ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

散歩

二見浦の夫婦岩

母の一周忌法要で三重県まで行ったので、法要のあと伊勢神宮にお参りして二見浦に1泊することにした
相変わらず何かと理由をつけてよく遊ぶ息子だと、母も苦笑いしていることだろう

二見浦は小学校(堺市立浜寺昭和小学校)の修学旅行で来たはずなんだけど、まったく記憶がない。まあ小学6年生の4月に転入してその翌月に行った修学旅行だからね
二見浦2010-1

夫婦岩の間から昇る日の出を見にくる人が多いのか、旅館には翌朝の日の出の時間がしっかりと記述されていたこの日は4時半前後だったと思うけど、朝寝坊の我が家には全然関係のない情報
二見浦2010-2
古くからある老舗旅館が並ぶ海沿いの散歩道を歩く

これは二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)の鳥居。夫婦岩はこの神社の境内(前の浅瀬)にある
二見浦2010-3

なんだかそこらじゅうにカエルがたくさん
二見浦2010-6
一番夫婦岩の眺めがいい場所にもしっかりカエルが
二見浦2010-5
なぜここにカエルがたくさんいるのか。この二見興玉神社の御祭神猿田彦大神は、天孫降臨の際に道案内を勤めたので「道開き・導きの神」といわれ広く信仰されているが、カエルはこの大神の御使いと信じられているからなんだそうだ

そのため、この神社に参拝して御利益を受けた方々が、カエルの石像を献納するため、たくさんのカエルが並んでいる。これらは無事カエル、貸した物がカエル、若ガエル等の縁起物。このカエルのお陰で我が家も無事に東京までカエルことができた

手水舎のカエル、艶々だね
二見浦2010-4
このカエルは、御神示により水に入ったそうで、水(願)を掛けると願い事がかなえられる「満願蛙」というそうだ。

しっかりと注連縄で結ばれた夫婦岩。左が男岩で9m、右が女岩で4m、思ったほど大きくはない。
二見浦2010-7
この夫婦岩はこの沖合700mの海中にある御祭神猿田彦大神縁りの霊石、興玉神石(おきたましんせき)を拝むための鳥居の役目を果たしているんだそうだ

これは夫婦岩の背後からの様子。沖合にある霊石を拝むものだから、背後からはあまり見ない方がいいのかもしれないね
二見浦2010-9

神社の絵馬はやっぱり夫婦岩。ちゃんと夫婦岩の間からの日の出の様子。毎年4月から8月はこのように夫婦岩の間から日の出が拝めるんだそうだ
二見浦2010-10
早起きしてこういう夫婦岩の写真を撮らないといけないね。まあちょっと無理だけど

すぐそばにはこんなお店もあって入りたかったけど、旅館で朝ご飯を食べたあと、チェックアウト前にお散歩がてら夫婦岩を見にきたので財布を持っていなかった
二見浦2010-11
神社にお参りするのにお賽銭すら持っていかなかったってこと
カエルのおかげで無事自宅に帰れたものの、途中東名高速で事故渋滞にはまったのは、これがいかなかったのかな。ゴメンナサイ

(撮影 2010年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.73(06/06)豊泉寮の一般公開

このところ週末に天気がぐずつくという嫌な周期が続いている高幡不動尊

土曜日は朝から雨、昼前に雨があがったけど、こんな曇天(下写真左)しかし翌日曜日は朝からすごくいい天気、この時期は晴れると夏の日差し(下写真右)
高幡不動尊090607-1高幡不動尊090606-1
あまりに違うこの2つの風景はいったい何って感じ
撮ったデジカメが違うこともあって色合いの違いもあるんだろうけど、それにしてもこの時期は雨が降る日と晴れた日の差が大きい。雨のあとで汚れがきれいに洗い流されたようなきれいな青空に白い雲がアクセントをつけてくれている

ちなみに使ったデジカメは、左はいつも散歩で使っているPanasonic DMC-LX3、右はちょっと写真を撮りたい気分という時にだけ持って出るCanon PowerShotSX1IS

ここでご紹介するのは、高幡不動尊境内の一番奥にある、お不動さんの他の建物とはちょっと趣の違う豊泉寮。昔ながらの日本家屋と庭園の雰囲気は曇天の方がいい感じに撮れるので、以下はすべて曇りの土曜日に撮ったもの

八王子の豪商、豊泉吉兵衛翁とかつ子夫人から寄進された建物で、主に茶席「緑豊軒」「汲泉亭」として利用されているらしいが、普段は一般には非公開
高幡不動尊090606-7高幡不動尊090606-2
この日、柵の中に入れたのは、確か「あじさい祭り」の期間中だけ一般にも公開されているからだったと思う。

下の写真は、まさに梅雨空には紫陽花が似合いますよねって感じの1枚奥に見えるのが豊泉寮。
高幡不動尊090606-3

奥に知足庵の入り口、手前の池が「心字池」。知足庵入り口前の池のそばにはえている、全体が茎だけって感じの節々した緑の植物が木賊(とくさ)。この茎は堅くてザラザラしているので砥石になる草という由来から砥草とも書くそうだ
高幡不動尊090606-6
今回このトクサにちょっとこだわったのは、いつもおもしろく読ませてもらっているkimamaxさんのブログ(ほったらかしガーデニング)で、つい最近紹介されていたから

緑に囲まれた心が落ち着く庭園、昔の日本の家にはこういう庭があったんだよね、とってもうらやましい
高幡不動尊090606-4
でも、庶民にはちょっと無理だったのかな・・・

縁側から見えるこの庭の一部には、苔がこんな感じに生えている場所がある
高幡不動尊090606-5
なんだかもう秋?って感じの写真になった

どんよりとした曇り空だったけど、なんだか曇り空を逆に楽しめた気がする憩いの場所だった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.72(05/31)明日からあじさいまつり開催

この週末は土曜日・日曜日とも雨が降ったりやんだりのぐずつき模様

高幡不動尊の様子もどんよりとした曇り空で梅雨を思わせる感じ思ったより人がいたのは、そろそろあじさいを見に来た人が訪れ始めたからかな。
高幡不動尊090531-7高幡不動尊090531-3
露店も先週より少しだけ増えたような気がする

6月1日から7月5日まで高幡不動尊は「第26回あじさいまつり」が開催されるが、この日のあじさいの咲き具合は下のような感じ
(下写真左)西洋アジサイが壁のように咲いている四季の道の、駐車場に近い場所、ここの西洋あじさいはまだまだ色づいていない花がほとんど
高幡不動尊090531-1高幡不動尊090531-5
(上写真右)山内八十八カ所巡拝路の山あじさいがたくさん咲いているところ、ここの山アジサイはもうずいぶん咲いている

同じ西洋あじさいでも、弁天池まわりの花はもうずいぶん咲いているものがある。奥の朱塗りの小堂が弁天堂で福徳弁財天を祀っている
高幡不動尊090531-6
西洋あじさいはこんもりと大きな珠になるので、やはり見映えがいい

山あじさいも、大日堂前のくろひめあじさいなんかは、もうしっかり見頃になっている
高幡不動尊090531-4
山あじさいは、花が全体的に小さめだけど、神社仏閣に似合う日本らしい趣のある感じがする

今回一番目を引いたのがこの山あじさい 紅(くれない)。咲き始めは白いがだんだんと赤くなるらしく、あちらこちらで赤くなり始めている花があってなかなかきれい
高幡不動尊090531-2
まだまだあじさいはこれからだけど、花によってはもうしっかり咲いているそろそろ三脚を立ててじっくり写真を撮っている人も見かけるようになってきたがまだまだ見に来ている人が少ないので、のんびりとあじさいを見ることができる

この週末のあじさいは、いかにも梅雨時の花らしい、どんよりとした写真になってしまった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

本栖湖でキャンプ、そして帰りは大渋滞・・・

ゴールデンウィークの特に後半は道路が混雑するので、キャンプに出かけるのはできるだけ前半に計画するが、今回は悪天候で延期したため、5月2日・3日となってしまった
本栖湖キャンプ場200905-8
本栖湖キャンプ場入り口の看板、とてもわかりやすい。このキャンプ場のツツジはこれから見頃になるという感じだった

この本栖湖キャンプ場は林間サイトが中心の、とても広い敷地のキャンプ場で、区画も区切らず自然のままのフリーなサイトがいいところ
キャンプ場内は、ほとんどどこでも自由に車で乗り入れできるでも車高の低い車が木の根っこや岩で車床をこすっているのをよく見かけるので、自ずと入れる場所は決まってくる

(下写真左)キャンプ場入り口付近の湖畔に近い場所は大きな広場が広がっていて、明るい場所が好きな人、湖畔でカヌーやウインドサーフィンをする人はこのあたりにテントをはることが多い
本栖湖キャンプ場200905-5本栖湖キャンプ場200905-1
(上写真右)木陰で落ち着いて静かにすごせる林間のサイト。いつもすいているこのキャンプ場も、さすがにゴールデンウィークとお盆だけはかなりの数のテントがはられている。それでも、この時期のキャンプ場としては、かなり広々としているけどね

レトロな雰囲気の車をキャンプ用に改造している車を見つけた、なんだかとってもいい感じ
本栖湖キャンプ場200905-9
こげ茶色の車体が落ち着いた感じで、緑のなかで自然に溶けこんでいた

いつもながらの我が家のテントサイト。今回は友人家族が一緒なので、スクリーンタープとドームテントは連結はせずにバラバラに設営。
本栖湖キャンプ場200905-2本栖湖キャンプ場200905-4
林間サイトだと、こうやって木を使ってハンモックで遊んだりできる。5月の爽やかな晴天の中でハンモックに揺られながらビールでも飲もうと予定していたが、思った以上に寒く、時折冷たい風が強く吹くため、ハンモックでのビールは断念した、残念

夜はここの売店で買ってきたマキでたき火。(下写真左)左側の束は焚き付け用の小枝と小さめのマキ、右側の束はキャンプファイヤーができるような大きめのマキ。
本栖湖キャンプ場200905-3本栖湖キャンプ場200905-6
子ども達と一緒に、新聞紙を棒状に丸めて焚き付けにして、小枝から順番に火をつけて行く。昨年の夏にも同じようにたき火をやったので、子ども達がだいたいの手順を覚えていたのがうれしい

燃えさかるたき火の炎をボーッと眺めていると時間が経つのを忘れてしまう
本栖湖キャンプ場200905-7
キャンプは食事が楽しみの1つなので、いつもお好み焼きや鍋などいろいろなメニューを考える。でも今回のキャンプは友人と相談した結果、初心に戻って普通に肉を焼くバーベキューにしたので、特に写真はなし

今回のキャンプで最大の話題は例年にない大渋滞

我が家は5月3日の午後に本栖湖を出て中央道の河口湖ICを目指した。休日のこの時間帯に河口湖方面が渋滞するのは覚悟の上で出たんだけど、お盆の一番混む時期よりもさらに大渋滞

しかも反対車線(河口湖から本栖湖を経て朝霧高原に向かう方向)が本栖湖から西湖ぐらいまでびっちり渋滞しているのを初めて見た
きっといまが見頃の富士芝桜まつりの会場入り口あたりがネックになっているんだろうけど、この時間帯で西湖あたりからずっと渋滞に並んでいたら、芝桜を見るのは夜になってしまいそう

さらに高速に入っても中央道下りは、休日午後には恒例となっている都県境の小仏トンネルからの渋滞、すでにここに来るまで本栖湖を出てから3時間近くかかっているのに(下写真左)「ここから渋滞11km 2時間以上」とある。この渋滞は1km10分以上かかる計算かな
渋滞中-1渋滞中-2
(上写真右)さっきの情報掲示板から約1km走った(並んだ?)ところの情報掲示板「ここから渋滞10km 100分」この渋滞をやっと1km進んだってことかな

というわけで、行きは1時間30分で到着したところを、5時間以上かけて帰宅
でも、この大渋滞があらかじめ予想されたので、飲み物やお菓子をたくさん用意して、さらにレッドカーペットやヘキサゴン2など笑える番組を中心にDVDにして持って行き、家でお笑い番組を見るのと同じ気持ちで渋滞に並んだ

渋滞の車の中では、家族も寝ることもなく、みんな爆笑していたため、それほど運転の疲れを感じずに帰れた。これだけの大渋滞だから、ほとんど車が動かないことを逆手にとった作戦が成功したかな

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

はじめてのかっぱ橋道具街散策

先日、吹奏楽コンクールに行ったついでに、浅草からかっぱ(合羽)橋に行ってみた

かっぱ橋道具街はよく名前は聞く。初めて行くので、どんな商店街なんだろうと思ったが、普通に広い道路があってその両側に店が並ぶ商店街。もっと狭い道路を想像していた
かっぱ橋-6かっぱ橋-7
(上写真右)この金色のカッパは「かっぱ河太郎像」、見るからに商売繁盛のご利益がありそう

合羽橋は合羽屋喜八が私財を投げ出し、水はけが悪かったこの地域の治水のために掘削工事を始めたが、工事は難航してなかなかはかどらなかった。それを見た隅田川の河童達が夜な夜な工事を進めて難工事を完成したという由来があるそうだ「かっぱ河太郎像の碑より」

合羽と河童の両方が協力してできた場所、それがかっぱ橋だった

調理道具・器具が有名だけど、当然食料品や材料の店がたくさんある。やはり興味を引いたのがこれ。相変わらず食べ物だ
これらは業務用なので、とっても大きな缶、横にハイライトでも置いて大きさがわかる写真を撮るべきだったと反省
かっぱ橋-2かっぱ橋-4
(上写真左)奥只見猟師鍋「またぎ汁」の大きな缶詰。猟師鍋がすでに缶詰になって合羽橋で売られている。奥只見は新潟・福島の県境あたり、恐るべし道具街
(上写真右)その近くにはカレー粉、しかもPureCurryPowderだ。
でもSHARPってどういう意味

合羽橋道具街では、あまり真剣に悩まない方がいいみたいだ

(下写真左)色合いがとっても絵になるおなじみの香辛料(GABAN)
もうちょっときれいに並べてくれればいい写真になったんだけど、撮影のために並べているわけではないからね
かっぱ橋-3かっぱ橋-1
(上写真右)これは食品ではなく食品のサンプル。特に細工が細かいリアルなサンプルではなく店頭のワゴンに出してあったもの
食品サンプルと皿は別料金であることが、さりげなく値札シールで主張されている

たこ焼き器も店によってピンキリで、左が72,380円、右が22,200円。鉄板の厚みかガスの火力か何かが違うのか
かっぱ橋-9かっぱ橋-10
この日はとっても暑い日だったけど、面白くてすぐに時間がたってしまった。でも買ったのはお好み焼きに使うケチャップ、マヨネーズを入れる容器だけ

合羽橋はちゃんと駐車できるので重いものを買う時は車で来ましょう

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

本栖湖キャンプ2008年夏 食事編

先日の本栖湖キャンプでの食事
と言っても、たいしたものは作ってなくて、お手軽なものばかり

渋滞回避とETC割引のために夜中にキャンプ場に到着して、とりあえずテントだけ張って寝るが、その前にテントの前室でカップヌードルを食べるのが最近のパターン(下写真左)真夜中に食べると美味しい
キャンプ食事-1キャンプ食事-3
翌日は朝寝坊、遅い時は10時すぎまで寝ていることもあるだから朝食というよりはほとんど昼食から始まる。それも簡単に食べられるパスタ(上写真右)

遊びに行く予定があれば、このあと遊びに行くけど、今回は何もせずにのんびりしに来ただけなので、おやつ兼つまみを作り始める。まずは時間がかかるチーズとゆで卵のくん製をセットする(下写真)
キャンプ食事-2キャンプ食事-4
(写真左)ホームセンターで3000円ほどで買ったお手軽くん製セットにチップ(この日は桜)を置いてバーナーで火をつける、チーズがとけるのであまり盛大に燃やすことができない

そのまま1時間ほど経過したところ(上写真右)いい色が付き始めているけど、まだ我慢。このあとさらに1時間ぐらいしてから食べた。当然ビールを飲みながら、う〜ん最高

くん製している間にトウモロコシを焼く。今回からJES333さんのブログで教えてもらったように皮がついたまま焼いた(下写真)
キャンプ食事-5キャンプ食事-6
全体がだいぶ焦げてきたところで皮をむくと、確かに全体的に焼きむらがなく、とてもうまく焼けていた

次にしょうゆをつける。キャンプ場ではハケを持ってくるのが面倒なので、ビニール袋にしょうゆを入れてガシャガシャやる(下写真左)
キャンプ食事-7キャンプ食事-8
(上写真右)しょうゆをつけたら再度焼いて焦げ目をつける、しょうゆの香ばしい香りがしてくる

(下写真)次は夕食。今回は前日に買った豚の骨付き肉をタレにつけておいたものを焼く。タレがついた肉はすぐに網が焦げるのがちょっとたまにキズ
キャンプ食事-10キャンプ食事-12
日頃のメタボ対策一切忘れて、ひたすら美味しく食べる

我が家のキャンプでよくやるのがお好み焼き(下写真)
キャンプ食事-9キャンプ食事-11
これを3枚ぐらい焼いて残ったのは翌日の朝食にします

ということで、食べたり飲んだりで、命は洗濯されるけど、腹周りには肉がついて帰ってきました

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

今週の高幡不動Vol.29(06/28)七夕

今日は朝から霧雨が降ったり、薄日が差したりという梅雨らしい天気

高幡不動に行ってみると、すごい人出にびっくり
しかも本堂の中で行われる護摩修行も人がいっぱい、あふれている

そういえば今日は28日毎月28日はお不動さんの日になっていて、
参道も歩行者専用になり、露店もたくさん出ることを忘れていた

お不動さん前の交差点で信号待ちしていると誰かが言った「多摩の巣鴨だ」確かに今日は年齢層が若干高め
高幡不動0628-3高幡不動0628-6
いつも撮る場所にまでお店が出ていて若干横からになった(上写真右)

あじさいもまだ見頃ですが、よ〜く見ると枯れ始めている花もある
高幡不動0628-4高幡不動0628-5

そして七夕。きれいな七夕飾りが風に揺られていた
高幡不動0628-1高幡不動0628-2
お不動さんと七夕飾り・・・あっているような、あわないような

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです


今週の高幡不動Vol.28(06/21)あじさい情報

昨晩からかなりの雨が降っていた、予報でも1日中ぐずつき模様とのことで今日の散歩を諦めていたら、雨がやんで空が少し明るくなった

ちょっと出てみるかな。雨に降られるかもしれないので、小さい方のコンパクトデジカメを胸ポケットに入れて、ちびたと散歩に出た

今日の高幡不動はこんな天気にもかかわらず結構な人出。
というか目的があじさいだと雨もまた良しというところでしょう。みんな傘を持っている
高幡不動0621-1高幡不動0621-6

たくさんの人があじさいを満喫している。しっかりとしたカメラ&三脚を持ってじっくりと撮影している女性が多かったような
高幡不動0621-3高幡不動0621-5

雨のしずくがあじさいがうっすら汗をかいた感じにみえて面白かったので、コンパクトカメラで頑張ってみました(下写真左)
高幡不動0621-4高幡不動0621-2
(上写真右)人が少なくなるのをじっと待って撮った1枚
少し暗い新緑の写真でもあじさいがあれば絵になるから不思議

まだまだ高幡不動尊のあじさいは見頃です

今日はの文字にしてみました

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです


散歩写真(vol.10)この木なんの木?

この道は週に2,3回は歩く道でずっとこの木が並んでいるんだけど、
きれいな花が咲いていた

歩くのは、ほとんどが夜なので、いままで気がつかなかった
0517何の木?0517何の木?(2)
この木は何の木なんでしょうか・・・ちょっと気になる

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログへのリンクです
にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです

散歩写真(vol.8)用水路とアヤメ?カキツバタ?

4月に水仙が咲いていた場所(その日のブログはここ)を、この前見たらアヤメ(カキツバタ?)が咲いていた。次は何が咲くかな
散歩写真200805水の流れる街

散歩の途中でこの写真を撮った時に、この花はアヤメかカキツバタの
どっちだろう?とは思ったけど、あとで調べればわかるかと思い、
その場では細かく見なかった

そのあとインターネットで調べるとアヤメとカキツバタの見分けかたは
結構難しいらしい
区別できないことのたとえを「いずれアヤメかカキツバタ」というぐらい
だからね


すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 アウトドアブログへアウトドアブログへのリンクです
にほんブログ村 写真ブログへ写真ブログへのリンクです

散歩写真(vol.4)用水路と水仙

散歩の途中で用水路の横にふと見つけた水仙
満開の桜、きれいな花がたくさんの風景もいいけど、こういう素朴な風景もたまにはいい

散歩写真200804水仙

身近にこういう水が流れているところがあるのもうれしい

自家製生乳ジェラート屋の牛舎

2月14日の日記<冬なのにじぇらーと屋の話題(その2)>で紹介した自家製生乳を使っている手作りジェラート屋の牛舎に行ってみた

京王線百草園駅近くにあった看板(かなりアバウトな地図です
もぐさファーム看板

百草ファームと言って、長年にわたってここで酪農を営んでるそうだ。
牛舎外観牛舎中

牛舎はジェラード屋さんのホームページの写真より少しおしゃれできれいな感じだった。

この道をたどって丘の上の牛舎からジェラート屋横の牛小屋に牛を連れて来ているらしい。大人ならば徒歩10分弱の距離かな
牛舎からの道牛のいるジェラート屋

先日、車で走っていて、初めて牛をつれて道を渡っているのを目撃した。車を運転中で写真が撮れなかったのが残念

今週の高幡不動Vol.15(03/15)

昨晩はかなりしっかりした雨だったけど、今朝はすっきり晴れた
風もなく、今日の高幡不動は完全に「春」

でも花粉もビュンビュン?

高幡不動の梅もそろそろ見頃のピークを越えて、
今週は通常の2枚の写真に戻ります


高幡不動0315-01高幡不動0315-02

高幡不動の次のイベントは何だろう・・・

冬なのにじぇらーと屋の話題(その4)

31アイス131アイス2

そろそろ冬も終わりなのでこのタイトルもどうかと思うけど・・・
2007年3月に新装OPENした駅ビルの1Fにあるサーティワンアイスクリーム。
この店もじぇらーと屋ではないけど、お仲間ということで、このお店も紹介しなければね

と、言っても有名なお店なので、いまさら紹介することもなく・・・

いままでは聖蹟桜ヶ丘にしかなかったのが、高幡不動にできたことで、よく食べるようになったけど、私はここのコーンが一番おいしいと思っている

冷たいジェラートの口休めとしての働きを考えると、他のお店のコーンもその役目を果たしていると思うけど。

はじめて31アイスを食べたのは高校時代。
横浜の戸塚にあるダイエーにこのお店が出来て、すごくたくさんのアイスがあることに驚いた記憶がある。たぶん31アイスだったと思うけど、なんせ大昔のことなんで違っていたりして

31アイスのホームページ
⇒http://www.31ice.co.jp/brj/index.htm







今週の高幡不動Vol.14(03/08)

高幡不動にも春が来ました
境内を囲む梅たちが結構多いんだと気づかされた日でした

高幡不動0308-1高幡不動0308-2

このまま暖かくなれば・・・というわけにはいかないのが春ですよね
高幡不動0308-3高幡不動0308-4

この時期は隣駅の百草園で「梅まつり」が開催されているので、お不動さんへの人出はちょっと一段落
でも、高幡不動の梅もかなりきれいですよ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ