ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

高幡不動

高幡不動尊 山あじさい紅

毎年、高幡不動尊のあじさいまつりで、たくさん写真を撮るものの
アップせずに終わってしまう写真が多いのがこの山あじさい紅(くれない)。
高幡不動尊201706

まだ若々しい淡い色の時はこんな感じ。
高幡不動尊201706
淡い赤色からだんだんと赤色が濃くなるあじさい。
高幡不動尊201706
これぐらいの色がいいかなぁ。
高幡不動尊201706
花びら全体が赤くなった状態。赤い王冠のようにも見える。

高幡不動尊201706
全体的にこんな感じ。いつもアップの写真ばかりなので(汗)。

高幡不動尊201706

梅雨入りしても、週末(特に土曜日)はいい天気が続いている。
高幡不動尊201706
玉ボケと山あじさい紅。
高幡不動尊201706
下から見上げる感じの姿。
高幡不動尊201706
背景が青空、雨が似合うあじさいらしくない背景。

これはまた別の場所。後ろの青いあじさいは木曽变化という品種。
高幡不動尊201706
これが木曽变化。
高幡不動尊201706

ここからは6月24日(土曜日)に撮ったもの。
高幡不動尊201706
もうかなり赤色が濃くなってきた。花としてはそろそろ終わりに近い。
高幡不動尊201706
となりで咲いている山あじさい益城花八重と。やっぱり土曜日は天気になった。
高幡不動尊のあじさいまつりは7月7日まで。

(撮影 2017年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(06/17)  額あじさい

梅雨に入ってからそれほど雨が降っていない東京多摩地区。
この週末も土曜日は、とてもいい天気になった。

高幡不動尊の境内。お参りのため不動堂にあがる階段に列ができている。
高幡不動尊201706
あじさいまつりが始まって以来、今日が一番の人出かもしれない。

アナベル、もう真っ白。
高幡不動尊201706
こちらはピンク色のアナベル、ピンクアナベル。
高幡不動尊201706
ハート型のあじさい探しが一部で流行っているらしいけど、これはちょっと
ハートには見えないか残念・・・

これはウズアジサイと呼ばれる、装飾花の花びらが内側に丸まっている変わったあじさい。
高幡不動尊201706
高幡不動尊でもこのあじさいはそれほど多くはない。

西洋あじさいと額あじさいが咲く四季の道。額あじさいが見頃になっている。
高幡不動尊201706
あじさいの花に見えるには萼(がく)と言われる装飾花。だから額あじさいと
呼ぶのかと思ったら字が違う。
高幡不動尊201706
額あじさいの額は額縁の額。回りを囲む装飾花を額縁に見立てた名前なんだそうだ。
真ん中にある本物の花(両性花)も咲き始めている。
高幡不動尊201706

この日はほんとうに人が多かった。と言っても鎌倉などとはレベルが違うけど(笑)
高幡不動尊201706

見上げるぐらい背が高い額あじさい。本当は青空が似合う花ではないんだけど・・・
高幡不動尊201706

四季の道入り口付近の定点観測。西洋あじさいももうほとんど見頃だ。
高幡不動尊201706

五重塔とあじさい。珍しく赤色系。
高幡不動尊201706

こちらは山あじさい紅。もうかなり赤色が濃くなってきている。
高幡不動尊201706
手前のピンク色のあじさいは益城花八重という品種。
高幡不動尊201706
スッキリとした八重咲きがきれいなあじさい。
高幡不動尊201706

大師堂の手水舎近くで夏ツバキ、ツバキ科。別名、沙羅(しゃら)の木が咲いていた。
高幡不動尊201706
沙羅の木は、お釈迦さまが亡くなった時にそばで咲いていたという沙羅双樹(さらそうじゅ)と
間違えられて呼ばれるようになったそうだ。
沙羅双樹は熱帯樹なので日本ではあまり育たず、その代わりこの夏ツバキがお寺に
良く植えられている。

今週の高幡不動Vol.448
(撮影 2017年6月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

山あじさい 天使のえくぼ

天使のえくぼ
  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.05 高幡不動尊

「天使のえくぼ」というチャーミングな名前の山あじさい。

なぜこのネーミングになったのかわかりませんけど・・・

高幡不動尊では7月7日まであじさいまつり開催中。

今週の高幡不動尊(06/10)  山あじさいが見頃

梅雨入りして初めての週末。土・日曜日ともいい天気になった東京多摩地区。

高幡不動尊のあじさいまつりの様子。
高幡不動尊201706
雨が似合うはずのあじさいだけど、陽射しを浴びる姿もなかなかいい。

大日堂前の墨田の花火もだいぶ咲き始めた。
高幡不動尊201706
花火を打ち上げたように広がる八重の花。人気があるあじさい。
高幡不動尊201706

六地蔵さん前の山あじさいも見頃になった。
高幡不動尊201706
白いあじさいアナベル。先週よりもずっと白くなった。
高幡不動尊201706
山あじさい九重紫紅。山あじさいはもう見頃になっている。
高幡不動尊201706

大師堂前でもきれいにあじさいが咲いている。
高幡不動尊201706
高幡不動尊にはお稲荷さんあってその赤い鳥居を背景にして青いあじさいが似合う。
高幡不動尊201706
濃紺色の山あじさい。
高幡不動尊201706

四季の道の西洋あじさいも徐々に咲き始めている。
高幡不動尊201706
五重塔を背景に。
高幡不動尊201706
だんだんと訪れる人が多くなってきている。
高幡不動尊201706
上写真の右手前の奥で咲いているのが下の赤色というかえんじ色の西洋あじさい。
高幡不動尊201706
高幡不動尊は青色系の西洋あじさいが多いで赤色系の西洋あじさいは珍しい。

西洋あじさいがいち早く咲く弁天池周辺。
高幡不動尊201706
暑くなってきたので噴水の姿が心地良い。
高幡不動尊201706
スカシユリも咲いていた。
高幡不動尊201706
毎年ここでスカシユリが咲くんだけど、だんだんと花数が少なくなってきている
ようでちょっと残念。

今週の高幡不動Vol.447
(撮影 2017年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(06/03) あじさいまつり始まる

梅雨入り目前の週末。土曜日も日曜日も爽やかな晴れとなった東京多摩地区。
平均的な関東の梅雨入りは6月8日頃なので、次の週末はひょっとすると
梅雨入りしているかもしれない。

高幡不動尊では6月1日(木)から第34回あじさいまつりが始まっている。
高幡不動尊201706
あじさいまつりの時期には必ず不動堂前に出る露店。今年も定位置に。

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)。写真にはきちんと写っていないけど、
葉の形がかしわに似ているから。
高幡不動尊201706
この「かしわ」は当然だけど鶏肉ではなくて、ブナ科の木のかしわ。
どうも「かしわ」と聞くと鶏肉を思い浮かべてしまう・・・(汗)

大日堂前の山あじさい武蔵野。爽やかな水色。
高幡不動尊201706

六地蔵さん前の山あじさい。
高幡不動尊201706

六地蔵さんの横から鐘楼を抜けて、山あじさいがたくさん咲く山の中に入る。
高幡不動尊201706
山の中の道沿いに自生の山あじさいがたくさん咲いている。

好きな山あじさい美方八重。
高幡不動尊201706
すこし尖った八重咲きの装飾花に陽射しが当たっている様子を撮るのが好き。

高幡不動尊201706
上が山あじさい虹、下が山あじさい大虹。虹と大虹の違いもわからないけど、
なぜ虹なんだろう。これから色が変わっていくのだろうか。
高幡不動尊201706

山あじさい剣の舞。勇ましい名前のあじさい。
高幡不動尊201706

山内のお地蔵さん(弘法大師さま)の回りのあじさいもかなり咲いている。
高幡不動尊201706

山あじさいにまじって、白いあじさいのアナベルが咲いてる。
高幡不動尊201706
最初は白っぽい緑色だけど、だんだん輝くような白色になる。もう少しだ。
下は赤色のアナベル。ピンクアナベルというそうだけど、初めて見た。
高幡不動尊201706

背の高い西洋あじさいと額あじさいが壁を作っている四季の道。
高幡不動尊201706
西洋あじさいが少し咲き始めている。
高幡不動尊201706
背が高く上向きに撮るので木漏れ日が玉ボケになって面白い感じに撮れた。
高幡不動尊201706
西洋あじさいは少し咲き始めているけど、額あじさいの方がまだまだな感じ。

毎年あじさいまつりの時に撮っている四季の道入り口付近。
高幡不動尊201706
高幡不動尊のあじさいまつりは7月7日まで。
山あじさいはもう見頃になっているけど、西洋あじさいと額あじさいは
まだこれらかの状態。

今週の高幡不動Vol.446
(撮影 2017年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(05/27) あじさいまつり直前

東京多摩地区の週末は思ったほど気温が上がらず快適だった土曜日と
朝から暑くなった日曜日になった。

高幡不動尊の第34回あじさいまつりは今週の木曜日(6月1日)から。
高幡不動尊201705

大日堂の横では初夏の花、ホタルブクロ、キキョウ科が咲き始めた。
高幡不動尊201705

ちょっと珍しい、八重咲きのドクダミ、ドクダミ科。
高幡不動尊201705
ドクダミの回りに細い花びらがたくさん落ちているのは、この上でセンダン、
センダン科の花が咲いているから。
高幡不動尊201705

これはハコネウツギ(箱根空木)、スイカズラ科。葉がアジサイそっくり。
高幡不動尊201705
花は最初は白色だけど、だんだんと赤色に変化する。

大日堂前ではもうきれいに山あじさいが咲いている。
高幡不動尊201705
クロヒメアジサイかと思ったらトサユウチョウ(土佐遊蝶)という山アジサイだった。

こちらは山の中に入ったところで咲いているクロヒメアジサイ。
高幡不動尊201705
花びらに見えるガクだけでなく、中心部の小さい本当の花も咲き始めている。
高幡不動尊201705

お地蔵さんと山アジサイ。
高幡不動尊201705
高幡不動尊には山内四国四十八ヶ所巡りができるようになっているが、
これはお地蔵さんではなく、弘法大師さまなんだそうだ。

山アジサイ、スズカ(涼香)。梅雨時に咲くアジサイらしくない爽やかな名前。
高幡不動尊201705

四季の道の西洋アジサイはまだまだ蕾。
高幡不動尊201705

これは西洋アジサイが早く咲く弁天池まわりの西洋アジサイ。
高幡不動尊201705
ちょっとだけ花が開きはじめている。奥にボンヤリ見えるピンク色はスイレン。
高幡不動尊201705
弁天池にかかる橋と噴水。そしてツツジ。

高幡不動尊の第34回あじさいまつりは6月1日から7月7日まで。

今週の高幡不動Vol.445
(撮影 2017年5月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(05/21) ユキノシタ科

土曜日・日曜日ともよく晴れて真夏日になった東京多摩地区。

高幡不動尊では第三日曜日恒例のござれ市が開催されていた。
高幡不動尊201705
ちょうどいい気温を越えてかなり暑いござれ市となった。
高幡不動尊201705
日陰が恋しい・・・

奥殿横ではヤエウツギ(八重空木)、ユキノシタ科が咲いていた。
高幡不動尊201705
八重咲きのウツギなんだろうけど、単なる八重咲きだけではなく白く柔らかい感じの花びら
高幡不動尊201705
上のヤエウツギは大きな木だけど下の同じユキノシタ科のユキノシタは小さな花。
高幡不動尊201705
ユキノシタはアジサイの下、覗き込むようにしないと撮れない場所に咲いている。
高幡不動尊201705
ちょっと変わった形の花だ。

緑が濃くなった山の中に入って行くと赤くなっているところがあった。
高幡不動尊201705
ときどきカエデの葉がこのように一部だけ赤くなっているのを見かけるけど、なんなんだろうね。

もう咲き始めている山アジサイがあった。
高幡不動尊201705
これは高幡不動尊の山アジサイの中でも早く咲くクロヒメアジサイ(黒姫紫陽花)。
もうきれいに咲いている。
高幡不動尊201705
これは山アジサイ綾かな。きちんと咲くと少し薄い色がついてくるはず。
高幡不動尊201705
山アジサイより半月ぐらい遅れて咲く西洋アジサイはまだこんな感じ。

これはトリアシショウマ、やはりユキノシタ科。
高幡不動尊201705
この時期はユキノシタ科の花がたくさん咲く。

植物の分類法によっては、アジサイをユキノシタ科とする場合もあるようなので、
今日はユキノシタ科特集になった(笑)

次の週末はもっとたくさんの山アジサイを見ることができるだろう。

2017年高幡不動尊あじさいまつりは6月1日(木)から7月7日(金)まで。

今週の高幡不動Vol.444
(撮影 2017年5月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(05/14) ひの新選組まつり

この週末は、高幡不動尊周辺(高幡不動会場)と日野駅周辺(日野宿会場)でひの新選組まつりが
開催される週末であったが、土曜日は1日中雨・・・

日曜日はどんより曇り空だったが雨は降らず、逆に衣装を着る人にとっては暑くなく
ちょうど良いぐらいの天気になった。 
高幡不動尊201705

不動堂の前は比較的人が少ない。
高幡不動尊201705
あじさいの季節が近くなってきて、宝輪閣前には鉢植えのあじさいが飾られていた。
高幡不動尊201705
山内のあじさいの自生地でも、山あじさいがほんの少しだけ咲き始めて咲いている。
高幡不動尊201705
早いもので今月末には山あじさいが咲く時期になる。

ひの新選組まつりは10:00から高幡不動尊参道で隊士パレードが行われたが、
私が高幡不動尊に到着した時は、パレードは終わっていて無外流鵬玉会が
土方歳三像前で演武を行っていた。
高幡不動尊201705
土方歳三像の前で演武が行えるのは、新選組ファンならばきっと感慨深いだろう。

朱印所前に浅葱色の羽織を纏った大勢の隊士の姿と会津藩の軍旗が見える。
高幡不動尊201705

高幡不動尊201705

どうやら参道での隊士パレードが終わったあと、ここに集合し、これから日野宿会場での
隊士パレードに向かうところだったようだ。
高幡不動尊201705
高幡不動尊から日野駅まで割りと距離があるけど、この隊列で歩いていくのだろうか・・・
結局、私の今年のひの新選組まつりはこれで終了(汗)。

毎年、ここ大日堂前で咲くシャクヤク(芍薬)、ボタン科。
高幡不動尊201705
シャクヤクは以前はキンポウゲ科とされていたらしく、ここの看板にもキンポウゲ科と
書かれていた。

弁天池で咲き始めたカキツバタ。
高幡不動尊201705
ゴールデンウィークに見たアヤメはもう枯れていた。
高幡不動尊201705
こちらはスイレン(睡蓮)、スイレン科。手前はまだ蕾の額あじさい。

高幡不動尊201705

これはムサシアブミ、サトイモ科。毎年京王百草園などでは見ていたが、高幡不動尊で
見たのは初めて。

今週の高幡不動Vol.443
(撮影 2017年5月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(04/30) 藤の花

ゴールデンウィーク前半と呼ばれるけど、カレンダー通りの人にとっては、単なる
週末の4月30日(日)。日付はまだ4月だけど五月晴れになった東京多摩地区。
高幡不動尊201704
五月晴れは5月の晴れた空のことをいうのではなく、本来は梅雨の合間の晴れ間を
意味する言葉なので、完全に使い方を間違えている(汗)。

高幡不動尊にも交通安全祈願殿の後側、河津桜のそばに小さな藤棚がある。 
高幡不動尊201704
毎年見ているけど、この藤棚の藤はそれほど目立たない。 

この藤棚よりも、きれいに咲く藤が境内の別の場所にある。それが下写真。
高幡不動尊201704
五重塔横から大日堂の方向に見える高い木をよく見ると紫色の花が咲いている。

高幡不動尊201704
木に近づいて見上げると、この花が藤の花であることがわかる。
高幡不動尊201704

でもこの藤の木は大き過ぎて、下から見上げないと見えないので気がつかない人が
結構いると思う。
高幡不動尊201704

真下から見上げたところ。ずっと見ていると首が痛くなるぐらい真上。
高幡不動尊201704
下の方でも少し咲いているので、この花を見て徐々に視線を上に持っていくと
ずっと上の方でたくさん咲いているのがわかる。
高幡不動尊201704

弁天池で咲いているアヤメ。
高幡不動尊201704
弁天池のこのアヤメのそばに、秋まで咲き続けるカキツバタがあるけど、
この日はまだ咲いていなかった。

参道の商店街には「ひの新選組まつり」の幟がたくさん。
高幡不動尊201704
第20回「ひの新選組まつり」は5月13・14日に、JR日野駅前・甲州街道周辺と
高幡不動周辺で開催される。

今週の高幡不動Vol.442
(撮影 2017年4月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊 春の花々 カタクリ

高幡不動尊の桜の記事を書いている間にアップできなかった春の花々。

季節はあっという間に進んで、春が来たどころか日によっては初夏という
ぐらいの陽気にさえなってきている。
高幡不動尊201704
カタクリ、ユリ科。京王百草園や昭和記念公園でカタクリを見てきたけど、
高幡不動尊でもカタクリが咲いている場所がある。
高幡不動尊201704
昔はこの花の球根から片栗粉を採っていたらしい。

カタクリが咲いている上はこのキブシ、キブシ科が咲いてる。
高幡不動尊201704
ぶどうのような花がたくさんぶら下がっている光景はなかなかすごい。
高幡不動尊201704

これはミズバショウ(水芭蕉)、サトイモ科。
高幡不動尊201704
カタクリだけでなく水芭蕉まで咲いているのはすごい。
いろいろな野草をここで見ることができる。
高幡不動尊201704
「夏の思い出」の歌詞に出てくるので夏の花のように思えるけど、それは
標高が高い尾瀬での話で、平地では春の花らしい。

これは大日堂前で咲くヒュウガミズキ(日向水木)、マンサク科。
高幡不動尊201704
この花が散った花びらが下写真。ちょっと想像と違う。
高幡不動尊201704

これは六地蔵さん横で咲くアセビ(馬酔木)、ツツジ科。
高幡不動尊201704
この花が散った花びらが下写真。これはそのまんま(笑)。
高幡不動尊201704

そして六地蔵さんの上の方で咲いていたマンサク、マンサク科。
高幡不動尊201704
この花が散った花びらが下写真。まあこれも想像通りだね。
高幡不動尊201704

春の花と言えば、タンポポ、キク科。
高幡不動尊201704
そしてこれは白い花のタンポポで名前はそのまんまのシロバナタンポポ。
高幡不動尊201704
タンポポは黄色という先入観があるから、白い花のタンポポはちょっと新鮮。

今回の写真はすべて4月に入って高幡不動尊で撮ったもの。
でも、今はすべての花が終わってしまっている・・・(汗)

今週の高幡不動Vol.441
(撮影 2017年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(04/15) 桜の余韻

高幡不動尊のソメイヨシノが散ってしまった後の余韻。

これは4月8日(土曜日)の土方歳三像横のソメイヨシノの様子。桜が似合ういい男。
高幡不動尊201704
桜は見頃だけど、この後小雨が降り翌日昼過ぎまでずっとぐずつき模様の残念な週末。

ここから下の写真はすべて4月15日(土曜日)
高幡不動尊201704
15日は朝から強い風が吹いて一気に散ってしまった。
前日までは結構粘った咲いていたようなんだけど・・・残念。

大日堂前もこんな感じ。
高幡不動尊201704


高幡不動尊201704
でも、散った花びらが桜吹雪となって舞う様子が楽しめた。
高幡不動尊201704
ここは六地蔵さんの前。
高幡不動尊201704

花びらは皆同じ色ではなく、白っぽい花びらやピンク色っぽい花びらなどいろいろ。
高幡不動尊201704

五重塔回りの水路に浮く花びら。影がなかなか面白い。
高幡不動尊201704
花びらが浮く水たまりの映った逆さ五重塔。
2017_0415_115912_edited-1

そして弁天池にもたくさんの花びらが浮いて花筏になっていた。
高幡不動尊201704

山の中では桜の花びらの中でスミレが咲いて主役交代。
高幡不動尊201704
この週末は高幡不動尊に行けなかったので先週の写真で失礼しました(汗)

今週の高幡不動Vol.440
(撮影 2017年4月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

おめでたいボケ

紅白のボケ
  D500 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2017.04 高幡不動尊

なんだかすごいタイトルになってしまいましたが、おめでたい紅白の花を咲かせるボケ(木瓜)、バラ科です(笑)

右側の白い花は、この先徐々に薄桃色に変化していきます。
 

今週の高幡不動尊(04/15) 枝垂れ桜が見頃

週間予報では曇り模様の週末になるはずだったが、運良く外れて
夏日の晴天となった東京多摩地区。

高幡不動尊のソメイヨシノは土曜日の朝から吹いた強い風で一気に
散ってしまったようで、この日は次の主役、枝垂れ桜が見頃になっていた。 
高幡不動尊201704
この時期だけ、ここからの眺めに枝垂れ桜が少し入る。これは仁王門横の枝垂れ桜。
ソメイヨシノばかり見ている間に見頃になっていた。
2017_0415_111416_edited-1
枝垂れ桜は、やわらかいピンク色。
高幡不動尊201704
天気がいいとさらにきれいに見える。そしてなんか蕾がかわいいね。
高幡不動尊201704
この枝垂れ桜の中から境内を見たところ。
高幡不動尊201704

高幡不動尊の枝垂れ桜は主に五重塔の回りで咲いている。
高幡不動尊201704

枝垂れ桜って1本だけで絵になる。
高幡不動尊201704
なんかもっといい感じに撮れないものか・・・

五重塔側から見たところ。
高幡不動尊201704
枝垂れ桜は下から見上げる眺めの方がいいかな。
高幡不動尊201704
枝垂れ桜にもいろいろな品種があるんだろうけどなんだろうね。

枝垂れ桜の次の主役はこの八重桜。
高幡不動尊201704
境内の八重桜はまだ咲き始めぐらいなんだけど、この八重桜だけはもう見頃。
この八重桜はトイレの横で咲いている(汗)
高幡不動尊201704
実は八重桜という桜の品種があるわけではなく、八重咲きの桜の総称。
だから品種が微妙に違うんだろう。

今週の高幡不動Vol.439
(撮影 2017年4月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊 春の花々 ショウジョウバカマ

桜の開花状況の記事で紹介できなかった春の花々。

高幡不動尊でも3月後半から4月にかけていろいろな春の花が咲くが
その中でも比較的花期が短い花がショウジョウバカマ、ユリ科。
高幡不動尊201704

高幡不動尊201704
ショウジョウ(猩猩)は毛が紅色した猿の顔を持つ中国の想像上の動物。
花をこのショウジョウに見立て、葉をハカマに見立てた。
高幡不動尊201704
だからショウジョウバカマ(猩猩袴)。

ショウジョウは大酒飲みらしい。だから花の色もほろ酔い加減。
高幡不動尊201704
ショウジョウバカマには白い花もあるらしい。 飲むと顔面蒼白になるタイプか・・・

ヤマアジサイが咲いているあたりに、こんな感じで咲いている。
高幡不動尊201704
でもショウジョウバカマは桜(ソメイヨシノ)の記事をアップしている
1週間ほどでほとんど枯れてしまっていた。

ヒイラギナンテン(柊南天)、メギ科。
高幡不動尊201704
葉がヒイラギのようにトゲトゲ、でもヒイラギではない、ヒイラギはモクセイ科。

五重塔横で咲いている大きなユキヤナギ(雪柳)、バラ科。
高幡不動尊201704

レンギョウ(連翹)、モクセイ科。
高幡不動尊201704

弁天池で咲き始めた、シャクナゲ(石楠花)、ツツジ科。
高幡不動尊201704
この花は5月の花だよなぁ。
高幡不動尊201704
弁天池周辺で次々といろいろな花が咲き始める季節がやってきた。

今週の高幡不動Vol.438
(撮影 2017年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(04/08) 桜が満開

雨模様の週末。土曜・日曜の両方とも天気が悪い週末は久しぶりのような気がする。

そんな天気が悪い週末に高幡不動尊のソメイヨシノが満開。
高幡不動尊201704
奥殿横のソメイヨシノ。
高幡不動尊201704
山門手前のソメイヨシノ。
高幡不動尊201704
やっぱりここの桜は背景が青空であってほしかった。
高幡不動尊201704
大日堂前も満開。
上写真のソメイヨシノの幹が下の写真。
高幡不動尊201704
幹に苔と草が生えてさらにそこでも花を咲かせている。なんだかすごい姿。

先週は出遅れ気味だった五重塔横のソメイヨシノもちゃんと追いついて満開になった。
高幡不動尊201704

山を超えた高幡城の馬場跡とされている広場のところでもソメイヨシノが咲いている。
高幡不動尊201704
 黄色いレンギョウ、モクセイ科とのコンビネーション。
高幡不動尊201704
ここは彼岸花が植えられた場所。さすがにヒガンバナとのコンビネーションはない。

交通安全祈願殿奥にある第二駐車場のソメイヨシノもきれいに咲いている。
高幡不動尊201704
 境内側からみたとこ。左側の桜が上写真の桜。
高幡不動尊201704

五重塔回りの枝垂れ桜はまだ咲き始め。
高幡不動尊201704
境内に入ったところ。仁王門横の枝垂れ桜もまだ咲き始め。
高幡不動尊201704
高幡不動尊の桜は河津桜・陽光桜から始まって、ソメイヨシノが咲き、
その次は枝垂れ桜、最後に八重桜と続く。

そして4月8日はお釈迦さまの誕生を祝う花まつり。
高幡不動尊201704
不動堂の前には花御堂が置いてあって、宝輪閣前では甘茶がふるまわれていた。
高幡不動尊も高幡山金剛寺という真言宗のお寺だからね。

今週の高幡不動Vol.437
(撮影 2017年4月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ