ある休日、昼下がりの我が家の光景

「ボムたこ焼き器」で、巨大なタコ焼きを作ってみた
以前世間で「ばくだん焼き」という名前で話題になったことがあるそうだけど、そんなことは全然知らなかった・・・
大タコ焼-5大タコ焼-1
(上写真右)とにかく普通の大タコ焼きのさらに4,5倍の生地を使う感じ。当然タコも4,5切れ入れるが生地に沈んでしまって、たこ焼きのムードがいまいち盛り上がらない

(下写真)こんなでかいのうまくひっくり返せるか?と心配したが、思ったよりも簡単にひっくり返せた我が家では良くたこ焼きをやるので、その技がそのまんま使えるちょっと大げさ・・・
大タコ焼-2大タコ焼-3
表面がフッ素加工されていて、油をつかわなくても焦げ付かないからか、普段使っている鋳鉄のたこ焼き器に比べてとってもスムーズに焼ける

(下写真)とにかくでかいので、タコ焼きというより、丸いお好み焼きって感じ。露店で「大阪焼き」という大判焼きみたいなお好み焼きがあるけど、それに近いかな
大タコ焼-4大タコ焼-8
(上写真右)説明書には普通のたこ焼きの具だけでなく、肉・餅・チーズ・あんこ・チョコレートなど色々な具で楽しめるとあったので、チョコレートを入れてみた

生地の量がとにかく多いので、思ったよりも大量に具を入れないとしっかりと味がしない、というか生地ばかりを食べている感じ

お次はモッフルメーカーでお餅のワッフル「モッフル」を作ってみた
モチッフル-1モチッフル-2
こちらは、市販の切り餅を真ん中に1個のっけて、あとはフタをするだけなので、とっても簡単

(下写真)5,6分でモチモチでサクサクのお餅のワッフルの出来上がり見た感じがコイのエサっぽいけど、それは口にしない方がいい
モチッフル-3モチッフル-4
まず最初はオーソドックスにしょう油をつけて食べた。ふわ〜ぁっとした感じに見えるけど、中はサクサクした軽い食感でなかなか美味しい

ハチミツやチョコレートバターをつけたけど、なかなかの美味しさ
説明書によると、半分ぐらいに薄切りにした切り餅の間にチーズやハム、カレーなど、いろいろなものをはさんで焼くこともできるそうだ

しかし、なぜこんなちょっとレアっぽいおやつ道具があるかというと、年末に通販サイトで買った「福袋」に入っていたもの

1万円で、この2つと1〜2人前用の電気グリル鍋が入っていた。確かに1万円以上の中身ではあるけど実用的か?我が家にとって1万円の価値があったか?と問い詰められると、う〜ん

やっぱり福袋はそんなもんかなぁ・・・

みなさんのブログへのご訪問と、コメントの返事が遅れています、大変もうしわけありません

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません