ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

夏の風物詩

凌霄花

ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市
ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市
ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市

凌霄花(ノウゼンカズラ)、ノウゼンカズラ科。つる性植物でオレンジ色の南国っぽい花を咲かせる。

凌は「しのぐ」、霄は「そら」で、つるが木にまとわりついて天高く登ることからついた名前。

丈夫で育てやすいことから、庭木として育てられ、この近所の凌霄花も見上げるぐらいの高さになっている。

昭和記念公園 夏の花々が咲き始めた

6月の昭和記念公園、あじさい以外に夏の花が咲き始めていた。

キキョウ。キキョウ科。秋の七草なんだけど、初夏の頃から咲き始める花。
昭和記念公園201606-1
明るい紫以外に白い花も咲いていた。

ノウゼンカズラ(凌霄花)、ノウゼンカズラ科。木にまとわりついて天高く登ることからついた名前。
昭和記念公園201606-2
この写真では、そんな名前の由来を全然実感できない・・・(笑)

クロコスミア、アヤメ科。ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)やモントブレチアとも呼ばれる。
昭和記念公園201606-3
緑の葉に鮮やかなオレンジ色が目立つ、この時期はよく見かける花。

ダイヤーズカモミール、キク科。
昭和記念公園201606-4

ネムノキ(合歓の木)、マメ科。
昭和記念公園201606-5
葉が夜になると閉じる。それがまるで眠るようなので「眠りの木」が「ねむの木」になったそうだ。
昭和記念公園201606-12
花はマメ科っぽくないが、実がサヤエンドウに似ていてマメ科であることがわかる。

ナツツバキ(夏椿)、ツバキ科。
昭和記念公園201606-6
沙羅の木とも呼ばれる。花の形が椿に似ていて夏に咲くから夏椿。
昭和記念公園201606-7
お寺によく植えられ、高幡不動尊でも大日堂の横に植わっている。

ユリがたくさん植えらているところ。
昭和記念公園201606-8
この日はまだこれからだったけど、いまではもうかなり咲いていることだろう。
昭和記念公園201606-9
夏はユリの季節でもあるから、次にここを訪れるのが楽しみ。

毎年恒例の100株、100品種のハス鉢展示。
ちゃんと品種名が書かれているが皆すごく難しい名前。
昭和記念公園201606-10
玄武湖紅蓮 (げんぶここうれん)
昭和記念公園201606-11
紅舞妃蓮 (こうまいひれん)
昭和記念公園201606-13
小寿星(しょうじゅせい)

ハスの花って癒されるいい色していると思う。

 昭和記念公園(Vol.171)
(撮影 2016年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動尊(07/02) 七夕飾り 

7月最初の週末。梅雨はどこかに行ってしまったかのような天気になり、日曜日は猛暑日となった。

高幡不動尊の入口、仁王門の七夕飾り。
高幡不動尊201607-1
この位置から後ろを振り返ると、七夕飾りの参道。
高幡不動尊201607-11
でも、お不動さんに七夕は関係ないので、七夕飾りはここまで。
高幡不動尊201607-12
境内はいつもと変わらない様子。

あじさいまつり期間は7月7日(木)で終わりなので、これが最後の週末となるが、
高幡不動尊201607-4
人が少ない。
高幡不動尊201607-5
四季の道の奥の方も人影が少ない。

高幡不動尊201607-6
まだこのあたりの西洋あじさいと額あじさいはまだ見頃なんだけどね。
高幡不動尊201607-7
こうしてみると、高幡不動尊のあじさいは青色系が多いなぁ。
高幡不動尊201607-9
人がいなくなるのを待って撮ったわけではなんだけど人が写っていない。

ここは大師堂に続く道。
高幡不動尊201607-2
ここはいつも誰かが写真と撮っているか、階段をのぼっているので、写真を撮るまで
待つ場所なんだけど、この日はすぐに撮れた。

大師堂前のお稲荷さん。
高幡不動尊201607-10
高幡不動尊には稲荷社もある。やっぱり青色系のあじさいが多い。

額あじさいの裏側を見上げて撮ったところ。
高幡不動尊201607-3
あじさいまつりが終わっても、あじさいの花がすぐに終わるわけではないが、
高幡不動尊では来年またきれいな花を咲かせるために、あじさいの珠切りと言って、
あじさいの花を切ってしまう。


今週の高幡不動Vol.404
(撮影 2016年7月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 あじさい

この時期は昭和記念公園もやはりあじさい。
昭和記念公園はあじさいロードとして整備されている。

あじさいを鑑賞しながらサイクリング。 よそ見をしてはいけないか(笑)
昭和記念公園201606-2
昭和記念公園はあじさいの珠切りをしないので、この場所のアナベルはドライフラワーになる。
昭和記念公園201606-1
このあたりはアナベル率が高い。
昭和記念公園201606-3
これはうずあじさいかな。

昭和記念公園のあじさいにも名札が出ているので名前がわかる。
昭和記念公園201606-4
これは額あじさいナイチンゲール。なぜナイチンゲールなのか名前の由来はわからない・・・

昭和記念公園201606-6
額あじさいロートシュバンツ。これは高幡不動尊では見かけないあじさい。

昭和記念公園201606-5
額あじさい恋路ヶ浜。なかなかシャレた名前だ。

昭和記念公園201606-7
額あじさい斑入り。葉が斑入りってことかな。上の恋路ヶ浜と似ているけど・・・

昭和記念公園201606-9
山あじさい紅。これは高幡不動尊でもよく見かける人気のあじさい。

菖蒲田の回りも、あじさいがたくさん咲く場所。
昭和記念公園201606-8
奥の方に白い花が咲いている場所が見えるが、ここもアナベルがたくさん咲いている場所。
昭和記念公園201606-10
菖蒲田の花菖蒲はほとんど終わっている。その中でも元気な花菖蒲を。
昭和記念公園201606-12
花菖蒲からあじさいと季節の花がどんどん変わっていく。

昭和記念公園201606-11
昭和記念公園は山あじさいが少なくて額あじさいと西洋あじさいがメイン。

この黄色い花は金糸梅、オトギリソウ科。
昭和記念公園201606-13
あじさい以外にも夏の花の咲いていたので、それはまた別記事で。
 
 昭和記念公園(Vol.170)
(撮影 2016年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動尊(06/25) あじさいが咲く散策路

この週末(土曜日)は梅雨時期らしい空模様。本降りだった雨が朝にはやんで、昼には薄日が差す天気。
高幡不動尊201606-14
あじさいまつり期間中ということでたこ焼きや焼きそばなどの露店も出ている。 

山あじさいが終わってきて、主役は西洋あじさいと額あじさいになってきた。
高幡不動尊201606-8
山内のお地蔵さんの回りもあじさいで埋まっている。
高幡不動尊201606-4
あじさいが咲く散策路を登って山の反対側に行ってみる。
高幡不動尊201606-3
回りの緑が深まっていい感じの散策路になっている。
高幡不動尊201606-7
道の両側にあじさいがはみ出てきて狭くなっている場所もある。
高幡不動尊201606-6
すれ違うとき、あじさいの手前に止まってゆずりあうのが、この時期らしい光景。

山の反対側の広場に到着。昔、ここが高幡城だった頃の馬場跡らしい。
高幡不動尊201606-5
いまは彼岸花がたくさん植えられている場所。回りであじさいが咲いている。
ここが赤い彼岸花で埋まるであと3ヶ月。

中央部分の本物の花も満開。
高幡不動尊201606-2
中央部分にも咲いた花と蕾があるのがわかる。
高幡不動尊201606-12
 
弁天池のスカシユリ。以前よりスカシユリが少なくなってしまったのがちょっと残念。
高幡不動尊201606-13
 
境内のいろいろなところでアガパンサス、ユリ科が咲いている。
高幡不動尊201606-9
小さな古いお地蔵さんがあじさいとアガパンサスに囲まれている。
高幡不動尊201606-10
テレビでは多摩のあじさい寺のように紹介され、あじさいがたくさん咲いている
様子が取り上げられたりしているが、こういうのが本来の高幡不動尊らしい風景。 

今週の高幡不動Vol.403
(撮影 2016年6月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

京王百草園 あじさい

久しぶりの京王百草園。この時期はここでもやはりあじさい(笑)

京王百草園201606-1
 百草園らしく東屋とあじさい。
京王百草園201606-2

京王百草園201606-4
京王百草園は高幡不動尊と違って西洋あじさいと額あじさいがメイン。
京王百草園201606-6
背景に竹林があるのも百草園らしいかも。
京王百草園201606-7
日本庭園らしく竹垣とのコラボ。これは竜安寺垣と呼ばれる垣根かな。
京王百草園201606-8
高幡不動尊と違って人が少ないのでゆっくりあじさいを鑑賞できる。

真夏の花というイメジーがある、ノカンゾウ、ユリ科が咲いていた。
京王百草園201606-3

秋にはきれいな紅葉を見せてくれるモミジの実。
京王百草園201606-5

見上げると梅の実がなっていた。まさに梅雨の時期だ。なかなか雨が降らないけど・・・
京王百草園201606-10
受付にも梅の実が置いてある。
京王百草園201606-9
百草園で採れた梅を売り出さないかなあ。

ゴールデンウイークにも京王百草園に来たけど、その時はブログの記事にしなかった。
京王百草園201606-12
いつもこの藤棚のそばに赤い番傘や赤い布がかけられた縁台が置かれていて
雰囲気がいいんだけど、この日は風が非常に強かったので置かれていなかったのが残念。
京王百草園201606-11
何年か前に藤の花が咲かない年があった。それ以来だろうか、残念なことに
いまひとつ藤の花に迫力がなくなったように思う。
そんなこともあって記事にしなかったのかな・・・

心字池の水辺に咲くカキツバタの花。
京王百草園201606-13
花菖蒲などアヤメ科の花はいまでも咲いている。
京王百草園201606-14
緑が深まってきた心字池。

(撮影 2016年6月18日ほか)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動尊(06/19)  あじさいまつり期間中のござれ市

この週末は、土曜日が30℃を超える真夏日となったが、日曜日は雲が多く風も涼しい日となった。

境内に入ってすぐ右側の枝垂れ桜の下でアガパンサス、ユリ科が咲いていた。
高幡不動尊201606-2
別名、紫君子蘭(むらさきくんしらん)。南アフリカ原産の花だけあって夏の花。
高幡不動尊201606-1
よく見ると蕾が多い、もうちょっとだね。

高幡不動尊201606-3
今日は第3日曜日。月に1度のござれ市の日だけあって、境内のお参りの人が多い。

高幡不動尊201606-4
あじさいが咲く境内で露店が出ている。この時期らしい風景。
高幡不動尊201606-5
あじさいまつり期間中のござれ市だから、人出が多いかと思ったがそれほどでもなかった。
高幡不動尊201606-12

背の高い西洋あじさいと額あじさいが壁のように咲く四季の道。
高幡不動尊201606-10
ここもすでに見頃になっているが、上写真の中心部分に赤い花が咲いているのがわかるだろうか?
下写真はもう少し近寄って撮ったもの。
 高幡不動尊201606-11
以前から写真をアップしていた、このあたりで唯一赤紫のあじさいが顔を出していた。
高幡不動尊201606-7
紅一点ならぬ紅三点(笑)

ござれ市に人が来ているわりには、ここは人が少なくて写真が撮りやすかった。
高幡不動尊201606-13
先日まとまった雨が降り、今日もそれほど暑くないから、しおれた感じはなかった。
高幡不動尊201606-8
西洋あじさいもきれいに咲いている。いまが一番いい時なんじゃないかな。
高幡不動尊201606-9
昭和記念公園の花木園展示棟で瀬戸豊彦写真展「昭和記念公園と東京のアジサイ名所案内」が
開催されていたが、ここで高幡不動尊も紹介されていて、青色系のあじさいが多いと書かれていた。 
確かに高幡不動尊は青色系が多いと思う。

高幡不動尊の第33回あじさいまつりは6月1日(水)から7月7日(木)まで。

今週の高幡不動Vol.402
(撮影 2016年6月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園 時計草

5月最後の週末の昭和記念公園の様子。

前回アップした菖蒲田だけでなく、日本庭園でも花菖蒲が咲いている。
昭和記念公園201605-11
ここの花菖蒲は明るい紫色が多い。
昭和記念公園201605-12
木道も整備されている
昭和記念公園201605-13
花菖蒲は和の景色に似合うね。
昭和記念公園201605-14

これはラークスパー、キンポウゲ科。別名千鳥草。
昭和記念公園201605-1
ラークスパーの「ラーク」はひばり。
昭和記念公園201605-4
この時期にあった涼し気な色の花だね。
昭和記念公園201605-5
なんだかキンポウゲ科らしくない花の形。

タチアオイ、アオイ科。この時期は良くみかける花。
昭和記念公園201605-6
「葵」はふつうこの立葵をさすが、京都の葵祭りの「葵」は徳川家の家紋になっている
「双葉葵」のことなんだそうだ。

西洋のこぎり草、キク科。
昭和記念公園201605-2
食事中のハナムグリをアップで。
昭和記念公園201605-3

トケイソウ(時計草)、トケイソウ科。別名パッションフラワー。
昭和記念公園201605-9
ブラジル原産、1730年頃に渡来、パラグアイの国花。
昭和記念公園201605-10
たくさんの時計草が咲いて時計屋さんの壁状態(笑)。

ニゲラ、キンポウゲ科。これもまた変わった花だ。
昭和記念公園201605-7
時計草にも似ている。
昭和記念公園201605-8
でも、時計草と違って針がはっきりしない。。。

久しぶりにあじさいの写真なしの記事(笑)。

 昭和記念公園(Vol.169)
(撮影 2016年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動尊(06/11)  あじさいまつり(2)

高幡不動尊のあじさいまつりが始まって2回目の週末。梅雨入りしたにも関わらず
またいい天気になった。
高幡不動尊201606-1
週末がいい天気なのはすごくうれしいんだけど。水不足になるのは困る。

大日堂前の墨田の花火。
高幡不動尊201606-15
墨田の花火のすぐ横の額あじさい。両方とも見頃。
高幡不動尊201606-2
 墨田の花火は装飾花だけでなく、中央部分の本物の花も咲き始めている。
高幡不動尊201606-3

 山あじさいが自生する山の中。この日は大勢の人が訪れていた。
高幡不動尊201606-4
例年雨で足元がぬかるむんだけど、今年は雨が少ないから歩きやすい。

比較的遅咲きのアナベルがもう咲いている。ほんと今年のあじさいは早いね。 
高幡不動尊201606-6
アナベルの花、陽が当たる反対側の様子。
高幡不動尊201606-5
陽射しが透き通る感じは真っ白なアナベルだからこその姿。
 
額あじさいと西洋あじさいがきれいな四季の道入口付近。
高幡不動尊201606-7
手前の人が写真を撮っているのはこの色の西洋あじさい。
高幡不動尊201606-8
このあたりで赤紫色なのはこのあじさいだけ。それが珍しくて多くの人が写真を撮る。

炎天下の額あじさいが暑そう。雨がすくなくて元気がない。
高幡不動尊201606-9
 
五重塔の山寄のあじさいもきれいに咲いている。
高幡不動尊201606-11
上写真の方から五重塔の方向を見た感じ。
高幡不動尊201606-10
もうちょっとあじさいに囲まれた五重塔が撮れるかと思ったんだけど・・・(汗)

赤色の山あじさいと青色の山あじさい。先週より赤色が濃くなった。
高幡不動尊201606-12

弁天池の西洋あじさいがきれいに咲いている。花の水色と噴水が涼しげ。
高幡不動尊201606-13

冬の名物、玉こんにゃくの露店。さすがに湯気が出てない。高幡不動尊201606-14
この時期の売り上げはどうなんだろうね。暑い日に熱々の玉こんにゃく・・・

高幡不動尊の第33回あじさいまつりは6月1日(水)から7月7日(木)まで。
山あじさいに続いて、額あじさいや西洋あじさいも見頃になっているけど、
雨が少なくて元気がないから、一雨降ってからの方がいいかもしれない。

今週の高幡不動Vol.401
(撮影 2016年6月11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


今週の高幡不動尊(06/04)  あじさいまつり

あじさいまつりが始まって最初の週末。土曜日は梅雨入り前の貴重な晴れ間となった。

大日堂前のあじさい「墨田の花火」が咲きだした。
高幡不動尊201606-18
もうかなり咲いている。
高幡不動尊201606-6
咲いていると言っても花ではなく装飾花だけどね(汗)。

大日堂に通じる山門前の額あじさい。
高幡不動尊201606-17
この時期は晴れると陽射しがすごく強い。

今週の高幡不動尊も今回で400回目。これを機会に、いつもトップはこの不動堂の
写真にしていたが、今回からは違う写真をトップにすることにした。
高幡不動尊201606-1
なぜならば、この場面は季節による変化が乏しすぎるから・・・(汗)

あじさいまつりの頃になると境内に出る露店。
高幡不動尊201606-2
 あじさい柄のハンカチや手ぬぐいなどを売っている。
高幡不動尊201606-15
季節感があってすごくいいけど、この時期だけの商売かも。

薄茶接待、これもあじさいまつりの時期の催し物。
高幡不動尊201606-3
普段は関係者以外立ち入り禁止になっている豊泉寮や知足庵に入ることができる。
高幡不動尊201606-5

高幡不動尊201606-4
庭のツツジが映っているガラス戸の奥でお茶が頂ける。 

高幡不動尊201606-16
五重塔の回りやお地蔵さんの周辺の西洋あじさいもかなり咲き始めている。
高幡不動尊201606-7
 こんなに陽が当たってしまって・・・実は雨が恋しいのかも。

青色の山あじさいと紅色の山あじさいのコラボ。
高幡不動尊201606-11
いまはまだ紅色が劣勢だけど、だんだんとこの紅色が濃くなる。

あじさい以外にも咲いている花はある。大輪金糸梅、オトギリソウ科。
高幡不動尊201606-8
でも、やっぱりこの時期はあじさいに目に行くよね。

高幡不動尊201606-13
弁天池周りのあじさい。奥は弁天堂。
高幡不動尊201606-14

スカシユリも咲き始めた。
高幡不動尊201606-12
ここはスカシユリとあじさいのコラボが見られる場所。でもちょっと撮り辛い場所で咲いている。

西洋あじさいがあちらこちらでかなり咲き始めているが、ここ四季の道はまだこれからかな。
高幡不動尊201606-9
ここは背景に五重塔を入れて西洋あじさいや額あじさいが撮れる場所がある。
高幡不動尊201606-10

あじさいまつりが始まって最初の週末なのに、すでに山あじさいは見頃で、
西洋あじさいも咲き始めている。

早く咲いてくれるのはありがたいんだけど、それだけ早くあじさいが終わってしまうかも・・・

今週の高幡不動Vol.400
(撮影 2016年6月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園 菖蒲田

昭和記念公園の菖蒲田。花菖蒲が見頃になっていた。
昭和記念公園201605-1
昨年、木道が改修されてきれいになった。
昭和記念公園201605-5
しかも少し広くなって歩きやすくなったような気がする。

ハナショウブ(花菖蒲)、アヤメ科。花菖蒲は紫陽花と並んで梅雨時の代表的な花。
昭和記念公園201605-2
花菖蒲の原種は山野の咲いている野生の花菖蒲(野花菖蒲)で、この
野花菖蒲を改良した日本産の園芸植物。
昭和記念公園201605-3

花菖蒲の名前は、葉が菖蒲に似ていて、きれいな花が咲くから付いた名前。
昭和記念公園201605-4

花菖蒲は江戸系、肥後系、伊勢系、長井系の4系統があるそうで、同じ古典園芸植物の
菊にも江戸系、肥後系、伊勢系がある。
昭和記念公園201605-6
これは肥後系の曲水の詩。名札がついていたんだけど、ちゃんと名前を記録した
のはこの花だけ(汗)

日本各地で開催される「あやめ祭り」の花は実は花菖蒲であることが多いそうだ。
昭和記念公園201605-7
あやめと花菖蒲を間違えて祭りの名前にしてしまったことが原因らしい。
確かのあやめにはこんなたくさんの花のバリエーションはない。

花菖蒲は花の中央部分に黄色の筋があるが、あやめは網目模様がある。
昭和記念公園201605-9
なんだかこの花はダッジアイリスに似ている。

昭和記念公園201605-8
これは和紙でできるみたいな花。花菖蒲は5000種類ぐらいの種類があるらしい。

昭和記念公園201605-11
菖蒲田の横にはスイレンの池。
昭和記念公園201605-10
関東甲信地方も本日6月5日梅雨入り。平年より3日早く昨年より2日遅いそうだ。
雨は嫌だけど草木には大切な雨だからね。

 昭和記念公園(Vol.168)
(撮影 2016年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

昭和記念公園 花の丘 シャーレポピー

昭和記念公園の花の丘がシャーレポピーで真っ赤になっている。
昭和記念公園201605-1
これも毎年この時期恒例の眺め。

ホームページによるとシャーレポピーは180万本だそうだ。
昭和記念公園201605-3
確かに丘に赤いじゅうたんを敷いたような光景。
昭和記念公園201605-5
場所にもよるけど、それほど密に咲いているわけではない(笑)
昭和記念公園201605-7

丘の下から見上げた眺め。もう少し青空がほしいところ。
昭和記念公園201605-2
逆に丘の上から下を眺めたところ。パークトレインが通りかかったタイミングで。
昭和記念公園201605-8
この日は、ここからこれに乗って出口まで戻りたかったぐらいムシ暑かった。
昭和記念公園201605-4
歩くことを目的に昭和記念公園に来ているので、このパークトレインには今まで
乗ったことはない。だから、どうやって乗っていいのかよくわかっていない(笑)。

シャーレポピー、ケシ科は別名、ヒナゲジ、虞美人草。こちらが本名かも。
昭和記念公園201605-10
咲いている花で一番多い花はこの品種。

秋のコスモスと同じで風が吹くとゆらゆら揺れてしまって撮りずらい。
昭和記念公園201605-6
薄い紙で作られたように見える花びら。
昭和記念公園201605-9

私のヒナゲシのイメージはこの花。
昭和記念公園201605-11
丘の上、ひなげしの花で〜 
懐かしい歌を思い出す。あの頃は歌謡曲と呼んでいたよね。

 昭和記念公園(Vol.167)
(撮影 2016年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

今週の高幡不動尊(05/28) あじさいまつり直前

土曜日は雲が多めだったがその分、気温が上がらず過ごしやすく、
いい天気になった日曜日は梅雨を意識してしまう蒸し暑さだった東京多摩地区。

恒例のあじさいまつりが始まる直前の高幡不動尊。
高幡不動尊201605-1
28日(土)は月に1度のお不動さんの日なので境内の参拝者も多い。

お不動さんの日に出る露店は対象年齢が高く、こういうモノを売るお店が多い。
高幡不動尊201605-2
 
きれいに咲いたツツジ。でもちょっと遅めだよね。
高幡不動尊201605-4

先週も咲いていた大日堂前の山あじさい(クロヒメアジサイ)が見頃になっていた。
高幡不動尊201605-5
ここは境内でも早く山あじさいが咲く場所。

しかし、いつも遅めに咲きはじめる人気の墨田の花火でさえも少し咲き始めている。
高幡不動尊201605-6
 
ここは山内の山あじさい自生地付近。ここも見頃と言って良いぐらい咲いている。
高幡不動尊201605-8
 先週も書いたけど今年のあじさいはかなり早い。
高幡不動尊201605-12
 まだあじさいまつりが始まる前なんだけど(汗)
高幡不動尊201605-9

六地蔵さんもあじさいを楽しんでいる。
高幡不動尊201605-7

山あじさいより遅めに咲く西洋あじさいも、これだけ咲いている。
高幡不動尊201605-13
弁天池まわりのこの場所の西洋あじさいは、境内の中でも早く咲き始めるんだけど、
下のように違う場所の西洋あじさいも咲き始めている。
高幡不動尊201605-3
 
西洋あじさいが壁のように咲いて人気のこの場所はさすがにまだこれからかな。
高幡不動尊201605-10
この場所で唯一赤色系の西洋あじさいだけはすでに咲いている。ほんと今年は早い。
高幡不動尊201605-11

高幡不動尊201605-14
高幡不動尊の第33回あじさいまつりは6月1日(水)から7月7日(木)まで。
上写真の掲示にもかかれているが、山あじさいの見頃は5月下旬から。

今週の高幡不動Vol.399
(撮影 2016年5月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(05/22) 初夏の花々

この週末、真夏日一歩手前まで気温が上がった東京多摩地区。
真夏のような湿度がないので、日陰に入ると吹く風が涼しい。
高幡不動尊201605-1

奥殿横で初夏の花、ホタルブクロ、キキョウ科が咲いている。
高幡不動尊201605-2
ガクを見るとこの花はヤマホタルブクロのようだ。

ヤマホタルブクロのすぐ横でヤエウツギ(八重空木)、ユキノシタ科も咲いている。
高幡不動尊201605-3
シロバナヤエウツギとも言われ、真っ白で柔らかな感じの花。
高幡不動尊201605-4

奥殿の向かい側、大観音像に向かう坂道の上でセンダンの木に花が咲いている。
高幡不動尊201605-5
大きく撮ってみる。
高幡不動尊201605-14
センダンの木の下で咲いているのは、八重咲きのドクダミ。
高幡不動尊201605-6
ドクダミは良く見かけるが八重咲はあまり見かけない。

大日堂の前に行くと、もう山アジサイが咲いていた。
高幡不動尊201605-8
先週は来ることができなかった。1週あけただけで随分いろいろな花が咲くものだ。

これは大師堂前。
高幡不動尊201605-13
今年は山アジサイが咲き始めるのが早い。

ヤマアジサイの自生地でも、すでにかなりの山アジサイが咲いてる。
高幡不動尊201605-12
これはクロヒメアジサイ。もう見頃と言っても良いぐらい咲いている。
高幡不動尊201605-16
咲いているといっても、山アジサイの花のように見えるのは本当の花ではなく装飾花。
本当の花は中央部分でまだ蕾の状態。

下の写真はすでに本当の花まで咲いている山アジサイ。
高幡不動尊201605-17
もうこれだけ咲いている山アジサイもある。

高幡不動尊の第33回あじさいまつりは6月1日(水)から。
あじさいまつりが始まった日に山アジサイの見頃が過ぎていなければいいんだけど・・・

今週の高幡不動Vol.398
(撮影 2016年5月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園(2015年8月)夏の花

お盆の週末の昭和記念公園の様子。

キキョウ(桔梗)、キキョウ科。秋の七草の1つだけど、咲くのは初夏から真夏。
昭和記念公園201508-1
 ここでは白いキキョウも咲いていたんだけど、すでに枯れかけてしまっていて写真はなし。

ランタナ、クマツヅラ科。花の色が微妙に変わることから七変化とも呼ばれる。
昭和記念公園201508-2
名前の通り、ランタナにはいろいろな色の花があるが、この色が一番落ち着いていて好きかな。

いま見頃のサルスベリ、ミソハギ科。百日紅と書くのは、百日間、紅色の花を咲かせることから。
昭和記念公園201508-4
確かにサルスベリの花期はかなり長く、百日はあながちウソではない。

この花は、千日紅、ヒユ科。百日のサルスベリに対応して、こちらは千日。
昭和記念公園201508-8
でも、千日って約3年だから、どれが昨年の花で、どれが今年の花なのか
わらかなくなるってことだよね。いくらなんで、そこまで花木は長くない(笑)

夏を代表する花、ユリ。その中でもかわいい感じなのが、このカノコユリ。
昭和記念公園201508-6
こちらは、高幡不動尊の弁天池でも咲いていた、タカサゴユリ。 
昭和記念公園201508-7
 
ヒマラヤスギ、マツ科の実。
昭和記念公園201508-5
ヒマラヤスギは名前にスギが付くけどマツ科なので、でかい松ぼっくりだね。

イチョウ並木を見上げてみると、ギンナンの準備中。
昭和記念公園201508-3
 
昭和記念公園201508-9
サギソウまつり。 
昭和記念公園201508-10
8月後半になって、気温が低い雨の日が続いたけど、サギソウの花は大丈夫なんだろうか。
今度の週末、晴れたら昭和記念公園に行って確認したいね。

 昭和記念公園(Vol.138)
(撮影 2015年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ