ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

冬の風物詩

昭和記念公園 梅園の様子(2017年1月)

2017年になってはじめて訪れた昭和記念公園。大寒の翌日(1月21日)の梅園の様子。

ホームページでは梅園とこもれびの池周辺で早咲きの梅が開花したとのこと。
昭和記念公園 梅園
白色、八重咲きの八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園 梅園

紅色、一重咲きの大盃(オオサカズキ)。
昭和記念公園 梅園

近くで撮るとわりと咲いているように見えるが離れて撮るとまだこの程度、3分咲きぐらいだろうか。
昭和記念公園 梅園

梅園の楽しみは梅だけではなく、その足元で咲く福寿草。
昭和記念公園 梅園

この日、梅園の福寿草はまだ咲いてはいなかったが、梅園のすぐ横の花木園
で少しだけ咲き始めていた。
昭和記念公園 梅園
こちらはちょっと乱れた感じになっていて残念。
昭和記念公園 梅園
このあたりの福寿草は、あと1週間から10日ぐらいだろうか。

昭和記念公園(Vol.194)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(01/22)  弘法大師像前の紅梅

この週末は土・日曜日とも冬らしい良い天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊の五重塔まわりで咲いていた山茶花。
高幡不動尊201701
山茶花は花が少ないこの時期にはありがたい存在。

これは奥殿横の弘法大師像とその前の紅梅。
高幡不動尊201701
ちょっとわかりづらいけど弘法大師像は左下、紅梅は右上。

高幡不動尊201701
紅梅は先々週よりもだいぶ咲いてきた。
高幡不動尊201701
背景は奥殿の屋根。

そしてこの紅梅の前(奥殿前)のミツマタ(三叉)、ジンチョウゲ科。
高幡不動尊201701
見頃になるのは2月後半だけど、1輪だけ咲いているのを見つけた。

これは五重塔前の思いのまま。さすがにまだつぼみは固いね。
高幡不動尊201701

この日の境内は、正月とだるま市の間の週末にしてはお参りの人がすごく多い。
高幡不動尊201701
正月が終わって先々週はなかった不動堂にあがってお参りする人の列が復活している。
この人出の理由は前夜(1月21日)にテレビ東京で放送されたアド街ック天国が
高幡不動だったからだろう。

大師堂にお参りする人の列。これだけの列は正月でもあまり見ることがないぐらい。
高幡不動尊201701
これは放送で大師堂前の、お参りすれば四国巡礼をしたことと同じご利益がある
といわれる「お砂ぶみ石」が紹介されたからに間違いない。その理由は、お参りの人が
多いと必ず長い列ができる大日堂前には列ができていなかったから。

この石の下には、四国八十八ヶ所の砂がまとめて納められているそうだが、1人が
立てる程度の大きさなので普通のお参りよりも時間がかかる。

番組で紹介された、和菓子店「季寄せ」、寿司屋の「すしの おおまさ」にも行列が
出来ていた。テレビの力はすごいね。
高幡不動尊201701
次の週末1月28日(土曜日)は、初不動でだるま市が開催される。
今年は週末になるので、久しぶりにだるま市に行くことができるかと思ったら
仕事だ(涙)。

今週の高幡不動Vol.427
(撮影 2017年1月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(01/09)  梅が開花

成人日の3連休最終日の高幡不動尊。

お正月の人出は一段落。まだお正月飾りは残っている中でゆっくりお参りできる。
高幡不動尊201701

不動堂の階段を登ってお参りする列はまだできていた。
高幡不動尊201701

でも賽銭箱前はすいている(笑)
高幡不動尊201701

高幡不動尊でいち早く咲き始める、弘法大師像前の紅梅。
高幡不動尊201701
すでに何輪も咲いている。うまく撮れていないけど・・・

今年は五重塔回りの白梅も咲き始めている。
高幡不動尊201701
なんだか例年より早く咲いているような気がする。
ここ数日は寒波ですごく寒くなっているけど、年末年始がそれほど寒くなかったからかな。
高幡不動尊201701
ここの白梅はたくさん咲くとメジロがやってくる。

高幡不動尊201701
正月は所狭しと露店が並んでいたが、だいぶ減ってしまった。
高幡不動尊201701
定位置に戻ってきた玉こんにゃく店。

高幡不動尊201701
次は初不動とだるま市。今年は1月28日が土曜日だ!

今週の高幡不動Vol.426
(撮影 2017年1月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

どんど焼き 2017年

2017年1月9日に開催されたどんど焼きの様子。
地元の自治会が開催するこのどんど焼きは2010年から復活して、今回で8回目となる。

どんど焼きは、地方によって左義長などとも呼ばれ、小正月(1月15日)に日本全国で
行われるお正月の行事。
焼いている火にあたると長生きするとか、焼いた団子食べると病気をしないなどと言われる。

前日までの組み上げられたヤグラに正月飾りや書き初めなどを巻きつける。
どんど焼き2017

ヤグラの準備は11月下旬から材料となるカヤや竹を浅川の河川敷や地元の
山から集めてくることから始まっている。 約2ヶ月間、かなりの労力が費される。

どんど焼きが復活した2010年から3年間ほど私もお手伝いしたけど、寒い時期に
本当に大変な準備が必要。

ヤグラを焼いたあとの火で焼くための団子も準備されている。
どんど焼き2017
これは当日の朝から団子1500個、竹1本に3個ついているので500本が用意された。

着火は11:00。3箇所から着火。もう1箇所は裏側で見えないけど・・・
どんど焼き2017

着火するとすぐにヤグラが煙につつまれる。
どんど焼き2017

万が一の事態に備えて、地元の消防団がすぐに放水できるように待機。
どんど焼き2017
これくら離れていても、結構な熱を感じる。

上写真は着火して左上から順に1分、2分、3分、5分。
どんど焼き2017
長い期間準備して組んだやぐらもわずか5分で焼き崩れてしまう。火は本当に怖い。

どんど焼き2017
5分ほどでヤグラは崩れてしまい、後は消防団員が危なくないぐらいになるまでに火を整える。

どんど焼き2017
焼き崩れてから火を整えている時間がかなり長く、その間に竹に刺さった団子が配られる。
どんど焼き2017

じっと子どもたちが待つ中で、団子を焼いてOKの合図が出たは11:50頃。
どんど焼き2017
子どもたちが一斉に団子焼き始める。私も息子が小さい頃は一緒に団子を
焼いたことがあったけど、油断すると地面についてしまう。
どんど焼き2017
なんだか釣り堀みたいだ(笑)
どんど焼き2017
この日は、前日からの雨が朝方にやんだものの、着火前の10時ぐらいから再び
小雨が降ったりやんだりするコンディションだったけど、無事に開催されてよかった。

(撮影 2017年1月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(01/02)  初詣 

年末年始は穏やかな天気に恵まれた東京多摩地区。
昨年に続いて、どこにも行かず寝正月だったので天気は関係なかったけど・・・(笑)

1月2日の夕方に高幡不動尊へ初詣。その時の様子。
高幡不動尊初詣201701
今年は普段より少し時間が遅くなったので、参道の行列もなく、すんなり境内に
入ることができた。
高幡不動尊初詣201701
いつものポジションから撮った境内の様子。人が多いけど、遅くに出たので、
それほどでもない感じ。
高幡不動尊初詣201701

初詣は御札納め所に昨年の炎うちわと熊手をお返して、あたらしいのを買うのが目的。
高幡不動尊初詣201701

そのあとは、露天を眺めながらブラブラ。
高幡不動尊初詣201701
干支の鳥の置物。毎年ここでは干支が玉を持った縁起物の置物を売っている。

これも正月らしい縁起物。
高幡不動尊初詣201701

高幡不動尊初詣201701
 こちらも縁起物のだるま。

高幡不動尊初詣201701
 
香ばしい香りが漂う、鮎の塩焼き。
高幡不動尊初詣201701
 
高幡不動尊初詣201701
 定番のお好み焼きは大阪風、広島風、京風ねぎ焼きなどが売られていた。
高幡不動尊初詣201701
 
こちらも定番のたこ焼き。何件も出ていた。
高幡不動尊初詣201701

これは明石焼き。ちょっと珍しい。
高幡不動尊初詣201701
たこ焼きと違って明石焼きはダシにつけるから、どうやって売るのかと思ったら
ダシに入れた状態で売られているようだった。
高幡不動尊初詣201701


高幡不動尊初詣201701
右上には「ばななちょこ」、左下には「チョコバナナ」と書かれている。どっち?

最近串焼きの露天が目立つ。
高幡不動尊初詣201701
肉を焼いたいい香りがするんだよね・・・
高幡不動尊初詣201701
こちらは霜降りステーキとあるけど、これは合成肉だろうね。
高幡不動尊初詣201701

団子を焼いている。いい感じの見た目に引かれてしまう。
高幡不動尊初詣201701

ハッカパイプ。昔は良く買ってもらったけど、すぐになくなってしまうんだよね・・・
高幡不動尊初詣201701

食べ物以外の露天は少ないけど、何軒か出ている。
高幡不動尊初詣201701
輪投げ。

高幡不動尊初詣201701
射的。

くじ引き。
高幡不動尊初詣201701
なぜかピカチュウがたくさん。

毎年空之介も一緒に初詣に来るけど、人が多くて自由に歩かせてもらえないので
つまらなそう(笑)
高幡不動尊初詣201701


高幡不動尊初詣201701
山の方から見ると露天が出ているところがすごく明るくなっている。
高幡不動尊初詣201701

三日月と一番星。
高幡不動尊初詣201701

いつもの場所からの境内。今年は暗くなってしまった。
高幡不動尊初詣201701
17:30でもう真っ暗。
高幡不動尊初詣201701

今週の高幡不動Vol.425
(撮影 2017年1月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     



今年もよろしくお願い致します 2017年元旦

2017年

あけましておめでとうございます。

相変わらずのブログですが、今年もよろしくお願い致します。
 

昭和記念公園 ウインターイルミネーション2016 その2

12月の昭和記念公園はこれ「Winter Vista Illumination 2016」
立川口カナールとその奥のふれあい広場がイルミネーションで飾られている。
昭和記念公園イルミネーション2016

今回は前回の続きで、ふれあい広場のイルミネーション。
昭和記念公園イルミネーション2016
立川口カナールが「シャンパングラスツリーがきらめき、木と水が輝くロマンチックなビスタエリア」
だったが、このふれあい広場は、ファンタジアトレインやフードなどが楽しめる「日本の美」エリアと
「ファンタジーエリア」となっている。

ちょっと小さいけど奥に走っているのがファンタジアトレイン。乗車代1回300円。
昭和記念公園イルミネーション2016
手前に黄色い看板のようなものが見えるが、これは「なぞ解き」になっていて、
何箇所かのなぞ解きをすすめると「光のつえ」がもらえるらしい。よく見なかった
のでどんな内容なのかわからないけど・・・(汗)

これもファンタジーエリアにあるシャボン玉ライトアップ。
シャボン玉発生装置から吹き出されたシャボン玉がライトアップされている。
昭和記念公園イルミネーション2016
夜のシャボン玉って初めてみるけど、確かに幻想的な雰囲気はあった。

これは「日本の美エリア」の中心的存在、高さ7mの富士山とお城。
昭和記念公園イルミネーション2016
写真は両方が点灯している瞬間を撮っているが、富士山だけになったりお城
だけになったりする。
昭和記念公園イルミネーション2016

そしてこれが「日本の美」エリアの枯山水。
昭和記念公園イルミネーション2016
確かに、お寺の枯山水のイメージになっている。
昭和記念公園イルミネーション2016

昭和記念公園イルミネーション2016
遠くに富士山が見える枯山水の庭って感じだね。

ふれあい広場のレストランもイルミネーションで飾られていた。
昭和記念公園イルミネーション2016

昭和記念公園のウインター・ビスタ・イルミネーション 2016は12月25日(日)まで。
この三連休(23,24,25日)は冬の花火が打ち上げられる。

昭和記念公園(Vol.193)
(撮影 2016年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 ウインターイルミネーション2016

12月の昭和記念公園はこれ「Winter Vista Illumination 2016」
立川口カナールとその奥のふれあい広場がイルミネーションで飾られている。
昭和記念公園イルミネーション2016

今回は立川口カナールのイルミネーションの様子。
昭和記念公園イルミネーション2016
イチョウ並木がライトアップされて、昼間とはまったく違った光景になっている。

昭和記念公園イルミネーション2016
ここは、「シャンパングラスツリーがきらめき、木と水が輝くロマンチックなビスタエリア」
とされているので、いたるところにグラスが置かれている(笑)
昭和記念公園イルミネーション2016
近くで見るグラスもなかなかいいなぁなんて思いながら写真を撮っていると、
このグラスはすごくきれいだけど、定期的に洗っているのか?なんて余計な
ことを考えてしまう。
昭和記念公園イルミネーション2016
さらに、この中身は普通の水なのか?とかも考えてしまったりして・・・。

昭和記念公園イルミネーション2016
高く積まれたシャンパングラスと木々、噴水がロマンチックな空間を作り出している。
昭和記念公園イルミネーション2016
イチョウ並木のイルミネーションは控えめで、ライトアップがメイン。
昭和記念公園イルミネーション2016
でも、こういうシブい感じもいいよね。
昭和記念公園イルミネーション2016
きれいなお月さんもイルミネーションの仲間入り。
昭和記念公園イルミネーション2016
この日一番きれいだと思ったのは、ライトアップされたイチョウ並木が水面に
映ったこの光景。

昭和記念公園のウインター・ビスタ・イルミネーション 2016は12月25日(日)まで。
23、24、25日の3連休は冬の花火が打ち上げられる。

ふれあい広場のイルミネーションは別記事で。

昭和記念公園(Vol.192)
(撮影 2016年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(12/10) 冬晴れ

西高東低の気圧配置になり、今シーズンで一番きれいな冬晴れになった東京多摩地区。

秋のいろいろな行事が終わった高幡不動尊の境内は、普段の静けさを取り戻しつつある。
高幡不動尊201612
大観音像と五重塔。
高幡不動尊201612
色づいた葉がすっかり落ちて、見晴らしがよくなったためきれいな冬晴れの空が
見えるようになった。
高幡不動尊201612
夏は木々の葉が茂って陰になり涼しかったこの場所も、冬は明るい場所になる。

五重塔横もほとんどの葉が落ちてしまって、だんだんと冬の色に変わってきた。
高幡不動尊201612
水たまりに映った空もきれいな青。
高幡不動尊201612

奥はモミジで手間の葉はアジサイ。一応紅葉している。
高幡不動尊201612
ここは背の高い西洋アジサイが壁のように並んでいる場所。
高幡不動尊201612
サザンカ(山茶花)、ツバキ科。これからしばらく高幡不動尊はこの花の天下。

紅葉したドウダンツツジに山茶花の花びら。
高幡不動尊201612
ヤツデ(八手)、ウコギ科の花。聞いたことがない科だ・・・
高幡不動尊201612
八手の大きな手の上に小さなモミジの手。

さぁ、高幡不動尊の冬が始まった。

今週の高幡不動Vol.423
(撮影 2016年12月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 斜面の明暗

昭和記念公園20160113
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.1 昭和記念公園

昭和記念公園、立川口近くのカナール。10日以上前に降った雪がまだ左側だけに残っていました。

写真の左側が南で、左側の斜面は少し北向きに、右側の斜面は少し南向きに傾いています。

わずかな差のようですが、雪の残り方を見ると、この差は大きいんですね。

 昭和記念公園(Vol.150)
(撮影 2016年1月31日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

今週の高幡不動尊(01/31) 豆煎り式

このところ週末に天気が崩れる周期になっているが、日曜日は割といい天気になった。

今日はなんだか空の色が青く感じる、高幡不動尊の境内。
高幡不動尊201601-1
香炉のところで何かやっている。今日はここで節分の豆煎り式が行われたようだ。
高幡不動尊201601-12
式すでに終わったあとで、参拝者が自由に豆を食べていいとのことだったので、私も少し頂いた。

例年になく早く1月初旬から咲き始めたミツマタだけど、その後、まったく進展なし・・・ 
高幡不動尊201601-2
そりゃあそうだ、正月があけてからずっと寒いからね。

大観音像そばで咲いているロウバイ。最近植えられたんだろう、以前はなかったと思う。
高幡不動尊201601-3
少し前まで、そばを通るだけでいい香りがしたけど、この日はそこまで香らなかった。 

大日堂前の枝垂れ梅が咲き始めた。でもまだほんの少し、まだこれから。
高幡不動尊201601-10

先日倒れた木がきれいに切られて整理されていた。
高幡不動尊201601-5
倒れた木を見ると、中がなんだか空洞のように見える。高幡不動尊201601-4
いつ倒れてもおかしくないような状態になっていたのかもしれない。 

山の中は日陰のところに18日に降った雪が少し残っている。
高幡不動尊201601-6
道は雪解けの水でドロドロ・・・
 
こちらは弘法大師像前の紅梅。すでに見頃になっている。
高幡不動尊201601-7
この場所から見ると弘法大師が紅梅を眺めているように見える。

五重塔前の白梅。背景は入口の仁王門。
高幡不動尊201601-8
少しずつ花が多くなってきているけど、こちらもまだまだな感じ。

こちらも五重塔前の梅、思いのまま。
高幡不動尊201601-9
咲いてはみたものの、寒さに戸惑っているんだろうね。ヤバイよヤバイよ、まだ寒いぜって感じ。

2月3日の節分豆まき式とだるま市を前に、露店場所を区切る白線も新しくひかれて
徐々に露店が増えてきた。
高幡不動尊201601-11
節分豆まき式に行けないのが残念・・・厚切りジェイソンは何かやってくれるのだろうか。

以下は、節分が日曜日になった2013年の豆まき式の様子。
高幡不動尊豆まき2013
不動堂前はお正月以上の大混雑。お正月とちがって豆まきが終わるまで人が動かない
から、待ち行列がまったく進まない。
高幡不動尊豆まき2013
豆まきは宝林閣の2階から行われる。
高幡不動尊豆まき2013
手とか袋とか帽子とかで豆をキャッチしようとするけど、なかなかキャッチできない。
高幡不動尊豆まき2013
豆まき式の日は境内だけでなく、その回りも人がたくさん。
高幡不動尊豆まき2013
以上2013年の節分の様子。次に節分が週末になるのは2018年・・・(汗)

今週の高幡不動Vol.384
(撮影 2016年1月31日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(01/24) 雪の日のあと

今年一番の寒波の中、土曜日の夜から日曜日の早朝にかけて降雪の予報が出ていた東京多摩地区。

幸い降雪もなく、日曜日の朝からいい天気になった。
高幡不動尊201501-4

毎年恒例、奥殿向かいの節分会年男参加者の掲示。
高幡不動尊201501-5
今年の高幡不動尊の節分豆まきには、厚切りジェイソンが来るらしい。
見に行きたいけど2月3日は平日・・・残念。

東京は月曜日(1月18日)の未明から雪が降り積もり、そのまま通勤時間帯を直撃。
朝6時半から車の雪降ろしをして駅まで送ってもらったが、まったく電車が来ないだめ、
勤務地である五反田に到着したのは12時すぎ・・・
京王線は車両基地が停電になり車両が出せなくなり、やりくりができなくなったようだ。

雪の日以後も、寒い日が続いてまだあちらこちらに雪が残っている。
高幡不動尊201501-6
屋根からの落雪注意の看板。屋根の雪は凍っているから石が落ちてくるのと同じで危険。

山の方に入ると積もった雪が凍ってツルツル。
高幡不動尊201501-7
山アジサイが咲くあたりもツルツルで転んでしまった。来なければよかった・・・
高幡不動尊201501-8

湿った重い雪の影響で、あちらこちらに折れた枝がたくさん落ちている。
高幡不動尊201501-1

ここではかなり大きな木も折れてしまったようだ。
高幡不動尊201501-3
たぶんこの木は倒れて道をふさいでしまったのだろうね。
高幡不動尊201501-2
運べる大きさに切断して片付けの途中。

五重塔前で2週間ほど前に咲き始めた梅、思いのまま。
高幡不動尊201501-9
暖かかった年末年始で、咲いてみたものの、その後の寒さに驚いているだろね。
高幡不動尊201501-10
フライング気味に咲いてしまった花以外はまだ蕾の状態。例年、この時期はだいたいこんな感じ。

この日は冷たい強風が吹いて寒かった。
高幡不動尊201501-11
玉こんにゃくの露店も風に吹かれてこんな感じ。

そろそろ弁天池回りで福寿草が顔を出す頃なんだけど、まだ出て来ない。

土曜日は空之介を連れて散歩。
高幡不動尊201501-13
道に残った雪の上をまったく気にすることなく歩く。足は冷たくないのか?
高幡不動尊201501-12
おかげで足がドロドロ。帰ってから洗うのが大変だった(汗)。

今週の高幡不動Vol.384
(撮影 2016年1月23.24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園 節分草

節分草
  D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.1 昭和記念公園

セツブンソウ(節分草)、キンポウゲ科。
名前の通り、節分の頃に咲く花ですが、今年は普段より2週間ぐらい早いです。

節分草
  D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.1 昭和記念公園
 
白い小さな花で、横の松ぼっくりと比べると、花の大きさがわかります。

節分草
 D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.1 昭和記念公園
 
全体を撮るとこんな感じで、近くに寄らないと花が咲いていることに気が付きません(笑)。

昭和記念公園(Vol.147)
(撮影 2016年1月11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動尊(1/2,4,9,11) お正月のようす

穏やかで暖かなお正月になった東京多摩地区。

今年の初詣は1月2日、混雑をさけて夕方にした。
高幡不動尊2016-1
この日の15時頃は参道に長い列ができていたけど、この時間(18時前)は
待つことなく入口の仁王門をくぐることができた。

それでも境内には不動堂にお参りする列ができていた。
高幡不動尊2016-2

もちろん初詣には空之介も一緒。
高幡不動尊2016-3
抱っこしていると暖かいんだよね(笑)。

五重塔から境内を見たところ。
高幡不動尊2016-4
こういう夜の光景はお正月ならでは。
高幡不動尊2016-5

ここからは1月4日の様子。
高幡不動尊2016-16
この時は参道には列ができていなかったが、仁王門から不動堂までお参りする列ができていた。

大日堂前のお参りの列。大日堂前にこういう列ができるのはこの時期ならでは。
高幡不動尊2016-9

境内にはまだたくさんの露店が出ている。
高幡不動尊2016-14

五重塔から境内を見たところ。上にある夜の光景とはまた違った感じ。
高幡不動尊2016-17

お正月らしい縁起物。
高幡不動尊2016-6
干支の置物。
高幡不動尊2016-7
そしてダルマ。金色のダルマはなんだか縁起が良さそう。
高幡不動尊2016-8
きれいな色のチョコバナナ。
高幡不動尊2016-10
この鮎は美味しそう。
高幡不動尊2016-18

1月4日は仕事始めの日だけどまだ参拝の人がたくさん。
高幡不動尊2016-11

ここからは1月9日。
高幡不動尊2016-12
列はできていなかったが、まだ大勢の参拝者で混雑している。
高幡不動尊2016-13
五重塔から境内をみた感じでは上の写真(1月4日)に比べると人も少なく、
露店も若干減った感じ。
高幡不動尊2016-15
そして玉こんにゃくの露店が定位置に出るようになった。

ここからは1月11日のようす。
高幡不動尊2016-19
不動堂にあがる階段に列ができているものの、境内の人はかなり減ってきた。

五重塔前の思いのまま(梅)が咲いているのを見つけた。
高幡不動尊2016-20
この梅は高幡不動尊の中でも割と遅めに咲く梅。暖冬とはいえ、早いなぁ・・・

高幡不動尊2016-21
玉こんにゃくの露店が定位置に出ているここからの様子もずいぶん落ち着いてきた。

 今週の高幡不動Vol.382
(撮影 2016年1月2,4,9,11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園 Winter Vista Illumination 2015 (3)

昨年12月に開催された昭和記念公園 Winter Vista Illumination 2015の様子。

開催期間は2015年12月5日から12月27日。 24,25日には冬の花火があがる。
昭和記念公園201512-1
もう終わっているけど(汗)

立川口を入ったところ。今年はメインオブジェにシャンパングラスタワーが復活。
昭和記念公園201512-11
高さ6m、約15,000個のグラスでつくられているそうだ。崩れないのかな?

上のシャンパングラスの裏側から見たカナールと大噴水のライトアップ。
昭和記念公園201512-2
 
シャンパングラスタワーの中心には塩ビの管が通っていて、トップから常に水が流れている。
昭和記念公園201512-10
 
カナールは木と水が輝くルネッサンスゾーンとなっている。
昭和記念公園201512-9

大噴水の奥のふれあい広場はあったかゾーンとなっていて、ケヤキのイルミネーションや光のトンネルがある。
昭和記念公園201512-4

これは動物たちのキャンプファイアー。
昭和記念公園201512-3

前の記事で、動物たちのキャンプファイアーのイメージがわからないと書いたが、
実は丘の上のイルミネーションが動物たちのキャンプファイアーだったようだ(汗)
昭和記念公園201512-5
これならば森の動物たちがキャンプファイアーを囲む様子であることがわかるね。

上からあったかゾーンを眺めたところ。
昭和記念公園201512-6
今年はなかなかいいイルミネーションだと思う。
昭和記念公園201512-8
ピントを外すとちょっと幻想的な光景に。

昭和記念公園(Vol.146)
(撮影 2015年12月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ