ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

秋の風物詩

昭和記念公園 イエローキャンパス

11月5日(土曜日)の昭和記念公園、みんなの原っぱ西花畑のイエローキャンパス。
昭和記念公園201611

この日は秋らしい青空が広がるいい天気だったので、西花畑一面が明るい感じになっていた。
昭和記念公園201611
東花畑のキバナコスモス、花の丘のドワーフセンセーションに続いて、この西花畑の
イエローキャンパスが、いままさに見頃になっている。
昭和記念公園201611

イエローキャンパスの色は黄色よりも白色に近いとても明るい色。
昭和記念公園201611
天気がいい日に撮れて良かった。

少し離れた場所から西花畑を見ると、クリーム色の帯ができている。
昭和記念公園201611

同じみんなの原っぱ東花畑のキバナコスモスは来春の準備のためにすでに刈り取られていた。
昭和記念公園201611
来春にはここは菜の花畑になるのかな。

場所が変わってこちらはハーブ園。センニチコウ(千日紅)、ヒユ科に止まったキチョウ。
このチョウがイエローキャンパスの中を飛んでいたら見つけることができないかも(笑)
昭和記念公園201611
もうかなり寒くなってきているのに、まだチョウチョが飛んでいるんだね。

これはナスタチウム、ノウゼンハレン科、別名キンレンカ。
昭和記念公園201611
昭和記念公園はこういう感じで名札がついているので、花の名前がわかりやすい。

水鳥の池とススキ。とても秋らしい光景。
昭和記念公園201611
きれいな青空と山茶花。こちらはどちらかというと真冬の光景。
昭和記念公園201611
秋はあっという間に過ぎて行くね。

このあと、紅葉の様子を見るするため日本庭園に向かった。
 
昭和記念公園(Vol.188)
(撮影 2016年11月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

紅葉に囲まれた!

2016_1105_130000R_edited-2-1
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2016.11 昭和記念公園 日本庭園

甲羅干しをしているうちに周りを紅葉に囲まれたカメ(笑)


今週の高幡不動尊(10/30) 菊まつりが始まった

はっきりしない天気の週末になった東京多摩地区。

高幡不動尊では10月28日から恒例の菊まつりが始まった。
高幡不動尊201610
 
菊まつりが始まると入り口の仁王門のところにも菊が飾られる。
高幡不動尊201610
境内は七五三参りの人が菊の前で記念撮影をしている。
高幡不動尊201610
今年は不動堂前の両側に千輪咲きの菊が飾られている。
高幡不動尊201610
毎年のことだけど、菊まつりが始まった頃はまだあまり咲いていない。
高幡不動尊201610
いつも飾られるカメが今年はいない・・・。

背の高い大菊の展示。この中から総理大臣賞などが選ばれる。
高幡不動尊201610
天気が今一つということもあって、まだ人が少ない。
高幡不動尊201610
菊の見頃はもう少し先なことを皆さん良くご存知(笑)。

多摩地区の菊愛好会の展示もある。
高幡不動尊201610
 この青羽菊友会はいつも富士山の展示をしている。今年も同じかな?
高幡不動尊201610
菊愛好会の展示は小菊が中心。たぶん大菊は競技花として展示されているんだろう。
高幡不動尊201610
以前は大菊ばかり見ていたが、よく見ると小菊もなかなかいい。
高幡不動尊201610
丸くてかわいい菊。これはポンポン菊?それともピンポン菊?
高幡不動尊201610

ここは境内から少し山の方に入ったところ。
高幡不動尊201610
紅葉ライトアップの準備だろう、サーチライトが木杭に針金で止められている。
こうやって明るい時に見るとちょっと味気ないね(笑)。

これはキチジョウソウ(吉祥草)、ユリ科。吉祥寺草ではない。
高幡不動尊201610
この時期、ちょっと薄暗い草かげなどでひっそりと咲く花。ちょっと撮りづらい。
高幡不動尊201610
この花が咲くとその家に吉事があると言われているおめでたい花。

高幡不動尊201610
菊まつりと七五三参りの人出を期待した露店。この日はまだ開店休業中。

今週の高幡不動Vol.418
(撮影 2016年10月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 コスモスの様子(10月23日)

昭和記念公園のコスモスの様子。
この日(10月23日)は、午前中は青空が広がっていい天気になった。
ところが午後になると、急速に雲が広がり夜は雨がパラパラと降る忙しい1日。

みんなの原っぱ東花畑の70万本のキバナコスモスはまだ黄色い絨毯を保っていた。
昭和記念公園201610
よく見るとかなり枯れているんだけど、花の密度が高いので遠目に見るとわからない。
昭和記念公園201610
昭和記念公園のホームページによると、来春の菜の花畑の準備のために
27日に刈り取られてしまったそうだ。

とっくに満開になっているはずの花の丘のドワーフセンセーション。
昭和記念公園201610
ここの400万本が満開になると壮観なんだけど、今年は花にとって大切な時期が
天候不順となりいまひとつで終わってしまうみたいだ。
昭和記念公園201610
ホームページによると、この花の丘も来春の準備のために11月3日に刈り取るそうだ。
昭和記念公園201610
コスモスよりも秋の青空の方がきれいに撮れた(笑)。
昭和記念公園201610
ここで咲いているコスモス。
昭和記念公園201610
山口百恵の秋桜か、本家谷村新司の秋桜が頭に流れるときの秋桜はこの色かな。
昭和記念公園201610
まあ典型的な色のコスモスの花ということだね。
昭和記念公園201610
これらの色以外は白い花かな。

みんなの原っぱ西花畑の80万本のイエローキャンパスがもうかなり咲いていた。
昭和記念公園201610
遠くにキバナコスモスの黄色い絨毯が見えている。本数としては一番少ないけど、
存在感は抜群、今年はキバナコスモスの年だったね。
昭和記念公園201610

ここのイエローキャンパスは、この日はまだ3〜4分咲きらしいけど、一部はもう見頃な感じ。
昭和記念公園201610
イエローキャンパスのこの淡い黄色はすごくいいね。
昭和記念公園201610
この週末はもう完全に見頃になっているんだろうけど、天気がいまひとつ・・・

昭和記念公園(Vol.187)
(撮影 2016年10月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(10/22) 菊まつり直前

いまひとつはっきりとしない天気の週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊できれいに咲いていたサザンカ(山茶花)、ツバキ科。
高幡不動尊201610
こちらは別のサザンカ。
高幡不動尊201610
サザンカもいろいろと品種があるんだろうね。

高幡不動尊の境内は菊まつりの準備が着々と進んでいて、あとは主役の菊が
運び込まれるのを待つばかりとなっている。
高幡不動尊201610
次の週末(というよりもこの記事をアップした翌日)は菊まつりが始まっているからね。
高幡不動尊201610

境内には七五三参りの人も。菊まつりが始まると人が多くなるから今のうち。
高幡不動尊201610
この日の午前中はいい天気だったんだけど、午後は急に曇ってきてしまった。

少しずつ紅葉も始まっている。
高幡不動尊201610
いい感じにちょっと色が良くなくて残念。
高幡不動尊201610

ヤブミョウガ、ツユクサ科の実。
高幡不動尊201610

秋明菊、真っ盛り。菊まつりまでがんばって弁天池を飾ってくれた。
高幡不動尊201610

弁天池横のホトトギス(タイワンホトトギス)、ユリ科。
高幡不動尊201610
このホトトギスは下写真のように昨年までは大きな株だったのに剪定されてしまった。
高幡不動尊201610
10月28日から第46回高幡不動尊 菊まつりが始まる、11月17日まで。
次の週末はいい天気になるといいな。

今週の高幡不動Vol.417
(撮影 2016年10月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 日本庭園 紅葉の様子

昭和記念公園の日本庭園。ここは昭和記念公園の紅葉ポイントの1つ。

池に張り出した清池軒からの眺め。
昭和記念公園201610
所々色づいた木々があるものの、紅葉はまだ始まったばかりという感じ。
下がその清池軒。
昭和記念公園201610
清池軒の周りも紅葉ポイントになっているが、下のように一部が色づいている状態。
昭和記念公園201610
 

昭和記念公園201610
所々で色づいている木を意識的に入れて撮ってみると、それなりに紅葉が
進んでいるように見える。
昭和記念公園201610

この日、日本庭園で一番色づいていたモミジの木。
昭和記念公園201610
午前中は青空が出ていたこの日。写真を撮るにはいい感じだった。
この木の回りは写真を撮る人がたくさん、みんなここに集まっている感じ。だから
全体の写真はなし(笑)。
昭和記念公園201610
木全体ではなく、葉を1つ1つ見るとまだ緑色の葉もたくさん残っている。

いま日本庭園できれいに咲いているのは、タイワンホトトギスとこのツワブキ、キク科。
昭和記念公園201610
葉がフキに似ていて、つやがあることから、つやぶきが変化してつわぶきになったとか。
昭和記念公園201610
この花を見るとどうしても妻夫木聡を思い出す。この花の写真をアップする
ときにはいつも書いているけどね・・・(汗)

昭和記念公園201610
昭和記念公園の紅葉スポットの1つ立川口カナールのイチョウ並木。
昭和記念公園201610
少し色が変わってきてはいるけど、もう少し先(11月上旬頃)のようだね。

この日は午後になって急速に雲が広がり夜は雨が降った。

昭和記念公園(Vol.186)
(撮影 2016年10月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 ホトトギス

秋の昭和記念公園、コスモス以外に見たかったのはホトトギス。
ホトトギス、ユリ科は鳥のホトトギスの胸にある模様と花の斑点模様が
似ていることからつけられた名前。

こちらは、みんなの原っぱ近くで咲いていた、ホトトギス(タイワンホトトギス)。
昭和記念公園201610
高幡不動尊で咲いているホトトギスと同じで割りとよく見かけるホトトギス。
昭和記念公園201610

ところが、こもれびの丘南側斜面の園路沿いに咲いているホトトギスはちょっと違う。
これもタイワンホトトギスだと思うけど、微妙に花の色が違う。
昭和記念公園201610
これもタイワンホトトギスと同じような色なんだけど、蕾の色がちょっと違う。
昭和記念公園201610
こちらは色は同じだけど花びら全体に色がついている。
昭和記念公園201610
これは、全体的に色が薄い感じで、ヤマホトトギスに近いかな。
昭和記念公園201610

いろいろ微妙に違っていて面白い。
昭和記念公園201610
ここには白い花のホトトギスも咲いている。
昭和記念公園201610
白花のホトトギスはきれいだけど、ホトトギスの名前の由来となっている、
花びらの斑点模様がほとんどわからない。
昭和記念公園201610
ホトトギスはここまで。

ヤマラッキョウ、ユリ科。花火のように見える。
昭和記念公園201610
上は蕾で下が花。逆さにすると線香花火みたいにみえるだろう。
昭和記念公園201610
地下に球根があるが食用にはしないそうだ。

イヌショウマ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201610
上が蕾、下が花。
昭和記念公園201610
そして下は少しずつ花が枯れているものかな。
昭和記念公園201610
みんなの原っぱのコスモスのところには人がたくさんいるけど、こもれびの丘は
地味な山野草ばかりなので、人が少なくてのんびり散歩ができる。

昭和記念公園(Vol.185)
(撮影 2016年10月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 コスモスの様子

10月16日(日曜日)の昭和記念公園は久しぶりに人がすごく多かった。

立川口そばのカナールのイチョウはまだ少しだけ色が変わった程度。
昭和記念公園のイチョウ並木の黄葉は11月半ば頃。
昭和記念公園201610
手前のきれいな花はケイトウ、ヒユ科かな。

この日訪れた多くの人のお目当てはやはりコスモス。
以前から見頃になっている、みんなの原っぱ東花畑のキバナコスモス。
昭和記念公園201610
2週間前に訪れた時よりもずっと花の密度が高くなったように思う。
昭和記念公園201610
そしてキバナコスモスが人の背丈に近いぐらいにまで成長している。

東花畑のキバナコスモスの次は、この花の丘のドワーフセンセーション。
昭和記念公園201610
昭和記念公園のホームページでは花の丘のドワーフセンセーションは1分咲き。
昭和記念公園201610
昨日(15日)はきれいな晴天だったんだけど、この日(16日)午後は曇り空でちょっと残念。
昭和記念公園201610
ドワーフセンセーションは赤色、白色、ピンク色などの花が咲く。
昭和記念公園201610
名前にあまり馴染みがないけど、見た感じは良く見るコスモスの花(笑)。
昭和記念公園201610
1分咲きよりももう少したくさん咲いているに見える場所もある。
昭和記念公園201610
ここのコスモスの見頃は10月下旬ぐらいだろうか。

花の丘のドワーフセンセーションの次は、ここみんなの原っぱ西花畑のイエローキャンパス。
昭和記念公園201610
まだ咲き始め程度。遠くのオレンジ色のラインは東花畑のキバナコスモス。
昭和記念公園201610
部分的にはかなり咲いている場所もあるけどね。
昭和記念公園201610
ここで咲くのは同じ黄色のコスモスと言ってもキバナコスモスとは全然違う品種の
イエローキャンパス。見頃になるのは11月に入ってからだろう。
イチョウの黄葉と時期が重なるかもしれない。

昭和記念公園(Vol.184)
(撮影 2016年10月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(10/9) 菊祭りの準備開始

運動会シーズンなのにほとんど晴れ間がなかった秋の3連休。
土曜・日曜の2日間は午前中が雨だったから運動会も中止になってしまっただろうね。
しかし今年の秋は雨が多い・・・

七五三祈願が始まった。少し早いなと思ったけど、11月15日まではあと1ヶ月ちょっと。
高幡不動尊201610
 
早くも着物を着た小さな女の子がお参りの来ている。いまならご祈祷もすいている。
高幡不動尊201610
この日も午前中は雨が降ったので、境内もまだ濡れた場所がある。
慣れない草履で滑らないようにね。
高幡不動尊201610
境内では、菊まつりの準備が始まっている。
高幡不動尊201610
第46回になる高幡不動尊の菊まつりは10月28日から11月17日まで。

境内に入ってすぐ右側のコムラサキ(小紫)の実がきれいな明るい紫色になっていた。
高幡不動尊201610
この小紫は紫式部より実が小さいけど、密集して成るので見映えが良い。 
高幡不動尊201610

キバナアキギリ(黄花秋桐)、シソ科。
高幡不動尊201610
同じ花の形で青い色のアキギリがあるが、黄色いアキギリなのでキバナアキギリ。
高幡不動尊201610
サルビアの花にも似ている。

弁天池の秋明菊。結構咲いているんだけど、ちょっとバラバラでまとまり感がない。
高幡不動尊201610

またもや、カキツバタが咲いてる。なんだろうねこの花は・・・(笑)。
高幡不動尊201610

菊まつりまでまだ半月ある。ちょっとネタ切れ気味の高幡不動尊でした(汗)。

今週の高幡不動Vol.415
(撮影 2016年10月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

溝蕎麦(ミゾソバ)

溝蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.10  東京都日野市
溝蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.10  東京都日野市

溝蕎麦(ミゾソバ)、タデ科。溝や用水路などに生えて花と葉がソバに似ていることが名前の由来。

ちいさな花が集まってコンペイトウのように見える可愛い花。

別名は牛の額(ウシノヒタイ)。これは葉っぱが牛の額のような形をしているから。

溝蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.10  東京都日野市

花びらの先端が赤いので、蕾の時が赤くて花が咲くと白色になったようにも見える。

ところで、蕎麦って米や麦のようなイネ科ではなくタデ科なんだね。

京王百草園 秋の入口

久しぶりに京王百草園に行ってみた。紫陽花の時期以来。

咲き始めのホトトギス、ユリ科。この花はわりと派手でたくさん咲くと見映えがする
のでこれからが楽しみな花。
京王百草園201610
この咲き始めのホトトギスのように、この日はまだ夏から秋の装いに衣替え途中
という感じ。
京王百草園201610

高幡不動尊でも咲いていたカキツバタ、アヤメ科。
京王百草園201610
この花は狂い咲きが多い花なんだろうか・・・

シモバシラ、シソ科。
京王百草園201610
冬にこのシモバシラが枯れた茎の根本に霜柱のような氷の柱ができるのを
初めて見たのはここ京王百草園だった。

アザミにとまっているシジミチョウ。
京王百草園201610
とまっているというより頭を突っ込んでいる感じで全然動かなかった。

咲きかけのオミナエシ、オミナエシ科に止まったツマグロヒョウモン。
京王百草園201610
昭和記念公園で見たツマグロヒョウモンと違って地味な色合いなのでオスかな。

キンモクセイ、もう香りは終わってしまっていた。高幡不動尊も近所のキンモクセイも
もう香りが終わっている。キンモクセイって一斉に香りを放って、一斉に終わるような
気がしてならない。
京王百草園201610
後ろは若山牧水歌碑。京王百草園にはこういう歌碑や句碑がいくつかある。
全然ブログで紹介していないけど(笑)

ガマズミ(蒲染)、スイカズラ科の実。
京王百草園201610
ガマズミは夏の白い花を咲かせて秋は真っ赤な実をつける。
京王百草園201610
ここのガマズミもう少し実が密集して成っていたような気がするんだけど。

これはいままで見たことがない花。カシワバハグマ(柏葉白熊)、キク科。
京王百草園201610
花はコウヤボウキ(高野箒)に似ているけど葉の感じが違う。
京王百草園201610
こういう名前がわからない花を見つけたときは、葉も撮っておかないと後で
見分けがつかなくなる。

京王百草園の秋はやはりモミジの紅葉。さすがにまだ早いね。11月まで我慢。
京王百草園201610

ここは年明けの頃にたくさん日本水仙が咲く場所。ただいま準備中。
京王百草園201610

京王百草園の松連庵はお休み処になっていて、蕎麦などを食べることができた
けれど閉店してしまった。ちょっと残念。
京王百草園201610

ブログ更新の間隔があいてしまったけど、雨の週末が続いてブログネタ切れ状態(涙)。

(撮影 2016年10月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動尊(10/1) 金木犀と銀木犀

いまにも雨が降りそうな曇り空で涼しい土曜日と晴天で真夏のように暑い日曜日の
週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊の奥殿横にある大きなキンモクセイ(金木犀)からこの時期らしい香りが漂う。
高幡不動尊201610
キンモクセイ、モクセイ科。春のジンチョウゲ(沈丁花)と並んでいい香りがする花。
高幡不動尊201610
キンモクセイの香りって、なんだか不思議だけど、ある日一斉に香り始める気がする。
高幡不動尊201610
小さな花がたくさん集まっているが、花はすごく弱くて風などですぐ落ちてしまう。
高幡不動尊201610

実は高幡不動尊のトイレの横にはギンモクセイ(銀木犀)、モクセイ科も咲いている。
高幡不動尊201610
ギンモクセイもキンモクセイと同じいい香りがするが、キンモクセイより少し早い。
高幡不動尊201610
トイレの横にギンモクセイって消臭剤?って思ってしまうよね(笑)

高幡不動尊201610
キンモクセイの花とギンモクセイの花。よく似ているというか色が違うだけ。
高幡不動尊201610

奥殿横でなぜか八丈チドリというアジサイ(鉢植え)が咲いていた。
高幡不動尊201610
先日、弁天池でカキツバタが咲いていたけど、この日はアジサイの狂い咲き。

山の中の彼岸花はもうほとんど終わり。
高幡不動尊201610
彼岸花とお地蔵さん。今年はタイミングが合わずこういう光景をあまり撮ることができなかった。

弁天池ではシュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科がたくさん咲いてちょっと明るい感じ。
高幡不動尊201610
10月下旬に始まる菊まつりまでがんばってほしい。
高幡不動尊201610
紅葉は菊まつりの次、出番はまだ先だね。

今週の高幡不動Vol.414
(撮影 2016年10月1,2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 秋の山野草

昭和記念公園の北側にある雑木林(こもれびの丘)では、四季折々の山野草を見ることができる。

山野草とは野山に自生する鑑賞する価値のある草花のことで、花の丘やお花畑のコスモスや
渓流広場のチューリップのようにしっかり整備されて咲く花々と違って素朴で目立たない花が多い。
昭和記念公園201609
これはゲンノショウコ(現の証拠)、フウロソウ(風露草)科。
昭和記念公園201609
昔から下痢止めの薬草として知られていて、煎じて飲めばぴたりと効くところから、
薬効の表現として「現の証拠」と名付けられたそうだ。

ピンク色の花もあって西日本ではピンク色、東日本では白色が多いそうだ。
昭和記念公園201609

カリガネソウ(雁金草)、クマツヅラ科。別名ホカケソウ(帆掛草)。
昭和記念公園201609
花の姿が雁(ガン)の姿のようだからついた名前だそうだが、別名の帆掛草の方が
イメージに近い気がする。
昭和記念公園201609

ツリフネソウ(釣舟草)、ツリフネソウ科。
昭和記念公園201609
帆掛け船を釣り下げたような形あるいは花器の釣舟に似ていることからついた
名前だそうだ。
昭和記念公園201609
昭和記念公園のホームページでは、ほとんど同じ形の花で色が黄色いキツリフネソウも
このこもれびの丘に咲いているそうだが、見つけることができなかった、残念。

ツユクサ(露草)、ツユクサ科。
昭和記念公園201609
ツユクサは6月ぐらいからずっと咲いている花で「梅雨草」と勘違いしそうだけど、
名前の由来は露を帯びた花なので、いまが旬の時期。
昭和記念公園201609
別名も月草などいくつかあるが秋の季語となっている。
昭和記念公園201609
たまには後ろ姿なんかも撮ってみた。なんだか色っぽいね(笑)

これはナンバンギセル(南蛮煙管)、ハマウツボ科。露草と違って滅多に見ることがない花。
昭和記念公園201609
葉緑体をもたずススキなどの植物の根に寄生するという変わった植物。
というか、葉緑体を持っていない植物ってありなんだね。
昭和記念公園201609
南蛮人が使った煙管に似ていることからついた名前。

昭和記念公園201609
これはシモバシラ、シソ科。
昭和記念公園201609
このシモバシラは花も楽しめるが、冬になると枯れた茎から氷柱が出て霜柱になる
ことの方が有名だったりする。昭和記念公園で冬に撮ったシモバシラの様子はこちら
昭和記念公園201609
ツマグロヒョウモンチョウのメスだろうか、シモバシラは蜜が良く出るのか虫がたくさん飛んでいた。

雑木林とはいえ、こもれびの丘もボランティアスタッフなどが下草刈りや伐採などの
メンテナンス作業をしているため、歩きやすいく、この時期は快適な散歩ができる
場所になっている。

昭和記念公園(Vol.183)
(撮影 2016年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 黄花秋桜(キバナコスモス)

昭和記念公園の秋と言えばコスモス。テレビで色々紹介される。
昭和記念公園201609

コスモスの第一弾はキバナコスモス(黄花秋桜)、キク科。
昭和記念公園201609
9月の第2週ぐらいから徐々に咲き始めて、いま見頃はじめ。
昭和記念公園201609
場所はみんなの原っぱ東花畑、花畑の奥の緑はソメイヨシノ。
昭和記念公園201609

キバナコスモスにもたくさん品種があって、ここでは3種類が咲いている。
昭和記念公園201609
まずは一番良く見かける明るいオレンジ色のマンダリン。
昭和記念公園201609
次が黄色い花のサンライズ。
昭和記念公園201609
最後が明るいレモンイエローのレモンブライト。

普通のコスモスはキク科コスモス属のオオハルシャギクという種、
キバナコスモスは同じキク科コスモス属だけど種が違ってキバナコスモスという種で
互いに交配することができないそうだ。

花の蜜がたくさんでるためか、蝶や蜂がたくさん仕事をしていた。
昭和記念公園201609
モンキチョウが黄色い花に止まっているとまるで保護色(笑)。
昭和記念公園201609

昭和記念公園201609
上の蜂は小さくて軽いけど、下の蜂は大きくて重いので花に止まると花が下を向いてしまう。
昭和記念公園201609

こぼれ種だろうか、キバナコスモスの中に普通のコスモス(オオハルシャギク)が。
昭和記念公園201609
オオハルシャギク種よりもキバナコスモス種の方が夏の暑さに強く、早く咲き始め
繁殖力が強いそうだ。

昭和記念公園の秋のコスモス・リレーは、みんなの原っぱ東花畑のキバナコスモスが
これから10月初旬頃まで、続いて10月中旬頃から、花の丘で赤、白、ピンクの
ドワーフセーションが咲き、最後に10月下旬頃からみんなの原っぱ西花畑で
イエローキャンパスが咲く。 

そろそろ秋の長雨が終わってほしいなぁ。

昭和記念公園(Vol.182)
(撮影 2016年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

近所の彼岸花 実りの秋

近所の田んぼで咲いている彼岸花。
彼岸花
毎年ここはきれいに彼岸花が咲くが、今日ちょうど見頃になっていた。
彼岸花

この1週間は毎日雨が降っていて、この日も早朝に降った雨でちょっとだけしずくがついている。
彼岸花
写真を撮っていると、だんだんと雲行きが怪しくなりいまにも雨が降りそうな感じになってきた。
彼岸花
実際、この30分後には雨が振り始めた。

まさに実りの秋の光景だけど、そろそろこのあたりでも稲刈りが始まる。
彼岸花
今年は高幡不動尊や昭和記念公園よりも、この田んぼの彼岸花が一番
きれいだったような気がする。

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ