようとする人はいないよね。

京王百草園の梅まつりは2月3日(土)から3月11日(日)まで。
今年は気温が低い日が続いているので、例年より梅の開花が遅れているそうだ。

(撮影 2018年2月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 蝋梅

この時期に京王百草園で咲いているのは、極早咲きの梅、日本水仙とこのロウバイ(蝋梅)。

冬の青空に黄色い花が良く映える。
京王百草園201801
ロウバイ(蝋梅)、ロウバイ科。蝋細工のような梅に似た花というのが名前の由来。「蝋梅が梅ではないことを知って狼狽する」なんて思いつくのはおやぢの証拠(汗)
確かに花びらは蝋細工のように見えるけど。。。
京王百草園201801
梅に似ているかどうか・・・?

陽射しに光るロウバイ。これは花の内側まで黄色いソシンロウバイ(素心蝋梅)なのできれいに光って見える。
京王百草園201801
蕾は丸っこくてかわいい。
京王百草園201801
全体的に見ると、見頃はまだこれからという感じの咲き具合。
京王百草園201801
ロウバイが咲いていると離れた場所でも甘い独特ないい香り漂ってくる。

心字池が凍っている。橋の下あたりに鯉がいるように見える。
京王百草園201801
近くで見たけど、まったく動かない。氷の下の冷たい水で動きが鈍ってしまうんだろうね。
京王百草園201801

京王百草園から京王線の百草園駅に向かう途中で見たツララ。
京王百草園201801
ここは山の影になって1日中日陰の場所だからね。寒い寒い・・・

(撮影 2018年1月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 日本水仙

京王百草園の日本水仙。

年末に訪れた時に少しだけ咲き始めていたけど、この日はすごくたくさん咲いていた。まさに見頃だね。
京王百草園201801
別名、雪中花(せきちゅうか)。雪の中でも春の訪れを告げる花という意味だそうだ。

ここは斜面に咲いているので冬の青空を背景にした日本水仙が撮れる。
京王百草園201801

陽射しが横から当たって光が透けたて見える日本水仙。
京王百草園201801
冬至は過ぎたものの、まだこの時期は真昼でも太陽が低いからこんな感じになる。

日本水仙はヒガンバナ科で有毒植物。葉がニラに似ているので間違えて食べて食中毒を起こす事件がたまにニュースになる。あのニラ独特の強い匂いがしないのが見分けるポイントだそうだ。
京王百草園201801
学名・英語名の「ナルシサス」はギリシャ神話の美少年の名前。泉に映った自分の姿に恋して毎日見つめているうちに花になってしまったという話で「ナルシスト」の語源にもなっている。
京王百草園201801
「ナルシスト」なので、水辺で自分の姿を覗き込むような姿で咲くはずだけど、ここの日本水仙はなんだか胸を張っている感じだ(笑)

(撮影 2018年1月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 八重寒紅

梅の名所、京王百草園で早咲きの梅が咲いていた。
京王百草園201801
毎年正月前後から咲きはじめる八重寒紅(ヤエカンコウ)という極早咲きで中輪、八重咲きの品種。
京王百草園201801
梅は早咲き、中咲き、遅咲きの品種があって、まだ寒いこの時期から桜が咲く時期まで長く楽しめる。

日当たりの良い場所ではすでにかなりの数が咲いている。桜でいえば五分咲きぐらいだろうか。京王百草園201801
梅は枝に沿うように咲く、桜のように密集して咲かないのが特徴。そのため写真にするとちょっと散漫な感じになってしまうのが残念。

早咲きの紅梅は園内の何ヶ所かで咲いていたけど白梅もこの梅だけ、それもほんの数輪だけ咲いていた。
京王百草園201801
白梅で咲いていたのはここだけで、看板がなくて品種がわからなかったのが残念。

(撮影 2018年1月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

主役交代!

京王百草園紅葉まつり2017
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.11 京王百草園「紅葉まつり」

この雫が滴り落ちそうなぐらい艶々の赤い実は正月飾りに使われる万両の実。背景はケヤキの紅葉、秋から冬への主役交代です。

ちなみに12月13日は正月を迎える準備を始める「正月事始め」。1年間の汚れを払い清める”煤払い”と、おせち料理を作るための薪や門松を作るための松を山に取りに行く”松迎え”の日。

まだお正月まで何日もありますが、それだけ余裕を持って少しずつ進めていけば、ゆったりとしたお正月を迎えることができるということなんだそうです。

江戸幕府の御用納めは、この日12月13日だったそうです。 いくらなんでも早いよ・・・(笑)


(撮影 2017年11月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

紅葉の奥行き  そしてブログ10年目になりました

京王百草園紅葉まつり2017
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.11 京王百草園「紅葉まつり」

一番手前の紅葉は逆光に輝き、その奥の紅葉は順光に照らされ、一番奥の紅葉は日陰でどんより。

(撮影 2017年11月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

このブログは2017年12月5日で10年になりました

これはブログ開始から2回目の2007年12月6日のブログ記事
20071206-2
最初の頃の写真は携帯電話(DoCoMo D903i)で撮ってアップしていました。
記事の中で「ちびた曰く」とありますが、息子と散歩をしていたようです。
当時10歳だった息子も今は20歳、息子にとってこの10年はすごく大きい年月です。


そしていまVol.467まで続いている、「今週の高幡不動尊」のVol.1の記事(2007年12月8日)
20071208-2
不動堂の修繕工事前で銅葺きの屋根全体を緑青が覆っていて雰囲気が出ています。

ここまで続けることができたのも、ブログを見に来てくださる皆さんのおかげです。
これからも、よろしくお願いします!
 

紅葉の輝き?

京王百草園紅葉まつり2017
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.11 京王百草園「紅葉まつり」

青空を背景に真っ赤な紅葉を撮ったのに、太陽が主役のような写真に・・・(笑)

(撮影 2017年11月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち