ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

春の風物詩

今週の高幡不動尊(03/18) スノーフレイク

春のお彼岸の三連休。風が強かったが、良い天気で春らしい陽気になった東京多摩地区。

このところ毎週撮り続けてきた高幡不動尊、交通安全祈願殿裏の河津桜。
高幡不動尊201703
もうかなり葉が出てきてピンクと緑が混じった色。まさに桜餅色(笑)。
高幡不動尊201703

大師堂と虚空蔵院の横で咲いているトサミズキ(土佐水木)、マンサク科。
高幡不動尊201703
トサミズキはオシベが茶色。 
高幡不動尊201703
そしてこちらは大日堂前で咲き始めたヒュウガミズキ(日向水木)、マンサク科。
高幡不動尊201703
トサミズキの花より少し小さくてオシベの色が黄色。
高幡不動尊201703

逆光で撮ったマンサク、マンサク科。春の日差しできれいに見える。
高幡不動尊201703

これは大日堂大玄関前で咲き始めたボケ(木瓜)、バラ科。
高幡不動尊201703
同じバラ科の桜や梅と違ってボケはしっかりトゲがある。

同じく大日堂横で咲いてたスノーフレーク、ヒガンバナ科。別名、鈴蘭水仙。
高幡不動尊201703
少し前に咲くスノードロップに名前も花も似ているので間違えやすい。
白い花びらの先端の緑色の斑点がアクセント。
高幡不動尊201703
名前のようにスズランに似た花だけど、本物のスズランはユリ科で花が
咲くのはもう少し後になる。
 
今週の高幡不動Vol.434
(撮影 2017年3月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 梅園とさくら橋

3月の昭和記念公園。梅園はだんだんと梅以外の花が目立ってきた。

奥は紅梅、手前の黄色い花はシナマンサク、マンサク科。
昭和記念公園201703
 
こちらは奥が白梅で手前の黄色い花はサンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703

別名が春黄金花。春の日差しを浴びて木全体が黄金のように輝く花。
昭和記念公園201703
小さい花の集まり。葉が出る前に花が咲くからさらにきれいに見える。
昭和記念公園201703

かなり背が高くなってきた福寿草。
昭和記念公園201703

ラッパスイセンも咲いていた。ラッパスイセンもいろいろな品種があるね。
昭和記念公園201703

梅、思いのまま。やっときれいに撮れた。
昭和記念公園201703

でも梅園の横にあるさくら橋。名前からしてさくらに囲まれていそうな橋。
昭和記念公園201703

さくら橋のすぐ奥に見えるのがシュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)、バラ科。
昭和記念公園201703
寒緋桜と大島桜の交雑種ではないかとされている。
昭和記念公園201703
きれいなピンク色。

その奥で咲いているがカンヒザクラ(寒緋桜)、バラ科。
昭和記念公園201703
濃いピンク色。沖縄ではこの寒緋桜で花見をするそうだけど沖縄に似合う色の濃さ。
昭和記念公園201703
寒緋桜(カンヒザクラ)は別名緋寒桜(ヒカンザクラ)と呼ばれるけど、
1文字違いの彼岸桜(ヒガンザクラ)と間違いやすいので、寒緋桜にした
そうだ。

 昭和記念公園(Vol.201)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


今週の高幡不動尊(03/12)  春の花続々と

日差しは暖かいけど、風が冷たく春が足踏み状態の週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊交通安全祈願殿奥の河津桜はピンク色に少し違う色が混じった感じに見える。 
高幡不動尊201703
きっと葉が出てきたからだね。
高幡不動尊201703

この日は第2日曜日なので、毎月フリーマーケットが開催される日。
高幡不動尊201703
奥殿横で咲いているミツマタに人が集まっているように見えるけど違う(笑)
高幡不動尊201703
ミツマタ(三叉)、ジンチョウゲ科がかなり咲き始めている。
高幡不動尊201703
まだ中央部分が咲いていない。

ミツマタの足元で咲いているちょっと小さなラッパスイセン。
高幡不動尊201703

これは大日堂前のヒュウガミズキ(日向水木)、マンサク科。
高幡不動尊201703
ちょっと咲いている花があるけどまだこれから。

六地蔵さんの横で咲いているアセビ(馬酔木)、ツツジ科。
高幡不動尊201703

これはマンサク、マンサク科。六地蔵さんの少し上で咲いている。
高幡不動尊201703
枯れた葉が残っているシナマンサクと違って花がよく見る。
高幡不動尊201703
そのためか黄い花が蛍光色のように目立って見えた。

これは大師堂横、虚空蔵院横で咲いているトサミズキ(土佐水木)、マンサク科。
高幡不動尊201703
大日堂前のヒュウガミズキよりも花が大きくオシベが茶色。
高幡不動尊201703
土佐水木も日向水木も名前に水木が付くのにミズキ科ではなくマンサク科。

 最初の写真の河津桜と手前がサンシュ、ミズキ科。
高幡不動尊201703
奥に見えるのが交通安全祈願殿の屋根。
サンシュも見頃。別名が春黄金花と言われるように木全体が輝く感じになる。
高幡不動尊201703
今週は黄色の花が多かったなぁ。

今週の高幡不動Vol.433
(撮影 2017年3月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 菜の花畑咲き始め

3月2週目の週末の昭和記念公園。
 
立川口とその先のカナール・大噴水。ここから見る風景は真冬とさほど
変わらない。
昭和記念公園201703
でも、園内は少しずつ春になっている。
昭和記念公園201703
ハクモクレン(白木蓮)、モクレン科が咲き始めている。その奥の黄色は
サンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703
ハクモクレンの花は結構でかい。こんなでかい花をたくさん咲かせる木の
エネルギーってすごいよね。

キクザキイチゲ(菊咲一華)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201703
花の名札が出ていなければ見逃してしまいそうな小さな花。

みんなの原っぱ東花畑では、菜の花が咲き始めていた。
昭和記念公園201703
ここの菜の花の見頃は4月上旬らしいけど、もう結構咲いている。
昭和記念公園201703
奥は桜の園、ソメイヨシノがたくさん。今年はいい感じで菜の花と桜の
共演を見ることができるかな。

こちらはムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科。
昭和記念公園201703
別名、ショカッサイ(諸葛菜)、諸葛孔明が兵士の食料のために広めたころから。
ハナダイコン(花大根)、花がダイコンの花に似ているから。
昭和記念公園201703
菜の花と並んで、毎年育てられる。

アセビ(馬酔木)、ツツジ科。この花も春の花。
昭和記念公園201703
葉枝や花に有毒物質を含んでいて、馬が食べると足がしびれて酔ったように
なるからだそうだ。

ラッパスイセン、こちらは1月から咲いているけどまだまだ元気。
昭和記念公園201703

ここは渓流広場。チューリップがきれいに植えられている。
昭和記念公園201703
チューリップの見頃は4月中旬頃らしいので、あと1ヶ月ちょっとでこんな感じに
変わる。下写真は2015年4月撮影。
昭和記念公園201504
チューリップと紫色のムスカリが作る風景が楽しみ。

 昭和記念公園(Vol.200)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

河津桜にメジロ

河津桜にメジロ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊
河津桜にメジロ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊
河津桜にメジロ
  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊

高幡不動尊の河津桜に蜜を吸いに来たメジロ。春になると必ず撮りたい光景が今年も撮れた。

下の1枚はしっかりと正面を見たメジロの証明写真のようだね。
  
河津桜にメジロ
  D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.03  高幡不動尊

ハイポーズ!


雌しべ

クロッカス
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.03 昭和記念公園

クロッカスの雌しべ。花びらに影ができていました。


今週の高幡不動尊(03/05)  咲き分けの梅

3月に入ったこともあって春を感じる週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊の五重塔前で咲く、梅「思いのまま」。
高幡不動尊201703
ずっとこの梅には名前がかかれたプレートなどはなかったけど、
この日、こんな名札がつけられていた。
高幡不動尊201703
「思いのまま」という名前も捨てがたいけど、「咲き分けの梅」は
お不動さんらしい、いいネーミング。
高幡不動尊201703

高幡不動尊201703
  今年はあまりきれいに咲き分けられた花が見つからなかったけど。
高幡不動尊201703
 この梅の注目度がさらに上がったかもしれない。
高幡不動尊201703

交通安全祈願殿裏の河津桜はまさに満開。
高幡不動尊201703
先週の様子(ここ)と比べると、かなり花の密度が上がっている。
枝沿いに並んで咲く梅と違って、桜はかたまりになって咲く。
高幡不動尊201703
今年はまだここでメジロを見かけていない・・・

これは弁天池回りで見かけた、ふきのとう(蕗の薹)。フキ、キク科の花茎、
花茎は花が咲く茎。
高幡不動尊201703
そして、これも弁天池回りで見つけたつくし(土筆)。スギナ、トクサ科の胞子茎。
胞子茎は花が咲く植物の花茎と同じようなものなので、ふきのとうもつくしも
よく似たモノ。春の食べることができる野草というのも同じ。
高幡不動尊201703
ふきのとうは毎年見かけていたけど、つくしを見つけたのは初めて。

高幡不動尊がどんどん春になっていく。

今週の高幡不動Vol.432
(撮影 2017年3月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

椿落つ

落椿
  D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.03 東京都日野市

春が近づくにつれ、見かけることが多くなる光景。「落椿」は春の季語。

梅が咲いた、桜が咲いたというニュースが聞かれる時期だけど、ちょっと寂しい感じ。


今週の高幡不動尊(02/26)  河津桜が見頃

比較的穏やかな天気の週末になった東京多摩地区。
冬ほど寒くはないが、春というにはまだちょっと寒い感じの気温。

先週1〜2分咲きだった河津桜がもう見頃になっていた。早いね。
高幡不動尊201702
 
奥殿の横のミツマタ(三叉)、ジンチョウゲ科もだんだんと咲き始めた。
高幡不動尊201702

 このミツマタの向かい側で咲いているのが、弘法大師像前の紅梅。
高幡不動尊201702
咲き始めて見頃になるまでかなり時間がかかったけど、見頃の状態も
長く続いている。

サンシュ、ミズキ科もかなり咲いてきた。
高幡不動尊201702
ちなみにこのサンシュの木は、日野市の天然記念物に指定されている。

穏やかな天気だったためか、お参りの人が多い。
高幡不動尊201702

 さて河津桜。場所は駐車場から見ると交通安全祈願殿の奥になる場所。
高幡不動尊201702
ちょうど五重塔が背景になる場所。
高幡不動尊201702
メジロを待っていたんだけど、この日はヒヨドリだった。
高幡不動尊201702


高幡不動尊201702
一生懸命、桜の蜜を吸っている。
高幡不動尊201702
くちばしの咲きが花粉で黄色くなっている。

高幡不動尊201702
やっぱり桜の花はいいなぁ。

高幡不動尊201702
玉こんにゃくが定位置についた。まだそれほど気温は高くないので稼ぎ時だ。

今週の高幡不動Vol.431
(撮影 2017年2月25,26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


 

大犬の陰嚢

オオイヌノフグリ
  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.02 東京都日野市

オオイヌノフグリ、ゴマノハグサ科又はオオバコ科。タイトルをあえて漢字にしてみたけれど結構ひどい名前。

オオイヌノフグリはイヌフグリという花を大きくしたような花だったため付けられた名前。
イヌフグリは実の形が犬のフグリに似ているから付けられた名前だそうだが、オオイヌノフグリの実は全然形が違うらしい。
なんだかそれって濡れ衣のような・・・(笑)

道端や空き地などに咲いていて、小さいけれどそれなりに存在感がある花。
毎年、この花の写真を撮っていると、春が来たんだなぁと感じて幸せな気分になる。


昭和記念公園 クリスマスローズほか

2月中旬の昭和記念公園の梅園以外の花の様子。

水鳥の池近くではクリスマスローズが見頃。山のように咲いていた(笑)
昭和記念公園201702
 この黒っぽいクリスマスローズはブラックパールという品種だそうだ。
昭和記念公園201702

千重咲きのツバキ、乙女椿だろうか。
昭和記念公園201702

ここは花みどり文化センター屋上の浮遊の庭。遠くにIKEAと高松口が見えている。
昭和記念公園201702
これは紅色のマンサク、ベニシナマンサク。遠くからだと枯れ木にしか見えない。
昭和記念公園201702
この浮遊の庭からはこの時期は富士山がきれいに見える。
昭和記念公園201702
ダイヤモンド富士の撮影場所としても有名な所。

残堀川沿いでは河津桜が咲き始めている。
昭和記念公園201702
この日はまだ2〜3分咲き程度。
昭和記念公園201702
この程度の咲き具合だとまだメジロは来ないかな。
昭和記念公園201702
河津桜は咲くのが早いから次にここに来るときは、見頃になっているだろう。

頭の上では飛行機が飛行機雲を作りながら飛んでいた。
昭和記念公園201702
この飛行機雲は航空機のエンジンの本数だけできるらしい。

 昭和記念公園(Vol.199)
(撮影 2017年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(02/19)  河津桜が咲いた

日曜日は風が強い晴れの日になった東京多摩地区。

きれいな青空は背景にピンクの河津桜がきれいに咲いている。
高幡不動尊201702
こうやって花をアップで撮ると、もう見頃になっている感じだけど・・・
高幡不動尊201702
咲いているところだけを撮っただけで、全体としてはまだ咲き始めの
1〜2分咲きという感じ。
高幡不動尊201702

青空に飛行機雲がいいアクセント。
高幡不動尊201702
この日は第三日曜日なのでござれ市が開催されているが、不動堂前には
それほどお参りの人がいない。
高幡不動尊201702
露店も出ていたりするんだけど、寒い時期だからか、ござれ市にしては
人が少ないかな。
高幡不動尊201702
3月のござれ市は3連休とも重なるのでもっと賑やかになるだろう。

昭和記念公園の梅園でも咲き始めたサンシュ、ミズキ科。
高幡不動尊201702
この花が咲くと、木全体が明るくなるんだけど、まだまだこれから。

大日堂前の枝垂れ梅は5分咲き。
高幡不動尊201702
枝垂れ梅の奥にお参りする人の姿。のどかな光景。

思いのままはもう満開に近い状態だけど、今年は桃色と白色の花びらが
混じった花がなかなか見つからない。
高幡不動尊201702

高幡不動尊201702
梅が見頃になり、そのあとに桜が咲き始めて、花が少ない時期に頑張った
この山茶花が主役の時期も終わりになってきた。

今週の高幡不動Vol.430
(撮影 2017年2月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 梅園の様子

昭和記念公園の梅園。先週末(2月第2週)の様子。

梅の開花がかなり進んで見頃になっている。
昭和記念公園201701
 
緋梅系、一重咲きのオオサカズキ(大盃)
昭和記念公園201701

野梅系、ヤエヤバイ(八重野梅)。
昭和記念公園201701
 
緋梅系、八重咲きのエンオウ(鴛鴦)、難しい字だ。
昭和記念公園201701
 
野梅系、一重咲きのミチシルベ(道知辺)。
昭和記念公園201701

昭和記念公園にも思いのまま、野梅系がある。
昭和記念公園201702
ちょっと影になってしまっていまいち・・・ 

野梅系、チャセンバイ(茶筅梅)、花びらが退化している。
昭和記念公園201702
まだこれから開くのかなと思えるけど、これでもう咲いているらしい。
昭和記念公園201702

 シナマンサク、マンサク科。
昭和記念公園201702
このマンサクは花が咲くときに枯れた葉が残っているのが特徴。
昭和記念公園201702

サンシュユ、ミズキ科が咲き始めた。
昭和記念公園201702
別名、春黄金花(ハルコガネバナ)と言われ、花が咲くと木全体が
黄金に輝くんだけど、まだこれから。
昭和記念公園201702

メジロの群れがやってきていた。この写真の中にメジロが4羽。
昭和記念公園201701

紅梅だけだなく、白梅にもたくさんのメジロが。
昭和記念公園201701
白梅と紅梅で味が違うのだろうか・・・
昭和記念公園201701

昭和記念公園の梅はいまが見頃、まさに最盛期をむかえているが、
すぐ後ろから、すでに桜(河津桜)の足音が聞こえてきている。

 昭和記念公園(Vol.198)
(撮影 2017年1月、2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

京王百草園 梅まつりの様子

恒例の京王百草園の梅まつりの様子。

今年は2月4日(土曜日)から始まった梅まつり。
京王百草園201702
さすが梅まつり。受付のところに何人かの人がいるのを久しぶりに見た気がする。

松連庵横のレンキュウ(連久)、緋梅系。早咲きなのでもう見頃になっている。
京王百草園201702
百草園全体としては5分咲き程度。
京王百草園201702
梅まつり期間中の週末はいろいろな催し物が行われる。
京王百草園201702
いい天気だけどまだちょっと寒いかな。
京王百草園201702

京王百草園のシンボル的存在の寿昌梅。
京王百草園201702
植樹されたのが江戸時代の享保年間(1716 年〜)だとすると樹齢は・・・?
京王百草園201702
花はオーソドックスな一重咲きの白梅。
京王百草園201702
寿昌梅の足元には福寿草がたくさん咲いていた。
京王百草園201702
福寿草のそばに落ちていたこの梅の花は寿昌梅かな。
京王百草園201702

これは八重咲きの紅梅、紅千鳥、緋梅系。鉢植えだったけど、この日
一番きれいに咲いていた梅。
京王百草園201702

雪が積もることで枝が折れることを防ぐ雪吊りとそれを囲むように咲く梅の花。
京王百草園201702
白色、桃色、紅色の梅の花に囲まれてすっかり春の光景になっていた。

京王百草園201702
見晴らし台からの風景も春らしい色がついてきていた。

梅以外の花としてはこのマンサク(満作)マンサク科。
京王百草園201702
春になると他の花より先に咲くことから「まず咲く花」と言われたのが、だんだんと
マンサクになったとも、花がたくさん咲くので「豊年満作」から命名されたとも言われる。
京王百草園201702
ちじれたひも状の変わった花びらが特徴。

高幡不動尊で咲き始めた思いのままは、京王百草園では遅咲きとされていてまだ蕾だった。

京王百草園の梅まつりは3月12日(日曜日)まで。
遅咲きの梅が咲く頃にまた訪れてみよう。

(撮影 2017年2月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動尊(02/12)  思いのままが咲いた

この週末は冬晴れとなった東京多摩地区。風が冷たいけど日差しが暖かい。

高幡不動尊五重塔前の梅「思いのまま」が咲いた。
高幡不動尊201702
1つの枝に白色と桃色の花が咲いているのがまさに思いのまま。
高幡不動尊201702
昭和記念公園や京王百草園にも思いのままはあるが、まだほとんど咲いていない。
ここは日当たりがいいためか、いち早く咲き始める。

この花は桃色より少し濃い目の色。
高幡不動尊201702

1つの花で白色と桃色の花びらがある花は見つからなかった。
まだ3分咲き程度なので、これからだね。

高幡不動尊201702
境内は山茶花がだんだんと終わりはじめて、椿が目立つようになったきた。
高幡不動尊201702

お正月から初不動・だるま市、節分と行事が続いた境内が落ち着きを
取り戻しつつある。
高幡不動尊201702
不動堂の幕はついているし、まだ少し露店が出ている。
高幡不動尊201702

高幡不動尊201702

五重塔前で以前から咲いていた白梅はもう見頃になっている。
高幡不動尊201702
これぐらい咲くとメジロがやってくる(この日撮ったメジロの写真は別記事で)。
高幡不動尊201702

そして河津桜も咲き始めていた。まだこれだけだけど(汗)。高幡不動尊201702
伊豆でもう河津桜が見頃になっているニュースを見たけど、高幡不動尊は
まだ少し先かな。でも急に暖かい日がある一気に咲くかもしれない。

今週の高幡不動Vol.429
(撮影 2017年2月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ