居間のコタツで子供たちがヨドバシドットコムのサイトを見て話をしている。
この時期だからクリスマスプレゼントを選んでいるに違いないと思って聞いた

   私「何見ているの?」
 ちびた「サンタさんにもらうプレゼント

うちはサンタさんだって売切れの商品はプレゼントできないことになっていて、その確認はなぜかヨドバシドットコムにあればOKになっている。
(注)だってここで注文できないと面倒だもんね

    私「今年はサンタさんは来ないらしいよ
   2人「え〜!うそ〜!!」(かなり大声)
  ちびた「なんでわかるの?」
    私「忙しいから来れないってメールが来た」
  ちびた「どうして来れないって?」
    私「忙しいみたいよ」
  ちびた「何が忙しいって?」
    私「よくわかんないけど、有馬記念の予想とかじゃない?」
お姉ちゃん「わけわかんない、有馬記念で忙しいのはお父さんでしょ?」
    私「ウォッカが来るかどうか悩んでいるとも書いてあったから」

おぃおぃ、それってサンタじゃなくて自分の悩みだろ
(注)ちなみに悩んだけど、ウォッカは来ないことに自分ではもう決着しています。

  ちびた「ウォッカ?何それ?」
お姉ちゃん「じゃあそのメール見せて」(と言ってノートPCをこちらに向ける)
    私「残念、会社のメールなんだよなぁ」
お姉ちゃん「じゃあ、転送するか印刷するかして見せて」
    私「残念、会社の決まりで勝手に会社のメールを見せたりできないんだよ」

おお、Pマークのルールがこんな時に役立った、やっぱりセキュリティは大切

  ちびた「じゃあクリスマスプレゼントは?」
    私「お父さんが代わりに買ってあげてって書いてあった」
お姉ちゃん「じゃあいいよ、わかった」(完全に納得した様子
  ちびた「え〜、お姉ちゃんそれでいいのぉ?」(なんか不満な様子
お姉ちゃん「じゃあ、お父さんの予算は」
    私「1人4980円
  ちびた「なんで4980円?中途半端じゃん」
    私「だってヨドバシ特価がそれぐらいだから」(もう半分ばれているんだから正直な発言)

お姉ちゃんは中学1年生。当然サンタさんの事情は前からわかっている。それを面と向かって言わないのは、言うとプレゼントがもらえなくなると思っているかららしい。
ちびたも小学4年生、もうそろそろわかっているだろう・・・と思っていたら、後日母親に以下のように言ったらしい。

  ちびた「お父さんはあんなこと言っているけど、ボクはきっとサンタさんが来てくれると思うなぁ
  

だってさ。おいおい4年生だろ・・・・
毎年こっそり買って隠しておくのが面倒なんだけど、仕方無いからちびたの分だけサンタさんにして25日の朝にするかな。でも、あいつが頼むゲームは24日ぐらいに渡してしまって一緒にやりたいんだけど・・・



クリスマスツリークリスマスツリー2