ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

秋の風物詩

たかはたもみじ灯路 2016年11月

高幡不動尊の万燈会と同じ日(11/22・23)に開催される「たかはたもみじ灯路」

高幡不動尊参道周辺の商店街を中心に開催され、今年で11回目。
たかはたもみじ灯路2016
高幡不動尊参道に並べられた灯籠。上は高幡不動駅側から、下は高幡不動尊から見たところ。
たかはたもみじ灯路2016
今年は参道にペットボトルに飾りを付けたペットボトル灯籠も飾られている。
たかはたもみじ灯路2016
近所の保育園生が作ったそうだ。こういうのもいいね。

参道の商店街とその周辺の街灯の明かりを落として実施される。
たかはたもみじ灯路2016

参道からの脇道は、毎年いろいろと趣向を凝らしたものになっている。
たかはたもみじ灯路2016
新撰組が活躍した時代の雰囲気?
たかはたもみじ灯路2016
毎年モミジの葉と灯籠が飾られ、燃えないように回りに水がまかれているが、
今年は特に念入りに水がまかれていた。先日事故があったからだろうね・・・
たかはたもみじ灯路2016

ここはムラサキ色のライトで、ちょっとムーディな小道。そういえばムーティ勝山は何処?(笑)
たかはたもみじ灯路2016
ここは長い道に飾られた灯籠。
たかはたもみじ灯路2016

たかはたもみじ灯路2016
ここはスーパーの前で明るいため、灯籠が飾られていなかったが、
昨年から、明るさに負けない絵灯籠が飾られるようになった。
たかはたもみじ灯路2016
絵灯籠の飾り付けコンテストが開催されたようで、受賞した絵灯籠が飾られていた。
たかはたもみじ灯路2016
おもてなし屋台、ミニコンサート、モデル写真撮影会、スタンプラリーなども
開催されている。
たかはたもみじ灯路2016
高幡不動尊では万灯会が開催され、夜の高幡不動尊界隈が賑わう2日間だった。

年内はこれが最後の記事となります。
今年もつたないブログを見に来ていただきありがとうございました。
来年も相変わらずのブログになると思いますが、よろしくお願い致します。

撮りたくなる秋の光景

昭和記念公園201611
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園
高幡不動尊201612
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.12 高幡不動尊
高幡不動尊201612
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.12 高幡不動尊

見かけると思わず立ち止まって写真を撮ってしまう秋の光景(笑)。

もう秋ではないけど・・・
 

高幡不動尊 万燈会 2016年11月

万燈会は高幡不動尊で毎年11月に行われる秋一番の行事。
高野山や東大寺ではお盆の頃に行われるが今年の高幡不動尊は11月22日・23日だった。
高幡不動尊萬燈会201611
万灯会は仁王門の大きな提灯が目印。

数年前から境内では飾り灯籠が置かれるようになった。
高幡不動尊萬燈会201611
同日の開催される、たかはたもみじ灯路との連携かな。
高幡不動尊萬燈会201611
たかはたもみじ灯路の記事はまた別に。

この日の主役は五重塔。
高幡不動尊萬燈会201611
御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の冥福をお祈りする行事で、
五重塔で塔婆供養が行われる。
高幡不動尊萬燈会201611
五重塔の回りをロウソク(御燈明)の灯りが囲む。
高幡不動尊萬燈会201611
1本1本名前が書かれている御燈明は普通のローソクとは違って炎がすごく強く、
ちょっとした風では消えることはない。
高幡不動尊萬燈会201611
この御燈明(みあかし)料は1000円。

こちらは願い事を書いて五重塔を囲む流れに浮かべる浮燈明。
高幡不動尊萬燈会201611
浮燈明料は500円。

高幡不動尊萬燈会201611
もみじまつり期間中なので五重塔周辺の紅葉がライトアップされている。
高幡不動尊萬燈会201611
少し登ったところから紅葉越しに五重塔を見たところ。
高幡不動尊萬燈会201611
きれいに紅葉がライトアップされているんだけど、肝心の五重塔がかなり隠れてしまう。
もう少し景観を考えると撮影ポイントとして人が集まるんだろうけどね(汗)

夜の高幡不動尊入り口。
高幡不動尊萬燈会201611
こういう夜の光景を見と大晦日の夜を思い出す。人の数が圧倒的に違うけど(笑)。


昭和記念公園 晩秋の風景(2016年11月)

2016年11月、昭和記念公園の晩秋の風景

たまに雲の切れ目から薄日が差すこともあるけど、どんよりとしたくもり空。
昭和記念公園201611
水鳥の池周辺の紅葉が晩秋を感じさせてくれる。

たぶんこれを撮ったのは15時ぐらいだと思うけど、この時期はもう夕方の雰囲気。
昭和記念公園201611
このあたりはケヤキの木が多い。

 大きくて雰囲気のあるスズカケノキ。プラタナスとも呼ばれる。
昭和記念公園201611

水鳥の池のケヤキ。
昭和記念公園201611
 
イチョウ並木が黄葉しているカナールの噴水回り。
昭和記念公園201611
 噴水の奥でひときわ目立つ赤く色づいたモミジが下の写真。
昭和記念公園201611
このモミジはカナールのイチョウ並木のすぐ横。
昭和記念公園201611
モミジ越しのイチョウ並木。
昭和記念公園201611
イチョウ並木を撮った日のしっとりとした晩秋の風景でした。

昭和記念公園(Vol.191)
(撮影 2016年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

京王百草園 晩秋の風景

京王百草園の紅葉まつり最後の週末(12月3日)の様子。
京王百草園201612
紅葉まつりは翌日の12月4日までだけど、入り口に立って中を見ただけで、
もう終わっている感が・・・

京王百草園201612
葉がかなり落ちてしまったため、すごく明るい。紅葉の色合いも終わりに近い。

京王百草園201612

周りの木の葉が落ちた心字池にはしっかりと陽が差している。
京王百草園201612
秋の終わりって感じだね。
京王百草園201612
里山の紅葉。

それでも、この日百草園で一番いい色づきを保っていたのがこの木。
京王百草園201612
ここだけを見ると、まだ紅葉が楽しめる!って感じだけどね。

ドウダンツツジと青竹。
京王百草園201612
こちらのドウダンツツジはまだ燃えている。
京王百草園201612

日本水仙がたくさん咲き始めていた。
京王百草園201612
手前の赤い実は正月飾りに使われるマンリョウ。
京王百草園201612

正月飾りと日本水仙。もう冬だね。

なぜかナデシコ(笑)。
京王百草園201612
秋の七草の1つだけど実際は夏に咲く花。可憐に見えるけど丈夫な花らしい。

(撮影 2016年12月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

カイリュー
最寄り駅から自宅に向かう途中でカイリューが出現。

今週の高幡不動尊(12/04) 最後の紅葉

12月最初の週末。日曜日は午前中は晴れていたが、天気予報通り
午後から曇り空になった、東京多摩地区。

高幡不動尊のもみじまつりは11月30日で終了。この週末が最後の紅葉かな。
高幡不動尊201612
まだきれいな紅葉も少し残っているんだけどね。

五重塔横の紅葉の様子。すっかり葉が落ちてしまったカエデとまだ残っているカエデがある。
高幡不動尊201612
下写真は上の写真で葉が残っているカエデ。ちょうど陽の光が差して来た。
高幡不動尊201612
このカエデの下に行って、見上げてみたところ。
高幡不動尊201612
なんだか枝が血管のようにも見えるけど、陽が差してきたこともあって結構きれいだ。

高幡不動尊201612
ちょうど着物姿の人が立ち話をしていた。着物姿って似合うね。

六地蔵さんの周りの紅葉もこの日がギリギリ最後って感じ。
高幡不動尊201612
六地蔵さんの横から山を登って五重塔を眺める。
高幡不動尊201612

下写真は場所が変わって駐車場から山の方を見たところ。黄色い大きなイチョウの木が目立つ。
高幡不動尊201612
黄色になったイチョウの周りには色づいた木々がまだ結構残っている。
高幡不動尊201612
大きなイチョウの木のそばに行って下から見るとこんな感じ。
イチョウ木の下は山あじさいが咲く場所。白いのがアジサイの名前が書かれた名札。
高幡不動尊201612
境内から少し離れているこの場所は、紅葉の時期には人があまりこないんだけど、
結構いい感じの散歩道になるので私のお気に入りの場所。

入り口の仁王門。
高幡不動尊201612

七五三参りの看板がお正月用の元旦大護摩御修行に変わっていた。

この週末の高幡不動尊はどんな感じだろう。

今週の高幡不動Vol.422
(撮影 2016年12月3,4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

姫蔓蕎麦

姫蔓蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.11  東京都日野市
姫蔓蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.11  東京都日野市
姫蔓蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.11  東京都日野市
姫蔓蕎麦
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.11  東京都日野市

タデ科のヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)、別名ポリゴナム。ヒマラヤ原産で明治中期頃に渡来。

道端に群生して雑草扱いされることもあるけど、マクロレンズで撮りたくなる植物。


今週の高幡不動尊(11/27) 紅葉が見頃

11月最後の週末、日曜日は朝からどんより曇り空。

七五三参りは11月一杯で終わりなためか、この日は一段とお参りの姿が多い。
高幡不動尊201611
不動堂横に飾られた千輪作り。これが1本の苗から咲いているのはまだ信じられない。
高幡不動尊201611
菊まつり開催時は全然咲いていなかったが、もうしっかり見頃になっている。

五重塔横の紅葉の様子。
高幡不動尊201611
先日より一段と色づきが濃くなったモミジもあるけど、すでに葉が落ちてしまったモミジもある。
高幡不動尊201611
上の方に見える真っ赤なモミジのそばに行くとこんな感じ。
高幡不動尊201611

これは大日堂大玄関横の大きなドウダンツツジの紅葉。ちょっと穴があいている(笑)
高幡不動尊201611
遠くに見える色づいたモミジが下の写真。
高幡不動尊201611
日に当っていないことがその色づきを明確にしてくれているかも。
もちろん晴れた日の紅葉はきれいだけど、曇った日の紅葉も別な良さがある。
高幡不動尊201611
六地蔵さんの後ろの紅葉はいま見頃だけど、もう少しだけ色づく余地がある。
高幡不動尊201611
次の週末までに雨さえ降らなければはもっと深く色づいた風景をみることができるかも。
もうギリギリまで色づいているから、ここで雨が降るとすぐに葉が落ちてしまうんだよね。
高幡不動尊201611
六地蔵さんの上にある鐘楼まわりのモミジ。六地蔵さんの上の方に見えている赤色はこのモミジ。

真っ赤に見えるけど近くまで行くと結構散ってしまっているね。
高幡不動尊201611

五重塔横、山あじさいの自生地あたりの紅葉はこんな感じ。
高幡不動尊201611
ここも六地蔵さんの後ろと同じで、いま見頃だけどあと1週間葉が散らなければ
もっと色づきが深くなるはず。

次の週末が楽しみ。雨にならなければいいけど・・・(汗)

今週の高幡不動Vol.421
(撮影 2016年11月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

高幡不動尊 ブルーライトアップ

高幡不動尊のブルーライトアップ。
11月14日の世界糖尿病デーにちなんで五重塔がブルーの提灯で飾られる。
高幡不動尊ブルーライトアップ2016

入り口の仁王門の提灯もブルーになる。
高幡不動尊ブルーライトアップ2016
ちなみに萬燈会の時の仁王門は下のように大きな提灯が下げられる。
高幡不動尊萬燈会
提灯の色を変えることができるのもLED電球のおかげかな。

不動堂と五重塔。昼間に見る境内と違った雰囲気が楽しめる。
高幡不動尊ブルーライトアップ2016
萬燈会の時は、境内の飾り灯籠がたくさん置かれて明るいがブルーライトアップの日の
境内は暗い。

太陽が沈んだ直後の時間帯がきれいかな。
高幡不動尊ブルーライトアップ2016
ブルーのライトアップが屋根を照らして幻想的に見る。
高幡不動尊ブルーライトアップ2016
ちょっと小さいけどこの日はお月さんが出ていた。

高幡不動尊ブルーライトアップ2016
水たまりに映った逆さ五重塔。

高幡不動尊ブルーライトアップ2016
五重塔地下ホール入口前に萬燈会やたかはたもみじ灯路と同じ飾り灯籠が
置かれていた。
高幡不動尊ブルーライトアップ2016
糖尿病との闘いの為に団結せよのキャッチフレーズとともに、シンボルカラーの
ブルーで全世界で糖尿病抑制にむけたキャンペーンを開催されていて、この
ブルーライトアップもその一環として行われるもの。
今年の高幡不動尊のブルーライトアップは11月12日から19日まで開催。

(撮影 2016年11月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


チョコレートコスモス

チョコレートコスモス
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.11 昭和記念公園
チョコレートコスモス
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.11  昭和記念公園
チョコレートコスモス
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.11  昭和記念公園

チョコレートコスモス、キク科。シックな濃い赤紫色でほんのり甘い香りがする。

高温多湿に弱く、耐寒性があるが日本の寒さには弱く育て辛い品種。種がとれず分球やさし芽で増やす。

メキシコ原産で、野生のチョコレートコスモスは絶滅したとされている。


京王百草園 紅葉まつり

京王百草園の紅葉まつりの様子(11月12日)
京王百草園201611
京王百草園の紅葉まつりは11月12日から12月4日まで開催されている。
ということで、この日はその初日。
京王百草園201611
残念なことに今年は竹灯籠と紅葉ライトアップは開催されないそうだ。

京王百草園201611
全体的にはまだこれからという感じだけど、茶室「三檪庵」前の大盃は一部が
真っ赤に色づき始めている。
京王百草園201611

見晴らし台に向かう途中に、真っ赤になったモミジが見えた。この日の百草園で
一番の色づきはこのモミジだろう。
京王百草園201611
下写真は手間のモミジの奥に真っ赤なモミジが見える場所。この真っ赤なモミジが
上で見えたモミジだろう。
京王百草園201611
ここからの紅葉の眺めがこの百草園で一番好き。

またまた残念なことに、松連庵の御食事処が営業を終了してしまった。
京王百草園201611
真夏の茶そばは美味しかったんだけどね・・・
京王百草園201611
茶室とともに、日本庭園を眺めることができる和空間として貸し出ししているようだ。

緑の葉に艶やかな赤い実がきれいな、マンリョウ(万両)、ヤブコウジ科。
京王百草園201611
正月飾りには必須だよね。
こちらはセンリョウ(千両)、センリョウ科。
京王百草園201611
見映えが万両よりも劣るとか、万両の実は重く下を向き、それより軽く上を向くから
千両と名付けられたそうだ。
京王百草園201611
とても見劣りするとは思えないよね。ちょっとクリスマスっぽいかな。

これはミツマタ、ジンチョウゲ科。
京王百草園201611
ミツマタが咲くのは来年の春、3月ぐらいかな。

こちらはすでに咲いている日本水仙、ヒガンバナ科。
京王百草園201611
ここ百草園は日本水仙がきれいに咲く場所でもあるが、それは年末から1月にかけて、
もう少し先だね。

上を見上げたら、紅と緑が勢力争いを繰り広げていた(笑)。
京王百草園201611
ホームページによると今年の京王百草園の紅葉は例年より少し早めでもう見頃に
なっているようだ。

(撮影 2016年11月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動尊(11/12) 菊まつり から もみじまつりへ

絶好の行楽日和となった週末、これは12日(土)の高幡不動尊のようす。

菊と七五三御祈祷だけでなく、門の左側にブルーライトアップの掲示がある。
高幡不動尊201611
世界糖尿病デーにちなんで11月12日から19日まで開催されている
ブルーライトアップは別記事で。

菊まつり最後の週末となったこともあって人がかなりたくさん。いつもここに
鉢植えや球根などを売る露店を出しているおやじさん。お客とのやりとりを
聞いていると楽しい。
高幡不動尊201611
私もこのおやじさんから山ユリやカサブランカの球根と肥料を買っている。

いまも変わらぬ千歳飴、案外高いね。
高幡不動尊201611
じーちゃん、ばーちゃんが買ってくれるのかな。

不動堂横に飾られている千輪作り。菊まつりが始まった頃はまだほとんんど
咲いていなかったけど、ちゃんと咲いている。
高幡不動尊201611
千輪作りは、1本の苗の枝数を増やして半球形になるように咲かせたもの、
これが1本の苗から咲いているなんてね・・・

これは菊まつりで一番よく見る厚物と呼ばれる花びらが盛り上がった菊。
高幡不動尊201611
下は東京都知事賞を受賞した厚物の菊。
高幡不動尊201611
花びらがきれいに盛り上がっていることが評価ポイントの1つらしい。

下は管状の花びらがまっすぐ伸びて先端が巻いている管物と呼ばれる菊。
高幡不動尊201611
管の太さで太管、間管、細管(針管)に分けられるが、上が太管、下が細管。
高幡不動尊201611

これはちょっと変わった菊で一文字と呼ばれる菊。
高幡不動尊201611
皇室の紋章のように見えるので、御紋章菊とも呼ばれる菊。

高幡不動尊の菊まつりは11月17日で終わって、18日からはもみじまつりとなる。
高幡不動尊201611
大師堂周辺のもみじも色づいて来ている。
初夏には山あじさいが咲く山内のもみじはまだこんな感じ。
高幡不動尊201611
五重塔横のもみじ。ここはライトアップされるもみじで、だいぶ色づいて来ている。

高幡不動尊201611
この週末にはもっと色づいた姿を見ることができるかな。

今週の高幡不動Vol.420
(撮影 2016年11月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 イチョウ並みの黄葉

11月最初の週末、土曜日(5日)の昭和記念公園イチョウ並みの様子。

立川口入り口前のイチョウ並木。
昭和記念公園201611
昭和記念公園のイチョウで一番色づきが進んでいるのはここのイチョウかもしれない。 

カネールのイチョウ並木(106本、4列、200m)。
昭和記念公園201611
ここは高さ制限(7m)があるらしく、きれいに形が整えられている。

このはまだ緑色がベース。
昭和記念公園201611
噴水側から見たろところ。青空に直線を描いたような風景。
昭和記念公園201611
しっかり銀杏がなっている。一部はもう落ちているので、あの匂いも・・・(汗)。
昭和記念公園201611

こちらはうんどう広場横のかたらいのイチョウ並木(98本、2列、300m)。
昭和記念公園201611
いつから「かたらいのイチョウ並木」と呼ばれるようになったのかな?

こちらのイチョウ並木は自然のイチョウ並木。
昭和記念公園201611
ちょっと黄色になっているかな。
昭和記念公園201611
横から見たところ。もう少しだね。
昭和記念公園201611
ホームページによるとイチョウ並木の紅葉は20日頃が見頃ではないかとのこと。

このイチョウ並木の横はバーベキュー場。
昭和記念公園201611
写真を撮っていると肉を焼くいい香りが漂ってくるのが困ったところ。

次の週末(11月19・20日)が見頃になりそうだけど、天気はどうかな?

昭和記念公園(Vol.190)
(撮影 2016年11月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(11/05) 菊まつり 品評会のあと

久しぶりに雨が降らない週末となった東京多摩地区。

菊まつりと七五三参りが真っ盛りの高幡不動尊。
高幡不動尊201611
菊まつりが始まって10日間ほど経過して、菊もだんだんと見頃になってきている。

この日はすでに品評会が行われたようで、受賞した菊が飾られていた。
高幡不動尊201611
ここに飾られているのは切り花になった菊。
高幡不動尊201611
今年は天候不順のためなのか、展示されている菊が少ない。そのためか、
受賞した菊が飾られるこの場所も空いた場所が目立つ感じがした。

鉢植えの菊はこんな感じにプレートがつけられている。
高幡不動尊201611
ちなみに環境大臣賞をとった花はこれ。
高幡不動尊201611
これは大菊で下の花びらがまっすぐ放射状に伸びる厚走りと呼ばれる品種。

高幡不動尊の菊まつりでは、菊の販売コーナーもある。
高幡不動尊201611
食用菊は単なる飾りだと思っていたけど効能があるようだ。
高幡不動尊201611
食用菊も鉢植えで売られている。かなりの量が食べられるね。

高幡不動尊201611
ドーム状に咲くことからドーム菊と呼ばれる小菊。
高幡不動尊201611

高幡不動尊201611
これは孔雀草。
高幡不動尊201611
この日は鉢植えばかりだったけど、菊まつり後半になると、菊の切り花もたくさん販売される。

大師堂前のカエデが結構色づき始めている。
高幡不動尊201611
でも、ここまで色づいているのは、このカエデぐらいで、それ以外のカエデはまだ。
昭和記念公園と直線距離で5Kmほどしか離れていないのに紅葉の色づき具合が結構違う。
高幡不動尊201611
ライトアップのための提灯も準備が終わったようだ。
最初の点灯は「世界糖尿病デー」にちなんで11月12日〜19日まで開催される
ブルーライトアップになるのかな。

高幡不動尊201611
秋の高幡不動尊は菊まつりが11月17日まで、18日から30日までがもみじまつりで、
その間の11月22・23日が万燈会とたかはたもみじ灯路と秋の行事が続く。

今週の高幡不動Vol.419
(撮影 2016年11月05日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 日本庭園の紅葉

昭和記念公園の日本庭園。11月5日の紅葉の様子。

池に張り出した清池軒からの眺め。
昭和記念公園201611
前回訪れた10月下旬よりも、かなり色づきが進んでいる。

1枚目と反対側、橋の方からの清池軒。
昭和記念公園201611
清池軒の回りの紅葉はもう見頃と言ってもいいぐらいの感じ。
昭和記念公園201611
これは清池軒の入口側の様子。
昭和記念公園201611
まだ緑色の部分が残るけど、この緑色の葉が色づく頃は先に色づいた葉が枯れ始めるので、
この状態が一番いい具合かもしれない。

空は雲一つない快晴。
昭和記念公園201611
天気がいいと紅葉の色もきれいに見える。 
昭和記念公園201611

日本庭園の紅葉の楽しみは水面に映るその姿。
昭和記念公園201611
ちょっと風があって水面が鏡にならなかったのが少し残念。
いい天気の中で亀が甲羅干ししている。そのまわりがちょうどいい色になっている。
昭和記念公園201611
ちなみに、この日本庭園の池には名前がなく、施設案内には単に「池」と表記されている(笑)

 次はイチョウ並木の黄葉の様子を。

昭和記念公園(Vol.189)
(撮影 2016年11月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ