ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

冬の風物詩

昭和記念公園 ウインタービスタイルミネーション2017(その3)

昭和記念公園のウインタービスタイルミネーション。
今回は再度、立川口カナール周辺のイルミネーションの続き。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
立川口に飾られているクリスマス・リース。こもれびの丘ボランティアの制作だそうだ。

昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
上下の写真はカナールの中ほどから立川口方向を見たところ。小さな光った輪がクリスマス・リース。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

時折吹く強い風でシャンパグラスツリーの先端から水が飛んでいる。寒かった・・・。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

昼間に見たシャンパングラスツリー。上の中心部分に黒く見えるのは水を上に送るパイプ。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
シャンパングラスツリーの夜の姿。やっぱり夜がいいよね(笑)
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

これもカナールを大噴水方向に見た昼間の様子。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
昼と夜では全然違って見える。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
この日は陽が落ちたあと、まだ空が暗くなる前のマジックアワーを狙って撮ったんだけど西の空に雲があって不発だった、残念。

カナールに沿って並べられているシャンパングラスは全部で15000個使っているそうだ。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
夜のシャンパングラスは下からライトアップされてきれいに輝いて見える。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
夜きれいに輝くために、昼間のメンテナンスが欠かせない。ご苦労様です。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

すっかり葉が落ちたカナール横のイチョウ並木はまさに冬の姿。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
でも夜のイルミネーション姿はなかなか見事。枯れ木に花を咲かせました!という感じ。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
今年の昭和記念公園のイルミネーションはクリスマス12月25日で終了。
来年はどのようなイルミネーションが飾られるのか楽しみだ。

昭和記念公園(Vol.246)
(撮影 2017年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

有馬記念は無事キタサンブラックが優勝。関係者も見ている人も皆ホッとしたでしょう。

7月の宝塚記念で負けてフランス(凱旋門賞)行きがなくなったことも、この馬にとっていい結果になった思う。日本競馬界の悲願とも言える凱旋門賞優勝を見ることはできなかったけど・・・。

悠々と逃げるキタサンブラックに対して最終コーナーから直線にかけて仕掛ける馬がおらず、今年流行の「忖度」があったのではないかという話も聞くけど、好スタートで楽に先頭に立つことができ、途中で仕掛けてでも前に出たいタイプの馬がいなかったこと、さらに騎手(武豊)が絶妙なペースで逃げた結果、末脚が最後まで鈍らなかったからではないかと思う。
最終コーナから仕掛けると外を回るだけ力を使い、高低差があるゴールまで持たないし、末脚勝負にしても直線が長い府中コースとは違って、直線が短くさらに高低差も大きい中山ではしっかり走られたら追いつけないでしょう。

私がブログに書いた予想は外しているけど、馬券は仲間10人で検討して買ったので馬連2−3をしっかりGetできた。自分の予想では買えない馬券だったね(汗)

キタサンブラックについて色々書きましたけど、私はディープインパクトの方が好きです

昭和記念公園 ウインタービスタイルミネーション(その2)そして有馬記念2017

昭和記念公園ウインタービスタイルミネーションの続き。

ウインタービスタイルミネーションは立川口カナール付近とその奥のふれあい広場で開催されている。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

今回はカナールの大噴水から奥のふれあい広場の様子。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
ここはナイトピクニックエリアになっていて、週末はここで焚き火をしたり、マシュマロを焼いたりすることができるようだ。

昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
ここがふれあい広場のメイン、「公園の四季」をテーマにしたグランドイルミネーション。
[Express the four seasons of the park with illumination]
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
ゆるい坂の斜面に飾られているので、高い所から眺めるとなかなかの光景。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
人の影が黒く浮き出る感じに見えて面白い。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

この場所の昼の様子。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
この小さな温室のようなドームの中にはミラーボールが設置されている。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
種明かしというか、まるでお化け屋敷の中を明るくして見ているような感じ(笑)。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017
LEDライトはこんな感じなんだね。

薄暗くなってきて少し明かりがついた状態。やはり明かりがついている方がいい。
昭和記念公園ジュエルイルミネーション2017

昭和記念公園(Vol.245)
(撮影 2017年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今年も有馬記念の(当たらない)予想。

◎ 2.キタサンブラック
◯14.スワーヴリチャード
▲ 8.レインボーライン
△ 7.シャケトラ
X 5.トーセンビクトリー

◎キタサンブラックはこの枠をひくところも強い運を持っている。
ちょっと過熱気味で配当がいまいちだけど、ここは外すわけには
いかない。
◯スワーヴリチャードは右回り対応だけが心配だけど、調子絶好調
のM.デムーロがなんとかしてくれるでしょう。
▲レインボーラインは父ステイゴールドということでちょっと穴狙い。
△シャケトラは春の日経賞勝利と今年のM-1王者とろサーモンにあやかって。
Xトーセンビクトリーはなぜか有馬記念で走る母トゥザヴィクトリーの血で。


今週の高幡不動尊(12/16) 山茶花の花

晴天の週末となった東京多摩地区、そろそろ乾燥した冬晴れの日が多くなる時期になってきた。

秋の恒例行事となっている菊まつり、万燈会、もみじまつりが終わった高幡不動尊。水曜日(12月13日)は「正月事始め」だったからか、少しずつお正月の準備が始まっている。
高幡不動尊201712

不動堂の上には途中で途絶えた飛行機雲。何かが上空から落ちてきているようにも見える。
高幡不動尊201712
不動堂をよく見ると左右に特設の階段と警備担当者が立つ白いボックスが出来ているのがわかる。
高幡不動尊201712
上写真が不動堂に向かって右側、下写真が左側の特設階段。白いボックスは人が立てるように作られている。
高幡不動尊201712
初詣の期間中は正面はお賽銭箱に大勢の人が並ぶので、不動堂にあがってお参りする人は右側の特設階段からあがって左側から降りる流れになる。
高幡不動尊201712
ここからたくさんの人が降りてくる。

高幡不動尊201712
五重塔と太子堂の間で咲いているサザンカ(山茶花)、ツバキ科。
高幡不動尊201712
しばらくの間、境内で咲いている花はほとんどツバキ科(サザンカとツバキ)だけの状態になる。
高幡不動尊201712
花が少ない時期にありがたい存在なんだけど、サザンカの写真ばかりでは飽きてしまう(汗)。高幡不動尊201712
いろいろと撮り方を工夫してみるけどね・・・。
高幡不動尊201712
これはツボミから咲き始めの状態だろうか、なんだかバラの花のようだ。

まだ素材が置かれているだけの、しめ縄の露天。これからここで作り上げるのかな?
高幡不動尊201712
アマゾンの箱が置かれている、こういう分野にもアマゾン・・・中は何だろう?
単にモノを入れる段ボール箱として使っているだけだろうね(笑)

今週の高幡不動Vol.468
(撮影 2017年12月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

スノードロップ

スノードロップ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2017.12 昭和記念公園

このところ紅葉ばかりで食傷気味だったブログに久しぶりの花写真(笑)
昭和記念公園でスノードロップ、ヒガンバナ科の花が咲いていた。回りが枯れ葉一杯で紅葉の名残を感じるけど。

スノードロップ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.12 昭和記念公園

スノードロップは雪のしずく。冬の終わりから早春の頃(2月から3月)に咲き春を告げる花とされている。でも昭和記念公園では毎年いま頃から咲き始める。

スノードロップ
 D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.12 昭和記念公園

この花の特徴は白い花びら3枚と中心の緑色の斑点。
この緑色の斑点がハートマークに似た形の花を探して撮るようにしているんだけど、なかなか見つからない。

スノードロップ
 D500 with AF-S VR NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED  2017.12  昭和記念公園

同じヒガンバナ科にスノーフレイク(鈴蘭水仙)という花がある。写真はこちら
白い花びらに緑色の斑点の花で見た目も名前も似ているためよく間違えられる花だけど、スノーフレイクは3月から4月ぐらいに咲く花。

(撮影 2017年12月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(01/28)  初不動 だるま市

毎月28日は不動明王の縁日、1月28日は1年で最初の縁日となり初不動と言われる。
高幡不動尊の初不動は初不動大祭と言われお稚児さん行列なども行われるが、
関東各地のだるま商が集まる、だるま市が開かれる。

この日は寒いけど冬晴れの天気になった。
高幡不動尊初不動だるま市201701

初不動とあってかなりたくさんの人になるだろうと思っていたが予想以上だった。
高幡不動尊初不動だるま市201701
参道には列が出ていて、お正月並の人出。
高幡不動尊初不動だるま市201701
1月28日が週末になった2012年に来たはずだけど全然記憶がない。
でも2012年のブログに記事はアップしていた。なんと今週の高幡不動尊第200号。
その前は2007年だから5年に1回初不動が週末になって来ていることになる。

もうすぐ立春、先日までは「謹賀新年」だったが、この日は「立春大吉」になっていた。
高幡不動尊初不動だるま市201701

参道がこの状態だから、当然境内の中もすごい人。
高幡不動尊初不動だるま市201701
お正月の時と同じように不動堂の階段を上がってお参りする列(2階)と手前で
お参りする列(1階)に分けられる。2階と1階というのもわかりやすけど妙な掲示だ。
高幡不動尊初不動だるま市201701
いつもの場所から撮った写真も人で埋まっている。

そしてこの日はだるま市というだけあって、境内のいたるところにだるまの露店が出ている。
ここは奥殿横、弘法大師像の前。
高幡不動尊初不動だるま市201701
社務所前。上州高崎だるま茂田とかかれている。だるまと言えば高崎だね。
高幡不動尊初不動だるま市201701

大日堂前、ここは普段は露店が出ない場所。
高幡不動尊初不動だるま市201701

高幡不動尊初不動だるま市201701
大日堂前から大師堂までの間にも。
高幡不動尊初不動だるま市201701
大師堂の前にも。お正月でもここに露店が出ることはないなぁ。
高幡不動尊初不動だるま市201701
ちなみにこの日は先週のように大師堂(お踏み石)に行列はできていない。
五重塔前、梅、思いのままの場所。
高幡不動尊初不動だるま市201701
玉こんにゃくの露店も一緒に出ていた。
高幡不動尊初不動だるま市201701
名前も書いてくれたりするんだね。

いつも気になる色とりどりのだるま。色の意味が書かれている。
高幡不動尊初不動だるま市201701
でも同じ色でも意味が違っていたり、銀色や橙色のようにあったりなかったりする(汗)
高幡不動尊初不動だるま市201701
プリンタで印字してクリアファイルに入れガムテープで貼った気軽さがいい。
高幡不動尊初不動だるま市201701

だるまではないけど、招き猫の後ろ姿。尻尾が書かれているのが可愛い。
高幡不動尊初不動だるま市201701

5年前の初不動の記事は休日出勤の帰りにiPhone4Sで撮ったと書いてあった。
この日は午後の飛行機で松江に出張の予定の日。撮ったカメラは駅のコインロッカーに
預けて羽田空港に向かった。初不動の日は仕事になる確率が高い(笑)
富士山
この後で搭乗した機内から見た富士山。雲1つない晴天で、手間に山中湖、
河口湖、遠くに海が見えた。(iPhone6Sで撮影)

今週金曜日(2/3)は節分会。高幡不動尊にも有名人がやってきて豆まきをする。
以前のブログ記事はこちら⇒2013年の節分会
節分の日の人出はすごい。お正月はお参りが終わった人は不動堂前を離れるので
人の入れ替えが起きるが、節分の日は豆まきがあるのでそこにずっと滞留する。
だから人の入れ替えが起こらず、参道の行列がまったく進まなくなる・・・。
来年の節分は週末になるね。

今週の高幡不動Vol.428
(撮影 2017年1月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 冬景色(2017年1月)

2017年1月、昭和記念公園の真冬の景色。

立川口前、芝生もイチョウ並木も冬枯れ色。
昭和記念公園201701
カナールも冬枯れ色。
昭和記念公園201701
写真左側から強い風が吹いて噴水の水が押されている。
昭和記念公園201701
 ちょっとだけ虹、寒い冬だとなんだかうれしい。

冬景色の中にも春の気配。ハクモクレン(白木蓮)の花芽。
昭和記念公園201701

みんなの原っぱに人がほとんどいない。寒いからねぇ・・・。
昭和記念公園201701
雲がなければ左奥の方に小さく富士山が見えるはずなんだけど。

この時期一番元気な花、サザンカ(山茶花)、ツバキ科。
昭和記念公園201701

春に向けて養生中の花の丘。
昭和記念公園201701
2016年5月はシャーレポピーだったけど、今年はなんだろう。

ここは原っぱ東花畑。やはり春に向けて養生中。
昭和記念公園201701
原っぱ東花畑の春は毎年菜の花なので、今年も菜の花だろうね。

ここは原っぱ西花畑。
昭和記念公園201701
ここは2016年4月はアイスランドポピーだった。

あけぼの口から近い、花みどり文化センターの上から見た富士山。ちょっと雲が邪魔。
昭和記念公園201701
冬至の頃にはダイヤモンド冨士を見ることができる場所。

冬枯れ色の景色が広がる昭和記念公園では、梅だけだなく、スノードロップや
クリスマスローズ、スイセンなどが咲き始めている。その姿はまた別記事で。

昭和記念公園(Vol.195)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

京王百草園 早咲の梅と日本水仙

1月22日の京王百草園の様子。

この時期の京王百草園の見どころは、この日本水仙。
京王百草園201701
もう見頃になっていた。
京王百草園201701
日当たりの良い斜面いっぱいに咲いてる。
京王百草園201701
スイセンはヒガンバナ科。学名は「ナルシサス(Narcissus)」。
京王百草園201701
泉に映った自分の姿に恋をして毎日見つめていたらいつのまにか花になった
ギリシャ神話の美少年「ナルシサス」。水仙の学名はこの美少年の名前から。

そしてロウバイ、ロウバイ科。
京王百草園201701
たぶんこのロウバイは年末から咲き始めている。
京王百草園201701
甘い香りがあたりに漂っていた。この時期の香り、

京王百草園で一番先に咲くのがこの梅。極早咲の梅、未開紅(ミカイコウ)。
京王百草園201701
この梅はだいたいお正月すぎには数輪咲きはじめるので、この日はすでに
5分咲き以上になっている。
京王百草園201701

 
こちらは同じ桃色の梅、松連庵横で咲いている蓮久(レンキュウ)。
京王百草園201701
こちらの梅はまだ3分咲きぐらいかな。これぐらいの方が梅らしい姿に見える。
京王百草園201701

正門付近の白梅。この日一番きれいに咲いていた梅。
京王百草園201701
あたりがパァーッと明るくなるほどの白梅。

梅の名所で知られる京王百草園。
まだ発表されていないけど梅まつりは例年2月最初の週末から始まる。
今年も春は京王百草園の梅まつりから始まる。

(撮影 2017年1月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 梅園の様子(2017年1月)

2017年になってはじめて訪れた昭和記念公園。大寒の翌日(1月21日)の梅園の様子。

ホームページでは梅園とこもれびの池周辺で早咲きの梅が開花したとのこと。
昭和記念公園 梅園
白色、八重咲きの八重野梅(ヤエヤバイ)。
昭和記念公園 梅園

紅色、一重咲きの大盃(オオサカズキ)。
昭和記念公園 梅園

近くで撮るとわりと咲いているように見えるが離れて撮るとまだこの程度、3分咲きぐらいだろうか。
昭和記念公園 梅園

梅園の楽しみは梅だけではなく、その足元で咲く福寿草。
昭和記念公園 梅園

この日、梅園の福寿草はまだ咲いてはいなかったが、梅園のすぐ横の花木園
で少しだけ咲き始めていた。
昭和記念公園 梅園
こちらはちょっと乱れた感じになっていて残念。
昭和記念公園 梅園
このあたりの福寿草は、あと1週間から10日ぐらいだろうか。

昭和記念公園(Vol.194)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(01/22)  弘法大師像前の紅梅

この週末は土・日曜日とも冬らしい良い天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊の五重塔まわりで咲いていた山茶花。
高幡不動尊201701
山茶花は花が少ないこの時期にはありがたい存在。

これは奥殿横の弘法大師像とその前の紅梅。
高幡不動尊201701
ちょっとわかりづらいけど弘法大師像は左下、紅梅は右上。

高幡不動尊201701
紅梅は先々週よりもだいぶ咲いてきた。
高幡不動尊201701
背景は奥殿の屋根。

そしてこの紅梅の前(奥殿前)のミツマタ(三叉)、ジンチョウゲ科。
高幡不動尊201701
見頃になるのは2月後半だけど、1輪だけ咲いているのを見つけた。

これは五重塔前の思いのまま。さすがにまだつぼみは固いね。
高幡不動尊201701

この日の境内は、正月とだるま市の間の週末にしてはお参りの人がすごく多い。
高幡不動尊201701
正月が終わって先々週はなかった不動堂にあがってお参りする人の列が復活している。
この人出の理由は前夜(1月21日)にテレビ東京で放送されたアド街ック天国が
高幡不動だったからだろう。

大師堂にお参りする人の列。これだけの列は正月でもあまり見ることがないぐらい。
高幡不動尊201701
これは放送で大師堂前の、お参りすれば四国巡礼をしたことと同じご利益がある
といわれる「お砂ぶみ石」が紹介されたからに間違いない。その理由は、お参りの人が
多いと必ず長い列ができる大日堂前には列ができていなかったから。

この石の下には、四国八十八ヶ所の砂がまとめて納められているそうだが、1人が
立てる程度の大きさなので普通のお参りよりも時間がかかる。

番組で紹介された、和菓子店「季寄せ」、寿司屋の「すしの おおまさ」にも行列が
出来ていた。テレビの力はすごいね。
高幡不動尊201701
次の週末1月28日(土曜日)は、初不動でだるま市が開催される。
今年は週末になるので、久しぶりにだるま市に行くことができるかと思ったら
仕事だ(涙)。

今週の高幡不動Vol.427
(撮影 2017年1月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(01/09)  梅が開花

成人日の3連休最終日の高幡不動尊。

お正月の人出は一段落。まだお正月飾りは残っている中でゆっくりお参りできる。
高幡不動尊201701

不動堂の階段を登ってお参りする列はまだできていた。
高幡不動尊201701

でも賽銭箱前はすいている(笑)
高幡不動尊201701

高幡不動尊でいち早く咲き始める、弘法大師像前の紅梅。
高幡不動尊201701
すでに何輪も咲いている。うまく撮れていないけど・・・

今年は五重塔回りの白梅も咲き始めている。
高幡不動尊201701
なんだか例年より早く咲いているような気がする。
ここ数日は寒波ですごく寒くなっているけど、年末年始がそれほど寒くなかったからかな。
高幡不動尊201701
ここの白梅はたくさん咲くとメジロがやってくる。

高幡不動尊201701
正月は所狭しと露店が並んでいたが、だいぶ減ってしまった。
高幡不動尊201701
定位置に戻ってきた玉こんにゃく店。

高幡不動尊201701
次は初不動とだるま市。今年は1月28日が土曜日だ!

今週の高幡不動Vol.426
(撮影 2017年1月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

どんど焼き 2017年

2017年1月9日に開催されたどんど焼きの様子。
地元の自治会が開催するこのどんど焼きは2010年から復活して、今回で8回目となる。

どんど焼きは、地方によって左義長などとも呼ばれ、小正月(1月15日)に日本全国で
行われるお正月の行事。
焼いている火にあたると長生きするとか、焼いた団子食べると病気をしないなどと言われる。

前日までの組み上げられたヤグラに正月飾りや書き初めなどを巻きつける。
どんど焼き2017

ヤグラの準備は11月下旬から材料となるカヤや竹を浅川の河川敷や地元の
山から集めてくることから始まっている。 約2ヶ月間、かなりの労力が費される。

どんど焼きが復活した2010年から3年間ほど私もお手伝いしたけど、寒い時期に
本当に大変な準備が必要。

ヤグラを焼いたあとの火で焼くための団子も準備されている。
どんど焼き2017
これは当日の朝から団子1500個、竹1本に3個ついているので500本が用意された。

着火は11:00。3箇所から着火。もう1箇所は裏側で見えないけど・・・
どんど焼き2017

着火するとすぐにヤグラが煙につつまれる。
どんど焼き2017

万が一の事態に備えて、地元の消防団がすぐに放水できるように待機。
どんど焼き2017
これくら離れていても、結構な熱を感じる。

上写真は着火して左上から順に1分、2分、3分、5分。
どんど焼き2017
長い期間準備して組んだやぐらもわずか5分で焼き崩れてしまう。火は本当に怖い。

どんど焼き2017
5分ほどでヤグラは崩れてしまい、後は消防団員が危なくないぐらいになるまでに火を整える。

どんど焼き2017
焼き崩れてから火を整えている時間がかなり長く、その間に竹に刺さった団子が配られる。
どんど焼き2017

じっと子どもたちが待つ中で、団子を焼いてOKの合図が出たは11:50頃。
どんど焼き2017
子どもたちが一斉に団子焼き始める。私も息子が小さい頃は一緒に団子を
焼いたことがあったけど、油断すると地面についてしまう。
どんど焼き2017
なんだか釣り堀みたいだ(笑)
どんど焼き2017
この日は、前日からの雨が朝方にやんだものの、着火前の10時ぐらいから再び
小雨が降ったりやんだりするコンディションだったけど、無事に開催されてよかった。

(撮影 2017年1月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(01/02)  初詣 

年末年始は穏やかな天気に恵まれた東京多摩地区。
昨年に続いて、どこにも行かず寝正月だったので天気は関係なかったけど・・・(笑)

1月2日の夕方に高幡不動尊へ初詣。その時の様子。
高幡不動尊初詣201701
今年は普段より少し時間が遅くなったので、参道の行列もなく、すんなり境内に
入ることができた。
高幡不動尊初詣201701
いつものポジションから撮った境内の様子。人が多いけど、遅くに出たので、
それほどでもない感じ。
高幡不動尊初詣201701

初詣は御札納め所に昨年の炎うちわと熊手をお返して、あたらしいのを買うのが目的。
高幡不動尊初詣201701

そのあとは、露天を眺めながらブラブラ。
高幡不動尊初詣201701
干支の鳥の置物。毎年ここでは干支が玉を持った縁起物の置物を売っている。

これも正月らしい縁起物。
高幡不動尊初詣201701

高幡不動尊初詣201701
 こちらも縁起物のだるま。

高幡不動尊初詣201701
 
香ばしい香りが漂う、鮎の塩焼き。
高幡不動尊初詣201701
 
高幡不動尊初詣201701
 定番のお好み焼きは大阪風、広島風、京風ねぎ焼きなどが売られていた。
高幡不動尊初詣201701
 
こちらも定番のたこ焼き。何件も出ていた。
高幡不動尊初詣201701

これは明石焼き。ちょっと珍しい。
高幡不動尊初詣201701
たこ焼きと違って明石焼きはダシにつけるから、どうやって売るのかと思ったら
ダシに入れた状態で売られているようだった。
高幡不動尊初詣201701


高幡不動尊初詣201701
右上には「ばななちょこ」、左下には「チョコバナナ」と書かれている。どっち?

最近串焼きの露天が目立つ。
高幡不動尊初詣201701
肉を焼いたいい香りがするんだよね・・・
高幡不動尊初詣201701
こちらは霜降りステーキとあるけど、これは合成肉だろうね。
高幡不動尊初詣201701

団子を焼いている。いい感じの見た目に引かれてしまう。
高幡不動尊初詣201701

ハッカパイプ。昔は良く買ってもらったけど、すぐになくなってしまうんだよね・・・
高幡不動尊初詣201701

食べ物以外の露天は少ないけど、何軒か出ている。
高幡不動尊初詣201701
輪投げ。

高幡不動尊初詣201701
射的。

くじ引き。
高幡不動尊初詣201701
なぜかピカチュウがたくさん。

毎年空之介も一緒に初詣に来るけど、人が多くて自由に歩かせてもらえないので
つまらなそう(笑)
高幡不動尊初詣201701


高幡不動尊初詣201701
山の方から見ると露天が出ているところがすごく明るくなっている。
高幡不動尊初詣201701

三日月と一番星。
高幡不動尊初詣201701

いつもの場所からの境内。今年は暗くなってしまった。
高幡不動尊初詣201701
17:30でもう真っ暗。
高幡不動尊初詣201701

今週の高幡不動Vol.425
(撮影 2017年1月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     



今年もよろしくお願い致します 2017年元旦

2017年

あけましておめでとうございます。

相変わらずのブログですが、今年もよろしくお願い致します。
 

昭和記念公園 ウインターイルミネーション2016 その2

12月の昭和記念公園はこれ「Winter Vista Illumination 2016」
立川口カナールとその奥のふれあい広場がイルミネーションで飾られている。
昭和記念公園イルミネーション2016

今回は前回の続きで、ふれあい広場のイルミネーション。
昭和記念公園イルミネーション2016
立川口カナールが「シャンパングラスツリーがきらめき、木と水が輝くロマンチックなビスタエリア」
だったが、このふれあい広場は、ファンタジアトレインやフードなどが楽しめる「日本の美」エリアと
「ファンタジーエリア」となっている。

ちょっと小さいけど奥に走っているのがファンタジアトレイン。乗車代1回300円。
昭和記念公園イルミネーション2016
手前に黄色い看板のようなものが見えるが、これは「なぞ解き」になっていて、
何箇所かのなぞ解きをすすめると「光のつえ」がもらえるらしい。よく見なかった
のでどんな内容なのかわからないけど・・・(汗)

これもファンタジーエリアにあるシャボン玉ライトアップ。
シャボン玉発生装置から吹き出されたシャボン玉がライトアップされている。
昭和記念公園イルミネーション2016
夜のシャボン玉って初めてみるけど、確かに幻想的な雰囲気はあった。

これは「日本の美エリア」の中心的存在、高さ7mの富士山とお城。
昭和記念公園イルミネーション2016
写真は両方が点灯している瞬間を撮っているが、富士山だけになったりお城
だけになったりする。
昭和記念公園イルミネーション2016

そしてこれが「日本の美」エリアの枯山水。
昭和記念公園イルミネーション2016
確かに、お寺の枯山水のイメージになっている。
昭和記念公園イルミネーション2016

昭和記念公園イルミネーション2016
遠くに富士山が見える枯山水の庭って感じだね。

ふれあい広場のレストランもイルミネーションで飾られていた。
昭和記念公園イルミネーション2016

昭和記念公園のウインター・ビスタ・イルミネーション 2016は12月25日(日)まで。
この三連休(23,24,25日)は冬の花火が打ち上げられる。

昭和記念公園(Vol.193)
(撮影 2016年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 ウインターイルミネーション2016

12月の昭和記念公園はこれ「Winter Vista Illumination 2016」
立川口カナールとその奥のふれあい広場がイルミネーションで飾られている。
昭和記念公園イルミネーション2016

今回は立川口カナールのイルミネーションの様子。
昭和記念公園イルミネーション2016
イチョウ並木がライトアップされて、昼間とはまったく違った光景になっている。

昭和記念公園イルミネーション2016
ここは、「シャンパングラスツリーがきらめき、木と水が輝くロマンチックなビスタエリア」
とされているので、いたるところにグラスが置かれている(笑)
昭和記念公園イルミネーション2016
近くで見るグラスもなかなかいいなぁなんて思いながら写真を撮っていると、
このグラスはすごくきれいだけど、定期的に洗っているのか?なんて余計な
ことを考えてしまう。
昭和記念公園イルミネーション2016
さらに、この中身は普通の水なのか?とかも考えてしまったりして・・・。

昭和記念公園イルミネーション2016
高く積まれたシャンパングラスと木々、噴水がロマンチックな空間を作り出している。
昭和記念公園イルミネーション2016
イチョウ並木のイルミネーションは控えめで、ライトアップがメイン。
昭和記念公園イルミネーション2016
でも、こういうシブい感じもいいよね。
昭和記念公園イルミネーション2016
きれいなお月さんもイルミネーションの仲間入り。
昭和記念公園イルミネーション2016
この日一番きれいだと思ったのは、ライトアップされたイチョウ並木が水面に
映ったこの光景。

昭和記念公園のウインター・ビスタ・イルミネーション 2016は12月25日(日)まで。
23、24、25日の3連休は冬の花火が打ち上げられる。

ふれあい広場のイルミネーションは別記事で。

昭和記念公園(Vol.192)
(撮影 2016年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち