ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

夏の風物詩

昭和記念公園 サギソウが咲き始めた

7月最後の週末の昭和記念公園。
すごくいい天気になったんだけど、夏は天気が良いと猛暑であまり歩くことができない(汗)

水鳥の池と夏らしい空。
昭和記念公園201607-6
水鳥たちも池から上がって木陰で休憩するぐらい暑い(笑)。
昭和記念公園201607-7
微笑ましい光景だけど、なんだか笑える。

ハニーサックル、スイカズラ科。
昭和記念公園201607-5
突抜忍冬(ツキヌキニンドウ)とも呼ばれる。
昭和記念公園201607-4
歌を歌っているような面白い花の形をしているが、つる性植物で繁殖力が強いそうだ。

秋の七草のナデシコ(撫子)、ナデシコ科。割りと地味な花。
昭和記念公園201607-2
我が子を撫でるようにかわいい花であることからついた名前だそうだ。 

こちらも秋の七草のキキョウ(桔梗)、キキョウ科。
昭和記念公園201607-12
ナデシコ同様、秋の七草だけど夏に咲く。まだ立秋にはなっていないので暦の上でも盛夏。

キンセンカ、キク科の上のバッタ。オンブバッタだろか。
昭和記念公園201607-3
オンブバッタはキク科の草を好んで食べると書いてあったので間違いないと思う。 

ハーブ園で良く見かける猫。
昭和記念公園201607-1
この猫はいつも木陰で寝ている。
 
菖蒲田では少し前からサギソウ、ラン科が咲き始めている。
昭和記念公園201607-8
8月6日(土)から恒例のサギソウまつりが開催される。
昭和記念公園201607-9
サギソウの様子はサギソウまつりの時に。 

菖蒲田でサギソウと同じ時期に咲くミソハギ、ミソハギ科。
昭和記念公園201607-10
別名盆花と呼ばれ、旧暦のお盆にこの花に水をつけておはらいをしたりするそうだ。

カノコユリ(鹿の子百合)、ユリ科。昭和記念公園のユリの中で一番最後に咲く。
昭和記念公園201607-11
赤いツブツブが鹿の斑点を並べた鹿の子模様に似ていることからついた名前。

昭和記念公園からの帰宅途中に激しい夕立があって散歩の途中で雨宿りすることに。
梅雨直後なのに 天気が不安定。首都圏の水ガメとなっているダム付近にも降ってほしい。
 
 昭和記念公園(Vol.174)
(撮影 2016年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

暑中見舞い 2016

暑中見舞い2016

この週末はさらに暑くなりそうですが、7日(日曜日)は立秋です。


今週の高幡不動尊(07/30) 梅雨明け

平年より7日遅く28日(木)に梅雨が明けた東京多摩地区。

7月最後の週末、30日(土)は、まさに梅雨が明けたという感じの晴天。
高幡不動尊201607-1
久しぶりに境内の不動堂の姿をトップにしてみたが、暑くて参拝者はまばら。
高幡不動尊201607-2
 
大日堂につながる山門そばで咲いているノリウツギ、ユキノシタ科又はアジサイ科。
アジサイに似ているけどアジサイではないので、花は切られずに残っている。高幡不動尊201607-3
和紙をすく時の糊をとったことからついた名前だそうだが、他のウツギとは花がかなり違う。

高幡不動尊201607-4
六地蔵さんの回りは山の陰になることと、木が生い茂っているので、ひんやりとしている。

セミの鳴き声がする中、六地蔵さんの横を登っていくと鐘楼があるが、その手前に
キツネノカミソリ、ヒガンバナ科が咲き始めていた。
高幡不動尊201607-5
セミの抜け殻を発見。旬の花から空に飛び立てたセミは幸せモノだ。
高幡不動尊201607-6
キツネノカミソリはまだこれから、花が少ない時期にありがたい存在。

少しひんやりとした山の中から出ると猛暑。
高幡不動尊201607-7
露店もなく歩く人もほとんどいない。ちょっと広く見える。高幡不動尊201607-8
梅雨明けしてから安定した晴天が続くことを梅雨明け10日というが、気象庁に
よると、今年の関東地区はこの言葉のように安定した晴天が続かないそうだ。
高幡不動尊201607-9

今週の高幡不動Vol.407
(撮影 2016年7月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(07/23) コムラサキの花

まだ梅雨が明けない東京多摩地区。この週末は曇り空のため暑さが一段落で散歩にはありがたい。

仁王門を入って右側の枝垂れ桜の足元で、コムラサキ、クマツヅラ科の花が咲いていた。
高幡不動尊201607-3
花は実の色を薄くしたような明るい薄紫色。
もう実になっているものも。
高幡不動尊201607-4
実が熟すと下写真のようにきれいな明るい紫色になる。花よりもずっと目立ってきれい。
高幡不動尊201607-9
これは昨年の9月下旬に撮った写真。

大日堂の前でひっそりと咲くオニユリ。
高幡不動尊201607-5
オニユリは割と群がって咲くことが多いような気がするんだけど、ここでは毎年1,2輪だけ咲く。

ヤマユリの季節もそろそろ終わりかな。まだ梅雨があけていないというのに(笑)
高幡不動尊201607-1

同じユリ科のヤマホトトギス。夏から秋にかけて咲く花なのでまだこれから。
高幡不動尊201607-2

弁天池のハス。今年のハスは咲きかたが今一つのような気がする・・・
高幡不動尊201607-6

花が少なくなってブログネタに困る時期がやってきた。
高幡不動尊201607-7
静かで参拝者がほとんどいない境内を撮ってもね(汗)

高幡不動尊の境内に罰当たりなポケモンがいたので、とりあえず捕獲しておいた(笑)
高幡不動尊201607-8
田舎はポケストップが少なくて困る・・・

今週の高幡不動Vol.406
(撮影 2016年7月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 ヤマユリなど

昭和記念公園のこもれびの丘にはヤマユリが咲いている。

立川口から一番遠い場所にあるので、真夏に歩いて行くのは大変なんだけど、
この日は梅雨空で涼しかったおかげで、楽に行くことができた。
昭和記念公園201607-7

倒れかけたヤマユリが木切れで支えられている。
昭和記念公園201607-6
高幡不動尊と同じで、倒れてしまったヤマユリ。
昭和記念公園201607-3
花が重いから支柱を立てないとダメだね。昭和記念公園201607-4
ちょっとかわいそうな姿だけど、この姿でもいい香りがする。

ヤブラン、キジカクシ科又はユリ科。
昭和記念公園201607-5
晩夏からの花だから、ちょっと咲くのが早いよう気がする。

ツユクサ、ツユクサ科。いい色の花、私のお気に入り。
昭和記念公園201607-2
梅雨の草ではなく、朝露の露の草なので、これから秋にかけてたくさん咲く花。 

カリガネソウ(雁金草)、シソ科。花の形が雁(ガン)に似ているからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201607-8
別名がホカケソウ(帆掛草)。帆掛け船の方が近いような気がする。

ネムノキ、マメ科。あじさいの花とのコラボ。
昭和記念公園201607-10
昭和記念公園はあじさいの珠切りをしないので、まだあじさいが咲いている姿を
たくさん見ることができる。

 この花はムクゲ。タチアオイ(立葵)やフヨウ(芙蓉)、ハイビスカスと同じアオイ科。
昭和記念公園201607-11
ムクゲはかなり大きな木になる。

クチナシ、アカネ科。
昭和記念公園201607-9
この花はなぜこんなにいい香りがするんだろうというぐらいいい香りがする。 

今年初めての赤とんぼ。
昭和記念公園201607-1
まだ梅雨があけていない東京だけど、赤とんぼがたくさん飛んでいて秋の雰囲気。

 昭和記念公園(Vol.173)
(撮影 2016年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

昭和記念公園 オリエンタルハイブリッド系ユリ

7月の昭和記念公園の見所はユリの花。
あじさいが終わったらユリの写真だらけ・・・(汗)

西立川口近くのさざなみ広場西側斜面に毎年カサブランカがたくさん咲く場所がある。
昭和記念公園201607-12
純白のカサブランカは優雅で華麗。
昭和記念公園201607-7
いい香りがあたりに漂う。
昭和記念公園201607-8

同じ場所に咲いている、コンカドール
昭和記念公園201607-6
カサブランカが黄色くなった感じのユリ。
昭和記念公園201607-9

これはシルクロード。名前の由来はわからないけど、背が高いユリ。
昭和記念公園201607-10

これはアスカ。八重咲のユリという感じ。
昭和記念公園201607-5

ミス・ルーシー。別名ミスマルコ。花の中央部分が特徴的。アスカに似ている。
昭和記念公園201607-11

以下は場所が変わって、立川口に近い、ながめのテラス横。
昭和記念公園201607-3

これはソルボンヌ。フランスか?
昭和記念公園201607-1
陽射しがあたると夏の花らしく輝く。
昭和記念公園201607-4

これはル・レーブ。「夢」という意味だそうだ。
昭和記念公園201607-2

オリエンタルハイブリッド系ユリは芳香も特徴だそうだが、写真を撮っている間、
ずっと花の香りが持続するのは、ロウバイぐらいかな。

 昭和記念公園(Vol.172)
(撮影 2016年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動尊(07/16)ヤマユリが見頃

雨が降りそうになったり、太陽が少しだけ顔を出したり。
まさに梅雨空の週末となった東京多摩地区。

いま高幡不動尊では夏の花、ヤマユリが見頃になっている。
高幡不動尊201607-4
ヤマユリが咲く時期に高幡不動尊の山の中を歩くと、ユリのいい香りが漂ってくる。
高幡不動尊201607-3

見た感じはカサブランカなど、オリエンタルハイブリッド系ユリにそっくり。
高幡不動尊201607-5
それもそのはず、ヤマユリは日本に自生するユリの中で園芸種的には一番重要な
原種となっているユリでオリエンタルハイブリッド系の原種。
ヤマユリの花びらの内側の赤い斑点を取ったらそのままカサブランカだね。
高幡不動尊201607-11
上の写真は我が家で咲いているカサブランカ。
このカサブランカは神代植物公園で買った球根を植えて4回目の夏、何も手入れ
することなく毎年良く咲いてくれる。

ヤマユリは茎の太さと長さに比べて花が大きいので、何か支えてあげないと
強い風が吹いたりしてこんな感じになってしまうことがある。
高幡不動尊201607-2
大日堂と大師堂の間で咲いているヤマユリは、竹の支柱で支えられている。
高幡不動尊201607-8

高幡不動尊ではあじさいまつりが終わると、来年もまたきれいな花を咲かせるために
花を切り落とす「あじさいの珠切り」が行われる。
高幡不動尊201607-7
先月まであじさい見物で人がたくさん訪れていたこの場所もきれいに花が刈り取られている。
高幡不動尊201607-6
たまにポツンと花が残っていたりもするんだけど。まあ人間がすることだからね。

珠切りの前までは、あじさいとヤマユリの両方が楽しめたんだけどいまはもう
こういう光景を見ることができないのは少し残念。
高幡不動尊201607-10
上写真は先週の日曜日7月10日に撮ったもの。

あじさいまつりも終わって境内は人が少ない。
高幡不動尊201607-1
これからしばらくはこんな感じが続くだろけど、これが本来の高幡不動尊。

高幡不動尊201607-9
弁天池では蓮の花が咲いて真夏らしい感じになっている。
猛暑日にはなっていないものの、湿度が高く蒸し暑い日だった。

今週の高幡不動Vol.405
(撮影 2016年7月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

釣鐘草

釣鐘草
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.7  東京都日野市
釣鐘草

 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.7  東京都日野市

釣鐘草(ツリガネソウ)、桔梗科。別名風鈴草。

花の形はまさに釣鐘だけど、下向きよりも横から少し上向きに咲くことが多い。

初夏に咲く花なのに暑さに弱いそうだ・・・。
 
キキョウ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.7  東京都日野市

こちらは同じキキョウ科のキキョウ。確かに釣鐘草を丁寧に開いた感じ(笑)。


凌霄花

ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市
ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市
ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市

凌霄花(ノウゼンカズラ)、ノウゼンカズラ科。つる性植物でオレンジ色の南国っぽい花を咲かせる。

凌は「しのぐ」、霄は「そら」で、つるが木にまとわりついて天高く登ることからついた名前。

丈夫で育てやすいことから、庭木として育てられ、この近所の凌霄花も見上げるぐらいの高さになっている。

昭和記念公園 夏の花々が咲き始めた

6月の昭和記念公園、あじさい以外に夏の花が咲き始めていた。

キキョウ。キキョウ科。秋の七草なんだけど、初夏の頃から咲き始める花。
昭和記念公園201606-1
明るい紫以外に白い花も咲いていた。

ノウゼンカズラ(凌霄花)、ノウゼンカズラ科。木にまとわりついて天高く登ることからついた名前。
昭和記念公園201606-2
この写真では、そんな名前の由来を全然実感できない・・・(笑)

クロコスミア、アヤメ科。ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)やモントブレチアとも呼ばれる。
昭和記念公園201606-3
緑の葉に鮮やかなオレンジ色が目立つ、この時期はよく見かける花。

ダイヤーズカモミール、キク科。
昭和記念公園201606-4

ネムノキ(合歓の木)、マメ科。
昭和記念公園201606-5
葉が夜になると閉じる。それがまるで眠るようなので「眠りの木」が「ねむの木」になったそうだ。
昭和記念公園201606-12
花はマメ科っぽくないが、実がサヤエンドウに似ていてマメ科であることがわかる。

ナツツバキ(夏椿)、ツバキ科。
昭和記念公園201606-6
沙羅の木とも呼ばれる。花の形が椿に似ていて夏に咲くから夏椿。
昭和記念公園201606-7
お寺によく植えられ、高幡不動尊でも大日堂の横に植わっている。

ユリがたくさん植えらているところ。
昭和記念公園201606-8
この日はまだこれからだったけど、いまではもうかなり咲いていることだろう。
昭和記念公園201606-9
夏はユリの季節でもあるから、次にここを訪れるのが楽しみ。

毎年恒例の100株、100品種のハス鉢展示。
ちゃんと品種名が書かれているが皆すごく難しい名前。
昭和記念公園201606-10
玄武湖紅蓮 (げんぶここうれん)
昭和記念公園201606-11
紅舞妃蓮 (こうまいひれん)
昭和記念公園201606-13
小寿星(しょうじゅせい)

ハスの花って癒されるいい色していると思う。

 昭和記念公園(Vol.171)
(撮影 2016年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動尊(07/02) 七夕飾り 

7月最初の週末。梅雨はどこかに行ってしまったかのような天気になり、日曜日は猛暑日となった。

高幡不動尊の入口、仁王門の七夕飾り。
高幡不動尊201607-1
この位置から後ろを振り返ると、七夕飾りの参道。
高幡不動尊201607-11
でも、お不動さんに七夕は関係ないので、七夕飾りはここまで。
高幡不動尊201607-12
境内はいつもと変わらない様子。

あじさいまつり期間は7月7日(木)で終わりなので、これが最後の週末となるが、
高幡不動尊201607-4
人が少ない。
高幡不動尊201607-5
四季の道の奥の方も人影が少ない。

高幡不動尊201607-6
まだこのあたりの西洋あじさいと額あじさいはまだ見頃なんだけどね。
高幡不動尊201607-7
こうしてみると、高幡不動尊のあじさいは青色系が多いなぁ。
高幡不動尊201607-9
人がいなくなるのを待って撮ったわけではなんだけど人が写っていない。

ここは大師堂に続く道。
高幡不動尊201607-2
ここはいつも誰かが写真と撮っているか、階段をのぼっているので、写真を撮るまで
待つ場所なんだけど、この日はすぐに撮れた。

大師堂前のお稲荷さん。
高幡不動尊201607-10
高幡不動尊には稲荷社もある。やっぱり青色系のあじさいが多い。

額あじさいの裏側を見上げて撮ったところ。
高幡不動尊201607-3
あじさいまつりが終わっても、あじさいの花がすぐに終わるわけではないが、
高幡不動尊では来年またきれいな花を咲かせるために、あじさいの珠切りと言って、
あじさいの花を切ってしまう。


今週の高幡不動Vol.404
(撮影 2016年7月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 あじさい

この時期は昭和記念公園もやはりあじさい。
昭和記念公園はあじさいロードとして整備されている。

あじさいを鑑賞しながらサイクリング。 よそ見をしてはいけないか(笑)
昭和記念公園201606-2
昭和記念公園はあじさいの珠切りをしないので、この場所のアナベルはドライフラワーになる。
昭和記念公園201606-1
このあたりはアナベル率が高い。
昭和記念公園201606-3
これはうずあじさいかな。

昭和記念公園のあじさいにも名札が出ているので名前がわかる。
昭和記念公園201606-4
これは額あじさいナイチンゲール。なぜナイチンゲールなのか名前の由来はわからない・・・

昭和記念公園201606-6
額あじさいロートシュバンツ。これは高幡不動尊では見かけないあじさい。

昭和記念公園201606-5
額あじさい恋路ヶ浜。なかなかシャレた名前だ。

昭和記念公園201606-7
額あじさい斑入り。葉が斑入りってことかな。上の恋路ヶ浜と似ているけど・・・

昭和記念公園201606-9
山あじさい紅。これは高幡不動尊でもよく見かける人気のあじさい。

菖蒲田の回りも、あじさいがたくさん咲く場所。
昭和記念公園201606-8
奥の方に白い花が咲いている場所が見えるが、ここもアナベルがたくさん咲いている場所。
昭和記念公園201606-10
菖蒲田の花菖蒲はほとんど終わっている。その中でも元気な花菖蒲を。
昭和記念公園201606-12
花菖蒲からあじさいと季節の花がどんどん変わっていく。

昭和記念公園201606-11
昭和記念公園は山あじさいが少なくて額あじさいと西洋あじさいがメイン。

この黄色い花は金糸梅、オトギリソウ科。
昭和記念公園201606-13
あじさい以外にも夏の花の咲いていたので、それはまた別記事で。
 
 昭和記念公園(Vol.170)
(撮影 2016年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動尊(06/25) あじさいが咲く散策路

この週末(土曜日)は梅雨時期らしい空模様。本降りだった雨が朝にはやんで、昼には薄日が差す天気。
高幡不動尊201606-14
あじさいまつり期間中ということでたこ焼きや焼きそばなどの露店も出ている。 

山あじさいが終わってきて、主役は西洋あじさいと額あじさいになってきた。
高幡不動尊201606-8
山内のお地蔵さんの回りもあじさいで埋まっている。
高幡不動尊201606-4
あじさいが咲く散策路を登って山の反対側に行ってみる。
高幡不動尊201606-3
回りの緑が深まっていい感じの散策路になっている。
高幡不動尊201606-7
道の両側にあじさいがはみ出てきて狭くなっている場所もある。
高幡不動尊201606-6
すれ違うとき、あじさいの手前に止まってゆずりあうのが、この時期らしい光景。

山の反対側の広場に到着。昔、ここが高幡城だった頃の馬場跡らしい。
高幡不動尊201606-5
いまは彼岸花がたくさん植えられている場所。回りであじさいが咲いている。
ここが赤い彼岸花で埋まるであと3ヶ月。

中央部分の本物の花も満開。
高幡不動尊201606-2
中央部分にも咲いた花と蕾があるのがわかる。
高幡不動尊201606-12
 
弁天池のスカシユリ。以前よりスカシユリが少なくなってしまったのがちょっと残念。
高幡不動尊201606-13
 
境内のいろいろなところでアガパンサス、ユリ科が咲いている。
高幡不動尊201606-9
小さな古いお地蔵さんがあじさいとアガパンサスに囲まれている。
高幡不動尊201606-10
テレビでは多摩のあじさい寺のように紹介され、あじさいがたくさん咲いている
様子が取り上げられたりしているが、こういうのが本来の高幡不動尊らしい風景。 

今週の高幡不動Vol.403
(撮影 2016年6月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

京王百草園 あじさい

久しぶりの京王百草園。この時期はここでもやはりあじさい(笑)

京王百草園201606-1
 百草園らしく東屋とあじさい。
京王百草園201606-2

京王百草園201606-4
京王百草園は高幡不動尊と違って西洋あじさいと額あじさいがメイン。
京王百草園201606-6
背景に竹林があるのも百草園らしいかも。
京王百草園201606-7
日本庭園らしく竹垣とのコラボ。これは竜安寺垣と呼ばれる垣根かな。
京王百草園201606-8
高幡不動尊と違って人が少ないのでゆっくりあじさいを鑑賞できる。

真夏の花というイメジーがある、ノカンゾウ、ユリ科が咲いていた。
京王百草園201606-3

秋にはきれいな紅葉を見せてくれるモミジの実。
京王百草園201606-5

見上げると梅の実がなっていた。まさに梅雨の時期だ。なかなか雨が降らないけど・・・
京王百草園201606-10
受付にも梅の実が置いてある。
京王百草園201606-9
百草園で採れた梅を売り出さないかなあ。

ゴールデンウイークにも京王百草園に来たけど、その時はブログの記事にしなかった。
京王百草園201606-12
いつもこの藤棚のそばに赤い番傘や赤い布がかけられた縁台が置かれていて
雰囲気がいいんだけど、この日は風が非常に強かったので置かれていなかったのが残念。
京王百草園201606-11
何年か前に藤の花が咲かない年があった。それ以来だろうか、残念なことに
いまひとつ藤の花に迫力がなくなったように思う。
そんなこともあって記事にしなかったのかな・・・

心字池の水辺に咲くカキツバタの花。
京王百草園201606-13
花菖蒲などアヤメ科の花はいまでも咲いている。
京王百草園201606-14
緑が深まってきた心字池。

(撮影 2016年6月18日ほか)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動尊(06/19)  あじさいまつり期間中のござれ市

この週末は、土曜日が30℃を超える真夏日となったが、日曜日は雲が多く風も涼しい日となった。

境内に入ってすぐ右側の枝垂れ桜の下でアガパンサス、ユリ科が咲いていた。
高幡不動尊201606-2
別名、紫君子蘭(むらさきくんしらん)。南アフリカ原産の花だけあって夏の花。
高幡不動尊201606-1
よく見ると蕾が多い、もうちょっとだね。

高幡不動尊201606-3
今日は第3日曜日。月に1度のござれ市の日だけあって、境内のお参りの人が多い。

高幡不動尊201606-4
あじさいが咲く境内で露店が出ている。この時期らしい風景。
高幡不動尊201606-5
あじさいまつり期間中のござれ市だから、人出が多いかと思ったがそれほどでもなかった。
高幡不動尊201606-12

背の高い西洋あじさいと額あじさいが壁のように咲く四季の道。
高幡不動尊201606-10
ここもすでに見頃になっているが、上写真の中心部分に赤い花が咲いているのがわかるだろうか?
下写真はもう少し近寄って撮ったもの。
 高幡不動尊201606-11
以前から写真をアップしていた、このあたりで唯一赤紫のあじさいが顔を出していた。
高幡不動尊201606-7
紅一点ならぬ紅三点(笑)

ござれ市に人が来ているわりには、ここは人が少なくて写真が撮りやすかった。
高幡不動尊201606-13
先日まとまった雨が降り、今日もそれほど暑くないから、しおれた感じはなかった。
高幡不動尊201606-8
西洋あじさいもきれいに咲いている。いまが一番いい時なんじゃないかな。
高幡不動尊201606-9
昭和記念公園の花木園展示棟で瀬戸豊彦写真展「昭和記念公園と東京のアジサイ名所案内」が
開催されていたが、ここで高幡不動尊も紹介されていて、青色系のあじさいが多いと書かれていた。 
確かに高幡不動尊は青色系が多いと思う。

高幡不動尊の第33回あじさいまつりは6月1日(水)から7月7日(木)まで。

今週の高幡不動Vol.402
(撮影 2016年6月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ