高幡不動尊201903
高幡不動尊の前回の続き。

梅や桜など華やかな春の花だけでなく椿の花もきれいに咲いている。
高幡不動尊201903
白い椿は、花びらがすぐに茶色なってしまうので、きれいな状態の花を探すのが大変。

高いところに咲いている椿。これは一番普通にみかける藪椿という椿だろう。
高幡不動尊201903

春は咲く椿があれば落ちる椿もある。ちなみにこの落ちた椿は落椿と呼ばれ春の季語にもなっている。
高幡不動尊201903
椿は花が丸ごと落ちるので、それが首が落ちる様子を連想させるため病気のお見舞いに持って行くのがタブーとされたり、椿を植えるのは不吉とされたりする。

真っ赤な情熱的な椿もいいけど、こういう椿の花もいいな。
高幡不動尊201903
でも、花が丸ごと落ちるのは一緒。
高幡不動尊201903

場所が変わって交通安全祈願殿の裏、ここは河津桜とサンシュユが咲く場所。
高幡不動尊201903

サンシュユ、ミズキ科は別名ハルコガネバナ(春黄金花)と呼ばれ、春の日差しを浴びるときれいに輝く。
高幡不動尊201903

河津桜は引き続き見頃。ソメイヨシノより長く花を楽しめるのが河津桜。
高幡不動尊201903
だんだんと葉が出てくるんだけどね(笑)
高幡不動尊201903
輝く五重塔の相輪にも負けない華やかさ。まさに春だねぇ。
高幡不動尊201903

高幡不動尊201903
土方歳三蔵の後ろで咲く、アセビ、ツツジ科。
高幡不動尊201903
アセビの目の前に絵馬の奉納場所がある。
高幡不動尊201903
「初屋台 ふがし ねぎ焼き 五平餅」語調はなかなかいい。

今週の高幡不動Vol.524
(撮影 2019年3月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ