オダマキが咲いているのを見に行った5月の京王百草園。行ってみるとアヤメ科の花がたくさん咲いていた。
京王百草園201905
4月からいち早く咲いているイチハツ(一初)、アヤメ科。

アヤメ科の本家、アヤメ(文目)。
京王百草園201905
花を鑑賞する花菖蒲が湿地で咲くのでみんな湿地に咲くのかと思ってしまうが、イチハツもアヤメも乾いた土に咲き乾燥に強いんだそうだ。

これはヒメシャガ、アヤメ科。シャガよりも花が少し小さくて薄紫色。
京王百草園201905

キショウブ(黄菖蒲)、アヤメ科。
京王百草園201905
もともとは帰化植物で観賞用の花菖蒲に黄色系がなかったので重宝されたが、湿地以外でも良く育つため拡散が問題となり、環境庁からは「要注意外来生物」に指定されている。
京王百草園201905
このキショウブが咲いているのは心字池周辺。
京王百草園201905
心字池で咲いているスイレン、スイレン科。

これはアヤメ科だけどちょっと洋風の風貌。ジャーマンアイリス、ドイツ文目。
京王百草園201905
花びらがめくり上がっているところが特徴的。
京王百草園201905

これはダッチアイリス、オランダ文目。ダッチアイリスは水色が多いけどこのような白い花もある。
京王百草園201905
ジャーマンアイリスよりも控え目な感じ。

新緑がきれいな百草園。ちょっと褐色の葉なのがノムラモミジ。
京王百草園201905

これがお目当てのオダマキ(苧環)、キンポウゲ科。もう終わりかけだった・・・(汗)
京王百草園201905
そしてこれはすぐそばで咲いていたアカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)、アカバナ科。小さいけどよく見るときれいな花。
京王百草園201905
夕方になると咲くことからついた名前だそうだが、昼間から咲いていることも多い。この写真も昼近くに撮ったもの。
夕化粧なんてなかなか雰囲気のある名前だね。

(撮影 2019年5月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ